QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観「西欧の植民地喪失と日本―オランダ領東インドの消滅と日本軍抑留所」


2「西欧の植民地喪失と日本―オランダ領東インドの消滅と日本軍抑留所

著者ルディ・カウスブルック

序文――憂いと哀れみ

 ――以下の序文は日本人読者向けに特別に起草したものである。

 ――本書では、オランダ人の体験(彼らの体験記は戦後何百冊と出版されている)だけでなく、インドネシア人および日本人の体験も扱っている。

 ――多くのオランダ人は――事実よりずっとひどい日本人像を信じている。

 本書におさめらたエッセイは、オランダ人が、遺恨の成すがままに事実をまげて作り上げた、この種の日本人像にもとづく神話的過去にいつまでもしがみついていないで、ほんとうのところはこうだったという過去の実態を直視し、それと和解することを意図して――というよりも、私の願いとして――書かれたものである。

 したがって、本書はオランダ人読者、いや、もっと正確に言うならば、とくに“東インドのオランダ人”と呼ばれている、オランダ領東インドから本国に引き上げてきたオランダ人を対象として書かれたものであることを、日本の読者は承知していただきたい。――

 本書における課題の一つは、東インドのオランダ人のこういった実践の実態をさかのぼって調べだすことだった。これは、われわれオランダ人がわれわれ自身を判断するのと同じ尺度で、日本人の行動や振る舞いを判断すべきであるという、私の主張にもつながる。

  同じ尺度で判断すべき、という私の視点は、何人かの東インドのオランダ人との激しい意見の衝突をまねくことになった。彼らは、日本人を判断するのと同じ方法で自分たちが判断されること自体すでに侮辱だと見なしただけでなく、これはなまぬるいこと、つまり日本人、日本文化、日本国天皇を組織立って否定的に決め付けずに自体に即して理解しようというのは、とりもなおさず裏切りであり、敵に協力すること、オランダ国を中傷することであると考えたのである。東インドのオランダ人が受け入れている唯一の日本人像というのは、「日本人は悪い。悪質で、ずる賢く、残酷で、生まれつき悪い。日本人のすることは何もかも悪い。よいところでさえ、それなりに悪い、なぜなら悪に仕える者だから」という、戦時中に一般的だった日本人像から一歩も出ていないのである。

 こういった日本人像が、戦争宣伝に登場してくるのならまだわからないこともないが、戦後半世紀を経過した今もなおまかり通っているということに、どこかひじょうに狂ったものを感じる。そのために、たとえば日本人が戦時中の出来事について謝罪しても、その謝罪は受け入れられず、そのたびに徒労に終わると言う結果を招いている。

 驚くほかはないが、オランダ人は、こういった謝罪を、くりかえし横柄に日本側に求め、それに対して日本側が謝罪すると(日本はすでに何度か謝罪している)、“謝るふりをしているだけ”と、これをうけつけないという態度に出る。たとえば1991年に、当時の日本国総理、海部俊樹首相は、謝罪の意を表して“オランダ領東インド戦争犠牲者の碑”に花輪を捧げた。ところがオランダの中立の日刊紙でさえ、この献花を「無頼の偽善のしぐさ」と報じたのである。こうした事情からも、日本の率先した謝罪の試みが徒労にすぎないことがわかる。結局、花輪は取り除かれて堀に投げ捨てられてしまった

 この考え方の特異性は、日本人がいかなる言葉や行動をもって謝罪したとしても、しょせんは誠意として受け入れられない、という点にある。それは、「ヤップ(日本人を表す軽蔑的な表現)は、あのように親切そうに見える微笑の蔭で、何を考えているかわかったものではない」と、オランダ領東インド戦争犠牲者財団のスポークスマンがいみじくも発言しているように、日本人には誠意のかけらもないという考えにもとづくものなのだ。

 最も驚くべきことは、オランダ政府でさえ1991年のこの時点においてもなお、東インドのオランダ人グループを、当然のこととして日本人に傷つけられた者たちと見なしていたことである。当時のオランダ首相ルベスは式典後、遺憾の意を表す談話を発表したが、それを報じる新聞の見出しは「ルベス首相遺憾に思う、海部首相訪問の心の痛みを」となっている。ここで言う心の痛みとは、海部首相が侮辱を受けたことによって負ったであろう心痛のことを指しているのではない――とんでもない、これは、日本人が東インド戦争犠牲者の碑に花輪を捧げたことによって東インド共同体(東インドのオランダ人は東インド共同体とも呼ばれる)のオランダ人が耐え忍ばなければならなかった心の痛みを指しているのである。

 第二次世界大戦に発する日本人に対する恨みは、世界中でいまだに抱かれているが、このように闇雲な遺恨は、世界広しといえどもオランダでしかみられない(真実史観注・中朝韓や支那族朝鮮族の犯日は同族大虐殺隠蔽目的)。しかしオランダでは、この事態を「いまどき通用しない馬鹿げたこと」と見る者は誰もいないし、遺憾に堪えないと抗議する者もいない。われわれはいま、花輪の件から6年を経ているわけだが、私がこの序文を書いている本日(1997年8月15日)、東京の大司教、白柳誠一枢機卿がハーグ市で催される日本降伏記念式典への出席を遠慮させられるという、信じられないようなことが起こった。理由は――書面をそのまま引用しよう――「日本人が同席することは、犠牲者にあまりにも多くの感情を呼び起こす恐れがあるため」となっている。

 私がこれを引用したのは、彼らの身内意識と。外の世界に向かって自分たちの見解を説明する必要はないという考え方を示すよい例だと思うからである。こうした考え方は従来、典型的に日本的なものとされているが、じつはオランダにも存在することがこの事実からもわかる――東インド共同体の面々が抱いているのである。彼らは全く同じたぐいの偏見を抱き、外部世界から自分たちを保護し、外部世界に向かって自分たちの言動を説明する必要は毛頭ないと考える。「外部の者たちに知らせる必要はない、彼等には何らの関係もない。言ってみたところで理解してもらえるわけでもないし・・・」というわけだ。

 これは何度となく考えたことなのだが、「理解してもらえるわけがない」という感情と恥ずべき見解を持つこととのあいだには“関連がある”という考察を、日本人はどう受け止めるだろうか。

 私がここで言う見解とは、「外部の者にはわれわれを理解できない」という命題のもとに一堂に会したグループの中の者だけに理解され是認されているもので、彼らはその見解が外部世界の批判に耐えない恥ずべきものであることを意識はしている。オランダ領東インドの旧軍人がこういったグループの一例だが、彼らの抱いている意識(民族的優越感)や、彼らの言う「外部世界の人びとには理解できない」こと(旧オランダ領東インドにおける人種関係)についても、わたしは本書で浮き彫りにしている。

 さて、私がこれから言わんとするところを、日本人読者はもう察しがついたと思う。「外部のものには理解ができない」という考えは、日本人が好んで崇拝するところの、言うなれば「われは無垢な者なり」という印象を与える概念だ。日本人は自身を独特にして「理解されがたい民」だと思っているが、すこしでも日本について経験のある外国人は、日本人のこうした自己認識を幼稚で、すこしばかりばかげていると見ていようとは、日本人は想像だにしない。これはいわば青年期の自己陶酔のようなものであって、自身の文化を独特で優れていて外国人には理解できるものではないとするのは、日本だけではなく、すべての原始的文化に見いだされるのである。

 しかし第二次世界大戦を身をもって経験した者には、この概念が想起させるものは痛ましい。日本軍が太平洋戦争で不条理な手段と残酷さを持って実践したことのひとつに、日本人は独特にして優秀なりということを(白人種に)強制的に認めさせようとしたことがある。「このことがあったために、日本軍は、被抑留者の、これといって特別な意味があるわけでもないちょっとした動作に、日本国、日本軍は、日本国天皇を侮辱するもはなはだしいと猛り立ち、凶暴な行為に出るという、奇妙な刑罰パターン(これは占領者である日本軍の態度を特徴づけるものだった)をとったのだ」と、『三人は帰った』の著者アグネス・キースは見てとったが、この指摘はキースの真価を物語っていよう。キースと同様の分析をした、明晰な例の織り込まれた第二次世界大戦時に言及した著作がもう一冊ある。オランダ領東インド政府の高官レオ・ヤンセン(法学博士。戦前に日本語を習得した)の戦時日記がそれである。――とくにヤンセンの日記に関しては、日本語に訳されることを心から希望する。両著作を特徴づけているのは、これまで述べてきたようなレイシズム(民族的優越感、人種偏見、人種的憎しみが一体化したもの)や知ろうとしない意志薄弱さにあぐらをかいた、全くの無知に根差す日本人に対するやみくもな憎しみがないことである。

 ここであらかじめはっきり言っておくが、私自身も、日本軍抑留所での過酷な経験にもかかわらず、日本人に対する憎しみの感情はもっていない。それに、私の年齢(日本軍がオランダ領東インドを征服したとき12歳だった)の少年の例にもれず、私はひそかに、そして心ならずも、大いなる自負と虚栄を誇った植民地宗主国政府を数日間で粉砕した国に、賞賛の念すら抱いていた。確かに個々の日本人との接触には失望させられたが、あのように優秀な飛行機や軍事工学技術を生み出した力が日本国のどこかにあるのだと、そしてオランダの戦争政治宣伝はその点に関して自国民に嘘を告げていたのだと、私はしかるべく認識したのだった。

 あとになって私が日本国について知るようになった事柄についても、わが国の戦争宣伝は全く違ったことを教えていた――このことから学びとったことは、其れからは宣伝と言うものはけっして信じないし、その語調や論じ方ですぐにそれとわかるようになったことである。日本人読者諸氏よ、日本人は宣伝に耳を貸さないというのは私の思いちがいだろうか?恥じないですむように自国の過去をできるだけ美化し、すこしでも堪えうるものにしようとするのは世界的傾向である。だが、これは虚言をなくしては到達できない。

 恥じるくらいなら嘘の方がまし、とする態度は日本にばかりでなく、オランダにもある。

 オランダにおいては現在もなお、植民地支配の過去を実態より善いものとして紹介する――その暗黒の面は隠すか、あるいはよりよく見せる――という歴史学会の伝統(ライデン大学学派)がある。これと正反対の学派もあるが、その着想はしばしばマルクス主義的で、およそ実態に即していない――これは日本、オランダ両国に共通する問題といえよう。

 第二次世界大戦を経験した人びとの大方は、いまは草葉の陰の人となってしまっている。まったく、アルフォンセ・アレの言葉を借りれば、「戦いは終わった。戦史不足ゆえに」と言うことができよう。だが、彼らにかわって、もっと深刻な様相を呈する問題が登場してきている。私の著書から引用する。

 「ますます多くの人々が、本当のことから偏り、事実と虚構の境をぼかす映画、テレビなどのマスメディアを通して自己の歴史的認識を得ている。実際の出来事は、劇的効果に、または“政治的に正しい”という観点に合わせて変えられて再生される」(真実史観注・中朝韓が同胞大虐殺隠蔽目的の捏造再生で、日本は、真実の覚醒)

 原文のタイトル「オランダ領東インド抑留所シンドローム」を他の言語に置き換えるのはむずかしい。というのは、このタイトルはオランダの諺にもとづくものであるからで、その意味するところを説明しようとすると、さらに誤解をまねくことになろうと思われる(注7)。“Le chagrin et la pitie”という題のフランス映画がある。これを私なりに日本語に訳すと「憂いと哀れみ」とでもなろうが、本書の内容は、この言葉によって多くが語られるだろう。――1997年8月・記

 注7・オランダには「オランダ領東インドの聾(つんぼ・耳の聞こえない人)」という諺があり、「聞こえているのに聞こえないふりをする」の意味。そこから、タイトルの「オランダ領東インド抑留所シンドローム」は、「抑留所シンドロームがあるふりをする」という言外の意味をふくむ。

 

オランダ領東インドの日本化18p

 オランダではオランダ領東インドに関連する事柄をすべてダブルスタンダード(西欧の植民地宗主国とは異なって、日本は自国の利益のためにのみ、そして支配下の民衆を虐げるために東南アジアを征服したとする)で処理してきた。

 ――もし日本がアジア侵略戦争の訴因で有罪ならば、西欧の植民地宗主国もまた有罪であり、西欧植民地宗主国が人道的動機を楯にするならば、日本にもそうする権利をあたえるべきだというものである。

 また、パル判事は、「侵略戦争の罪刑は事後立法”に相当するものである」として異議申し立てをした弁護人に賛同した。そして、その反対意見書で次の点に言及している。――日本の大東亜戦争を違法な戦争であると宣言すること、および侵略戦争の計画、開始、遂行などを犯罪とする、“平和に対する罪”をこの東京裁判の審理によって“重罪”とすることは、植民地支配に終止符を打つことになる。今日の被植民地諸国は、平和の名のもとに何世紀にもわたっておこなわれた植民地支配への屈従を強いられることはなくなる。

 ――東京裁判でオランダを代表して判事をつとめ、自身、反対意見書を提出したB・V・A・レーリング(法学博士)は、パル判事の主眼とするところをよく理解していたし、植民地支配の現状凍結論にも賛成の意をもって一度ならず引き合いに出している。

 ――レーリングはたとえばウィーンヘル・フルスツ(旧軍人。極端な右翼の保守的人物)との紙上対談(「新ロッテルダム新聞・貿易新聞」1980年8月23日付)で、次のように述べている。

 「大方のアジア民族は、日本人がヨーロッパ人をアジアから追い出す戦争をはじめたことで、日本人を非難しなかったことは明白である。<アジアをアジア民族に>のスローガンは、アジア民族にはひじょうに納得のいくものであった」

 「たとえばの話、英国以外のヨーロッパ諸国が何世紀にもわたって外からの民族の支配下におかれて苦しんでいるとき、何かそこに他の目論見をもっていたにしろ、英国がその他民族の征服者を駆逐したとしよう。その場合、大方のヨーロッパ人は、英国人のこの行為を犯罪とは見なさないだろう」と、レーリングは比較例をあげてから、「これと同じことがアジアにおいても言えるのであり、したがって日本の大東亜戦争を平和に対する罪として論証するには、これはじつのところきわめて不適切な事例であった」と述べている。――

 ――以下のテキストは日本陸軍の教育資料から引用したものだが、これをどう定義すべきだろうか。偽り?欺瞞?思想の鼓吹?政治宣伝?策略?

 「われわれは日本国にあっては本能的に白色人種の優越感を認め、中国人および南アジアの民族を軽蔑して成長してきている。それは、とりもなおさず自分たちもアジア民族であるからして、自身を価値なしと軽蔑していることになる。

 敵領に一歩足を踏み入れただけで、白色人種がいかにわれわれアジア民族を虐げているか一目瞭然だ。彼らは丘や山の上に建つ、目も眩むような豪華な邸宅に住み、そこから草葺屋根の掘っ立て小屋を見下ろしている。アジア人の血から絞り上げた金は、この少数の白人達に、ひじょうに裕福な生活を保障している。

 何世紀にもわたってヨーロッパの支配下におかれてきた現地人たちは、自己の価値観、誇りというものをすっかり失ってしまっている。現地人たちが一刻も早く自己の誇りをとりもどして前向きの人間になれるよう希望したいが、それをあまり執拗に期待してはならない・・・」

 レーリングの見解の正しさは、たとえばつい最近出版されたレオ・ヤンセンの日記(“無人地帯の預言者

”の節を参照)にあるように、日本軍占領時に東インドでなされた数々の観察が明白に裏づけている。ヤンセンの日記から引用しよう。

 「1942年12月11日。ここで注目を引くことは、日本人のかなり原始的な信念ではなくて、その汎アジア政策なる政治宣伝が日本人に向けてつくられ説かれているという事実である。それゆえにすべてが欺瞞であるというわけではない。日本はその占領地域全体にみずからの反西洋信条を持ち込んで、その信条でもってアジアの他民族を教育しようと意欲を燃やす。そのために満州、北支那、インドシナ、インドネシア、そしてマレーに軍団を編成する。占領地域の青少年への軍国主義鼓吹を、われわれは危険なことと考えるが、日本人は自分たちへの支援のためと考えている。それはインドネシア人に人間としての誇りをとりもどさせもする(たとえ彼らを怒鳴りつけたりしてでも)。インドネシア人をまったく無視し、彼らに劣等感をもたせただけのわれわれとはちがっている」

 「真実はわれわれにとってきびしいものだが、オランダ領東インドは、日本軍を喜んで迎え入れたアジアにおけるたった一つの地域かもしれない。解放軍並みの歓迎ぶりだった。(中略)戦争からの真の開放感と、よりよき将来への希望とが入り交じった気分がそこには溢れていた」

 さらに12月12日付の日記には、こうある。「以前にくらべて、現状は何ひとつうまく調整されていないにもかかわらず、インドネシア人はこれを以前より希望に満ちたものとして受け入れているようだ」

 ヤンセンは、日本人がインドネシア人に重要な職務および責務をあたえるのに躊躇しなかった点にも注目している。これはオランダ人支配化では考えられなかったことだ。「1943年6月2日。現今は、大蔵省のアフマッツのように、仕事ができ、指導もでき、率先して行動するインドネシア人官吏が各官庁にいる」

 インドネシア人のために親身に尽力した日本人がいたことも疑う余地もないところだ。ヤンセンの日記に注釈および解説をつけたG・J・クナープ(史学博士)は、その序文で、つぎのように書いている。

 「日本軍のラジオ放送が、反オランダ、そして総じて親インドネシア民族主義の語調であったのは、これを担当している日本人たち(このうちの一部はインドネシア民族主義にひじょうに共鳴していた)の尽力のしからしめるところであった。(中略)1942年2月末にジャワ島に接近した日本侵略軍には宣伝班も編成されていたが、宣伝用の職務は第一に、敵の士気をくじき、日本国軍隊の士気を高揚することにあり、第二に、占領したあかつきにはその地域の民衆に日本国の至上の目的を教え広めることにあった」

 ――J・A・A・ファン・ドールの「秩序―反抗―秩序」はこれを主題にしたもので、主人公は1928年生まれのインドネシア少年である。

 中高等学校はセレベス島マカッサルの日本の学校へ行く。優等生の少年は日本人学校長の家庭に寄宿するようになって、半軍事訓練をもふくめた日本式教育を受ける。母国インドネシアのために命を捧げねばならないこと、インドネシアにはアジアのインドネシアとして大いなる将来があることを習う。日本人校長は少年に強烈な印象を与える。(主人公は、日本式教育をうけられたことを感謝し、校長先生とはいまもなお文通がある、と述べている)」

 ――“オランダ領東インドの日本化”は、東京裁判でオランダが正式に日本に科した戦争犯罪のひとつであった。――日本がオランダ植民地支配を終結に導こうとしたことは、オランダ人の見地からすると日本が戦争犯罪を犯したことになり、じつのところ現在もなおこの見解を変えようとしないのである。――

――1989年・記 3につづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/475-d92d5a6b

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。