QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観日本国重光葵も国民高村光太郎も見解一致の一丸であった!

日本国重光葵も国民高村光太郎も見解一致の一丸であった!

打ち消しに必死の凶産中国捏造思想戦展開自白
2012/12/31釣魚島問題による紛争に米国は介入しない=中国社会科学院主任

 中国社会科学院国際法研究所海洋法・海洋事務研究センターの王翰霊主任は「海洋権益高級フォーラム」に出席した際、「米国の高官は、中日両国が釣魚島(尖閣諸島の中国側呼称)問題により開戦した場合、米国は介入しないと表明した」と発言した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 王主任は、「米国上下院は先ほど、釣魚島の日米安保適用を可決した。しかし米海軍・国防総省の関係者と話をしたところ、中日両国が釣魚島問題により開戦した場合、米国は介入しないと表明した」と語った

 王主任は、「これは英国とアルゼンチンのフォークランド紛争からも分かることだ。英国は米国のもっとも親しい同盟国だが、米国は軍事情報と物資の支援しか提供しなかった。米国は日本に対しても同様だろう。このことについて話すと、日本大使館の高官は落ち着きを失い、米国の関係者とは誰だと聞いてきた」と話した。

 王主任は、「日米安保条約で、米国は日本の自衛に協力する義務しか持たず、具体的にどの程度の軍事力を提供するかについては規定が存在しない。米国は自国の利益を重視するため、上下院の決定だけに左右されることはない」と指摘した。(編集担当:米原裕子)

2012/12/01中国挑発に「毅然と対抗」 米上院の尖閣防衛明記
【ワシントン=佐々木類】米上院が尖閣防衛義務を再確認する追加条項を盛り込んだ修正案を全会一致で可決したのは、中国の挑発活動が激しさを増し、日本との間で武力衝突が起きる蓋然性の高まりに強い危機感を持っているからだ。オバマ政権とともに米議会が中国を牽制(けんせい)することで、超大国として事態の沈静化に貢献する意図を明確に示す狙いもある。

 修正案を中心になってまとめたウェッブ議員は声明で、「尖閣諸島への日本の施政権を脅かすいかなる試みにも、米国が毅然として対抗する姿勢を示したものだ」と説明した。

 これは、日中間で武力衝突が起き、米国が日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条に基づいて米軍の投入を決めた場合、議会としてもこれを後押しすることを明確にしたものだ。

 ウェッブ氏は元海軍長官の知日派として知られる上院の重鎮。軍事委員会や外交委の所属で、オバマ大統領に近く、米国の外交方針に大きな影響力を持つ。

 中国における政治指導者の交代も修正案可決の底流にある。米議会内には、習近平総書記が強硬路線を打ち出し、尖閣問題や南シナ海の領有権問題で「胡錦濤政権より強い態度に出てくる可能性が高い」との分析がある。――
関連記事
【今、何が問題なのか】選挙は女性次第
「尖閣防衛」の先にあるもの 

政治家は御用聞きスパイ

 政治家は、凶産中国侵略の脅威から、尖閣沖縄日本台湾インドネシアフィリピン太平洋等死守のために、国民不動の民意「安定成長平和」実現のために、沖縄の基地もオスプレイ導入も絶対必要不可欠と説けばいいのだ。

 真の敵、凶産中国脅威を隠蔽するから説得できないのだ。凶産中国から、捏造侵略党是凶産が消えれば、真の平和が訪れるので、当然基地は縮小される。それまで、臥薪嘗胆で頑張ろうと、どうして政治家は言えないのだ!御用聞き偽員だから?スパイ偽員だから?

危急の日に」と「十二月八日」二編の詩と高村光太郎開戦の想い
 WGIPが形容する戦争讃歌詩などではない、開戦の真実を明白に語る昭和16年12月8日読売新聞夕刊1面高村光太郎59歳の悲愴詩。どうしてこれが戦争讃歌詩なのだ、64年間の仮想現実界の無検証無道理には驚くばかりだ。経済封鎖での降伏要求、日本蜂起で宗主国を追放し大東亜諸民族の独立、日本と諸民族団結、そして宗主国との対峙。軍民一丸蜂起の思いを語って、余りある。

高村光太郎日本蜂起大東亜戦争開戦真実の詩二編と熱き想い

危急「ききゅう(危険が迫る)」の日に 高村光太郎 

「此日天気晴朗なれども波高し」とあの小さな三笠艦が曾て「かつて(以前に)」報じた。

波大いに高からんとするはいづくぞ。(日本を侵略せんとするは、どこぞ)

いま神明「しんめい(神のように明らかな徳)」の気(生命の活力の源)はわれら(日本)の天と海とに満ちる。

われ(日本)は義(道理)と生命(軍民一丸共生共死)とに立ち、かれ(侵略者)は利(利益)に立つ。

われ(日本)は義(道理)を護るといひ、かれ(侵略者)は利(利益)の侵略といふ。

出る杭を打たんとするは彼「ひ(侵略者)」にして、東亜の大家族(大東亜共栄圏)をつくらんとするは我(日本)なり。

有色の者何するものぞ(何も出来まい)と彼「ひ(侵略者)」の内心は叫ぶ。

有色(有色人種)の者いまだ悉く「ことごとく(皆)」目さめず(未だに食民治のままである)、憫む「あわれむ(気の毒に思う)」べし。

「ひ(侵略者)」の願(利益の侵略)使に甘んじて(行使に満足して)共に(英米蘭)(日本)を窮地に追はんとす。

力を用いるはわれの悲しみなり。

悲愴「ひそう(悲しくいたましい)」堪へがたくして(耐える事ができず)、いま神明の気はわれらの天と海とに満ちる。

原文戦争の頃の新聞から-1真実史観補筆


十二月八日  高村光太郎 

記憶せよ、十二月八日。

この日世界の歴史あらたまる

アングロ サクソンの主権、

この日東亜の陸と海とに否定さる。

否定するものは彼等のジャパン、

眇たる「びょうたる(小さな)」東海の国にして、

また神の国たる日本なり。

(アングロサクソン)「なお(修正)」めたまう明津御神「あきつみかみ(人の姿になった神)」なり。

世界の富を壟断「ろうだん(利益独占)」するもの、

強豪米英一族の力、

われらの国に於(おい)て否定さる。

われらの否定は義による。

東亜を東亜にかへせというのみ。

彼等の搾取に隣邦「りんぽう(隣国東亜)」ことごとく痩(や)せたり。

われらまさにその爪牙(そうが)を摧「くだ(砕く)」かんとす。

われら自ら力を養ひてひとたび起つ。

老若男女みな兵なり

大敵非をさとるに至るまでわれらは戦ふ。

世界の歴史を両断する、

十二月八日を記憶せよ。

昭和16年12月10日作詩、昭和17年1月号「婦人朝日」掲載・「拾遺詩篇」『高村光太郎詩集』ハルキ文庫) 真実史観補筆

 高村光太郎予言の詩である。老若男女みな兵となり開闢からの弱肉強食を両断、「」、非をさとり、あらたまり、治「なお(修正)」して、新秩序、共存共栄を創造した。

「十二月八日の記」開戦時58歳高村光太郎(1883~1956)の想い
 「聴きいくうちにおのずから身うちがしまり、いつのまにか眼鏡がくもって来た。私はそのままでいた。奉読が終わると、みな目がさめたようにして急に歩きはじめた。私も緊張して控え室にもどり、もとの椅子に座して、ゆっくり、しかし強くこの宣戦布告のみことのりを頭の中で繰りかえした。頭の中がすきとおるような気がした。

 世界は一新せられた。時代はたった今大きく区切られ昨日は遠い昔のようである現在そのものは高められた確然たる軌道に乗り、純一深遠な意味を帯び、光を発し、いくらでもゆけるものとなった

 この刻々の時間こそ、後の世から見れば歴史の急曲線を描いている時間だなと思った。・・・またアナウンスの声が聞こえる。急いで議場に行ってみると、ハワイ真珠湾襲撃の戦果が奉じられていた。戦艦二隻轟沈というような思いもかけぬ捷報(しょうほう・勝利の知らせ)が、少し息をはづませたアナウンサーの声によって響き渡ると、思わずなみ居る人達から拍手が起る。私は不覚にも落涙した」

「十二月八日の記」を引用して語る林房雄(開戦時38歳1903~1975)の思い
 「明治と大正を生きてきた日本人の感慨であり、涙である。高村氏は西洋の文明と文化の価値を知っている詩人である。にもかかわらず、政治的軍事的には、西洋が日本の圧迫者であることを、すべての明治人・大正人とともに知っていた。――果たしてこれは大正に生れて昭和に育った世代には、わからない心情なのであろうか!」

重光葵(東條首相のブレーンで、大東亜会議開催に尽力した外務大臣。終戦文書に日本政府全権として署名)
 日本の戦争目的は、東亜の解放、アジアの復興であって、東亜民族が植民地的地位を脱して各国平等の地位に立つことが、世界平和の基礎であり、その実現が、即ち日本の戦争目的であり、この目的を達することをもって、日本は完全に満足する。(重光葵著作集1・原書房p. 228)

日本国重光葵も、国民高村光太郎も、見解一致の一丸であった!

開票スタッフに国籍条項無しスパイ防止法無き天国日本杞憂と看過は愚か!
YAHOO知恵袋

kaminonn12さん質問日時:2012/12/7 14:39:15
 ネトウヨが選管の募集する開票作業のアルバイトに国籍条項がないと問題視していましたが、これは明らかに差別ですよね。

daiyama1006さん回答日時:2012/12/7 16:13:30
 差別ではありません。外国人は政治活動はできません。自分の国では政治活動できます(亡命者以外)。
 日本のことは日本人だけで決めます。在日永住者は市民権はあります。市民レベルの話しか日本でできません。ここは日本だからです。

ngpcmcia900さん回答日時:2012/12/7 14:46:48
 区別と言う言葉を覚えましょう。資格の無い人に仕事をさせてはいけません。ーーーーーーーーーー何でも差別と言えば、あなた方の思うようになる時代はもう来ません。それだけです。

「選挙管理委員会へ電話しました!」 
 実は、東京都渋谷区の選挙管理委員会へ電話しました!電話番号は選挙の封筒に記載があります。

 開票作業に携わる、アルバイトは履歴書と面接のみで採用されて戸籍謄本で国籍を確認していません!!!!外国人の工作員もアルバイトで潜入している可能性は???これって危険なことではありませんか????

 改めて、戸籍謄本で日本国籍か確認させて開票作業をさせるべきではないですか?皆さんのお住まいの選挙管理委員会は大丈夫ですか?

選挙開票スタッフに国籍条項なし! 
 民主党政権になってから法改正がされ、開票スタッフは日本人じゃなくてもいいんです!注目!! 応募資格・条件に国籍条項がない!!!今回の重要・重大の選挙の開票は、在日朝鮮人、在日中国人が日本人に成り代わって得票数を予め用意した投票用紙とすり替えてカウントする、のようなことが起きても全く不思議ではありませんね!
抗議先都道府県選挙管理委員会ホームペー一覧(法務省)

鉛筆書き『自由民主党』の自由を消すと『民主党』に改竄可能
 ――民主党時代(前回の参議院選挙の前あたりに改正)に選挙管理委員会に関する法律が改正(改悪)されました。

 その中身は、これまで公務員が実施していた開票スタッフを『民にできることは民』にと言うことでしょうか!?アルバイトでも許されることになりました!

 そこで、問題なのが公務員は少なくとも日本国籍を保有しているのでしょうが、開票スタッフに選ばれるアルバイトの条件には日本国籍の条件がないと言うことです!――

 ――『自由民主党』→上の自由を消すと『民主党』てなことも、考えられるので、もしも自由民主党と記入しようとしている方は、『自由民主党』ではなく『自民党』と記入する方が安全かもしれません。――

信じられないこと発見!!!参院選の開票時、選管アルバイトについて。【国籍条項がない】これがどれだけ重大な問題か、わかりますよね。もうたのむから、勘弁してくれ!!!!一部の心無い人たちによって、不正が行われたら・・・?このことを言ってるんです!!!

12月16日の開票スタッフ、国籍条項なし!冗談じゃないっ、選挙管理委員会に凸しましょう!!!

九条はガラパゴス憲法!現代の平和は植民地独立付与宣言無知職責
 憲法改正反対護憲の、職責不履行馬鹿者が、世界に誇る日本の平和憲法と自画自讃の九条は、ガラパゴス憲法で、平和憲法などではない!真に九条が平和憲法なら、各国こぞって皆、即刻右習いしたであろう!ところがどうだ?どこも立法していないではないか!つまり、日本以外の世界は、「九条は平和憲法に非ず!ただのガラパゴス憲法」と、ことごとく看破しているということだ!

 日本先人継承追随同胞が、開闢からの悪弊「弱肉強食」を破壊し成し遂げた新秩序、「植民地独立付与宣言」が、現代の平和を築いた!これが世界の常識である!

 それを世界に誇るとは?日本だけがと自画自讃とは!職責者皆無で馬鹿ばかりの子孫日本と、67年後の今日も、世界に拡散中である!お花畑を通り越して、当に馬鹿である!

日本を駄目にしたお花畑職責者の憲法改正反対護憲は職責履行
2012-12-07報道ステーションの党首討論
 古舘伊知郎は憲法9条を『平和憲法』と呼びながら、石原慎太郎に「あなたが作家にもなり政治家にもなり今ここにあるのは、日本国憲法のおかげでは。日本国憲法に感謝を感じませんか?」と完全に護憲派擁護丸出しの質問をした。

 石原「ナンセンスだね。感じないね。」と答えたが、古舘伊知郎が「ナンセンスで片付けていいんでしょうか・・」などと言った。

 護憲に対し、「九条立法未だに世界に追随者無しは、日本ガラパゴス憲法!植民地独立付与宣言が世界の平和をもたらしたもので、九条に非ず」と、正論を応えられない石原慎太郎(維新)や同席の安倍晋三(自民)は、護憲論者に整合反論も出来得ない言葉と文字界の保守愛国論者ともいえるが、覚醒途上なのは、間違いない!他は、職責負託議員の資格など皆無の、覚醒の「か」の字も無い、脳天気のオウム。護憲丸出し古舘伊知郎は、丸暗記のオウムで、半端者の無知自白!

 戦後の職責者は、職責不履行詐欺師の証拠で、サンプル典型が、お花畑(好いとこ盗り摘み食い扇動屋)嘉田由紀子。なんとも見事なお花畑ぶりか!

 職責不履行お花畑(嘉田由紀子、安部知子ら)と、我欲野獣(小沢一郎、亀井静香、鈴木宗雄ら)が、「日本未来の党」の正体

植民地独立付与宣言を成し遂げたアジア同胞の声
2012/12/10日本の軍事的強化「歓迎」=「中国の対抗勢力に」と要望-外相
 フィリピンのデルロサリオ外相は10日付の英紙フィナンシャル・タイムズとのインタビューで、軍事的に台頭する中国の対抗勢力として、日本が戦後の平和憲法から解き放たれ、軍事的強化に進むことを歓迎すると表明した。同紙は、中国の高圧姿勢に懸念を強めるアジアの国々が日本の軍事的強化を支持することによって、自衛隊を「国防軍」に格上げする憲法改正を目指す自民党の安倍晋三総裁に勢いづける可能性があると指摘している。

 インタビューの中でデルロサリオ外相は、「われわれはアジア地域でバランス形成の要因を求めており、日本はそのための重要な存在になり得る」と述べ、中国に対抗するための日本の「再軍備」を「強く歓迎する」と語った。 

 同紙によれば、今回の外相発言は、日本の軍国主義復活に警鐘を鳴らし続けてきた中国を刺激するリスクがある。しかし、中国の脅威にさらされているフィリピンなどは今、「第2次世界大戦時の旧日本軍の侵略の記憶以上に、現在の中国の圧迫により大きな懸念を持ち始めていることが示されている」と同紙は解説している。(注・ここの、「第2次世界大戦時の旧日本軍の侵略」は、時事の好いとこ盗り加筆か?米軍との戦争で、フィリピンとの戦争では無い

貿易立国日本のTPP参加は当然!自給自足は貿易利益で補填が策
 TPP論争に欠けているもの。生命体はおしなべて衣食住ではなく、食衣住。天候等で世界中が食糧危機に陥った場合、自国優先は当然で、輸出せずは当たり前、余してもいいから、食料確保自給自足は絶対死守が、国の根幹。

 日清日露大東亜戦争は、露西亜、凶産ソ連中国、列強食民治主義の、ブロック経済を破壊、食糧確保し生存するための、適者生存戦争であった。

 時代対処のため戦国の世に開国し、自給自足(江戸初期1600年1227万人で、121年後の1721年3128万人に倍増したが、以後は、125年間江戸末まで横ばい(間引きと推察される)で、1846年3230万人。つまり、これが、当時の日本の、自給自足限界人口。棚田は、日本民族自給自足苦闘の証し!)から輸入加工輸出国に転換、85年で人口倍増(昭和6年1931年6500万人なので、自給自足に後戻りは、二人の内一人が餓死者)。迫る清国とその属国朝鮮、南下する露西亜、そして凶産ソ連と食民治主義連合、そして更に巨大化した黄禍論白人連合との対峙と、まさに未曾有の時代であった。先人はこの死活(負ければ二人の内一人が餓死者)の時代を、一丸で命を懸け、子孫に禍根を残さずと、日清日露大東亜、すべて先憂後楽で対処した。資源無き小国、援軍のあて無き籠城や後手は確実な餓死。全て先手、外地戦は、古今東西小国戦法の、定法である!

 マッカーサー証言「1951年5月3日・彼らが戦争を始めた目的は、大部分が護国(by security)のためだったのです」は、このことを看破した、証言なのだ。ベンブルース等、弁護人の弁護も同類である。

 資源無き貿易立国日本が、TPP不参加では、余りにも知恵無き無能集団だ!国民負託の議員の資格無く、職責放棄の職責不履行である。

 食料は余ってもいいから自給自足死守が国の根幹。貿易で儲けた分を注ぎ込めば解決する。余剰はODAに回せばよい。ODAに金を回すのは愚作。金は物の代替品。原点に帰れば誰でも解ることだ!TPP不参加議員は、政治負託議員の資格無し

民主圧勝は総括無き自民の自滅豪腕と錯覚汚沢31万で国民を再び愚弄
 選挙の顔を探した亀井静香、元民主党の小沢一郎、小林興起、谷岡郁子、初鹿明博、福田衣里子らは、「日本未来の党」に合流したが、この隠れ蓑が無ければ自立不可の、議員不適(政治理念皆無)半端者との自白で、これはもう候補者失格である!

 「脱原発」「反TPP」「反消費税」「他力本願議員」では、国が消える!

 「民主党」は、旧社会党横路一派と、輿石日教組一派と、中朝韓罪日スパイパチンコ一派の構成である。一言で換言すれば売国奴の集まりが「民主党売国奴」で、そこから分党の小沢ら全員が、「日本未来の党」に雪崩れ込んだ。新党は名ばかりで、「民主党売国奴」が正体。

 日本未来の党はスパイ売国奴集団だから、原発や「消費税増税」は凍結や子供手当て等平気で、同胞を騙す。無辜の善人騙し、オレオレ味方詐欺師集団である。

 「日本未来の党消費税増税は凍結」?公約「中学卒業までの子どもに年間31万2千円の手当を支給する」財源は?

 国民愚弄の二匹目の柳の下のドジョウ狙い再びは、小沢の錯覚過信。前回の民主圧勝は、総括無き自民の自滅で勝利したもので、マスコミの言う小沢の豪腕などでは決して無い!国民を馬鹿にするにも程がある!

 日本未来の党121名立候補者数は、過半数(241議席)にはまるで満たない。当然単独政権は無い。全員当選しても他党と連携しなければならない。財源無く民主党で頓挫した撒き餌に、又とびつき連携する、馬鹿党など無い。よって、「有権者を騙して票をかすめ取る」ニセ撒き餌であることは、子供でも解る。財源開示無き子供手当て撒き餌は、食えない疑似餌!

 小沢一郎の選挙手法は口に蜂蜜腹雀蜂。「あなたは再び、あの民主党Aと未来の党Bに騙されますか?」

与野党と国民と職責者に総括責任!無い袖は振れない!「消費税」は必要!
 職責者の警鐘も無いため、政治職責負託投票(選挙の基幹)ではなく、人気投票(お遊び)で選挙した国民。結果、無能(凶授、タレント、世襲、TV局やNHK社員等の看板や顔見知り)議員ばかりとなった。

 人気者は皆小利口者の八方美人で、敵を作りそしりを受ける決断など、するはずなどない!皆決定せず、先送りした。この決断なき先送り政治を、世界から「日本化」と揶揄されほど有名になり、日本は借金大国となった。禍福を糾い清濁併せ呑んでの決断実行が、政治家の仕事で、政治は、八方敵無し人気稼業の、芸能ではない。

 政治職責負託の選挙で、人気投票に非ずをかみ締め、二度と轍を踏んではならない!

嘉田由紀子飯田哲也は鳩山由紀夫菅直人と同類思索回路皆無丸暗記頭脳
 嘉田 由紀子(かだ ゆきこ、1950~ )は、埼玉県本庄市に、本庄市議会議員を務める渡辺康雄の娘として生まれる。琵琶湖との出合いは中学時代の修学旅行で、比叡山からの琵琶湖の眺めに感激し、「いつかここへ住んでみたい」と思ったという。埼玉県立熊谷女子高等学校時代を経て1973年京都大農学部に進学。3回生の時にタンザニアで半年間生活した。京都大学大学院農学研究科博士課程を経て1981年、滋賀県職員に。県立琵琶湖博物館の設立に「住民参加型博物館」との構想を掲げて参画し、同館では研究顧問などを歴任。研究のため、琵琶湖に注ぐ約120の河川と周辺の地区を歩き、聞き取り調査した。2000年、京都精華大教授となった。

 聞き取り調査で接した多くの県民が、次世代に不安を抱えていることを受け、06年の滋賀県知事選への出馬を決意。

 社民党の支持を受け、自公民の推薦を得た現職を破った。選挙中からスローガンに掲げた「もったいない」は、琵琶湖周辺を研究で歩くなか、地元のお年寄りがよく口にしていた言葉という。多額の建設費を必要とする東海道新幹線の新駅「南びわこ駅」の建設も「もったいない」との主張で、始まっていた工事を凍結させた。

 子供は長男、次男の2人。元京大農学部教授嘉田良平とは2008年に離婚している。4につづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/415-41bf9dd4

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。