QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観1昭和史裁判半藤と加藤東大はスパイの巣窟か虚実混交化石知識博物館


1昭和史裁判半藤加藤東大はスパイの巣窟か虚実混交化石知識博物館

 「日本九九年戦争・資源無き島国日本、適者生存戦国時代唯一の術は、先手あるのみ。後手の本土戦は、兵糧攻めで必滅。露西亜、清国(属国朝鮮)南下阻止が第一義、後手は必滅、先手で打って出た。 

 結果が台湾朝鮮(自立不能で)統治(極東共栄圏樹立着手)、満州建国尽力(凶産の砦)、日中戦争(中国凶産化での中ソ凶産連合阻止)、南京政府樹立尽力(中国凶産化阻止)で極東共栄圏構築。

 日中(反共)戦争で疲労困憊の日本は、戦国の定法弱肉強食、恰好の餌食となった。米英中蘭(ABCD)が兵糧攻め、ハル・ノートで降伏を迫った。出稼ぎ戦争対、日本は死活戦争。極東から大東亜に共栄圏樹立を拡大し、あらん限りに戦ったが、大東亜同胞の、完全覚醒追随まで戦いきれず、矢尽き刀折れ、敗れた。

 がしかし、戦いざまに共振した同胞が、一気に蜂起、独立。1960年の植民地独立付与宣言(互恵)が根幹となり、自由貿易64年開放経済)、平等65年人種差別撤廃を成し、凶産は残ったが、戦争目的は完遂した。弱肉強食の世に、戦後67年間のごとき無能無策の後手日本なら、何もかもが消滅していた。それでも戦後消滅しなかったのは、『身体を筆にし、流れる血と汗と涙でえがいた先人の、人類への遺書』以外、あろうか!

 “戦かわざれば”の平和論があるが、防共の砦日本が去るやいなやすぐさま凶産化、朝鮮戦争惹起したもう一方の真の敵、中ソ凶産連合軍隠蔽スパイの、工作論である。ABCDと“戦かわざれば”の降伏は、防共の砦無き丸裸日本で、中ソ凶産の、恰好の餌食となった。この戦いは、目的も無きただの防御戦。多勢に無勢で、瞬時に最後の独立国日本は潰え、日本族の名を残すのみの、まさに、犬死に無駄死にの戦争となっていた。同胞の、支配者からの独立も無い!新秩序など、当然無い!支配者と、被支配者の地球に成っていた!」

東大京大文系は丸暗記教のカルト集団 

 東大京大文系は丸暗記力に優れているに過ぎず、頭がいい(知恵がある)わけではない!丸暗記表音知識はあるが、知恵が皆無なので、現実界では役立たずの鳩山兄弟、菅直人、仙谷等、同類サンプルは掃いて捨てるほどいる。国民は証拠を見たはずだが、出版社NHK等が頻繁に東大看板を掲げるため、東大卒等は頭がいいと錯覚し、騙される被害者続出なので、知恵無き丸暗記の、スパイ振りを検証した。

 「昭和史裁判」半藤一利(歴史探偵・作家)加藤陽子(東大大学院教授)と表紙にある。2011.7.文芸春秋。この二人は東大卒。丸暗記(人間HDD)の才能はあるが、「知恵(知識の使い方)」が無い病人か、スパイが、輩の正体である。本の内容は、人間HDD面目躍如の丸暗記知識のご披露だが、全く論理(知恵)に欠けた資料の撒き散らしのみで、当時の、戦国時代世界史背景皆無の、唯我独尊井蛙史観の展開である。とにもかくにも、丸暗記知識を金科玉条と信じ、先人の粗探し(単純作業)のみに狂奔しているのだ(非難のみ得意の鳩山菅直人等と同類)。この知恵無き輩は、撒き散らしてわが身の丸暗記知識力を誇り、「ヒカエオロー」させる意図のようだが、輩が撒き散らした知識を整理整頓すれば、止むに止まれぬ先人の決断が、子供でも導き出せる。これだけの資料を知り得ながら導き出せないのは、知恵無き輩かスパイとの自白である!スパイでないなら、大学生と同じ丸暗記のままの、未完成(表音)知識で、完成(表意・知恵)知識無き者と言える。輩には、表音を咀嚼した表意知識の知恵が、ものの見事に見当たらず、頭隠して尻丸見えなので、スパイとしても失格であろう!

 半藤一利は、己の丸暗記知識を金科玉条と信じ、丸暗記知識にそぐわない人々は罵倒し、加藤陽子は嘲り笑いである。売文スパイ芸者を、歴史探偵や大学院教授などとおだて上げた文芸春秋の、お里が知れる。文芸春秋も最近、伊集院静の持ち上げ扇動多すぎる。ウォンの札束で横っ面をひっぱたかれたか!

 戦国時代隠蔽の、あまりにも幼稚な馬鹿馬鹿しい内容(知識の自慢話)なので、止めようかと思ったが、何とか検証し終えた。こんなもので国民を騙せるほど、国民が幼稚だと思っているのだろうか!唯我独尊極まって、裸の王様である!

資源無き小国日本の戦国時代の弱点

 資源無き小国日本は、不戦が大前提だが、拘泥しての後手では、戦国時代の「兵糧攻めで」必滅。時勢を先読みし機先を制する先手が、適者生存唯一の術。 

 清国属国朝鮮満州進出も、対清国対露西亜(後のソ連)両大国への先手で、戦国の世に、資源無き小国日本がとり得る唯一の術に、従ったに過ぎない。

 先手が術なので、両大国の出方に一喜一憂見極めに奔走苦悩が、戦前日本の姿である。加藤陽子半藤一利のような、平和(善悪)史観で当時を見れば、粗(悪)ばかりなのは当然である。戦時下には、戦国(善悪超えた俯瞰)史観が常識であろう!粗探ししては悦に入っているこの二人は、子供じみて(嘲り笑って)なんとも異様だ!

戦国時代の世界情勢

 弱小国は皆征服され、搾取のみで植民地や弱小国は悲惨を極めた。WW1勝者英・仏敗者ドイツへの仕打ちは、休戦条件「即座の食糧供給」を、休戦後無視、餓死者80万もの犠牲者を出し凄惨を極めた。ソ連共産の党是は「世界征服」で、次々と征服していた。独立国はタイと日本のみとなった。当時の中国は群雄割拠で、共産化中国とソ連が合体しての挟撃の暗雲が、日本をおおっていた。日本の予測通りに、防共の砦陥落(日本敗戦)後、すぐさま中国とソ連が合体して襲った史実は、記憶に新しい!

ABCD包囲網は宣戦布告!日本の人口

 時代対処のため戦国の世に開国し、自給自足(江戸初期1600年1227万人で、121年後の1721年3128万人に倍増したが、以後は、125年間江戸末まで横ばいで、1846年3230万人。横ばいは、間引きがあったと思われる。つまり、これが、当時の日本の、自給自足限界人口。棚田は、日本民族自給自足苦闘の証し!)から輸入加工輸出国に転換、85年で人口倍増(昭和6年1931年6500万人なので、自給自足に後戻りは、二人の内一人が餓死者)。迫る清国とその属国朝鮮、南下する露西亜、そして凶産ソ連と食民治主義連合、そして更に巨大化した黄禍論白人連合との対峙と、まさに未曾有の時代であった。先人はこの死活(負ければ二人の内一人が餓死者)の時代を、一丸で命を懸け、子孫に禍根を残さずと、日清日露大東亜(三倍の人口なので三人の内二人が餓死者)、すべて先憂後楽で対処した。資源無き小国、援軍のあて無き籠城や後手は確実な餓死。全て先手、外地戦は、古今東西小国戦法の、定法である!

 マッカーサー証言「1951年5月3日・彼らが戦争を始めた目的は、大部分が護国(by security)のためだったのです」は、このことを看破した、証言なのだ。ベンブルース等、弁護人の弁護も同類である。

 以下は丸暗記知識のぶちまけ散らかしで、整理整頓整合皆無。輩の解釈は捏造だが、提示資料は検証選別を要するが、使える

第一章広田弘毅

9p半藤太平洋戦争への道のりを考えれば、軍人だけではなくて政治家や外交官も、実際問題として相当責められるて然るべきであるとの思いがじつは強いのです」。

※ソ連は、東京から千キロ余りのウラジオストックに兵力を増員(60万人)し、親ソ派が「ウラジオストック(ロシア語意味は、東方を征服せよ)軍は日本の常備軍全軍を凌駕した」と述べるようになった。堂々と敵意をむき出しにする中国、ソ連、それにアメリカの脅威がありながら日本は中国・ソ連軍の14分の1の陸軍、中規模の空軍、三流の海軍しかなかったのである。

 当時は戦国時代。先に攻めなければ、資源無き小国日本などひとたまりも無い。南下ソ連(130万人)が中国(225万人)を赤化してしまえば、中ソ合体(355万人)となる。25万人の日本軍でどう対処するのだ。戦後合体しすぐさま朝鮮を攻めたではないか!「太平洋戦争」は米軍呼称で、日本人なら、日本が命名の「大東亜戦争」が正しく、正確に内容を捉えている。この東大卒の輩は、歴史を善悪で講釈し、戦争の根源の、真実を隠蔽した物語を勝手に作り、無辜の国民を洗脳する、スパイどもである。

東京裁判と「落日燃ゆ」

14p半藤「広田は絞首刑を宣告されたただ一人の文官で、その死刑は11人の裁判官のうち6対5という際どさで決まったこともあって、当時から同情を寄せる人も少なくなかった――」。

※極悪軍対騙された国民の対立を捏造し、侵略者米軍の矛先をそらし、日本軍に向けるのが米軍占領統治の骨子であった。同情を寄せる人等は、この宣伝に洗脳された人々である。歴史の真実は、前記米英仏中ソ軍に囲まれ、文官も武官も無く軍民一丸であった。東京裁判は勝者が敗者を裁く戦国裁判なので、リンチ裁判は当たり前。

29p半藤「私にはどうしても気に入らないところがある。昭和8年(1933年)に斎藤実内閣の外務大臣になるやいなや、さっそく満州国の建国を擁護した。「国際連盟脱退」に関しても広田は何ら異を唱えません。

※戦国の世の満州の地は、南下ソ連、大国中国に対する砦である。日本人をはじめとしてこれは、当時の世界の常識。知らぬはこの輩のみである。

駐日大使蒋作賓

44p半藤「日中親善の三原則を示した。一つ、相互に完全なる独立を尊重する。二つ、真正の友誼を維持する、三つ目が一切の事件は平和的、外交的手段によって解決すると。しかも、あろうことか排日行為の取り締まりという対日譲歩までが含まれていました。

 南京政府のほうから、せっかくこれだけ折れてきているのに、対する返事がなんと広田三原則(中国側による排日の徹底的取締り満州国の黙認共同防共)。思わず、ああ、と叫びたくなります(笑い)。

加藤凶授「広田三原則はどう考えても、関係を修復させたいという中国側のメッセージを受け止めていないものでした。それは私も同感でした」

※満州事変は張学良(独立派軍閥で当時は南京政府の配下ではない。むしろ敵である)との戦いで、南京政府との戦いではない。「関係を修復させたい」ではなく、張学良排除後も、「真正の友誼を維持する」とあるように、友好路線継続確認が南京政府の本意。半藤・加藤の捏造である。これまでの友好路線継続確認総論、中国三原則に対し、核心論で明確な広田三原則は、戦国の世には当然である。それを笑うとは。なんとも「知恵が無い」、スパイとしてもお粗末この上ない二人である。

45p加藤「日本側がもう少し寛容であるべきでした。蒋介石を大切にして、何らかの、和解のシグナルを中国に出してもよかったと思います」。

半藤「ここは揉めに揉めてきた諸問題を解決して『日中提携』の大チャンスでしたねえ」

加藤「まさに昭和9、10年は好機だったと思います」

※蒋介石翻意(抗日)は、「八・一宣言(1935年8月1日)」で抗日運動が広まり、「西安事件(1936年12月12日)」で蒋介石監禁され、「抗日が条件で釈放」以後のことで、捏造である。スパイ二人の連想誘導洗脳である。

大命降下のいきさつ

48p半藤「この時の陸軍は横暴を極めました。閣僚人事にあれほど横車を入れたのはやっぱり許せません」

52p半藤「陸軍中央部は必ずこう言って文官を脅しました。『私達は承知するが、下の方はどうだろうか』」

※最悪「中ソ合体(355万人)対25万人の日本軍」の可能性のあった戦国時代、最前線の最新現状認識陸軍が、脳天気な文官に活を入れただけのことである。『下の方はどうだろうか』は、『命懸けの最前線の兵はこれでは納得しない』なので、脅しではなく、部下の生死を案じてのことである。半藤の井蛙極まれり!

53p半藤「(日本人は)もともと歴史に何も学ばない民族ですから」

※歴史に何も学ばないのは半藤で、日本民族は中ソ連合阻止に一丸で対処した。半藤は本当に日本人か、検証の必要有り!学んで対処した(防共の砦満州)。砦無き戦後の、中ソ赤化軍侵略(朝鮮戦争)が証拠。

53p半藤「陸軍も海軍も、軍人さんにとってもいちばんいい時代、楽しい時代でした」

※国家存亡の危機時を「楽しい時代」とは、語るに落ちた半藤、狂人との自白である。こういう狂人のみが、NHK御用達なのだ。

「国策の基準」

55p半藤「国策の基準は単に厳しいなんてものじゃありません。真に物騒な内容です。『国防は米国およびロシアを目標とし、併せて支那、英国に備なう』というのですから、仮想敵は世界中に及ぶ。まあ、たしかに陸軍と海軍の予算獲得競争がうしろにあるからこうなってしまったわけですが」

※仮想敵ではない。世界中が占領され、残ったのはタイと日本のみ。世界史無知で、軍隊なんでも悪が半藤の、井蛙洗脳子供騙し史観で、幼稚である。

トラウトマン工作(1937年)不成立の謎

62p加藤「あの時蒋介石が熱を出して寝ていた――」

63p加藤「蒋介石は日本の和平条件を真面目に検討していたのです」

半藤「うーん。そういう話を聞けば聞くほど口惜しいな。せっかくの戦争終結のチャンスを失ってしまったとは」

加藤「ほんとうにあと一歩のところでした」

※なんともまーこの二人の東大スパイは、知恵が無いズッコケスパイである。「1937年9月国共合作②。1937年11月2日トラウトマン工作開始し、石原莞爾不拡大派はドイツの仲介で和平交渉開始したが、近衛声明を発表して38年1月16日打切り」が真相。2ヵ月半も病気にかかっていたと言うのか。年表を見れば子供でもすぐ分かることを平気で嘘をつく、尻丸見えの、頓馬なスパイだ!吹き出してしまう

2につづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/322-35abb7a2

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。