QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観唯心日本の偉人高野長英が後藤新平が怒っている岩手4区鉄槌を振り下ろせ

4唯心日本の偉人高野長英が後藤新平が怒っている岩手4区鉄槌を振り下ろせ

■隠し子を養子にした愛人

 いくつか、手紙の文面だけではわかりにくい箇所を補足したい。一つ目は「隠し子」についてである。

 〈八年前小沢の隠し子の存在が明らかになりました。●●●●●といい、もう二十才をすぎました〉とある。

 これがまさに私が「健太君」という仮名で四月末に報じた男の子のことだ。

 実はもう一通の手紙には、〈九年前〉とあった。これが書かれたのが二〇一一年十一月だとすれば、二〇〇二年から〇三年にかけてのどこかの時点で、和子は隠し子の存在を知ったことになる。

 奇しくも私は、前述した別居報道(三月二十九日号)でこう書いていた。

 「私には、和子が自身の名義で小沢邸敷地内に別棟を建てた〇二年頃を境に、小沢と和子が後戻りのできないほど、冷え切った関係になったように見える。和子が水沢に姿を一切見せなくなるのもこの頃からだ」

 東京地裁は昨年九月、小沢の元秘書三人に政治資金規正法違反で有罪判決を下した。その公判で、安田信託銀行(現・みずほ信託銀行)の元女性嘱託職員が検察側証人として出廷したことがあった。その証言によれば〇二年三月、和子から電話でこう言われたという。

 「現金を払い戻しするから、(深沢の)自宅に来て。私と息子の名義の預金を解約し、六千万円を払い戻してもらいたい」

 この時、用途について別棟の建設費用だと和子は言っている。手紙を読んだ今思えば、隠し子の存在を知った和子が、小沢のカネに頼るのではなく、自分と息子のカネで自分たちだけの城を作ろうとしたのではなかったか。登記簿によれば、その「城」が完成したのは〇二年十二月のことだ。

 また、小沢の隠し子を養子として預かった愛人についても説明しておきたい。この女性は、有名料亭の若女将だった裕子(仮名)で、これまで私は、幾度も彼女について言及してきた。

 例えば、九十二年九月。金丸信元自民党副総裁の東京佐川急便ヤミ献金事件の処理に関する責任を取って、小沢が経世会会長代行の辞表を出した頃のことだ。東京地検特捜部の捜査の手が、小沢にまで伸びるのではなかと言われていた頃のある出来事を、元側近が私にこう明かした。

 「小沢先生に言われて、資料類を段ボール箱四~五箱に詰めて、裕子さんの住むマンションに運びました」

 二人の関係は続いている。陸山会事件が起こってから、小沢支持者らが開いている勉強会がある。そこではごく少人数で、陸山会事件について様々な角度から話し合われているのだが、熱心にメモを取る裕子の姿が目撃されている。

 和子との結婚前から四十年以上も続く異様な関係は知悉したつもりでいたが、その背後に〈一生毎月金銭を払う約束〉があったとは驚きである。現在二十一歳の健太君を二歳半から裕子は預かっている。この約十九年間で一体どれだけのカネが裕子に渡されたのか。

 

 次に放射能を恐れる小沢の言動にも触れておきたい。

 大震災以降、小沢がことあるごとに原発について言及してきたのは周知の事実だ。例えば昨年三月二十八日、達増拓也岩手県知事との会談後に小沢は、「原子炉の制御不能状態が2週間以上放置されるのは世界で例がない。最悪の事態を招けば日本沈没の話になる」などと語っている(「岩手日報」三月二十九日付)。このような言動に違和感を持った人は少なからずいた。当時、ある岩手県議は私にこう不満を露わにしていた。

 「小沢さんは被災地が逼迫した状態にあるのに、現地に行こうともせず、なんであんなに原発事故のことばかり語るのか」

 昨年五月、私が陸前高田や大船渡などの被災地を訪ねた時の悲惨な光景が蘇ってきた。ある地元民が目に涙を浮かべてこう語ったのだ。

 「いまでも、田園の中がら泥だらけの遺体があがってくる。いちばん政治の力が欲しい時に小沢さんは何もしてくれながった。オラたちはよう、見捨てられたのがぁ・・・」

 結局、小沢がはじめて岩手の被災地に足を運んだのは、今年一月のことだった。

■長野の別荘と小沢側近の会社

 なお、手紙に書かれている出来事の時系列はいずれも正確だ。例えば手紙には、昨年三月二十一日に、「東京の水道は汚染されているので料理は買った水でやってください」と書生が言いに来て、その二日後に、東京都が乳幼児にはなるべく水道水を避けるように指示した、と書かれている。

 事実、三月二十三日に東京都は、「金町浄水場の水道水から一キロ当たり二百十ベクレルの放射性ヨウ素を検出」と発表している。日記などを付けていたのか、他の諸々の記述も日時などが正確に記されている。

 

 長野の別荘についても補足しよう。

 取材班は、長野県蓼科の別荘地を訪れた。地元不動産業者に聞くと、 「去年の震災以降、別荘を新築しようという方は割りと多いんです。東京や名古屋などから。放射能の関係もあるでしょうし、地震の際の避難場所としてですね」

 そこで長野県諏訪地方事務所を訪ね、昨年以降提出された建築計画概要書を閲覧すると、建築主がオフィスゼロ(0)という物件がひとつ見つかった。同社を調査すると、実質的には川島智太郎衆院議員の会社であることがわかった。小沢の元秘書で、今も側近の一人として数えられる人物だ。

 川島氏に聞いた。

 「あれは私の別荘にするんです。小沢さんがあの近辺で土地を探していると聞いたので、私も近くに別荘が建てられたらいいなと思って契約しました。仲里(貴行)秘書はその辺のことは詳しいので、色々アドバイスをもらいました。小沢さんはまだあの界隈で土地を探していると思いますよ」

 一方、小沢事務所は、

 「(別荘の件は)小沢とは全く無関係です。離婚の事実も慰謝料を払った事実もありません。(川邊嗣治秘書は)大阪での法事の為に家族を帰らせたことがありますが、周囲に避難を勧めたことはなく、京都からの出馬を検討したこともありません」と回答した。

 長年小沢に仕え「懐刀」と呼ばれながら、〇三年に小沢と袂を分かった元大物秘書高橋嘉信は和子の手紙を読み、こう語った。

 「私がなぜ小沢と決別し、闘うことになったのか。この手紙を読めば岩手の方々にも分かっていただけるのではないでしょうか。小沢には政治家以前に人間として問題があります。政治を志す若い人たちの魂を食い殺すなど、なんとも思っていない人間なんです。ましてや、岩手のことなど小沢の胸中にありません」

 小沢は当選三回(七六年)頃から、ほとんど地元に帰らなくなった。高橋は、和子とともに水沢の地盤固めをし、支え合った時代を振り返り、こう述懐した。

 「小沢は蕗の薹を生のまま刻んで味噌汁に入れたのが大好物なんです。私と奥さんは北上川の土手まで行って、頭を出したばかりの蕗の薹を摘み、袋に詰めて奥さんは東京へ持って行ったものです。そうやって必死であの人の為に働いてきた。でも、小沢には結局何も通じなかった」

 小沢からは高橋のような秘書が離れ、数々の側近と呼ばれた議員が離れ、そして今、地元後援者も、三人の息子と妻さえも離れた。

 和子の手紙を読めば、その理由は痛いほどわかる。小沢一郎は政治家としての終わりを迎えたのではないだろうか。(文中敬称略)「小沢一郎 妻からの『離縁状』全文公開」(松田賢弥+本誌取材班)週刊文春2012/06/21号  2012-06-14

こんな唯物見本が議員とは、唯心先人高野長英が、後藤新平が泣いている。きずな深き日本夫人、和子が泣くのも当然!

 小沢一郎は、何のために政治家となり何がやりたいのか全く見えない。新党の積み木を積んでみたり、ガラガラポンして破壊してみたりの繰り返しを、嬉々として喜ぶ、積み木遊びのただの子供だ。

 小沢の講演も演説も、感動は無い!何でこの男が、政治家たり得るのか?小沢に群がる者等は皆、我欲集団!潤沢な資金以外には無いだろう。

 積み木と破壊遊びは、「政治の混乱」以外は招かない。傀儡小沢の「資金源」の狙いは、日本の弱体化か!白ではない!どう見ても亜黒以上で、日本人の神経ではない。

 現在、岩手県の、水沢のみが鉄槌を持っている。目を覚まし!鉄槌を掲げて待て!今度こそ、鉄槌を下さなければ、水沢が誇る日本の偉人、高野長英が後藤新平が消え、以後の水沢は、後世の笑いものとなるであろう。

 物事全てに禍福有り。民主党(空論社会党と全く同じ)の正体(好いとことり丸暗記鵜呑みで思索回路皆無の病人)がたちどころに解ったのを大収穫とすべき。民主党(空論社会党と全く同じ)文系の好いとこ盗りつまみ食いは、絵に描いた食えない餅。今後同じ轍を踏まぬことが最も大事である。67年間も先人の汚名も晴らせず、罵倒し続けた愚者の丸暗記は信じるな!思索すれば子供でも簡単に解ったことだ。丸暗記は子供以下といえる。

 報道皆無の公共放送NHKやマスコミは、小沢の資金源にすべて一本釣りされ、牛耳られたのかまったくの音無しである?「週刊文春」の、カケラすらも報道されない。見事な言論統制の、証明で、自白である!

小沢擁護の反論は、犯日朝鮮人火病反論と同じで、筋道無き火病オウム返し、「侮蔑形容詞乱発」反論!「汚沢の寄生虫」有田芳生勝谷誠彦も同類!

 侮蔑形容詞乱発の下記反論は、「点」のみで、「線(検証)」がない。いかにも軽薄。「品格」無き者が、他者の「品格」云々は、笑いである!

 物事全てに過程が有る。過程を極めて他山の石とし、人類は隆盛している。読者が知りたいのは、「なぜ?どうして?」の過程で、「侮蔑形容詞」丸暗記ではない。下記は、脈絡無き火病反論、便所の落書き見本!

文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』
2012-06-15 文春ジャーナリズムの終焉とブラック・ジャーナリスト松田賢弥の学歴

 最近の「文春」の劣化と地盤沈下は目を覆うほどである。それもそのはずである。よりにもよって、あの、札付きブラックジャーナリスト松田賢弥が頻繁に登場してガセネタ満載の低次元の「スクープ記事」を連発するのだもの。嘲笑しない方がおかしい。松田は、相変わらずの低脳ぶりを発揮して、「これで小沢一郎は終わった」なぞと書いているが、終ったのは「お前ら」、文春ジャーナリスズムとブラックジャーナリスト松田ガセネタ男の方だろう。松田賢弥の『闇将軍ー野中広務と小沢一郎』を読めば、松田賢弥という男が何ものだか分かる。野中広務のパシリである。

2012-06-14 文春「小沢夫人の手紙」捏造事件の犯人は誰か??? 

  昨日、「文藝春秋」本誌に、「平成政治24年、亡国の戦犯」は誰か?という記事が出ているのを、電車の吊り広告で見たが、思わず、「亡国の戦犯はお前だろう!!!」と呟いていた。ところで、またまた、最近、売り上げ激減と噂のある「週刊文春」が、トンデモ記事というか、ガセネタ記事を、掲載しているらしい。例によって例のごとく、あのガセネタ記事満載のブラック・ジャーナリスト松田賢弥がらみのガセネタ記事である。小沢夫人が、小沢一郎を、「放射能が怖くて逃げた・・・」と批判する長文の手紙を、岩手県の選挙区の人達に送っていたというのだが、文春は、この小沢夫人の手紙がホンモノだという前提で、この妖しい記事を掲載しているようだが、こんなバレバレインチキ手紙がホンモノのわけがないだろう。松田賢弥が幼稚稚拙低脳児だということは証明済みだが、文春編集部の面々も負けず劣らずの低脳児集団ということか。その程度の「読解力」も「鑑識眼」もない低脳馬鹿が、堂々と「編集長」をやっているのが文藝春秋という会社の実態なのだ。芥川賞の胴元でもあり、文芸出版社としては老舗だから、文学関係者は、しかもメシの種でもあるし、誰も言わんだろうが、代わりに僕が言ってやる、そろそろ「潰れろ!!!」と。さて、松田ガセ男が、「この手紙が表に出たら、小沢一郎はもう終わりだ」と、手紙を受け取った支援者が言ったとか言わなかったとか、書いているが、ボケるのも好い加減にしてもらいたい。「こんな手紙程度で、小沢一郎が終わりになるわけないだろう。」さらに松田ガセ男は、「平成の政治を振り返る上でも、極めて重要な一級の資料である」と書いている。松田ガセ男よ、寝ごとも休み休み言え。単なる夫婦喧嘩が、一級の資料になるわけないだろう。もしこの手紙がホンモノとすれば、夫婦喧嘩の末とはいえ、あるいはあまりにも激しい「小沢バッシング報道」の結果とはいえ、やはり小沢夫人の、政治家夫人としての「品格」が問われることになるだろう。むろん、コピーとはいえ、こういうプライバシーに関わる手紙(私信)を、ガセネタ週刊誌に売り、公表した支援者の「品格」も。

検証(思索)回路無く丸暗記単語のみで反論の山崎行太郎は「言葉と文字界」火病人サンプル

 山崎行太郎(1947~ )鹿児島県立甲南高等学校、慶應義塾大学文学部哲学科卒。同大学院文学研究科修了。現在、埼玉大学、日本大学芸術学部兼任講師。

 さもありなん、経歴は、温室育ちの全くのモヤシ。問われたら答えるのみの、ただのHDDは、現実界では役立たずの落伍者(受動のみで能動皆無)!現実界落伍者の吹き溜まりが、文系教授や講師や先生で、凶授乞子銭生が正体。

 日本の文芸評論家とあるが、こんな単語羅列のモヤシ論者が評論家とは、自称だろう。他称なら、「言葉と文字界」堕落の極み。揺ぎ無い証拠だ!

 この乞子、自らの学歴を誇り、「松田賢弥の学歴」と愚弄しているが、学歴(丸暗記)など役立たずは、67年間もの職責不履行無検証が証拠。東大京大等、束に成って反論しても、事実は事実、くつがえることなど無い!職責不履行を、どんなに束ねても、履行にはならない。文系学歴(丸暗記)は絵の無い額縁で、役立たずの証し。文系学歴(丸暗記)立派な、正体、凶授乞子銭生の、本や教えなど鵜呑みせず、立派な先人から授かった子孫の頭脳で、ネットの最先端資料を咀嚼し、「なぜ?どうして?」と思索することが肝心!

 中古千円の電子辞書にも劣る文系学歴(丸暗記量は千円以下)神話は、もう、崩壊したのだ!

 そして、どんなに立派な学歴(丸暗記)でも、思索回路無き丸暗記学歴者は害虫と、歴史が証明した。

 思索(なぜ?どうして?)が、すべてに優る!

 

精神の病に仕立てる小沢一郎さま様の小沢擁護毒饅頭(申告不要の裏金官房機密費)記事

NEWSポストセブン2012/06/25週刊ポスト(小学館)
小沢一郎・元代表と和子夫人 「離婚報道」に至るまでの経緯

 民主党の小沢一郎元代表と和子夫人の離婚騒動がメディアを賑わせている。週刊文春は6月21日号で「小沢一郎 妻からの『離縁状』」というタイトルで和子夫人が後援会関係者に書いたとされる手紙を掲載した。一体、小沢に何が起きているのか、本誌がレポートする。(文中敬称略)

 和子の変調は小沢の地元や支持者の間では早くから知られていた。

 それまでの和子は、永田町での活動に集中する小沢の代わりに、文字通り「金帰火来(きんきからい)」で毎週のように選挙区に帰って、いわゆる「票田の草刈り」に没頭した。後援会を切り盛りし、有権者の声を聴き、それを小沢に伝えた。小沢も和子を政治的にもかけがえのないパートナーと頼り、和子が岩手から戻ってくる日には、いつも利用していた夜10時着の新幹線を東京駅で迎えることが習いとなった。

 一方で、これも多くの家族が抱える問題として、小沢の母・みちと和子の微妙な関係も存在した。みちは夫・佐重喜、そして息子・一郎を支えた鉄壁の後援会を築き上げた原動力だった。その自負と小沢への愛が、あるいは和子を嫁として迎える心のハードルになっていたのかもしれない。

 やがて、みちが病に倒れてからは、後援会を支える重責は和子の双肩にかかり、和子はその役目を見事に果たしたが、病床のみちは和子を完全に受け入れはしなかった。その献身的な看護を拒否することもあったという。時には医療スタッフの世話さえ善しとしない頑迷さを見せたとされる。

 当時、若き自民党幹事長として飛ぶ鳥落とす勢いだった小沢は、妻と母の確執の間で、母の介護という難題も抱えることになった。時には、小沢自ら母の口に食事を運ぶこともあった。

 みちは1995年に他界した。

 それからの和子は、小沢王国の大黒柱として駆け回ったが、その頃から政界、マスコミ界の絨毯爆撃のような小沢への人物破壊が激しさを増し、和子の使命感や誇りにも影響を与え、心身の屈折を生じさせたようだ。

 和子の言動に変化が生じてきたことは、家族だけでなく、後援会でも心配の種になった。日に日に変わっていく姿に周囲の心痛は大きかったに違いない。小沢にも悔恨が沈殿していった。時にはありもしないことを口走り、根も葉もない中傷と知る噂で小沢を激しくなじることもあったという。

 自分の内面、ましてや家庭の“阿鼻叫喚(あびきょうかん)”の様を語ることなどありえない。内なる葛藤を抱えながら小沢は政権奪取にひた走った。それを止めることは誰にもできない。それこそ小沢における政治家の摂理なのだ。夫婦の関係は難しくなるばかりだった。

 やがて和子は世田谷区にある小沢邸の敷地内に別棟を建て、そこで生活するようになった。それが「別居」と報じられたこともある。

 和子は、あんなに心血を注いできた後援会活動にも、実弟が亡くなった10年ほど前から、ぷっつりと姿を見せなくなって家に閉じこもるようになった。これは後援会関係者なら誰もが知る事実だ。「小沢家の問題」を取材するマスコミも、きちんと地元に行けば簡単に確認できるはずである。

 その頃でも小沢は、毎夜9時過ぎには自宅に帰ることを決め事にしていた。和子との会話はほとんどできなくなっていたが、それでも、指呼の間(しこのかん)にいる和子が昔日のように「パパ!」と声を掛けてくるかもしれない。そんな期待も秘めていたのだろう。

 しかし現実の和子は、ますます猜疑心や妄想にとらわれるようになり、最も信頼している次男以外の言葉は受け入れないほどに憔悴を見せるようになった。いきなり秘書に小沢のスケジュールを詳細に報告させ、その立ち寄り先に片端から連絡して、「小沢は本当にそこに行ったのか」と詰め寄る異常な行動が周囲を驚かせる“事件”も起きた。

 次男と小沢の関係にも暗雲が立ち込めた。和子の心を救いたいと、実家である福田家の関係者が話し相手になって支えた時期もあったが、そうした努力は誰の目にも不毛で、和子を訪れる人は少なくなっていった。

 父と母、父と弟の間に立って辛苦を引き受けてきた長男も、ついに家を出る決心をした。

 そして小沢は、求められるまま和子に離婚のフリーハンドを与えた。家族の絆を取り戻すことはますます難しくなった。続きは小沢氏後援会幹部 和子夫人や次男出馬で骨肉紛争勃発を危惧2012/06/26

※週刊ポスト2012年7月6日号

※小沢一郎民主党元代表、小学館(週刊ポスト)へ毒饅頭(申告不要の裏金官房機密)を配ったようだ。効き目抜群である。和子夫人は瞬く間に、精神病患者になり!週刊ポストは売れて、小学館は大儲けだ。そして、申告不要の裏金官房機密!!笑いが止まらない!!!!

饅頭大好き「言葉文字界」!毒饅頭官房機密費)?中華饅頭?キムチ饅頭スパイ

 それにしても、NHK公共放送TV新聞等、揃っての報道規制報道皆無は、見事な傀儡証明、饅頭効果である。戦後67年間の、言論統制(職責不履行)の証明で、自白!

 戦後(角栄以後)始まった中朝韓罪日傀儡の、マスコミや政治家(小沢)や政党(凶産社会民主公明等)や大学や日教組への、頂門の一針と成り、平成維新開始の烽火と、果たして成り得るか!

 賢者は思索するが、愚者は丸暗記烏合の衆。民主主義は民意で動く、民意主義。「愚者はびこれば国滅ぶ」は、世の習い!

 小沢一郎は、「中朝韓国民の生活が第一」が正体!民度とは、思索国民の多少。多ければ国栄え、少なきは、国滅ぶ。


 

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/347-4c0089ca

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。