QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観1魯迅の狂人日記唯心へ啓蒙したが未だに人食いの中朝韓罪日と戦後日本


1魯迅の狂人日記唯心へ啓蒙したが未だに人食いの中朝韓罪日と戦後日本

 「日本九九年戦争・資源無き島国日本、適者生存戦国時代唯一の術は、先手あるのみ。後手の本土戦は、兵糧攻めで必滅。露西亜、清国(属国朝鮮)南下阻止が第一義、後手は必滅、先手で打って出た。 

 結果が台湾朝鮮(自立不能で)統治(極東共栄圏樹立着手)、満州建国尽力(凶産の砦)、日中戦争(中国凶産化での中ソ凶産連合阻止)、南京政府樹立尽力(中国凶産化阻止)で極東共栄圏構築。

 日中(反共)戦争で疲労困憊の日本は、戦国の定法弱肉強食、恰好の餌食となった。米英中蘭(ABCD)が兵糧攻め、ハル・ノートで降伏を迫った。出稼ぎ戦争対、日本は死活戦争。極東から大東亜に共栄圏樹立を拡大し、あらん限りに戦ったが、大東亜同胞の、完全覚醒追随まで戦いきれず、矢尽き刀折れ、敗れた。

 がしかし、戦いざまに共振した同胞が、一気に蜂起、独立。1960年の植民地独立付与宣言(互恵)が根幹となり、自由貿易64年開放経済)、平等65年人種差別撤廃を成し、凶産は残ったが、戦争目的は完遂した。弱肉強食の世に、戦後67年間のごとき無能無策の後手日本なら、何もかもが消滅していた。それでも戦後消滅しなかったのは、『身体を筆にし、流れる血と汗と涙でえがいた先人の、人類への遺書』以外、あろうか!

 “戦かわざれば”の平和論があるが、防共の砦日本が去るやいなやすぐさま凶産化、朝鮮戦争惹起したもう一方の真の敵、中ソ凶産連合軍隠蔽スパイの、工作論である。ABCDと“戦かわざれば”の降伏は、防共の砦無き丸裸日本で、中ソ凶産の、恰好の餌食となった。この戦いは、目的も無きただの防御戦。多勢に無勢で、瞬時に最後の独立国日本は潰え、日本族の名を残すのみの、まさに、犬死に無駄死にの戦争となっていた。同胞の、支配者からの独立も無い!新秩序など、当然無い!支配者と、被支配者の地球に成っていた!」

 

 『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)中国の真実タウンゼントが暴く東大女凶授NHKスパイ等が隠蔽…は、食人中国(唯物)そのままを記した。食人中国との決別(唯心)、子孫への啓示の書が、魯迅の「狂人日記」(1918年)である。

 当時までの中国(盗賊群雄割拠の戦国時代、唯物密告裏切り社会)が食人の輩で、主人公(狂人)は、唯一正常な魯迅自身である。戦後日本に置き換えると、東大NHK等の「言葉と文字界」が国民を食い殺す食人の輩で、主人公(狂人)は、復興に多忙を極めた正常無辜の国民である!

 凶産カルト捏造出版社岩波書店が必死で、何度も出版しているが、魯迅は凶産中国(捏造党是、密告政策、食人政権、共食い)を願ったのではない。自己犠牲などは我欲凶産に皆無で、私欲カルトには無縁の物。魯迅は、孫文と同様に凶産を共産と錯覚しただけで、本意は日本と同類の、共産極致「助け合い」社会の構築で、新しき子孫を願った。

 

魯迅の「狂人日記」(1918年発表)時代背景

19111010日 辛亥革命勃発 汪兆銘釈放される。この時袁世凱と孫文の提携を策している。 

1912日臨時政府成立(臨時大総統:孫文)

191212日 宣統帝(溥儀)退位 (清朝滅亡)

1913 南京袁世凱に大総統の座を譲った孫文は、前大総統として来日し各地で熱烈な大歓迎を受け、福岡の玄洋社や熊本の宮崎滔天の生家にも立ち寄った。

1913日 孫文、台湾へ亡命 (広東の独立失敗)

191428日 オーストリア、セルビアに宣戦布告(第一次世界大戦勃発)

1916年 袁世凱失脚し病没した。その後、中国は軍閥が群雄割拠する状態となった。

1917 ソビエト社会主義共和国連邦誕生

1917 広東政府。孫文らの中華革命党が孫文を大元帥として、広東に樹立した。大正13(1924)年から昭和2(1927)年までに、ソ連が広東政府に、小銃約23万丁、大砲100門及び飛行弾薬を送り、さらに毎年300ルーブル強の資金を提供した。

1918 ロシア共産党に改名

19181111日  第一次世界大戦(WW1)終結。

※辛亥革命で満州人支配の清を倒したが、漢人統一ならず、清の時代よりもさらに混沌、群雄割拠の戦国時代となった。

狂人日記魯迅著(底本:「魯迅全集」改造社1932(昭和7)年井上紅梅訳・旺文社文庫1970年松枝茂夫訳・真実史観訳)

 某君兄弟――今はその名を伏せておくが、ふたりとも私の中学時代の旧友である。久しく別れているうち、便りも途絶えがちになった。先日偶然その内の一人が大病に罹(かか)っていると聞いたので、故郷に帰る途中立寄ってみると、一人にしか会えなかった。病気に罹ったのはその人の弟で、君がせっかく訪ねて来てくれたが、本人はもうスッカリ全快して官吏候補となり某地へ赴任したと語り、大笑いして二冊の日記を出した。これを見ると当時の病状がよくわかる。旧友の君に差し上げようというので、持ち帰って一読してみると、病気は迫害妄想狂の類であったことが分かった。日記は支離滅裂で、途方も無い話ばかりである。日付けもない。墨色(すみいろ)も書体も一様でないところを見ると、一度に書いたものでないことは明らかである。多少連絡のつくところもあるので、専門家が見たらこれでも何かの役に立つかと思い、転写して医学書の研究に供することにした。転写の際、言葉の誤りは一字も訂正しなかった。ただ人名は、世間に知られているわけでもなく、さしさわりがあるわけでもないが、みな同じ村の人なので書きかえた。書名は、全快後本人が自分でつけたものなので、そのまま用いた。七(1918)年四月二日しるす。

 

 今夜は大層月の色がいい。

 おれは三十年あまりもこれを見ずにいたんだが、今夜見ると気分がことのほかサッパリした。前の三十何年間は全く夢中であったことを初めて知った。それにしても用心するに越したことはない。もし用心しないでいいのなら、あの趙家(ちょうけ)の犬めが何だっておれの眼を見るのだろう。

 おれが恐れるのも当然だ。

 今夜はまるきり月の光が無い。おれはどうも変だと思って、早くから気をつけて門を出たが、趙貴翁(ちょうじいさん)の目つきがおかしい。おれを恐れているらしい。おれをやっつけようと思っているらしい。ほかにまだ七、八人もいるが、どれもこれも頭や耳をくっつけておれの噂をしている。おれに見られるのを恐れている。往来の人は皆そんな風だ。中にも薄気味の悪い、最もあくどい奴は口をおっぴろげて笑っていやがる。おれは頭のてっぺんから足の爪先までひやっとした。奴らの手はずはもうすっかり出来たんだと解った。おれはびくともせずに歩いていると、前の方で一群の子供がまたおれの噂をしている。目つきは趙貴翁とそっくりで、顔色も皆どす黒い。一体おれは何だってこんな子供からも怨みを受けているのだろう。とてもたまったものじゃない。大声あげて「何の用があるんだ」と怒鳴ってやると、彼らは一目散にに逃げ出した。 おれは考えた。趙貴翁はおれに何の怨みがあるのだろう。道であった連中もおれに何の怨みがあるんだろう。そうだ。二十年前、古久(こきゅう)先生の古帳面(ふるちょうめん)を踏み潰したことがある。あの時古久先生は大層不機嫌であったが、趙貴翁と彼とはしりあいでないから、さてはあの話を聞伝えで聞いて憤慨し、往来の人までにもおれを怨むようたきつけたたのだろう。だが子供等は一体どういうわけだ?あの時分にはまだ生れているはずがないのに、何だって変な目つきでじろじろ見るのだろう。おれを恐れているらしい。おれをやっつけようと思っているらしい。本当に恐ろしいことだ。本当に痛ましいことだ。

 おお解った。これはあいつ等の両親が教えたんだ。

 一晩じゅう睡(ねむ)れない。何事も研究してみるとだんだん解って来る。

 彼ら――県知事に枷(かせ)をはめられた者もいる。有力者から張手をくらったこともある。小役人に女房を横取りされた者もいる。金貸に両親をいびり殺された者もいる。しかし、そんな時の顔色でも、きのうのようなあんなものすごい顔ではなかった。

 最も奇怪に感じるのは、きのう往来で逢ったあの女だ。女は自分の子供をなぐりつけ、「おやじめ!わたしゃお前に二つ三つ咬(か)みついてやらなければ気が済まない!」と言いながら、目はじっとおれを見みつめている。これにはおれもぎょっとして、その驚きを隠しきれなかった。すると、あの牙ムキ出しの青ッ面(つら)連中が、何だかしらんが皆どっと笑った。陳老五(ちんろうご・下男の名)が走りより、おれをふんづかまえて家へ連れ帰った。

 家の者はみな、おれを見ても知らん振りして、おれを見ず知らずの人間ででもあるかのような顔をしていた。目つきもほかの奴らとまったく同じだった。書斎に入ったら、外からドアに鍵をかけやがった。まるでニワトリやアヒルのように扱われている。なぜこんな扱いをするのか、どうしてもおれの腑に落ちない。

 何日か前に、狼村(おおかみむら)の小作人が不作を告げに来て、おれの大(おお)アニキと話をしていた。村の大悪党を寄ってたかって打殺(うちころ)して、何人かがそいつの心臓をえぐり出し、油でいためて食ったそうだ。心臓を食うと肝っ玉がが太くなるというのだ。おれがわきから一言言ったら、小作人と大アニキはじろりとおれを見た。その目つきが、きのう逢った人達の目つきと寸分の違いのないことを、今日知った。

 思い出すと、おれの頭のてっぺんから足のカカトまで、ぞっとする。

 輩は人間を食い馴(な)れているのだから、おれを食わないと断定できない。

 そうだ、あの女が「お前に咬みついてやる」と言ったのも、大勢の牙ムキ出しの青ッ面の笑いも、先日の小作人の話も、どれもこれもみな暗号だったのだ。おれは見抜いた。輩の話は毒まみれだ。笑いの中には刃が隠されているのだ。輩の歯は、生白(なまじろ)く光ってならんでいる。これこそ本当に人食いの道具だ。

 どう考えてもおれは悪人ではないが、古久先生の古帳面に蹶躓(けつまづ)いてからとてもおかしくなって来た。輩には何か考えがあるようだが、おれには全く見当がつかない。それに輩は仲たがいしたが最後、顔をそむけておれを悪人と言いふらすんだからサッパリわからない。

 それで想い出したが、大アニキがおれに論文の書き方を教えてくれた時、どんな善人でも、ちょっとその人間を批判するような文句を入れると、大アニキはすぐそれに圏点「けんてん(まる)」をつけた。また悪人を弁護した文句を書くと、大アニキは「奇想天外、筆鋒非凡」などといって誉めた。だから、輩がいったい何を考えているのか、おれに見当がつくわけはない。ましてや、輩が人を食おうとしている時なんだから、なおさらわからない。

※「官吏登用試験には「策論」といって、学術論文と政治論文(歴史上の人物評をふくむ)が課せられた。人の意表を突いた論法がよいとされていた」。94年後の凶産中国役人も同じ手口。日本の政治家外務省外交官は、肝に銘ずべし。

 何事も研究すればだんだんわかって来るもので、昔から人間をしょっちゅう食っている。それはたしかな事実だと思う。ただもう一つはっきりせぬ。そこでおれは歴史を紐解いて調べてみた。この歴史には年代が無い。曲り歪んで、どの紙の上にも「仁道義徳」というような文字が書いてあった。ずっと睡(ねむ)らずに夜中まで念入りに見た。すると、文字と文字の隙間からようやく文字が見え出して来た。本一ぱいに書き詰めてあるのが「食人」の二字。

 このたくさんの二字は、小作人が語った文字だ。しかも皆ゲラゲラ笑い出し、気味の悪い目つきでおれを見る。

 おれも人間だ。輩はおれを食おうと思っているな!

 朝のあいだおれは、しばらくじっと落ちついていた。陳老五が飯を運んで来た。野菜が一皿、蒸魚(むしうお)が一皿。この魚の眼玉は白くて硬く、口をぱくりと開けて、それがちょうど人を食いたいと思っている人達のようだ。箸をつけてみると、つるつるぬらぬらして魚か人かわからないのでおれは、腹の中のものを洗いざらい吐き出してしまった。

 「老五、アニキにそう言ってくれ。おれは気がくさくさして堪らんから庭を散歩したい」というと、老五は返事もせずに出て行ったが、すぐに戻って来て戸を開けた。

 輩はおれを自由にするはずはない。おれはじっとして輩の手口を研究することにした。果してアニキは年寄りのおやじを連れ、ぶらぶら歩いて来た。彼の眼には凶悪な光が満ち、わたしの看破りを恐れるかのように、ひたすら頭を下げ、眼鏡の縁の上からからチラリとおれを見てやがった。アニキは言った。「お前、きょうはだいぶいいようだね」おれが「ええ」と言うと、「きょうは何(ほー)先生に来ていただいたから、見てもらいな」おれは「ああそうですか」と言った。

 実際おれはこの親爺が首斬(くびきり)人であるのは百も承知だ。脈を見るとの口実で肉付を量り、その手柄で一分の肉の分配にあずかろうというのだ。おれはもう恐れはしない。肉こそ食わぬが、胆魂(きもたま)はお前達よりよっぽど太いぞ。二つの拳固を差出して彼がどんな風に仕事をするか見てやろう。親爺は坐っていながら眼を閉じて、しばらくはさすってみたり、またぽかんと眺めてみたりしていた。そして険悪な目を開いて言った。「あんまりいろんな事を考えちゃいけません。静かに御養生しているとじきに好くなります」

 静かに御養生していろだと!養生して肥えたら、奴らは余計に食べるんだからいいようなものの、おれには何のいいことがある。「好くなる」もクソもあるか。奴らは人間を食いたがっているくせに、へんにこそこそと人目を気にして隠そうとする気があるものだから、なかなか手取早くかたづけてしまわない。いやはやお笑い草だ。おれは我慢しきれなくなって大声上げて笑ったら、すこぶる愉快になった。この笑声の中には無限の正義心と勇気がこもっていることを、おれはよく知っている。親爺とアニキは顔色を失った。おれのこの勇気と正義心に圧倒されたんだ。

 だがこの勇気があればあるで、奴らはますますおれを食いたがる。つまりおれの勇気にあやかりたいのだ。親爺は部屋を出ていくらも行かぬうちに、「すぐに食べるように」と小声で言うと、アニキはうなずいた。へえ、お前が元なんだ。この一大発見は意外のようだが決して意外でもなかった。仲間を集めておれを食おうとするのは、とりもなおさずおれのアニキなのだ。

 人を食うのがおれのアニキだ!

 おれは人食(ひとくい)人間の弟なのだ!

 おれ自身は人間に食われるのだ。がしかし、人間を食う人間の弟であることに変わりはない!

※医者は薬を飲むようにいった。それを主人公は殺して食う意味にとった。中国語「喫(ちー)」は「食う」意だが、薬を飲む意にも使われる。

 この二三日の間は、一歩退いて考えてみた。たといあの親爺が首斬役でなく、本当の医者であってもやはり人食人間に変わりはない。彼等の祖師李時珍(りじちん)が書いた「本草(ほんそう)何とか」という本に、人肉は煮て食えると、はっきり書いてある。医者はそれでも人肉を食わぬと言うことが出来得ようか。

 うちのアニキなら、全くそう言われても仕方があるまい。本の講義をした時、アニキの口からじかに「子(こ)を易(か)へて而(しか)して食(くら)ふ」と言ったことがある。また一度、ある好からぬ者に対して議論をしたことがある。その時の話に、彼は殺されるのが当然で、「その肉を食らいその皮に寝て」やるべきだ、と言った。当時わたしはまだ小さかったが、しばらくの間胸がドキドキしていた。先日狼村の小作人が来て、肝を食べた話をすると、彼は格別驚きもせずにしきりにうなずいていた。そら見たことか、残酷なのは昔と同じだ。「子(こ)を易(か)へて而(しか)して食(くら)ふ」がよいことなら、どんなものでも皆、易(か)えられる。どんな人でも皆、食うことが出来る。おれはアニキの講義を迂濶に聞いていたが、今にして思えば、アニキのくちびるは人間の脂まみれで、腹の中は食人一心でハチ切れんばかりだったのだ。

※「子を易へて而して食ふ」は『左伝』(前487年)の条に、楚国の軍隊が宋の国都を包囲したとき、極度の食糧難に陥った宋人は子供を食ったが、自分の子供は食うに忍びないので、他人の子と取り替えて食ったという記事がある。

 「その肉を食らいその皮に寝て」も『左伝』(前553年)の条にある。相手を極度に憎み、侮蔑する時に用いる

 真っ暗で、昼だか夜だかわからん。趙家の犬がまた吠え出した。

 獅子のような兇心、兎の臆病、狐の狡猾…

 輩の手口がわかった。手取り早く殺してしまうことは、いやでもあるし、勇気もない。あとのたたりがこわいからだ。だからみんなが連絡を取って網を張り、おれが自殺するよう迫っているのだ。四五日前の往来の男女の様子や、最近のアニキの挙動で八九分通り察しがつく。一番いいのは、帯を解いて梁(はり)に掛け、おれが自分で首をくくって死ねば、人殺しの罪名も負わず、願いがかなって皆大喜びし、鼠泣きするだろう。自殺でないのなら、恐怖と心配で死ぬことだ。それだと幾分肉はまずくなるだろうが、まあまあの味とご満足いただけるだろう。

 輩は死肉しか食えないのだ!――何かの本に書いてあったことを想い出したが、「ハイエナ」という一種の代物がある。眼光(めつき)と様子がとても醜い。いつも死肉を食って、どんな大きな骨でもパリパリと咬み砕き、腹の中に嚥(の)み下してしまう。想い出しても恐ろしいものだが、この「ハイエナ」は狼の親類で、狼は犬の本家である。先日趙家の犬めが幾度もおれを見たが、さては奴も一味徒党で、もうたくらみもすんでいるのだろう。あの親爺がいくら地面を眺めたって、おれを胡魔化すことが出来るもんか。

 一番のあわれはおれのアニキだ。彼だって人間だ、どうして少しもこわくないんだろう。しかも仲間を集めておれを食おうとしている。やっぱり永年のしきたりで悪い事とは思っていないのだろうか。それとも良心を喪失してしまって、悪いと知りつつやっているんだろうか。

 おれは人間を食う食人者を呪うことを、まずアニキから始めよう。人間を食う食人者を改心させる仕事も、まずアニキから始める事にしよう。

 だが、こんな道理は、今日では、とっくにわかっていいはずだ…

 ひょっこり一人の男が来た。年頃は二十前後で、人相はあまりハッキリしていないが、顔じゅうに笑いを浮べてわたしに向ってお辞儀をした。彼の笑いは本当の笑いとは見えない。わたしはきいてみた。「人食いの仕事は旨く行ったかね」。彼はやっぱり笑いながら話した。「餓饉年じゃあるまいし、人を食うことなど出来やしません」おれは、こいつも一味であることにすぐに気がついた。人を食うのがすきなんだ。そこで思わず勇気百倍、くいさがってたずねた。「うまく行ったかえ」

 「そんなことを訊いてどうするんだ。あなたはほんとうにわかるのかね。冗当を言っているんじゃないかな。きょうは大層いい天気ですね」

 天気もいいし月も明るい。だがおれはお前にきかねばならん。

 「うまく行ったかえ」

 男はいけないと思っているのだろう。あいまいの返辞をした。

 「そうじゃ……」

 「そうじゃない? じゃ、奴らはなぜいつも食うんかね!?」

 「ありもしないこと」

 「ありもしないこと? 狼村(ろうそん)では現に食っているんだ。それに本にもちゃんと書いてある。出来立てのほやほやだ」

 彼は顔色を変えて鉄のように青くなり目をみはって言った。「あるにはあるかもしれませんね。それは昔から、まあそんなもので……」

 「昔からまあそんなものだって。じゃ、やっぱりそうだろう」

 「わたしはあなたとそんな話をするのはいやだ。とにかくあなたは間違っている。話をすればするほど間違って来る」

 わたしは跳び上って眼を開けると、その人の姿は見えない。体じゅうが汗びっしょりとなっていた。年頃はわたしのアニキよりもずっと若いがこいつはテッキリ仲間の一人に違いない。きっと奴らの親達が奴に教えて、そうしてまた奴の子供に伝えたのだろう。だから小さな子供等が皆憎らしげにわたしを見るのだ。2につづく⇒


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/328-62c815c0

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。