QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観1朝鮮族捏造日本人差別碑関東大震災碑群馬県強制連行犠牲者追悼碑等々

1朝鮮族捏造日本人差別碑関東大震災碑群馬県強制連行犠牲者追悼碑等々

 日本九九年戦争・資源無き島国日本、適者生存戦国時代唯一の術は、先手あるのみ。後手の本土戦は、兵糧攻めで必滅。露西亜、清国(属国朝鮮)南下阻止が第一義、後手は必滅、先手で打って出た。 

 結果が台湾朝鮮(自立不能で)統治(極東共栄圏樹立着手)、満州建国尽力(凶産の砦)、日中戦争(中国凶産化での中ソ凶産連合阻止)、南京政府樹立尽力(中国凶産化阻止)で極東共栄圏構築。

 日中(反共)戦争で疲労困憊の日本は、戦国の定法弱肉強食、恰好の餌食となった。米英中蘭(ABCD)が兵糧攻め、ハル・ノートで降伏を迫った。出稼ぎ戦争対、日本は死活戦争。極東から大東亜に共栄圏樹立を拡大し、あらん限りに戦ったが、大東亜同胞の、完全覚醒追随まで戦いきれず、矢尽き刀折れ、敗れた。

 がしかし、戦いざまに共振した同胞が、一気に蜂起、独立。1960年の植民地独立付与宣言(互恵)が根幹となり、自由貿易64年開放経済)、平等65年人種差別撤廃を成し、凶産は残ったが、戦争目的は完遂した。弱肉強食の世に、戦後67年間のごとき無能無策の後手日本なら、何もかもが消滅していた。それでも戦後消滅しなかったのは、『身体を筆にし、流れる血と汗と涙でえがいた先人の、人類への遺書』以外、あろうか!

 “戦かわざれば”の平和論があるが、防共の砦日本が去るやいなやすぐさま凶産化、朝鮮戦争惹起したもう一方の真の敵、中ソ凶産連合軍隠蔽スパイの、工作論である。ABCDと“戦かわざれば”の降伏は、防共の砦無き丸裸日本で、中ソ凶産の、恰好の餌食となった。この戦いは、目的も無きただの防御戦。多勢に無勢で、瞬時に最後の独立国日本は潰え、日本族の名を残すのみの、まさに、犬死に無駄死にの戦争となっていた。同胞の、支配者からの独立も無い!新秩序など、当然無い!支配者と、被支配者の地球に成っていた!」

 

群馬県強制連行犠牲者追悼碑は日本人差別碑で、歴史捏造朝鮮人と日本職責不履行亡国奴証拠碑!

 密入国し、勝手に日本に住み着き感謝もせず、なんとゲリラ活動する「民潭・総連」工作員の証拠がこれである。

 群馬県強制連行犠牲者追悼碑「記憶反省そして友好」は、「嘘を記憶させ 謝罪させ そしてお金頂戴」が正体!朝鮮人の「友好」は、「餌の催促(金くれ)」

 

ネットの格言「『あの人ら』は違う。一回譲ったらツケ込んで来て、こっちはずっと譲らなあかん羽目になる

朝鮮歴史館06-02-01
カドたてんとことおもて譲り合うのは、日本人同士だけにしとき


     ,,.---v―--、_       日本人はな、お互い様やねん。
   ,.イ" | / / / /~`'''ー-、相手に譲ってもろたら今度は自分が譲るねん。
  //~`ヾ、;;;;ソ'''''''ヾ、   ,.ヽそうやって上手い事回っとったがな・・・
 /:,:'       ...  ゞ 彡 彡、ノ)  
 !/  ~`ー'",..- ...   〉     !( 『あの人ら』は違う。
i   ̄~`        !  彡  |ノ 一回譲ったらツケ込んで来て、
,i ,.- 、 ゝ " '" ~ ~`  ヾ ,,--、 | こっちはずっと譲らなあかん羽目になる。
/         _    ヾ"r∂|;! それでも『あの人ら』は平気なんや。
ヾ` '⌒` ;::   "~ ~` 彡  r ノ/ カドたてんとことおもて譲り合うのは、
i    ノ           _,,.:'   日本人同士だけにしとき。
ヽ ノ"( 、_,..:ー'"ヽ、 : : :   ,i /  そうせんと『あの人ら』につけこまれて、
 ヽ、 ,. :: ::  ヽ      ノ:|ラ:)`ヽ『ひさしを貸して母屋を盗られて』、
   ヽ、`''''"""''''" '  ,,..-'" //   \ 日本がのうなってしまうからな。
                                         
お船やテレビのようにな!

 

「○○碑建立」作戦を国策で展開アメリカ(韓国系米国人)日本(民潭・総連)ゲリラ活動

[朝鮮新報 2004年5月8日]
全国初の県有地建立-群馬県朝鮮人強制連行犠牲者追悼碑〉 正しい歴史認識と心からの反省

 既報のように、日本の植民地時代に群馬県内に強制連行され、過酷な労働を強いられて犠牲になった朝鮮人のための「記憶 反省 そして友好」の追悼碑が、群馬県立公園「群馬の森」に建立され、その除幕式が4月24日、同公園内で行われた。朝鮮人、韓国人強制連行犠牲者追悼碑を建てる会(「記憶 反省 そして友好」の追悼碑を建てる会)のメンバーをはじめ、県、高崎市、沼田市など関係自治体、総連、民団の各代表、同胞、学生、日本人ら約250人が参加した。

日本人の手で建碑

 「県有地内での追悼碑建立は全国でも例がなく、意義のあること」(境野貞夫「建てる会」共同代表)

 日本の植民地支配から解放され60年近くが経とうとする今でも、日本政府は強制連行の事実を認めず罪を隠蔽し、あろうことか、在日蔑視朝鮮バッシングに余念がなく、果ては軍国化の道を盲進している。

 そんな状況下で今回、群馬県で朝鮮人犠牲者のための追悼碑が県立公園内に建立された。

 これまで、市(有地)や寺に建てられた例はあっても、県(有地)に追悼碑建立を承認させた例はなかった。それも保守系の大物国会議員を数多く輩出してきた県で。また、日本人の手によって建立されたという点も注目された。

侵略責任ある我々が」

 猪上輝雄「建てる会」事務局長は「真の友好のためには正しい歴史認識、心からの反省が必要だ」と語る。

 猪上さんらは1995年、戦後50年を問う群馬の市民行動委員会を結成した。以降、県内各所で日本の侵略戦争の実相を訴える写真展や、強制連行強制労働の実態を暴く資料を展示した平和展を開催。その過程で、朝鮮人犠牲者のための追悼碑建立の必要性を痛感し、98年、群馬県朝鮮人、韓国人強制連行犠牲者追悼碑を建てる会を結成。「侵略に責任を持つべき日本人が運動の主体となる」ことを運動理念とした。会員や県民らに追悼碑建立を呼びかけ、募金活動を行い、01年、県に用地提供を請願。碑文などに関して県側と激論を重ね、除幕式を迎えた。

 円形の台座に塔(高さ約4メートル)とともに建てられた追悼碑は、高さ約2メートル、幅約4メートル。碑の前面に朝鮮語、日本語、英語で「記憶 反省 そして友好」と、裏面には、追悼碑建立の意味と友好への願いが込められた碑文が、朝鮮語と日本語で刻まれている。

必ず謝罪の言葉を

 「率直に言って従軍慰安婦は自ら求めてなったのであり、強制連行はなかったという意見もある」-01年2月に行われた総連中北支部、中北商工会主催の朝・日友好親善新春の集いの席上、招待客の代表としてあいさつした群馬県議会議長(当時)の発言である。参加した日本人は「恥らいを覚えた」という。だが、これは戦後一貫した日本政府の立場でもある。

 「建てる会」の請願を受けた県側は、「強制連行」「反省」などの言葉をはずすよう求め、「建てる会」が提出した碑文の原案から、なぜ朝鮮人が強制連行され、犠牲になったのかという歴史経過をカットした文案を提示するなど、容認できない提案を繰り返したという。

 群馬県内に強制連行された朝鮮人は6000人以上にのぼる。国鉄吾妻線の工事、岩本発電所導水トンネル工事、中島飛行機(富士重工の前身)後閑地下工場を含め、県内の炭鉱、軍事施設などで強制労働を強いられた。このような事実にもかかわらず、当時の県議会の反対勢力は、最後まで碑文に「強制連行」「強制労働」の言葉を刻むことに反対した

 全国で初めてとなる県有地への建立の意義を重要視した「建てる会」は、「強制労働」ということばを「労務動員」(当時、日本政府が使用した用語)に変更するなどして、合意にこぎつけた。

 当時、朝鮮人が強いられた過酷な労働と生活についての原案の記述はほぼ削除され、碑文には一言、「事故や過労などで」と書かれている。中山敏雄運営委員は「碑文に謝罪の言葉がない。今後も活動を続けていこう」と呼びかけた。参加者たちは、碑文についての「心残り」を今後の運動で克服していくことを決意していた。(李泰鎬記者)

朝日新聞
強制連行 思い刻む  

 第2次世界大戦中に朝鮮半島から連行され、強制労働に従事させられた朝鮮人を追悼する碑が、高崎市綿貫町の県立公園「群馬の森」に完成し、24日、除幕式があった。強制連行の実態調査を続けている県内の市民団体が9年がかりで準備を進めてきた。「強制連行を県民に知ってもらうきっかけにしたい」としている。

 碑は幅4メートル、高さ2メートルのコンクリート製。正面のプレートには「記憶 反省 そして友好」という内容が、日本語、ハングル、英語で表記されている。費用は賛同者約400人らのカンパでまかなった。

 碑を建てた「追悼碑を守る会」によると、県内には6千人ほどの朝鮮人が連行され、地下工場や鉱山などで働かされた。重労働と劣悪な生活環境で亡くなった人も多かったが、実態は解明されていないという。

 同会の猪上輝雄事務局長(74)は、95年に有志らと強制連行の現場調査を始め、碑の建立にこぎ着けた。「歴史認識をきちんとしないと、朝鮮半島との信頼関係はうち立てられない。今後も調査活動を続けたい」

 除幕式には、遺族の代表や賛同者ら約300人が参列。自身が栃木県の足尾銅山で強制労働をさせられたという千葉市の鄭雲模さん(82)は「当時は木刀で殴られたり、靴でけられたり、ひどい仕打ちを受けた。こんな碑を建ててもらい、ありがたい」と話した。(4/25)

 

「記憶 反省 そして友好」の追悼碑を守る会事務局

群馬県前橋市下小出町1-13-2 電話 027-232-7511

群馬県平和運動センター
 群馬県平和運動センターは、平和と民主主義、自由と人権を守り確立する運動を進めています。20世紀は「戦争と人間破壊の世紀」でしたが、21世紀はなんとしても「平和・人権・共生の世紀」としなければなりません。侵略戦争ファシズム反省から生まれた日本国憲法(平和憲法)の理念、なかでも前文や第9条にうたわれた平和主義や、民主主義、自由・人権の理念を、この国の政治や暮らし、外交に生かすと共に、世界中に拡げることが大きな課題です。平和運動センターは、そのために市民の皆さんと共に活動します。会員は、個人会員と団体会員があり、規約に賛同いただける方(団体・個人とも)は、どなたでも参加いただけます。

経過と問題点について
①  憲法を守り、生かす取組みは、18名の代表団(福島義昭団長) の第38回護憲大会(三重)参加に始まりました。12月8日には、3月の 「よびかけ」以来、準備会を中心に結成準備がすすめられてきた「守ろう!平和憲法群馬ネットワーク」 (憲法ネットぐんま)が、大田前沖縄県知事(参議院議員)を招いた結成集会(於県婦人会館・150人) で、正式に発足、活動を開始しました。

 ――朝鮮人韓国人強制連行犠牲者追悼碑を建てる運動は、碑の建設場所が「群馬の森」に決まり、碑名や碑文などをめぐる県との最終的打ち合わせの段階を迎えており、建設資金カンパの完遂と建立にむけて、・継続した取組みが必要となつています。――

 

出稼ぎ朝鮮人の事故死を労務動員犠牲者と捏造した捏造碑

碑文前面「記憶 反省そして友好」の日本文、ハングル、英文。

説明文

「追悼碑建立にあたって

 20世紀の一時期、わが国は朝鮮を植民地にして支配した。また、先の大戦のさなか、政府の労務動員計画により、多くの朝鮮人が全国の鉱山や軍需工場などに動員され、この群馬の地においても、事故や過労などで尊い命を失った人も少なくなかった。

 21世紀を迎えた今、私たちは、かつてわが国が朝鮮人に対し、多大の損害と苦痛を与えた歴史の事実を深く記憶にとどめ、心から反省し、二度と過ちを繰り返さない決意を表明する。過去を忘れることなく、未来を見つめ、新しい相互の理解と友好を深めていきたいと考え、ここに労務動員による朝鮮人犠牲者を心から追悼するためにこの碑を建立する。この碑に込められた私たちのおもいを次の世代に引き継ぎ、さらなるアジアの平和と友好の発展を願うものである。    2004年4月21日

 『記憶 反省そして友好』の追悼碑を建てる会

 碑文中『朝鮮』及び『朝鮮人』という呼称は、動員された当時の呼称をそのまま使用したもので、現在の大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、及び両国の人達に対する呼称である。」

 

「『記憶 反省そして友好』の追悼碑を建てる会」は、日本の代表者ではないのに、「わが国」呼称し、捏造。

 戦国の世に朝鮮は寄る辺無き窮鳥となり、国民の総意で、極東共栄圏参加を選択したので、植民地では無い。

 当時は朝鮮人も台湾人も日本国民だが矢面にも立てず、志願兵のみ(朝鮮人2万2182人、台湾人3万304人戦死)。日本人は強制兵役の皆兵(234万2341人が戦死)。日本人は、老人女子供まで銃後の守りについた。働き手全部が徴兵されたので、不足した労働者を募集し、出稼ぎ朝鮮人労務者が職につきおぎなった。その労働者が事故死した話を、労務動員犠牲者と捏造。戦時下に、自国朝鮮を守るためにも、大の大人の朝鮮人が、銃後の守りの働き手(無給ではない有給)となるぐらいは、当然だろう。

 戦国の世の戦時下、誰でもが「多大の損害と苦痛」の渦中に居た。朝鮮人のみではない。

 死活戦争自衛戦なので、「反省」などあるわけがない!

 食民治主義凶産主義の出稼ぎ侵略戦争に対して、日本は死活戦争自衛戦なので、「過ち」ではない。朝鮮人の「難癖」捏造である!出稼ぎ征服者との防衛戦争がなんで「過ち」なのだ。朝鮮戦争が証明したように、たとえアメリカと戦わず降伏したとしても、次には中ソ赤化連合との戦いとなった。降伏で一時の平和を得ても、砦を失った大阪夏の陣のごとき丸裸の日本では、沖縄戦同様の戦いが全国で起こり、ことごとく虐殺されていたであろう。そして同胞も蜂起せず、独立も無い。当然、植民地独立付与宣言も無い!ただの無駄死に戦争となっていた。

 なぜに『朝鮮人』のみの追悼碑なのだ?『朝鮮人』のみが「労務動員による朝鮮人犠牲者」?馬鹿な!寝言を言うな!

 

強制連行犠牲者」と呼称し毎年繰り返される捏造集会!

【朝鮮新報】2012.05.15
群馬県で強制連行犠牲者を追悼、「記憶 反省 そして友好」追悼碑

追悼碑建てた市民の思い広め

 日本の植民地時代に強制連行され過酷な労働強いられて群馬県内で犠牲になった朝鮮人を追悼する集会が4月21日、群馬県立公園「群馬の森」にある「記憶 反省 そして友好」の追悼碑の前で行われた。「追悼碑を守る会」が主催。同胞、日本市民ら約160人が参列した。

 「記憶 反省 そして友好」の追悼碑は、強制連行真相調査や日朝友好運動に携わっていた日本市民らが「真の友好のためには正しい歴史認識、心からの反省が必要だ」との認識で2004年に建立した。日本で初めて県有地に建てられた強制連行犠牲者の追悼碑だ。

 集会では、総聯群馬県本部の崔光林委員長と民団群馬県地方本部の柳曙永議長、東京朝鮮人強制連行真相調査団の李一満事務局長、角倉邦良県議石川眞男玉村町議らが追悼の辞を述べた。また、星野已喜雄・沼田市長、新井利明・藤岡市長のメッセージが紹介された。

 崔委員長は、日本政府は戦後67年が経とうとする今日においても、強制連行の真相究明に誠実に取り組んでおらず、民族差別だけが引き継がれ、朝鮮学校だけを「高校無償化」制度から除外するなど、国際的にも例のない不当で非常な差別を続け民族教育を抹殺しようとしていると指摘。参列した日本市民らと手を携えて、追悼碑に込められた思いを広く伝えるとともに、日本政府の謝罪と賠償朝・日国交正常化の一日も早い実現と東北アジアの平和のために草の根で活動していきたいと決意を述べた。

 犠牲者を追悼し、群馬朝鮮初中級学校生徒たちが朝鮮の童謡「故郷の春」を歌い、参列者全員が献花した。

 運営委員会事務局から多くの同胞、日本市民らが参列したことに謝意が送られ、今年度の活動に関する呼びかけがあった。【群馬支局】

 

角倉邦良県議は朝鮮傀儡

こんにちは。群馬県議会議員の角倉邦良ですが、朝鮮人強制連行は事実ですし、朝鮮半島分断の責任は日本にあります。より以下転載
朝鮮総連ポセヨ 37、38号
 

朝鮮総連各団体・合同定期大会の開催おめでとうございます。

 今、在日朝鮮人のみなさんがおかれている厳しい状況を前にして、日本人として大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 言うまでもなく、朝鮮民主主義人民共和国の現在の政治体制、核実験、拉致の問題と在日朝鮮人の皆さんに対する差別の問題は別の問題です。在日朝鮮人の差別を許してはならないのです。

 日本と日本人が朝鮮半島を侵略し、尚且つ朝鮮人のみなさんを強制的に日本に連行したことは、歴史的事実であり、朝鮮半島に分断国家を作ってしまった大きな原因のひとつに日本の侵略があったことは、言うまでもありません。

 私たち日本人は、戦後においても在日朝鮮人差別をいまだに続けています。

 こうした状況を変えるべく、私はひとりの日本人として戦後責任を果たして行かなければならないと常々考えてきました。

 在日朝鮮人のみなさん、ひとりひとりと対話し、交流をする中で、みなさんとともにこの日本社会を変えるために、私は行動して行きます。

 本日の大会が参加者の活発な討論で成功することを祈念し、メッセージとさせていただきます。

 

2007年7月19日

群馬県議会議員 角倉邦良

 

 この議員は、民主党の金田誠一議員の秘書をやっていたみたい。

金田誠一は旧社会党出身で、北朝鮮への経済制裁に反対し、パチンコ業界と関連が深く(以下wiki参照のこと)転載終了 2につづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/339-9e791e7f

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。