QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観1人類館凶産スパイ沖縄ヒトラー超えの李朝差別殺し朝鮮や罪日と同じ手口


1人類館凶産スパイ沖縄ヒトラー超えの李朝差別殺し朝鮮や罪日と同じ手口

 「日本九九年戦争・資源無き島国日本、適者生存戦国時代唯一の術は、先手あるのみ。後手の本土戦は、兵糧攻めで必滅。露西亜、清国(属国朝鮮)南下阻止が第一義、後手は必滅、先手で打って出た。 

 結果が台湾朝鮮(自立不能で)統治(極東共栄圏樹立着手)、満州建国尽力(凶産の砦)、日中戦争(中国凶産化での中ソ凶産連合阻止)、南京政府樹立尽力(中国凶産化阻止)で極東共栄圏構築。

 日中(反共)戦争で疲労困憊の日本は、戦国の定法弱肉強食、恰好の餌食となった。米英中蘭(ABCD)が兵糧攻め、ハル・ノートで降伏を迫った。出稼ぎ戦争対、日本は死活戦争。極東から大東亜に共栄圏樹立を拡大し、あらん限りに戦ったが、大東亜同胞の、完全覚醒追随まで戦いきれず、矢尽き刀折れ、敗れた。

 がしかし、戦いざまに共振した同胞が、一気に蜂起、独立。1960年の植民地独立付与宣言(互恵)が根幹となり、自由貿易64年開放経済)、平等65年人種差別撤廃を成し、凶産は残ったが、戦争目的は完遂した。弱肉強食の世に、戦後67年間のごとき無能無策の後手日本なら、何もかもが消滅していた。それでも戦後消滅しなかったのは、『身体を筆にし、流れる血と汗と涙でえがいた先人の、人類への遺書』以外、あろうか!

 “戦かわざれば”の平和論があるが、防共の砦日本が去るやいなやすぐさま凶産化、朝鮮戦争惹起したもう一方の真の敵、中ソ凶産連合軍隠蔽スパイの、工作論である。ABCDと“戦かわざれば”の降伏は、防共の砦無き丸裸日本で、中ソ凶産の、恰好の餌食となった。この戦いは、目的も無きただの防御戦。多勢に無勢で、瞬時に最後の独立国日本は潰え、日本族の名を残すのみの、まさに、犬死に無駄死にの戦争となっていた。同胞の、支配者からの独立も無い!新秩序など、当然無い!支配者と、被支配者の地球に成っていた!」

 

 差別差別と騒ぐ人間ほど差別する証拠。差別被害者と騒ぐ朝鮮や罪日が「ヒトラー超え」の、人類最悪差別殺し犯。

朝鮮や罪日犯日根源の理由は、癌国の恥部、李朝差別民族浄化集団虐殺隠蔽目的!

 赤狩り(共産成敗)と捏造し虐殺老人女子供まですべて共産と称し虐殺。民族浄化を、共産討伐赤狩りと美称捏造して、洗脳している。

1946年「10月人民抗争」 虐殺数は不明

1948年済州島「四・三事件」 済州人虐殺8万人以上

1950年6月25日朝鮮戦争 南北の死者400万人(北250万人)。実体は南(ニセ者9割の差別民と被差別民)対北(被差別民)。呼応した南の被差別民の助力で、たった2ヶ月で一気に釜山まで南下した。以後ニセ者9割の差別民韓半島南の韓国は、被差別民を凶産と捏造、済州人同様虫けらの如く虐殺した。

          保導連盟事件    韓国30数万人虐殺(60~120万人)

1951年居昌事件       韓国8千人以上虐殺

          国民防衛軍事件   韓国10万人以上虐殺

1980年光州事件       韓国2千人以上虐殺

無駄死にの同胞殺し合い合計が、449万人+北朝鮮不明+(60~120万人)

 ちなみに大東亜戦争の朝鮮人戦死者は皆志願兵で、南北で2万2182人。台湾も皆志願兵で、3万304人、日本は強制兵役、徴兵で、234万2341人が戦死。さらに米軍に80万人の市民が原爆空爆で、虐殺された。軍対民の同胞殺し合い(朝鮮同胞虐殺)ではない。

 朝鮮最大の敵日帝とののしる、日本が去った戦後の、同胞殺し合い死者数が、日本よりはるかに多い上記である。戦後67年経ても、犯日を続けるほどの極悪日帝が去ったのだから、平和到来が当然である。ところがそうはならなかった。朝鮮最大の極悪は日帝ではない、明確な証拠である。日本は李朝差別を破壊し、繁栄と平和を築いた。その差別破壊の日本が去り、再び恐怖の李朝差別復活!この恐怖がもたらした同族殺し合いが朝鮮最大の極悪で、日本ではない。国内再騒乱因子同族殺し(民族浄化)は隠蔽し、犯日で国民を洗脳懐柔目的の犯日は、明々白々で、子供でも分かることだ。韓国同胞虐殺元兇凶産は、捏造、李朝差別がすべての元凶

タイと日本のみが独立国の戦国時代に、朝鮮先人は非力を自覚し独立を放棄、寄らば大樹の陰と日本統治を選択した。賢者の選択である。この世界史は隠蔽し、「植民地・慰安婦・謝罪」とわめきたて、「十代でも百代でも歴史を忘れることはない」といきまく、朝鮮無知愚民。異常民族であることを自白。1998年アフリカ人 vs 韓国人+中国人 歴史認識編

中国凶産のスパイ沖縄の差別論者(言葉と文字界の扇動者)

 沖縄に防衛軍集中は、WW2元凶人類の敵凶産への対応、凶産破壊は悔恨アメリカの悲願で、先人が唯一やり残した遺志。中国民主化で基地不要。元凶凶産隠蔽論など空論朝生in沖縄

人類の敵中国凶産の狙いは、沖縄・台湾の赤化!
 台湾以東中国の海軍は、台湾・沖縄に阻まれ自由に太平洋に出ることが出来ない。そして中国凶産軍の手かせ足かせ、邪魔者が沖縄駐留米軍である。自由主義社会は、凶産束になっての個人札束攻撃には極端に脆い(日米開戦起因)。実技無き信念無き「言葉と文字界」は、特に札束に脆い人種の集まり。沖縄の公務職(教授、先生、役人、政治屋)と報道(TV、ラジオ、新聞、出版社)の、自国日本防衛は置き去りにした異様な発言、報道行動は、中国凶産の手先と見てまず間違いはない。人類の敵凶産の砦、沖縄死守正常化、スパイ扇動屋成敗は、日本回帰の基点である。

 沖縄の凶産スパイは「琉球」をすぐ持ち出し、廃藩置県時の「悲劇」を語るが、中央集権化には悲劇がつきもの、白虎隊、西南戦争等々本土でも数多の悲劇があった。沖縄だけではないのである。大名(国)で分裂した日本のままでは、当時の世界情勢(弱肉強食戦国時代)には対処不能。沖縄も、賢者先人の総意で、大日本帝国として団結。それが明治維新である。

「人類館事件」沖縄大百科事典人類館事件抜粋

 「1903(明治36)年3月から7月まで大阪の天王寺今宮で政府主催第5回勧業博覧会が開かれたとき、会場周辺には営利目的の見世物小屋が立ち並んだ。 その中に〈学術人類館〉と称する茅葺き小屋があって、学術研究資料の名目で朝鮮人・北海道アイヌ・台湾高山族・インドキリン族・ジャワ人・トルコ人・アフリカ人などといっしょに、甘言にのせられて沖縄から連れてこられたジュリ(遊女)二人を〈琉球の貴婦人〉と銘打って見世物にした。(太田良博氏による)」

太田朝敷の抗議論説

 沖縄県からつれてきた遊女を「琉球婦人」として展示されていることに対し、「我輩は日本帝国に斯る冷酷なる貪欲の国民あるを恥つる」として、激しい抗議キャンペーンを展開、沖縄県出身者の展覧を止めさせた。

 当時の沖縄の代表的識者で言論人の、琉球新報社長も勤めた太田朝敷(おおた・ちょうふ)の抗議の論説『琉球新報』(1903年明治46年4月11日)

 「陳列されたる二人の本県婦人は正しく辻遊廓の娼妓にして、当初本人又は家族への交渉は大阪に行ては別に六ヶ敷事もさせず、勿論顔晒す様なことなく、只品物を売り又は客に茶を出す位ひの事なり云々と、種々甘言を以て誘ひ出したるのみか、斯の婦人を指して琉球の貴婦人と云ふに至りては如何に善意を以て解釈するも、学術の美名を藉りて以て、利を貪らんとするの所為と云ふの外なきなり我輩は日本帝国に斯る冷酷なる貪欲の国民あるを恥つるなり。彼等が他府県に於ける異様な風俗を展陳せずして、特に台湾の生蕃、北海のアイヌ等と共に本県人を撰みたるは、是れ我を生蕃アイヌ視したるものなり。我に対するの侮辱、豈これより大なるものあらんや」

 勧業博覧会に便乗した営利目的の見世物小屋ではあるが、「大日本帝国の沖縄県民日本人が、どうして他国人と同列扱いされるのか」という、「差別」というより、日本人なのに他国人扱いされ、「利を貪らんとするの所為と云ふの外なきなり」と商取引利用されたた怒りと、「辻遊廓の娼妓」を「琉球の貴婦人」と捏造した怒りである。日本人として扱わないことへの抗議である。ただし「台湾の生蕃、北海のアイヌ等と共に」は「差別」発言である。台湾は1895(明治28年5月年から日本領なので日本人。もちろんアイヌも日本人である。

 見世物自体については抗議していないので、こういった見世物は当時民間ではありふれたものではなかったのではないか。現代でも民族衣装着用した展示会は数多有る。

戯曲「人類館」「差別」の印籠を掲げ「ヒカエオロー」する沖縄凶産スパイの「言葉と文字界」

 戦後、善人面した作家新聞社俳優脚本家自称平和団体等の、実技皆無の「言葉と文字界」に、どれだけ騙されてきたことか、計り知れない。中国凶産が便乗し利用した沖縄の差別論者(言葉と文字界の扇動者)の手口は、朝鮮や罪日と同じである。


「人権・差別・平和」と、すぐさま掲げて騒ぎ、弱者の味方を演じる「言葉と文字界」の偽善者

琉球新報 2009年11月23日
金口木舌 

 今から106年前の1903年、生きた人間を標本のように展示する見せ物小屋が、大阪の博覧会会場周辺に出現した。アイヌや台湾の先住民らと共に琉球人の女性が陳列・展示された

※「営利目的の」を隠蔽し、生きた人間を標本・陳列・展示」と差別語を並べ、非難しているので、博覧会(日本)が主催と錯覚する

▼人類館事件と呼ばれるこの出来事を題材にした朗読劇「人類館」(作・知念正真(せいしん))が先週末、国立劇場おきなわで上演された。一人三役をこなす俳優津嘉山正種(つかやままさね)さんの迫真の演技に引き込まれた

▼人類館事件は、「琉球処分」に反対した琉球士族らが琉球王国の存続を求めた救国運動を担い、志半ばで命を落とした後に発生した。「処分」によって琉球を領土に取り込んだ明治政府は、琉球独自の風俗習慣、文化を否定し、日本への同化を強要した

※当時は戦国時代、弱小国は団結しなけれは、対処不能であった。団結のため、各国大名は解散し連合、中央集権国家大日本帝国となった。「反対した琉球士族らが琉球王国の存続を求めた救国運動を担い」と琉球だけの悲劇であるかのように洗脳しているが、廃藩置県にともなう悲劇は、本土も同様にあった。小異は捨て大同しなければ、日本は存続できなかった。東北人、東京人、越後人等々皆大同し、「同化」した。「同化」したのは琉球人だけではないのだ!「『処分』によって琉球を領土に取り込んだ」のではなく「廃藩置県」で、団結したである。この文は明白な、凶産スパイの沖縄分離工作文である。

琉球をさげすむ風潮は当時の日本の論調にも表れている。演劇・花柳界新聞「かなよみ」は、日本に従わない琉球を飼い主の手を噛(か)む「愚犬」と表現。王国指導者を東京の焼き芋屋で働かせれば「少しく日本の風儀を染(そめ)、東京子の潔(いさぎよ)き魂(たまし)ひを飲込(のみこみ)て漸々(ぜんぜん)開花の気味に渉(わた)らん」(1879年4月17日付、琉球新報新聞博物館所蔵)と書いた

※薩長官軍対抵抗軍の対立や蔑みは戦後も残った、琉球のみではない。この類は、団結時にはつき物の話である。当時の一丸化の歴史無知か、分断し、沖縄赤化を画策する凶産スパイの文章である。

▼さて朗読劇「人類館」は方言札、沖縄戦、米国による異民族支配などを盛り込み、沖縄の近現代史を貫く差別の構造を風刺する。登場人物の滑稽(こっけい)さが笑いを誘う

▼この芝居は最後に振り出しに戻ってしまう。歴史は繰り返されるのだろうか。

人類館
知念正真プロフィール

 1941年沖縄市生まれ。ゴザ高校卒。演劇集団「創造」所属。1976年、戯曲「人類館」を「創造」で初演。(劇作・演出) 以来「人類館」は、幸喜良秀演出で県内外で再演、今日に至る。他の作品に「コザ版どん底」(1986)「コザ版ゴドー」(1988)「幻のX調査隊」(1997)などがある。

津嘉山正種プロフィール

1944年生まれ。沖縄県出身。1964年に上京し、翌年劇団青年座へ研究生として入団。1987年、「NINAGAWAマクベス」の主演で英国ロンドン公演に参加、注目を浴びる。 第30回紀伊國屋演劇賞受賞(1995)、第4回読売演劇対象最優秀男優賞受賞(1997)。

年表による時代背景、凶産スパイ暗躍開始の歴史

 「会場周辺には営利目的の見世物小屋」を隠蔽または曖昧にし、沖縄は差別されていると朝鮮人的被害強調者は、日本国政府主催第5回勧業博覧会であるかのごとく書いている。戯曲「人類館」も報道もそうである。

 好いとこのみを盗り食いし強調(人類館)、肝心要は隠蔽(会場周辺には営利目的の見世物小屋)して捏造(日本国政府主催第5回勧業博覧会でと)を記憶(沖縄差別)させる、誘導連想洗脳である。東大女スパイ加藤陽子や、文芸春秋半藤一利らの手口である。

 この「人類館事件」が沖縄県民に広まるのは、「祖国復帰運動」が盛んな米軍占領下ではなく、復帰後のことである。凶産スパイが沖縄に浸透しだした復帰4年後の1976年、沖縄生まれの知念正真が書いた戯曲「人類館」をきっかけとなり、沖縄人の間にこの「人類館事件」が広まった。

 凶産中国は、昭和39(1964)年にスパイ先発隊として「中帰連」を送り込み下工作。年表で見れば中国凶産党の工作は丸見えなのである。

昭和39(1964)年 最後の戦犯(中帰連)が帰国。中国狂惨党が捕虜の日本兵を洗脳し、日本に帰し、反日、凶産化運動(赤化)。中国凶産の工作員中帰連が語る能動戦争が、南京731慰安婦百人斬り泰緬鉄道「戦争体験出前噺」等の、捏造起因となり、半端者仮想界や凶産教授や教諭が扇動、韓国北朝鮮罪日、迎合金儲け証言者が便乗した。現実界は復興に多忙なため、同胞の報道ゆえに、信ずるしかなかった。文系最高学府が、半端者凶産教授に占領されたのが原因。文系最高学府2012年も、工作員継続中。

昭和46(1971)年6月17日沖縄返還協定調印

昭和46年日中国交樹立直前の1971年(昭和46年)8月末より朝日新聞紙上に掲載された本多勝一記者の『中国の旅』。中国側の、言うがまま、無検証報道。朝日新聞南京虐殺犯日キャンペーン展開。(日中国交樹立の主導権を握るため、朝日新聞と凶産党犯日作戦プロパガンダ開始)

昭和47(1972)年5月15日沖縄返還。

昭和47年7月7日田中角栄首相

昭和47年9月 日中共同声明調印 中国共産党の卑劣な外交下での国交回復である。田中角栄首相(終戦時27歳)、周恩来首相(1898年生まれ終戦時47歳歴戦のつわものである)と調印。かっての誇り高き中国ではなく相手はギャングと同じ凶産、凶産と実体把握無き調印は、無知の調印で、あらゆることに難癖を付ける、始まりとなった。

昭和47年三木武夫首相終戦時38歳。
和50(1975)年8月15日三木首相参拝。他虐偽善者三木首相が、八月十五日の参拝を「首相としてではなく渋谷区南平台の一住民三木武夫として参拝します」と公式参拝ではなく私人としての参拝を力説。これ以後、公人私人などという特異な議論が、他虐偽善者マスコミの世界を支配するようになった。天皇は日本の象徴公人である、公人たる天皇は参拝しにくくなった。

昭和50(1975)年11月20日富田朝彦宮内庁長官が参議院で、明日の天皇靖国参拝は公人か私的行為かと厳しく糾弾された。吉国一郎内閣法制局長官は、憲法違反とまで言えないが、「第20条第3項の重大な問題になる(国の宗教活動の禁止)」と発言。神仏混交の錯誤、神道は宗教に非ず!

昭和50(1975)年11月21日終戦30周年の参拝。これ以後参拝無し。

昭和51(1976~78)年福田赳夫首相終戦時40歳。

1976年(昭和51)知念正真(劇作・演出)戯曲「人類館」を「創造」で初演。1941年沖縄市生まれ。ゴザ高校卒。演劇集団「創造」所属。以来「人類館」は、幸喜良秀演出で県内外で再演、今日に至る。 

1976年(昭和51)中国周恩来、毛沢東死去、4人組逮捕で、文化大革命終焉。4月5日天安門事件①(民主化運動の原点)。二大巨頭の逝去で求心力を一気に失った凶産は、国民懐柔のため、言い成りの日本を仮想敵国とし、さらに犯日強化。

1977年(昭和52)中国鄧小平復帰。

昭和53(1978~80)年大平正芳首相終戦時35歳。

昭和53(1978)年10月17日「昭和殉難者」としてA級戦犯14人が靖国神社に合祀

昭和53(1978)年10月23日小平副首相、中国から初めての来賓として来日。「入江相政日記」「・・・竹の間で『不幸な時代もありましたが』とご発言。鄧氏は『今のお言葉に感動しました』と。これは一種のハプニング・・・」両者共に、戦国時代を踏まえての発言である。

昭和54(1979)年から日本中国へODA有償資金協力(円借款)を約3兆1331億円、無償資金協力約3兆円以上、合計総額六兆円以上の巨額な経済援助をし続けている。愚民化捏造政策なので、非公開、中国国民は一切知らない。日本凶産化工作資金を与えたのと同じ。表では笑顔で友好、裏では破壊工作が凶産の正体である。

昭和55(1980)年悪魔の飽食(あくまのほうしょく)は、満州国で731部隊が行っていたという人体実験の実態を詳しく書いたとして、話題を呼んだ。森村誠一(作家)が下里正樹(しんぶん赤旗の記者で当時共産党員)の取材で書いた本、彼らはノンフィクションと言っている。日本共産党のしんぶん赤旗日曜版で1980年代に連載され、後に光文社より単行本として出版(1982年)され、これが大きな社会的問題となった。注射針で体液を吸い出してミイラにする(現代でも不可能)。真空室にほうり込み、内臓が口、肛門、耳、目などからはみ出し破れる様子を記録映画に撮る(現実はこうならない)。など非現実な内容もさることながら、35枚中20枚の写真が偽写真だった事が判明し、結局これらの問題で、光文社は絶版とした(1983年に角川書店から、問題点を削除し加筆され再出版)元隊員と称する匿名証言の情報提供者から、下里正樹(しんぶん赤旗の記者)が取材し、それを基に書いたので、森村誠一(作家)は、情報提供者との直接取材ではないと主張している。なんとこの作家も大江や石原と同類の無検証貼り付け屋なのだ。下里正樹(しんぶん赤旗の記者)と、この無検証貼り付け屋が捏造してから、中国狂産党が日本国内の犯日が騒ぎ出した(凶産党犯日作戦プロパガンダ)。

戯曲「人類館」はつまみ食いプロパガンダ

 戯曲「人類館」は、作者知念正真の日本に対する怨念を描いている。スパイ先発隊の「中帰連」や、森村誠一・下里正樹・本多勝一等々のスパイと同類である。

 沖縄の新聞はいずれの論調も、「日本が沖縄に行った差別政策」であると、犯日の怨念に満ちている。いまだもって犯日論調の沖縄の新聞は、もちろんことごとく「札束で横っ面をひっぱたかれたお仲間」である。なんと「差別」捏造が高じた沖縄タイムスなどは、エスカレートし、「沖縄戦で日本軍の迫害を受け、『集団自決(強制集団死)』に追い込まれたり」と「捏造」、現代では、スパイ自白文連発である!

 

沖縄タイムス「ワラビー(毎週日曜発行子ども向けの新聞)」

2012年5月13日発行の紙面。

 「基地被害怒り反対運動・米軍の事件事故今も・基地被害怒り反対運動・明治前までは「琉球王国」」等々と、「復帰の日、5月15日は屈辱の日」であるかのごとく、新城俊昭沖縄大学客員教授登場させ、大騒ぎ。沖縄タイムスは、大人の読者は騙せないと悟り、子供洗脳に、作戦変更か?

  団結のための軋轢は沖縄も本土も同じようにあったが、戦前は、家族のため、護国のため、皆一様に清濁合わせのみ、大同したのは史実である。戦前の沖縄人も本土人も禍福を糾い団結、未曾有の戦国の世に立派に対処したのだ。ところが戦後の沖縄は、スパイ防止法有りのアメリカ統治から無しの日本に復帰した途端、沖縄もスパイ天国となり、ハニー・マネートラップが仕掛けられた。顔だけ仏仮面で、腹が拝金主義の「言葉と文字界」は、誰一人欠けるものなど無く皆飛びついた。ほんのひとつまみの沖縄の「言葉と文字界」、「皆スパイ」と断言しても過言ではない!証拠は、「異常な犯日・犯米の撒き散らし」である。世界最強の米軍が退いて喜ぶのは、「世界征服が党是の凶産中国」のみである。2につづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/324-c237d420

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。