QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観柏楊警句中朝韓罪日すぐに浮かれる偉そうに振る舞う復讐しようと歯ぎしり

柏楊警句中朝韓罪日すぐに浮かれる偉そうに振る舞う復讐しようと歯ぎしり

※「2000年日本軍性的奴隷戦犯女性国際法廷」とは、2000年に東京で開催され、2001年にはオランダで「最終判決」を発表した「模擬法廷」。「法廷」は運動の名称、「判決」は運動の意見で、当然、法的拘束力などない。「すでに結論が出た」は、「偽称法廷」で、「犯日捏造団体の結論が出た」だけのことで、「正式法廷の結論」ではないので、引用時必須の「模擬・偽称」は故意に削除し捏造、正式であるかのように装って洗脳している。

 日本軍が一部軍人の犯罪に気付き、即刻この慰安所を閉鎖したのだが、その事実を言えば逆に、日本軍完全関与の決定的な証拠となるので、証言者ジャン・ラフ・オハーンは、「日本軍が慰安所を閉鎖」したことを故意に、隠蔽している。当事者ならこのことは、知らないと言い逃れできないほど、明白な事実である。スマラン(白馬)事件(日本軍が調査し2ヶ月未満で閉鎖し処罰)はBC項目裁判で断罪済み(60数年前に死刑)なので、証言者ジャンは、異なるような証言をしているが、証言該当事件は、この事件以外に無い!オランダ軍法会議(リンチ)で裁かれたのはこの事件のみが、証拠!

 「公文書」該当事件も、この事件以外に無い!オランダ軍法会議(リンチ)で裁かれたのはこの事件のみが、証拠!「公文書」ソースを明確にすれば、逆に、一部軍人の犯罪で断罪済み、かつ、日本軍完全関与の決定的な証拠となるので、この研究員も、同じ理由で故意に、隠蔽し洗脳。

スマラン(白馬)事件は一部軍人の犯罪で、日本軍完全関与を証明したBC項目裁判とオランダの調査

 朝鮮人は自称慰安婦全員が強制連行性奴隷証言したが、オランダ人の正直は、正に本物

 一部兵士の、強制連行事件(「白馬事件」リンチ裁判では25名が強制と断定)はあったが、日本軍の強制連行はなかった証拠が、下記調査。

The study shows that in recruiting European women for their military brothels in the Dutch East Indies, the Japanese occupiers used force in some cases. Of the two hundred to three hundred European women working in these brothels, 65 were most certainly forced into prostitution.

 研究では、日本の占領は、オランダ領東インドでの慰安のためにヨーロッパの女性を募集して、いくつかのケースでは、力を使用したことを示しています。これらの売春宿で働く二百から三百のヨーロッパの女性のうち、65が最も確かに売春を強要されました。http://www.awf.or.jp/pdf/0205.pdf
 200~300人全員が、強制連行強制売春と答えるのかと思ったら正直なのには驚いた!全て責任転嫁の「自称従軍慰安婦」嘘つき朝鮮人とは真逆で、なんと矜持のある方々だと、感動する!衛生管理や待遇が、よほど良かったのであろう!「確かに売春を強要65」とあるが、真実は、「白馬事件」のみが強制連行強制売春と、推察できる。戦勝国のリンチ裁判では、慰安婦にされた35人のうち25名が強制だったと断定したが、白馬事件の裁判全記録は、2025年まで非公開。 日本軍の一部の犯罪(白馬)はあったが、全体(日本軍)ではないと、日本軍完全不関与の決定的な証拠を、当事者オランダが、BC項目裁判と調査で証明したのだ!

 沖縄で米兵の強姦事件があった、だから米軍は強姦軍と報道するだろうか?報道したら大問題、しない!。当然の常識である。一般常識無皆無の、モヤシ吉見凶授や高木、福島瑞穂、日弁連、人権派弁護士自称戸塚悦郎、韓国オランダ証言、米加豪比UE議会犯日の論法は、「沖縄で米兵の強姦事件があった、だから米軍は強姦軍」なのである。婦人や少女が誘拐されるのを、黙って看過する身内親族村町が、はたして世界にあるだろうか?あるはずなど無い!これは常識論だ!

 非常識を認識できない常識が朝鮮人。全く、似て卑なる者だ!

 

 この(橋下市長)発言の問題核心は徴集過程で軍の暴行・脅迫によって引きずられて行ったという証拠を要求することによって徴集だけでなく移送、配置過程にあった強制性全体を否定する形態を取っている点だ。

 筆者は‘慰安婦’を徴集する上で日本軍の直接遂行を一般化はしない。日常的に日本軍に属したり命令受けた‘(準)軍属’あるいは‘軍従属者’に該当する者がほとんど全権を持って多様な強制的方式で遂行したと見る。強制とは本人の意志に反する行為をするようにさせることだ。この強制はまた、軍慰安所内の行為にまで適用されなければならない。

※一部の日本軍兵士関与のスマラン(白馬)事件は、発生から2ヶ月未満で日本軍が処罰し、かつ60数年前に、BC項目裁判で断罪済みである。この事件に、「韓国人慰安婦はいない」!橋下市長は「韓国の皆さんにも(証拠を)出してもらいたい」と、「韓国」のみに問いかけたのであって、他国やオランダに問いかけたのではない!

 

 日本軍‘慰安婦’を作ったこと自体が犯罪的行為といえる。当時、日本政府は未成年者人身売買禁止のための国際条約に加入した状態であった。未成年女性たちの国際的売春を防止するための条約で、政府が人身売買・誘拐・脅迫など売春を目的とした国外移送を禁止することを約束したのだ。国内法、刑法第226条でも国外に移送する目的で人を売買したり、誘拐あるいは売買された者を国外移送することを禁止し犯した場合2年以上の懲役刑に処するよう規定されていた。

※55年前の1957(昭和32)年に、日本の売春防止法』は実施なので、当時は合法。性病防止、現地婦女子保護目的で設置されたもので、「犯罪的行為」ではなく「犯罪防止行為」。「未成年者人身売買禁止」国際条約は順法していたので、1990(平成2年)年韓国が、挺身(労働力補足)隊を「慰安婦」と捏造し騒ぎだすまでの戦後45年間は、何も無かった。一部の日本軍兵士関与のスマラン(白馬)事件は、犯罪として日本軍に処罰され、戦後戦犯として処刑されたのは前掲のとおりで、順法の証拠である。

 移動保護等は戦地なので、軍隊助力は当然である。「誘拐あるいは売買」ではなく親の借金や前借金でが、多かった。朝鮮は1910年に日本が禁止するまで、「人を売買したり、誘拐」は、李氏朝鮮518年間の伝統芸であった。

 そもそも、現代の倫理観で当時合法のなりわいを云々は、遡及(事後)法と同じ禁じ手である。ちなみに韓国の売春禁止法は、2004年、6年前である。

 このように事実を隠蔽したりねじ曲げたりのいいとこ盗りで、洗脳している。

 

 しかし戦地の日本軍が朝鮮総督府や‘朝鮮軍’に要請して多様な不法方式で女性たちを動員したことはすでに当時の文書資料で確認された。また注目することは1939年、全国的に広範囲な人身売買に対する新聞報道があったが、朝鮮総督府がこれらを処罰したという内容はない。反面、戦争状況でも‘慰安婦’関連の言葉をいったという理由で陸海軍刑法で厳しく処罰を受けたという事実が表われている。

※「1939年、全国的に広範囲な人身売買に対する新聞報道」のソースがなぜか開示されていないが、わざわざ引用しているので、「朝鮮南部連続少女誘拐事件」以外はないだろう。

 朝鮮南部連続少女誘拐事件とは、1932年(昭和7年)から1939年(昭和14年)の7年間、朝鮮の南部地域(慶尚道・全羅道地域)で続発した連続少女誘拐事件である。

 犯人は京畿道京城府本町(現大韓民国ソウル特別市中区忠武路)在住の朝鮮人夫婦で、夫は大田刑務所の元看守であった。1932年(昭和7年)に、夫は大田刑務所を退職したが、転職の当てがなかったため、とたんに生活が苦しくなった。そして「金儲けは娘誘拐に限る」と称し、妻と共謀して連続少女誘拐と人身売買を手がけるようになった。

「朝鮮人の親が子供を10円で売った」は、李氏朝鮮518年間の伝統芸!(1910年に日本が禁止するまで、「人を売買したり、誘拐」は、李氏朝鮮518年間の伝統芸)

 慶尚北道大邱府南山町(現大邱広域市中区南山洞)の民家に犯人夫妻が訪れ、「俺は京城でも相当な資産家だ。子守娘を雇うのだが、君の娘はどうだろうか。京城の娘はどうも生意気で・・・」と言葉巧みに親を説得し、前金として10円を支払い、その家の娘(当時18歳)を引き取った。その後、娘を京城ではなく中華民国の天津に連れて行き、1000円で売り飛ばしたという。

 後の7年間、同様の手口で朝鮮半島南部の少女約150人を誘拐し、パスポートなしで渡航できた満州国や中華民国の人身売買市場に連れて行き、60000円を荒稼ぎしたという。

 1939年3月4日、全羅南道光州府(現光州広域市)から連れて来られた少女(当時18歳)は、身の危険を感じて犯人宅から逃亡した。犯人は「自分の姪がいなくなった」と東大門警察署に捜索願を届け出たが、不審に思った署員から問い詰められ、7年間の誘拐・人身売買を自白し、逮捕された。

 加害者及び被害者が全員朝鮮人だったことから、朝鮮語メディアである東亜日報や朝鮮日報が特集を組み、大きく取り上げられた。資料・『京城日報』1939年3月5日夕刊・秦郁彦『慰安婦と戦場の性』新潮社1999年

 「処罰したという内容はない」は、捏造。事件犯人朝鮮人夫婦は上記のように逮捕され、東亜日報や朝鮮日報が特集を組み、この事件を大きく報道した。

 朝鮮人150人の親が誰一人、7年間も「捜索願」を出さず、逮捕のきっかけが、脱出した少女を探す犯人の「捜索願」とは、何とも日本人には理解不能の事件で、「人を売買したり、誘拐」は、李氏朝鮮518年間の伝統芸を物語る、明々白々な証拠である。

 現在も続く伝統芸2012年10月3日(同胞を騙して連行来日、閉じ込めて性奴隷。タコ部屋というより、「地獄」)。

 

 日帝の走狗になったが結局、廃刊になった東亜日報や朝鮮日報も1940年以後はなかった。このような過酷な社会の雰囲気で最も強力な権力だった日本軍は必要なら、さらなる犯罪行為に対する処罰も中止させることができた。その強力な日本軍の要求の一つがすなわち日本軍‘慰安婦’動員だった。我が国で日常的な動員方式は主犯の日本軍の命令と要求によって従犯の代理人強制的方式で日本軍‘慰安婦’を動員したということだった。

※「日本軍‘慰安婦’動員」は捏造。資料・根拠無し捏造で難癖が、朝鮮難癖の特徴、ここでもソース無し。捏造なので、当然日本にも資料証言は皆無。現在、「従軍慰安婦」と世界で騒いでいるのは朝鮮族のみ。

 日本のすべての「動員(国民徴用)目的」は、労働力不足の補助で、死活存亡の非常時に、「‘慰安婦’動員」な、ど一切無し。

 健康な成人男子はすべて戦地にとられ、国内は極端な労働力不足となった。この労働力不足を補う目的で、国民徴用令が1939(昭和14)年7月に施行された(朝鮮は5年後)。女子は、1944(昭和19)年に女子挺身勤労令が公布され、終戦5ヶ月前の1945年3月に、女子挺身隊も国民義勇隊として改組された。

 日中戦争の頃、「挺身隊」という語は男女問わず「自ら身を投げ出して進めること」として1940年頃から使用されていた。

 1944年8月、国民徴用令が朝鮮にも女子を除いて施行。朝鮮の未婚女性は、戸外労働を忌避する伝統(誘拐防止か?)があり、1944年8月、日本内地に女子挺身勤労令が出されたが、当時、徴用忌避に気をつかっていた朝鮮総督府は、朝鮮女子は除外すると言明した。朝鮮女性の労働力登記は極小であった。

 労働内容は、高知第一高等女学校昭和18年度卒業生26人が女子挺身隊として、19年春から呉海軍工廠に勤務した資料参照。呉海軍工廠に女子挺身隊として勤務した高知第一高等女学校関連資料
 挺身(労働力補助)隊動員を、挺身(慰安婦)動員と捏造し、悪辣な印象操作での洗脳で、名称詐欺である。韓国数多の挺身隊を冠した訴訟は、「韓国捏造難癖訴訟」が正しい。名称から偽って、訴訟内容を自白している。

 

 被害者証言が資料にならないなら文書資料は日本側が提示しなければならない。敗戦後、朝鮮総督府で体系的に資料を焼却整理したというのが大半の意見だ。だが重要な資料は複数作って日本に送ったりもしたので日本にある可能性はある。私たちに文書資料を要求するのではなく、日本の法務省、警察庁、出入国関連資料、軍事郵便局などの‘慰安婦’と関連した資料を調査公開することが順序だ。

資料を却焼」は、返答に窮した際の朝鮮族の常套句。日本には前掲のごとく、朝鮮族捏造(挺身隊慰安婦)の資料など、朝鮮族の捏造なので、無くて当然。朝鮮族自ら捏造の資料を日本に出せとは、何とも無理難題な要求ではないか?

 朝鮮族が自ら自浄しなければ、「虚言妄言朝鮮族」の蔑称は、永遠に別称となる。

 

 これから重要な地位に進む責任ある政治家なら、このような類似の発言を反復せず目の前の利益を越えて今は東アジアの人権水準を高める生産的な議論に進むことが必要ではないか。

※ネタバレ(朝鮮族捏造)の現在、「人権」は、「ヒカエオローの印籠」では、もう、ないのだ。

 

選り盗りつまみ食い針小棒大して(自慰作家)朝鮮族を洗脳する自称歴史研究員

 当時日本とタイのみが独立国の戦国時代。日清戦争で清国属国から独立さしてやっても、ビンピと大院君の内乱の明け暮れで自立できず、露西亜属国になりかけたので、反露西亜英米等や、朝鮮国民の総意を受け日本が、不戦で統治した。日本が統治しなければ、露西亜の植民地になっていた。これを日本の統治がなければ独立できて、バラ色のお花畑であったかのように洗脳し、「植民地支配」云々と洗脳して日本に難癖をつけ、朝鮮族をけしかけている。

 「慰安婦」問題も、45年間は何事も無かったのだが、当事者既に亡くなり反論証言皆無となった1990年、急に騒ぎ出し、一方的な「慰安婦証言」のみを証拠に、慰安婦補償・慰安婦碑設置等々、内外朝鮮族が大騒ぎした。つまみ食い選り盗りもはなはだしく、何ともおぞましい根性の民族だ。

 当事者既に亡き現在は死人に口無し、自称被害者証言や現代の意見は、いか様にでも捏造可能である。「証言や現代の倫理意見」ではなく、当時の倫理、証拠のみが正しい。

 

唯物の中朝韓罪日にピタリ当てはまる言葉

中国人作家柏楊の警句

 「この国の人たちはすぐに浮かれる器が小さくて、すぐに満たされるからだ。見識が浅く、度量が狭く、小さなことでもやり遂げれば直ちに天下が自分のものになったように偉そうに振る舞う。西洋人は戦った後に握手をするが、彼らは3代にわたり復讐しようと歯ぎしりする」。

 

 柏楊(はくよう1920年~2008年)本名は郭 興邦で、後に郭 衣洞と改名。共産党の中国支配後に台湾へ渡り、執筆を開始。社会風刺が特徴で、小説や歴史書など多彩。

日本で出版柏楊の著作

光文社

『醜い中国人なぜ、アメリカ人・日本人に学ばないのか』『絶望の中国人なぜ、同じ過ちを繰り返すのか』1988年

『新醜い中国人「21世紀は中国人の時代」は大嘘だ』1997年

『中国人よ、お前はどんな呪いをかけられたのか』1988年学生社

『異域 中国共産党に挑んだ男たちの物語』2012年第三書館

 

幼児からの捏造犯日洗脳教育は日常茶飯事で日本国民が知らされなかっただけ

 このような正体を、中朝韓罪日はこれまで、日常茶飯事で報道していたが、日本の職責者マスコミはことごとく隠蔽、輩の正体を隠していた。日本国民は知る権利を奪われ、ODAや条約や支援等を行ったため、犯日被洗脳国民は、「ODA・条約・支援」とは解せず、「償い・謝罪」と解釈し図に乗り、輩の増長に拍車をかけた。職責者が職責履行しておれば、「ODA・条約・支援」も分相応となり、中朝韓罪日に深入りはせず、中韓依存も無く、現代の災いを呼び込むこともなかった。日本凋落は、耳目を託した職責者の職責不履行裏切りが原因である。

 幼児からの捏造犯日洗脳教育は致命傷である。回復には70年以上を要する!

 日本の職責者とマスコミの、中朝韓罪日正体隠蔽は現在も続行中であるが、現代はネットがある。中朝韓の凶授記者が、内外支那族や朝鮮族を洗脳する妄言(自国は絶対正しく日本が全部悪いから)が、U1速報では刻々報道中。中朝韓罪日の異常(器が小さい・復讐しようと歯ぎしり)が満載の報道サイトである。虚実混交かな?は、ソースが明示されているので、ソースを参照のこと。なぜか日本のマスコミは、驚天動地の中朝韓罪日妄言を、一切報道してこなかった。そして現在も一斉に報道統制である。スパイの巣窟を自白している。

 U1速報には、中朝韓罪日の新聞教授識者とは名ばかりの、「言葉と文字界の完全堕落(真実とは無縁のただの捏造拝金詐欺師)」が花盛りである。これを反面教師として、日本人は学べ!

性善と性悪

 捏造が宗の政権(中朝韓)は、言わば躾の無い犬(性悪)で、「性善」ではない。躾の無い犬(性悪)対処に「性善(躾皆無)」では無法の手助けで、現在のような無法犬(中朝韓)となる。「性善」には「性善」、「性悪」には「性悪(躾)」対処が賢者の知恵

友好ODA思いやりは謝罪と解釈優劣上下尺度の唯物中朝韓罪日には忠犬の心すら無い!犬以下!

 先人福沢諭吉は、人類とは著しく異なる中朝韓罪日の特異な民族性を、すでに100年以上も前に脱亜論(1885年)で指摘している。これを学ばず助長(職責不履行)、またはスパイと化した職責者が、現在日本の「凋落と国難」を招いた張本人で、現在の戦争起因(竹島・尖閣・捏造慰安婦難癖)の元凶である!

 「慰安婦強制連行・性奴隷・20万人」こんな簡単な朝鮮人の捏造が看破されず、慰安婦碑や非難議決(米加豪比韓蘭EU)まで至った事は真新しい事実である。今回の難癖、捏造思想戦は、凶産中国が仕掛け、朝韓罪日在米朝鮮人が追随したが、日中戦争は、凶産ソ連と毛沢東中国が仕掛け、蒋介石と米英仏蘭が追随、大東亜戦争に拡大した。日中戦争もWW2も大東亜戦争も、凶産とその手先となった世界の「言葉と文字界」が元凶である。米人ラルフ・タウンゼント警句1軍国に非ず護国主義日本駄目押し証拠アメリカはアジアに介入するな! 参照!

 

報道テロ(少数思想の大多数思想破壊=多数決決定民主主義の破壊)を繰り返す(再犯)マスコミ

 かっての満州事変(1931年)の発端も、このような住民に成りすました凶産スパイの、住民虐殺かく乱から始まった。住民に成りすました凶産ゲリラスパイのかく乱作戦!捏造報道テロで日本をかく乱する朝日新聞!

「慰安婦問題」元凶のくせに善人面社説盗人猛々しいマッチポンプ朝日新聞

詐欺師凶産スパイ新聞捏造記事常習犯朝日の愚論

2012年8月31日朝日新聞社説

河野談話―枝でなく、幹を見よう

旧日本軍の慰安婦問題をめぐって、日韓関係がまたきしんでいる。

 きっかけは、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が今月、竹島に上陸したのは、慰安婦問題で日本政府の対応に進展がなかったからだとしたことだ。

 これに対し、野田首相が「強制連行の事実を文書で確認できなかった」と語ったことが、韓国国内で「歴史の歪曲(わいきょく)」などと反発を広げている。

 歴史問題を持ち出してナショナリズムをあおるような大統領の言動には首をかしげる。

 だが、日本の政治家の対応にも問題がある。

 見過ごせないのは、松原仁・国家公安委員長や安倍晋三元首相ら一部の政治家から、1993年の河野官房長官談話の見直しを求める声が出ていることである。

 河野談話は、様々な資料や証言をもとに、慰安所の設置や慰安婦の管理などで幅広く軍の関与を認め、日本政府として「おわびと反省」を表明した。

※戦後の日本には、国独自の強力な情報機関がないため、資料収集先が稚拙な「朝日新聞」等で、「朝日新聞慰安婦犯日キャンペーン」に惑わされ、宮沢の謝罪、河野談話の愚行となった。「おわびと反省」の愚行元凶が朝日新聞。

 

 多くの女性が心身の自由を侵害され、名誉と尊厳を踏みにじられたことは否定しようのない事実なのである。

※「多くの女性が心身の自由を侵害」は朝日の捏造。スマラン(白馬)事件のみで、数人~25戦勝国のリンチ裁判では、慰安婦にされた35人のうち25名が強制(つまり10名は自発)だったと断定したが、白馬事件の裁判全記録は、2025年まで非公開

 

 松原氏らは、強制連行を示す資料が確認されないことを見直しの理由に挙げる。枝を見て幹を見ない態度と言うほかない。

※何とも白々しい!朝日新聞こそ「枝を見て幹を見ない態度」。「強制連行」は一部兵士の事件スマラン(白馬)事件のみで、日本軍が即刻処罰し、2ヶ月未満(オランダ人証言者著作では3ヶ月と捏造)で閉鎖していることは、戦犯裁判や後のオランダ調査で公知の事実。つまり「強制連行」は一部兵士の事件で、日本軍不関与と証明されている。朝日新聞よ「枝(一部兵士の事件)を幹(日本軍関与)と捏造するな」。

 当時の売春は合法で、事後法(売春禁止の現代道徳での非難)は、禁止法である。善人を装い先人非難は、元凶隠し?(慰安婦問題は朝日新聞捏造記事が発端)。

 平和の現代とは異なり、当時は「明日無き命」の戦国時代、「白馬事件」等、一部の「枝」はあったが全体の「幹(日本軍)」ではない。

 「心身の自由を侵害され、名誉と尊厳を踏みにじった」のは一部の「枝(事件)」で。全体の「幹(日本軍)」ではないのだ。

 元慰安婦の証言のみを確かめもせず、裏も取らず、どうして正しいと丸鵜呑みで、信用できるのだ?現在、反論可能な当時者はみまかり、皆無なのに?

 ましてや元慰安婦は名誉なことではなく身内親族に対しても恥ずべきことで、本当の慰安婦であったなら、証言しないのが常識ある常人である。身内親族に迷惑をかけるので、日本人証言者は現在もほとんどいないのは当然なのである。当然韓国にも、戦後45年間はいなかった。

 ところが、「金が取れる」と金目的でを募ったので、自称(裏取リ無し証拠無し)元慰安婦証言者が数多集まった。輩は、身内親族不名誉回避「言い訳」用に、自発慰安婦(身内親族に迷惑をかけ不名誉)ではなく、「強制連行され閉じ込められた(逃げることが出来ない)犠牲者(性奴隷)」と、一様に「捏造」した。

 「強制連行され閉じ込められた(逃げることが出来ない)犠牲者(性奴隷)」と「捏造」すれば、身内親族に対しても「私は犠牲者」と「言い訳」が出来、身内親族への不名誉を回避し、その上、多くの同情を呼ぶことも可能で、まさに一石二鳥である。「強制連行され閉じ込められた犠牲者(性奴隷)」は、以後、自称(裏取リ無し証拠無し)元慰安婦証言者の、必須の道具になった。反論証言者亡き現在、自称元慰安婦証言者は、自作自演でやりたい放題、「私は犠牲者御恵みを」と必死になって演じている。5へつづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/368-33e46310

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。