QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観靖国参拝が炙りだす敵国と亡国奴捏造犯日教育民族はすべてが押しドア

QLOOKアクセス解析

1靖国参拝が炙りだす敵国と亡国奴捏造犯日教育民族はすべてが押しドア

捏造犯日教育国家や民族自慰史観すべてが押しドアなので引いては開かない!

 犯日教育国家や民族への引き(ODAや友好や譲歩や援助)は、すべて償いと解釈するので、増長するのみである。ミイラとりがミイラになった各種友好協会は、今ではスパイの巣だ!「引き」は敵国化への助力となり危険!

 引いて(ODAや靖国不参拝等の配慮)ダメ(尖閣や沖縄領有宣言等。慰安婦、東海、旭日旗難癖や、竹島占領強化や対馬領有宣言等。靖国参拝や教科書等の内政干渉等)なら?押して(環包囲網)みな!中も引く(癌摘出の自浄勢力)のですぐ開く(健康体)

 

人類たるゆえんの英知(復讐の連鎖切断の条約と法)も知らぬ支那族と朝鮮族人類に非ず

 日本が一つ引けば地位が一段上がったという優劣のみの亜人間思考が、犯日教育国家や民族なので、引き開きドアではなく、押せば必ず開く押しドア。外交は、野良犬調教と同一!

 野良犬調教は、非情に徹し、甘やかし厳禁の是々非々調教以外、無し!半端な情けは、野良犬化退行加速あるのみ!人間界常識(証言ではなく法定証拠主義・嘘は罪悪・遡及法は禁止法厳守人間の証しなので、迷える野良犬(捏造犯日教育国家)の人間社会適者生存の術は、復讐の連鎖を切断する人類の英知(法や条約の尊崇)厳守以外に、無い!2013/07/03野良犬と自白

 

2013年6月24日 財務省 「30億ドル相当の日韓通貨スワップ取決めを終了します」

あ~、角栄中曽根以後の、曲学阿世政治の41年間(好いとこ盗り無策先送り我欲政治)から、やっと脱却し、以前の政治本道佐藤栄作岸信介等の禍福糾う決断政治に、回帰し始めたか・・・、やっと!

 絶対に引くな!引けば魔界に落ちるのみの、真に哀れな野良犬となる。押して訓え人間と成すのが、互恵を願った立派な先人の、子孫たる証し

 

自己犠牲皆無自己利益のみの支那人朝鮮人と同じ日本のマスコミ

靖国参拝難癖は内政干渉

2013年4月23日TV朝日「ワイド!スクランブル」

 TV朝日川村晃司(かわむら こうじ、1950年 ~ )、天皇靖国不参拝の原因は、合祀と断言は、捏造発言。TV寄生虫須田慎一郎(元経済誌記者の御用聞き小僧)も同様な、迎合発言。靖国参拝は、子孫なら当然で、干渉する方が内政干渉で、異常である。内政干渉は中朝韓異常国異常人罪日僑胞華僑華人のみで、他の諸外国は逆に、「国民の鑑」として参拝している。異常な相手を咎めもず、逆に捏造してまでの擁護は、まさにスパイ

 「天皇靖国不参拝の原因は合祀」は、マスコミ束に成っての捏造。参照→天皇靖国不参拝合祀に非ず犯日団英霊愚弄思想戦に慰霊の言葉喪失 

テレビ朝日「スーパーJチャンネル」(2013/4/23)

暗雲 靖国参拝で中韓が猛反発

参拝の議員たちは反発押える努力を

渡辺宜嗣(キャスター)

 「中国と韓国は日本が想像している以上に強い反応を示していますが」

大谷昭宏(元読売記者の御用聞き小僧)の発言。

 「信教と宗教の自由は勿論保障されていますし、他国からあれこれ言われる筋合いはないと思います。ただ一般の私人が参拝する事と、政治家とりわけ閣僚が参拝する事とは違うと思いますね。当然火種になるだろうし、反発も呼ぶだろうと、そのことに対して政治家としてあるいは閣僚として、自分たちは外交上解決できるのだと、解決して見せるのだという事があってそ政治家だと思う。その責務を全うしてこそ意味があるわけだから、そういう意味ではこれから先、どうやって解決していくのかを注目したいと思いますね」

全世界で「火種にし反発するのは中朝韓罪日のみ!内政干渉の難癖(靖国参拝)中朝韓を難詰せず、日本の政治家に「解決」と責任転嫁の大谷は、中朝韓の御用聞き小僧白状。

 中朝韓のみの数多の難癖は、砂の自国民懐柔隠蔽(同胞大虐殺)目的で、かつ、対日外交キャッシュカード(打ち出の小槌)にするのが目的。靖国キャッシュカード発行は、中国難癖に屈服した中曽根不参拝が起因で発行。即刻真似したのがかっての属国、朝韓。教科書干渉も同じ。

 

朝日新聞→NYタイムズ→TV朝日の記事ロンダリングマッチポンプ報道

2013年4月25日テレ朝ニュース

 靖国参拝「不必要な国粋主義」米メディアが懸念

 靖国参拝について、ニューヨーク・タイムズは「不必要な国粋主義」との見出しの社説を掲載し、安倍政権の動向に懸念を示しました。

 ニューヨーク・タイムズ(NYT)は24日付の社説で、「自ら問題を持ち出して扇動することは、非生産的以外の何物でもない」として、閣僚らによる靖国参拝を批判しました。さらに、「日中で尖閣問題を、日中韓で北朝鮮の核問題を解決しなければならない今、日本が火に油を注ぐことは無謀のように思える」と指摘しています。また、保守的な論調で知られるウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)も安倍政権による憲法改正の動きを取り上げ、批判的な学者の意見を紹介しています

テレ朝ニュースの正体

 ニューヨーク・タイムズの東京支局は朝日新聞東京本社ビル内で、朝日新聞社とは提携。

 日本の記事は朝日新聞が記事を書き、朝日新聞東京本社内にあるニューヨーク・タイムズ東京支局に渡すのみ。

 ニューヨークタイムズ(NYT)は、ノリミツ・オオニシ記者(罪日帰化コリアン?)が、ディスカウントジャパン活動していることで、有名である。

 NYT記事は「朝日新聞→NYタイムズ→TV朝日」で、WSJは読売(後述)の引用か?

 いずれにせよどちらも、日本の記事をロンダリングした見え見えのマッチポンプ報道である!

 

朝日(読売)新聞→NYT(WSJ)→米紙と韓国報道だがネタ元は日本

2013/04/26サーチナ 米国メディアも、日本の右傾化や靖国参拝を一斉に非難韓国

 米紙ニューヨークタイムズ(NYT)やウォールストリート・ジャーナル(WSJ)、外交専門誌フォーリンポリシー(FP)など米国のメディアが24日までに、安倍晋三政権の最近の行動や日本の右傾化について批判したと、複数の韓国メディアが報じた。

 韓国メディアは、「ニューヨークタイムズ・WSJなど米国メディアが、日本の右傾化を非難」、「NYTが日本の集団参拝は無謀な行動」、「混乱を生みだす日本、世界のメディアが一斉に右傾化批判」などの見出しで伝えた。

 NYT24日、「日本の不必要な軍国主義」と題した社説で、日本の政治家や閣僚が靖国神社に集団参拝した事実を取り上げ、「北朝鮮の核問題の解決のために日中韓の協力が切実な時期に、日本が中国と韓国の敵意に火をつけるのは無謀」と指摘したと紹介。

 また同紙は「安倍首相と彼の同調者らは、20世紀の日本の帝国主義・軍国主義に苦しんだ韓国と中国にとって靖国神社参拝は、非常に微妙な問題であり、両国がどのような反応を見せるか予想できただろう」として、安倍政権の意図を疑った。さらに、「安倍政権は、(周辺国との)歴史的な傷に触れるのではなく、長期不況にさらされた経済の回復など、日本の将来に焦点を当てるべき」だと忠告した。

 WSJ24日付の記事で、安倍政権の最近の歩みは平和憲法改正と軍事力強化に焦点を当てていると分析。意図的に韓国と中国との葛藤を高め、憲法改正の世論を拡散させる理由にしているという解釈した。

 FPは、インターネット版の記事で、「この時点で、安倍内閣の靖国参拝は好ましくない行動。米国の世論は、(第2次世界大戦のA級戦犯が合祀されている)靖国神社の意味を知らずに沈黙しているが、もし分かれば、日米同盟は完全に破綻するだろう」と警告した。また「オバマ大統領が安倍首相に『私の在任中はこれ以上靖国神社を参拝させない』と安倍首相に強く警告すべき」と強調したと伝えた。(編集担当:李信恵・山口幸治)

※「FP」の、「オバマ大統領が――強く警告すべき」は、オバマ大統領にたいしての「日本への内政干渉」強要なので?韓国捏造が濃厚!

 

支那族朝鮮族の傀儡NYT(失言が餌のハゲタカ)の罠にかかった猪瀬都知事

2013/04/29産経新聞

猪瀬知事「イスラムはけんかばかり」 IOCが注意喚起

 2020年五輪招致を目指す東京都の猪瀬直樹知事が今月の米国出張中、ニューヨーク・タイムズ紙の取材に対し、ライバルとされるトルコ・イスタンブールを批判したと疑われる発言をし、国際オリンピック委員会(IOC)が候補都市に注意喚起する事態となったことが29日、分かった。IOCは行動規範で他の候補都市との比較を禁止しており、トルコ側も閣僚がツイッターで「発言はオリンピック精神に反し、残念」とコメントした。

 猪瀬知事は今月14~18日、米ニューヨークへの出張中に同紙のインタビューに応じ、同紙が27日付でその内容を報じた。

 同紙によると、猪瀬知事は「イスラム諸国で人々が共有しているのは唯一、アラーだけ。けんかばかりしている」などと発言したほか、日本の平均年齢などを引き合いに「トルコの人々が長生きしたいと思うのなら、日本のような文化を持つべきだ」などと語ったとしている。

 また、猪瀬知事は「アスリートにとって、最高の開催地はどこか。インフラや洗練された競技施設が完成していない、他の2国と比べてほしい」などと、イスタンブールのほか、スペイン・マドリードも念頭に述べたとしている。

 同紙の記事は、立候補資格を失う可能性は低いとしながらも、IOCからの信用や信頼が揺らぐなど、東京の招致活動に影響する可能性を指摘した。

猪瀬知事の発言に絡み、IOCは候補都市に対して、行動規範を順守するように求めた。

 一方、トルコのスアト・クルチ青少年・スポーツ相はツイッターで発言について、「悲しいことだ」などとした上で、「イスタンブールはこれまでに他の立候補都市に対して否定的なことを言ったことはない」などとした。

 

2013/04/29産経新聞

「真意伝わってない」米紙報道に知事反論 東京五輪招致

 2020年五輪招致を目指す東京都の猪瀬直樹知事が今月の米国出張中、ニューヨーク・タイムズ紙の取材に対し、ライバルとされるトルコ・イスタンブールについて「イスラム諸国はけんかばかりしている」などと発言した問題で、猪瀬知事は29日夜、同紙の記事について「真意が伝わっていない」など反論した。

 猪瀬氏は「イスタンブールは個人的にも好きな都市。候補都市を批判する意図はなく、インタビューの文脈と異なる記事が出たことは残念。私の招致にかける熱い思いは変わらない」とコメント。また、東京招致委員会の鈴木徳昭戦略広報部長は「行動規範を十分に認識して、ライバル都市も尊敬しながら行動していく」と語った。

トルコとの友好もNYTの正体も無知の猪瀬知事は猫に鰹節
2013/04/30産経新聞

猪瀬知事発言 知事、一転して謝罪「訂正してお詫び

 2020年五輪招致を目指す東京都の猪瀬直樹知事が、ライバル都市のトルコ・イスタンブール批判ともとれる発言をしたとニューヨークタイムズ紙で報じられた問題で、猪瀬知事は30日、発言があったことを認めた上で「こちらの表現不足。不適切な発言であり、訂正してお詫びしたい」と述べた。都庁で記者団の取材に答えた。

 猪瀬知事は問題の発言について「インタビューが終わり、立ち上がってから雑談をするなかで『南米初やイスラム圏初というのはなんなんだろうか』と話した。東京のPRが9割9分だった」とし、インタビューの主要部分ではなかったと釈明した。

 行動規範で他都市批判が禁じられていることは「認識していた」としつつも、「他都市と比べた質問に対して答えようとすると、自分のどこがよいのかと説明するために、どうしても他都市と比較して答えてしまう」と弁明。「批判のつもりはなかったが、そう受け取られてしまったということはこちらの表現不足だった」と謝罪した。

 その上で「どの線がIOC(国際オリンピック委員会)の行動規範に触れるのか、勉強になった。これからの東京PRの反省にしていく」とした。

雑談」こそが揚げ足取り記事NYTの大好物。備え(録音映像)もなく、札付きNYTと単独インタビューは、職責者として実に無知で脇が甘すぎる。特にNYTは日本叩きの歴史付きなので、歪曲捏造するのは当然!備え(録音映像)もなく、後で謝罪するような話をする猪瀬直樹が、愚か!都議会は糾弾すべきである!親日トルコや関係国に、こんな無礼は無い!陳謝し、即刻退陣か、無知の猛省

 今後支那族朝鮮族の傀儡マスコミ、束に成って捏造しての日本叩きは増加する!自衛のため、「職責者インタビューは雑談も全部記録」を法令化するのが、賢者の備え。

 

中朝韓傀儡自白の各社新聞

2013年4月24日 朝日新聞社説

靖国問題―政治家は大局観を持て

 日本はいったい、何を考えているのか。この国の為政者全体の国際感覚が、そう疑われても仕方がない。

 安倍政権の3閣僚に続いて、与野党の国会議員がきのう、大挙して靖国神社を参拝した。

 「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」によると、その数168人。人数の把握を始めた87年以降で最多という。

 政府や党の要職にある議員たちも多く加わった。国会議員の参拝数は、昨年の同じ時期と比べると、一気に倍増した。

 隣国の神経を逆なでする行動が流行のように政治家に広がることを憂慮せざるを得ない。

 参拝問題をめぐる日韓の摩擦の再燃について、米国務省の報道官も「対話で違いを乗り越えてほしい」と苦言を呈した。

 自民党の高市早苗政調会長は「外交問題になる方が絶対おかしい」と語ったが、それはあまりにも独りよがりの発想だ。

 外交とは、国同士の相互関係で紡ぐものであり、一方が問題ないと片づけることはできない機微にふれる問題なのである。

 歴史問題をめぐる政治家らの思慮を欠く対応は、私たち日本自身の国益を損ねている。

 北朝鮮に対する日米韓のスクラムでは、日韓のパイプが目づまりしてきた。さらに歴史問題がこじれれば、軍事情報の交換をめぐる懸案の協定も結べず、チームワークは進まない。

 日中韓をめぐっては、自由貿易協定論議が遠のくだけではない。日本を置いて、韓国は中国への傾斜を強めている。

 来月に外遊を始める朴槿恵(パククネ)大統領はまず米国を訪れ、その次は日本ではなく中国を考えている。歴代政権で異例のことだ。

 北東アジアの多国間外交において、日本の孤立を招きかねない事態を、安倍首相はじめ政治家はどう考えているのか。

 首相が立て直したと自負している米国との関係も誤解してはならない。オバマ政権は従軍慰安婦問題をめぐる「河野談話」の見直しや、尖閣諸島問題をめぐる不用意な言動を控えるよう安倍政権に警告してきた。

 国内の一部の感情を優先して近隣外交を揺らすような日本の姿は、米国にとっても信頼に足る同盟国とは言えない。

 だからこそ安倍首相は2月の訪米時に、アジアとの関係を重んじる決意を誓ったのではなかったか。「地域の栄えゆく国々と歩みをともにしてゆくため、より一層の責任を負う」と。

 何よりも肝要なのは、中国、韓国との信頼関係づくりに歩を進めることだ。国を思うなら真の大局観を失ってはならない
※「外交とは、国同士の相互関係で紡ぐ」のは、相手が正常なら通用する。「相手を見て法を説け」!ギャング相手(何でも難癖は全世界で中朝韓のみ)には通用しない。ギャングと普通人(野良犬と介護犬)の見境がつかない無能人間(野良犬なら危害をこうむる)が、「国を思うなら真の大局観を失ってはならない」とは、よくもヌケヌケと・・・戦国時代の先人苦渋の決断を、「国を思わず真の大局観を失って」粗探しに狂奔した張本人が、何をかいわんや!スパイとの自白である。

 

東亜と朝日は確信犯スパイと自白

「朝日新聞内部のマジキチな愛国的主張が韓国記者により暴露」 韓国人に露骨に同胞認定された朝日新聞記者たち

[光化門(クァンファムン)で/ハ・ジョンデ]安倍総理、鏡を見ますソース:東亜日報(韓国語) 

東亜日報ハ・ジョンデ国際部長

 最近日本に行ってきた。朝日新聞と東亜日報の例年交流にともなう訪問だった。両社の相互交流は韓日修交直後から始まって40年以上継続している。日本の姿は6年前訪問した時と同じように韓国と似ていた。韓国より通りがきれいという点を除けば都市、農村関係なく全て外国という感じがしなかった。看板の字をハングルに変えれば直ちに韓国と勘違いするほどであった。

 顔付きもほとんど差がない。両国民のDNA塩基配列の差は0.04%にもならない。西洋人は容貌だけでは韓国人と日本人を区分できない。だが、文化の差は少なくない。韓国では茶碗を持って食べるのはタブーだ。器を持って汁をずるずる飲むのもいやしく思う。だが、日本人にはそれが自然だ。酒杯が完全に空く前に酒を注くのも私たちと違う。

 言語習慣も違う。さらに同じ漢字用語に対する語感が大きく異なる場合もある。東亜日報は先月29日から‘日本専門家が見た右傾化’シリーズを送りだしている。本誌が‘右傾化’という単語を選択するには相当な研究と討論を経なければならなかった。韓国人にとって‘日本の右傾化’とは日本が過去に犯した侵略の歴史を正当化したりさらに美化する側へ行くことを言う。

 この中でも天皇(日王)復活を夢見て自国利益のために隣国も侵略できるという人を‘極右主義者’と呼ぶ。こういう意味で最近、日本政府の歴史歪曲および神社参拝、平和憲法改正推進などは右傾化の代表事例だ。だが、日本人たちは‘極右’はもちろん‘右翼’でも‘右傾化’という用語さえ非常に不快に感じるようだ。

 日本で右翼とは極端な民族主義で武装した排外主義者を指す言葉で代表的な嫌韓団体の‘在特会’(在日特権を許さない市民の会)程度をいう。従って安倍晋三日本総理を右翼と呼ぶのは適切でなく、広くは保守派、狭くはタカ派保守と呼ばなければなければならないと主張する。日本メディアは実際、自民党を保守陣営、民主党を進歩陣営に設定し安倍総理をはじめとする現執権勢力を‘タカ派保守’と呼んでいる。

 だが、両国民が感じる語感差より重要なのは実質的な内容だ。安倍内閣の要人らが参拝した靖国神社は単純に246余万戦没将兵を祀るところではない。日本政府は1978年、太平洋戦争のA級戦犯14人を殉難者と規定し丁重に合祀した。‘核心戦犯’まで一緒に追悼するようしたのだ。さらに進んで安倍内閣は軍国主義を連想させる「天皇陛下万歳」と公然と叫んで隣国侵略を‘侵略’とは違うと強弁している。隣国がこれを受け入れにくい事を日本政府は知らなければならない。

 今回の訪問で朝日新聞記者の中には隣国との善隣友好を重視する合理的な愛国者がたくさんいる事を新たに確認した。彼らは安倍政権の神社参拝と歴史歪曲、平和憲法改正の動きを強く批判し隣国との共栄が目標でなければならないと強調した。韓国人とやはり同じ考えだ。

 日本が過去の侵略と植民地支配を本当に反省し共栄を追求するなら韓日間に協力空間は途方もなく多いだろう。日本が最近、経済の活力を取り戻し‘失われた20年’を脱出することを歓迎してお祝いする。国際的地位もより高めることを願う。だが、隣国と葛藤しながら世界のリーダー国家になることはできない。安倍内閣はどれが本当に‘強い日本’を作る道なのかじっくり考えなければならない。太平洋戦争敗北の歴史を教訓にしなければならない。

 日本が隣国との真の和解と協力を通じて世界の歴史に貢献する‘強くて大きな国’になることを心から望む。

 

中朝大皿盛り(集団箸)と日本お膳盛り(個人箸)との違い。韓国の文化は1割の両班のみで、残9割には皆無だったが、残9割のニセ両班が戦後真似しただけの浅いもの。「右傾化」は捏造で「覚醒化」。「天皇(日王)復活」は捏造、「」も、廃した史実も、皆無!「民主党は亡国陣営」。「核心有色人解放者」。「天皇陛下は解放者の長」なので、「天皇陛下万歳」は当然。朝日新聞記者は、韓国の「善隣友好(賄賂)」で操られる亡国奴!

 

2013年04月23日毎日新聞社説

社説:靖国の例大祭 閣僚参拝は無神経

 国の内外の人々わだかまりなく戦没者を追悼できるようにするには、どうしたらいいか。この重い課題に政治が答えを出せないまま、今年も靖国神社の春季例大祭が巡ってきた。これまでに麻生太郎副総理兼財務相ら3閣僚が参拝し、安倍晋三首相は参拝は見送ったが、供え物の真榊(まさかき)を奉納した。

 韓国外務省は今回の事態を受けて、今月中に予定していた尹炳世(ユンビョンセ)外相の訪日を中止した。

 北朝鮮が弾道ミサイル発射の構えを崩さず、日米中韓が連携して北朝鮮の暴発を食い止めるべき時だ。靖国参拝をすぐに外交問題に発展させる韓国側の対応は冷静さを欠いている。だが、緊迫した状況下で「安倍内閣ナンバー2」の麻生副総理ら閣僚が靖国参拝に踏み切り、首相もこれを容認したことは、北朝鮮問題での中韓との連携を難しくし、結局は日本の国益を損ないかねない。無神経な行動と言わざるを得ず、極めて残念だ。

 第1次安倍内閣で首相は、在任中、靖国に一度も参拝しなかった。前任者の小泉純一郎元首相の参拝で悪化した日中関係を改善するためで、「行くとも行かないとも言わない」という「あいまい戦略」をとった。

 麻生氏も外相、首相として在任中は参拝しなかった。両氏とも自制的に対応したと言える。

 しかし首相は、前回の首相在任中に参拝できなかったことを「痛恨の極み」と語り、後悔しているようだ。今回の内閣では参拝したいという意思表示とも受け取れる。安倍政権を支持する保守層は、終戦記念日よりも、靖国の秋季例大祭での首相参拝を重視し、実現を狙っているようだ。今回の首相の真榊奉納と麻生副総理の参拝が、夏の参院選対策や、在任中の首相参拝への布石だとしたら、受け入れられるものではない

 首相や閣僚の靖国参拝の是非について国論が割れてきたのは、(1)憲法20条の政教分離原則に抵触する疑いがある(2)極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯が合祀(ごうし)された靖国への参拝は中国などから侵略戦争の肯定と受け止められる−−という主に二つの観点からだ。首相は、日本が東京裁判を受諾した歴史的事実は受け入れる立場を示しているが、東京裁判については「連合国側の勝者の判断によって断罪がなされた」と疑問を投げかけている。

 A級戦犯の分祀論や無宗教の国立追悼施設の建設案にも、首相は慎重とみられている。靖国参拝をどう考え、今後、どう解決していくつもりか。国民への説明をあいまいにしたまま、既成事実を積み重ねるようなやり方は許されない。首相は自らの言葉で語るべきだ。

 

※「わだかまり」は全世界で、中朝韓と日本の中朝韓傀儡マスコミのみ!「国の内外の人々」は「わだかまり」無く参拝している。何をかいわんや!

 「安倍政権を支持する保守層」は、捏造。保守層では無く、真実層である。歴史には保守も革新も無く、捏造と真実があるのみ。戦国時代に、侵略(悪)も被侵略(善)も無い。先に攻めなければ攻められた。在るのは悪のみで、善など無い。

 「国民への説明をあいまい」等々と、国民の味方であるかのように装い洗脳する、スパイ新聞社である。2につづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/435-e039c370

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。