QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ⅲいざ2015年へ!神は賽を振らない!歴史も賽を振らない!

いざ2015年へ!神はを振らない!歴史もまたを振らない!


資料米ニューヨーク州上院決議案を採択
決議
 「yohkanさん」のブログから紹介するニューヨーク州議会上院で採択された慰安婦問題の決議文。
 yohkanさん(国思い国憂う今日この頃。ロサンゼルスから発信します。だって、日本が好きなんだもん)

以下転載

州議会も困ったか?無意味な慰安婦決議!?

 全米国勢調査によると韓国系アメリカ人の人口は170万人に上る。その大半が90年代以降の新移民で、今でも韓国との繋がりが極めて強い。韓国系が集中して居住するニューヨークやロサンゼルスなどの地域で、彼らの選挙権と影響力を利用して、韓国政府が反日行動を激化させている。例えば、ニューヨーク州議会上院で採択された慰安婦問題の決議はその典型だ。決議書の原文はこちらを(原文)参照して欲しい。

決議文書J304-2013を翻訳するとこうなる。 

 「世界に『慰安婦』として知られる人々を追悼する、ニューヨーク州内の記念碑に関する立法府の決議は以下のとおり。

 1930年代から第二次大戦に至る、日本のアジア太平洋地域の植民支配と戦時占領下で、約20万人の若い女性が強制的に従軍慰安婦制度に徴用されたこと;

  2012年、616日、ニューヨーク州ウェストバリーのアイゼンハワー公園の復員軍人記念館にて、犠牲者の名誉を偲ぶ慰安婦の碑が設置されたこと;

  米国内にて二番目にあたる同記念碑が、慰安婦が耐えた苦しみを象徴し、慰安婦制度における人道に対する罪を思い起こさせること;

  ニューヨーク州内の記念碑は、歴史上の重大な出来事をより広く認知させるため設置されたと理解するのが、立法府の習わしであること;

 国連の報告によれば、現在も世界中で240万人もの人々が人身売買の対象とされ、犠牲者の80%は性奴隷として搾取されていること;

  以上の前提に立ち、次のとおり決議する。

 本立法府は、世界に『慰安婦』として知られる人々を追悼するニューヨーク州内の碑を、記念すべきか審議を差し控える。 

 本決議の写しを公式文書として、韓国系米人公報委員会、カフェンバーグホロコースト支援センター、韓国系米人「市民の権利拡大」団体に送付する」。

 但し、本文をご覧になればお判りのとおり、決議のひとつめは、

that this Legistlative Body pause in its deliberations to memoraialize a Memorial Monument in the State of New York・・・・

と綴られており、pause in its deliberation は「審議を止める」と云う意味だけでなく、to memoraialize a Memorial Monument との繋がりで「記念碑を偲び、審議において沈黙する」と云うニュアンスも醸し出す言葉だ。

 察するに、韓国系米人団体がホロコースト支援団体も巻き込み、ニューヨーク州に設置した慰安婦の碑を大々的に宣伝しようと、何らかの対日非難決議を求めて州議会に捻じ込んだのではないか。困った州議会は韓国人団体の主張を取り入れつつも、曖昧な表現で文書を纏めて一件落着にしたかったように思えてならない。実際、この決議は何を目的にしているか意味不明だし、従軍慰安婦制度や植民地支配などの表現は兎も角、日本に対する非難の言葉はどこにもない。

 それにしても、州議会にこんな無意味な決議書を出させるなんて、韓国系米人の反日運動は迷惑千万な話だ。しかも、新移民が流入する以上、運動はさらに燃え広がる怖れがある。従い今こそ、米国をはじめ世界に誤解を与える河野談話を完全に否定し、慰安婦が軍人相手の高級売春婦であった事実を拡散しなければならない。日本政府は広報宣伝により予算をかけるべきだ。これは情報戦なのだから。
転載終了

資料IWG「最終!」検証報告書産経ニュース
2014.11.27 05:10 産経ニュース

米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに

 米政府がクリントン、ブッシュ両政権下で8年かけて実施したドイツと日本の戦争犯罪の大規模な再調査で、日本の慰安婦にかかわる戦争犯罪や「女性の組織的な奴隷化」の主張を裏づける米側の政府・軍の文書は一点も発見されなかったことが明らかとなった。戦時の米軍は慰安婦制度を日本国内の売春制度の単なる延長とみていたという。調査結果は、日本側の慰安婦問題での主張の強力な補強になることも期待される。

 米政府の調査結果は「ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)米国議会あて最終報告」として、2007年4月にまとめられた。米側で提起されることはほとんどなかったが、慰安婦問題の分析を進める米国人ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏とその調査班と産経新聞の取材により、慰安婦問題に関する調査結果部分の全容が確認された。

 調査対象となった未公開や秘密の公式文書は計850万ページ。そのうち14万2千ページが日本の戦争犯罪にかかわる文書だった。

 日本に関する文書の点検基準の一つとして「いわゆる慰安婦プログラム=日本軍統治地域女性の性的目的のための組織的奴隷化」にかかわる文書の発見と報告が指示されていた。だが、報告では日本の官憲による捕虜虐待や民間人殺傷の代表例が数十件列記されたが、慰安婦関連は皆無だった。

 報告の序文でIWG委員長代行スティーブン・ガーフィンケル氏は、慰安婦問題で戦争犯罪の裏づけがなかったことを「失望」と表明。調査を促した在米中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」の名をあげ「こうした結果になったことは残念だ」と記した。

 IWGは米専門家6人による日本部分の追加論文も発表した。論文は慰安婦問題について(1)戦争中、米軍は日本の慰安婦制度を国内で合法だった売春制の延長だとみていた(2)その結果、米軍は慰安婦制度の実態への理解や注意に欠け、特に調査もせず、関連文書が存在しないこととなった-と指摘した。

 ヨン氏は「これだけの規模の調査で何も出てこないことは『20万人の女性を強制連行して性的奴隷にした』という主張が虚構であることを証明した。日本側は調査を材料に、米議会の対日非難決議や国連のクマラスワミ報告などの撤回を求めるべきだ」と語った。(ワシントン駐在客員特派員・古森義久)

【ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)】 クリントン政権時代に成立した「1998年ナチス戦争犯罪開示法」と「2000年日本帝国政府開示法」に基づき、第2次大戦での日独両国の戦争犯罪の情報開示を徹底させる目的で00年に始まった調査。国防総省、国務省、中央情報局(CIA)、連邦捜査局(FBI)などに未公開の公式文書を点検し戦争犯罪に関する資料の公開を指示した。

 

資料IWG「最終!」検証報告書マイケル・ヨン氏
ケント・ギルバート氏マイケル・ヨン氏の記事を和訳
2014年11月29日 Kent Gilbert

マイケル・ヨン氏の記事の日本語訳
 著名な米国人ジャーナリストであるマイケル・ヨン氏と連絡を取り、彼が昨日発表した記事を日本語に翻訳して、皆さんに紹介する許可をもらいました。

日韓問題:第二次世界大戦中、韓国男性が臆病者だったとでも言うつもりか?

なかなか晴れない疑問
 第二次世界大戦中、大日本帝国陸軍が20万人もの韓国人女性を強制連行して、性奴隷(慰安婦)にしたという疑惑について、裏付けの取れない主張が現在も拡大し続けている。それらは主に韓国からの主張である。

 慰安婦たちの主張を裏付ける証拠を求めて、米政府は3000万ドル(30億円超)の費用を掛けて調査を行った。

 約7年の歳月を掛けて、大勢の米政府職員や歴史学者が過去の公文書を徹底的に調査した結果、有力な証拠は何一つ見つからなかった。結局3000万ドルが無駄に費やされた。

 IWGの最終報告書は2007年に米国議会に提出され、発表された(文末のリンク参照)。

 誰も、この報告書を最初から最後まで読むことなく、慰安婦問題について書いたり語ったりする資格を持っていない。

 数多くの裏付けを取れない主張が韓国から次々と出されている。しかし韓国人の主張は、裏目に出てしまうことがある。

 その当時の韓国(朝鮮半島)は実際のところ日本の一部だった。プエルトリコが米国の一部であるようなものだ。

 日本軍には韓国人の兵士がたくさんいた。だから日本軍が20万人の女性を強制連行したのであれば、韓国人兵士が韓国人女性の強制連行に加担していたことになる。これはやっかいな現実である。しかし、もっとややこしくなる。

 現在、韓国の大統領である朴槿惠は、日本が大勢の韓国人女性を強制連行したと何度もしつこく責め立てている。

 この主張がブーメランのように戻ってくる様子を想像してみよう。朴大統領は日本が数十万人の韓国女性を、性奴隷にするために強制連行したと言うが、彼女の父親はその当時、日本軍の陸軍将校だったのだ。しかも韓国人男性が日本軍の行為に反抗して戦ったという証拠は何も残っていない。

 戦争中、韓国の人口は約2,300万人だった。そして現在、テキサス州の人口は約2,600万人である。

 テキサス州の女性を20万人強制連行しようとしたら何が起きるだろうか。きっと辺りは血の海に染まるだろう。その目的で動員された軍隊は何千人もの兵士を失うし、報復として何千人もの市民が軍隊に虐殺されることは間違いない。

 その場所には証拠がいくらでも残るだろう。写真、動画、戦闘の痕跡など。テキサスで20万人の女性を奪ってレイプしようとしたら、辺りは間違いなく血の海になる(しかし韓国にはそのような痕跡が無い)。つまり朴大統領の話は必然的に、第二次世界大戦中の韓国人男性は、臆病者の集団だったと言っていることになってしまうのだ。

 この件について日本軍の将軍や提督の立場からも考えてみよう。日本は米国、オーストラリア、イギリス、中国、その他の連合国とも戦争している最中である。どう考えても手いっぱいのはずだ。特に米国は海軍と海兵隊が進軍し、日本兵を見つけ次第どこであろうと攻撃していたのである。

 軍隊の全ての指揮官は、常により多くの兵力と補給を求めるものだ。それが世の中の常である。誰か将軍に聞いてみるといい。もしくは企業の経営者に聞いてみるといい。競争相手に勝ちたい時、あるいは防御したい時には何が必要かと。彼らは常により多くの経営資源(=人、物、金)を欲しがるはずである。

 20万人の女性を強制連行して、彼女たちを監視し、移動させ、食べさせる目的に経営資源を費やす将軍がいるとすれば、どんな種類の馬鹿なんだろうか。わざわざもう一つの戦争を作っているようなものだと気付くはずだと思うが?

 日本人は軍事戦略を立てることに長けていた。日本人は独自に潜水艦や航空機、空母まで製造していたのだ。真面目かつ非常に賢明な民族でなければ出来ないことだ。

 米軍と連合軍の攻撃がのど元まで迫ってきているのに、日本軍の将軍たちが貴重な資源を女性の強制連行に費やすはずが無い。彼らは戦争の真っ最中だった。春休み中だったわけではない。

 真面目な軍人やビジネスマンであれば、20万人の女性を強制連行することの愚かさが常識として分かるだろう。全く馬鹿げているし、そんなことをしたら朝鮮半島内で新しい戦争を生み出してしまう。朝鮮半島(韓国)は日本の陣地である。そして韓国人は米国人を相手に戦争をしていたのだ。韓国人は我々(米国人)の敵だったのである。

 韓国人男性の話に戻ろう。米陸軍が20万人のテキサス女性を強制連行しようとすれば、惨劇になるだろう。特に、軍人の中に多くのテキサス男が含まれていたとしたらどうなるだろうか。多くの韓国人男性が日本兵に含まれていたのと同じように。

 テキサス男は立ち上がり、米陸軍を攻撃するだろう。橋は爆破される。兵士たちは毎日射殺される。基地は燃やされる。陸軍側も報復して全面戦争になるはずだ。

 ということは、韓国人男性は韓国人女性を守ろうとこぶしを振り上げる人間が一人もいないほど臆病者なのだと我々は信じればいいのか? 数多くの女性が強制連行されるのを黙って許したのであれば、確かに韓国人男性は臆病者であり、その息子である現代の韓国人男性は、臆病者の父親を持っていることになる。

 現実は私たちも良く知っているように、韓国人は臆病者などではない。韓国人はとても勇敢な民族だ。そうすると、実際には何が起きたのか? 資料を見ても、サルでも分かる常識で考えても、大規模な強制連行が行われた事実は無かったということだ。

 全部が嘘だったのだ。誰かがどれだけ日本を憎んでいようとも関係が無い。嘘は嘘であることに変わりはない。

 今までほとんど誰も存在すら知らなかったIWGの報告書を読んで欲しい。もし全部を読む時間が無いようなら、報告書の中で慰安婦(Comfort Women)を検索して、その部分だけでも注意深く読んで欲しい。

 

かつての敵国アメリカが7年30億円かけて私娼公娼分別日本先人の潔白を証明した「最終!」検証報告書

Nazi War Crimes & Japanese Imperial Government Records Interagency Working Group

Final Report to the United States Congress April 2007

http://www.archives.gov/iwg/reports/final-report-2007.pdf

 

本稿は概略です。さらに詳細は下記へ。

朝鮮族“洋公主”騙り日本叩きも日本経済凋落も職責者の職責不履行人災

自前管理の人間扱い!国連捏造共謀“洋公主”現地調達使い捨ての物扱い

オランダ物乞い無法国慰安婦ダシに金儲けマルガリータ・ハマー元委員長

ニセ両班9割の韓国と酷似「オランダ領東インドの聾」のオランダ人

ローマ法王看破!ミサ7人の老女は朝鮮戦争犠牲者か洋公主!

 

 戦勝国(米国やオランダ領東インドの聾や慰安婦非難決議参加国)、凶産中国、韓国、北朝鮮、在米華人華僑、在米コリアン、日本国内の罪日(在日朝鮮人、背乗り朝鮮人、朝鮮帰化人)や、識者騙りの思索回路欠落欠陥人やスパイ等々、「私娼を日本軍公娼捏造した慰安婦戦争」は、数多の、「日本亡国因子」を炙り出した。

 

(華人華僑)・(罪日在米コリアン)の捏造犯日は、同胞大虐殺を隠蔽し、「砂の人心懐柔が目的。詳細→アジアのホロコーストは毛沢東と李承晩と金日成とポルポトで慰安婦に非ず

 

白人残滓の黄禍(有色人のリベンジ)論払拭して「真実が基」の真の同盟へ!
「黄禍(有色人リベンジ)」が白人の恐怖
 日露戦争日本勝利以後の白人(食民治主義・凶産主義)の恐怖は、「有色人連合の黄禍」で、の白人両者は、西安事件以後、この「黄禍論」一点のみで連合した。結果、蒋介石汪兆銘中国と共同の日本の反共戦は、西安事件以後、蒋介石軍が裏切って分裂(蒋介石と毛沢東の国共合作)したため、汪兆銘南京政府と日本連合軍との、反共戦に変化した。そして、隠れていたもう一方の白人、食民治主義国が正体を現し、白色連合の有色人潰し、「黄禍殲滅戦争」が、開始されたのである。「」は、戦後すぐの朝鮮戦争、米国の狩り、そして冷戦が、証拠!もし日本戦わざれば、ソ中凶産米英、いずれかの属国と成り下がり、国名も失せ、日本族呼称となっていた。
 日中戦争ではなく!日中連合反共戦争が、正当な呼称である!

 日中合作は即座に、有色人対白人の「黄禍」と成り得る。戦後の台湾韓国、そして、日中条約以後の中国の大躍進(世界第二の大国)は、日本抜きでは語れないのが証拠。

 有色人対白人のキーは日本の手中に有るのであって、中国や韓半島ではないことを、このことは実証した。

 時の権力者(食民治主義と凶産主義の白人連合)追い詰められての大東亜戦争は、八紘一宇の「互恵平等ブロック経済の破壊」で、対峙目的なので、「白人対有色人戦争」は、もとより、先人の意志ではない!目的完遂(凶産国や捏造国のみが残滓)の現在は、もちろん、先人の遺志でもない!

 これ等を踏まえ、「白人の黄禍の恐怖」を払拭すれば、「白人と有色人連合」による、中国と韓半島のドーナツ包囲網が構築可能となり、人間(人モドキの支那人や朝鮮人)を、人間へ導くことが出来る。

 田中角栄が米国や戦勝国等と歩調を合わせておけば、とうの昔か遅くともソ連崩壊時に、中国凶産解体しての軟着陸は、可能であった。角栄等職責者(教授・NHK・報道各社)の無知が、消えかかった火(中国凶産)に油を注ぎ、大火となった!この事を肝に銘じ、断じて子孫は、同じ轍を踏むな!

 

いざ2015年へ
 物事全てに禍福がある。禍福に囚われず、真実を探求し学び、繰り返さないことが肝心。失敗として捨て去れば失敗だが、徹底究明し学べば、飛躍的発展を遂げる。実は、失敗の究明こそが、成功への道なのだ!

 丸暗記脳のみで思索回路欠落欠陥人スパイが職責者の正体と、69年間もの無検証が証明した日本国の職責者は、今回も、全くの役立たずで、欠陥人スパイの「給料泥棒」を証明するのみであった!

 「スパイが職責者を騙り!69年間も日本には、真の職責者不在」!この現実に、コリアンのように責任転嫁せず、「職責者と信じる方が愚か」と、覚醒することが成功への道である!

 日本浮沈は、国民の覚醒如何に懸かっている。覚醒者いまだ3割なので、2015年も、覚醒者と未覚醒者やスパイとの、三寒四温のせめぎ合いは続くだろうが・・・、しかし、国民総白痴から総歴史家のに向かって、確実に、覚醒者の足音は高まっている。

 人類史上比類なき選択をした先人の死を、無駄死にするか否かは、全て、子孫の探究心(覚醒)如何に懸かっている。真実探求は神(造物主)への道で、人類隆盛のであることを、子孫は、断じて忘れてはならない!

 

神(造物主)はを振らない!

歴史もまた、賽を振らない!

実史観 2014年大晦日

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/485-c02adc92

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。