QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観思はざる病となりぬ 沖縄をたづね果たさむ つとめありしを

終章 思はざる病となりぬ 沖縄をたづね果たさむ つとめありしを

元凶はWGIP67年間も思索出来得ずに戦前悪と丸鵜呑み職責不履行の言葉と文字界

日米安保は沖縄徹底支援の証で先人遺志「凶産破壊」への再挑戦

 勢力倍増した凶産、中ソ連合防共対策が日米安保である。日米安保は、統治委託した沖縄への赤心の証で、徹底支援一丸覚悟の証拠である。先人が、唯一やり残した戦争目的「凶産破壊」に、かって敵であった最強米軍を味方にし、再度挑んだのである。

 ところがである。戦後復職の赤化凶授に洗脳扇動された学生(全学連に非ずの全ガキ連)が、なんと、「闘争ごっこ安保闘争」を惹き起し騒いだ。「深慮皆無短絡単純鵜呑み」自白である。やがて「闘争ごっこ」全ガキ連学生等は卒業し、ペーパーテスト最優先なので、記憶能力最多が選別され、職に就いた。

 人間の脳も無限ではない、容量がある。記憶能力最多であれば、思索能力当然最希薄となる。思索能力が希薄で、丸暗記能力のみが早熟発育者が、輩の正体。検証能力皆無(最希薄)なので、自己総括など当然皆無。結果、自浄回路無き「思索回路皆無」人間に、日本の根幹を成す教育や情報や政治を、委託してしまったのだ。 

 戦後復興に多忙な国民は、情報を吟味するいとまなど無く、ましてや同胞なので、戦前同様教授や先生、政治家、官僚、NHK、新聞社、TV局、ラジオ局、出版社、作家、弁護士、裁判官、評論家等々「言葉と文字界」を、「職責履行している者」と信じて崇め、疑わなかった。TV普及で洗脳扇動にさらに拍車がかかり、国民は一気に一億総白痴化されたしまった。結果、戦前(職責履行で唯心の公)と戦後(職責不履行で唯物の私利私欲)では、中身が異なっていることに、気づけ得なかったのである。

 現実界驚異の戦後復興が始まり、日本隆盛の嵐の中で「深慮皆無短絡単純鵜呑み」は、一度も矯正されることなく戦後60年を経た。

 一方、余りの矛盾に気付いた国民(丸暗記能力は希薄だが思索能力整合能力は旺盛)は、「なぜ?どうして?」と手弁当で自習し、たどり着き発見した新資料を、折から普及したネットで、たちどころに開示した。発見開示は連鎖反応を生み、真実は次々と拡散された。結果、なんと真逆の真実が現出(職責不履行)したのである。

 ところがこの輩、凶授銭生新聞記者等々文化人(犯日はスパイ)と大威張り、「若気の至り」との自浄自己総括などどこ吹く風、覚醒した国民に向かって、未だに大空威張りで、「WGIPのお言葉(職責不履行の自白)」を垂れているのである。なんと戦勝国にも正体(能動回路が無い、受動のみの歩くHDD)看破された日本の総理は、笑いの種(ルーピー鳩山とメモ丸暗記菅等は、現実界では役立たず)にされ、醜態を世界に晒している。

 思索回路が子供で、丸暗記回路のみが早熟発育者なので、当然と言えば当然なのだが、裸の王様そのものである。

WW2の元凶は簡単にスパイ化した「言葉と文字界」

 責任が曖昧な事を逆手に「言葉と文字界」は、このように無責任でいい加減なゴミ人間の集まりだ。信念無くいい加減で小心者(言葉や文字は勇ましいが)だから、カルト凶や凶産にすぐスパイ化される。WW2の元凶は、凶産とその手先となった世界の言葉と文字界である。1軍国に非ず護国主義日本駄目押し証拠あめりかはアジアに介入するな!

 初めは上げ膳据え膳大歓待だが、賄賂授受の脅し記録を得た途端、敵の態度は一気に豹変する。後は脅し記録が操縦桿となり、奴隷となるのがスパイの末路。ただより高い物は無いのだ!犯日(民族分断)日本人の顛末である。

 マスコミには創造力も検証力も皆無で、解答屋は居ない!質問には丸暗記知識をオウム返しで回答する、回答屋HDDが居るのみである。

 政治屋も同じ。思索した政策が無いから人気合戦となる、人気(お愛想のみが上手で人が良いので決断できず先送り)と先導者(禍福で判断し先送りせず決断はお愛想が悪い)は、別ものである。

 人気投票とマスコミの馬鹿笑いに明け暮れているうちに、こんな無残な日本に成ったのだ。

「言論の自由」などではなかった「言論統制」下の戦後67年は絵の無い額縁

 戦後の「言葉と文字界」東大NHK等は、根幹の職責履行はそっちのけで「言論の自由」を高らかに掲げ、なんと「捏造の自由」で迎合WGIP「言論統制」に励んだ。

 当時は戦国時代(年表見れば子供でも一目瞭然)なので、侵略悪被侵略善などの平時の善悪倫WGIPは愚論(先に殺さなければ殺される)で、成立しないことは、子供にも解る常識である。ところがこの常識論、「言葉と文字界」は、実に67年間も皆無なのである。

 立派な先人の子孫である、みんながみんな丸暗記無能ではあるまい。NHK、新聞社、TV局、ラジオ局、出版社は系列化され、言論統制されている。自浄自己総括の芽が出ても、系列の「言論統制」で根こそぎ引っこ抜かれたが真相であろう。系列化を即刻禁止し、各種各様の報道に分断、言論を競合させ、自然淘汰させることで悪弊は回避できる。

 67年間だれ一人踏ん張る者がいなかった。戦後の「言葉と文字界」は、「話す言葉と書く文字」の、虚言額縁のみで中身空、絵が無い。

 「捏造の自由」などない。「言論の自由」も、職責履行が前提となり、「自由勝手」ではない。生きてる以上、皆全て職責があり職責を果たしての自由で、果たさない自由は捏造で詐欺師で、現実界では皆塀の中。「言葉と文字界」職責不履行者も、現実界同様の処罰を与えなければ、歴史は、また繰り返す。世界が「捏造の自由」でWW2となった。「捏造の自由」を看過すれば、歴史はまた繰り返し、WW3となる。

 職責不履行詐欺師、大江健三郎、井上ひさし、田原総一郎、立花隆、加藤陽子、半藤一利、森村誠一、鳥越、筑紫、御厨、五百頭旗、加藤登紀子等々「犯日団」は、「好いとこ盗りお言葉(東大カルト話法)」信者馬鹿人か、スパイで、手塚治虫のような清濁併せ呑んだ真の文化人は、一人も居ない。

 職責を信頼することで、社会は成立している。混乱の起因職責不履行者はその都度処罰され、社会秩序は保たれている。「言論の自由」とは「捏造の自由」ではない、「職責不履行の自由」ではない。「言論の自由」とは、職責を果たした後に初めて掲げ得る、崇高なものなのだ。

「好いとこ盗り」の非難

 大御心は余人には理解不能で、古今東西の歴史の権力者の「私欲」ぐらいにしか映らないだろが、古今東西の歴史の権力者のような私欲天皇なら、当の昔に逃げていた。終戦直後に入り込んだ凶産コミンテルンが、同胞殺しを狙っている最中の敗戦国日本で、最果ての沖縄の国民を即刻護り得る手段は、主権は確保して、防共は強者米国へ委ねることが唯一あるのみであった。昭和天皇無責任非難者は、ここを隠蔽し、「捨石・見捨てた」等々と「好いとこ盗り」して非難するが、「清濁併せ呑み」踏まえて発言することが肝腎なのだ。非難するなら、超えた対案を出せ!

尖閣列島戦時遭難者遺族会の慶田城用武会長(69)は日本人

2012年8月21日「二度と戦争を起こしてはならないと誓っている」と、WGIP丸鵜呑み丸暗記発言。

 

敵は日本に有り、嘘買う輩は、自殺願望亡国奴!巻添え真っ平御免!

 戦後の額縁凶授、銭生、巧凶放送NHK、我欲政治屋、役人等の給料泥棒公職と、テレビ、ラジオ、映画、新聞、作家等の我欲拝金屋が、日本の敵!弱者国民の誰もがすぐ参加出来てお金が減らない、獅子身中の虫駆除(護国)運動(ニセ職責者の駆除)、まず手始めは、「嘘の巣窟破壊、「三不作戦」が最適最速である。

三不兵糧攻め作戦

 不(新聞・雑誌・犯日番組スポンサー品)払い(NHK受信料)投票(亡国政治屋)インターネット(接続費用は、不買・不払いでお釣りがくる)が、新生日本最速

※67年間も職責不履行の捏造業NHKは、現実界なら当の昔に塀の中。騙り詐欺師(スパイ)に支払いは、亡国奴!おれ(日本公共放送)おれ(日本公共放送)詐欺(正体は外国スパイの功凶放送)には振り込むな!NHK集金は、オレオレ詐欺である!

 

NHK打倒賛同者不払いは元NHK立花孝志無料で聞け!

 TV等受信機所持なのに受信料解約は、刑法246条2項の詐欺罪に該当し犯罪となるので、受信機所持の場合は、不払いが正当

NHK職員立花孝志が伝授する受信料不払い

YouTube

2013/02/02元NHK立花孝志が伝授する【正々堂々と受信料払わない方法】 

2013/04/04TV等受信機所持でNHK受信料解約は犯罪の詐欺罪に該当なので不払いが正当 

NHK腐敗

2013/03/16日本のマスコミが韓国【電通】に支配されている理由

2013/04/04元NHK職員手嶋龍一さんについて

立花孝志ひとり放送局㈱公式ホームページ
立花孝志ひとり放送局第2ホームページ
 

 受信料不払いでNHK打倒は、NHKカルト凶団元凶温室破壊となり、67年間もの狂人カルト凶団からの、無辜の国民救出作戦となる!全国民不払い裁判でNHKを一気に打倒

子孫を救え!
 物事全てに禍福あり。脈絡無き対案無きただの反対論など愚論、同調せず破壊が肝心!

 中国が民主化されまともになれば、強力な軍隊は不要。軍隊駐留拒否なら、『三不兵糧攻め作戦』を即刻開始し沖縄凶産を破壊することだ。民主化が一気に促進し、中国民主化なら、軍隊は不要となる。

 

天理天道遡求は神への道

 物事全てに禍福と起因がある。人類は「なぜ?どうして?」と天理天道を辿り、神に逆らわぬ道を探し、「真実」に至り、「進歩」、適者生存してきた。この遡求は、天理天道、造物主への道である。

 神(造物主)は賽を振らない!
 歴史もまた、賽を振らない!

 

文系も理系も天理天道(真実)を探求する学問

 文系も理系も天理天道を探求する学問なのだが、文系は丸暗記のみで留まり、驕り高ぶり探求者皆無。

 現実界では、文系も理系も丸暗記のみ(答案にはオウム返しで回答はするが、思索解答出来得ず知識を使えない者)などは、役立たずで不要。

神道は八百万の神々への道で、宗教は宗を教える宗への道

 神道は八百万の神々(造物主)への道で、人間が「宗」への道を「教」える宗教などではない!次元が異なる。子供でも、「なぜ?どうして?」と辿れば解ることだ。丸暗記のみで留まり、驕り高ぶり、探求心皆無の文系は、職責の学究もせず、なんと神道も宗教も一緒くただ。戦後の文系は、おしなべて職責不履行。現実界での職責不履行は、全てが塀の中なのだが、戦後の文系「言葉と文字界」は、なんと驕り高ぶりの絶頂である。こんな不条理を許してはならない!

 神のみぞ知る神への道は、みすからの頭で考え、歩まなければ進めない、近づけない。宗教は受動だが、神道は能動だ!

 

戦後の文系教授や議員等の「言葉と文字界」は実社会の落伍者集団

 表音(耳目丸暗記)知識を、大学、大学院、教授と、いくら詰めこんでも、表音は表音(ただのHDD)!表意知識(知恵)にはならない。現実界(実社会)では、表音知識を、表意知識に変換出来得ない者は、落伍者。戦後の文系教授や先生は、現実界(実社会)では、皆、半端者の落伍者(凶授・銭生)。落伍者(職責不履行詐欺師)を崇め奉るNHK等の「言葉と文字界」は、現実界から著しく乖離した、異常異界!

 確かな事は、戦後日本に隆盛をもたらした者は、神(造物主)への道をただひたすら極めた理系や職人や農民や漁民等の現実界(実社会)で、妄言(言葉と文字)界ではない!

 我欲集団妄言(言葉と文字)界は、足を引っ張り続けていた(救国の御先祖を侵略者と捏造して侮蔑、日本分断破壊を企図)だけだ。

新秩序の扉を、人類開闢以来初めて開いたのは、先人と同胞だ!

 地球全体が戦国の世に、私欲を捨て去り。「天道に基づき助け合いの元」に団結し、新秩序を成し遂げたから、今の繁栄がある。皆、中朝韓罪日のような我欲集団であったなら、資源無き小国日本など当の昔に潰え、日本族となりさがっていたであろう。神道日本、祭司天皇の歴史に従い、全うし、人類開闢以来初めて、同胞と共に、新秩序(植民地独立付与宣言で互恵・人種平等・自由貿易)の扉を開いた。その先人を犠牲者よばわりとは、共に押し開いた同胞への何たる侮辱か!子孫と言えまい。物事全てに禍福がある。禍福が一切無いものごとなど皆無。

 昭和天皇のこの苦渋の英断が無かったなら、沖縄も、チベットや新疆ウィグルや内モンゴル等のように、凶産殺戮の場となっていたであろう。物事全てに禍福あり。現実世界、好いとこ盗りより食いは不可で、禍福を併せ呑ま無い者は、生存でき得ないのだ!

 

思はざる病となりぬ 沖縄をたづね果たさむ つとめありしを

昭和天皇と今上天皇と沖縄

昭和50年7月皇太子時代の今上天皇は、沖縄海洋博出席のため、初めて沖縄を訪問され、途上、沖縄本島の南端、激戦終結の地である摩文仁が岡に登られた。太田中将の最期の電報から、すでに30年も過ぎていた。

 「戦火(いくさび)に焼き尽くされし摩文仁(まぶに)が岡みそとせ(=三十年)を経て今登り行く」 

 その岡には魂魄の塔が立つ。生き残った人々が、散乱している遺骨を集め、敵味方の分け隔てなく納骨し、慰霊の塔として祀ったものだ。

 殿下は、かねてから、歴代琉球王の琉歌(琉球の古歌)を一冊の大学ノートに書き写して、琉歌を学ばれてきた。ここに沖縄の人々の霊に、沖縄の言葉で、鎮魂の歌を捧げる事が叶い、殿下は魂魄の塔に献花された時の思いを、次のような琉歌に詠まれた。

「花よおしゆげやん(花を捧げましょう) 人知らぬ魂 戦ないらぬ世よ 肝(チム)(心から)に願て」

 殿下は、次のようなメッセージを国民に向けて発表された。

 「払われた尊い犠牲は、一時の行為や言葉によってあがなえるものではなく、人々が長い年月をかけて、これを記憶し、一人ひとり、深い内省の中にあって、この地に心を寄せ続けていくことをおいて考えられません」。

 「この地に心を寄せ続けて」皇太子時代に5度、陛下は沖縄を訪問されている。

 

2012/11/13「訪米前に沖縄行けぬか」昭和天皇、側近に問う

 昭和天皇が1975(昭和50)年の初訪米を前に「米国より先に沖縄県に行くことはできないか」との意向を側近に示していたことが13日、分かった。沖縄県公文書館が今年9月に公開した当時の屋良朝苗知事(故人)の日記に、宇佐美毅宮内庁長官(当時)の話として記されていた。――

 

昭和62年10月昭和天皇は、日本全国をくまなく巡幸されたのだが、長らく米軍占領下の沖縄だけが残っていた。秋の沖縄国体で懸案の“沖縄ご巡幸成る”を目前にした9月、昭和天皇は病に倒れ、大手術を受けられた。麻酔から覚めた陛下の第一声は「もうだめか・・・?」だったので、それを聞いた医師たちは、ご自分の命の事かと思いすぐさま、「いいえ手術は成功いたしました」と応えたが、実はそうではなかった。ご自身、御身のことではなく、「沖縄巡幸はもうだめか?」と、問われたのであった。

62年御製

 思はざる病となりぬ 沖縄をたづね果たさむ つとめありしを

 昭和天皇の戦後は、終わることなく翌々年一月七日、崩御された。

 

平成5年4月全国植樹祭ご臨席のため、はじめて今上天皇として、沖縄を訪問された。

 陛下は、摩文仁が岡の平和祈念堂で遺族に直接語りかけた。

  「即位後早い機会に沖縄県を訪れたいという念願がかない、今日から4日間を沖縄県で過ごすことになりました。・・・ 

  先の戦争では実に多くの命が失われました。なかでも沖縄県が戦場となり、住民を巻き込む地上戦が行われ、20万人の人々が犠牲になったことに対し、言葉に尽くせぬものを感じます。ここに深く哀悼の意を表したいと思います。

  戦後の沖縄の人々の歩んだ道は激しいものがあったと察せられます。そのような中でそれぞれが痛みを持ちつつ、郷土の復興に立ち上がり、今日の沖縄を築き上げたことは、深くねぎらいたいと思います・・・」

 

 原稿も見ずに、直接語りかける陛下のお言葉に、一部のかたくなだった遺族の心も開かれた。

 「県遺族連合会」の妻代表、新垣曽用(そよ)さんは、「これで戦後は終わりません」と語っていたのだが、お言葉を聞いた後、次のように述べた。 

 「長い間ご苦労というお言葉をもらったので満足しています。お言葉には戦没者へのいたわりが感じられました。夫の霊前に報告したい。陛下の言葉でまた一緒懸命やろうという気持ちが湧いてきた」

 

 昭和天皇62年の御製「つとめ」とは、最悪の中での、最良の、「苦渋の英断」ではあったが、結果として、たとえ一時避難とはいえども、見放したことへの詫びであった。それ以外なんの「つとめ」があろう。一体の思いまっとうせぬまま、みまかれた・・・。

 先人の子孫沖縄県民は、立派な先人を想起し(1真実史観沖縄県民斯ク戦ヘリ県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ )、大御心あふるる、この「思い」を、しっかりとかみしめてほしい。

 

  思はざる病となりぬ 沖縄をたづね果たさむ つとめありしを

 

 

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/332-09ea406d

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。