QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観生きて虜囚の辱を受けず戦陣訓虜囚意味生け捕った敵昭15年大字典講談社


戦陣訓生きて虜囚の辱を受けず虜囚の意味敵を生きながら捕らえ来ること大正6年初版昭和15年改訂の講談社大字典

戦後辞書まで捏造された虜囚仮説から真実へ終戦までの虜囚の真意は


」は、生け捕りにした人、奴隷、敵、野蛮人捕まえるという能動的な意味が強い。<解字>力ずくで捕らえ、じゅずつなぎにしたとりこのこと。

 「」は、とらえて拘束する。枠の中に人を閉じ込めるのように能動的意味が強い。(囚人)。<解字>枠の中に人を閉じ込めること。

 」は、とらえて枠の中へ入れる。能動的意味が強い。<解字>囲んで逃げないようにする。

虜囚の類語(終戦までの意味)。
○「人・徒・獄人(めしうど)」は明らかに罪過を犯し捕まった囚人だ。

○「・俘(ふしゅう)・(とりこ)」は、日本国が捕まえ枠の中に閉じ込めた者「(とらえた人・囚人・めしうど)。日本国が捕まえた者「とりこ(生け捕りにした人・敵)」。終戦までの「虜囚」には、捕虜戦争で敵国に捕まえられた者」のような受動的意味が全く無かった

○ 「捕・俘(ふりょ)」は、戦争で敵に捕まえられた者(捕まった者)」。主語が敵の、受動的意味だ。

 「人・徒・獄人(めしうど)」「・俘(ふしゅう)」のように「囚」を含む文字の本来の意味は、枠の中に人を閉じ込める能動的意味が強いので、日本国が捕らえて閉じ込めた者、自国の兵、敵兵、主語が日本国の能動的意味だけだった。が、下記のように変化した。

 終戦までの「・俘(ふしゅう)」とを含む言葉は、「囚人」の婉曲表現となった

 終戦前の「虜囚」は、皇軍のが罪過を犯し日本国に捕まること、兵の囚人を意味し、皇軍の兵なので婉曲表現で呼称した

 整理しよう。終戦前の「虜囚」の類語の意味は、下記のように使い分けされていた。

○「人・徒・獄人(めしうど)」は罪科を犯し日本国に捕まった囚人

○「・俘(ふしゅう)・(とりこ)」は、日本国が捕まえた者(囚人)の婉曲表現か、皇軍の囚人呼称。または、日本国が捕まえた敵兵

○「捕・俘(ふりょ)」は、戦争で敵に捕まえられた人(捕まった人)」。主語が敵国

 大正6年初版昭和15年改訂の講談社大字典には「虜囚」・とりこ(イケドリ、シモベ、イケドル、生擒ス、化外ノ民えびす)字源・形聲。虍と母と力の合字。敵を生きながら捕らえ来ること。母は貫の本字にて敵を数珠つなぎに貫き連ぬる意ならん。力は腕力にて引率する義虍は音符。と記載されている。捕虜「戦争で敵に捕まえられた人(捕まった人)」の記載皆無。

昭和27(1952)年初版昭和49(1974)年新装発行、三省堂「辞海」。練馬区立図書館蔵書。

「捕虜」の意味 とりこ。俘虜。(受動の意味皆無)

「虜囚」の意味 とらわれ人(虜囚の主語日本。日本にとらわれた人。敵にとらわれた日本兵ではない)。めしうど。とりこ。

 まだこの時代では、日本国に捕まった人(囚人や敵)意味だけである。捕虜「戦争で敵に捕まえられた人(捕まった人)」の受動記載皆無。

 結果、1/2行つまみ食い解釈でも戦前の解釈は「生きてる時も、皇軍の兵が日本国に捕まって囚人となるような辱めをするな」となる。

 戦後マスコミや鵜人や便乗した反日に、「虜囚の辱」が喧伝されたため、能動的な意味しかなかった虜囚に、全く無かった受動としての意味がだんだんと濃くなり、61年間歪曲喧伝され、捕虜戦争で敵国に捕まえられた者」が入り込んだ。結果「日本が捕まえた者」が「戦争で敵国に捕まえられた者」となり、全く逆の意味となったというのが真相ではないのか。前述の講談社大字典1963年復刻、1993年第一刷、新大字典には「虜囚・とりこ。捕虜。」と、捕虜「戦争で敵に捕まえられた人」が追加されている。仮説が適中した。言葉は時代に迎合するのだ。

 戦前は、「軍人勅諭」に記載無く、実行不可能な訓(教え)囚には、捕虜「戦争で敵に捕まえられた人」の意味は、全くなかった。なぜなら、言葉に、はるかに鋭敏な方々が、起案責任者は人格者として誉れ高い今村均が、目を通し、なにも問題にしていない。戦前、「」は、いけどりにした敵、または囚人の婉曲表現、もしくは、囚人となった皇軍のを、意味する言葉だった。捕虜「戦争で敵に捕まえられた人」ではなかった。だから誰も問題にしなかった。と推測しないと、辻褄が合わないのだ。いかに戦時下とはいえ言葉にはるかに鋭敏な方々が、史上類の無い、実行不可能な訓(教え)「捕虜となるよりは自殺せよ」を採択する訳が無い。大義(公)(軍人勅諭)に生きる皇軍の兵に、規範の軍人勅諭に記載の無い捕虜は恥辱なので(私心)死ねと、臣(けらい)東條英機が教える(訓)ことなど、不可。よって虜囚の辱=捕虜「戦争で敵に捕まえられた人」は捏造となる。

 がしかし、戦後、戦犯として処罰されることを極度に恐れていたマスコミに、「捕虜となるよりは自殺せよ」と、嘘の繰り返し喧伝報道を、反日も便乗して、61年間撒き散らされ、嘘が真実になってしまったのだ。まさに、ナチス・ドイツの宣伝大臣ゲッペルスの有名な言葉「嘘でも充分に繰り返し続ければ、真実になる」なのだ。戦前の虜囚の意味は「とりこ」。戦後の虜囚の意味は「とりこ。捕虜」と、マスコミの捏造により拡大し、変化した。言葉は時代に迎合し嘘が真実になった実例が、まさしくこれなのだ。

 検証の結果、虜囚の主語は正に日本国だ。「虜囚の辱(はずかしめ)」は(軍人が罪禍を犯し、日本国にとらわれ、軍人として恥ずかしい罪過の汚名をうけること。)のように一つの単語として考えるべきだろう。こうすると「第八 名を惜しむ」に、帰結し文意が合う。『戦陣訓』示達の目的 「(盗むな)(殺すな)(犯すな)を徹底させる」にも、「軍人勅諭」にも、合致する。戦時下一部マスコミのつまみ食いはあったが「軍人勅諭』に記載無く、実行不可能な訓(教え)囚=戦争で敵に捕まった捕と、だれも曲解しなかったので、なんら問題とならなかった。

起案責任者人格者として誉れ高い今村均将軍の言葉 

 「戦陣訓」起案責任者・今村均将軍は、戦時下も戦後も、「戦陣訓」の本意に従い、ひと筋に生きた。まさしく名将である。

 戦陣訓の本意。・・・本来は、中国大陸で戦闘をしている将兵に対して「戦闘の興奮」に紛れて強奪、強姦などをしてはならない、そんな事をすれば帝国軍人として「生きて虜囚の辱めを受けず・・・」と諭したもの。「続今村均回顧録」165ページ芙蓉書房

 戦後、報道されている定説となった「戦陣訓」の内容(捕虜となるよりは自殺せよ)は、「戦陣訓」の本意(真の意味)では無いと発言した。1954年11月 刑期を終え巣鴨拘置所を出所。マスコミにワンカット(つまみ食い)拡大報道され、反日も便乗した似非「戦陣訓」の大激流は、起案担当「責任の人」今村均でも、止めようが無かったのだろう。重要なのは、起案担当者自ら、今、報道されている「戦陣訓」の内容は、本意「ほんい(真の意味)」で無い、「誤解された」と発言していることだ。

 「戦陣訓」起案担当者・今村均陸軍大将(1886~1968・行年82歳)は戦犯の刑期を終え天寿をまっとうしている。
 
ラバウルでは要塞を築き、兵に自給自足制を確立させ終戦まで持ちこたえている。本土からの補給無しであるにも関わらず、無事に10万の兵を玉砕や自殺などさせず、帰国させた名将である(逃亡もせず日本国戦争指導者は粛々と帰国している。
 これは世界史上非常に稀有なことなのだ。先人冒涜者はこの事を熟慮すべきだ)。
 戦犯で戦犯収容所に服役し、出所し、自決などせず天寿をまっとうした。捕虜は恥ずかしいことではなく、虜囚の辱(捕虜となるよりは自殺せよ)では無いということをみずから証明した。
 出所後は元部下の就職の世話をしたり、遺族を手助けしたり、まさしく「戦陣訓」ひと筋の生涯だった、「戦陣訓」最終章に殉じている。

 戦陣訓・『第八  名を惜しむ 

 恥を知る者は強し。常に郷党家門の面目を思ひ、愈々奮励して其の期待に答ふべし。生きて虜囚の辱
(囚人の汚名)を受けず、死して罪過の汚名を残すこと勿れ。』

○戦陣訓第八の意訳文

『第八  名を惜しむ(名誉の尊重)

 恥を恥として知ることは強い。いつも故郷の人々や家族の名誉を忘れず、ますます奉公にはげんで、生きてる時も、皇軍の兵が法を犯し囚人と成るような辱めを受けず、死んだ時も、罪や過ちの汚名を残さず、恥を知り、名を汚さず、故郷の、戦功の期待に答えるように』 
真実史観意訳

 これがマスコミや反日に61年間歪曲され続けた戦陣訓、今村均将軍の本意、真実の戦陣訓だ。61年後にやっと導き出された。このたった1/2行が、61年間先人を冒涜し続け、子孫の誇りをズタズタにしてきたのだ。鵜呑みし、鸚鵡返しに鵜呑知識を撒き散らし続け、61年を経た。なんと静かな鵜呑みの恐怖だったのか。今ではもう全日本人が洗脳されてしまった。

 検証しない鵜呑みの恐怖は現代にもある。ソニーの電池、三菱の自動車、雪印、外務省などのプール金、・・・等々たくさんある。どこかで誰かが検証し、踏ん張って止めておれば、いずれも事件にならなかったのだ。物事は真実が基準だ。捏造は亡国だ。

他山の石」!丸鵜呑み知識ご披露は「刷り込み」時代留年自白
 欄外下記トラックバック(快挙4と5と季節限定×3)は、反論のつもりなのだが、全文読まず、部分の粗探しで終わっているので、反論にはなっていない。「NHK」の如く資料(虜囚の辱=捕虜となるはづかしめ)を掲げ、「ヒカエオロー」しているのだが、俯瞰資料ではなくNHK同様の、いいとこ盗りつまみ食い資料なので、資料集めは快挙だが、的外れの役立たずである資料貼り付けのみに終始し、己の考え皆無のヒカエオローは、論理思考回路欠損の自白。「鵜呑み(丸暗記)知識は絶対正しい」無検証論者(学歴や権威やNHKや新聞盲信信者やスパイ)だと、皆こうなる。スパイで無いなら、立派な親から授かった頭脳を丸暗記のみに用い、検証に使っていないので、いまだに「刷り込み(刻印づけ)」時代から卒業できず、留年のままなのだ。なんとも「もったいない」、はなしだ!「刷り込み」知識を一旦リセットし、立派な親から授かった己の頭脳で資料を読み、なぜ、どうして、戦陣訓(訓え)を曲解してまで鼓舞したか?」と、思索検証しての、再構築が肝心!

快挙4

 角田房子は無検証フアンタジー作家(1閔妃成敗角田房子NHKTV朝日銭生韓こくスパイの籠絡で土下座志士子孫)なのに、新聞鵜呑みで信じている!日本語を解せ得無いのか、戦陣訓(訓え)とは明白に異なる決戦訓(鼓舞)を、あろうことか混同!悦に入っている!決戦前は、あらゆる言葉(本音ではなく建て前)を用い鼓舞する。決戦前に、捕虜(降伏)奨励の指揮官など、古今東西皆無。試合前に、「負けろ!」と指示する監督などどこにもいない、皆、鼓舞する。決戦前決戦中の鼓舞は、指揮官や監督任務の一つ、それが現実世界での常識!

快挙5

 戦陣訓(訓え)と決戦訓(鼓舞)は異なるのに、混同!アッツは検証済み、1NHKスパイ白状アッツ島玉砕戦陣訓大本営音声摘み食いし合成改…1アッツNHKスパイ手口詳細ラジオ音声改竄玉砕戦陣訓米軍民族浄…参照。「戦陣訓の本意。・・・――・・・」なので、当然本文の(「戦陣訓は、この昂奮の発作に伴って生じやすい不善に対するいましめであります」)の主意。「捕虜になるな(降伏禁止)」ではなく、「不善に対するいましめ」が「戦陣訓の本意」は、明白!2回も読んで解らないのは、表音(丸暗記)回路のみとの自白で、表意(咀嚼)回路の欠落症状!原文は「生きて虜囚カウラ――」参照。

 「訓え」を「虜囚の辱=捕虜となるはづかしめ」と曲解し、日本古来の武士道と結びつけ、「兵士や国民鼓舞」に利用した軍人もおり、学者新聞も追随したことを、資料が物語っている。「戦うも(超大国英米蘭中ソが相手)、戦わざる(降伏)も(凶産ソ中合体での日本侵略)」の、抜き差しならない死活下(曲解までしての、「鼓舞」の理由)なので、曲解を咎める者無きは当然であろう。日本危うし!軍民こぞって、決死の覚悟であったことが窺い知れる。「感謝」以外、先人への言葉は無い!軍民一丸の先人が、命を懸けて築いた平和の下でのうのうと暮らし、背景も調べの浅慮放漫で、死活の戦いのご先祖を、曲解(藁)を束ねて、「降伏禁止の日本軍」と愚弄する輩がいる。子孫にあるまじき愚行、非国民(成り済まし日本人)との自白である!始終が嘘の真実(本音)無き民族には、当然、本音と建て前の区別回路は、皆無!検証(なぜどうして)回路も、当然皆無!「藁(曲解)は、どんなに束ねてもしょせん実のない藁(曲解)」も、当然理解不能なので、生涯、実のない藁(曲解)集め(徒労)に、ゴミ屋敷の主人の如く奔走するのである!読者比較藁(曲解)サンプルはこれで充分。これ以上は千日手(繰り返し)なので、不用ゴミ。以後のTB&コメントは、無条件清掃!ゴミ集めで自宅がゴミ屋敷となり、今度はよそ様の家への撒き散らしを始めたようである。〈桑木崇明 「屍を越えて 戰陣訓の華」 アッツ島の玉砕〉のTBを嫌がっていると、一人合点し、ゴミの撒き散らし(24+10回ものTB)に一生懸命だが、削除理由は、ゴミ(繰り返し)だからである。ただ今正体白状中、7月27日より24+10個のゴミ、清掃済み。罪日白状新記録驀進中トラックバック受信不許可で、やっと退散した。スパイか、自浄(反省)回路欠落(丸暗記回路のみ)者、いずれかである。34個ものゴミ、撒き散らしのしつこさは、「日本人騙り」との、白状である!※tkkhkkdmkまたはTKKは、迷惑常習者一部が全てのように書く誤謬(もしくは詭弁)の例のコメント欄。TKKさん、迷惑トラックバックはおやめ下さい。2010/1/5(火) 午後 10:45 [ 綾波シンジ ])として、すでに名高いようだ

 序列は、分業分担組織の不可欠構成要素で、凶産カルトが叫ぶところの「差別」ではない!嫌なら転職自由なので、転職すればよい。理解不能者は、凶産洗脳カルト用語「下善上悪」の信者(刻印づけのままで大人になれない子供)との、白状である。


辞書が戦後の捏造を完全に暴露、辞書が断定した真実は、当ブログ内下記。

戦陣訓虜囚の辱意味変化辞書記載し証明捕虜解釈を否定捏造実証

主語を無視し、軍に媚びた、鼓舞や迎合目的の解釈。軍人勅諭にも、軍法にも無い「俘虜になるな!」は、兵士鼓舞(叱咤激励の建て前)と認識していたので、皆俘虜(人事を尽くして天命を待つ)となった。
生きて虜囚カウラ戦陣訓に非ずアサヒル朝日捏造記事が悲劇の元凶

 「日本九九年戦争・資源無き島国日本、適者生存戦国時代唯一の術は、先手あるのみ。後手の本土戦は、兵糧攻めで必滅。露西亜、清国(属国朝鮮)南下阻止が第一義、後手は必滅、先手で打って出た。

 結果が台湾朝鮮(自立不能で)統治(極東共栄圏樹立着手)、満州建国尽力(凶産の砦)、日中戦争(中国凶産化での中ソ凶産連合阻止)、南京政府樹立尽力(中国凶産化阻止)で極東共栄圏構築。

 日中(反共)戦争で疲労困憊の日本は、戦国の定法弱肉強食、恰好の餌食となった。米英中蘭(ABCD)が兵糧攻め、ハル・ノートで降伏を迫った。出稼ぎ戦争対、日本は死活戦争。極東から大東亜に共栄圏樹立を拡大し、あらん限りに戦ったが、大東亜同胞の、完全覚醒追随まで戦いきれず、矢尽き刀折れ、敗れた。

 がしかし、戦いざまに共振した同胞が、一気に蜂起、独立。1960年の植民地独立付与宣言(互恵)が根幹となり、自由貿易64年開放経済)、平等65年人種差別撤廃)を成し、凶産は残ったが、戦争目的は完遂した。弱肉強食の世に、戦後67年間のごとき無能無策の後手日本なら、何もかもが消滅していた。それでも戦後消滅しなかったのは、『身体を筆にし、流れる血と汗と涙でえがいた先人の、人類への遺書』以外、あろうか!

 “戦かわざれば”の平和論があるが、防共の砦日本が去るやいなやすぐさま凶産化、朝鮮戦争惹起したもう一方の真の敵、中ソ凶産連合軍隠蔽スパイの、工作論である。ABCDと“戦かわざれば”の降伏は、防共の砦無き丸裸日本で、中ソ凶産の、恰好の餌食となった。この戦いは、目的も無きただの防御戦。多勢に無勢で、瞬時に最後の独立国日本は潰え、日本族の名を残すのみの、まさに、犬死に無駄死にの戦争となっていた。同胞の、支配者からの独立も無い!新秩序など、当然無い!支配者と、被支配者の地球に成っていた!」

 NHKや「言葉と文字界」は、反戦者のみを選り盗りし、反戦非戦はまるで、バラ色の世界のように洗脳するが、弱肉強食の戦国時代戦わずは、強者の餌!先人は「強者の餌」を拒否し、戦ったに過ぎない!

 「清濁併せ呑み、禍福を糾い、決断」が、現実世界。現実世界は、「実技(現実)無き非現実界NHKや言葉と文字界)」のような、好いとこ盗り選択は、完全不可世界

 負けたからと大東亜戦争非難も、愚者の浅慮!大東亜戦争後、弱肉強食から互恵へ、人種差別から平等へ、ブロック貿易から自由貿易へ、明確に世界は変わった。「互恵・人種平等・自由貿易」は、先人の旗印である!


亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/65-14aebecd

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。