QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観2欧米とソ連の植民地争奪(大航海時代)は1492年のコロンブスのアメリカ新大陸の発見から始まった

②欧米とソ連の植民地争奪(大航海時代)は1492年のコロンブスのアメリカ新大陸の発見1498年のバスコ・ダ・ガマのインド航路発見から始まった 

1804年 インドムガール帝国をイギリスの保護下にした。

1814年 スティーブンソンが、ワットの蒸気機関を応用して蒸気機関車を発明し、1825年から実用化。このように産業革命は次々と新しい技術改良と発明を生み出したが、このことは、イギリス人の物産資源を獲得する意欲を一層かき立て、ますます植民地主義を推進していく大きな原動力となった。
1855年 1855年にニューファンドランドに自治権が与えられたのを皮切りに、20世紀の初期に至るまでに、カナダ連邦、オーストラリア連邦、ニュージーランド、南アフリカが次々に自治植民地として独立し、5大自治植民地(後のイギリス連邦)を形勢していった。

1858年 イギリスの直轄統治が成立し、インドムガール帝国が滅亡した。
1877年 イギリスの女王ヴィクトリアが、インド皇帝を兼ね、インド帝国が成立した。これによりインドは完全にイギリスに支配され、イギリス本国の経済を根底から支える原動力となった。
 このようにしてイギリスは、インド・アジア支配し、アジア有色民族を犠牲にした植民地の拡大を一層強力に推し進め、1850~70年代には「世界の工場」と言われるほどのイギリス経済の黄金時代(ヴィクトリア時代)を迎えた。

 

 一方、アメリカの独立は、中南米大陸に多大な影響を与えた。すなわち19世紀初頭、アメリカの独立に刺激され中南米に次々と独立国が誕生した。1804年のハイチとサントドミンゴ(ドミニカ)の独立を皮切りに、次々と独立国が誕生した。この結果スペイン、ポルトガルは多くの植民地を失い、かつての植民地支配の勢いは見る影もなくなり、没落した。

 中南米の独立は、あくまでも原住民族の独立ではなく、ヨーロッパから来た植民地開拓者及び、その原住民との混血児の、本国に対する独立であった。
 原住民は、スペイン・ポルトガル・イギリス・フランスをはじめとするヨーロッパ系植民地開拓者の苛酷な植民地支配の過程で、奴隷・酷使され、虐殺され、また、自らの土地から追放され、被支配民族、少数民族としての社会の底辺に追いやられ、中には絶滅した原住民もあった。

1881年 これに並行してイギリスは、ロシアの南下政策からインドの植民地を防衛するために、1881年にアフガニスタンを保護国としたのをはじめ、イランからは1870年代より多くの利権を獲得し、その他にイエメン、オマーンなど中近東の地域や、チベット、ネパール、ブータンなどの中央アジアの地域にも勢力を拡張していった。

1882年 イギリスエジプトを占領。これによりイギリスは、本国から地中海を経由し、地中海から直接、紅海、インド洋に出てインドの根拠地ボンベイ、カルカッタに至る新しい流通経路の生命線、すなわちスエズ運河を確保することができた。

1889年 さらにイギリスは、エジプト支配に引き続き1889年スーダンを支配すると共に、ケープ植民地周辺地域の支配強化に力を注ぎ、アフリカ大陸を、カイロとケープタウンの両端から挟み込むようにして、アフリカ全土を征服していく縦断政策をとった。すなわちカイロ ― ケープタウンの「支配」ラインの強化も推し進めていったのである。そのような中でイギリスは、既存の2大拠点であるインドのカルカッタ(Calcutta)と南アフリカのケープタウン(Capetown)に、エジプトのカイロ(Cairo)を加えて、3大拠点を強固にすることによって植民地支配を押し広げていく「3C政策」を掲げた。

 このようなイギリスの3C政策に対して新しく台頭してきたドイツは、衰退するオスマン=トルコを援護するといった名目で、1899年トルコよりバクダード鉄道建設の許可を得た。この鉄道は、ドイツ本国のベルリン(Berlin)に発し、ビザンティウム(Byzantium)を経て、バクダード(Baghdad)に至るというものであったが、ドイツも、これによって3拠点を強化する「3B政策」を掲げた。
 しかし、この政策は、イギリスの3C政策を真っ向から脅かすもので、また、当時、日露戦争に敗れ、アジア進出からバルカン半島への進出に主力転換していたロシアとも真っ向から対立するものであった。

 ロシアは日露戦争(1904~05)の敗北で、その背後で日本を支援していたイギリスに自らの南下政策が阻まれたため、日露戦争以降はイギリスに妥協する姿勢に変わった。1907年、英露の間で中近東及び中央アジアにおける勢力範囲を確認しあった英露協商が締結され、イギリスとロシアの勢力は急速に一本化し、ドイツとの対立が一層、深まる形勢となった。そして、ここに第1次世界大戦勃発の最大の原因が芽生えた。

1895/明治28年 日清戦争(朝鮮半島や満州は、日本の生命線である。その朝鮮支配をめぐる、日清間の戦争)日本勝利。

1905年 日露戦争、日本の勝利。1905年ペルシャ(イラン)の新聞は、テヘランへの日本公使館の設置、日本将校の招聘(しょうへい)、日波貿易の促進を力説した上で「強きこと日本の如(ごと)く、独立を全うすること日本の如くならんために、ペルシャは日本と結ばねばならぬ。日波同盟は欠くべからざる必要となった」と論じた。

 当時の中近東には、日露戦争の勝利でアジア唯一の立憲君主国として欧米と対等の地位に立つに至った日本に対する非常な憧れがあり、自分たちも日本のように欧米の侵略をはねのけ、強い立憲君主国に脱皮していかねばならないという、独立精神がみなぎっていた。これが独立国を生む大きな原動力となったのである。
1914年7月28日~1918年11月11日 第一次世界大戦。

1919年 トルコの勢力圏にあった北イエメンが1918年にトルコより独立。

1919年 イギリスの保護国であったアフガニスタンが、イギリス軍の侵攻を破り独立した。

1923年 ネパールが、領土の著しい侵食を受けながらも、イギリスとの粘り強い戦いの末、1923年、ついにイギリスと友好条約を結んでイギリスにネパール独立を認めさせた。

1923年 イギリスの統治下に入っていたヨルダン独立。

1923年 エジプト、立憲君主国家として独立。
1923年 オスマン=トルコ帝国600年の支配制度スルタン=カリフ制を廃止して、トルコ民族国家としての再生を図った(トルコ革命)。

1925年 ペルシャ(イラン)でも、イギリスの半植民地状況を排してレザ=ハーンが、1925年ペルシャ国民会議の推戴(すいたい)をうけて正式に新国王として即位し、これによってペルシャ民族国家としての再生が図られた。

1932年 イギリスの統治下に入っていたイラクも、反英的な独立運動が激化し独立した。

1932年 チベットが清朝から独立。

 

 第1次世界大戦後、中近東・中央アジア及び東欧の独立によって、全世界の中で新たな植民地支配の可能性のあった地域が中国大陸だけになった。
 3C政策の一環としてエジプトのカイロを中心とする中近東地域の支配を強化しようとしていたイギリスにとっては中近東の独立は大きな痛手であり、それだけに、残された中国大陸への執着はより強くなった。
 ロシア革命によって成立したソ連も、東欧の独立によって一時、東欧共産化の戦略が阻まれ、中国大陸の共産化に主力を注ぐこととなった。アメリカも、西部開拓以来、中南米、太平洋・極東地域への独自の勢力圏確保を推し進めていき、その戦略の行き着くところは、やはり中国大陸であった。フランスもインドシナを拠点に中国大陸における勢力圏を拡張しようとした。

 このようにして列強は、世界最大の人口を誇り、世界最大の市場となる可能性のあった中国大陸に殺到していくことになった。大東亜戦争は、数百年にわたる欧米植民地支配の最終段階として不可避的に起こった最後の植民地争奪戦争であったと言えるのである。

 合作した中国国民党と共産党(有色人)支援する米英仏蘭ソ(白人)。日本(有色人)はこの反共戦争護国戦争をたった一か国で戦い、敗れたが、有色人を苦しめた欧米500年の植民地主義を破壊した。日本のこの真実の歴史は、今後評価が上がっても、けして下がることはない。

ウラジオストク・ロシア語の意味"東方を征服せよ”侵略国家ロシア

1860/ アロー戦争(第二次アヘン戦争) 英仏連合軍北京条約締結。イギリスへの九竜割譲、天津開港等の条約。清国食民治化加速。アロー戦争の結果ロシアとの条約。ロシアは英仏仲介の代償として、ウスリー川以東の共同管理地沿海州を領土とした。満州地域の黒竜江以北及びウスリー川以東の沿海州(外満州)は、ロシアに征服された。ロシアはウラジオストク(ロシア語の意味"東方を征服せよ”を建設、侵略の拠点とした。侵略更に南下

 ボルガ河畔の小国に過ぎなかったロシアが、モンゴルによる二百五十年間の支配から脱したのは1480年のイワン三世の時である。後を継いだイワン四世が1547年にツァーリ(皇帝)を称し、東方へ拡張主義政策を実行した。以後たった100年でロシア人はシベリア大陸を横断し、オホーツク海に到達すると、次には海を越えてアラスカに渡った。アラスカは現在アメリカ最大の州、1867年に ロシアから破格の安値720万ドルで購入した。 
4:ロシアの侵略性と、日露戦争の受益者中国

 ロシアは南下し、千島列島から島伝いに日本列島へ、シベリア沿岸から朝鮮半島、満州 ( 中国東北部 )、さらにモンゴル、へと侵出した。フレデリック・シューマンの 「 ソ連の内政と外交 」 によれば、1613年にロマノフ王朝が成立して以来、1913年に至る三百年間に領土拡大の速度は、一日平均 六十平方 マイルのであった。 

 当時のロシアは中国東北部をすでに占領し、清(しん)朝から租借した遼東半島の旅順に軍港と堅固な要塞を築き、次に朝鮮半島にまで勢力を伸ばした。もし朝鮮半島がロシアの支配下になれば、日本の脇腹にナイフを突きつけられたのと同じ国防上の危機をもたらすため、日本はロシアによる朝鮮半島支配を阻止し、自衛の為にロシアと交戦した。当時の帝政ロシアは日本の四十倍の国土と強力な軍隊を持つ世界有数の大国であり、世界の九十九パーセントの人々は当然ロシアが勝つものと予想していた。

1904年~05年日露戦争日本が勝利
1914年7月28日~1981年11月11日 第一次世界大戦

1917年3月ロシア革命。ロマノフ王朝倒壊。2月(ロシア暦)革命。

1917年11月ソビエト政権樹立。10月(ロシア暦)革命。レーニン首班となる。
1922年ソビエト社会主義共和国連邦が成立

1924年レーニン(1870~1924)病死。「ヨシフ・スターリンを党書記長から解任」が、遺言

革命という美名を掲げ次々と周辺国を侵略し狂惨化したソビエト連邦のスターリン レーニンの死後、独裁的権力を握ったヨシフ・スターリンは政敵トロツキーの国外追放を皮切りに、反対派を徹底的に排除して一国社会主義路線を確立した。スターリン時代の大粛清時(ピークは1936年から1938年)には処刑や強制収容所での過酷な労働などによって、一説には1200万人以上の人が粛清されたとされる。ソビエト連邦解体までの70年間に6200万人以上に及ぶ人々が粛清されたことを、現行のロシア政府が1997年認めた。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

  昭和10(1935)年7月、第七回コミンテルン大会におけるスターリン演説「ドイツと日本を暴走させよ。しかしその矛先を祖国ロシアに向けさせてはならない。ドイツの矛先はフランスとイギリスへ、日本の矛先は蒋介石の中国に向けさせよ。そして戦力を消耗したドイツと日本の前には米国を参戦させて立ちはだからせよ。日・独の敗北は必至である。そこでドイツと日本が荒らし回った地域、つまり日独砕氷船が割って歩いた跡と、疲弊した日独両国をそっくり共産陣営に頂くのだ」。

(注・ソ連の恐怖は日本と中国が同盟を結び、ソ連を侵略することだ。日中戦争~大東亜戦争はソ連が放った日本と中国と米国のスパイが仕組んだ戦争だ。蒋介石と近衛文麿とルーズベルトはスターリンに踊らされた。日中戦争は狂惨党に仕組まれた事に気付いた蒋介石は、戦後500億ドルの賠償金を放棄したうえ、日本の軍属と日本人居住者二百十万人を無事に日本に帰国させ、天皇制維持を強く主張した。蒋介石は元来は親日であったが、ソ連のスパイに踊らされた。恐るべし悪の元凶は狂惨党なのだ)

1935(昭和10年)/8/1 1935年のソ連コミンテルン第七回大会で、反ファシスト人民統一戦線方式が打ち出された。その結果「八・一宣言、抗日救国のため全国同胞に告ぐるの書」が発せられた。内容は中共がその革命戦術の中に対日戦争を採りいれて、「内戦停止・一致抗日」を訴え、所謂「救国」運動に変換し革命戦術を拡大させたのである。そしてそれは国民党軍に潜入していたコミンテルンの指令を受けた中国共産党工作員による、1937年7月7日の「盧溝橋事件」へと展開してゆく。

 八・一宣言(抗日救国のため全同胞に告ぐるの書。中国共産党が抗日民族統一戦線の結成を提唱)中国共産党軍の兵力は30万人から3万人に激減したため矛先を日本に替え宣言した。反共戦争を抗日救国戦争にすり替えた。

 なんと中国共産党は、シナ事変に先んじる2年前、昭和10(1935)年8月1日、日本に宣戦布告しているのだ。

 昭和12(1937)年七月コミンテルン指令「あくまで局地解決を避け、日中全面衝突に導かねばならない。右目的貫徹のため、あらゆる手段を利用すべく、局地解決や日本への譲歩によって中国を裏切る要人は抹殺しても良い」 国会図書館所蔵興亜院政務部・コミンテルン関係一括資料

 スターリンは下記のように、ソビエト社会主義共和国という美名の下に次々と各国を侵略し狂惨化していた。大東亜戦争はローマ法王のピオ11世が喝破したようにアジアと、侵略者狂惨党との反共戦争でもあった。1937年7月7日北京郊外の盧溝橋で演習していた日本軍に数発の銃弾が撃ち込まれた。共戦争、シナ事変の始まりである。

 ローマ法王のピオ11世は共戦争(支那事変、日華事変、日中戦争)(1937年7月7日)が始まった年の10月に、全世界の3億5千万のカトリック信徒に対して、次のようなメッセージを出している。「日本の支那事変は侵略戦争ではない。共産党と戦っている。共産党が存在するうちは、全世界のカトリック教会、信徒は日本軍に遠慮なく協力せよと」
 

1922年 ウクライナ・白ロシア・ザカフカス・ロシアの4ヶ国狂惨化

1924年 ウズベク・トルクメンの2ヶ国狂惨化

1929年 タジクの1ヶ国狂惨化

1936年 アゼルバイジャン・アルメニア・グルジア・カザフ・キルギスの5ヶ国狂惨化

1940年 カレロ=フイン・エストニア・モルダビア・ラトピア・リトアニアの5ヶ国狂惨化
 

 わずか18年間で合計17ヶ国が侵略され狂惨化されていた。ソ連も米国と同様に侵略の歴史を重ねていた。1940年大東亜共栄圏建設構想発表。真珠湾攻撃は(1941年12月8日)。近衛首相の有力なブレーンであった尾崎秀美(朝日新聞記者)が、ゾルゲ事件でソ連のスパイだったとして処刑(1941年)されている。
 

 WW2で共産主義者は史上最大の共産圏を構築した。民主主義の宗主国は植民地を失った。戦後61年、民主主義は繁栄し捏造国家共産圏は次々自壊している。真実は物事の基準だ。

(注・ソビエトはロシア語で会議の意)  

(注・コミンテルン・1919~1943年全世界を全て狂惨化しようと、革命運動の統一的指導に当たった、共産党の国際組織。レーニン創立)

 チベット、内モンゴル、満州、新疆ウイグルと同胞を侵略し、西洋覇道の鷹犬「たかいぬ(鷹狩に使う犬)」と化した中国狂惨党。人類の敵中国狂惨党(有色人)は、宗主国気取りで同胞を殺戮し、苦しめ、臆面も無く搾取し続けている。 

 先人冒涜者よ、これだけの歴然たる事実を目の当たりにし、なおも先人冒涜を続行するのであればあなたや、石原慎太郎、大江健三郎などの輩も、日本人ではない。


亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ 

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/96-cc6cb039

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。