QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観沖縄戦は県民と日本軍の戦いではない侵略者米軍を隠蔽し教科書を捏造する日本国と沖縄県


 沖縄戦は県民と日本軍の戦いではない侵略者米軍を隠蔽し教科書を捏造する日本国と沖縄県

最終的に決まった記述(2007年12月27日読売新聞朝刊)

○日本軍の関与によって集団自決に追い込まれた人もいる。三省堂(日本史A)

○日本軍は、住民に対して米軍への恐怖心をあおり(中略)手榴弾を住民に配るなどした。このような強制的な状況のもとで、住民は、集団自害と殺しあいに追い込まれた。実教出版(日本史B)

○日本軍の関与のもと、配布された手榴弾などを用いた集団自決に追い込まれた人々もいた。清水書院(日本史B)

 

 沖縄戦は県民と日本軍の戦いではない、護国のため共生共死で侵略者アメリカと戦ったのだ。侵略者米軍を隠蔽せず下記のように教育すべきだ。悲劇の起因は侵略者アメリカで護国の日本軍ではない。

 

護国のため軍民一丸となり共生共死で侵略者アメリカと戦ったが敗れ、侵略者アメリカに追いつめられ、投降を拒否し集団自決に追い込まれた人もいる。侵略者が侵略し追い詰めなければ、集団自決など起きなかった。三省堂(日本史A)日本軍の関与によって)←削除

 

護国のため軍民一丸となり沖縄青壮年が防衛隊として参加、手榴弾が武器として配られ共生共死で侵略者アメリカと戦ったが敗れ、侵略者アメリカに追いつめられ、投降を拒否した住民は、集団自害と殺しあいに追い込まれ手榴弾が使われた。侵略者が侵略し追い詰めなければ、集団自決など起きなかった。実教出版(日本史B)日本軍は、住民に対して米軍への恐怖心をあおり(中略)手榴弾を住民に配るなどした。このような強制的な状況のもとで、)←削除

 

護国のため軍民一丸となり沖縄青壮年が防衛隊として参加、手榴弾が武器として配られ共生共死で侵略者アメリカと戦ったが敗れ、侵略者アメリカに追いつめられ、投降を拒否し、日本軍の関与のもと、配布された手榴弾などを用いた集団自決に追い込まれた人々もいた。侵略者が侵略し追い詰めなければ、集団自決など起きなかった。清水書院(日本史B)

 
 先人冒涜者や反日は、見当違いをくりかえす。殺したのは、加害者戦勝国なのに、護国指導者に赤紙を押しつけられて戦場に行き、戦場で戦死、護国指導者を罵倒する。赤紙を出した側、護国指導者が戦場に無理矢理連れて行き殺したと

 

 戦勝国が戦争を仕掛け、日本兵や日本人を、戦勝国加害者が殺した戦争なのに、日本国護国指導者が引き起こした戦争と、戦争責任をすり替え、無謀な戦争を始めた戦争指導者と、護国指導者を罵倒する。戦争指導者が無謀な戦争をして大勢の日本人を殺したと。

 

 攻められ、補給路を絶たれ、戦勝国加害者に大勢餓死させられた責任を、護国指導者にすり替え、護国指導者を罵倒する。戦争指導者に殺されたと。

 

 攻められ、補給路を絶たれ、戦勝国加害者に玉砕させられた責任を、護国指導者にすり替え、護国指導者を罵倒する。戦争指導者の戦陣訓で、降伏を許さず膨大な兵士を犬死させたと。

 

 マスコミが流した鬼畜米英の恐怖と、戦勝国加害者の恐怖や、滅びの美学による民間人の自決を、戦陣訓の生きて虜囚の辱を受けずで皆自決したと、戦陣訓の責任にすり替え、護国指導者を罵倒する。戦陣訓と戦争指導者に殺されたと。

     

 戦勝国に攻められ、原始爆弾や空襲で民間人60万人が虐殺されたのは日本軍人が悪かったからではない。戦勝国加害者が勝ちたかったから殺したのだ。負けたのは日本軍人が悪かったからではなく、物量が尽きたからだ。持てる物すべてを使い戦った護国の兵は、何も悪くは無い。物量が尽きて負けただけだ。

 

 虐殺したのは戦勝国加害者なのに、護国指導者を罵倒する。戦争指導者が終戦を遅らせ、戦争指導者が多くの日本人を殺したと。

 

 すべて戦勝国加害者、戦争、により虐殺され、餓死し、玉砕し、自決したのに、責任を、護国指導者にすり替え責任転嫁し、護国指導者を罵倒する。戦争指導者に殺されたと。

 

 批判罵倒しなければいけない相手は「戦争」加害者だ。「降伏禁止の記載無し」の戦陣訓では無い。護国の兵ではない、護国責任者ではない。日本国、沖縄県、先人冒涜者や反日は、何と愚かな見当違いを繰り返すのだ。つまみ食い、主客転倒もはなはだしい。

 「フランダースの犬」英国女性作家ウィーダ1872年刊。画家を志す少年ネロが、放火の濡れ衣を着せられて村を追われ、吹雪の中をさまよった挙句、一度見たかったルーベンスの絵を見る。そして誰も恨むことなく忠犬パトラッシュと共に天に召される。という日本では誰でも知っている悲運の物語だ。ところが欧州では「負け犬の死」としか映らず評価されることは無く、米国の過去5回の映画化も結末をハッピーエンドに書き換えられているという。悲しい結末の原作がなぜ日本でのみ共感を集めたのか、長く謎とされてきた。

 ベルギー人映画監督ディディエ・ボルカールトさんらは、3年をかけて謎の解明を試みた。浮かび上がったのは日本人の心に潜む「滅びの美学」だった。プロデュサーのアン・バンディーンデレンさん(36)は「日本人は信義や友情のために敗北や挫折を受け入れることに、ある種の崇高さを見出す。ネロの死に方は、まさに日本人の価値観を体現するもの」と結論づけた。この検証過程を「パトラッシュ」の題名で映画化、27日に大聖堂で上映される。制作のきっかけはアントワープの大聖堂でルーベンスの絵を見上げ、涙を流す日本人の姿を見たことだったという。「フランダースの犬 日本人だけが共感」の見出しで2007年12月25日読売新聞朝刊2面で報じている。

 訓や命令に従わなくとも、罰するものはもういない死語と化した訓や命令で、読者のみなさん、自決しますか。自決は自らの強い意志が無ければけして出来るものではないでしょう。常識があれば分かることだ。

 

 いつの世も一家心中に子供を巻き添えにするのは、親だけ死ぬと残された子供が不憫だと親が一方的に考えるからだ。殺される子供にとっては不可解なことだ。集団自決の被害者と称する人の証言(当時子供)がある。自分を殺そうとした親を全く理解できず、本当は優しい親だが極悪軍の命令により仕方なく親は殺そうとした、そうさせたのは日本軍と証言する。無理からぬことだ。がしかし、その証言は真実ではない。

 先人沖縄県民は軍の愚かな操り人形で、愚かな皇民化ロボットで、日本軍に戦陣訓に、死ねと命令され死んだのか、それとも沖縄県民斯ク戦ヘリで語られたような護国に殉じた沖縄県民だったのか、子孫の沖縄県民が県民投票で決めればよい。そして教科書の記述は、悲劇の起因は侵略者アメリカで、護国の日本軍ではないことを明記し、 
子孫の沖縄県民の解釈として記載し、同時に賛否の比率も載せればよい。
真実史観沖縄県民斯ク戦ヘリ県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ


亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/94-7b7a65b1

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。