QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観凶産中国の犯日教育強力推進者が田邊誠民主党現顧問元社会党委員長

8凶産中国の犯日教育強力推進者が田邊誠民主党顧問社会党委員長

昭和60(1985)年朝日新聞と人民日報が連携しながら犯日反対運動展開の結果、中国は反靖国で中曽根の、以後の靖国参拝を中止させた。以後靖国は、中朝韓罪日の「ゆすりたかり」カードとなった。

昭和60(1985)年(抗日戦争終結40周年中国「侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館」開館。「抗日戦争記念館」の中身はといえば、日本軍の残虐ぶりをひたすら強調しようと探したが見つからず困り果て、しかたなく中国兵の伝統的猟奇的残虐手法を色々展示している。1986年6月4日天安門事件以降の江沢民政権で南京事件は、大々的に宣伝活動に利用され、対日批判プロパガンダのネタとして日本政府から外交上譲歩を引き出すカードとして利用され続けている。30万人から中国の主張する南京犠牲者数は40万人以上と10万人も増加しており、年を追うごとに増加する事は異常である。語るに落ちている。基本条約を締結後、2003年まで、総額三兆円のODA (経済援助)、三兆円の有償援助の、合計六兆円もの巨額の経済援助を中国に与えている最中なのにだ!矜持皆無の国家だ愚民化政策なので、非公開、中国国民は一切知らない

 

凶産中国の犯日教育強力推進者が田邊誠民主党顧問社会党委員長

 凶産中国犯日教育開始の切っ掛け(南京大虐殺紀念館)が、田邊誠民主党群馬県総支部連合会常任顧問元日本社会党委員長。つまり、労働者団体の長が、現在の労働者困窮の原因を作り、労働者自らが、自分の首を絞めた。そして、労働者自らが、子孫の労働者をも奈落の底に蹴落とし、路頭に迷わしたのだ!凶産カルトのお題目、「上悪下善」に、洗脳されたからである。

 労使対立で会社消えれば失職は、当然なこと。どうして子供でも解るこんな簡単なことが、気付き得ないのだ。覚醒せよ!

 「助け合い」が、天災大国日本の歴史で、「助け合い」無しでは、生存出来得なかった。他国の経営者とは完全に異なる。「上悪下善」経営者は日本存続不可で、お題目は「死語」が、日本。

 究極の共産助け合い)で、天災列島日本に適者生存してきた長い歴史が、既に在る。日本は正真正銘の共産(助け合い)国家である。だから「共産はまがい物」で、正体は「凶産」と看破し、反凶戦争(日中戦争では意味不明だが反凶戦争なら意味明白)を展開したのだ。ローマ法王ピオ11世も即座に看破し、日本支援を、全世界に発信した。人類で最初に看破し、反凶を唱えたのが、ピオ11世と日本なのだ。

 この正真正銘の共産助け合い)国家日本を、破壊しようとしているのが、まがい物カルト教凶産なのだ。

 戦後は「上善下悪」でまがい物凶産カルトのスパイと化し、日本の助け合い(究極の共産)、「上善下善」を破壊した。まがい物凶産カルト「上悪下善」の、労使対立(凶産カルトのスパイ)では無く、労使が協調した戦前の、健全な助け合い(究極の共産上善下善)団体に回帰せよ!

 

 南京大虐殺紀念館は、中華人民共和国の博物館。中国での正式名称は「侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館」。日本では、殺と虐殺を同意と考えて南京大虐殺紀念館と呼称。抗日(犯日)記念館の代表として中国共産党により愛国(犯日)主義教育基地に指定されている。

 田邊 誠(田辺誠1992~ )民主党群馬県総支部連合会常任顧問は、衆議院議員(11期)、日本社会党委員長(第11代)を歴任。

 田辺誠は1980年代に南京市を訪れた際、当館を建設するよう勧めた。中国共産党が資金不足を理由に建設は消極的だったので、田辺は総評から3000万円の建設資金を南京市に寄付。その資金で南京大虐殺紀念館が建設された。3000万円の資金のうち建設費は870万円で、余った資金は共産党関係者で分けたという。また記念館の設計日本人が手がけた」元教科書是正訴訟事務局 事務局長 半本 茂
 1982年、田辺の再三の建設要求と破格の資金提供に対し、中国政府の鄧小平ならびに中国共産党中央委員会が、全国に日本の中国侵略の記念館・記念碑を建立して、愛国(犯日)主義教育を推進するよう指示。1983年、中国共産党江蘇省委員会と江蘇省政府は南京大虐殺紀念館を設立することを決定し、中国共産党南京市委員会と南京市政府に準備委員会を発足させた。鄧小平1985年2月に南京を視察、建設予定の紀念館の館名を「侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館」と揮毫。

昭和61(1986)年藤尾正行文相「韓国併合、合理化発言」に韓国抗議。戦国時代力無き朝鮮、寄らば大樹の陰で選択したのが日本、武力併合ではないので世界が承認した。正論発言で→罷免

昭和61(1986)年8月1日「戦場にかける橋」の嘘と真実。岩波書店・永瀬隆志。風土病死を虐待犠牲者、ロウムシャ犠牲15万人(ほとんどが帰省し、事実は多数のみ)、能動戦争と捏造、極悪軍隊と貶め、謝罪することで偽善者ぶる永瀬隆志。迎合金儲け証言者のはしりで、皆騙された

昭和61(1986)年8月15日この年のこの日にも また靖国のみやしろのことに うれひはふかし」は、前年参拝の中曽根首相、一転して不参拝発表当日の、昭和天皇の歌。「この年のこの日にも」が御意、余命を悟られた御詠である。3年後の8月15日を迎えることなく、1月7日に崩御された。「この年のこの日にも(合祀は8年前、この年ではない。終戦後41年も経たこの大事な日におよんでも)また靖国のみやしろのことに(なぜ靖国不参拝に)うれひ国思わぬ輩に参拝の道を閉ざされた嘆き)はふかし」。昭和天皇の靖国不参拝理由は、A項目戦犯の合祀に非ず、中曽根首相等の、凶産の捏造に屈した先人冒涜であることは、明白である!昭和天皇の大御心を、不忠の臣が政争の具にした。その嘆きが御詠となって、ほとばしったのである。

昭和62(1987)年韓国犯日パクリし便乗、8月15日(日本の終戦記念日)韓国ソウル市郊外に日本軍の残虐ぶりをひたすら強調しようと探したが見つからず困り果て、しかたなく朝鮮兵の伝統的猟奇的残虐手法を色々展示した独立記念館開館。日本は1998年まで、有償資金協力6,455.27億円、無償資金協力47.24億円、技術協力実績239.94億円もの経済援助をしている最中なのにだ!矜持皆無の国家だ愚民化政策なので、非公開、韓国国民は一切知らない。国賊風見鶏中曽根の愚行の結果である。表で友好、裏で破壊工作の証拠である。「中国ODA六兆円の闇」青木直人著祥伝社黄金文庫

昭和62(1987)年7月竹下登派(経世会)議員113名の最大派閥となる。私利私欲派閥議員の巣となり、日本国などポイ捨てされ、拝金児遊官主党となった。

昭和62(1987~89年竹下登首相終戦時21歳。

昭和63(1988)年韓国盧泰愚13代大統領韓国民主化政権。もう軍事政権の皮同胞大虐殺を包み隠せないので、仮想敵国日本とし、マスコミ、罪日フル扇動して国家総動員の犯日の皮で、国内の、李朝差別で砂の人心を、掌握し続けている。凶産並みのスポーツ選手強化も、同じ目的。NHK、TBS、TV朝日、毎日、朝日、国会議員等の、思想戦犯日工作員が証し。中国凶産の人心も砂で同じ。スパイ天国、これが日本の実体で、犯日はすべてが、思想戦工作員。歴史捏造韓国ドラマを垂れ流し、日本国民洗脳に必死なNHK(中国凶産と朝鮮と罪日の工作員)とTBS(毎日新聞。罪日と朝鮮の工作員)は、国賊TV朝日(朝日新聞。中国凶産と罪日)と同類の、報道の自由を隠れ蓑に捏造する、思想戦亡国報道社。

注・こんな厚顔無恥な輩が隣国支配なのだ、護憲派や九条の会は工作員、会員は洗脳された愚民

昭和63(1988)年4月22日奥野誠亮国土庁長官「(日中戦争について)日本に侵略の意図は無かった。盧溝橋事件は偶発的と発言」に中国韓国抗議。正論発言で→辞任

 4月28日分祀騒動の発端、富田メモ・卜部日記の日付。

 8月15日全国戦没者追悼式最後の御製やすらけき世を祈りしもいまだならず くやしくもあるか きざしみゆれど」。「やすらけき世」とは、「先人の真実の歴史に目覚めた世」以外には無い!

平成1昭和64(1989)年1月7日昭和天皇崩御

平成1昭和64(1989)年4月17日天安門事件②胡耀邦追悼集会が民主化要求デモに発展し、人民解放軍が発砲、死者二千人負傷者三万人といわれた。総書記が解任され、小平の抜擢で江沢民党総書記。犯日教育政策の後継者として江沢民小平が指名したのだ。

2012年9月27日女性自身中国反日教育のスゴすぎる教科書内容「日本は野蛮な怪獣」

 尖閣諸島の土地を日本政府が購入したという報道をきっかけに、中国各地に広がった反日デモ。日本車のディーラー店や日系スーパーなどは、略奪や放火の被害を受けた。その背景に関して、中国問題に詳しい評論家の宮崎正弘さんが語る。

 「’89年の天安門事件で民主化運動を嫌った江沢民元主席が始めた愛国主義教育が、日本企業への不法行為の根本にあります。この行きすぎた愛国主義が”愛国無罪”といわれ、それを建て前に不法行為を繰り返すのです」

 彼らは、どんな教科書で学んで、教育されてきたのか?

 中国の大手教科書出版社で、人民教育出版社が刊行する高校生用の教科書『中国の歴史』の日本語訳版には、日本人がいかに残虐な民族であるかを記述している。

 《日本軍は旅順で驚くべき大虐殺をおこなった。日本軍は「一箇所に数人の中国人を縛り、槍で突き、刀で身体をこなごなな肉片になるまで切り刻んだ」。西方のジャーナリズムこれを批評して「日本は文明の衣をまとった野蛮な筋骨の怪獣である。日本は既に文明の仮面をとって、野蛮な顔を露呈した」と報じた》(原文ママ)

 この教科書の日本語訳版の出版に携わった関係者は、匿名を条件にこう明かした。

 「中国の歴史教育は戦争の被害を大げさにするいっぽうで、自国の汚点である文化大革命や天安門事件を隠ぺいして、いっさい教えないということです。日中戦争の死傷者数は終戦当時1200万人といわれていました。しかし、江主席の反日教育の下では3500万人にまで膨れ上がりました。数字を改ざんすることで中国政府が、国民を”反日”に洗脳しているのです」

平成1昭和64(1989)年8月江藤淳(1932~1999)著『閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本』・文芸春秋。拡大する犯日捏造史にストップをかけた本。

平成1昭和64(1989)年宇野宗佑首相。愛人の反乱で即刻退陣。一人の愛人さえも大事にできぬほどの能無し首相。 党首土井たか子の社会党参院選大躍進

平成1昭和64(1989~91)年海部俊樹首相なんと!御用聞き弁論小僧が首相になった!小沢一郎傀儡首相

平成3(1991)年『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』(吉田清治著三一書房 1983)の「済州(チェジュ)島にて軍の協力により、慰安婦狩りを行い、一週間で205人の女性を強制連行した」の金儲け目的の捏造本。この捏造本を利用し、朝日新聞「従軍慰安婦」犯日キャンペーン展開。5年後の1996年「あれは創作だった」と著者の吉田清治(よしだ-せいじ)が認めた。

平成3(1991~93)年宮沢喜一首相終戦時26歳。韓国ねつぞう「慰安婦」難癖に対し、検証(思索)皆無で安易に謝罪を繰り返した。これが韓国を増長させ、今日の「慰安婦問題」の発端となった。小沢一郎傀儡首相

平成4(1992)年もし日本戦わざれば、有色人、未だに植民地のままと、マレーシアマハティール首相演説。

平成4(1992)年天皇を政治利用の偽中国凶産の策動に宮沢喜一首相操られ、天皇皇后両陛下訪中。「表で友好、裏で謀略」中国凶産、領海法を制定し尖閣の領有を勝手に定めた。まさに凶産の正体自白である。御用聞き議員との、宮沢喜一の自白である。

平成5(1993~94)年細川護熙首相8会派連合。みこしに乗っていただけの殿様である。

平成5(1993)3月~02年中国鄧小平引退の後を継ぎ江沢民国家主席を兼務。市場解放政策に伴う弊害、民主化要求の根を絶つ目的で、残虐日本と捏造し、子供から大人まで洗脳した。凶産常套手段、敵国と捏造の愛国教育である。

平成5(1993)年8月4日「河野談話」慰安婦関係調査結果発表に関する河野洋平内閣官房長官談話。韓国自称慰安婦の、証言のみを証拠とした脳天気世襲議員の職責不履行談話である。今日の「慰安婦問題」の元凶と成っている。

平成6(1994)年大江健三郎、ノーベル有色人差別(犯日)賞受賞。マハティール首相の真実を語る演説に、伝播を恐れた白人戦勝国は、文学三流犯日一流、比類なき犯日の大江に急きょ白羽の矢、ノーベル犯日(有色人差別)賞を与えた。世界に語る文学など元々無い三流大江は、三流文学ではなく一流の犯日を世界で語り、ノーベル賞の正体白状、もくろみに応えた。効果覿面の思想戦で、岩波書店朝日毎日NHKなどが迎合扇動、国民はノーベル犯日賞に洗脳された。

平成6(1994)年羽田孜首相新生党などの連立内閣。弁論小僧と同類の小沢一郎傀儡首相

平成6(1994~96)年村山富市首相(社会党)終戦時21歳。自民党社会党さきがけの三党連立。なんでも反対の破壊のみが党是の凶産傀儡社会党には、政権党としての構築能力など無い!

平成6(1994)年8月下旬、他虐偽善者村山首相は訪問先のフィリピンとシンガポールで戦争責任問題について謝罪した。マレーシアに迎えて、マハティール首相は冒頭こう切り出した。「日本が50年前に起きたことを謝り続けるのは理解できない。過去のことは教訓とすべきだが、将来に向かって進むべきだ。日本はこれからのアジアの平和と安定のために国連安保理常任理事国入りして、すべての責任を果たして欲しい」。

 また村山首相の6日前にマレーシアに到着した社会党の他虐偽善者土井たか子衆議院議長が「二度と過ちは繰り返さない」「歴史への反省」などと口にしたのに対し、「過去の反省のために日本が軍隊(PKO)の派遣もできないのは残念だ」と切り返した。「ダメなものはダメ」とおよそ非論理的な姿勢でPKOに反対する土井議長に対する痛烈なパンチであった。

 国際貿易で膨大な利益を上げながら、半世紀前の戦争への反省を口実に、ODAをばらまくだけで、世界の安定に対して何ら貢献もせずにいる日本は、「世界に対する責任」を果たしていないとマハティール首相は一喝した。

平成6(1994)年永野茂門法相「南京大虐殺はでっち上げ」正論発言で→辞任

平成6(1994)年桜井新環境庁長官「侵略戦争の意図は無かった」正論発言で→辞任

平成7(1995)年1月17日阪神淡路大震災。死者6300人。戦後最大の災害となった。

平成7(1995)年3月20日地下鉄サリン事件

平成7(1995)年6月、・・・中国の江沢民国家首席は訪中した海部元首相に、ドイツは謝罪し戦争について十分な認識を持っているのに、日本には間違った認識を持っている人がいて、国連安全保障理事会常任理事国入りの障害になるだろう、とドイツを引き合いに出して脅しとも受け取れる言葉を告げた。

 ドイツはWW1怨念戦争で、日本は兵糧攻め脱出自衛戦争。異なる。

平成7(1995)年8月15日他虐偽善者「村山談話」「戦後50周年の終戦記念日にあたって」。この間違った歴史認識が、中朝韓罪日を更に増長さした。

平成7(1995)年江藤隆美総務庁長官「(朝鮮植民地政策に関し)日本はいい事もした」韓国抗議。正論発言で→辞任

平成8(1996)年吉田清治 著書「私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行」の捏造を認める。

平成8(1996~98)年橋本龍太郎首相。親中旧田中派である。

平成10(1998)年日本韓国へODA有償資金協力6,455.27億円、無償資金協力47.24億円、技術協力実績239.94億円もの経済援助、終了。

平成10(1998~00)年小渕恵三首相

2000(平成12)年中国兵の残虐ぶりを日本軍と捏造した、中国人民抗日戦争記念彫刻塑像公園(日本から六兆円もの経済援助を受けているのに、江沢民の指示で、5年と50億かけて完成)。

2000(平成12)年9月日本軍の「従軍慰安婦」にさせられたと主張する中国や韓国の女性計15人が日本政府を相手どって、損害賠償請求などの集団訴訟を、米国首都ワシントンの連邦地方裁判所で起こした。支援したのは「ワシントン慰安婦問題連合Inc」という団体だ。アメリカ最高裁は2006年2月21日「慰安婦の訴え」を却下した。 

平成12(2000~01)年森嘉郎首相

平成13(2001.4~06.9小泉純一郎首相

2003~(平成13)年中国胡錦涛国家主席。軍事委員会主席は江沢民。

平成17(2005)年3月3日異常でしつこい中曽根の分祀発言に、靖国神社見解を発表。「たとえ遺族から分祀要請があっても、分祀せず」。至論である!

平成17(2005)年6月7日京都新聞「中曽根氏依頼で分祀求める。島村農相が靖国神社に」島村宜伸農相は7日の閣議後会見で、中曽根康弘元首相の依頼でA級戦犯の分祀(ぶんし)を靖国神社に求めたことがあると明らかにした。

小堀桂一郎・東大名誉教授は、中曽根元首相の中国に迎合した「靖国・英霊『分祀』論」の誤りを厳しく批判している。中曽根中国外交失敗払拭の為の悪あがきである。

平成18(2006)年2月11日(現地時間)、売国奴読売新聞渡辺恒雄会長は2006年発刊されたニューヨーク・タイムズ(侮日東京支局長ノリミツ・オオニシ)との週末ワイドインタビューの中で、Japan's most powerful media baron(日本の最もパワフルナなメディア男爵)the shadow shogun.(影の将軍)とノリミツ・オオニシ(極端な侮日、親朝鮮で日系カナダ人と称している)にヨイショされての、うぬぼれ成金発言。"I think I can change all of Japan,"「私は、私が日本の全てを変えることができると思う」。ニューヨーク・タイムズ東京支局は侮日朝日新聞と同じ住所。さらに下記のように発言した。

 小泉首相は軍国主義を称賛する聖地(靖国神社)に参拝していると批判。そして東條英機をヒトラーに比喩しながら「・・・小泉、この人は歴史や哲学が分からないのに勉強もしないし、教養もない」と語り、さらに特攻隊に対して下記のように語った。

「・・・日本の右翼は現在、特攻隊を天皇のための自発的な殉教者として称賛する。しかし、特攻隊員が『天皇陛下万歳!』と叫んで勇敢に喜んで行ったというのは全てうそだ。

・・・彼らは、屠殺場の羊だった。誰もがよろめいていた。何人かは立ち上がることさえできず、運ばれて、機関兵達により無理矢理に飛行機に押し込まれた(注・無理矢理なら途中で皆不時着し逃亡、特攻など無かった。現実に特攻はあった、ナベツネ嘘を自白)

 渡辺恒夫1945年、東京帝国大学文学部に入学。同年7月に陸軍砲兵連隊に入隊。同年8月13日除隊。終戦2日前までの、わずか30日程度の陸軍砲兵連隊経歴なのだ。飛行隊でない陸軍砲兵連隊の経歴で、特攻隊の体験を出来る筈など無いし、特攻隊と行動を共にした形跡も無い。語るに落ちている。非生産者は平気で嘘をつく。

2006(平成18)年3月31日胡錦濤主席「小泉首相が靖国参拝を取りやめれば首脳外交をする用意がある」。内政干渉発言。

2006(平成18)4月13日、日本経済新聞の杉田亮毅社長と唐家「王に旋(セン)」国務委員の会見。・・・中日関係は国交正常化以来、これまでにない困難に直面しているが、中国政府と人民は中日関係を重視しており、中日間友好の基本方針は終始変わっていない。・・・われわれは「日本経済新聞」はじめ日本のメディアが、現在の中日関係と中国の対日政策を、日本国民が正しく認識するよう導き、中国関係の改善と発展のために積極的かつ建設的役割を果たすよう期待している。

 杉田社長は、日中関係は現在、重要な時期にあり、日本経済新聞は両国民の理解増進日中関係のため、積極的に努力したいと表明した。(北京4月13日新華社)

 中国国民懐柔洗脳のための犯日がほころびかけたため、凶産カルト中国が、手下朝日を使い再攻勢、韓国罪日便乗。戦後教育の負の遺物、仕掛けに乗った財界と日経杉田社長、負い目払拭中曽根、拝金ナベツネが便乗した。分祀騒動の発端である。凶産カルト相手では、ミイラ取りがミイラは世の習い、赤子の手をひねるようなものである。わずかの真実開扉にうろたえた犯日国とその輩、捏造犯日が暴露、ここが輩の弱点で急所。ここを突ける政治家官僚メディア不在が日本の仮想現実界である。思想戦には思想戦、捏造国家や罪日が恐れる最大の敵は、捏造国家転覆可能、真実史観である。

平成18(2006)年7月17日犯日キャンペ―ン「反靖国」、「歴史と向き合う」犯日歪曲偏向記事を扇動報道。朝日の報道は、少数意見者の「誰々が話した」報道や、日本は再び覇権国家を目指すなどと、あたかも覇権国家であったような表現で、巧妙に森を隠し木を拡大偏向報道する典型的なプロパガンダ(主義の宣伝と訳されるが、ほとんどが捏造宣伝だ)犯日だ。・・・現実は戦争遂行のため資源や労働力の一方的な収奪に終始し、「共栄権」の実態はとぼしかった。・・・多くは現地住民が開墾した農地を接収したものだった。2006.7.17.朝刊

2006(平成18)年7月20日中国外務省のコメント「中日関係の発展にとっての障害が早期に除去されることを希望する」。内政干渉コメント。

平成18(2006)年8月接収された毒ガス兵器を、朝日新聞が、日本軍遺棄と捏造犯日報道。中国が接収したので、接収後は中国の責任、日本軍に責任無し。

平成18(2006)年8月20日運命の旅路~元通訳兵の戦後~岡山放送第15回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品。・・・岡山県倉敷市に住む永瀬隆さん(88歳)は、今、この泰緬鉄道の世界遺産登録を求める活動を行っている。日本にとってはいわば「負の遺産」といえる鉄道を、なぜ世界遺産登録しようとするのか…。他虐偽善者永瀬隆の捏造証言を、半端者が放送。

 2006年中央公論10月号ナベツネ“加害者と被害者、同じところに祀って同様に追悼顕彰は、不条理”と記し、軍対民の能動戦争と捏造、WGIP鵜呑み無検証工作員自白。

 

平成18(2006.9~07.9)年安部晋三首相

平成18(2006)年10月16日FNP-新聞協会賞受賞

 靖国神社参拝をめぐる昭和天皇の発言メモ報道は、日本経済新聞2006年(7月20日付け朝刊)のスクープでした。「戦後昭和史の大きな謎を解く貴重な新資料の発見」と位置づける識者もいました。各方面に強い衝撃を与える、特ダネでした。2006年10月16日FNP-新聞協会賞受賞

 捏造針小棒大報道、自画自賛、マッチポンプ、狼少年と化した仮想現実界、異常を語って余りある。捏造が賞を受賞とは、「嘘を事実にするために、新聞協会賞を与え権威付けし、既成事実を作り、本物のように擬装した」。国民は愚かではない、とうに見切っている。捏造し印象操作までする仮想現実界捏造団、自己崩壊は間近だ。9につづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/364-c18869e8

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。