QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観NHKや工作員が傀儡国家南京政府「漢奸」汪兆銘と罵り隠蔽

2NHKや工作員が傀儡国家南京政府「漢奸」汪兆銘と罵り隠蔽

NHKや工作員が、傀儡国家南京政府、「漢奸」汪兆銘と罵り隠蔽した真実。

1937年 今、父が計画していることが成功すれば、中国の国民に 幸せが訪れる。しかし失敗すれば、家族全体が末代までも人々から批判されるかもしれない。お前はそれでもいいか。汪兆銘は17歳の娘、汪文琳にこう問いかけた。「子供としては成功しても失敗しても、父親は常に正しいと思っているから」と答え、その時のうれしそうな顔が今も忘れられないと、汪文琳は後に述懐している。

1938年12月20日 重慶脱出の際、汪兆銘は蒋介石に、「君は安易な道を行け、吾は苦難の道を行く」と書き残したという。

1940年3月30日  汪兆銘(南京)政府成立。

1943年11月5日 大東亜会議。汪兆銘大東亜会議にての発言

 「本年1月以来日本は中国に対し早くも租界を還付し、治外法権を撤廃し、殊に最近に至り日華同盟条約をもって日華基本条約に代え、同時に各種付属文書を一切破棄されたのであります。国父孫先生が提唱せられました大東亜主義はすでに光明を発見したのであります。国父孫先生が日本に対し切望しましたところの中国を扶け不平等条約を破棄するということも、既に実現せられたのであります」

 1943年は日本の末期である、末期の日本と汪兆銘は行動を共にした。汪兆銘は精衛と号した。精衛とは伝説の中の小鳥の名である。昔、炎帝の姫が東海に溺れて死んだが、炎帝夫妻の悲歎は見るに忍びぬものがあった。姫は精衛という名の小鳥としてよみがえり、東海をうずめるならば、後世東海に溺れる人もないであろうとの考えから、精衛は日夜一粒ずつの砂を口にくわえて東海に運び、海を填めんとしたというのである。「精衛填海」という言葉が残されている。かなわぬかも知れぬが、庶民の難を救うために努力をつづけるという寓意である。中国四億の大衆の福祉のために、あらゆる努力をしたいという汪兆銘の悲願を、精衛なる小鳥の名に託したものである。

 1944年名古屋で病死。陳璧君夫人は、蒋介石に戦後捉えられて蘇州の獄につながれていたが、釈放の直前に毛沢東軍が南京、蘇州を占領。「夫汪兆銘は間違っていました」と詫びれば釈放されることになっていたが、毅然として撥ね付け、出獄は不可能となった。1959(昭和34)年6月17日上海にて獄死(行年68歳)。2男3女の子は、汪兆銘死後アメリカ合衆国、中華民国、香港にそれぞれ移住した。汪兆銘の長男の言葉「政治は結果であり、自分としては何も為しえなかった父親を讃えたりしないけれど、父親が愛国者であったことだけは人々の間に浸透するよう祈りたい」。

 「このままでは、師孫文の大アジア主義に反し、宗主国に味方した唯一の有色人種中国人と歴史に刻まれ、怨念の的になる」この憂国の想いが何もかも捨て、汪兆銘を走らした。私にはそう思えてならない。「漢奸」(中国の売国奴)とオウム返しの華人華僑凶産に囚われし中国人、汪兆銘の心を学べ。

 1945818 陳群(ちんぐん)自決(55歳)、青酸カリ(中国人は身体損傷自殺を忌避する)で。汪兆銘より一足早く陳群は、「中国は日本と手を結ぶべきだ」と日華和平運動を展開した。福建出身で明治大学東洋大学で学んだ。長丈の遺書要旨「私は国父孫文の大アジア主義を遵奉「じゅんぽう(固く守り)」して日華合作に挺身したが、東亜の共栄はついに実らず、終生の恨事「こんじ(非常に残念な事柄)」とする。しかしこれは、主義の誤りに非ず、ただ天の時を得ず、方法に欠陥があったために過ぎない。従ってたとえ敗戦となっても、政敵蒋介石の裁きを受けるに忍びず、自ら地下に赴(おもむ)き、国父孫文の批判を仰ぐこととする。共産主義は、絶対、東亜の天地に容れ難い」。政敵蒋介石統治下の南京各新聞は、「陳群“鉄の漢奸”であった」と暗に称賛した。

 チベット、内モンゴル、満州、新疆ウイグルを侵略し、西洋覇道の鷹犬「たかいぬ(鷹狩に使う犬)」と化した中国凶産党。蒋介石も西洋覇道の鷹犬と化し、独裁者となり、台湾を独裁支配した。なんと後継者は、仁義道徳を主張する王道の文化ではなく、孫文が忌み嫌う覇道文化を造ったのだ。日本は東洋王道の干城「かんじょう(国家を守る軍人)」となり、アジアを解放(大東亜戦争)し、独立の扉を開いた。孫文亡き後、大アジア主義を、師の遺志を継ぎ命を賭けて実践した中国孫文後継者筆頭汪兆銘と中国と日本。植民地独立付与宣言を導き出し、植民地は皆独立した。しかし孫文没後84年、汪兆銘没後65年、周仏海没後61年、戴季陶(たい きとう)没後60年、孫文の願った真の中国の革命、東洋王道の干城「かんじょう(国家を守る軍人)」革命、「革命尚未成功 同志仍須努力」(中国革命未だ成らず、同志なおすべからく努力すべし)。

 未だ凶産党に囚われの身の中国人、満州人、内モンゴル人、チベット人、新疆ウイグル人。まさしく孫文の「革命未だならず」。孫文の三民主義、中国、未だならず。中国凶産は1960年」を未だに無視し、占領を続けている。(注・他に万里の長城内少数民族、1958年改編寧夏回族自治区と広西チワン族自治区がある)

 台湾国民党蒋経国は初代党首赤心の孫文に帰り、孫文後継者筆頭汪兆銘の訂正した指針に従い、反共、民主、孫文の主張する仁義道徳、王道の文化を身につけ「蒋経国、李登輝は静かな孫文革命をなしとげた」。かくして蒋経国、李登輝は孫文の後継者と成った。中国人、華僑(中国戸籍)、華人(現地戸籍)よ、赤心の孫文、挺身し、師孫文の誤謬を正した汪兆銘や周仏海や蒋経国や李登輝に帰れ、孫文の本意は覇道では無い、凶産ではない、捏造ではない。日本は中国人と戦ったのではない。孫文後継者汪兆銘と日本と台湾は、孫文の遺志大アジア主義を掲げ反共の砦となり狂惨党と戦い侵略者宗主国と戦い、大アジア主義を成し遂げたのだ。台湾人李登輝の誇りの起因はまさにここにある。この誇りが汪兆銘後継者李登輝を成し、台湾の孫文主義を成し遂げたのだ。孫文、汪兆銘、周仏海、戴季陶、蒋経国、李登輝、皆赤化経験有で失敗もしたが、皆「私」を捨て「公」に殉じている。

 中国革命の父、孫文の願った真の中国の革命は西洋覇道の鷹犬にあらず、東洋王道に基づいた革命なり。凶産は私、捏造。孫文は公、真実である。

 「革命尚未成功 同志仍須努力」「中国革命なお未だ成らず、同志すべからく(使命として)かさねて努力すべし」。中国人、華人、華僑は孫文に帰れ。

 戦国時代対処の統合戦争無き選択同意を征服、繁栄を搾取、志願を強制、密出国密入国を強制連行、不法滞在を在日、ネットやTVでは朝鮮人なのに日本人と捏造し、正当化しようとNHK・TBS・毎日新聞を巣窟と化し、在日は中国凶産党と連携、犯日工作に必死だ。NHK媚凶捏造「人間動物園」、TBS「先に手を出したのは日本・・・日本の迷走」と捏造犯日(ちなみに水戸黄門、監督は金鐘守)、毎日新聞媚朝捏造報道垂れ流し等々である。NHK提訴、TBS視聴率急落、毎日新聞購読者激減、日本も世界もそんなに愚かではない。このまま続けば、有色人の面汚し同胞征服虐待捏造の中国凶産は、同胞を食民治化した唯一の有色人ほら吹き残虐民族、捏造の韓国北朝鮮在日は、信義無き大ぼら吹き同士討ち民族として歴史に汚名を残し、子々孫々、同胞からも世界からも、のけ者にされ、追放されるだけである。世界は当に目覚めている。知らぬが仏は唯我独尊、目先しか見えない「私人」そのもの、中国凶産韓国北朝鮮在日のみである。追随はわずかに遅れたが、虐げられし同胞は団結し宗主国を追放、「植民地独立付与宣言」を導きだし民族自決、見事に平和を築いた。日本・台湾・サイパン・パラオ・ヤップ・トラック・ボーンベイ・ヤルートの先人と共に、大東亜共栄圏を目指した魁、真の中国人・華人・華僑、高麗人は、もう居ないのか。孫文・汪兆銘・王権・一進会に帰り、目を醒まし、見事に平和を築いた立派な先人、同胞に学べ!2009.5.16.

 

孫文汪兆銘陳群らが願った中国とあまりに異なる凶産中国

2012/12/02中国はなぜ魅力がないのか 国籍を放棄する金持ちと有名人たち

【矢板明夫の中国ネットウオッチ】

 中国のインターネットで最近、「有名人の外国国籍取得問題」が話題になっている。高級中華料理店チェーンを経営する女性実業家の張蘭氏(54)が、外国国籍を取得したことがメディアに伝えられたことがきっかけだった。「金持ちになれば祖国を捨てるのか」といった批判が殺到した。しかし、その後、多くの有名企業家、スポーツ選手、俳優らが外国人になっていたことが次々とわかり、「中国はなぜ魅力がないのか」といった反省の声も聞かれた。

 政府の諮問機関である北京市朝陽区政治協商会議の委員を務めていた張氏はこのほど、中国国籍を放棄したことを理由に、同委員を辞任したことが国内メディアに伝えられ、波紋を広げた。

 北京市出身の張氏は大学卒業後、カナダに渡り皿洗いなどをしながら苦学した。帰国後、2000年に北京で中華料理店を開業し、僅か8年で店舗数を100以上に増やして成功した。現在の個人総資産15億元(約195億円)に達し、中国を代表する女性富豪と呼ばれるようになった。

 張氏は現在の国籍を明らかにしていないが、中国国籍を放棄した理由について「不動産トラブルの訴訟のため」と説明しているが、真相はわからない。インターネットには「中国で金をもうけ、外国に魂を売るのか」と言った批判が寄せられた。張氏が経営するレストランのボイコットを呼びかける書き込みもみられた。

 大手ポータルサイトなどの調べては、張氏に限らず、俳優で実業家の李連傑(ジェット・リー)氏がシンガポール国籍、大手スポーツメーカーのオーナーの李寧氏が香港市民権を取得したなど、多くの有名人が中国籍を放棄したことが明らかになった。以前に判明した俳優や、スポーツ選手などを入れた数十人の名簿が「売国奴(非国民)リスト」としてでインターネットに出回っている。

 全国政治協商会議の委員で、中国身体障害者協会の会長で張海迪氏についても「ドイツ国籍」いや「日本国籍」を取得したとの情報が一時出回ったが、本人はブログで「私は中国人です」と強く否定した。

 中国の有名人が外国籍を取得する理由については「2人目の子供がほしいから(中国には一人っ

子政策がある」「子供に外国のよい教育を受けさせるため」「外国の税金が安いため」などが挙げられている。しかし、「政府に財産を没収されることを警戒したためので」と推測する人が多い。

 共産党一党独裁下の中国では、政治によってすべてが決まり、財産の自由も保障されていない。将来に不安を感じる有名人は少なくない。

 例えば、今年春に失脚した薄煕来・元重慶市党委書記に近い複数の実業家が逮捕され、財産も没収された。薄氏の主なスポンサーで、中国を代表する財閥の一つ、大連実徳グループを経営する徐明氏は4月に党の規律部門に連行され、いまだに消息不明だ。

 総帥を失った同グループは資金繰りが苦しくなり、最近、持っているプロサッカーチームを手放した。破産は時間の問題だとも言われている。

 中国の大手銀行、招商銀行などが発表した「2011年中国個人財産報告」によれば、個人資産1億元(約13億円)を越える中国の資産家のなか、27%はすでに外国籍を取得し、47%は外国への移民を考えているという。

 インターネットには「中国は貧乏人にとっても、金持ちにとっても暮らしにくい国だ」と言った書き込みが寄せられている。

 

難癖三昧の凶産中国

2012/11/30日本は「平和憲法という檻の中の反省しない虎」=中国で論説

  中国共産党系の新聞、環球時報は30日「日本がポピュリズムを容認することはアジアに対する脅威」と題する論説を発表した。これまでの日本は「平和憲法という檻(おり)の中の反省しない虎」だったと決めつけた。東アジアの各国に「民族主義」がある中で、「中国について言えば、主流としては民族主義に警戒し、批判的な態度を保ってきた」と主張した。

  論説はまず、自民党の安倍晋三総裁が29日、海上自衛隊の一部艦船を海上保安庁に編入することを含め、尖閣諸島の防衛強化を主張したことに反発した。

  日本は経済の活力を失ったと主張し、「ポピュリズムと民族主義に転向しつつある」、「日本はしっかりしているかに見えるが、内部では主体性を失い、絶望的な状況だ」と決めつけた。

  さらに、日本の政治的雰囲気の転向は、東アジアにとって「面倒のタネになるだろう」、「日本で民族主義の衝動が続けば、東アジア全体の情勢にとって不確定な要素の源になる」と主張。

  「一部では、日本で軍国主義が復活する可能性はまったくないとの分析がある」とした上で「この指摘は根拠に欠ける」との見方を示した。同論説によると、「日本は隣国にとって一貫して、平和憲法という檻に閉じ込められた反省しない虎だった」、「檻から出ようといういかなる動きも、地域の平和にとって危険」と決めつけた。

  民族主義については「東アジアの各国のすべてにある」と指摘した上で、「中国について言えば、主流としては民族主義に警戒し、批判的な態度を保ってきた」、「国家の指導者はとりわけ、対外に対して温和で友好的な姿勢を示してきた」と主張した。

  日本の近代史は「狂気に満ちていた」と指摘。たとえば太平洋戦力でも工業力が20倍の米国に戦いを挑むなど、論理にまったく逆行する冒険をしたと論じ、第二次世界大戦の敗戦で「この種の狂気は深刻な打撃を受けた。しかし、制圧されただけで徹底的に排除されたわけでなない。日本がいわゆる“普通の国”になることは、アジアの政治に巨大な不確実性が生じることを意味する」と主張した。

  国際的に中国を警戒する心理が発生することは「理解はできる」とした上で「中国は絶えず、アジア太平洋地域で力づよくバランスを築こうと努力してきた」と主張。「日本が恨みと闘志を中国にぶつけることは、東アジアにとって危険であり、日本にとっても疑いなく最も危険なことだ」と論じた。――

2012/11/30尖閣どころか沖縄領有まで狙う中国 メディア総動員で「日本が盗んだ」

沖縄県・尖閣諸島を連日、脅かす中国公船。習近平体制がスタートしても圧力は一切収まらないが、尖閣だけに目を奪われていると足下をすくわれかねない。危険な大国はすでに別のターゲットも定め、深く静かに行動を起こしている。「沖縄は中国のもの」-。メディアを総動員して国民を教育、尖閣はおろか沖縄本土までねらっているというのだ。

 東京・池袋。JR池袋駅北口を出ると、中国語が書かれた無数の看板が目に飛び込んでくる。中国人が経営する飲食店や雑貨店が集まる都内有数の中華街だ。その一角に在日中国人向けの書店がある。

 「『尖閣本』は、今一番の売れ筋ですよ」

 中国出身の店主は、たどたどしい日本語でこう話す。

 ヒットしているのは『釣魚島是中国的』で、訳すと「魚釣島は中国のもの」。尖閣の領有権を主張する中国政府の言い分を中・英・日本語でまとめたものだ。

 同書をはじめ、新刊コーナーには中国領であることを前提とした尖閣の地図など、中国製書籍が所狭しと並ぶ。先の店主は「日本が尖閣を国有化した9月以降ハイペースで出されている」と説明する。

 中国の出版事情に詳しい早稲田大・現代中国研究所の鄭成主任研究員は「1990年代以前は、国営ばかりでしたが、最近は民間の出版社も作られ規制が緩くなってきた。しかし、いまだにほとんどすべての著作物に政府の検閲が行われる。出版物の内容も政府の意向が働くケースがある」。政府の意向が反映されていない書籍は皆無なのが現実という。

驚かされるのは「尖閣本」の横に、沖縄領有権の正当性を訴える『琉球是中国的』と題した書籍も並んでいることだ。同著はノーベル賞候補にもなった中国人作家、鄭義氏のもので、琉球王朝が清国と朝貢関係にあったことなどを指摘し、中国と沖縄の歴史的な関係を紹介。地元住民による在沖米軍基地の反対運動を取り上げ、「琉球群島の人民の反日反米感情が高まっている」「(沖縄県民が)中華の大家族に帰りたがっている」など、仰天する見解を綴っている。

 沖縄の領有権を主張する書籍は複数出版され、先の店主は「実際にそう考えている中国人は多い」と証言する。

 こうした認識が浸透するのは、もちろん、中国共産党の戦略の“成果”といえる。

 『胡錦濤・中国の新覇権戦略』(KKベストセラーズ)の著書で知られるジャーナリストの宮崎正弘氏は「共産党の情報戦略の一環で、世論を形成して実効支配にまで持ち込む。チベットやウイグル侵攻の際も使った手法で、他国の領土を侵略する際の常套手段。沖縄に権益を広げたい中国共産党がメディアを使って、国民の間に『沖縄=中国』という意識を植え付けている」と警告する。

 宮崎氏によれば、人民解放軍は、世論誘導やメディア操作などの手法を研究した『超限戦』という軍事専門書をテキストとして使用。軍部内には、実際に情報戦の専門部署もある。

 「官製の反日デモが起こるたびに『回収琉球(琉球を取り戻せ)』と書かれたプラカードが大量に出回る。『日本が中国から沖縄を盗んだ』という考えを国民に浸透させる意図がある。ある日突然、中国政府が公然と沖縄の領有権を主張してもおかしくない」(宮崎氏)

 “洗脳”を駆使して沖縄本土まで狙う中国。情報戦への備えが急務だ。

 

凶産中国討伐はすでに始まっている!

2012年11月30日米国の最終目標は中国を包囲して討伐―カナダ学者が指摘

 【中華網】 2012年、中東で戦火と紛争が絶えなかった。シリアの衝突にパレスチナとイスラエルの紛争、イランの核問題などは、中国からずいぶん遠い話のようにみえる。しかしカナダの学者、ミシェル・チョスドフスキー氏は最近、中国・環球網の取材に応じ、「一連の紛争は米国が作り出したもので、米国の最終目標は中国を包囲し討伐することであり、イランの核問題によって第3次世界大戦が起きれば、中国は一番に標的になる」と指摘した。環球網が報じた。

 11月27日、環球網は中米関係などに関してカナダの経済学者、グローバリゼーション・核問題専門家であるチョスドフスキー氏に単独インタビューを行った。同氏はオバマ大統領が再任しても、中米関係を楽観視していない。逆に米国が再三、中国の周辺で一連の動きをしていることは、中国を「討伐する」ことが目的で、それは米国の長期的戦略計画でもあると指摘。極めて危険なのは、多くの問題で中国がまだ矛先を米国に向けていないことだと強調した。

 チョスドフスキー氏はまた、米国がすでに日本、韓国、フィリピン、オーストラリア、キルギス、アフガニスタンなどに軍事基地を設けて中国を包囲する態勢を作り上げ、中国の安全が大いに脅かされていると主張する。さらに、米国は秘かに東トルキスタンイスラムテロ組織を援助して中国を分裂させ、中国の主権を破壊しようとしていると分析。米国はこのほかにも中国と日本の領土問題、中国とフィリピンの南シナ海紛争などを操り、中国と貿易パートナーの関係を破壊、中国と隣国の対立をあおって米国を中心とする連盟を作り上げ、中国を「消す」ことを目指しているとした。(編集翻訳 恩田有紀)

【中華網】に、凶産中国の凶産は消されたと、推察出来る。カナダ学者の本意は、当然、凶産中国討伐である!

2012/11/30米、尖閣防衛を再確認 異例の明記、上院修正案を可決

【ワシントン=佐々木類】米上院は11月29日の本会議で、沖縄県・尖閣諸島について、米国による日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象であることを明記した条項を、2013会計年度(12年10月~13年9月)国防権限法案に追加する修正案を全会一致で可決した。

 国防権限法は国防予算の大枠を定めるもので、他国の領有権をめぐる問題に言及するのは異例。法案は下院との協議を経てオバマ大統領の署名で成立する。

 追加条項は「東シナ海はアジアにおける海洋の公益に不可欠な要素」とし、米国も航行の自由という国益があることを明記。その上で「米国は尖閣諸島の究極的な主権について特定の立場をとらないが、日本の施政下にあることを認識している。第三者の一方的な行動が米国のこの認識に影響を及ぼすことはない」とした。

 また、東シナ海での領有権をめぐる問題は、外交を通じた解決を支持し、武力による威嚇や武力行使に反対と表明。「安保条約5条に基づく日本政府への約束を再確認する」とした。

 修正案は、民主党のウェッブ議員や共和党のマケイン議員ら超党派の上院議員が中心にまとめた。3につづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/416-fc6b755a

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。