QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観パラオ玉砕・ペリリュー島サクラと山口永少尉とニミッツ元帥と久松

米国映画「インデペンデンス・デイ」総攻撃の前の大統領の演説

 「さあ、諸君、勝とうが負けようが、ともに叫ぼうではないか。我々は決して粛然と闇に消えたりはしない抵抗もせずに滅びてたまるものか!

C.W.ニミッツ

 神風特攻隊や回転特攻隊の攻撃を受けた太平洋艦隊司令長官。ニミッツ提督は、戦後、横須賀にあった戦艦「三笠」の保存のために私財を献じたことでも知られている。

 

パラオ・ペリリュー島・ペリリュー神社碑文 真実史観(蘭生)訳

この島を訪れるもろもろの国からの旅人たちよ 伝えてくれ

ふるさとに帰ったら 伝えてくれ

この島を護るため戦って 戦って 戦い抜いて果てた日本軍人の その 壮絶な勇気と

祖国を想う その 深き心根を   米国太平洋艦隊司令長官 C.W.ニミッツ

 

「サクラ・サクラ」

 日本軍は、原住民すべてをパラオ本島に脱出させ(原住民に死者は一人もいない)、後にレイテ、サイパン、硫黄島、沖縄の規範となる洞窟作戦で73日間戦い、米軍に、死傷者合わせて1万人を越える損害(「米軍の歴史における他のどんな上陸作戦にもみられなかった最大の戦闘損害比率、40%)をあたえた。昭和19(1944)年11月24日16時、1万有余名の兵の死をもって謳いあげた世界でもっとも短く簡潔な詩と言われている、ペリリュー島守備隊全員が桜花のごとく散ったことを意味する「サクラ・サクラ」(軍旗・機密書類をすべて焼き払ったことを伝える暗号電文)六文字を打電し、全員戦い抜いて果てた。2006.3.26.
サイパンの戦い米軍皆殺し作戦のサイパンから生き抜いて戦った一兵士日本への伝言真実史観太平洋の奇跡戦い尽くし降伏命令書下山サイパン大場隊47士堀内と青野
硫黄島の戦い硫黄島からルーズベルトへ海軍少将・市丸利之助玉砕直前の手紙名誉の再会硫黄島戦闘40周年レーガン大統領宛米国高校1年生の手紙
沖縄の戦い真実史観沖縄県民斯ク戦ヘリ県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ


ペリリュー島二つの遺聞
 

○玉砕後、ペリリュー島大山の頂上で機関銃を抱えて斃れている、頭を丸刈りし、日本兵の軍服を着装した一人の日本人女性が発見された。女性の名前は遊女名「久松」。コロール島料亭「鶴の家」の遊女だった人だ。一人の日本軍将校と恋仲になったが、ペリリュー島へ出撃と決まった将校は、私財をすべて処分して「久松」を身請けし、帰国するよう説得した。しかし、自分も日本兵として戦う、一緒に連れて行ってほしいと引き下がらず、日本兵として戦った。サイパンの看護婦青野千恵子に、父母妹無しのその後の「人生」が無かったように、「久松」には、愛しているこの一人の将校との「人生」以外の「人生」は、存在しなかったのだ。後に米軍兵士は敬意をこめてパラオのジャンヌダルクと名づけた。

○「聞こえるか、山口永少尉。私は日本から迎えに来た澄川少将だ。日本は戦争に負けたのだ。山口少尉、出てきなさい」澄川道男・元海軍少将はペリリュー島大山で呼びかけた。昭和22年4月22日呼びかけに応じ。山口永少尉以下34名の水戸・高崎連隊はついに投降し、終戦を迎えた。玉砕から2年5ヶ月、終戦から1年8ヶ月後のことであった。玉砕後も洞窟陣地に立てこもり、昼は動かず、夜は米軍の倉庫から食料を調達し、日本軍反攻の機会をうかがいながらゲリラ戦を展開していた。遊就館特別展戦跡パラオ展より2007。3.24.~6.17.

 米軍の義援品(缶詰、衣服、歯磨き、タオル等)を手に、34名は昭和22年5月15日帰還したが、税関で捕まると日本人船員にだまされ、缶詰と衣服は処分してあげるからとだまし取られた。横浜の世話役人には、米軍のMPが来るからと、「これも多い、あれがいけない」と、多いものは全部取り上げられた。結局、税関もMPも来なかった。34人全員が被害にあったのだ。以後の道中も、「俺たちは何のために3年近くもあの洞窟で」と言わせるほど、WGIPに洗脳された祖国日本は冷たかった。「生還」平塚柾緒著より

 

パラオと日本の友好よ永遠なれ」(展転社1997年)

  「日本時代はオール・グッド(皆良い)でした。日本の皆さんは、我々と一緒に汗を流して働き、勤勉の徳を教えてくださいました。サトウキビや米の作り方を教えられ、生産することの喜びを知りました。スペインやドイツの植民地時代と違って、心が通じました。自然に日本人の生活態度を学び、子供たちは親孝行になり、治安が良くて泥棒がいませんでした(同書10ページの和文)」。

パラオ統治。ここは第一次大戦のあと、ドイツ領から日本の委任統治領なった。

パラオ共和国の上院議員だったピータースギヤマ

 「その当時は、タロイモと魚が島民の主食だった。日本が来てからその生活は大きく変わった」と続ける。「日本は米を持ってきた。ナスやキウリなどの野菜に、サトウキビ、パイナップルも持ち込んだ。そして雇用創出もした。マグロ缶詰工場や鰹節工場もつくり、島民に仕事を与えた。インフラも整備し、舗装道路を敷き、電気を供給し、電話も引いた。今、英語で話される日常会話に日本語の『デンワ』が混じるのは、そのころの名残だ。しかし、その統治は30年と続かず、パラオは三度、新しい統治国、米国を迎えた。彼らはまず、すべての工場を破壊し、畑もつぶした。島々を結ぶ橋も壊し、道路の舗装まで剥がしていった。すべての破壊が終わった後、米国は島の人々にアメリカ米を支給し、働かなくてもいいように生活保護費を出した。東西冷戦の中でこの島が東側に盗られた場合を考えれば、数千の島民に、ただ飯を食わせるぐらいは、安いものだという考え方だ。そして、冷戦が終わった今、島民への援助は間もなく打ち切られる。もうこの島を持っている意味は無くなったからだ。カリブ海に浮かぶハイチは、ナチやソ連の進出が懸念されるたびに、米国が占領した。脅威が失せれば捨てられた。それと同じパターンである」 

恩讐の彼方に
2014年09月16日 Yomiuri Shimbun
「悲惨な戦い」…ペリリュー島激戦から70年
 【ペリリュー島(パラオ共和国)=前田啓介】太平洋戦争の激戦地として知られる西太平洋・パラオ共和国のペリリュー島で15日、米軍の上陸開始から70年を記念した式典が開かれた。
 式典には、無条件降伏を知らずに終戦後も戦い続けた旧日本軍34人のうちの1人、土田喜代一(きよかず)さん(94)(福岡県筑後市)の姿も。かつて死闘を繰り広げた元米兵と抱き合った後、「悲惨な戦いだった。二度と戦争を起こしてはいけない」とかみしめるように語った。
 ペリリュー州と米政府の主催による式典には、米軍関係者や島民ら約300人が参加した。米国と日本の国歌が演奏された後、州知事が、土田さんと元米海兵隊のウィリアム・ダーリングさん(89)(カリフォルニア州)の氏名を読み上げると、出席者全員が立ち上がって拍手で迎えた。
 36年ぶり13回目の訪島となる土田さんは、孫娘でドイツ在住の井福理恵さん(31)に付き添われて席を立ち、ダーリングさんも前に。お互い敬礼をした後、抱き合って何度も握手をした。
 ダーリングさんが「かつて戦った者同士だが、戦争が終われば兄弟のようなもの。私にも孫がいる。この島での戦いを語り継いでいこう」と話すと、土田さんは「米軍は、最後まで戦い抜いた私たちに敬意を持って接してくれた。ただ、私のような目に遭う者を二度と出してはいけない」と涙ぐんだ。


安易な
天皇強調は、「天皇は権力者(独裁者)」と、他国(神道日本無知)の、誤解を招く!

 日本は神道が基で、「天皇」は最上位の祭司。日本の代名詞が祭司天皇なのだが、以下の報道二つは「天皇」を強調しすぎで、独裁者ではない「祭司天皇」が、「独裁者(国民は奴隷)」と、誤解される。

 「島民を守った日本兵」とあるように、ペリリュー島死守は、「神道(天災列島日本で育まれた絆で、助け合いが基)日本」死守で、天皇(祭司)のみ、死守ではない!

 「有色人最後の砦として比類無き戦い」と、真実史観の方々は、「日本には大切なものが4つあります。祭司(天皇陛下)と神道(靖国神社)と日本(富士山)と自然(桜の花)」と心得て、かっての日本を追慕するが、摘み盗りして、「天皇は独裁者(国民は奴隷)で、天皇のみ、死守」と、捏造する輩が居ることを、忘れてはならない!

 

2015.1.2 12:00 産経ニュース

時を超え眠り続ける「誇り」 集団疎開させ、島民を守った日本兵

 先の戦争が終結してから今年で70年を迎える。産経新聞では年間を通じ、「戦後70年」を紡いでいく。序開きとして、天皇陛下と日本を考えてみたい。天皇、皇后両陛下は今年、パラオ共和国を慰霊のため訪問される。パラオは昭和20年までの31年間、日本の統治下にあり、ペリリュー島は日米間で壮絶な地上戦が繰り広げられたが、島民が犠牲になった記録はない。両陛下の念願だったとされるパラオご訪問を前に、米軍が「天皇の島」と呼んだ南洋の小島から歩みを始める。(編集委員 宮本雅史)

 平成26年12月初旬、ペリリューは、島を覆うジャングルが強い日差しを受けて緑に輝いていた。島民600人の多くが住む北部のクルールクルベッド集落は、ヤシの木に囲まれた庭の広い民家が立ち並び、カフェからは英語の音楽が流れる。ハイビスカスが咲き、のどかな雰囲気に時間が止まっているような錯覚すら覚える。

 だが、ジャングルを縫うように車を走らせるに従って、そんな印象は一変する。破壊された米軍の水陸両用戦車、日本軍戦車、52型零式艦上戦闘機…。至る所に激戦の爪痕が残る。

 案内をしてくれたウィリー・ウィラードさん(53)によると、日本軍守備部隊は、兵隊1人が入れる蛸壺状から数百人が入れる洞窟まで500個を超える洞窟陣地を構築、大部分は内部で行き来できるようになっていたという。島全体が要塞。島の真の姿に気づくのに時間はかからなかった。

 

米の予想上回る抵抗

 米軍がペリリューに上陸したのは昭和19年9月15日。人員で守備部隊の4倍、小銃は8倍、戦車は10倍という圧倒的な布陣を敷いた米軍は、島の攻略についても、「スリーデイズ、メイビー・ツー(3日、たぶん2日)」と豪語していたという。

 だが、その予想は大きく裏切られる。米軍は第1次上陸作戦で第1海兵連隊の損害が54%に達したため、第1海兵師団が撤収、第7海兵連隊も損害が50%を超えて戦闘不能に陥った。

 「軽機関銃の銃身が熱くてさわれないくらい夢中に撃ちまくった。敵味方入り乱れて、殺したり殺されたりの白兵戦で、地獄絵図そのものだった」

 そう述懐する水戸歩兵第2連隊の元軍曹、永井敬司さん(93)は、数少ない生還者の一人だ。「食糧や弾丸がすぐに底をついた。空からも海からも補給はなく、米軍の食料や戦死した米兵から武器と弾薬を奪った。3日も4日も寝ないで戦った」と語る。

 

最高の戦闘損害比率

 日本軍の執拗(しつよう)な抵抗に、太平洋艦隊司令長官のニミッツ海軍大将は著書『太平洋海戦史』で、「ペリリューの複雑極まる防衛に打ち勝つには、米国の歴史における他のどんな上陸作戦にも見られなかった最高の戦闘損害比率(約40%)を出した」と述べている。

 守備部隊がいかに激しい戦闘を展開したかを物語るが、永井さんは、想像を絶する環境の中で気持ちを支えたのは「第2連隊で教育を受けたという誇りと、日本を守るという意地だった」と胸を張った。

 『昭和天皇発言記録集成』(防衛庁防衛研究所戦史部監修)によると、昭和天皇は『水際ニ叩キツケ得サリシハ遺憾ナリシモ順調ニテ結構テアル。「ペリリュ」モ不相変ラスヨクヤッテヰルネ』(10月23日)『「ペリリュー」補給困難ニナリ軍ハアマリ長ク抵抗ガ…。随分永イ間克ク健闘シ続ケテ呉レタ』(11月15日)-と述べるなど島の戦況を気に掛け、守備部隊の敢闘に11回、御嘉賞(お褒め)の言葉を送っている。

 

誇りをかけた戦い

 平成8年6月17日、靖国神社で開かれたシンポジウム「ペリリュー戦 日米両軍の勇戦を讃える会」に、ペリリュー戦に参戦した元米軍のエド・アンダウッド元大佐とコードリン・ワグナー氏の姿があった。

 『昭和の戦争記念館 第3巻 大東亜戦争の秘話』(展転社刊)によると、アンダウッド氏は「日本軍は負けると判っている戦争を最後まで戦った。この忠誠心は天皇の力と知って、ペリリュー島を“天皇の島”と名付けた」と述べ、ワグナー氏も「日本軍人の忠誠心に最高の敬意を表す」と語っている。

 これら2人の言葉を裏付けるように、米第81歩兵師団長のミュウラー少将は、日本軍の抵抗が終わった昭和19年11月27日、「いまやペリリューは、天皇の島から我々の島に移った」と宣言したという。

 米軍に「天皇の島」と言わしめたペリリューでの戦闘は、日本軍将兵が日本と日本人の誇りをかけた象徴的な戦いでもあった。

 

◇    ◇

パラオ共和国 赤道に近い太平洋上に位置し、大小500以上の島を抱える。総面積は488平方キロ。1920年(大正9年)、第1次世界大戦後に日本の委任統治下に。先の戦争後、米国の統治下に入ったが、94年(平成6年)に共和国として独立。10島に人が住み、人口は約2万920人(外務省ホームページから)。委任統治時代、日本はパラオに南洋群島全体を管轄する南洋庁本庁を設置。パラオには学校や病院、気象台、郵便局などが建設されたほか道路などインフラも整備された。最盛期の43年(昭和18年)には2万7444人の日本人が住んでいた。

 ぺリリュー島の戦い パラオ群島にある南北約9キロ、東西約3キロ、面積約13平方キロのサンゴ礁の島。先の戦争では、マリアナ・パラオ諸島の戦いの中心地となり、昭和19年9月15日から74日間にわたり、日本軍守備隊と米軍との間で激しい戦闘が繰り広げられた。戦史叢書「中部太平洋陸軍作戦」(防衛庁防衛研修所戦史室著)によると、戦闘は、日本軍9838人に対して米軍は約4万2千人で始まり、日本軍は最終的に1万22人の戦死者と446人の戦傷者を出して玉砕。米軍も1684人の戦死者と7160人の戦傷者を出した。日本軍は34人が生還した。

 

2015.1.3 12:00 産経ニュース

陛下、靖国、富士、桜… 「日本人になりたかった」

〈君が代は 千代に八千代に さざれ石の~…〉

 明快な日本語で「君が代」を歌い上げた94歳になる老女は、続けて「海行かば」を口ずさみ始めた。

 〈海行かば 水漬(みづ)く屍(かばね) 山行かば 草生(くさむ)す屍~〉

 歌詞の意味は理解しているという。ロース・テロイさん。「テルコ」という日本人名も持ち、「日本人になれるものならなりたかった」と言った。

 「緑の島のお墓」を作詞したアントニア・ウエンティさん(85)は「蛍の光」と「仰げば尊し」を歌って涙を浮かべ、童謡の「浦島太郎」を歌って、「この歌は、『両親がしてはいけないということはやってはいけない。罰が当たるよ』という意味を含んでいる」と言った。

 テロイさんのいとこにイナボ・イナボさん(故人)という男性がいた。元パラオ共和国政府顧問で、生前は、「日本軍と一緒に戦いたかった」と何度も口にしていたという。

 イナボさんは平成7年8月15日、靖国神社での戦没者追悼中央国民集会に参加した際、雑誌のインタビューにこう話している。

 「日本には大切なものが4つあります。天皇陛下と靖国神社と富士山と桜の花です。アメリカ人から『日本は小さな国だけどもルーツ、根っこがあるから強い。それは天皇陛下と富士山と桜だ。それはアメリカにはない』と聞きました

 「日本人の戦いぶりはアジアの人々は皆知っているんですよね。それで日本を尊敬しているわけです。皇室と神社がある限り日本は倒れない。日本人が安心していられるのは、天皇陛下がおられるからですよ。天皇陛下がおられて、靖国神社があるからこそ日本は尊く、外国からも尊敬され、強い国となっています」

 イナボさんの日本への思い、そして歌詞の意味を確かめるように一言一言を丁寧に歌ったテロイさんとウエンティさん。2人の心に去来するものは何か。

 天皇、皇后両陛下のパラオご訪問が検討されていることに話が触れると、「最初、いらっしゃると聞いたときはだれも信じられなかった。まさかという気持ちで驚いた。天皇陛下にお目にかかれることを非常に楽しみにしている」と興奮気味に話した。(編集委員 宮本雅史)

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/9-88b9fac6

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。