QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観亡国党支持団体大局盲の井蛙よ!土台日本を破壊し何と連合?覚醒せよ!

QLOOKアクセス解析

QLOOKアクセス解析


1亡国党支持団体大局盲の井蛙よ!土台日本を破壊し何と連合?覚醒せよ!

 

戦前戦中の団結分業唯心を、上は悪、下は被害者で善と、善悪差別で分断し、唯物化した戦勝国。

 「アジア征服世界征服が目的の戦争好き軍人が、戦勝国連合に侵略されると国民をだまして無辜の国民を徴集し、玉砕に追い込んだ。無辜の国民は、加害者極悪軍人に殺された被害者である。原爆や空爆は戦争を早く終わらすための止むを得ない手段で、犠牲責任は、降伏を未練たらたらで引き伸ばした国民への加害者極悪軍人である。国民はだまされた被害者なので、一切責任は無い。戦勝国連合はこの加害者極悪軍人を倒し、被害者の国民を極悪軍人の魔の手から救った、正義の解放者。国民への加害、パールハーバー奇襲攻撃の極悪軍人に戦争責任全て有りで、奇襲に応戦解放戦争の戦勝国ではない」と、戦勝国は真逆に捏造し洗脳した。WGIPである。こうして先人非難が正義となり、史学ではなく、善悪史観勧善懲悪物語となっていった。

「笑いと忘却の書」ミラン・クンデラ著(チェコ)

 「一国の人々を抹殺するための最後の段階は、其の記憶を失わせることである。さらに其の歴史を消し去った上で、まったく新しい歴史を捏造し発明して押し付ければ、間もなくその国民は、国の現状についても、その過去についても、忘れ始めることになるだろう」。

 WGIPで真実の大東亜戦争を消し去り、捏造発明の、太平洋戦争を押し付けた。NHKやマスコミの太平洋戦争呼称のみが証拠。半端者売国奴が占領軍に迎合し、思想戦の中国凶産、韓国、北朝鮮、罪日が、“ゆすり・たかり”目的で便乗、68年間の謀略で、日の丸は一色となった。

日本の団結は唯心団結(公)共産で、唯物団結(私欲)凶産ではない!

 戦後復職赤化成金教授が、分業団結唯心上下(服従だが家族をも庇護の終身雇用究極の共産主義)を、凶産唯物用語、搾取搾取と言い換えた。この二極唯物凶産洗脳で、戦後の言葉と文字界文系は、全て赤く染まった。東大文系がその巣となり、パブロフ犬の極み、東大大学院教授加藤陽子等や、追随する罪日スパイ、癌惨巡(姜尚中)等が現代の首魁となった。

1912年8月「友愛会」。クリスチャン鈴木文治を会長に結成された日本最初の労働団体。相愛扶助・識見開発・徳性涵養・技術進歩・地位改善などを掲げ、労使協調(唯心)を指導精神にした団体。初めはキリスト教的人道主義に基づく修養的な組織であったが、上意下達唯物の凶産が入り込み、19年大日本労働総同盟友愛会(労働と同盟の凶産語が入り労使協調から対立に変化)、21年日本労働総同盟(友愛会を削除し労使対立と正体を現し、闘争的となった。分業共産下意上達唯心集合体日本の、健全団体(上下協調・労使協調・終身雇用)であったが、凶産(上意下達)が入り込み、唯物下善上悪にすり替えられ、現在の労組に至る。現代の労組(連合)は下善上悪(凶産)に走り、土台の勤務先(日本や会社)を破壊しかねない団体である(民主党が証拠)。唯物凶産(下善上悪)を排除し、分業の原点、労使協調の唯心「友愛会」共産回帰せよ!

1922年 堺利彦(記者)・山川均(キリスト教)・徳田久一(弁護士)らが日本凶産党創立。皆、言葉と文字の仮想界住人である。

1946年1月4日パージ(公職追放)。戦後のGHQ覚書を契機として行われた戦争責任者や戦争協力者の、公職からの罷免および排除。戦前の良識者は追放され、戦前追放された空論赤化教授(不良識者)南原茂、滝川幸辰、矢内原忠雄、都留重人、大内兵衛ら東大京大等各大学に復職した。輩は占領軍を解放軍と呼んで迎合、戦前悪、軍人悪の下善上悪(凶産)でWGIP洗脳に励んだ。ソ連に亡命(1931年)し、凶産中国の手先となって日本亡国活動の野坂参三凱旋帰国。後に凶産党議長を1997年まで40年間独裁の宮元顕治(東大経済卒)らも出獄し、世に放たれた。

1947年1月4日の勅令で公職追放の範囲はさらに広がり、地方政界、財界、言論界に拡大された。

1948年5月までに追放者は20万人を越えた。

1950年レッドパージ(赤狩り。共産党員やその同調者を公職又は民間企業から追放した)。1950年朝鮮戦争勃発の時期に、GHQの指示により、公務員労働者ジャーナリストなど一万数千名がその地位から追放された。しかし、期間が短く、大学が赤化教授に占領されており、影響はほとんどなかった。

1951年11月までに17万5千余名が追放から解除。

1952年4月28日に日本独立。サンフランシスコ講和条約の発効(追放令の廃止)で全員解放。

WGIPに真っ先に飛びつき先人を貶めた、戦後復職東大赤化教授とマスコミが、真空時代の元凶。検証力皆無丸暗記能力のみで、凶産を語れない半端者が、言葉と文字界に68年間も君臨した。

 屠殺せず肉食えると考える実技無き亡国奴復職教授らは、戦前戦中(祖国存亡の危機時)も戦後も、下善上善労使協調の分業を、下善上悪と差別化し言い換え、凶産を共産と、邪会を社会と、捏造カルト教を共産主義社会主義と教えた。先人が人類史上最初に凶産と喝破したWW2元凶凶産党を、邪会党を野放にし、復興した日本を真空にし、存亡の危機に追い込んだ元凶は、東大を筆頭とする文系赤化凶授だ!

 被害者赤紙で徴集玉砕死の国民(下善)、加害者極悪軍人(上悪)WGIPに、真っ先に便乗したのが戦中に非国民で追放され戦後復職のほんの一つまみのお坊ちゃま空論教授や出版社(岩波書店等)の、亡国奴である。占領軍を解放軍と呼んで迎合、戦前悪軍人悪の善悪謀略史観で、自衛を侵略、軍民一丸を国民をだました軍隊下善上悪と、職責放棄税金泥棒亡国業の、WGIP洗脳に励んだ。戦中の追放罪、非国民を払拭出来、得意の凶産カルトで国民を折伏も出来る、まさに一石二鳥で好都合であった。

 日本最高学府東大とマスコミの洗脳である、学生(白紙の吸い取り紙)や実技無き机上界(上司パージで突然の特進は、白紙の吸い取り紙)は瞬く間に洗脳された。復職教授の洗脳目的は、私欲(戦前の汚名挽回)のためのみである。岩波書店岩波重雄は、出版人として初めて、終戦翌年の1946年、文化勲章を受けた。輩は独立後も続けたので、正真正銘の犯罪者である。

 吉田茂は曲学阿世の輩と非難したが、正体は、亡国奴凶産スパイの可能性が高い。時は東西冷戦、万が一日本が凶産化しても自分だけは生き延びられる、国を売って二束の草鞋を履いた

 スパイ無きまともな仮想界であったなら、7年後の日本独立には、真実史観がはぐくまれ、蜂起戦争と総括出来、現代のような無残な日本にはならなかった。この一つまみの私利私欲赤化凶授らが現代日本転落の元凶である。戦中戦後をも総括出来得ず、日本独立後も自己保身のみに68年間も終始し、検証能力があったなら、蜂起戦争と総括は出来たマスコミも同罪だ。戦中の戦意高揚報道は、戦時下では万国共通の常識、非難するは、思考回路欠損者である。

 

職場改善組織(友愛の会)に凶産が入り込み国家転覆凶産カルト組織に変化した

 天皇は君臨すれど統治せずで、統治は下意上達の民意国家。明治以降の天皇を中心に団結しての戦争は、先に殺さなければ殺される戦国時代だったからで、資源無き小国日本には、先手以外に必勝の術がなかったからである。復職赤化教授やNHKや田原や石原都知事等は、戦前戦中を天皇統治の王制独裁と捏造、時代劇は下善(被搾取農民)上悪(搾取武士)ワンパターンなので、農民は虐待されたと洗脳された。転用され、下善(被搾取は社員)上悪(搾取は会社)赤化思想が蔓延した。

 戦後、下善上悪の凶産カルトが蔓延し、虐げられた農民と定説化したが、護り(武士)と食料(農民)はいつの御世でも不変な国の要である。世界に冠たる徳川260年の文化は、この根幹を士農工商で尊守したからに他ならない。タコが手足を食うが如き農民虐待なら、江戸時代などなかった。農業は決まった季節の中で完了しなければ成立しない団体作業。卑弥呼の御世より、和(団結)をもって尊しとし、成してきた。徳川の隆盛はこの和(名主が統轄。始めは世襲だが、後に選挙、推薦となり、代官が任命した)を、尊守し、分業の責任を厳守したから続いたと言える。農民の浮沈は現代同様天候で左右されたもので、権力が左右したものではない。それを食料生産者虐待破壊などと、考えれば解ることだ。なぜどうしての思考回路無き先人愚弄石原元都知事は、江戸文化を自慢するだけで終わっている、まさに半端者だ(MXTV石平との対談)。文化は、自由に好きな仕事に就くことが出来、天業に打ち込める時代に百花繚乱する。徳川は、まさにその時代であった。

 現代でも、上意下達の命令では無く、両者の「阿吽の呼吸」「和」がなければ、成り立たない。監督(会社)と選手(社員)にはそれぞれ異なった務め(分業)があり、分業をこなす事により優勝(生産)する。和(団結)の尊守腐心は、昔も今も同じである。がしかし、戦後の復職赤化教授やNHKに「下善上悪」と洗脳された社員は、「阿吽の呼吸」「和」では無く、上悪(国や会社が搾取)への対立組織、下善(被搾取の社員や国民)労組や日教組等となった。

 凶産カルトは会社を破壊し混乱に乗じて国を乗っ取り、凶産教の階級で桎梏、牛耳るのが手口である。凶産は捏造と人民拘束軍(暴力装置)で支配する(中国・北朝鮮・ミヤンマー等)自由絶無のカルト教独裁で、命令違反は死刑か投獄の上意下達階級カルト国家。

 戦後の職場改善組織(和)は、赤化スパイの巣窟労組や日教組となり、工作員偽員製造組織に変貌、偽員を送りこみ、偽員は「和組織」の分母(会社や国)を破壊し、一党独裁の凶産カルト国家を画策している。労組や日教組等の組合員は会社や国(分母)を滅ぼしたいのか?分母が消えれば組合員は全員失職、議員の行動はタコが手足を食う自滅の振る舞いなのだ。日本伝統の和(職場改善分業者組織)に、下善(社員被搾取)上悪(会社搾取)と対立工作する、会社破壊目的の凶産カルトが、入り込んで労組となり、組合員を洗脳しているのだ。支持者は復職赤化教授に洗脳された被害者なので、職場と国家を混同し、会社の改善を国家の転覆にすり変えられていることに、気付けないのだ。分業の原点、「友愛会」1912年に帰れ!

 現実界産業革命製造業ゆえの分業(会社と社員)を、理解不能のマルクス(言葉と文字の仮想界)が、分業(監督と選手)を、搾取(監督)対被搾取(選手)に言い換えた。レーニンが、独裁(搾取・王、地主、堕落宗教等)からの人民(被搾取)救済共産革命に転用。スターリン毛沢東金日正らがつまみ食いし悪用、独裁(搾取)に戻し、再び人民(被搾取)を支配、支配者(教祖)と被支配者(信者)の凶産カルト教にした。血と汗と涙の下意上達で共産の集合体に進化した日本が、人間が神の上意下達凶産カルト教?いにしえより八百万(天道)が神で、人間は神に非ずの日本(1神道は人間人造の宗教に非ず神社母は地震津波風水火山創造主災害)、龍馬が怒鳴るよ!

 民主主義(下意上達)は共産(分業)の集合国家、職場改善組織(和)に意見が通らず嫌であれば、転職すれば良い。スポーツの監督と選手と同じで、ダメ監督(会社)は自然淘汰され残れない。

 会社が消えれば社員も失職で餓死、東大文系や労組やNHKや日教組や公務員朝日毎日読売文藝春秋岩波書店等が支持の凶産民主社民は、転職など皆無のカルト教(命令違反者は投獄か死刑)、そんな国家が目標か、それともスパイか。職場と国家の混同は国を滅ぼす。労組等が支持の凶産民主社民等々は、赤化党で国家転覆が目的。労組の政治介入は職場改善団体から逸脱した凶産の証しである。下意上達で共産の集合体に進化した日本からの完全な逸脱で、反乱である。職場改善団体なら分限(下意上達の民主主義)を超えるな。私欲近眼は亡国、俯瞰すれば見える。目を覚まし、スパイを国外追放せよ!2につづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/445-8357a1f4

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。