QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観生きて虜囚の意味戦陣訓本意囚人を敵に捕まると捏造ウィキペディア


虜囚の辱の意味戦陣訓本意囚人を捕虜捏造ウィキペディア捏造事典思想戦展開ついに馬脚を露す

ウィキペディアWikipedia』「戦陣訓」2007年3月30日 (金) 16:10
 ・・・同時に出撃した10名の写真から酒巻だけを削除し、「九軍神」として発表した。日本人捕虜第1号となった酒巻和男の家族は、人々によって「非国民」と非難された。そして、以後に捕虜になった者たちは親族が「非国民」とされるのを恐れ、偽名を申告し、ジュネーブ条約に基づいて家族に手紙を送るようなことも控えることが多かった。と、捏造記載。

 捕虜となったことは文頭のように削除され、終戦まで酒巻だけでなく皆、公表されなかったので、家族を「非国民」と非難することなど、出来るわけが無い。戦時下日本兵には一人も捕虜がゐない、と宣傳されていた。捕虜公表一切皆無は、明白な事実だ。これはまさしく侮日のための
ウィキペディアの巧妙な(事実の中に嘘を混ぜ込む真相箱の手法)捏造宣伝だ。捕虜になっての偽名や家族への音信不通は、捕虜は公表されていないので、自分たちだけが捕虜になったのだという、うしろめたさがそうさせた。また捕虜同志の面子もあり、おのずとそうなった。

・・・そして、戰爭中、敗戰によつて眞相が暴露されるまで、日本兵には一人も捕虜がゐない、といふことがまことしやかに宣傳されたのである。しかし、兵隊として各地を轉戰した私は、多くの戰友が捕虜となつて敵軍中にゐることを知つて居り、戰場では捕虜たるべき状態は不可抗力であることも知つてゐた。火野葦平著「バタ
アン死の行進」小説朝日社P.24

戦陣訓『
ウィキペディアWikipedia』の捏造 

 戦陣訓で示された規範に付いては『軍人勅諭』の内容とほぼ同じであるが、『国史大辞典』は『生きて虜囚の辱を受けず』の徳目を例にあげて「(軍人勅諭)を敷衍「ふえん(分かりやすくし広める)」するための説明であるという態度をとっているが」、「新たに強調した徳目も多い」としている。・・・当時は単に「軍人勅諭」の「施行細則」とのみ意識し、「新たに強調した徳目」に気づかぬ者もいたのである。国史大辞典編纂委員会『国史大辞典』第8巻(吉川弘文館、1987年)、441頁。

 
(注・戦後42年後の1987年の辞典を引用し、規範の「軍人勅諭」に「降伏禁止」の記載が一切無いため、「新たに強調した徳目も多い」と、「降伏禁止」がさも書かれてあるかのように辻褄あわせのための捏造をしている。語るに落ちて捏造を自ら白状している。臣東條や臣今村に、規範の「軍人勅諭」を無視し、改竄は不可能。ウィキペディアの巧妙な、事実の中に嘘を混ぜ込む真相箱の手法だ

 「アッツ島玉砕をつたえる朝日新聞1943年5月31日朝刊には、『一兵も増援求めず。烈々、戦陣訓を実践』との見出しを見ることができる。(谷荻報道部長の談話) 」

 「注・ここで朝日新聞が戦陣訓(虜囚の辱は表に出さず、戦陣訓と婉曲表現しているところが、実に巧妙だ)の内容を降伏禁止と捏造したため、1944年7月3日 
サイパン島守備隊南雲忠一海軍(戦陣訓示達陸軍のみ)中将が捏造報道を信じ、下記の訓示(公私混同)となった。アッツ島以後、サイパン、カウラ、沖縄などの自決を戦陣訓起因とするなら、悲劇の原因は、朝日新聞捏造報道だ、戦陣訓ではない。ウィキペディアはこの資料を戦陣訓=降伏禁止の証拠としているが、訓示(公私混同)の元ネタは捏造報道だ。だから(公私混同)下記の訓示となった。戦陣訓はを訓える目的で作成したもので、を訓えるためのものではない

 
1944年7月3日 サイパン島守備隊南雲忠一、斉藤義次中将連名「サイパン島
守備兵に与える訓示」

 「断乎(だんこ)進んで米鬼(べいき)に一撃を加へ、太平洋の防波堤となりてサイパン島に骨を埋めんとす。戦陣訓に曰く『生きて虜囚の辱を受けず(私)』。勇躍全力を尽して従容(しょうよう)として悠久(ゆうきゅう)の大義(公)に生きるを悦びとすべし。」ウィキペディア最終更新 2008年4月26日 (土) 01:24。


「戦陣訓」原文

『第八 名を惜しむ 

 恥を知る者は強し。常に郷党家門の面目を思ひ、愈々奮励して其の期待に答ふべし。きて虜囚のを受けずして罪禍の汚名を残すこと勿れ。』


ウィキペディアの解釈=これは解釈ではなく、捏造だ。

以下、解釈が分かれているので両論並記とする。(ただし、2つ目のものは現時点では論拠が不明な個所が多く、事実性・信頼性は低い。)

 1・「郷党家門の面目を思い、捕虜となって恥を晒したり、捕虜として相手に協力してあとでその罪を問われるようなことが無いように覚悟している者は強い。だから強くあるためにはそのような覚悟をしておけ。」という意味である。

真実史観検証・捕虜として相手に協力してあとでその罪を問われるようなことが無いように覚悟している者、原文に記載なし。だから強くあるためにはそのような覚悟をしておけ、原文に記載なし。原文に記載の無いものを記載するのは、解釈ではなく、明々白々な捏造だ。)

 2・「軍人として恥ずかしい行いをすれ、捕虜になった時はもちろん、死んでからも罪禍の汚名を着ることになったり、同郷の者や故郷の家族から面目の立たない事になるのであるから、そういった軍人として恥ずべき行いはやってはいけない。」という意味である。

真実史観検証・恥ずかしい行いをすれ、原文、汚名を残すこと勿れ。捕虜になった時はもちろん、原文に記載なし。罪禍の汚名を着る、原文、汚名を残す。同郷の者や故郷の家族から面目の立たない事になるのであるから、意味不明。原文無視の捏造意訳)

真実史観の解釈

 大正6年初版昭和15年改訂の講談社大字典には「虜囚」・とりこ(イケドリ、シモベ、イケドル、生擒ス、化外ノ民えびす)字源・形聲。虍と母と力の合字。敵を生きながら捕らえ来ること。母は貫の本字にて敵を数珠つなぎに貫き連ぬる意ならん。力は腕力にて引率する義虍は音符。と記載されている。捕虜戦争で敵に捕まえられた人(捕まった人)」の記載皆無。

 第八 名を惜しむ 恥を知る者は強し。常に郷党 
〔きょうとう(同郷の人々)〕家門〔かもん(家柄)〕の面目〔めんもく(名誉)〕を思ひ、愈々〔いよいよ(ますます)〕奮励〔ふんれい(はげむ)〕して其の期待に答ふべし。きて(生きてる時も)虜囚の辱(りょしゅうのはずかしめ)〔皇軍の兵が、罪禍(法律)を犯し、日本国の囚人となり、実刑で服役するような軍人としての恥ずかしい汚名。〕を受けずして(死んだ時も)罪禍〔ざいか(法律や道徳に背いた行為)〕の汚名を残すこと勿(なか)れ。』

『第八  名を惜しむ(名誉の尊重)

 恥を恥として知ることは強い。いつも故郷の人々や家族の名誉を忘れず、ますます奉公にはげんで、生きてる時も、皇軍の兵が法を犯し囚人と成るような辱めを受けず、死んだ時も、罪や過ちの汚名を残さず、恥を知り、名を汚さず、故郷の、戦功の期待に答えるように。』真実史観意訳

ウィキペディア戦陣訓捏造宣伝工作会議 このサイトがノート戦陣訓で右翼にされてますよとの読者の連絡、そのまま下記に貼り付けました。

 ・・・これは右翼などののブログの、戦陣訓は国民と海軍は全く知らず、陸軍でも一部の者しか知らなかったら、「戦陣訓」で自殺した者は皆無であり、
東条英機にはまったく罪がない、という主張を補完する論調でした。例1例2例3 。世間にこのような歪曲された情報が流れている以上、きちんと研究の成果によって明確になっている情報を提供するべきだと思います。ですから、「生きて虜囚の辱めを受けず」の項目は縮小よりも、詳説が望ましいと思います。それから、「出典」が出てくるまで待つことには異論はありません。--Kafuka1964 2007年4月2日 (月) 01:17 (UTC)修正--Kafuka1964 2007年4月2日 (月) 01:20 (UTC)   

 ・・・とにかく、現状では「戦陣訓は必ずしも重要視されていなかった」証拠を示せば、「戦陣訓が自決を強いる思想では無かった」ことが正しい、と誤解しかねない表現になっているので、修正したい。(上記の歪曲された情報がこの論理を展開しているので、間違っていることをはっきりさせたい) Kome 
 2007年4月2日 (月) 15:20 (UTC)

 それが一番きれいなまとめ方に見えそうですね。賛成です。それと、個人的には出典でてこなければ解釈2は削除するのが正しいあり方だと思うのですが、変な話、ぶっちゃけこのままおいといてもいいのかなとも思ってます。というのも、解釈2を消して解釈1のみにすると、上記の右翼ブログを見た人、または関係者が、
Wiki
の解釈は間違っている、として改変してぐちゃぐちゃになるような気がしまして。いまのように併記でのせておけば、普通の人は解釈1と2でどっちをとるかといえば、1をとる(理論的に自然なほうをとるので)と思いますので、それほど2を載せても心配することはないように思いますが、どうでしょうか。(もちろん、タブをはったままは問題あると思うので、出典がわからない、または一部の人の解釈である旨を文章で補足するような形に直して)まあ、まだ書いた人が出典出してくるのを待つのが先の話ですが。218.139.18.40 2007年4月2日 (月) 16:28 (UTC)ノート戦陣訓  

 例1、はこのサイト。例2例3
は「戦陣訓の検証」を筆者が投稿した掲示板です。このサイトでは一字一句戦陣訓に関して検証し、理由も述べています。検証には検証で答えるのが礼儀でしょう。検証もせず、いきなり「右翼」「歪曲された情報」とは。「歪曲された情報」と非難するのなら、どうしてあのような飛躍した捏造解釈になるのか、ウィキペディア解釈の根拠をまず示すことだ。そしてどこがどう歪曲なのか、事例を挙げ検証し、筆者が挙げた理由に反論するのが道理でしょう。どうやらこの方々は検証姿勢皆無で、既設の固定観念が先にあり、そこに帰結しようと捏造工作しているようだ。

 このような意見もあるので、みんなで検証してみようではなく、「右翼」「歪曲された情報」と決め付けている。語るに落ちている。
ウィキペディア基本方針「偏見を避ける 。中立的な観点に基づいて記述されなければならない」が欠如。偏見記述となっている。東条英機
が鍵となっているので、今後どのように偏見記述し「思想戦」を展開するのかお手並み拝見し、「思想戦」に備えましょう

 読者より、2の戦陣訓解釈の間違いや、特異な一人のご指摘等たくさんありましたが、すでに読者の皆さんは、語法の異なる一人に気付かれたことでしょう。囁かれている
ウィキペディアに潜む闇がついに馬脚をあらわしたようだ。捏造宣伝し、つまみ食いし、「思想戦」を展開するウィキペディア、鵜呑み危険。

戦陣訓とリンクさせるため戦後マスコミに捏造されたバンザイ突撃

 戦時下バンザイ突撃などと言う日本の作戦は無い。日系二世部隊第442連隊が、絶体絶命の苦境に立たされた時、一斉射撃のあと、銃剣を着けて掛け声気合をかけて、勇敢に突撃するので、(banzai attack)、または(Banzai charge)と呼ばれ勇敢な日系二世部隊の代名詞となっていた。弾は尽きても最後の最後まで生きて、生き抜いて弁慶のように戦い、死中に活を求め、戦い抜いて果てた日本軍人の勇敢に戦うさまを、米軍が日系二世部隊になぞらえて、良い意味で呼称した。

 

 日系二世は皇民化教育、戦陣訓教育一切皆無なのだ。このことはつまり、後付けの皇民化、戦陣訓など一切無関係で、日本民族は死中に活を求めて戦う民族であることを証明している。思想教育などでにわかに後付けされたものではなく、いにしえより流れる日本民族由縁の魂であることを物語っている。 日系二世部隊、ヨーロッパ戦線に参戦←戦い方が日本軍そっくりだ。

 

 戦後マスコミは戦陣訓とリンクさせるため、自殺のための攻撃と貶めて報じ、「バンザイ突撃」なる作戦があったかのようにを捏造し、報道した。死中に活を求めた戦いを、自殺行為と貶めた。結果下記の、ウィキペディアの巧妙な(事実の中に嘘を混ぜ込む真相箱の手法)捏造記述となった。戦い抜いて果てた先人に、こんな冒涜をする子孫は、世界中で日本人だけだ。何と異常なことだ。先人冒涜者は本当に子孫なのか、疑わざるをえない。捏造宣伝し、つまみ食いし、「思想戦」を展開するウィキペディア(捏造事典)の記述、鵜呑み危険。

 ・・・最初から全滅を覚悟して行われる場合が多い。自滅的攻撃と解釈されるのが一般的である。

 ・・・狂信的な兵士達の理解不能な自殺行為として恐れられた。
フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

 
ウィキペディアの創始者のジミー・ウェルズ(40)は「慈善的に人間の知識を集める事業であり、ブリタニカと同様以上の質をめざして努力している。ただ、百科事典(ウィキペディア)の引用は学術研究の文書には適切でないと言い続けてきた」と話す。  『ウィキペディア(Wikipedia)』頼み、誤答続々米大学が試験で引用禁止2007年02月23日
 

 
フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』(捏造事典)は百科事典とは呼べない代物だ、鵜呑みキケン。ウイキペディアは誰でも編集可能。狂惨党、愚民化政策党は徒党を組んで、捏造文章を作成している。 また、その捏造文章を、削除すると、書き込みブロックなどをされて書き込みを出来ない状態にされる。ウイキペディア は捏造の巣窟だ。名称は「捏造事典」がふさわしい。特に、アジアの捏造集団、狂惨党、愚民化政策党、侮日に関するものは、逆が真実だ。
世界に広がれ韓流の輪 ウィキペディアとの闘い

主語を無視し、軍に媚びた、鼓舞や迎合目的の解釈

生きて虜囚カウラ戦陣訓に非ずアサヒル朝日捏造記事が悲劇の元凶


辞書が戦後の捏造を完全に暴露、辞書が断定した真実は、当ブログ内下記。
戦陣訓虜囚の辱意味変化辞書記載し証明捕虜解釈を否定捏造実

 

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/5-805eb56b

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。