QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観NHKや民放や記者や日弁連等は中朝韓罪日に弱みを握られ尽くスパイ化

NHK民放新聞記者日弁連等は中朝韓罪日に弱みを握られことごとくスパイ化

平成18(2006)年10月25日朝日新聞豊 秀一「歴史と向き合う」共栄圏 後付けの大儀「本音は資源」日本兵ら苦闘(敵に資源封鎖され餓死寸前の日本。国民生存のための奪還作戦は当然だろう!朝日記者は狂っている)。またまた朝日新聞、WGIP善悪史観軍対民能動戦争と捏造、朝日はか弱き国民の味方と報道。朝日新聞等の捏造の歴史はほんの一部を年表にしたに過ぎない。記者の正体半端者詐欺師の証拠は、新聞縮刷版に明確に打刻され、溢れている。

2007(平成19)年7月30日「従軍慰安婦」問題。2007年7月30日に慰安婦問題で日本を糾弾する決議案を可決。これも(抗日連合会)がマイク・ホンダ議員(民主党・カリフォルニア州選出)を操り仕掛けた。アメリカは負い目払拭のため追随した。

平成19(2007)年8月12日NHK水木しげる原作の「ドラマ・鬼太郎が見た玉砕」。受動戦争を能動戦争に捏造。玉砕せよと命令した極悪日本軍と捏造放送。

平成19(2007)年8月NHKスペシャル「パール判事の真実」。パール博士、ガンジー、ネルーも、インパール作戦までは、日本を侵略者としてみていた。戦国時代なので当然で、非常時の常識。そのパール博士の当初の発言をつまみ食いして、放送した。工作員の巣、NHKの証明である。

平成19(2007.9~08.9)年福田康夫首相

平成20(2008)年8月12日朝日新聞日本経済新聞などは東條英機鉛筆書きのメモ報道。このメモは、東京裁判(46年5月~48年11月)で東條の主任弁護人だった清瀬一郎が法務省へ寄贈したもの。後日の東京裁判対策メモは明白なのに、当日のメモであるかのように終戦の8月15日直前に捏造報道した。東條英機鉛筆書きのメモ工作員操作真贋無検証仮想現実界報道作家迎合

平成20(2008)年9月08日産経新聞朝刊【日本よ】石原慎太郎都知事分祀遺族会代表古賀誠に賛同、「靖国再考」で分祀推進。仮想現実界、鵜呑み半端者自白。

以下同類受動戦争を能動戦争に捏造

7月8日日テレスペシャルドラマ 「あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった-カウラ捕虜収容からの大脱走」 戦陣訓を軍命と捏造。

7月17日NHKスペシャル調査報告「日本軍と阿片」。貨幣無き中国でのアヘンは金を隠蔽、日本極悪と捏造。

9月5日NHK「こうして村人は戦場へ行った」~滋賀県旧大郷村徴兵記録~資源無き島国日本本土戦は負けを隠蔽、悲惨だ話しのみを放送。ハルノート受諾し国内戦となっていたら、真反対の証言となっていた。

9月9日NHKその時歴史が動いたシリーズ日本降伏後編8月15日終戦までの道程。戦国時代隠蔽

12月7日NHKスペシャル「最後の戦犯」被害者朝鮮日本極悪

12月24日、TBS「あの戦争は何だったのか」で「310万人が死んだ、だからテレビは伝えてきたその悲惨さを、その愚かさを・・・先に手を出したのは日本・・・国民がほとんど知ることの無かった日本の迷走」と捏造

温室の中で鈍感なNHKは、裸の王様人間動物園報道で終に提訴される。捏造が党是の凶産と、手口はそっくり。執拗に捏造続行のNHKは、根が深い

平成20(2008.9~09.9)年麻生太郎首相

平成21(2009)年4月5日NHKスペシャル「アジアの一等国」人間動物園報道

8月9~11日NHK「日本海軍400時間の証言」WGIP学習迎合証言。

8月10日TBS「最後の赤紙配達人」、NHK「こうして村人は戦場へ行った」の二番煎じ。

8月23日NHK巧凶放送課外授業ようこそ先輩放送。田原は、日本軍全て極悪軍と後輩小学生洗脳。

平成21(2009.9~10.6)年鳩山由紀夫首相

12月6日NHK「真珠湾の謎・悲劇の特殊潜航艇」戦国時代隠蔽。

12月7日NHK「日米開戦を語る 海軍はなぜ誤ったのか 400時間の証言」開戦起因を隠蔽し、悲惨以外皆無の戦争の、悲惨のみを摘み食いし、先人を蹴落とし、金儲けするNHK御用達作家のお出ましである。半藤一利(開戦時11歳・79歳)澤地久枝(開戦時11歳・79歳)は、WGIP学習迎合証言のみが根拠の選り食い売文業、いかに一方的な放送であるかお分かりであろう。

12月8日NHK「クローズアップ現代」軍隊極悪と半藤一利証言

12月13日NHK「証言記録・市民たちの戦争」悲惨だ話の羅列で復讐を扇動し。NHKは復讐扇情証言をまだまだ続け、復讐戦争を訴えるそうである。

平成22(20010)年3月28日21年間人心をかく乱し洗脳したサンデープロジェクト、正体を暴かれ崩壊。TV朝日と田原はほっ被りのまま、現実界の捏造は存亡の危機なのに、仮想界の捏造はこれで済むのか?超甘界は、詐欺師ばかりだ。

平成22(2010)年4月18日NHKスペシャル「韓国併合への道」。李朝差別や大院君や事大の歴史隠蔽、独立運動針小棒大報道、先に殺さなければ殺される戦国時代、自国防衛も519年間中国に事大した属国の、安重根の独立平和論なんぞ、韓国同胞殺し隠蔽目的の洗脳愚民化思想戦の小道具、絵に書いた餅の世迷言、摘み食い偏向工作員報道である。『馬鹿な奴じゃ』これが伊藤博文の最後の言葉。森が見えず、木だけしか見えない安重根NHKは、まさに『馬鹿な奴じゃ』の亡国奴。森を見ての真実史観右記末尾参照⇒1朝鮮南は日本海洋文化圏の一部米の伝播が解明捏造の古代日本史

平成22(2010)年4月18日NHKスペシャル(朝鮮“泣き売”特集)「韓国併合への道」日本と朝鮮半島第一回。工作員の巣NHKなど、一刻も早く潰したほうが国のためだ。工作員に受信料支払いは、亡国奴!1受信料支払い犯罪者中朝韓罪日の思想戦ばら撒くNHK伊藤博文安重根

平成22(2010)年4月25日NHK「上海100年の物語」極悪日本軍と摘み食い証言放送。

 凶産中国韓国北朝鮮の国是が、国内バラバラ人心懐柔目的の犯日、ハニー・マネートラップ、上げ膳据え膳で国賓待遇の御持て成し、国対個人、「公」無き私人は皆これで簡単に舞い上がる。媚中媚韓媚朝の正体である。悪魔の飽食、百人斬り、731、中国の旅等で白状の如く、「公」皆無で拝金の言葉と文字の仮想界、私人と罪日、犯日の巣だ。65年間も捏造し、ここまで日本をバラバラの亡国寸前まで追い詰めて、何が知る権利だ!報道の自由だ!きれい事ばかり摘み食いし並べ、か弱き者の味方を演ずる、正体拝金詐欺師の摘み食い偽善者よ!

 ノーベル平和賞、連帯議長、ポーランド大統領(90~95)ワレサや、マレーシアマハティール首相(81~03)は、復興までの日本精神に感動、来日したが、面影のかけらすらも見られない姿に幻滅、帰国の途についた。

平成22(2010.6~)年菅直人首相

平成23(2011)年3月11日東日本大震災。地震と津波と放射能被害で、阪神淡路大震災を遥かに超え、戦後最大の災害となった。

 石原都知事は14日、記者団に「津波利用して我欲を洗い落とす必要がある。日本人のあかをね。やっぱり天罰だと思う。被災者の方々はかわいそうですよ」と発言した。翌15日、「行政の長であります私が使いました天罰という言葉が被災者の皆さま、国民、都民の皆さまを深く傷つけたことから、発言を撤回して深くおわびいたします」と陳謝した。

 がしかし、戦後最大の災害阪神淡路大震災(1995年1月17日)が村山富市政権下で、更なる戦後最大の災害東日本大震災が民主党菅直人政権下で、社会党民主党、いずれも亡国党。そして中朝韓罪日に迎合し、靖国不参拝等先人冒涜がエスカレートし、真っ最中であった。「不可思議な一致」を感じたのは、石原都知事のみではあるまい。

 職責者は現在も、累々たる職責不履行の山作り、続行中である

 

中朝韓罪日犯日教育底本は凶産偽文書田中メモランダム

 田中儀一首相の上奏文とされた文書で、「世界征服を企てる日本」として1929年中国が世界中にばら撒いた怪文書。ヘレンミアーズ女史も指摘の「資源封鎖で万事休すの日本」が、当時の常識(日本観)なので、偽文書が定説。食民治主義凶産主義(白人支配)に対抗するための大アジア主義(有色人連合)を、世界征服と捏造したのだ。

 手口が、ソ連凶産の当時の手法(ラルフタウンゼントの「アメリカはアジアに介入するな!」)と同じなので、ソ連凶産主導で中国凶産が、世界中の一般国民をも味方にする目的でばら撒いたと、推察できる。

 中国・韓国(当時は清国と属国朝鮮)ともに、攻めなければ攻められた戦国時代は隠蔽し、日本のアジア大陸に対する侵略戦争という、好いとこ盗り偏向史観を事あるごとにもちだす底本が偽文書田中メモランダムで、犯日教育の底本でもある。

 戦後67年間も学究皆無の、日本の職責者(言葉と文字界)も同様であった。犯日教育や偏向史観という捏造に頼らなければ、砂の国民を懐柔できないのが中朝韓罪日なのである。「なぜ?どうして?」と職責を実行しておれば、砂の人心や歴史捏造は、差別や同胞大虐殺の「悲惨な歴史が原因」であることに、子供でもおのずとたどり着く。

 67年間もたどり着けなかったのは、丸暗記回路のみ(思索回路皆無)かスパイが、正体であることを自白している。

尖閣も竹島も慰安婦も自国民捏造洗脳の小道具

 南京虐殺記念館も、柳条湖デモ扇動も、盧溝橋デモ扇動も、尖閣デモ扇動も、戦後の平和条約を破壊し、捏造犯日で国民を洗脳し懐柔し延命を図る凶産の、陰謀である。凶産中国マネル朝韓罪日の竹島も慰安婦等も、嘘(捏造)の上塗り国民懐柔小道具。

 「柳条湖事件は戦後の裁判で日本が仕掛けたものと判明している」と一様に強調報道するマスコミに違和感!満州事変への発端となったで事足り、戦後の裁判云々強調は「日本貶め工作」の洗脳である!

 日本企業の凶産(捏造難癖が党是)中国進出は間違い。職責者(政府教授マスコミ)に重大責任あり。元凶、「言葉と文字界」とキャリア官僚と司法界再編成(丸暗記から思索へ)は、日本新生の必須項目!

劣等感の塊りの特異民族中朝韓罪日と思索回路皆無の日本職責者

 犯日教育国家は尺度が日本とは真逆で、平等互恵など皆無、優劣上下の尺度(劣等感の塊り)のみが、特異民族(中朝韓罪日)の正体。ODAや支援(互恵)は、「これは日本の謝罪献上品(戦利品)」で、「わが民族は優位(上下関係上位)」に立ったとしか教育せず、日本の思いとは逆に、日本を見下し増長(盗り放題)した。犯日教育の国民は、「謝罪して賠償するほどヒドイことをしたのだ日本人は」としか理解せず、逆効果の仇となった

 この中朝韓罪日と同類(思索回路皆無)の、日本職責者(看破不能)が助長し、現在の、難癖尽くしの中朝韓罪日対、日本の対峙となった!

職責者の職責不履行戦後最大の犯罪でもし戦争となれば第一級戦犯

 凶産スパイの「日中友好」や「政冷経熱」に浮かれ、単に日本の技術と資本がほしい中国に踊り、現地法人は平成22年度で5500社を超えている。職責不履行スパイの成果である。

 東大京大NHK朝日毎日等国民に耳目を託された職責者が、中朝韓罪日の正体を看破して国民に開示しておれば、竹島も尖閣も友好の美称で先送り(日本化)などせず、中ソ凶産砦韓国の竹島は、凶産ソ連崩壊(1991年)後即座に、尖閣は、日中共同声明(1972年)時に、明確に対処していた。

 もち論、条約破りの中韓訴訟ラッシュも慰安婦問題も生じなかった。結果、中朝韓罪日の犯日教育も無く、中朝韓罪日を増長させることもなく、日本凋落もなかった。現在の日本への、中朝韓罪日難癖尽くしも、当然ない。耳目を託された職責者の職責不履行は、戦後最大の犯罪で、もし中朝韓と戦争となれば、第一級の戦犯である。

 報道規制する「中朝韓」には、「本音(真実)を言わない書かない」日本の「言葉と文字界」!言い訳は、「機嫌を損ねると次の取材が出来なくなるから」と一様にオウム返しだが、正体ははスパイか、「嫌われたくないからの我欲」にすぎない!

 福沢諭吉脱亜論、ヘレン・ミアーズやラルフ・タウンゼントの著作、林房雄大東亜戦争肯定論等に学ばず、戦後67年間も職責の学究もせず、ただ飯を食らい、WGIPの丸暗記を繰り返していた(スパイも居た)のが、WGIP丸暗記の職責者である。職責者が、常識(基準)回路が無い異常者かスパイが原因である。断罪し根絶、繰り返してはならない。

「スパイ防止法案」に反対した日本の異常な職責者

 スパイ防止法立法急げ!媚中媚韓「言葉と文字界」スパイだらけだ。もちろん反対者はスパイである。

 国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案は、1985年の第102通常国会で、自民党所属議員の議員立法として提出されたが、第103臨時国会で、審議未了廃案となった法律案。通称「スパイ防止法案」。

 スパイを防ぐ法律の必要性は、自民党内において1980年代前半から活発に議論されるようになり、当時の内閣の元でその気運が高まった。しかし本法案が一般国民の権利制限に直結する法律であることや、報道の自由が侵害されることに対する懸念と称し、大多数のマスメディアが反対に回った。そのため、政府は内閣法案として提出することを断念したが、通常国会の閉会を間近に控えた1985年6月6日、伊藤宗一郎ら10名が衆議院に議員立法として法案を提出した。

 これに対し、当時の野党(日本社会党・公明党・民社党・日本共産党・社会民主連合他)は断固反対を主張。法案は継続審議となるが、10月に開会した第103臨時国会でも野党は徹底して審議拒否を貫き、12月21日の閉会に伴い廃案となった。

反対は朝日新聞日弁連同類丸暗記族自民党内谷垣禎一

 この1985年.は中曽根首相の靖国神社初の公式参拝の年でもあり、(凶産傀儡)朝日新聞による反対キャンペーン報道が、「スパイ防止法・靖国参拝」両面から行われ、野党・労組団体あげての連動した反対運動が展開されて、スパイ防止法は廃案、靖国参拝は翌86年の参拝が見送られることになり、以降、首相の公開参拝は自粛された状況がつくられてしまった。

 スパイ防止法は翌1986.11にも再提出されたが、自民党内の日弁連に関係する議員の反対で頓挫してしまう。このときの反対派主要議員のひとりが谷垣禎一であった。

 「スパイ防止法」を潰した谷垣禎一財務大臣は1988年4月、中国にて中国人女性売春疑惑で中国公安当局に嵌められた。

2005年12月3日産経新聞『週刊文春』(12月8日号)「谷垣禎一財務大臣中国人女性『買春』疑惑

 「小泉以降」にも重大な影響を与える超弩級(ちょうどきゅう)のスクープといえよう。『週刊文春』(12月8日号)の「谷垣禎一財務大臣 中国人女性『買春』疑惑」。

 カタブツで恐妻家、マジメ人間といわれる谷垣財務大臣がこともあろうに中国で買春していたというのだからただごとではない。

 中国の公安当局が、有力政治家や財界人に女性を近づけ、関係をもったところで脅して、中国側の言いなりにさせる。その女性たちは全員工作員--。

 政財界ではよく知られた話で、親中派といわれる某政治家などもその弱みを握られているのではないかと噂されている。

 谷垣財務大臣もまた中国公安当局の工作にはまったのか?

 『文春』が入手した「中国駐在商社員等に対する摘発・国外退去事案(情報)」リストによると「事案」は1~11までの数字が打たれ、具体的なケースが記載されているという。

 摘発機関は中国公安部、被摘発者は谷垣禎一衆議院議員で事案の概要はこんな具合。〈宿舎の「西苑飯店」のディスコで親しくなった女性を自室に連れ込み、約1時間して女性が出た後、公安部から呼び出され、ホテルの一室で取り調べを受けた〉

 事件が起きたのは1988年4月。谷垣禎一議員が北京で開かれた「第4回日中民間人会議」に出席したときのこと。

 『文春』は日本側参加者56人中、亡くなっている13人などを除く34人を含め、徹底的に周囲を取材。

 詳細はお読みいただくとして記事は、日中関係への影響にまで踏み込んで実に行き届いている。

 谷垣大臣はもちろん全面否定。「説明責任は一切ない」との回答に記者が食い下がると「断固! 断固、否定いたします!!」と大声で叫んだというが、まるで説得力がない。(『WiLL』編集長)

※谷垣禎一の首相の芽は、この時点で消えていたのである

 

NHK民放記者日弁連等は中朝韓罪日に弱みを握られ尽くスパイ化

2005/01/30  「たかじん」スパイ防止法、日本がおかしくなった理由は?など

鴻池

 「昭和60年代、スパイ防止法作る動きはあった。防衛庁の宮永という職員がソ連に情報売って捕まった。でも懲役1年。国を売ってる奴が1年ですよ。が、朝日新聞がスパイ防止法のキャンペーンをやった。あと、ど、・・・土井たか子。自民党にもおる。弁護士の自民党のほとんど

宮崎

 「日弁連

鴻池

 「向こうは弁が立つ。だからつぶされた。今の財務大臣、私は仲がいいが、谷垣もそうだし、落選してる白川も、でぶちんで今閣僚の村上誠一郎も。弁護士ばっかり。日弁連に言われて、朝日新聞の尻馬に乗って・・・」

志方

 「宮永事件は、紙を盗んだ窃盗罪のみ」

鴻池

 「国を売ったら、どこの国でも死刑か終身刑。日本だけ懲役1年。(スパイ防止については)徹底して国のためにやらないかん」(会場拍手)

(私のコメント)

 次々と事件が起きて目まぐるしくてコメントが追いつかないのですが、やはり中国に出かけた国会議員の多くが中国女と仲良くなって、中国の公安当局に弱みを握られているようだ。小泉首相が靖国参拝して中国から抗議されて中国に行かずに済んでいるのも、このような事を計算しているのかもしれない。靖国参拝すれば中国から招待されないからワナに嵌められずに済む。

 中国の女スパイに嵌められた例としては橋本元総理が有名ですが、そのためにODAなどに大きな影響を与えたことでしょう。最近では民間の観光客も中国人女を買春して捕まったりしていますが、海外に行くと日本人は羽目をはずして手を出してしまうのだろう。谷垣財務大臣は全面否定していますが日本の政治家は脇が甘すぎる。

 話によれば、べつに売春するつもりはなくとも、風呂に入っていると裸の美女が入ってきて背中を流しましょうとやられて、写真やビデオを撮られて公安警察に呼ばれるらしい。だから一人になるのは危険で、外交のファンタジスタのサイトで指摘しているように常に情報部員が政治家をガードするようにしなければなりませんが、日本には情報部と言うものがない。

 おんな以外にも金で罠を仕掛けてきて引っかかる政治家も多いようで、気がついたときには抜け出せなくなっている。このように中国の公安に弱みを握られて日本の政治家は政治生命を棒に振るのですが、アメリカにも情報は筒抜けであり、CIAから文春に谷垣財務大臣の情報が流れたのだろう。アメリカとしても親中国派の総理大臣が誕生してもらっては困るからだ。

2005年12月3日外交のファンタジスタ親中派はどの道身動きが取れなくなる 

 谷垣禎一財務大臣にスキャンダルが持ち上がった。今週発売の週刊文春が告発スクープとして報じた「中国人女性買春疑惑」がそれである。17年前の話ということだが、先日の西村眞吾議員ではないが、政治家のスキャンダルが公表されるたびに、何か謀略があるのではないかと勘ぐってしまう。これによってもたらされる効果は何か。

 谷垣財相の次期首相の線はこれで事実上消えたわけだが、その他にも中国ロビーである加藤紘一氏を黙らせる効果がある。加藤氏は最近安部官房長官や麻生外相を牽制しているから、小泉首相にとっては排除対象である。さらに言えば、同じく中国に対して慎重な態度を見せる福田康夫氏に対する牽制にもなる。かつて、小泉純一郎・加藤紘一・山崎拓の三氏はYKKと呼ばれて盟友を気取っていたが、この三人は最初から盟友でも何でもない。

 さて、話を谷垣財相に戻すが、ここからはフィクションのつもりで読んで頂いて構わない。谷垣財相に限らず、中国渡航時に中国当局から不用意にも女性を宛がわれた政治家は少なからずいると思うが、彼らは例外なくそれを中国当局に弱みとして握られることになる。だから、不本意にも中国よりの政治スタンスを取るようになり、貴重な政治家としての時間を自らの理念の実現に振り向けられなくなることが多々ある。

 このようなことを防ぎ、政治家という貴重な人材を守るのは、通常なら情報機関の仕事である。例えばアメリカは、政治家が中国をはじめとする共産圏に渡航するときには、必ず情報機関員が国務省職員の身分で同行し、滞在中近づいて来る人物のバックグラウンドを片っ端からチェックし、怪しい人物は近づけない。従って、アメリカの政治家が中国当局から弱みを握られるリスクはグンと低くなる(それでも例外はいるだろうが)。しかし、日本の外務省にはそのような能力はない。かくして日本の代議士先生は、ガードを下げまくって隙だらけとなる。

 この隙を中国当局に衝かれたら最後、残りの政治生命を中国のスポークスマンとして過ごさなければならない。それでもただのスポークスマンとして過ごしているうちはまだいい。細々とでも政治家として生きていける。しかし、総理の座を狙おうと欲を持ったり、明らかに日米同盟を脅かすような利敵行為に走ろうとしたら、今回の谷垣財相のようになる(今回の記事が事実かどうか分からない。あくまでも一般論である)。

 中国に弱みを握られている政治家のスキャンダルをリークするのは官邸筋だろう。そして官邸に情報を提供しているのはアメリカである。アメリカは親中派の人物は政治家であろうと言論人であろうとマークする。それは本人だけでなく親類縁者にも及ぶ。スキャンダルがあればストックし、タイミングを見て公表し、もし何もないとしてもでっち上げる。ここで役立つのは民衆の一般的な思い込みである。「政治家なら誰でも叩けば誇りが出る」というのが一般市民の思い込みとしてあるので、いくらでっち上げでも世間はそう思わない。何かを公表されたら政治家などひとたまりもない。

 日本に情報機関でもあればこんな事態はそう起こるものではないが、確か谷垣財相は以前スパイ防止法制定に反対していたと思うが・・・。

 中国に弱みを握られるということは、同時にアメリカにも弱みを握られるということだ。スパイ防止法がないことによって、最も危険に晒されるのが実は政治家であることをもっと自覚するべきである。情報機関にはもちろん予算がいるが、ないことによって失うものがあまりにも多すぎる

 

2012/11/23 「偽工場」まで用意して“最先端”盗む 中国が狙う日本のハイテク

【衝撃事件の核心】

 日本企業の最先端技術が中国に狙われている実態を裏付ける事件が後を絶たない。10月には、軍事転用の恐れがある東レの炭素繊維が不正に中国に持ち出された疑惑が浮上した。スパイ行為を包括的に取り締まる法律のない日本は「スパイ天国」と揶揄(やゆ)されるが、手をこまねいていれば、中国は非合法に手に入れた技術で軍事や経済を発展させるだけでなく、日本発の技術をも沖縄県・尖閣諸島のように公然と所有権を主張しかねない。 (松岡達郎 藤原章裕)10につづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/363-f9b98e23

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。