QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観締結済を条約破り村山亡国談話アジア女性基金は「償い×思いやり○」

11締結済を条約破り村山亡国談話アジア女性基金は「償い×思いやり○

1995(平成7)

1995(平成7)年1月『週刊新潮』1月5日号。吉田清治の証言は事実無根である事が判明したとの記事を掲載。

 1月24日日本弁護士連合会が「従軍慰安婦問題に関する提言」を政府に提出。立法措置などにより、元慰安婦らに補償するよう求める。

※日弁連は、証言丸鵜呑みの馬鹿どもの巣と自白!

 5月『週刊新潮』5月2日号でのインタビューで、吉田清治は著書の記述に一部創作があったと認める

 6月4日元法務大臣で自民党の奥野誠亮議員が、「従軍記者や従軍看護婦はいたが、『従軍』慰安婦はいない。商行為に参加した人たちだ。戦地で交通の便を(国や軍が)図っただろうが、強制連行はなかった」と発言。同席した事務局長の板垣正参院議員も「性的虐待のイメージを植え込む教科書のあり方はおかしい」と語った。

 韓国人元慰安婦(73歳)が参議院で自民党の板垣正議員と面会。「1部の日本人が強制がなかったとか妄言を吐く」と訴え、対価としてお金をもらっていないとの元慰安婦の話に板垣は、「そういう例があったとはまったく信じられない」と疑問を呈した。

 6月末当時の故橋下龍太郎総理大臣が韓国の金泳三大統領との首脳会談後、慰安婦問題を謝罪

※調査せずの簡単謝罪が、輩を付け上がらせ、大事になった原因である。

 6月27日教科書を発行する7社が一斉に「強制連行の一環として「慰安婦」問題を掲載したことが判明。

※「言葉と文字界」いかに「思索回路皆無」かの証拠で、調査せずの簡単謝罪や教科書掲載が、輩を付け上がらせ、大事になった原因である。

 

償い」で禍の元アジア女性基金発足

1995月19日自社さ連立政権の村山内閣成立後の1995年7月に、総理府と外務省の管轄下で「財団法人女性のためのアジア平和国民基金」が発足。略称アジア女性基金は、元「慰安婦」に対する「支援」および女性の、名誉と尊厳に関わる今日的な問題の解決を目的として設立された財団法人。基金は、日本政府からの出資金と国内外からの募金によって運営された。2007年3月31日すべての償い事業が終了したため、解散。アジア女性基金事業の概要
「情けは人のためならず」は、唯心国家のみに通用する諺!

 日本人は未知の他人に話しかける時、「(お忙しいところ時間を割いて)すみません!」と話しかけるが、悪いことを実際にした訳ではない。

 アジア女性基金は決して「日本国関与の強制性奴隷の償い」では無い。合法とはいえども戦時下なので、ご苦労をおかけしたアジア同胞への、「思いやり(情にほだされた情け」支援である。がしかし、唯物国家(米比蘭韓加EU)は、「強制性奴隷の罪を認めた償い(日本国が犯した罪、過ち、損害を金品で補う」と解釈し、「対日非難慰安婦決議」を採択し、非難を開始した。

吠えれば食える野性の本能となった愛犬ビンゴのお話
 「我が愛犬だった柴雑のビンゴは、ある近所のおばさんを見るとやたら吠えまくりました。そのおばさんはビンゴに吠えられるのが怖いので、ビンゴの前を通る時はお菓子を撒き、ビンゴがそれを食べている時に足早に通り過ぎる作戦を使っていました。

 しかしビンゴは、吠えればお菓子を貰えると学習してしまい、おばさんは(お菓子を)撒けば撒くほど吠えられる結果になりました」。

 ネットにある話だが、禍の元凶「アジア女性基金」と同じである。愛犬ビンゴが、中朝韓蘭罪日で、お菓子が「損害補償金(償い金)」で、お菓子(償い金)をばら撒いたおばさんが日本である。

 余りにもうるさいので業を煮やし、「手なずける」目的で安易にお菓子「損害補償金(償い金)」を撒いたのが間違いの元、本能に目覚めた唯物国家(米比蘭韓加EU)は、「償い(日本の犯した罪過ちを金品で損害を補う)」に反応、「対日非難慰安婦」決議となった。更に本能に完全に目覚めた中朝韓蘭は、国の謝罪では無いとして、「日本国が謝罪し賠償」と国連へ、いまだにしつこく提案している(2012/11/01)。 

 禍は「損害補償金(償い金)」がきっかけである。「償い金」という名前が、いらぬを呼んだ。少なくとも、「思いやり支援」としておけばこうは成らなかった。「償い金」という単語を用いたのは、いかに安易に対処したかの証拠である。

 中朝韓罪日の難癖は、条約にのっとり、「条約で解決済み」と拒否しておれば済んでいたことだ。「情けは人のためならず」は、唯心国家のみに通用することわざだ。唯物は、「罪を認めたくせに反省(償い金)がまだ足りない、もっと金よこせ!賠償しろ!」の恫喝のみとなる!日本式の唯心「償い」は、唯物の輩にとっては格好の餌に過ぎない!

 わざわいの発端が、安易に金で片付けようと金を出した「アジア女性基金(償い金)」で、野良犬を増やし、増長させる結果となっている。情(人道)にほだされた情けが仇となった

 中朝韓蘭罪日の性根と日本の「言葉と文字界」の性根を、完全に暴くきっかけとなったことは、禍の中の福ではあるが、未だに反省が無い。検証回路が全く皆無と言うことか。

 

1995(平成7)年8月15日戦後処理問題はとうの昔の平和条約で締結済み!「WGIP被洗脳者の無知の談話」で蒸し返しの謝罪は「条約破り」で犯日の餌!何のための条約だ!無知は亡国

日本社会党の村山富一内閣総理大臣の談話

「戦後50周年の終戦記念日にあたって」(いわゆる村山談話

平成7年8月15日

 先の大戦が終わりを告げてから、50年の歳月が流れました。今、あらためて、あの戦争によって犠牲となられた内外の多くの人々に思いを馳せるとき、万感胸に迫るものがあります。

 敗戦後、日本は、あの焼け野原から、幾多の困難を乗りこえて、今日の平和と繁栄を築いてまいりました。このことは私たちの誇りであり、そのために注がれた国民の皆様1人1人の英知とたゆみない努力に、私は心から敬意の念を表わすものであります。ここに至るまで、米国をはじめ、世界の国々から寄せられた支援と協力に対し、あらためて深甚な謝意を表明いたします。また、アジア太平洋近隣諸国、米国、さらには欧州諸国との間に今日のような友好関係を築き上げるに至ったことを、心から喜びたいと思います。

 平和で豊かな日本となった今日、私たちはややもすればこの平和の尊さ、有難さを忘れがちになります。私たちは過去のあやまちを2度と繰り返すことのないよう、戦争の悲惨さを若い世代に語り伝えていかなければなりません。とくに近隣諸国の人々と手を携えて、アジア太平洋地域ひいては世界の平和を確かなものとしていくためには、なによりも、これらの諸国との間に深い理解と信頼にもとづいた関係を培っていくことが不可欠と考えます。政府は、この考えにもとづき、特に近現代における日本と近隣アジア諸国との関係にかかわる歴史研究を支援し、各国との交流の飛躍的な拡大をはかるために、この2つを柱とした平和友好交流事業を展開しております。また、現在取り組んでいる戦後処理問題についても、わが国とこれらの国々との信頼関係を一層強化するため、私は、ひき続き誠実に対応してまいります。

 いま、戦後50周年の節目に当たり、われわれが銘記すべきことは、来し方を訪ねて歴史の教訓に学び、未来を望んで、人類社会の平和と繁栄への道を誤らないことであります。

 わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に誤ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。また、この歴史がもたらした内外すべての犠牲者に深い哀悼の念を捧げます。

 敗戦の日から50周年を迎えた今日、わが国は、深い反省に立ち、独善的なナショナリズムを排し、責任ある国際社会の一員として国際協調を促進し、それを通じて、平和の理念と民主主義とを押し広めていかなければなりません。同時に、わが国は、唯一の被爆国としての体験を踏まえて、核兵器の究極の廃絶を目指し、核不拡散体制の強化など、国際的な軍縮を積極的に推進していくことが肝要であります。これこそ、過去に対するつぐないとなり、犠牲となられた方々の御霊を鎮めるゆえんとなると、私は信じております。

 「杖るは信に如くは莫し」と申します。この記念すべき時に当たり、信義を施政の根幹とすることを内外に表明し、私の誓いの言葉といたします。

※(中朝韓罪日)の犯日に新たなエサを与えた村山富一、平和条約締結済み無知の、亡国談話である。平和条約締結済みで賠償済み!→大東亜戦争賠償実績と吉田茂と岸信介と佐藤栄作

 8月22日韓国で、元「慰安婦」および支援35団体が、「民間基金構想撤回と被害者個人への謝罪補償を求める共同声明」発表。

※エサよこせと待ってましたとばかりに早速吠えた韓国!

 9月20日日本を守る国民会議が、教科書からの「慰安婦」関連記述の削除を求めて、1ヵ月の全国縦断キャラバンを開始した。

 12月2日藤岡信勝、西尾幹二、小林よしのり、坂本多加雄、高橋史郎ら9名の呼びかけで「新しい歴史教科書をつくる会」が結成される。

※真摯な検証団体なら、「真実の歴史教科書を提供する会」としたはず。「新しい歴史教科書をつくる会」は、ただの対極論のみで無検証、名前が正体を語っている。

日本軍公娼館(極少)を朝鮮の私娼窟(数多)や私娼証言で塗り潰したのがクマラスワミとマクドゥーガル報告書 

拝金屋の巣窟国連を舞台に証言のみが証拠の示談金目的痴漢冤罪事件が始まった

1996(平成8)

国連人権委員会へのクマラスワミ(犯日聞き書き)報告

1996年1月4日「慰安婦と戦場の性」より

 1996年1月4日日本の従軍慰安婦問題の付属文書1と、家庭内暴力主題の付属文書2からなる報告書は、人権委員会へ提出され、2月5日公表された。付属文書1標題は、「戦時の軍事的性的奴隷制問題に関する報告書」と日弁連では邦訳している。内容は「朝鮮民主主義人民共和国、韓国及び日本への調査旅行による」と限定し、朝鮮人慰安婦のみが対象とされている。

 クマラスワミ報告書は、英文で37ページ、元慰安婦16人を含む計78人の面接者リストが付され、日本政府へ6項目の勧告がなされている(1996年2月6日朝日夕刊)。

1、日本帝国陸軍が作った慰安所制度は国際法に違反する。政府はその法的責任を認めよ。

2、日本の性奴隷にされた被害者個々人に補償金を支払う。

3、慰安所とそれに関する活動について、すべての資料の公開を。

4、被害者の女性個々人に対して、公開の書面による謝罪を。

5、教育の場でこの問題の理解を深める。

6、慰安婦の募集と慰安所の設置に当たった犯罪者の追及と処罰を可能な限り行う。

※当時、慰安婦は合法で、犯罪者ではない。処罰は事後(遡及)法で、禁止法である。

※後述のアメリカ合衆国下院121号決議は、クマラスワミ報告書なぞっただけである。

 

クマラスワミ報告書のソ-スは罪日「慰安婦と戦場の性」より

 事実関係に関わる部分は、すべてオーストラリア人ジャーナリストのジョージ・ヒックスが1995年に刊行した「慰安婦・The Comfort Women」という通俗書の引用。同書のヒックス序文「(ヒックス)日本語が読めないので、東京大学の高橋教授に頼んで在日韓国人女性のユミ・リーを紹介してもらい、彼女が日本の運動家たちから資料を集め(当然英訳して)送ってくれた。資料の80%は彼女に依存」と記載。

 つまり、クマラスワミ報告書は、罪日が集めた犯日資料をコピペした通俗書がソ-スで、それをただコピペしただけの、無検証犯日報告書。「無検証報告書作成」は、「日本叩きが目的」と、明確に読み取れる。

クマラスワミ報告書第21

ミクロネシアで70人の慰安婦が日本軍に虐殺された。

 クマラスワミ引用元ヒックス記述にも、ヒックス引用元金一勉「天皇の軍隊と朝鮮人慰安婦1976年三一書房」にも人数の記述無し。金一勉引用元「西口克己著『廓』・東邦出版社1969年346p」にはそれらしい記述はある。著者西口克己は京都伏見の二代続きの「女郎部屋」の息子に生まれ、京都市議をつとめた人物で、幼児から見聞きした売春業者の内幕を小説風にまとめたもで、末尾に、ミクロネシアのトラック島における慰安婦処分の話がでてくる。

 「1944年2月17日の米艦載機による大空襲で慰安所が炎上中に、米軍の上陸を予期した某参謀が某少尉に密命、某少尉が防空壕避難の6、70人の慰安婦を機関銃で皆殺しにした」という話であるが、トラック島戦犯法廷でも訴状にのらず、ほかに証言もない(金子兜太「私の履歴書」日本経済新聞社1996年7月12日戦友会編「トラック島海軍戦記」非売品1983)、作り話である。

 金一勉は原文の「6、70人」は引用していないのにクマラスワミ報告書には記載されている?つまり、作り話の原文をクマラスワミに教えたものがいたということである。

クマラスワミ報告書第24項

 クマラスワミ報告書はヒックス記載を引用して「鈴木裕子の著書によれば、1932年の第一次上海事変中に、日本軍の岡村中将が長崎県知事に依頼して北九州から一団の『朝鮮人女性たちを』上海の慰安所に送ったのが第一号」とある。鈴木の著書「従軍慰安婦・内鮮結婚(未来社1992年)」には『朝鮮人女性たちを』はない。鈴木の典拠とした引用元「岡村寧次大将資料――戦場回想編(原書房1970年)」にも無い!つまり、資料提供者か、在日韓国人女性のユミ・リーが、捏造加筆(朝鮮人女性たちを)犯と言える。

選り食い捏造のクマラスワミ報告書の捏造と真実その他

15項

a)国家総動員法1932年と捏造。真実は、1938年。

b)女子挺身隊と慰安婦を同一視して捏造。真実は、明白に異なる。朝鮮のみの、一方的資料の証拠!

17項

内地でも売春施設の無い地域に慰安所設置と捏造。真実は、沖縄にはあったが、原則として内地に慰安所(日本軍公娼は無い

22項

多くの慰安婦が兵と共に自殺攻撃などの先頭攻撃に参加させられたと捏造。真実は、無い。

26項

a)軍直営の慰安所が多かったと捏造。真実は、日中戦争初期の1~2例を除き軍直営は無い。

b)募集に関する情報はほとんどが元慰安婦の証言のみ。軍命募集は無いのだから当然である。

28項

ブローカー、朝鮮人ポリス(政府関与)が騙したと捏造。真実は、朝鮮人女衒が騙した。軍や政府は、関与せず。

29項

吉田清治は公務として千人の朝鮮人女性を慰安婦として強制連行と捏造。真実は、名乗り出た韓国元慰安婦百数十人の証言に、無い。つまり、吉田清治の作り話。

34項

慰安婦の居室は広さが3×5フィートでベッドを置くと捏造。真実は、3×5フィートでは、兵士の身長より短い。クマラスワミ報告書は観念で書いている証拠である。

36項

女の稼ぎは敗戦でゼロとなった。兵士も国民も同様である。慰安婦のみではない。慰安婦のみであるかのように印象操作。

43項

a)「軍司令部がtrader(業者)をappoint(任命)した」と、証拠無き捏造。真実は、証拠一切皆無。軍人勅諭の日本皇軍では、常識で考えてもあり得ない。

b)「募集に関する公文書は日本政府が隠蔽しているので、発見しにくい」と捏造。隠蔽している証拠の開示無し。

61項

慰安婦総数20万人」と捏造。何を証拠に算定したのか一切開示無し。

69項

「20万人の大部分は殺された」と捏造。証拠無し。「女性を前線に放置しては武士道がすたる。万難を排して救出せよ!(「トラック島第四海軍病院――日赤従軍看護婦の手記」非売品1964年)」とある。9割以上が生還したと著者は、推定している。

93項

「軍人が直接、募集に当たったことを日本政府は認めた」と捏造。認めた証拠無し。

128項

a)「マカオに慰安所を設置」と捏造。マカオはポルトガル領で日本軍はいなかった。

b)「日本軍が慰安所を直営」とすべてそうであるかのように捏造。日中戦争初期の1~2例を除き軍直営は無い

note10

吉田清治著の英訳が引用されているが、当時英訳本は無い

note19

putchardという英語は無い。pritchardの誤記か?

 

※こんなにずさんなクマラスワミ報告書を、検証もせず盲信した職責不履行朝日と日弁連と凶授と額者は、まさにただの記憶機HDD

 

 2月6日朝日新聞夕刊

 「個人への国家補償を避けてきた日本政府に対し、国連の人権専門官が明確に(NO)のサインを出した」

「今度の勧告が法的、政治的な議論を復活させるきっかけになる可能性はある」ジュネーブ特派員伝

「勧告の内容はもっともだ」在日朝鮮人元慰安婦の宋神道

「報告書は、私たちが日本政府に求めていたところと大きな点で一致する」吉見中央大学教授

「国連全体の認識となり、日本政府もその考えに立つことを期待」高木健一弁護士

「百点満点の内容だ」朝鮮人梁澄子

 

 2月7日日弁連土屋公献会長「慰安婦と戦場の性」より

 「日弁連は、この報告書が、国連人権委員会で採択されることを強く望む。――日本政府が逡巡することなく着手するのが、国際社会の中で、日本が名誉ある地位と評価を得る最後の機会」

 3月18日

 1996年3月18日マラスワミ勧告、ジュネーブ開催の国連の人権委員会へ提出。戸塚悦郎弁護士は、「リットン報告書の再来」と、喜んでいた

リットン報告書は、ソ連凶産ハニーマネーの傀儡の報告書で、42対1で採択なのも、現在同様、買収にはからきし弱い「実技無き言葉と文字界」当時の国際連盟が、凶産無知のソ連凶産に買収された結果である。もちろん、検証回路欠落欠陥人戸塚悦郎弁護士は、42対1の票差の意味でただ単にたとえたに過ぎず、他意無し。

 カリスマ指導者毛沢東、周恩来亡き後、鄧小平求心力回復目的で、日本敵視政策を開始し、「侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館」という捏造歴史館を1986(昭和61)年に開館。

 さらに凶産中国後継江沢民は、同族殺し(1989年(平成1昭和64)4月17日天安門事件②)糾弾による中国凶産崩壊防止目的で、日本敵視政策を強化継続した。その一環に、日本偽善者集団と韓国乞食集団が便乗し、「慰安婦問題」として拡大した。

1996年4月

国連決議クマラスワミ報告書に対しての

1、「女性に対する暴力とその原因および結果に関する特別(クマラスワミ)報告書の作業を歓迎し、その報告書に留意する」

1、が慰安婦問題で、以下、2、3は、家庭内暴力についてである。1、慰安婦問題は、「作業を歓迎し、その報告書に留意(国連決議の用語で留意は、“聞き置く”に近く、存在は否定しないが、歓迎などはできないことを示す。共同電)」、とあるのみで、2(作業を奨励)、3(分析賞賛)のような、積極的な語感ではない。

2、「地域社会における暴力に関する特別(クマラスワミ)報告書の(今後の)作業を奨励する」

3、「家庭内暴力に関する特別(クマラスワミ)報告書の分析賞賛する」

 

黄禍論者が仕掛けたクマラスワミとマクドゥーガル報告書のソースは韓国捏造犯日資料証拠無き証言

 マクドゥーガル(有色人)報告書(2000年8月最終報告)はクマラスワミ(有色人)報告書(20万人以上の女性を強制連行は証拠皆無の推論)をベースにし、「レイプセンター(強姦所)」と呼称、慰安婦は11~20歳、生き延びたのは25%(「朝鮮の慰安婦が14万2000人死んでいるは、証拠皆無の朝鮮人発言)等々捏造や妄想をさらに拡大している。報告書はクマラスワミ同様勧告だが、国連決議は「歓迎」で「勧告」ではない。

 主文は当時進行中(2000年)の旧ユーゴスラビアでの戦争とルワンダ虐殺で、主文の附属文書として55年以上昔の(1945年以前)の日本の慰安婦について取り上げているので、「日本の慰安婦勧告」=国連決議「歓迎」とは成らない。がしかし、錯覚することは間違いない。現に、「日本叩き族」は、国連勧告決議断定宣伝している!

 両報告書とも主文「現代」に対しての過去(55年以上前)の「附属文書」で、両者ともに「有色人起用」は、主文に紛れ込ました錯覚目的の洗脳が明白に感じられ、同時に、黄禍論者「日本叩きの作為」を、明明白白に物語っている!

 黄禍論者が仕掛けたこの、「日本叩きが目的」の捏造両報告書が、慰安婦決議や、碑や像の設置や、米国歴史教科書等のソースである。

 中朝韓の犯日捏造洗脳教育(日本統治以前の無残な歴史の韓半島と、日本撤退以後の中朝韓同族大虐殺隠蔽目的)がネットの普及で一気に暴かれ、内乱の恐怖におののき便乗したのが朝鮮族と凶産支那族。

 「慰安婦等の日本叩き」は、白人黄禍論者(太平洋戦争は白人の正義戦争と捏造し、日本叩きで有色人連合阻止)と、朝鮮族と、凶産支那族の、捏造隠蔽が、目的である!

 

 5月29日付の週刊新潮インタビューで、吉田清治は「本に真実を書いても何の利益もない。事実を隠し自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやるじゃないか」と『私の戦争犯罪 -- 朝鮮人強制連行』中の記述において、「人間狩りを行なった場所がどこであるかについては創作を交えた」と認めた

1997(平成9)年

1997(平成9)年1月31日『朝まで生テレビ!』(TV朝日)で吉見義明教授が「植民地での奴隷狩り的強制連行と挺身隊が慰安婦にさせられた例は確認されていない」と自白

 1月31日「つくる会」が文部省の小杉隆文大臣に教科書の慰安婦についての記述の削除を申し入れる。

 2月27日当時の安倍晋三議員の主導で「日本の前述と歴史教育を考える若手議員の会」が結成される。12へつづく

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/385-ddb18083

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。