QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観慰安婦等の議会決議や記念碑は捏造犯日洗脳教育の仕上げ既成事実化目的

3慰安婦等の議会決議記念碑は捏造犯日洗脳教育の仕上げ既成事実化目的

 色と金の罠(ハニーマネートラップ)で、各国議員を腑抜けにしての慰安婦等の議会決議や記念碑(米国・日本・中国・ロシア)設置は、捏造洗脳教育の仕上げ(既成事実化)が目的!

 凶産中国の南京等の捏造記念館は、自国民の人心懐柔が目的。日本を残酷な敵国と真逆に捏造することで、凶産中国に肉親を大虐殺された憎悪の矛先を日本に反らし、凶産中国の、同族大虐殺を隠蔽した。偽造が、凶産の党是である。無法謀略捏造が宗旨のカルト教ギャング団が、凶産の正体

 

凶産支那朝鮮白人黄禍論日本拝金族4族が慰安婦難癖の元凶 

捏造慰安婦は難癖思想戦の条約破り

 東(米国)西(英仏蘭)と北(露西亜後のソ連)から白人は攻め入った。最後にたった一つ残った有色人国家が日本であった。

 DTAW(大東亜戦争)は黄禍論白人連合とその傀儡(蒋介石と毛沢東)中国人対人種平等論有色人日本連合(汪兆銘南京中国政府、満州、台湾、南洋、朝鮮)との戦いであった。人種平等日本連合は敗れたが覚醒した有色人同胞は真の侵略者をアジアから追放し、世界の虐げられた同胞も追随し独立、1960年植民地独立付与宣言(かっての戦勝国も大英断で反対はゼロ。支那は5千万人以上、朝鮮は6百万人以上の同族大虐殺中で不参加)をなし、人種平等、互恵、自由貿易の現代世界となった。

 日本は強制兵役、徴兵で、234万2341人が戦死(朝鮮人戦死者は皆志願兵で、南北で2万2182人)。さらに米軍に無辜の市民80万人が、原爆空爆で虐殺された。沖縄戦で勝敗は決していた。原爆空爆は「慰安婦をはるかに超えた」ホロコーストである。それを何故日本人は言わない?SF平和条約を締結したから、そして矜持があるからである。

 平常時(法治下)の現代「沖縄で米軍暴行事件があった。だから米軍は全軍暴行軍」とはだれも言わないだろう。ところが、同士討ちもある無法戦時下の一事件を針小棒大にして、日本軍が強制連行し性奴隷にしたと思想戦を仕掛けているのが支那族や朝鮮族や黄禍論白人残滓である。条約締結後の条約破りは支那族朝鮮族のみで、人類における異常民族である。異常で危険な民族なので、自衛のために分別すると、「差別」と「泣き売」し、すぐ騒ぐのが特徴である。

 教授や弁護士や日本人の仮面をかぶった支那族や朝鮮族や黄禍論白人残滓のスパイどもが、人権を冠し蒸し返し、条約破りをしているのが、「捏造慰安婦難癖思想戦」である。

 

黄禍(おうか・こうか)(Yellow Peril)」

ドイツ皇帝 ウィルヘルム二世

 「世界に、人類の運命を決する大きな危機が近づいている。その第一回の戦争は、我ら白色人種のロシア人と有色人種日本人との間で戦われた。白色人種は不幸にして破れ、日本人は白人を憎んでいる。白人が悪魔を憎むように憎んでいる。しかし、我等にとって日本そのものが危険な訳ではない。統一されたアジアのリーダーに日本がなることが危険なのである。日本による中国の統一、それが世界に脅威を与える最も不吉なことである」

イタリア ムッソリーニ

 「日本に加え、眠れる獅子と称されたアジアの大国中国が、日本化されて協力したらどうなるか。日本が眠れる隣人を目覚めさせ、手を携えたとき、だれがこの2国が世界のヘゲモニー(主導権)を取らないと言い切れるか」 

凶産ソ連トロッキー

 1927年にスターリンに追われて米国に亡命したトロッキーは、米国人に「なぜ、共産主義を忌避しソ連を警戒するのか。共通の敵は日本の黄禍ではないか。強硬なクルミの殻に籠もる日本であっても、白色人種として米ソが協力できるなら、米ソがクルミ割りの両テコのように容易に割ることができる」と発言し、米国扇動。Richard A.Russell,Project Hula:Secret Soviet-American Cooperation in the War Against Japan(Washington,D.C.US Naval Historic Center,1997),p.3.

 「黄禍論」とは、日露戦争(白人対有色人)日本勝利以後の上記言論が起因の、有色人(日本人)脅威論である。

 日中戦争は、日本の反共(対凶産ソ連と毛沢東)戦に西安事件以後欧米列強が蒋介石を担いで起こした日中離間戦争で、DTAW(大東亜戦争)は、白人黄禍論者(凶産ソ連と欧米列強)の、日本(有色人)潰しの戦争である。

 戦後の米軍駐留は、凶産ソ中からの日本防御もあるが、日本がソ連または中国との合作防止の意味合いもあるのだ。

 黄禍論無知の田中角栄は戦勝国を無視し、かってに凶産中国と手を組んだため、日中合作を恐れる白人残滓黄禍論者に、ロッキード事件で制裁された。

 1992(平成4)年マハティール首相の演説で、再び黄禍論の恐怖がよみがえった白人残滓黄禍論者は、犯日のみが取り得の作家大江に、ノーベル賞を授与し、おりからの凶産中国犯日マイク・ホンダやアイリス・チャンに便乗、日中離間作戦に加担した。

 日本と国交回復後、途端の中韓隆盛は、予言「日本そのものが危険な訳ではない。統一されたアジアのリーダーに日本がなることが危険なのである」と合致し、黄禍論の恐怖の実証となり、白人残滓黄禍論者を更に刺激し拍車をかけた。WW2戦勝国傀儡の国連も、クワラスマミ・マクドゥーガル両報告書をでっち上げ(資料としたのは犯日資料のみ)て協力、日本叩きに躍起となった。でっち上げ両報告書は勧告したが、国連は巧みに責任を回避し「勧告決議」には至らなかった。がしかし、「国連も決議」したかのように装い扇動した。その結果が2007年米比豪韓蘭加EU台の決議となった(2008年以降追随決議国は皆無)。

 日本の地方議会決議は、韓国VANK(犯日スパイ組織2009.1創立)のハニーマネー工作で、2009年から盛んに成ったが、覚醒者が多数となり2010年、急に鎮火した。とんでもない売国奴どもである! 参照クマラスワミもマクドゥーガルも勧告したがこく連は勧告決議に非ず

 2010年10月23日第一捏造慰安婦碑設置からは、米国地方議会が朝鮮族のターゲットとなり、国際的いやがらせ(International Harassment)工作が盛んとなった。

 つまり、始めは白人残滓黄禍論者と凶産華人が主体であったが、追随した朝鮮族のハニーマネー工作が、今は主体と言うことである。

 2013年6月1日朝日新聞「国連の拷問禁止委員会は「慰安婦の強制連行があったのは歴史的に明白だ」とし、教育の徹底が必要だと指摘した」。

 日本叩き元凶犯日資料が底本のクワラスワミ・マクドゥーガル両報告書を丸暗記し、さらに証拠も提示せず性奴隷とエスカレートして繰り返す国連は、支那人朝鮮人得意のハニーマネートラップの餌食となった「操り人形」とみていいだろう。完全に形骸化した現在の国連は、凶産ソ連の手先と化した国際連盟を、日本が脱退した当時と同じ様相を呈している。

 1929年、「世界征服を企む日本」が内容の日本叩きの偽造文書田中上奏文(メモランダム)を、凶産中国が世界に流布した。4年後の1933年日本孤立化を凶産に謀られ、国際連盟を日本が脱退。3年後の1936年の西安事件直後、欧米とソ連は黄禍論で合作。1年後の1937年中国凶産姦計の弾丸が日本軍に射ち込まれ、日中戦争となり、4年後にDTAW(大東亜戦争)となった。凶産捏造の田中上奏文が起因である。

 NHKや朝日(2013年6月1日)等のマスコミが、「国連の拷問禁止委員会は」と報道するため、国民は国連が決議と「錯覚」する。日本のマスコミや犯日スパイはそうした事情を知っていながら、さも権威ありげに利用するが、国連の○○委員会とは国連の下部組織で、勧告等の決議は、国連の決議ではない。上記両報告書の勧告も国連の決議ではない。 

 がしかし、用心するに越したことは無い!捏造朝鮮族や凶産支那族の捏造犯日運動の兆候なので、もぐら叩きを開始し、子孫は、田中上奏文の轍を二度と踏んではならない

 

 支那人や朝鮮人はおしなべて唯我独尊で、協調性に著しく欠けた民族(互恵対等平等は皆無で、上下のみが尺度)なので、民族の坩堝米国でも、日本同様に自衛目的の分別は当然と推察される。さらにネット上で、朝鮮族の嘘が次々と暴露され、もう居場所に事欠く有様なのではないか?米国でも日本同様に部落形成が証拠である。碑や決議は、その部落のみである。

 在米朝鮮族の日本叩きは、李朝差別、白丁出自、同胞大虐殺、捏造犯日教育の暴露、朝鮮人売春婦の大量検挙、米国を核脅迫の北朝鮮と同族等々の非難からの矛先反らしが目的。「米国朝鮮族はかわいそうな人」と、同情を得んがためである。日本での差別だ犠牲者だ等の「泣き売」と同じ。

 

白人と有色人との互恵(先人の遺志)が日本人子孫の役目

5年前の2008年に真実史観は平和史観NHKや朝日毎日の善悪史観は復讐増幅戦争史観で述べたが、職責者未だもって不勉強なので、再度記載。

 現代は戦勝国の捏造が次々とネット上で暴露され、真実はほぼ出揃っている。白人残滓黄禍論者のリベンジの恐怖(加害者の猜疑心)は、更に倍加したのだ。

 捏造者(白人残滓黄禍論者と捏造の支那族朝鮮族と国内の獅子身中の虫スパイ)たちは、WGIP洗脳からの日本人の「覚醒」を、「右傾化」と称し極端に畏怖し、大騒ぎする!国連を巻き込んでの慰安婦が切っ掛けの、がむしゃらで幼稚な日本叩きは、それが理由である。

 白人残滓黄禍論者の本心は「中朝韓と日本の離間策」で、リベンジの恐怖を払拭出来る最も望ましい姿は「白人と日本人の互恵」なのだ。

 これを踏まえて日本の職責者は、白人残滓黄禍論者の恐怖払拭を、至急果さなければ成らない。善悪正邪ではなく、事実か否かに基づこうと。それが真の同盟と、平和への唯一の道である。

 当時日本先人は、ソ中凶産主義と戦っており、その最中に兵糧攻めされて、植民地主義とのDTAW(大東亜戦争)となった。

 当時の先人は、日中(反共)戦争のさ中で、疲弊の極みであった。DTAWの勝敗は元より念頭に無く、戦争目的完遂のみの唯心で、子孫のために戦ったにすぎない(「十二月八日」高村光太郎参照)。

 もしも先人が、凶産支那人や捏造朝鮮人と同様の勝敗を目的とした唯物なら、絶対に戦わなかった。唯心であるが故にの、戦いであった。これは、唯物にとって生涯の謎だろうが、唯心子孫衆目の、一致するところであろう。人口が倍増(1941年人口7221万人)し、自給自足の鎖国時代(人口3230万人)には、断じて戻れなかったのだ!

 日本は敗戦となったが、日本の戦争目的を継承した同胞各国と戦勝国の英断(1960年植民地独立付与宣言)で、日本の戦争目的(人種平等・互恵・ブロック経済の破壊)は完遂出来た。

 戦争目的「互恵」、これは、戦った先人の遺志でもあり、ガリオア・エロア資金等で助けてもくれた。これ以上望んだら先人に叱られるリベンジなど毛頭無い!がしかし先人が戦った凶産主義撲滅は未だに残り、孫文汪兆銘等同胞先人の遺志は未完遂である。共に人類の敵カルト凶産を撲滅し、支那人を救出しよう。そして同時に、人類の英知(復讐の連鎖切断の条約や法)を破壊し、先人が血と汗と涙とで築いた「人種平等・互恵・自由貿易」をも破壊する人類の敵捏造難癖ギャング団も一掃しようと、伝えればよい。

 白人と有色人との互恵(先人の遺志)が、日本人子孫の役目である。

 政治家や外務省等の職責者は、白人残滓黄禍論者を踏まえての発言や行動が要求されるが、一般国民は、先人を思う子孫の、ありのままの姿で挑めばよい。

 

元NHK手嶋龍一がスパイ自白

 元NHK手嶋龍一が、「河野談話を今捨て去れば対日包囲網が出来上がってしまう」とビートたけしのTVタックル(2013年5月27日)で恫喝したが、以上検証したように白人残滓黄禍論者は日本孤立化の離間策なので、河野談話廃棄で中朝韓と益々乖離はむしろ大歓迎で、手嶋恫喝とは真逆。

 河野談話廃棄無き現在においても、中朝韓のみが犯日教育や犯日ドラマですでに、「対日包囲網」は完成済みである。河野談話を廃棄すれば白人残滓黄禍論者は大歓迎で、犯日教育国家中朝韓のみが、「対日包囲網」のままで反発するだけである。元NHK手嶋龍一は、支那人や朝鮮人のスパイと、「天下に」自白したのである。

 WGIP洗脳の眠りは深く戦後68年経た日本でさえも、未だにこの有様!「対日包囲網」の中朝韓は唯心日本とは真逆の唯物民族で、かつ、捏造犯日教育や犯日ドラマで自国民洗脳国家である。向こう100年以上正常化は望めないは、常識。白人残滓黄禍論者大歓迎の、「河野談話廃棄」を選択し、「(近隣諸国侵略恫喝)(人質脅迫核恫喝)(対日捏造難癖工作)ギャング団環包囲網(日台米豪比インドネシア、ベトナム、インド、チベット、新疆、内モンゴル、ロシア等)を構築するのが、賢者の策

 

 下記は当時を生きた証言で、生きている。 

至言日本主婦連合会会長 東瀬 幸枝全面的に橋下徹氏の発言を支持

2013.5.17聴き取り纏め記述責任者なでしこ維新の会事務局長藤丸

 先ほど日本主婦連合会の東瀬幸枝会長は、戦時体験ある女性として、全面的に橋下徹氏の発言を支持すると表明した。以下/

 「戦後進駐軍が今里新地に徘徊していた頃、私たち大阪の主婦は命がけで働いていた。しかし怠惰な各国人女性達は米兵と夜な夜な遊び狂い、せしめた物品を高額な金額で売りさばき遊興していた。戦時中も戦後も、生きるために、お金を得る方法はいろいろでした…表向きの理由は別にしても…戦時中も戦後も、各国、米国も日本国も、すべてが異常な状況にありました。それが戦争です

 だから事実を直視して、各国女性も米国も、真摯な反省で、戦争回避の道をさがす事が大切なのではないでしょうか?

 日本維新の会の橋下徹さんの一連の発言や会見内容は、何の問題も、何の嘘も、間違いもありません。はっきり申し上げて、もっと言いたい事はいくらでもあります。

 一部の異常な女性団体の発言やデモ不勉強極りない失礼な行動です。どうぞ、国民の皆様は、戦争体験者の実体験からくる真実を知って下さい。そして、橋下徹さんの…国民を守る為の発言、戦争を防ぐ為の発言、不運に巻き込まれた女性の名誉の為の発言、現在も必要な軍隊の維持方法の為の現実的な提案発言、女性達が今後に不幸に巻き込まれる事の無いように~との思いやり発言、頑張る橋下徹さんの真実を、しっかり学んで下さい。

 戦時中も戦後も、女性でも、生きる為の糧を得る方法はいろいろでした…私たちは必死で真面目に働き抜いてきたのです!民主党共産党社会党の女性議員は、もっと勉強して下さい」。

2013.05.17 17時50分

日本主婦連合会

会長 東瀬 幸枝

 

2013/5/30日刊ゲンダイ

 ――「橋下市長に限らず、保守派の論調の多くは、『スマラン事件は一部の軍人が勝手にやったこと。国や軍が命令した証拠はない』というものです。例えて言うなら、沖縄の米兵が日本人女性をレイプしたが、米国政府は関係ないと言っているのと同じです。しかし、仮に米政府が『一部の兵士の犯罪だ』と開き直ったら、どうなるか考えるべきです」(外交ジャーナリスト)――

伝聞風の逃げた文章を書いているが、軍命に非ずは常識なので、聞く馬鹿などいないが、「一部の兵士の犯罪だ」と言わなければ軍命となるので、開き直ら無くとも問われれば確実に言うだろう。「米国政府は関係ない」などとは、監督責任上断じて言わないだろう。決して現実に有り得ないことを例えにしての反論は、詭弁そのもの!

 60数年前に断罪済みの事件を蒸し返し、今度は日本軍が命令し強制連行したとでっち上げ、日本を裁こうとする冤罪事件である。橋下正論に反論する日本のマスコミは、整合回路も思索回路も皆無で、小賢しい屁理屈のみをこねまわす異常人ばかりである。

 

モーパッサンの脂肪の塊と登場人物

 「売春婦」を貫いたオランダ女性(矜持を有した唯心)と唯物オランダ女性は、モーパッサンの脂肪の塊(ヒロイン)と登場人物と言える。

スマラン(白馬)事件の実際の被害者は?

 「スマラン事件」とは、インドネシア日本軍占領中の日本軍人の一部が暴走、1944年2月、南方軍管轄の第16軍幹部候補生隊が、オランダ人女性35人を民間人抑留所からスマランにあった慰安所に連行し起こした、監禁・強姦・強制売春事件とされている。2ヶ月未満で事件発覚、日本は即時閉鎖し処罰した。日本軍の不祥事スマラン事件」を日本が即刻閉鎖処罰は、現在難癖中の「日本国是強制連行性奴隷」は冤罪との、確固たる証拠である!

 さらに終戦3年後の1948年、バタビアBC級戦犯裁判で、一人が死刑10人が有罪とされ、既決した。裁判では、慰安婦にされた35人のうち25名が強制だったと認定され、罪名は、強制連行、強制売春(婦女子強制売淫)、強姦である。

 「売春婦」証言は、家族親族世間から差別されるが、「犠牲者」証言なら、世間から同情を得ることが出来る。強制だったとリンチ裁判認定の25名が、はたして全員被害者であったのであろうか?この裁判は戦勝国の一方的裁判(リンチ)なので、慰安婦にされた35人全員が強制だったと認定されてもおかしくないのである。25名中相当数の「ニセ犠牲者」が混在したであろうことは、子供でも推察できる。

 しかし10名は、あろうことか、「ニセ犠牲者」を拒否し、「売春婦」を貫いた。一方的裁判(リンチ)なので、「犠牲者」とだけ、ただひとこと言いさえすれば、世間のあらゆる非難を回避できたのにである・・・。なんと、朝鮮(韓国)のように全員ではないのだ。日本非難慰安婦証言は日本人を含めても数人だが、朝鮮人はダントツである。朝鮮戦争の米軍慰安婦は日本の責任ではない!宗教国オランダと、やりたい放題無宗教国朝鮮(韓国)の、違いであろう。

 先人福沢諭吉127年前の、1885年(明治18)「脱亜論(支那とその属国朝鮮対処論)」は、まさに正論なのである!

 1994年のオランダ政府の報告書では、インドネシア各地の慰安所で働いていた200~300人のオランダ人女性のうち、少なくとも65人は絶対確実に、(most certainly)強制売春の犠牲者だったと判定(小林英夫季刊『戦争責任研究』4号1994年6月)。「犠牲者」が65人に増加しているが、「200~300人のオランダ人女性」は、「ニセ犠牲者」を拒否し、「売春婦」を貫いた。朝鮮(韓国)のように全員ではないのだ。中朝韓罪日は、日本軍一部の断罪済事件を隠蔽し、新に「人権」を冠し日本軍全体の新事実と捏造しての事後(遡及)法で、難癖犯日中である。

 「売春」は、「造物主」が女性に与えた最後の手段の「生命力」である。故に、人類「最古の職業」とよばれる。

 「200~300人のオランダ人女性」は、明日無き死活の中で、「最後の手段」を行使し、「造物主」に従った。彼女達は、「従い」を良しとし、「嘘」をとしたのだ!人間としてなんと輝いていることか!

 戦国時代なのでどこもかしこも悲惨で売春も合法の時代に、弱者にさらに鞭打つ無責任な現地調達などはせず、利用責任で保護管理した人類唯一の国家が日本。人間としてキラメキ、「嘘」をとした「200~300人」のオランダ女性は、「それに応えた」、と思うのは、筆者ばかりであろうか?

 

冤罪は闇雲にひれ伏してばかりでは晴れない!

 「平和に対する罪(侵略者悪、被侵略者善)」という事後法(植民地主義非合法は更に後の1960年)で、戦勝国は解放者に成済まし(当時戦勝国側侵略し尽し、非征服国は日本のみであった)て裁いたのである。

 「ポツダム宣言を受諾し戦犯裁判受諾し戦勝国の世界観に従ったのだから、捏造があっても従え!」と言う愚論をとなえる半端者がいる。この論法なら、竹島や北方領土等返還も、中朝韓捏造も、くつがえすには、戦争しか無いという結論になる。

 がしかし世界は、1960年の「植民地独立付与宣言」以後、侵略は「悪」と反対者ゼロで国連で定められ、1960年以前の「植民地主義合法(侵略者善)」はくつがえった(「平和に対する罪」は1960年以降合法で、以前の東京裁判は明白な事後法)。

 このように、証拠主義に基づき双方歩み寄りでくつがえすことは可能なので、看過せず、侵略極悪日本という冤罪も、証拠主義に基づき堂々と主張し、払拭努力を継続することが何より大事なのである。敗者だからといって冤罪に、闇雲にひれ伏すことではない。

 日中朝韓罪日の数多の証拠なき難癖(証言のみ)や、自称慰安婦“洋公主”の、証拠皆無の妄想証言は、看過が起因。米国での自称慰安婦“洋公主”証言は拡大するばかりである。2013/07/13 「慰安所に行ってみたが、人の住むところではなく、と畜場のようだった。幼い少女らに豚草や飼料を与えて食いつながせ、死の危機も何度も経験させられた」 

 

朝鮮総督府元内務課長西川清(98歳)先人同胞の証言「慰安婦の強制連行はなかった!」

2013/09/15 動画

人類の、嘘八百人種代名詞、朝鮮人を信じるか!

有色人最後の、まさに最後の砦として天道に従い、凶産白人総支配の不条理と戦った、日本先人を信じるか!

如何

いずれもが捏造の戦争工作 

 米比豪韓蘭加EU決議も、日米地方議会決議も、「条約破り」の「戦争決議」である。中朝韓蘭の国連活動や、海外活動での碑や像の設置は、「条約破壊」開戦促進行動で、日本国獅子身中の虫は、戦争工作スパイである。

 

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

 

※2013年5月29日イザブログアクセス100万突破(1,000,737)

ブックマーク(1,164)

お気に入りRSS(4,372)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/438-8e0debc2

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。