QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観中曽根靖国不参拝が中朝韓罪日物乞い化の全元凶無知櫻井よしこは騙り屋

QLOOKアクセス解析


1中曽根靖国不参拝が中朝韓罪日物乞い化全元凶無知櫻井よしこは騙り 

検証脳皆無の無知か?人寄せ女パンダか?いつも核心に迫らぬうわべ保守騙りの櫻井よしこ!

2013.08.05 櫻井よしこ氏 靖国参拝を軍国主義に結びつける非難は間違い

 毎年8月15日の終戦記念日には約20万人が靖国神社を訪れ、240万柱を超える英霊に鎮魂の祈りを捧げる。自国を守るために戦死した先人の霊を悼む行為は国家指導者にとって万国共通の責務であるはずだが、我が国では残念ながらそうではない。なぜ首相の靖国参拝 かくも“政治問題”となってしまったのか。ジャーナリストの櫻井よしこ氏が解説する。

 * * *
 参院選での圧勝で、安倍政権はようやく「日本を取り戻す」、日本再興の出発点に立ったといえます。

 TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への本格参加、福島の復興、原子力を含むエネルギー政策、日米同盟強化と普天間移設、憲法改正と、課題は山積しています。とりわけ歴史問題は、中韓両国がアメリカを巻き込む形を作り始め、日本は難しい立場に立たされようとしています。

 そうしたなかで安倍首相が果たして靖国神社を参拝するのかどうかが注目されている現状は周知のとおりです。8月15日かどうかはひとまず措いて、首相の参拝は日本の再興を果たしていくうえで、極めて重要な一歩になるはずです。

 靖国神社を参拝し、国家、国民のために殉じた幾百万の尊い英霊に感謝を捧げることが、首相としての当然の責務であることはもはや指摘する必要もないでしょう。それは日本人が日本の伝統・文化に根ざした価値観を守り、日本人としての心を大切に伝え続けることにつながります。軍国主義の復活や歴史修正主義に結びつけ、参拝を非難することは間違っています。

※週刊ポスト2013年8月16・23日号

「かくも“政治問題”となってしまった」原因は、中曽根靖国不参拝(凶産中国内政干渉の難癖に屈した)で、難癖の打ち出の小槌や靖国キャッシュカードを与え、以後も与え続けたからだ。

 この肝心要の基本問題にも迫りえぬ、櫻井よしこが所長の国家基本問題研究所とは、エセ保守騙り寄付金集め団体にすぎない!筆者(真実史観)が手弁当で、全くのゼロ(素人)から検証を開始したのは2006年である。以前からマスコミに専門家と称されもてはやされる櫻井よしこが、未だにこの有様は、検証回路皆無との明白な白状である!

愛国叫び商売櫻井よしこの歴史音痴
2004/02/14 在日コリアン社会を揺るがす国籍法改正案
 「日本の文化が朝鮮から来たのは歴然としている。奈良の大仏しかり。他の遺跡をみても日本の歴史文化は朝鮮半島から来たものから基礎が出来ている……日本もそのことをちゃんと認めないのが不思議でならない」

当時の韓半島南部は日本海洋文化圏の一地方である。日本の文化(稲作の伝播等々)は、航海に巧みな日本海洋民族が、中国から、半島南部や九州北部に持ち込み伝播したもので、朝鮮からではない

米議会ではなく調査局なのに、米専門家ではなく研究員なのに、「米議会や専門家」錯覚させ国民を洗脳するNHK

2013年8月3日 NHKニュース 米議会 終戦日の靖国参拝懸念

 アメリカ議会調査局は、先の参議院選挙の結果を受けて、安倍政権の経済政策などに期待を示す一方、今月15日の終戦の日に安倍総理大臣や閣僚が靖国神社に参拝した場合には周辺国との緊張を高めるとして、懸念を示す報告書をまとめました。

 アメリカ議会調査局は、2日、日米関係に関する報告書を新たにまとめました。それによりますと、先の参議院選挙の結果、「日本の政権が安定し継続していくことは過去数年間にわたるまひ状態からの歓迎すべき変化だ」と評価しています。

 そのうえで、「安倍総理大臣は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉参加や、防衛力の強化といった、アメリカが促進する構想をこれまで以上に自由に追求できる」として、期待を示しています。

 一方で、報告書では、「日本と中国の関係は、沖縄県の尖閣諸島を巡ってこう着状態が続いている」と指摘しているほか、「アメリカの当局者は、日本と韓国の間で歴史認識を巡って意見の相違があることを懸念している」としています。

 そして、「今月15日の終戦の日に安倍総理大臣や閣僚が靖国神社に参拝した場合には、再び地域の緊張を高めるだろう」と指摘しています。

 今回の報告書は、アメリカ国内で安倍政権の経済政策などに期待が高まる一方、日本と周辺国の関係について懸念が根強いことをうかがわせるものとなっています。

米専門家“同盟関係妨げる不必要な挑発”

 ワシントンに本部があるシンクタンクのヘリテージ財団で、東アジアの政治を研究しているブルース・クリングナー上級研究員は、「歴史認識を巡る安倍総理大臣や閣僚の発言は、周辺国の日本に対する疑いをあおってきた」として懸念を示しました。

 そのうえでクリングナー氏は、「日本での歴史認識を巡る発言は非建設的で、日米韓の3か国の強固な関係を妨げる不必要な挑発となる。中国などにとって、みずからの行動から外国の目をそらせるきっかけを与えてしまう」と述べ、同盟国の足並みを乱しかねないという懸念を示しました。

※「議会~靖国参拝懸念」ではなく、「アメリカ議会調査局(議会の一部署)~靖国参拝懸念」=「NHK~靖国参拝懸念」。「米専門家」ではなく一研究員

 NHKが第三者を装い(NHKと合致する意見をつまみ食い引用)、さもアメリカ議会が懸念しているように錯覚させ、国民を印象操作し洗脳した、典型記事である。

 日本が騒いだらアメリカ大統領は、アーリントン墓地へ行かぬのか?子孫が自国の先人を祀った社に、参拝するのに、何の許可が要る!許可が必要な事自体が、異常!中朝韓罪日のスパイが、NHKを操った内政干渉である。異常なのは、内政干渉する中朝韓罪日と、手下のNHK

韓国が「参拝には対抗措置」と内政干渉恫喝

2013/08/06 新華経済 韓国政府が靖国問題で警告、「日本の閣僚が参拝すれば、必ず対抗措置をとる」―中国紙

 “8月15日”は東アジア人にとってかなり敏感な日にあたる。この日に日本の一部閣僚が靖国神社を参拝する意向を示したことで、韓国を激怒させている。6日付で環球時報が伝えた。

 韓国政府は5日、日本の閣僚に対し、「靖国神社を参拝しないよう」厳しく警告した。だが同日、菅義偉内閣官房長官は「閣僚が私人の立場で参拝するかどうかについて首相官邸は干渉しない」との立場を表明、まるで参拝を奨励するかのような発言だった。首相官邸は同日、安倍晋三首相が8月15日の靖国参拝を見送ることを決定したと発表している。

 これに先立ち、自民党の高市早苗政調会長が超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」に“終戦記念日”に靖国神社を参拝する意向を届け出た。稲田朋美行革相も参拝する意向を表明。稲田氏はすでに首相官邸の許可も受けている。

 下村博文文部科学相は、昨年末の就任以降、すでに靖国参拝を済ませていることを明らかにしている。 これを受け、韓国政府は5日、日本の閣僚らによる靖国神社への参拝を「受け入れることはできない」と厳しく警告した。韓国外務省の趙泰永報道官は5日の記者会見で「日本の高官は靖国神社を参拝すべきではない。それでも参拝するのであれば、韓国政府は参拝した閣僚の具体的な状況に基づいて相応の措置を講じる」と述べた。

 韓国漢陽大学日本学国際比較研究所の李康民所長は、環球時報の取材に応じ、「日本政界の右傾化が勢いを増している。大勢の閣僚らが靖国神社を参拝しても意外ではない。昨今の韓日関係は氷点に達しており、韓国政府はこの事前警告のとおり、何らかの対抗措置をとるだろう」との見方を示した。(編集翻訳 小豆沢紀子)

東アジア人」=凶産支那人と朝鮮人。韓国政府=凶産支那人の思想戦。

米国の一部所意見を米国議会と洗脳した[2013年8月3日 NHKニュース 米議会 終戦日の靖国参拝懸念]呼応し、NHKは凶産支那人傀儡を自白している凶産中国!

2013/08/07 米国靖国参拝警告も…“わが国は抗議だけ”=中国版ツイッター

  中国版ツイッターを運営する新浪の軍事情報を伝える専用アカウント・新浪軍事は、米議会が日本の閣僚による靖国神社に対して強い懸念を示していることを伝えたところ、中国人ネットユーザーからさまざまな意見が寄せられた。

 米国の議会調査局は、15日の終戦の日に安倍晋三首相や閣僚が靖国神社に参拝した場合、周辺国との緊張を高めるとして懸念を示す報告書をまとめた。東アジアでの緊張は、米国の利益を損なうためだという。

 新浪軍事が同ニュースについて伝えたところ、「日本人は毎年参拝してるだろ。そして毎年強烈な抗議を受けている」、「中国は抗議することしかできないけどね」など、中国政府の対応が抗議でだけで終わることに対する不満の声が寄せられた。

 また、「米国は利益が損なわれるが、中国はメンツが潰される!」、「悔い改めることを知らない日本だから、靖国神社参拝は、日本の邪悪な欲望がなくなっておらず、過去の罪悪を黙認することを意味する!」など、強い嫌悪感を示すユーザーもいた。

 今回は米国からの忠告であるため、「小日本はご主人様の言うことをよく聞くよな」、「自分の家の犬をよく管理するのは当然のこと」など、日米関係は主従関係であるため、米国の忠告には耳を傾けるのではないかとの見解が示された。

 ほかには、「小日本は戦犯を拝むのは忘れないのに、原子爆弾の恨みは忘れちゃったのか?」、「靖国神社にはパールハーバーを攻撃した人が祭られているのを忘れたのか?」などコメントや、「だったら米国は靖国神社を解体してくれよ」という意見もあり、全体的には靖国神社参拝に反対の声が多かった(編集担当:畠山栄)

※「懸念」を「警告」に「偽造」。中国人ネットユーザー」となっているが、国民を装った凶産支那人の思想戦、騙りである。

言論の自由ではなく職責不履行で捏造の自由し放題の「言葉と文字界教授宦官と全く同じ」現実界なら給料泥棒詐欺

2013/08/13 ソース東亜日報(韓国語) 「日国民植民化政策支持…すべてが戦争黙認したこと」

▲荒井 晴彦(あらい はるひこ)教授(左側)と寺脇 研(てらわき けん)教授。二人は「今後も日本と日本人のアイデンティティに関する映画を作りたい」と明らかにした。

 15日封切られる日本エロス映画「戦争と一人の女」(井上淳一監督)。この映画は‘露出’だけでなく戦争に対する批判とその責任問題をメッセージとして投げて話題になった。坂口安吾の同名小説が原作のこの映画は第二次世界大戦終戦前後を背景に日本の戦争責任論を扱う。

前門の虎(凶産ソ中)後門の狼(欧米列強)白人と、有色人連合(日本・台湾・朝鮮・南洋・満州・南京汪兆銘)との戦いなので、「日本の戦争責任」など皆無!未だにWGIP丸鵜呑みは、思索脳皆無、職責不履行、給料泥棒自白

 主人公は「東条英機(日本総理で絞首刑される)はA級戦犯であり、天皇はなぜ戦犯でないのか」と批判する。製作費1200万円(約1億4000万ウォン)の独立映画だが日本では4月に封切り後、現在まで長期上映している。

 この映画の製作者は日本文部科学省傘下文化庁文化部長出身の寺脇 研、京都造形芸術大教授(62)。彼は35年の親交がある荒井 晴彦k日本映画大教授(67)と意気投合してこの作品を作った。荒井教授は韓国でも良く知られた映画「ヴァイブレータ」「KT」を書いた有名シナリオ作家であり、日本映画批評紙‘映画芸術’の編集者でもある。

 二人は12日、東亜日報とのインタビューで「日本の一部政治家と若者たちは過去の過ちをなかったことにしたがる。映画を通じて右傾化した日本のアイデンティティの話をしたかった」と語った。

右傾化」ではなく「覚醒」。「過去の過ち」は、WGIP丸鵜呑み!

 ―映画製作の契機が気になる。

▽寺脇=戦争について多様な角度で話したかった。この頃の戦争を扱った映画は大作や英雄物語一色だ。過去、日本の反戦映画は日本の原爆被害だけを取り上げた。だが、日本は戦争の被害者ながら加害者でもある。

 ―映画の中で主人公は日王(天皇)の命令で殺人と強盗、強姦をしたと話す。日王の責任に直接的言及した理由は….

先に喰うわなければ喰われる戦国時代に、善悪云々は無意味!

▽荒井=タブーを破るという意味もあるが、より大きな問題提起のためでもあった。日本が起こした戦争は少数の戦犯だけの責任ではない。‘命令を受けていわれるとおりにした’、‘私は何も知らない’と言うのは正しくない。

東進欧州、南下露西亜後のソ連、西進する米国、資源無き小国日本(籠城)すれば必滅。打って出るのは当然であろう!

 ―日本人すべてに戦争に対する責任があるという意味なのか。

▽荒井=植民化政策を行った時、日本人はさらに多くの豊かさを望んでその政策を支持した。国民全部が戦争を黙認したのだ。この頃の日本の若者たち中には‘いつまで謝罪をすべきか’というものもいる。日本のこういう姿はドイツと対比される。

ドイツはWW1復讐戦争で、日本は自存自衛戦争。日本は、座して必滅の轍を踏まなかった。

 ―自民党再執権後、右傾化の動きが明確だ。原因は何か.

▽寺脇=無関心だ。選挙投票率が50%程度だ。自民党が執権したことは全国民の25%程度の支持を得たからだ。多数の日本人は‘私は悪くない’という。しかし、このまま行けば日本は危険だ。周辺各国が日本を相手にせず孤独な人になるだろう。.

50%が「覚醒」で、残り50%は「WGIP」で、「覚醒初期」!

 ―映画を製作する時や上映する時、困難はなかったか。

▽寺脇=初期投資を受けるのが大変だったが、シナリオが良いと見られてからは順調だった。上映館を探すのも難しかったが、今は青少年観覧不可なのに両親が娘を連れて観覧したりもする。もちろん非難も受ける。製作スタッフと俳優が在日韓国人と言われることもある。しかし、安倍総理が日本を愛するように私もやはりわが国を愛する。過去を反省するのは私が愛国するやり方だ。ク・カイン記者

※罪日資本で作成の犯日プロパガンダであろう!「過去を反省」は、検証の職責不履行「過去を反省」と称しての「捏造の自由」し放題は、現実界なら給料泥棒詐欺罪。

 「現実や事実を完全無視で物語思考」する日本の「言葉と文字界」は、中国歴代王朝滅亡起因宦官」と、全く同じ!
 真実詳細は、「終戦のエンペラー」参照小国日本適者生存の術は共栄圏神道敬天愛人と孫文が一致大アジア主義 


丸暗記脳のみで思索脳皆無半端者スパイ自白する朝日新聞

2013年8月13日 asahi.com 社説:靖国参拝―政教分離を忘れるな

 政治は宗教と切り離されなければならない。それは現代民主主義の鉄則の一つである。

 日本の場合、その教訓は、先の大戦と破滅に至る道のりにあった。軍国主義と神道が密着した苦い経験をふまえ、平和国家の原則としてきた。

 その歴史に思いをはせるべき終戦記念日に、稲田行革相ら閣僚や自民党幹部が、靖国神社に参拝する意向を示している。

 安倍首相は閣僚の参拝を制限しない方針という。今春に麻生副総理ら4閣僚が参拝したときも「英霊に尊崇の念を表するのは当たり前」と述べた。

 政治家による15日の参拝が中国や韓国から批判を呼ぶかどうかという問題以前に、私たち自身の戦後の原則を忘れてはならない。

 首相や閣僚らの靖国参拝は、憲法の政教分離原則に照らして許されない疑いが強い。

 小泉元首相の靖国参拝を違憲と訴えた訴訟で最高裁は06年、原告の請求を退けた。これは訴えの利益を認めず、憲法判断を避けたにすぎない。地裁、高裁では違憲の指摘があった。

 憲法は、信教の自由を保障する一方、宗教団体が国から特権を受けることや、国やその機関による宗教的活動、宗教組織への公金支出を禁じている。

 それが明記されたのは、戦前・戦中、神道が軍国主義の精神的支柱となり、国のための死を正当化してきたからだ。

 とりわけ靖国神社は国家神道の中心的施設だった。戦後は一宗教法人になったが、国のために命を落とした人を神としてまつる宗教施設であることに変わりはない。

 国家の要職にある人々が参拝すれば、靖国神社を特別扱いしている印象は免れない。まして大々的に集団で赴くような行為は、政治パフォーマンスといわれても仕方あるまい。

 自民党は憲法改正草案で、政教分離に例外をつくろうとしている。「社会的儀礼または習俗的行為の範囲を超えないものについては、この限りでない」とし、原則を緩めたい意向だ。

 宗教を儀礼や習俗といったあいまいな定義にすり替えて、どんな道をめざすというのか。

 もちろん、戦争で亡くなった多くの犠牲者を追悼したいという感情そのものは、遺族や大方の人々の自然な気持ちだろう。

 だからこそ、特定の宗教色がなく、誰でもわだかまりなく穏やかに追悼できる場を新設することが論議されてきた。

 長く積み残されてきたこの課題に取り組むことこそ、いまの政治家の責務ではないか。
戦後の原則(条約破りでかつ内政干渉の難癖)」は朝日新聞と中曽根首相と凶産中国癌国がつくったもので、それ以前は、何ら問題なし。この「戦後の原則」で、昭和天皇は靖国参拝を断念せざるを得なかった。

 「神道=宗教」は、思索脳皆無自白

 神道母は、地震津波風水火山等の創造主災害で、全生命体造物主が神。宗教は、全生命体の一部生命体人間で、人間が神。神道(造物主崇拝)は有史以前(7万年前)からで、宗教はたかだか2013年、次元も、歴史も、全く異なる!詳細は(1神道は人間人造の宗教に非ず神社母は地震津波風水火山創造主災害

 「やすらけき世を祈りしもいまだならず くやしくもあるか きざしみゆれど」は、万感の思いをしぼりだした昭和天皇、最後の御製である。「くやしく」は、表音丸暗記(思索脳皆無)の半端者には、永遠の謎であろう!

戦後68年間も歴史家不在の日本国民が総じて歴史家に成らねば国滅ぶ!

 戦後の復興に血と汗と涙で懸命な国民が託した歴史家は、68年間も不在だった!居たのは、職責不履行の税金泥棒、拝金主義の騙り屋、日和見の我欲幇間!輩は半端脳(丸暗記脳のみで思索脳皆無。現実生活の尺度が皆無)のみなので、一人前への覚醒自浄は、不可能!「半端脳の本場」、凶産中国や南北朝鮮や罪日が現物見本で、戦後68年間もの無検証が何よりの証拠である!

 このままでは国が滅ぶ!覚醒した我々国民一人一人が歴史家と成り、歴史家という職責を托せる子孫を育成しなければならない!

 政治家は、「歴史に任せる(腰抜け無知政治家の常套句)」と大そうな者に祀り上げるが、歴史家とは、そんな大それた者ではない。

 虚実混交の資料から、現実界の一般常識(歴史は現実界の出来事)を羅針盤に、真実のみを拾い出し、事実の年表を積み重ね、現実界の一般常識(現実生活の尺度)で、どう読み解くかが歴史家なのだ。歴史家に成れるかどうかは、現実界の一般常識が有るか否かで、知識(丸暗記)の有無ではない。これまではネットがなかったので知識は、丸暗記脳集団(東大や京大等の大学)の独占学問となっていた。がしかし現在は、最新の知識を、汗と涙と手弁当で日本ネチズンが開示し、刻々と更新している。現在はワンクリックで最新の知識を入手できるので、「更新皆無の丸暗記知識(東大や京大等の大学卒学歴)」など不要!

 つまり、半端脳の仮想現実界(「言葉と文字」が生活の糧)住人は不可能だが、現実生活に生きている(現実生活の尺度が有る)人であれば、「なぜ?どうして?」と考えることで、たちどころに全てが、歴史家に成れるのだ!

 一億総歴史家(考える人)と成り、真の歴史家を育成し、子孫に遺そう!

「言葉と文字界」の丸暗記脳半端者(思索脳皆無が束になって昭和天皇と日本を貶めた年表

昭和39(1964~72)年佐藤栄作首相終戦時44歳。

1965(昭和40)年韓国朴正熙日韓基本条約締結。凶産中ソの緩衝国が韓国なので、弱体化は凶産南下となる。結果、「おもてなし条約」となった。竹島は紛争処理事項として棚上げされた。

昭和40(1965)年日本韓国へODA1998年度まで有償資金協力6,455.27億円、無償資金協力47.24億円、技術協力実績239.94億円もの経済援助開始。愚民化捏造政策なので、非公開、韓国国民は一切知らない。 

1965(昭和40)年中国チベット占領文化大革命で同胞大虐殺開始。大虐殺開始以後中国国民の目をそらせるために、朝日新聞を占領し、歴史を捏造し本格的に日本叩きを開始した。

昭和40(1965)年10月19日昭和天皇参拝

昭和41(1966)年『南京作戦の真相』(東京情報社)五島広作(毎日新聞記者)と下野一霍の共著。南京事件の存在自体を疑う否定論としては最も早く出版された。

昭和42(1967)年4月朝日新聞広岡知男社長文革礼賛記事掲載。ソ連の手先尾崎秀実の流れを汲む狂惨分子一派が画策し日本のマスコミでは朝日新聞の特派員だけが、いち早く中国内での取材公認。以後朝日新聞は思想戦工作員の巣となる。仮想界真空時代の始まり

昭和42(1967)年『近代戦史の謎』(人物往来社)洞富雄著「南京大虐殺」肯定論。金儲け目的の捏造本。

昭和42年(1967~79)私利私欲赤化教授大内兵衛の弟子美濃部亮吉が、大内の説得で東京都知事。良いとこ取り摘み食い半端者政治で、財政がガタガタになった。戦後教授半端者の出来損ないを、実証

昭和43(1968)坂の上の雲(1968~72サンケイ夕刊)で明治を描き、二人しか居ない息子も戦死の、象と蟻戦争に勝利した乃木を、愚将と罵倒した司馬遼太郎実戦皆無終戦時22歳

昭和43(1968)年6月小笠原諸島返還。

昭和44(1969)年10月20日昭和天皇参拝

昭和45(1970)年10月21日朝日新聞広岡知男社長中国政府の意向に沿った記事を書くことを公言。(犯日作戦開始)
昭和46(1971)年6月17日沖縄返還協定調印
昭和46(1971)年日中国交樹立直前の1971年(昭和46年)8月末より朝日新聞紙上に掲載された本多勝一記者の『中国の旅』。中国側の、言うがまま、無検証報道。朝日新聞南京虐殺犯日キャンペーン展開。(日中国交樹立の主導権を握るため、朝日新聞と凶産党犯日作戦プロパガンダ開始)2につづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/468-2b567242

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。