QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観2中国役人の捏造押し付け手口80年前と同じ弱者虐め四千年の伝統芸

2中国役人の捏造押し付け手口80年前と同じ弱者虐め四千年の伝統芸

200pいくつもある中央政府

 中国には「中央政府」と名乗る政権が二、三ある。最近、広東は南京と張り合っている。また、四川地方には劉将軍がいて、海外には知られてはいないが、五千万もの農奴を酷使し悠々と暮らしている。自前の競馬場を持ち、外国人を呼んで競馬を楽しんでいる。もちろん私兵を養い外国人顧問を付け、飛行部隊まである。南京政府も一目置き、手出しができない。また、雲南も独立国家然としたものである。チベットに近いところにあるから、南京政府もどうしようもない。

 中南部の江西と、隣接する福建の一部は共産党の拠点となっている。直接モスクワと通じ、ハンマーと鎌の赤旗(ロシア国旗)を掲揚している。港がないのが弱点で、しばしば州都福州を獲らんと攻め、去年はアモイの約15.6キロまで迫った。去年は広東を攻めたから、頭目たちは警戒した。この共産軍撃滅のため、広東から大部隊が遣わされた。ところがこのうち数千人が高級を提示され、一も二もなく凶産党側に走った。飛行機二十機も前線に送られたが使われず仕舞い。司令官の報告は次の如し。

 「出撃命令を下せども発信せず。部下が小遣い稼ぎに、プロペラからスパークプラグにいたるまで全部品、外せる物は悉く外し、売ったからである。天命である。出撃命令を取り消す」

 喜んだのは共産党軍。これ幸いとばかり、分捕れる分だけ分捕り、山奥へ引き上げた。

 諸外国は国民党を中国政府としているが、たまたま首都南京を制圧していたのが国民党だからである。数年前までは北京が首都であったから、各国公使は北京に住んでいて、首都が南京に移されても、動かなかった。

 中国全土のうち、どれだけ国民党が支配しているかはわからないが、十分の一ではないかと思われる。しかし、国民党には他にない強みがある。前にも述べたが、諸外国は国民党を中国政府と公認し、関税を払っている。これを政権維持費に回せる。敵に寝返りそうな分子が党内にいて、これを引き止める金が数ヶ月も滞っているから、大助かりだ。

203p犠牲者は圧倒的に住民である

 もちろん三百万もの人間が戦えば――、多くの死者が出る。ところが、兵隊の死者はごく少ない。ほとんどは戦場となった地域の住民である。しかもほとんどが餓死である。米粒一つ残らず「友軍」に奪われるからである。一つ例を挙げよう。1931年の5月、江西省と湖南省における対共産党戦に関する楊将軍の報告である。

河西

 死者        18万6千人

 難民の死者    2百10万人

 消失家屋     10万棟

湖南

 死者        7万2千人

 消失家屋     12万棟

次は1932年11月の湖北省での共産党の略奪報告(湖北省知事)である。

 死者        35万人

 家を失った難民 3百50万人

 消失家屋     9万9千棟

 これはほんの一部に過ぎない。この数字を疑う理由はない。数字にはないが、住民を護るべき軍が逆に食料を取り上げ飢え死にさせる。あるいは焼き討ちにする。将軍達はこういうことは報告しないのである。共産党の支配地区には「どちらもひどいが、防衛軍より共産党がましだ」という者も多い。宣教師の家族たちも「その通りだ」と言っていた。私も福建で、共産党に追われた難民が徒歩で、また小船で逃げてくるのを目撃した。大混乱だったそうだ。福建やとなりの広東では大虐殺はないようである。共産党のやり方はこうである。カネのありそうな者を拷問する、羽振りが良く資本主義者と思われる者は即刻殺す。だから金持ちは共産党が来る前にさっさと逃げる。貧乏人だけが残り、餓死者が出るのである。

 数百万単位で人が死ぬことはざらにある。大洪水や大飢饉があると数百万単位で死者が出る。あの太平天国の乱(1851~64年)では二千万人が消えた。――この15年の死者・餓死者は第一次世界大戦の全死者数を凌ぐと言われている。

 昔はいざ知らず、現在の中国の戦では勝者が敗者を食い尽くすことはめったにない。占領地で食い放題、奪い放題はするが、気怠(けだる)げな感じで、最後まで行くことを恐れているように見える。大軍同士の戦いでは、両軍睨み合ったままで、小競り合いはあっても、何ヶ月も動かない。気勢だけ威勢良く上げるのである。最前線では敵も味方もなく、こっちについたりあっちに移ったりする。
 

273p軍艦を楯に賠償金を取った田村総領事

 危うく「閘北の戦い」が福州でも起きそうになった。1932年の4月まで私は上海勤務だったので、事件当時私は福州にいなかったが、現地に出向いた時、事件を誰もが鮮やかに覚えており、詳細を知ることができた。ことの顛末はこうである。中国全土と同じで、福州でも収奪目的(愛国目的ではない)の学生秘密結社がいくつも存在していて日本人も被害にあっていた。ある日本人教師夫妻が標的にされ「殺す」と脅されていた。脅された教師には何の咎もなかった。ただ、家が中国人の近くにあり、警備が十分でないのでカモにされたのである。日本人子女の先生だから、中国人と接触し挑発することはない。日本総領事は、ばかばかしいことではあるが、主権国家に対する礼儀を重んじ、福州当局やら警察やらに状況を説明し、警備を要請した。日本側でできるのではあるが、そうすると主権国家間の慣行に反すると判断したのである。

 要請を受けた中国側は教師宅の前に中国兵を配置した。この中国兵は、数日間は交代で24時間警備に当たった。ところがある夜、何の前触れもなく、消えた。説明も何もなく突然いなくなったのである。策を講じる間もなく、夫妻は襲われ、殺されてしまった。信頼させておいて寝首を掻く中国の軍隊、警察のいつものやり口である。当局が秘密結社と組み、殺害させたのではないとしても、ぐるになって襲撃の時に警備を引き上げさせたとしか思えない。

 日本人の怒りは頂点に達した。田村総領事は中国当局役人を呼び、こう述べた。「非難するつもりはないが、双方の同意に基づいた警備に落ち度があったから今回の事件が起きたのである。この重大な過失に対し、ご遺族に五万ドル賠償願いたい」。

 たいする中国側は言を左右してまともな返事をしない。業を煮やした田村総領事が、「よろしい。これ以上申し上げることはない。後はそちらのご判断次第である。一言申し添えるが、当方はすでにことの詳細を海軍に打電し、軍艦数隻がこちらに向かっている。おわかりかな。熟慮のほど、重ねてお願い申し上げる」と席を立とうとすると、中国側は「艦砲射撃を食らっては職も失う」と思ったのか、「局に持ち帰って相談してみます」と持ちかけた。「五万ドル耳を揃えて持ってくるまでは面会無用」と席をたった。徹夜で相談した中国側は、明け方になってようやく五万ドルを現金で持ってきた。直後、日本の軍艦が到着した。艦長たちは事が収まったと聞いてがっかりしたに違いない。これは第一次上海事変の一ヶ月前のことである。

274p日本領台湾に憧れる中国人の行列

 中国人には田村式が一番である。私は実際、田村氏が中国人と対応している場面をこの目で見ている。実に丁寧である。公平であり信念の人である。中国人に対してもこれは変わらない。愉快なことに、あの事件があってから福州では日本人に対する態度が一変した。日本人殺害はもちろん、あらゆる反日行動がぴたりと止んだ。日本人は最高の扱いを受け、最も尊敬される外国人となった。アメリカ領事は軟弱政策ゆえに、反米運動の対処に忙殺されている。イギリスも似たり寄ったりだ。日本領事はどうだ。「いつでも軍艦を呼ぶぞ」という毅然とした田村総領事のおかげで、自国民を保護し、全世界の在中国領事が束になっても叶わない。いやその十倍の成果を上げている。毎日、私は昼食のため、日本領事館の前を通ったが「門前市をなす」である。台湾行きのヴィザ取得のためである。台湾は日本領である。中国では働いても働いても、同じ中国人の役人に搾り取られるが、台湾に行けばそんなこともなくなるからである。

 福州事件は中国全土で起きている。現実的政策に裏打ちされた断固たる態度でしか事件は解決できない。中国人にはそれ以外考えられないし、そういう人を尊敬する。ちゃんと証拠がある。しばらくして田村氏はシンガポール総領事に転任となり、送別会が設けられた。中国人役人にも尊敬され、好感を持たれていたのである。稀に見る賛辞が寄せられた。市民は心から田村氏を讃えた。数ある領事の中で一番の人気者であった。

 田村氏が教師夫妻殺害事件を毅然とした態度で解決して以来、福州在住日本人三千人は何ら危害を加えられることなく、略奪されることなく、平穏に暮らすことができた。中国人だってその気になれば、日本人であろうと誰であろうと、危害を加えることを止めることができるということである。

1895(明治28)年5月、日清戦争の勝利により台湾が日本に割譲されると、日本軍は住民に2年間の国籍選択猶予期間を与え、清国を選ぶものは自由に大陸に引き揚げることを認めた。植民地ではなく、極東共栄圏政策で対処した。蔡さん(司馬遼太郎「台湾紀行」のガイド、蔡焜燦「さい・こんさん」氏「台湾人と日本精神」著者)の父親は、この時16歳。一度は祖先の地・福県省に戻ったが、そこに住んでいた叔父は、中国社会の腐敗ぶりから、せっかく日本人になれる機会を掴んだ蔡さんの父親に「お前はこんなところにいるような人間ではない」と帰還をすすめた。蔡さんの父親はこうして「日本人」として生きていく道を選んだ。

 戦後台湾に逃亡進駐した蒋介石中国軍は、中国本土と同じように搾取し傍若無人(2.28等での虐殺)に振舞い、治安は中国本土同様になった。台湾は、日本統治下(唯心)とあまりに異なる本土人統治(唯物)に、辛酸を舐めた。2/5【台湾取材レポート】二二八紀念公園でのインタビュー H21/4/22
矜持皆無の唯物中朝韓と罪日には、情けは禁物!この田村式対処法が一番の特効薬! 

305p事実を見て対中国政策の誤りを認めよ

 金を貸せば、返してもらえないばかりか悪用される。学校や病院を建てたら、火をつけられる。宣教師は宣教師で、いくら中国人の中に飛び込んで命がけで働いても、教え子に拷問され虐殺されている。ただ外交援助するばかりで、何の罰則もなく甘い顔ばかりしてきたから、かえって暴虐の限りを尽くしてきたのである。

 アメリカはどういう姿勢を採るべきか。「君子危うきに近寄らず」。きれいさっぱり足を洗った方が良い。思いやりも必要だが、それと同時に毅然とした態度で主張すべき権利は堂々と主張すべきである。というのが大人の考えである。

※このままなら、人類の孤児が中朝韓罪日の行く末である。捏造が党是の凶産中国対処には、田村式が一番である。『暗黒大陸中国の真実』抜粋 完

 

現代も続く中国人の性癖

2011年07月20日複数の中国人が路上で一人の白人の子供を暴行している映像
ウイグルの悲劇
2011年10月19日衝撃映像ひき逃げに遭った2歳児 通行人は無視

2012年04月10日毎日新聞中国・事故で車横転 スイカ持ち去るも救助要請無視で死亡

英国人死亡は中国共産党薄氏が毒殺指示か
【異文化】中国人は世界一ずうずうしい民族 
  

似てなるもの中朝韓罪日は、有色人の面汚し

 人類の新秩序1960年植民地独立付与宣言参加国が中国凶産(1971年から国連加盟)北朝鮮韓国(1991年から国連加盟)。この三国は、同胞大虐殺や隣国侵略征服(チベット・新疆ウィグル・内モンゴル・満州・竹島)に明け暮れ、いまだに戦国時代の野獣のままで、人類の新秩序「互恵・平等・自由貿易」を知らない。そして、この三国と罪日のみが、人類唯一の犯日である!もちろん、蒋介石国民党中国(台湾)は、1971年まで国連加盟なので、植民地独立付与宣言賛成国である。

 凶産中国人や朝鮮人や罪日のような人間が、皆有色人だと白人から白眼視されれば、人類新秩序(人種平等)の立て役者、有色人にとって、これほど迷惑なことはない。かん国人銃乱射NHKだけがアジア系報道人類の新秩序「互恵」も知らない時代逆行無知民族中朝韓罪日は、有色人の面汚しどもといえる。唯物韓半島と罪日は、唯心台湾との対比があまりにも際立つ。誇り高き台湾3/5【たい湾取材レポート】龍山寺前広場でのインタビュー・前半 H21/4/22 
 板子一枚下は地獄の民唯心海洋民(沖縄・台湾・日本)は、唯物民(中朝韓罪日)とは価値観が真逆で、水と油。「唯物(物欲)」中朝韓罪日とは真逆、きらめく台湾の唯心「親日国 たいわんと日本」
 

中国役人の「嘘」を押し付ける手口は80年前と全く同じ

※華僑の起因。中国役人の弱者(住民)虐めは、4000年の伝統芸。こんな時代錯誤政権の国との「友好」など、あり得ない!飢えた獣が唯物(中朝韓罪日)で、輩にとっては、「友好」も「友好国」も、単なる餌に過ぎない!

【関連記事】
河村名古屋市長に個人制裁を 社説 「極右」に属する
南京大虐殺否定罪 全人代で呼び掛け
河村市長発言:南京市当局者 撤回し謝罪なら関係正常化 - 毎日jp(毎
河村市長:南京事件発言 中国大使館が面会拒否 - 毎日jp(毎日新聞)
河村市長:南京事件否定発言 中国・江蘇省が渡航禁止通達 - 毎日jp ...
朝日新聞デジタル:南京での柔道交流中止に 河村市長の虐殺否定発


南京大虐殺は戦後の捏造
 
 英仏蘭中米ソ等八方が敵の時代、南京攻防戦後の、南京占領(1937年12月13日)世界報道はあるが、南京大虐殺報道など一切皆無。もちろん当時のラルフ・タウンゼントにも、一切記述無し全世界報道を嘘と決め付ける大虐殺論者は、責任転嫁の「聞いた話」ではなく、証拠を開示し証明することが、発言前提条件となる。戦闘に巻き添えは付き物で、巻き添え無き戦闘などは、皆無。巻き添えのみを摘まみ盗りし、南京攻防戦を大虐殺と呼ぶなら、以後の全ての戦闘には、大虐殺を冠しなければ嘘になる!サイパン大虐殺・沖縄大虐殺・広島大虐殺・長崎大虐殺・東京大虐殺・名古屋大虐殺・満州大虐殺・樺太大虐殺等々と。

 正体自白の中日(婢)新聞・朝(赤)日新聞・信濃(支那の)毎日新聞も、責任転嫁の「聞いた話」ではなく、証拠を開示し、明瞭に証明する責任がある。輩は「友好」とすぐ騒ぐが、凶産(党是は世界征服)友好の意味は「征服の罠」で、餌は「ハニー・マネー」。「日中友好協会」=「凶産スパイ巣窟」で、友好論者=スパイは、歴史が証拠!

凶産中国の狙いは沖縄で手始めに尖閣諸島

中国軍幹部が衝撃発言!日本の領土“尖閣”を武力で強奪2012.03.15
 中国がまた、沖縄・尖閣諸島に対する野心をあらわにした。中国人民解放軍のシンクタンク、軍事科学院世界軍事研究部元副部長で、中国軍事科学学会常務理事・副秘書長の羅援少将が今月初め、テレビ番組で尖閣諸島の中国領有を主張したうえで、尖閣周辺で「軍事演習を行う必要がある」と断言したのだ。武力による尖閣強奪の示唆。民主党政権に領土を守る覚悟はあるのか。

 衝撃の発言は、6日、深●(=土へんに川)衛星テレビの「軍事情勢生中継室」という番組のインタビューで披露された。

 羅少将はまず、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)が、われらの島礁であるからには主権を行使する」と宣言。さらに、「われらの軍用機、軍艦は適切なタイミングで魚釣島附近へ到着する必要がある」「日本がもし釣魚島に強行上陸をするなら中国は強行軍事手段を採ることができる」と続け、「釣魚島附近で軍事演習を行う必要がある」と語ったのだ。

 この発言は、動画投稿サイト「ユーチューブ」などでも確認できる。

 政権交代以来、民主党政権は領土に関して、中国やロシア、韓国に押され続けてきたが、2日、日本の排他的経済水域(EEZ)の基点でありながら名称がなかった39の離島に付けた名称を公表した。やっと、日本の主権を示した。

 これに対し、中国政府は翌3日、尖閣諸島の周辺を含む71の島に命名したことを公表。羅少将の発言は、さらに踏み込んだ強硬措置といえる。

 尖閣周辺での軍事演習にまで言及する中国に、日本はどう対処すべきか。

 沖縄・南西諸島地域の領空を守る航空自衛隊南西航空混成団司令を務めた佐藤守・元空将は「北京五輪(08年)以降、中国は『尖閣諸島を手に入れる』という方針に変わった。私は、羅少将と国際会議でやり合ったことがあるが、中国の本音を代弁している」といい、こう続ける。

 「今年、中国と台湾の漁民が大挙して尖閣に上陸する計画がある。『漁民に偽装した軍人を、中国海軍をバックに上陸させる』という情報もある。――

※民主党になった途端の中朝韓罪日のやりたい放題、日本国民も学習したはずだ。輩への甘い顔は、「食べてください獲物ですよ」との、誘いでしかなく、戦争誘引以外の何ものでもない!唯物の輩に「友好」など皆無で、損得以外は、無い!福沢諭吉の「脱亜論」が正答

中国凶産が利用し便乗した沖縄の差別論者(言葉と文字界の扇動者)

 人類の敵中国凶産の狙いは、沖縄・台湾の赤化!

 凶産中国の「党是」が、「捏造で世界征服」。台湾以東中国の海軍は、台湾・沖縄に阻まれ自由に太平洋に出ることが出来ない。そして中国凶産軍の手かせ足かせ、邪魔者が沖縄駐留米軍である。自由主義社会は、凶産束になっての個人札束攻撃には極端に脆い(日米開戦起因)。実技無き信念無き「言葉と文字界」は、特に札束に脆い人種の集まり。沖縄の公務職(教授、先生、役人、政治屋)と報道(TV、ラジオ、新聞、出版社)の、自国日本防衛は置き去りにした異様な発言、報道行動は、中国凶産の手先と見てまず間違いはない。人類の敵凶産の砦、沖縄死守正常化、スパイ扇動屋成敗は、日本回帰の基点である。

 沖縄の凶産スパイはなにかというとすぐ「琉球」を持ち出し、廃藩置県時の「悲劇」を語るが、中央集権化には悲劇がつきもの、白虎隊、西南戦争等々本土でも数多の悲劇があった。沖縄だけではないのである。大名(国)で分裂した日本のままでは、当時の世界情勢(弱肉強食戦国時代)には対処不能なので、中央集権国家大日本帝国として沖縄も団結した。賢者先人の総意として昇華したのが、明治維新である。

 戦後復興で多忙なため、同胞ゆえにと信じて任したが、67年間も「言葉と文字界職責放棄のし放題」、国民は苦労せにゃならん!凶産のような不条理行使を独裁というので、道理に適う徳政なら独裁ではない。クーデターで一掃、原点回帰が最短か!

 尖閣や沖縄問題で紛争(高じて戦争)となれば、責任は100%「言葉と文字界」に有る!紛争や戦争となったら、いの一番に輩を最前線の矢面に押し出し、どのように行動するかを確認する必要がある。先人同様に、人類の敵凶産(WW2元凶)打倒が、平和への唯一の道である。

敵は日本に有り、嘘買う輩は、自殺願望亡国奴!巻添え真っ平御免

 戦後の額縁凶授、銭生、巧凶放送NHK、我欲政治屋、役人等の給料泥棒公職と、テレビ、ラジオ、映画、新聞、作家等の我欲拝金屋が、日本の敵!弱者国民の誰もがすぐ参加出来てお金が減らない、獅子身中の虫駆除(護国)運動(ニセ職責者の駆除)、まず手始めは、「嘘の巣窟破壊、「三不作戦」が最適最速である。

三不兵糧攻め作戦

 不(新聞・雑誌・犯日番組スポンサー品)払い(NHK受信料)投票(亡国政治屋)インターネット(接続費用は、不買・不払いでお釣りがくる)が、新生日本最速

 ネット速報、嫌韓ちゃんねる だめぽアンテナ U-1速報 等々を「新聞・雑誌」のごとく読めば、十二分に事足りて、日本正常化は、間違いなく加速する!

67年間も職責不履行の捏造業NHKは、現実界なら当の昔に塀の中。騙り詐欺師(スパイ)に支払いは、亡国奴!おれ(日本公共放送)おれ(日本公共放送)詐欺(正体は外国スパイの功凶放送)には振り込むな NHK集金は、オレオレ詐欺である!

 

NHK打倒賛同者不払いは元NHK立花孝志無料で聞け!

 TV等受信機所持なのに受信料解約は、刑法246条2項の詐欺罪に該当し犯罪となるので、受信機所持の場合は、不払いが正当

NHK職員立花孝志が伝授する受信料不払い

YouTube

2013/02/02元NHK立花孝志が伝授する【正々堂々と受信料払わない方法】 
2013/02/05TV等受信機所持でNHK受信料解約は犯罪の詐欺罪に該当なので不払いが正当
NHK腐敗

2013/03/16日本のマスコミが韓国【電通】に支配されている理由
2013/04/04元NHK職員手嶋龍一さんについて
立花孝志ひとり放送局㈱公式ホームページ
立花孝志ひとり放送局第2ホームページ

 受信料不払いでNHK打倒は、NHKカルト凶団元凶温室破壊となり、67年間もの狂人カルト凶団からの、無辜の国民救出作戦となる!全国民不払い裁判でNHKを一気に打倒

子孫を救え!

 

天災国家居住日本人に、神代より脈々として生き続ける苦難克服の極意「助け合い(共産の神髄)

第83回選抜高校野球大会選手宣誓創志学園野山慎介主将3月23日

 「宣誓、私たちは16年前、阪神淡路大震災の年に生れました。今、東日本大震災で多くの尊い命が奪われ、私たちの心は悲しみでいっぱいです。被災地ではすべての方々が一丸となり、仲間と共にがんばっておられます。人は、仲間に支えられることで、大きな困難を乗り越えることが出来ると信じています。私たちに今出来る事、それは、この大会を、精いっぱい元気を出して戦うことです。がんばろう日本!生かされている命に感謝し、全身全霊で、正々堂々とプレーすることを誓います」

第84回選抜高校野球大会選手宣誓(文章は生徒の合作)石巻工阿部翔人主将3月21日

 「東日本大震災から1年、日本は復興の真っ最中です。被災をされた方々の中には苦しくて心の整理が付かず、今も当時のことや亡くなられた方を忘れられず、悲しみに暮れている方がたくさんいます。人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくて、つらいことです。しかし、日本が一つになりその苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして、笑顔。見せましょう、日本の底力、絆を。われわれ高校球児ができること、それは全力で戦い抜き、最後まであきらめないことです。今野球ができることに感謝し、全身全霊で正々堂々プレーすることを誓います」

 先人を愚弄し、かつ、「巨匠・カリスマ・天才」などと死んだ空言葉乱発、捏造や馬鹿笑いに明け暮れる「言葉と文字界」よ、生きている言葉(戦国の世に先人は一つになり、日本の底力、絆で、最後まであきらめず、その苦難を乗り越えた)が、耳を傾けても聞こえないか?聞こえぬ者は亡国奴!とっとと失せろ!TBS早朝みのもんた、日テレ午睡のみやねや、TV朝日深夜の古舘一郎等は、まさに狼少年扇動屋巨大スピーカー!騒音以外の、何ものでもない朝昼晩三馬鹿TV!弱者国民の味方正義仮面演技は、下心丸見えだ。

 心有る者の言葉と文字がいかに純粋に響くか。「言葉と文字界」がいかにその言葉と文字を失ったかを、思い知らされる宣誓である。「パンドラの箱」日本の、希望である!

 

琴線が共振する広島音楽高校野々村彩乃の国歌独唱/第82回選抜高校野球大会
 

魯迅

 「フェアを望むならば、まず相手をよく見て、もしフェアを受ける資格のないものであれば、思いきって遠慮せぬほうがよろしい。相手もフェアになってから、始めてフェアを問題にしても遅くはない」(魯迅評論集)

 

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/325-fb139956

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。