QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観硫黄島から大統領宛の2通の手紙その一名誉の再会和智恒蔵とジャコビー


硫黄島(いおうじま)から大統領宛の2通の手紙その一

硫黄島戦闘40周年式典名誉の再会 ドナルド・レーガン米大統領宛の手紙

 昭和20(1945)年2月19日、日本本土侵攻をめざして太平洋を北上する米軍は、硫黄島上陸作戦を敢行、本土決戦の第一陣としてこれを迎え撃ったのは、栗林忠道陸軍中将に率いられた約2万1千名の硫黄島守備隊だった。一刻も長くここを守り、東京が少しでも長く空襲を受けないやうにと米軍の猛爆は地下でかわし、上陸してきた所を叩くという栗林中将の新しい戦術で、結果的には日本軍は36日間持ちこたえ、2万余の大半が戦死したが、7万5千の米軍に対して死傷 者2万6千近い大損害を与えた。米国内では実質的な敗戦ではないか、との批判が出て、太平洋における米海兵隊の最高位の将軍は退陣に追い込まれた。

栗林忠道陸軍中将硫黄島での戦い
 1945年2月19日、日本本土侵攻をめざして太平洋を北上する米軍は、硫黄島上陸作戦を敢行、本土決戦の第一陣としてこれを迎え撃ったのは、栗林忠道陸軍中将に率いられた約2万1千名の硫黄島守備隊だった。一刻も長くここを守り、東京が少しでも長く空襲を受けないやうにと米軍の猛爆は地下でかわし、上陸してきた所を叩くという栗林中将の新しい戦術で、結果的には日本軍は36日間持ちこたえ、2万余の大半が戦死したが、7万5千の米軍に対して死傷 者2万6千近い大損害を与えた。米国内では実質的な敗戦では ないか、との批判が出て、太平洋における米海兵隊の最高位の将軍は退陣に追い込まれた。

 戦いに勝利したアメリカは、首都ワシントンのアーリントン墓地に「硫黄島メモリアル」(硫黄島摺鉢山に海兵隊員6名が星条旗を押し立てるブロンズ像)を建て、いまなお「比類なき勇気」 (uncommon valor)として称えているほどの戦いだった。祖国防衛のため命を懸けた日本兵士の勇猛果敢な戦い振りに慄然とした米軍は、その後の作戦変更を余儀なくされた。 

 昭和60(1985)年2月19日、将兵やその遺族たち(米側退役軍人・遺族270人、日本側約100人)が、硫黄島で一堂に会する“名誉の再会”が行われた。

 かつて日米が闘った硫黄島戦闘の40周年に日米両国はその地において、元軍人や家族、遺族の参列の下に記念碑の除幕式を開催した。そのモニュメントには片方には英語で「REUNION OF HONOR」、反対の面には日本語で、「名誉の再会」と書いてあり、日英両文で次のように刻まれている。

 硫黄島戦闘四十周年に当たり、曾(か)っての日米軍人は本日茲(ここ)に、平和と友好の裡(うち)に同じ砂浜の上に再開す。我々同志は死生を越えて、勇気と名誉とを以て戦ったことを銘記すると共に、硫黄島での我々の犠牲を常に心に留め、且つ決して之を繰り返すことのないよう祈る次第である。

  1985年(昭和60年)2月19日
        米国海兵隊
        第三,第四,第五師団協会(米国)
        硫黄島協会(日本国) 

 式典では、レーガン大統領からのメッセージはありましたが、日本の中曽根首相からは、なんと、一言のメッセージもなかった。

 この式典に、硫黄島で戦った祖父に連れられて参加した高校1年生(16歳)のマイケル・ジャコビー君は、そこで目撃し体験したことをドナルド・レーガン米大統領(当時)宛の手紙に書きました。

 同時にこの手紙は、1985年に国際ロータリー・クラブが全世界の青少年を対象として行った「平和への手紙コンテスト」にて、4万5千点から最終的に選ばれ、最優秀の国際大賞を受けています。

『 40年前の敵が友情の抱擁 1987(昭和62)年2月9日の朝日新聞
 米国の一人の高校生が、短いエッセーに書いた硫黄島でのわずかな一日の体験が、世界40ヶ国4万5千人の応募者の作品の中から金賞に選ばれ、米国で注目の的になっている。日米関係が経済のきしみから、年ごとに両国民の深刻な関心事となっている折、ともすれば忘れがちな過去の体験、平和のありがたみを想起させる一高校生の新鮮な目を紹介する。

 マイケル・ジャコービー君。18歳。米カリフォルニア州ロサンゼルスから約50キロの公立アーケディア高校の三年生である。日本への関心はほとんどなかった。祖先がノルウェー系のため、北欧に興味を抱いて育った。両親は二歳の時に離婚。近年の米国では珍しいことではない。十歳の時から三年間、新聞配達をやり、その後も小遣いはバイトで稼いでいる。

 エッセーを書くきっかけとなったのは、一昨年二月、太平洋戦争の激戦地硫黄島で行われた、旧日米両軍の生き残り兵や遺族による、合同慰霊祭に参加する祖父から誘われたことだった。

 マイケル君の祖父アール・サラルソン氏(72)は、海兵隊准尉として1945年2月19日、米海兵第5師団の硫黄島上陸作戦に参加。日本軍守備隊と壮絶な攻防戦ののち、九死に一生を得て生還した。耳を裂くような砲撃戦の後遺症で、いまも難聴に悩まされているという。

 祖父に連れられて行った硫黄島での光景は、マイケル君に強烈な印象を与えた。「自分の人生観が変わった」 という。ちょうど国際ロータリー・クラブが「平和の手紙」世界エッセー・コンテストを催していたので、興奮さめやらぬマイケル君は、硫黄島での体験をつづってコンテストに応募。日本の青少年約3千人を含む、世界40ヶ国4万5千人のティーンエージャーによる作品の中から、各国識者からなる審査委員会によって、最優秀エッセーに選ばれ、副賞1万ドルをもらった。(ワシントン=村上吉男特派員)

 エッセーは、米レーガン大統領あての形で書かれている。

ドナルド・レーガン米大統領への手紙

大統領閣下
 私の生涯に深い刻印を残した個人的体験を、大統領にも知っていただきたくペンを取りました。
 私の祖父は、硫黄島の戦の悲惨さと恐怖をよく語り、私も海兵隊員だった祖父の写真を見、書物も読みました。それが1985年2月、にわかに現実のことと化しました。祖父がその戦場に私を連れて行ってくれたのです。

 ・・・・僧侶が焼香を済ませると牧師が説教をし、軍楽隊が両国国歌を吹奏しました。米国側の一将軍が大統領がこの式典のために寄せられたメッセージの代読をしました。

 大統領。私はあの現場で、そのあと何が起こったかをぜひともあなたに見ていただきたかったと思います。両国兵士の未亡人や娘たちは互いに近寄って抱き合い、身につけているスカーフや宝石などに思いのたけを託して交換しはじめました。

 男同士も近づき、最初はやや躊躇いがちに握手していましたが、やがてがっちり抱き合うと泣き出してしまったのです。かっての、この戦場での記念としていた品を「敵」に返している人もいました。

 ふと気がつくと,誰かが私の頭の上に帽子をのせてくれました。かっての、日本軍人です。彼は笑顔を見せながら自己紹介し、彼が被っていたという日本軍の帽子を私にくれるというのです。祖父もそばに来て彼と話しはじめました。大人二人は若い私がこの場に居合わせて、この体験をしっかりと見聞したことを大変喜んでいるようでした。

 ・・・四十年前、二人はお互いに殺し合おうとしていたのです。いま私たちがいるこの場所は、四十年前に爆弾や銃弾、火炎手榴弾が飛び交い死と憎しみに満ちていたはずです。それがいま、わずか四十年でどうしてこれほど変化したのでしょうか。

 祖父と日本兵の様子を見ながら、私は誰も知らない何かを知ることができたような気がしました。どんなに憎み合い相手を殺そうとして戦った敵同士でも友人となり仲間となることができるという事実を、この米国人と日本人の二人によって、全世界の人々に向かって知らせてもらいたいとさえ思いました。二人は手を携え、平和の使節として世界を廻り、その体験を人々に話しかけてもらうことができたらと思いをめぐらした次第です。

 私は祖国を愛しており、祖国を守るために必要があれば戦うつもりでいます。しかし私自身の孫がいつか敵の孫と友情をもって抱き合える日があるのかもしれないと思うと、敵を殺していいものかどうか心乱れるでしょう。

 その日、私は集った人々の顔を覚えようと沢山の写真を撮りました。アメリカの一新聞は、そんな私のことを「日本製のビデオカメラで感動する祖父の姿を撮りまくる一アメリカ少年」という見出しで記事にしました。だがその記者は肝腎な点を見落としています。私が記録したのは、私自身がその場で覚えた感動でした。島で私は最年少でしたから、他の誰よりもこのことを長く記憶に留めることができる。そんな身として、その日の感激を決して忘れまいと決心したのです。

 私は硫黄島で感得したことを、できるだけ多くの人々に伝えるのが私の義務だと思っています。そこで、レーガン大統領、最初にお伝えする人として貴方以上に重要な人は、思いつきません。 

ドナルド・レーガン米大統領への手紙
 完

 このエッセーは米ウォールストリート・ジャーナル紙をはじめ、地元カリフォルニア州の新聞、テレビに取り上げられて大きな反響を呼んだ。レーガン大統領にも送られ、先月、大統領じきじきの手紙が届いた。「君が目撃した涙と抱擁こそ、かつては敵同士だった日米両国民が、いまや確固たる友人、同盟国人であるあかしである」 と述べてあった。

 硫黄島のあと、祖父と京都、広島を訪れた。新幹線の素晴らしさに驚き、日本の都市が混雑しているのにきれいで安心なのに感心した。広島では、戦争の恐ろしさを、残酷さをひしひしと感じたという。

 硫黄島訪問の直後だったせいか、滞日十日間を通じて終始マイケル君の胸を去来したのは、二つの異なった国家、民族、文化があれほどの大衝突をして、わずか40年の間にどうしてこれほどの友情、親近感を持てるようになるのだろうか、という点だった。世界各地には、宗教、民族、あるいは民族分断や歴史的事件から数十年、それ以上の長期にわたって仲直りできない場合が多いというのに……。「将来はぜひ再び日本に行ってみたい」 と目を輝かせる。1987(昭和62)年2月9日の朝日新聞

 ジャコビー少年の手紙に登場する僧侶は、和智恒蔵、海兵50期で海軍硫黄島警備隊司令だった人です。昭和19年10月、和智司令官の中佐から大佐への昇進とともに、突然、内地勤務(横須賀鎮守府付)の人事異動が発令されます。和智大佐にとっては、不本意な内地帰還でした。「ともに戦い、米軍に一矢報いん」あるいは「撃ちてし、やまん」と心に決めていたのでしょう。和智の、「何で俺だけが外されるのか」という無念さは察するにあまりある。

 戦後残務整理を終えて、除隊となり、職業軍人たちはみな帰郷します。しかし、和智は自宅へは戻らず、そのまま京都の天台宗空也堂で得度をして僧侶になり、一方で、硫黄島協会を設立して、硫黄島の将兵の遺骨収集と慰霊に奔走します。ともに死ねなかった男の慟哭は、89歳でこの世を去るときまで消え去ることはなかったことでしょう。

 式典では、レーガン大統領からのメッセージはありましたが、命を懸けて守った日本、日本の中曽根首相からは、なんと、一言のメッセージもなかったのだ。いかなる想いで読経したことか・・・。下種の勘ぐりはよそう。凡人を遥かに超えた高みの人に、戦後の恨み辛みなど、とうに無い。

 少し前、アメリカを旅したときに、太平洋戦争で硫黄島での戦闘に参加したと言うお爺さんに会いました。そのアメリカ人のおじいさんが言った一言を僕は忘れられません。最初、「日本を恨んでいるのだろうな」と思いましたが、おじいさんは僕に「日本兵は勇敢で強かった。今、日本がアメリカの同盟国でとてもうれしい」と言ったのです。
 僕は靖国神社本堂の賽銭箱の前に立ったとき、なぜかあのアメリカ人の老人が言った言葉をまた思い出しました。「日本兵は勇敢で強かった。今、日本が同盟国でとてもうれしい」。そして僕は手を合わせて英霊にこう言いました。「ほんとうにありがとうございました。安らかに眠ってください。日本はこんなに素晴らしい国になったんですよ」と。君のハートに日がまた昇る・荒木鉄士 栗林忠道陸軍中将硫黄島での戦い

 この硫黄島戦闘40周年式典名誉の再会を日米が認識し是々非々をお互いに認識した時、恩讐を超え、真の日米の終戦となる。今年も(2006年3月8日)日米の第2次世界大戦の退役軍人、そしてその家族が第61回硫黄島戦を記念して、「名誉の再会碑」につどった。


戦後68年の今年も恩讐を超えた「名誉の再会」

2013年3月13日米国海兵隊公式サイト

硫黄島の追悼顕彰式で英霊に敬意を払う

 【東京都小笠原村硫黄島】 3月13日、硫黄島戦68周年を追悼する名誉の再会式典への参列のため、当時硫黄島で対戦した日米退役軍人や現役軍人が硫黄島に集結しました。

 式典は過去の激戦や武力衝突を乗り越えて生まれた日米関係の証でもあります。

 ローレンス・スノーデン米海兵隊退役中将は、「ここでの戦闘は68年前に終結し、今、日本は良き友人なので、日本に対する感情は異なります。私たちは忘れることはないかも知れませんが、許すことはできます」と話していました。

 戦後日米同盟は繁栄してきたと硫黄島で戦った元海兵隊軍曹のウイリアム・ショットさんは話し、「かつて戦った場所へ戻ってきて、今、日米は同盟国、パートナーとして和解しています。この式典は素晴らしい経験です」

 68年前に起きた36日間におよぶ激戦ではおよそ3万人の日米兵士が戦死し、海兵隊員にとってここでの戦闘は今日(こんにち)なお重要な意味を持っていると海兵隊総司令官補佐のジョン・パクストン大将は説明し、「硫黄島での戦いは、海兵隊の歴史の中心となっています。海兵隊員にとって、遠い昔に起きたここでの戦闘は、物理的領域を超えて私たちの理念となっています」

 激戦を戦った日本軍と海兵隊員の評判は今日も引き続き受け継がれている。

 スノーデン退役中将は、「当時の若い海兵隊員らが『最も偉大な世代』と呼ばれるのを目の当たりにしてきました。彼らはその称号を勝ち取りました。勝つために彼らは粘り強く戦い、勇気に欠如することなく、決断力があり、必要はことは快く引き受けました」

 今回の追悼顕彰式は退役軍人が硫黄島戦40周年に献呈した岩碑を中心として行われました。

 英文は米軍が上陸した海岸方向を向いて刻まれ、日本文は日本軍が陣営を防衛した山側に刻まれています。

 碑文には、「硫黄島戦闘四十周年に当たり、曾つての日米軍人は本日茲に、平和と友好の裡に同じ砂浜の上に再会す。我々同志は死生を越えて、勇気と名誉とを以て戦ったことを銘記すると共に、硫黄島での我々の犠牲を常に心に留め、且つ決して之を繰り返すことのないよう祈る次第である」と記されている。

資料
『米国大統領への手紙』平川祐弘 著 「平和への手紙・アメリカ高校生の手記」マイケル・ジャコビー著偕成社 1987(昭和62)年2月9日の朝日新聞  「硫黄島いまだ玉砕せず」(上坂冬子, 文春文庫)

つづく硫黄島から大統領宛の手紙ルーズベルトに与うる書市丸利之助その二 

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/48-1137abf5

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。