QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観4日米安保は沖縄徹底支援の証で先人遺志「凶産破壊」への再挑戦

4日米安保は沖縄徹底支援の証で先人遺志「凶産破壊」への再挑戦

 ※沖縄に米軍基地が67年間も必要な理由、真の敵凶産中国を隠蔽し、こういう質問(狭い沖縄7割と広い全国3割)なら真実史観でも「不平等」と答える。基地は必要か否かで、狭い広いではないのだ(論旨のすり替え)。誘導洗脳(沖縄狭いのに悲惨)目的の質問のすり替えである。「7割以上が集中」は、凶産中国による沖縄侵略の可能性が、非常に高いということで、狭い沖縄への一方的押し付けでなどではない。これもすり替えである。マスコミ世論調査(白黒善悪調査)のカラクリである。

 

自分が住んでいる地域に沖縄の米軍基地が移設されることの賛否

全国では「賛成24%反対は67%」

沖縄への米軍基地集中を「不平等」と回答した人のうち、居住地の基地移設に「反対は69%」

※「居住地の基地移設」なら、真実史観も即刻「反対」!マスコミ世論調査質問の仕方カラクリである。

 

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を巡り、日米両政府が進める名護市辺野古地区への移設計画について

「計画に沿って進めるべきだ」は「全国28%沖縄11%」

「国外に移設すべきだ」は「全国37%沖縄39%」

「県外に移設すべきだ」は「沖縄29%」

「凶産の砦沖縄」

※戦後67年間凶産中国南下に立ちはだかった牙城が、「凶産の砦沖縄」で、砦の兵が沖縄米軍。沖縄米軍は、凶産中国にとって最大の邪魔者である。凶産中国傀儡マスコミ、真の敵凶産中国隠蔽すり替え作戦で、邪魔者米軍と洗脳した結果である。

 

主要政党の支持率

全国では「自民17%民主15%」

沖縄では「自民11%民主7%社民5%」

支持政党はない「全国52%沖縄63%」

【福永方人】

※凶産マスコミに扇動され、凶産に騙されたルーズベルト政権が参戦し、人類初の原爆投下までして「凶産の砦日本」を破壊した結果、共産が凶産と正体を現した。ソ連南下に拍車がかかり凶産中国が一気に誕生、朝鮮戦争となり冷戦となり、ベトナム戦争となった。原因は、「凶産の砦日本」破壊にある。

 アメリカに矜持があり唯心なら、凶産(唯物)を共産(唯心)と錯誤、人類初の原爆投下までした太平洋戦争は、史上最大の恥辱で、悔恨といえる。

 凶産中国南下阻止の戦後67年間は、その証である。

 

中国画策、沖縄を「琉球自治区」に 海軍機が尖閣接近2011.3.3
 中国海軍機が2日、沖縄・尖閣諸島に接近し、航空自衛隊がF15戦闘機を緊急発進(スクランブル)させる事態が起きた。領空侵犯はなかったが、同国の領土拡張への野心は無視できない。実際、中国系の新聞や雑誌、インターネットなどには「中華人民共和国琉球自治区」や「中華民族琉球自治区」といった文字が多く見られるようになっているという。(夕刊フジ)

 「中国軍機が尖閣諸島にここまで近づくのは初めてだ」

 今回の事態を受け、防衛省幹部は苦々しげに語った。同省統合幕僚監部(統幕)によると、中国海軍のY8情報収集機とY8哨戒機は2日昼すぎ、東シナ海上空を南下、日中中間線を越え、尖閣諸島付近の領海から約55キロまで接近。その後、西に向けて方向転換した。空自南西航空混成団は、F15戦闘機をスクランブルさせたという。

 GDP(国内総生産)で日本を抜いて世界2位となったことで増長しているのか、最近の中国の言動は傲慢きわまりない。「月刊中国」日本語版の主編、鳴霞氏は次のように言う。

 「香港の知人から届いた月刊誌には『中華民族琉球自治区』援助準備委員会設立の公告が載っていました。ほかの中国系メディアにも出ています。関係者は『世界に向けて、中華琉球をアピールしていく』と話していました」

 中国語のサイトにも「中華人民共和国琉球自治区」や「中華民族琉球自治区」の文字が躍っている。一体、中国は何を狙っているのか?

 中国人犯罪者と対峙してきた元警視庁捜査官で「日本が中国の『自治区』になる」(産経新聞出版)の著書があるノンフィクション作家の坂東忠信氏は最近、「中華人民共和国琉球自治区の設立 琉球群島1000年の国家戦略の開始」という論文を翻訳した。それは驚くべき内容だ。

 《中国は1000年の発展のため、琉球群島(=沖縄諸島など)を回復し、中華人民共和国琉球自治区を成立させなければならない。『カイロ宣言』と『ポツダム宣言』は法律上、中国が琉球の主権を持つことを保障している。(琉球を)国防のための巨大な鋼鉄の長城となし、太平洋に向かう前進基地としなくてはならない》《中国は琉球を建設し、日本軍と米軍を東海(=東シナ海)から遠ざけ、琉球は中国の安全のための防波堤となるのだ》

 歴史も現状も無視した、ひどい内容というしかない。

 坂東氏は「中国政府はすでに『尖閣諸島は中国領だ』と公言している。人民解放軍の中には、日本への侵攻計画を呼びかける高級幹部もいる。『琉球自治区』の動きは民間(の論調)を装っているが、今後、世界中の中華民族と連携して圧力をかけてくる可能性もある。日本の政治家やマスコミはもっと警戒すべきだ」と語っている。

 

「植民地独立付与宣言(1960年)」に、唯一不参加の有色人が中国人と朝鮮人

 中国凶産党の党是「世界征服」のこじつけは、「中国の朝貢国だった○○は」で、チベット、新疆ウィグル等を征服し、今また、尖閣、沖縄を狙ってている。当然属国韓半島も立派な「こじつけ」対象である。なら、かっての支配者「元」のモンゴルにも、かっての支配者「清」の満州にも、当然「中国征服」の権利はあるということである。中国や韓半島が何とも愚かな「友食い戦争」に明け暮れている最中に、有色人と小国白人同胞が、血と汗と涙で築いた人類の新秩序、「植民地独立付与宣言」1960年以前に逆行である。

 こんな逆行を犯すなら、再び中国はかっての「清」のように、世界中から蚕食され。世界の漢族は追放される。

 

華僑華人総会がなんと3団体もある(他は1県に一つ)特異な沖縄

全部凶産中国系?

沖縄か僑(中ごく国籍)華人(帰化人)総会
沖縄新か僑(中ごく国籍)華人(帰化人)総会
琉球か僑総会:おき縄県那覇市新都心 中ごく語教室 チャイニーズスクール

台湾系

琉球か僑(たい湾国籍)総会(現在アクセス禁止2012年5月9日のキャッシュ)

親愛なる会員の皆様へ

 琉球華僑総会は1971年3月21日に設立され、今年で38年目を迎えました。我々の華僑総会は、沖縄における台湾人同士の連帯を促進するためだけでなく、地元の沖縄の方々と、より強い信頼関係を築き上げることを目的に設立されました。

 我々の総会は、設立直後に起こった沖縄の日本復帰と日華断交という2重に混乱した苦難の時代を共に乗り越えてきました。また、台湾では1980年代に民主化が実現し、その立役者となった李登輝元総統には昨年初めてご来沖を賜りました。現在、台湾から沖縄へ移り住む華僑自体はかつてのように多くはありませんが、沖縄で生まれ育った台湾華僑の3世が社会人の中堅として各分野で活躍し、4世や5世といった若い世代があらわれつつあります。こうした若い世代のなかには、台湾・沖縄にとどまらず、活躍の場を世界へ求めて大きく羽ばたいていくものが年々増加しつつあります。

 我々華僑は、台湾と沖縄だけでなく、刻々と変わり続ける世界のなかで常に努力を続けてきた歴史があります。私は、沖縄社会において幾多の困難を乗り越えてきた父母の世代を見て育ちました。また、私自身は学生時代から30年以上、会の活動に継続して関わり続け、会務については誰よりも知り尽くしていると自負しております。近年、グローバル化がすすみ、沖縄社会自体が大きな変化の波にさらされている今日において、激しい時代の変化の中を生き抜いてきた父母の世代の智慧と、我々の世代が長年培ってきた沖縄から台湾、そして、世界へと広がる人のつながりは、これからの沖縄社会の全体の発展にもつながることが認識されるようになってきております。我々華僑が結束を深めることは決して我々自身のためだけでなく、これからの沖縄の発展につながる貴重な財産であり、さらには、「台湾人である」という目に見えない財産を次世代へと継承していくことこそが現在の琉球華僑総会に課せられた最大の課題であると認識しております。

 こうした沖縄社会の変化や新しい状況に応じて、華僑の、華僑による、華僑のための琉球華僑総会のあり方を定め、華僑の団結を深めて体制を整えていくことは現在の会長である私の天命であると深く心に刻み、太陽のような熱い情熱をもって沖縄で暮らす華僑を包み込み、華僑のためにこれまでと変わらずに尽力し続ける所存であります。

 私は琉球華僑総会の会長として、会のさらなる発展のために以下の3つの目標を掲げ、理監事一同、その達成のために粉骨砕身の努力をすることを会員の皆さまにお約束します。

1.会員同士の親睦と結束の強化

2.3世・4世へのアイデンティティの継承を中心とした次世代の育成

3.台湾と沖縄の緊密な関係の強化

会 長 林 国源 敬上

 

敵対人(凶産中国韓半島罪日)の無選別帰化

毎日新聞2012年05月01日
 「日本国籍を取得する外国人は毎年1万人を超える。 大半は中国韓国人だ。 それ以外の国からは昨年1444人。 数こそ少ないが、この10年で2倍以上に増えた」。

犯日なのになぜ日本に居る?帰化する?(強制連行は罪日の捏造バレバレ)、帰ればよいではないか。スパイやギャング団においでおいでしているようなものだ。敵対国人の「思想チェック」は、必要不可欠条件である。無いとこうなる。


沖縄凶産化Xデー

 当時は戦国時代(年表見れば子供でも一目瞭然)なので侵略悪、被侵略善などの平時の善悪倫WGIPは愚論(先に殺さなければ殺される)で、成立しないことは、子供にも解る常識である。ところがこの常識論、沖縄「言葉と文字界」には、特に皆無

1、「言葉と文字界」小心者にハニーマネートラップを仕掛け脅し記録獲得作戦

  スパイ留学生が教授に接近し、札束蜂蜜工作。教授は賄賂工作で奴隷となり、犯日凶授の学生洗脳。賄賂授受の証拠は、スパイなので当然抜かりなく明確に記録する。後は金などやらなくても、この証拠暴露をネタにおどせば、立派な傀儡なので、スパイは瞬く間に増える。脅し記録を得るまでは上げ膳据え膳だが、後は奴隷となるのがスパイの末路。太平洋戦争原因(凶産が米国マスコミを、ハニーマネートラップで傀儡化しての犯日扇動)と、全く同じ手口である。沖縄犯日団は皆、こうしてスパイとなった凶産奴隷

2、甘い日本の帰化制度を大いに利用し中国人帰化作戦

3、弱み暴露で脅し傀儡化した「言葉と文字界」を手下に使い洗脳2012年10月7日疑惑の仲井間県政)

4、徐々に帰化人を沖縄に集め、沖縄の経済を中国が牛耳る

5、上げ膳据え膳の飴玉作戦

 対中国との経済で一気に沖縄を裕福にさせ、関係を抜き差しならぬものにする!

6、世論操作し、独立宣言させる。沖縄凶産化Xデー!!

7、琉球自治区と属国化すれば、用済みの飴玉作戦終了。直ちにすべての琉球人は僻地開拓の名目で、僻地へ強制連行され、強制労働!琉球は、凶産支那人が占領。凶産中国は直ちに太平洋への出口として琉球を要塞化!!!

8、亡命琉球人日本へ殺到!!!!

子孫と沖縄の姿・80年前そのまま(「暗黒大陸中国の真実ラルフ・タウンゼント著」Ⅰ中国の真実タウンゼントが暴く東大女凶授NHKスパイ等が隠蔽中朝韓


中国人の大人寄ってたかって白人のこども虐待動画
「中国人による白人のこども虐待動画」です
ウイグルの悲劇

2011年10月19日衝撃映像ひき逃げに遭った2歳児 通行人は無視

2012年04月10日毎日新聞・事故で車横転 スイカ持ち去るも救助要請は無視

台湾はNO5の飴玉作戦まで進行中2012:10.6「台湾旺旺」メディアを次々買収2012年10月11日台湾も参戦、NYタイムズに領土主張。台湾NO7となれば、台湾人、僻地開拓の名目で強制移住は明白で、台湾は要塞化される。ベトナム、インドネシア、台湾、フィリピン、沖縄、米国、オーストラリア、日本による海の防共ラインは、平和のために、必要不可欠である!

平成5年4月全国植樹祭ご臨席のため、は じめて今上天皇として、沖縄を訪問された。地方紙「琉球新報」が事前に行った電話調査では、天皇の御来県賛成は74%、反対は5.3%であった。「天皇陛下の祈りの旅」「祖国と青年」

 沖縄独立などこのようにほとんど皆無なのだが、無辜でおとなしい県民性なので、狡猾凶産が、付け入り易い。

 

「日本軍は沖縄県民を敵として戦ったのか」 「正論」平成20年3月号p156~157抜粋

惠 隆之介(1954年~)沖縄県コザ市(現在の沖縄市)出身。元海上自衛官、日本の作家、評論家、ジャーナリスト。

琉球時代に移住の中国人組織~沖縄支那党

現知事の本名は「蔡」、前知事は「毛」

 昭和三十七年まで多嘉良朝朋という県人が本島中部に居住していた。彼は終戦直後、「琉球王」とあだ名され、戦後も在沖米軍に絶大な発言力をもっていた男である。

 彼は昭和十九年十月上旬より米軍からコールサインを貰い、天津から密命を受けて帰省し、沖縄本島内を徘徊して日本軍の兵力配備状況や重要施設の存在を米軍に通報していたのである。

 彼に指令を出していたのが県出身で同じく天津在住の沖縄支那党の子孫林興徳である。支那党とは、琉球王府時代、沖縄に君臨した中国の帰化人を主に指す。沖縄は廃藩置県まで約四〇〇年にわたって中国の間接統治下にあった。このとき実権を握っていたのが支那党であった。

 今でも県内で、家門がこの中国帰化人であることはステイタスシンボルである。なんと現知事、その前任の稲嶺恵一元知事は選挙の際、それぞれ中国帰化人の子孫であることを誇り、選挙リーフレットにそれぞれ中国人先祖の姓を誇示しているのである(仲井真氏は蔡、稲嶺氏は毛姓である)。

 この支那党は廃藩置県に反対して中国に支援を要請した。とりわけ日清戦争中、清国勝利の祈願をするため徒党を組んで神社仏閣に参拝し、「黄色い軍艦がやがて沖縄に救援に来る」と喧伝して日本軍に志願した県出身者の家族を脅迫していた。

 当時、沖縄に赴任していた内務省の官吏は、万一に備えて自警団を組織し、家族を疎開させたぐらいであった。

 その他、米軍は沖縄上陸以前に諜報工作のため潜水艦で深夜密かに県出身者を本島北部に上陸させている。

 戦前明らかに南米に移民したはずの県民が、夜間、本島内を徘徊している光景が目撃されているのだ。

 沖縄戦の直前、米軍の偵察機が日本軍に撃墜され本島中部に墜落した事件があった。第三十二軍はこれに搭載されていた沖縄県の地図に仰天した。詳細に調査されており、また地名が沖縄方言によるローマ字表記がなされていたのである。

 さらに沖縄戦の最中、本島北部では警官が米軍に内通していた史実も残っている。

 ところで沖縄をめぐる情報戦は、沖縄戦の終了をもって終了した訳ではない、今度は冷戦下でさらに熾烈となっていった。しかし中国が内戦状態に陥ったため、くだんの支那党の子孫も混乱した。

 昭和五十年九月二十七日、中国逝江省沖南金湾で漁労中、中国共産党にスパイ容疑で逮捕された県人二人が十年ぶりに釈放されて沖縄に戻って来た。

 この二人は、台湾国民党の特務機関員と行動を共にしていたと言う。

 最近でも沖縄の左翼団体(反戦地主会等)が北朝鮮と密接な関係にあることが暴露されて国民を驚かせている(「諸君」平成九年五月号「沖縄『反基地運動家』の呆れた正体」参照)。

 なお検定意見撤回県民大会の参加団体の中には、日中友好協会沖縄県支部や、反戦地主会が実行委員として名を連ねていた事も国民は認識しておくべきであろう。p156~157抜粋 5につづく

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/334-a26a29df

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。