QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観1神道は人間人造の宗教に非ず神社母は地震津波風水火山創造主災害

1神道は人間人造の宗教に非ず神社母は地震津波風水火山創造主災害


 「
日本九九年戦争・資源無き島国日本、適者生存戦国時代唯一の術は、先手あるのみ。後手の本土戦は、兵糧攻めで必滅。露西亜、清国(属国朝鮮)南下阻止が第一義、後手は必滅、先手で打って出た。 

 結果が台湾朝鮮(自立不能で)統治(極東共栄圏樹立着手)、満州建国尽力(凶産の砦)、日中戦争(中国凶産化での中ソ凶産連合阻止)、南京政府樹立尽力(中国凶産化阻止)で極東共栄圏構築。

 日中(反共)戦争で疲労困憊の日本は、戦国の定法弱肉強食、恰好の餌食となった。米英中蘭(ABCD)が兵糧攻め、ハル・ノートで降伏を迫った。出稼ぎ戦争対、日本は死活戦争。極東から大東亜に共栄圏樹立を拡大し、あらん限りに戦ったが、大東亜同胞の、完全覚醒追随まで戦いきれず、矢尽き刀折れ、敗れた。

 がしかし、戦いざまに共振した同胞が、一気に蜂起、独立。1960年の植民地独立付与宣言(互恵)が根幹となり、自由貿易64年開放経済)、平等65年人種差別撤廃を成し、凶産は残ったが、戦争目的は完遂した。弱肉強食の世に、戦後67年間のごとき無能無策の後手日本なら、何もかもが消滅していた。それでも戦後消滅しなかったのは、『身体を筆にし、流れる血と汗と涙でえがいた先人の、人類への遺書』以外、あろうか!

 “戦かわざれば”の平和論があるが、防共の砦日本が去るやいなやすぐさま凶産化、朝鮮戦争惹起したもう一方の真の敵、中ソ凶産連合軍隠蔽スパイの、工作論である。ABCDと“戦かわざれば”の降伏は、防共の砦無き丸裸日本で、中ソ凶産の、恰好の餌食となった。この戦いは、目的も無きただの防御戦。多勢に無勢で、瞬時に最後の独立国日本は潰え、日本族の名を残すのみの、まさに、犬死に無駄死にの戦争となっていた。同胞の、支配者からの独立も無い!新秩序など、当然無い!支配者と、被支配者の地球に成っていた!」

 

アメーバは通常は個体だが適者生存の危機に瀕すると合体し対処

 平常時は別々の単独行動をする単細胞生物変形菌(粘菌)が、ひとたび生存の危機(栄養不足等)に瀕すると集合し、ひとかたまりの集合体(多細胞)となり大きく移動、危機回避を図る(変形菌。粘菌ともいう)。単細胞生物適者生存の術である。種保存の本能の根源、「助け合いの絆」と言える。戦前までの日本は、ニセ共産(凶産カルト)ではなくこの、究極の共産主義(助け合いの絆)で適者生存してきた。「助け合いの絆」を有する唯心同志が一国を成せば良い。中国や韓半島や罪日のバラバラ唯物は、細分国がふさわしい!

物ではなく「助け合い」こそが災害列島日本で生き残る術だった!

 日本がスバラシイとの外国人一時滞在者の書き込みが最近数多だが、どうか、天災の悲惨な歴史なるがゆえに築かれた「一期一会」で、過酷な災害が神社を生み、唯心日本人を生んだことにも目を向けてほしい!所詮生命体は、生きている今が花!見事に花を咲かせて散るのが定め!

 

人間の観念世界の神が宗教現実世界の神が八百万の神

 丸鵜呑みで思索回路無き文系空識者は、神道を人間(人類も生命体の一部に過ぎない)が作った宗教とごちゃ混ぜだが、宗教は、生命体の一部の、人間が作った人造である。神道は災害坩堝列島日本の歴史の中で、先人が「創造主を感じ」、自然発生したもの。人造(宗教)と自然(神道)で、異なる。宗教は人間界の神(教祖)で、生命体の神(創造主)ではない。人間は多種多様なので、宗教も多種多様となり、日本では信教の自由が保障され、仏教、イスラム教、キリスト教等々、よろずの宗教が存在する。日本は神国、宗教国といえる。五穀豊穣安全祈願や成就感謝、生きるための神が八百万の神で、どう生きるか人間の生き方善悪を訓え、死を弔うのが宗教である。日本は、無宗教(人間教)ではなく、無宗派(自然教)!

 

「自然との一体化(神道)」で、自制心や利他心が生じ、助け合いが生まれ、神道となった!

 祭祀は「原始的なもの」ではなく、命ぎりぎりになんどもなんども引き戻され対処し産まれたもので、偶像(仏教等の宗教)などなく、他とは異なる。自然(太陽・空気・水等と生命体)が神で、宗教(人間界)の「言葉や文字」では無く、言葉や文字が無い先祖の時代の伝達方法、「気」が伝える。「気」の共振が「悟り」とか「神託」である。人の道を言葉や文字で説くのが宗教で、生命体の道を琴線共振で伝えるのが神道。「神社(神道)」は宗教に非ず!災害列島日本での、適者生存唯一の術で、共産の極致(助け合い)でもある。

 日本人は何度も何度も我が身一つの生まれたまんまの赤子に引き戻されたが、その都度、究極の共産「助け合い」で生き延びてきた。凶産やコリアンのような拝金(有形)カルト教亡者は生存不可で、自然淘汰された!日本の財産は有形では無い!度重なる天災によってDNAに刻まれた日本人の命の鼓動(生命力)、無形の「助け合い(究極の共産)」が、財産である。日本人の対極が、拝金カルト教(凶産やコリアン)!

真実への道造物主への道
 繰り返される災害の都度、造物主を身近に感たじ先人は、生かされて在ることを悟り、森羅万象を神とした(八百万の神)!

 悲しいにつけうれしいにつけ、願懸け感謝参拝する神社。全国に8万8000社あるといわれている。神社は、正月三が日の初詣参拝者数は9900万人という総務省統計がある。神社は、「日本人のDNAに刻まれている」といっても過言ではないだろう。

日本精神(神道)の根源を成すかんながら(神道)の道を辿ってみよう

「神社」の起源百科事典マイペディア・広辞苑・古語辞典から

山の神

 神社は山の民の山の神が起源。始めは特殊な形の祠や石、三股などを祀った。日本神話イザナギ・イザナミの子大山祇(つみの)神は、山を支配する神、後に海と山両方の神となる。娘が木花開耶姫。注・山から海(船)への足跡である。

石神

 神霊が降臨する石。磐座(いわくら)・磐境(いわさか)や、超自然力をもつという石の信仰は古く自然石を神体とする神社は多い。また陽物に類する石を(しゃくじん)、(さごし)などと呼び、安産性病の治癒、雨乞いなどを祈願する例も各地にみられる。依代(よりしろ)が人間である場合を尸童(よりまし)という。

尸童(よりまし)。

 神霊の依代(よりしろ)としての人間。依座とも。清浄な生活をする童男・童女の場合が多く、祭礼の場合などは着飾って行列の中心となる。また、人間を馬に乗せて尸童とすることもある。いずれも神に魅せられた姿とされる。古くは託宣が尸童の口から語られた。また、童児に限らず、成年男女が立てられたこともあった。

依代(よりしろ)

 神の依りつく物をいう。神霊が降臨して、その意志を伝えるためには憑依(ひょうい)体を必要とするとの信仰に基づく。山、岩石、樹木、御幣、動物、人間などがあてられる。神社では普通、依代を霊代(みたましろ)と呼び、神像、鏡、御幣、石などをあてる。

磐座(いわくら)・磐境(いわさか)

 神社の原始的斎場。自然の岩石、またそれに多少の人工を加えたもので、そこに神を招いてまつった。高天原のそれが天津磐境であり、その岩石が扁平で神座にふさわしいものを磐座という。一説には死者を葬った場所に置いた石が起源であるとされ、降臨石・陽向(ようご)石なども磐座の一種という。今もこの形の神社があり、本殿のないものを普通とする。「日本書紀」によれば、天孫の座を磐座とし、磐境は結界(けっかい)・神境の意となっている。

神籬(ひもろぎ)。

 そこに神霊を招き、祭祀の対象とするために設けられたもの。清浄な地にある常緑樹や清浄な地にサカキ(榊)を立てたものと推察される。

榊・賢木(さかき)

 境(さか)木の意か。ときわ木(常緑樹)の総称。特に神事に用いる木をいう。ツバキ科の常緑小高木。葉は厚い革質、深緑色で光沢がある。古来神木として枝葉は神に供した。ヒサカキも同様に用いる。古くはシキミなども含めてサカキといったらしい。(注・佐賀の神社にはクスノキ(クスノキ科の常緑高木)の巨木が実に数多だ。最初の榊は、ときわ木(常緑樹)の、クスノキではなかったか)

祠・叢祠(ほこら)

 ホクラ(神庫)の転。神をまつる小やしろ。

(やしろ)。

 百科事典:天神地祇を鎮祭する殿舎。語源的には屋代であり、斎場をもって殿舎に代える意。

 古語辞典:神が来臨する所。古代では、地を清め臨時に小屋などを設けて、神を迎えたという。

 広辞苑:屋代(やしろ)の意。神籬(ひもろぎ)を神霊の来臨する屋の代わりとする意。神の降下する所。神をいわい祭った斎場。後世、神社。

神社

 磐座(いわくら)・磐境(いわさか)のような神聖な場所に、神籬(ひもろぎ)を設けて神をまつったものと考えられる。春の豊年祈念と、秋の収穫感謝の祭りが中心であった。八百万の神々の降臨の場が、神社といえる。

古墳時代

 弥生時代についで、ほぼ三世紀末(卑弥呼、壹與のすぐ後の時代に該当)から七世紀に至る。ただし、土盛りした墓は弥生時代に始まり、古墳時代以降も存続。

神社建築

 神を祭るための建築で、本殿、拝殿、舞殿、祝詞舎(のりとや)、鳥居などからなる。磐座(いわくら)・磐境(いわさか)・神籬(ひもろぎ)を前身とし、おそくとも古墳時代(三世紀末)には存在したと考えられる。

 

日本人の起源は山の民海の民水稲の民「幸」採り尽くさずの唯心で、採り尽くす唯物ではない!

 7万年~1万年前の氷河時代最後の氷期に、大陸からナウマン象を追い氷河を渡り、後期旧石器人、モンゴロイドが渡来し海や山の民として定着。後に船が発明され、山の民から別れ、あま(海)の民として日本海海洋文化圏を築く。一方船を発明した南方のモンゴロイドも、陸伝い島伝いに北上し渡来、揚子江河畔の船を発明したモンゴロイドも渡来し、在来のモンゴロイド(山の民、海の民)と融合した。モンゴロイド海洋文明圏を築いたあま(海)人、そして水稲文明圏を築いたあま(天)人。かれらが日本人の先祖と言える。耽羅(済州島)や半島南の祖先でもある。

山の神(山の幸創造主)誕生

 狩猟採取(山や海辺)の民が獲物を追い求めて辿りつき定住した日本、狩猟採取定住で山の神誕生。

現代に残る山の神起源「マタギ」

 マタギは、東北地方・北海道で古い方法を用いて集団で狩猟を行う狩猟者集団。一般にはクマ獲り猟師として知られるが獲物はクマだけではない、山の幸採取者。古くは山立(やまだち)といった。特に青森県と秋田県のマタギが有名である。唯物狩猟者(ハンター)とは異なる。

 食料(狩猟採取)尽きれば命は尽きる。獲り尽さずの共存共栄が山の神(山の幸)崇拝起源。現代に残る神社(創造主信仰)起源マタギの狩は、創造主(神社)の許可を得て採り尽さずの狩で採取。

海の神(海の幸創造主)誕生

3万5千年前渡海船発明

日本最古の黒曜石発見遺跡と産地

 日本最古の黒曜石は、3万5千年前頃の武蔵野台台地の旧石器時代遺跡から出土。和田峠、箱根が主体で、神津島産が少量混在している。神津島は下田から南南東60キロにある黒曜石産地の島、現在の水深200mで、当時以来、本土とは繋がってはいない。

 5千年前頃の縄文中期には、能登半島伊勢湾等2百キロ圏まで、分布を拡大した。北海道白滝産黒曜石は、アムール川下流マラヤガニ遺跡、サハリン州サバトナヤ遺跡、新潟県で出土。佐賀県腰岳産は5千年前頃の韓半島南海岸金海の水佳里貝塚や釜山の東三洞貝塚(7500年前から3500年前)で出土。

ヨーロッパの渡海船発明1万2千年前

 ちなみにヨーロッパでは、南ギリシャ、フランキティ洞窟、1万2千年前頃の中石器の層から発掘された黒曜石が、2千キロ離れたエーゲ海のミロス島産とされ、世界最古の「海上交通」の始まりとされていた。(「遥かなる海上の道」2002小田静夫著青春出版)

 この渡海船の発明で、海の民が文明を伝播し日本海海洋文化圏を築き、沿岸各地に分散定住し、下記のような文明を相互伝播した。韓半島南等の古代遺物が、日本と共通が証である。

日本列島最古の土器

 日本列島最古の土器は、青森県大平山元I遺跡や茨城県後野遺跡(うしろの)・神奈川県寺尾遺跡などから出土した文様のない無文土器である。大平山元I遺跡(おおだいやまもといちいせき・青森県外ケ浜町字蟹田大平山元)は、陸奥湾に注ぐ蟹田川左岸の標高約25mの河岸段丘上に所在する、縄文時代草創期の遺跡である。この遺跡から発掘された縄文土器に付着した炭化物のAMS法による放射性炭素年代測定法の算定で16500年前(暦年較正年代法による)とされている。

 大平山元I遺跡から蟹田川(津軽線)に沿って下り4Kmで蟹田。蟹田から陸奥湾沿いを真南に23Km南下すると、今から約5500年前~4000年前の縄文時代の集落跡、長期間にわたって定住生活が営まれていた三内丸山遺跡(県西部の青森市)に至る。

山から海(船)へ、先人は渡海用船の発明で行動範囲を広げた。

 板子一枚下は地獄の海の民航海は当然、寄港地それぞれに航海安全海の幸祈願の海の神を産んだ。

 古くから黒曜石日本を中心とした海洋文化圏として中国揚子江、朝鮮半島南(百済、新羅、任那)、耽羅(たんら、済州島)、南西諸島、五島列島、対馬、壱岐、九州(南方文化)、島根(出雲)、隠岐、能登、佐渡、新潟(越)、瀬戸内海、黒潮ルートの尾鷲が存在し、文化を共有する地中海文明と同様の海洋人がいた。中でも、出雲大社として今に残る出雲が寄港地として栄え発展した。

 黒曜石の伝播が、海洋文化圏の隆盛を促進し、あま(海)の道が、米の伝播を促進した。古代日本、あま(海)の民は日本海を制し自由に航海、大陸や半島沿岸に黒曜石文明を伝播、居住した。九州の黒曜石が沖縄本島(佐賀県の腰岳や、朝鮮半島南部釜山広域市影島区(ヨンドグ)にある東三洞(トンサンドン)貝塚(佐賀県の腰岳、大分県姫島で、隠岐と脇本(秋田県)産の黒曜石が、ロシアの沿海州で、確認されている。黒曜石研究の動向
 

人類創生の古代からあま(海)の民日本海洋民が支配していた海

三国史記巻第二新羅本紀第二

 12(西暦295)年春に、王が臣下に向かって「倭人が、しばしば我が領土を侵して来るので、・・・一時海を渡って行って、その国(倭国)を討ちたいが、皆の意見はいかがか?」

 これに対して、弘権が「我々は海戦に不慣れでございます。冒険的な遠征をすれば、不測の危険があることを恐れます。――」

 王はこれを聞いて「それもそうだ」といいました。

韓半島住人は、海洋民を倭寇と呼称し、自らは海洋民でないことを自白している。日本海呼称は、海洋文化圏を築いたあま(海)の民日本の、由緒ある名称である。由来無き東海朝鮮海などではない。 

 

 文明の伝播は地中海文明や、大航海が示すように、海路がはるかに速い。北方民族が陸路最南端の地に辿り着き、文明を開いたので無いことは、南下途中の継続文明皆無や、同時期発祥の共通文明で証明済み。古代の朝鮮半島南部人は、中国と日本の海洋民族が祖先であることは明白である。

 完成した北部九州の団体作業水稲耕作技術は、海洋人を経て朝鮮半島南、耽羅(たんら)(済州島)に同時に伝播し、百済、新羅、伽耶諸国、耽羅(済州島は火山島なので畑作中心だが、海洋人の寄港地として栄えた)国が生まれた。朝鮮北方には皆無の、半島南のみに限定された日本と同様の文化は、日本と百済、新羅、任那が同一文化圏を物語り、海洋民日本の、支配下にあったことを証明している。百済人、新羅人、任那人は、現代の東北人、名古屋人、大阪人のような地域呼称で、三韓と耽羅の基礎民族は朝鮮人ではなく海洋民の倭人。したがって桓武天皇(737~806)の母(母は土師真妹)の父(百済系氏族の和之継)は、百済地方出身の日本人で、北方民族と日本人が混血した、現代の朝鮮人ではない。

 

黒曜石で日本海を制した先人は海洋の民

 海洋の民は水稲も海洋民伝播領域にほとんど同時に伝えた。適期を逃さず作業を終えなければ成らない水稲耕作は共同作業「共産と絆と集団と争い」を産んだ。

 これまでの自給自足狩猟採取移動の生活を、稲の水稲栽培、これがすべてを一変させた。水田作り、水路作りは集団が協力しないと出来ない。田起こし、代掻き、田植え等々季節が過ぎないうちに済ませないと駄目な作業ばかりなので、集団が協力して作業に当たった。結果集団で住むようになり、大量生産、仕事の分業化が始まり、物づくりの技術が一気に進んだ。中国から農耕具の青銅器や鉄器も輸入し使用した。さらなる開墾や用水の管理などに大規模な労働力が必要とされ、集団の大型化が進行した。大型化した集団同士の間には、富や耕作地、水利権などをめぐって戦いが発生した。このような争いを通じた集団の統合・上下関係の進展の結果、やがて各地に小さなクニが生まれ、この頃以降の日本は、大陸からは倭と呼ばれた。稲の水稲栽培が百余国(国と言うより最初は水稲栽培共産集団)を造ったといえる。

史書に残る日本海洋民の類似痕跡

『三国志魏書』馬韓伝(三國志卷三十 魏書三十 東夷傳 馬韓)

「常以五月下種訖 祭鬼神 群聚歌舞 飲酒晝夜無休。 其舞 數十人倶起相隨 踏地低昂 手足相應 節奏有似鐸舞。 十月農功畢 亦復如之。 信鬼神 國邑各立一人主祭天神 名之天君。 又諸國各有別邑 名之為蘇塗 立大木 縣鈴鼓 事鬼神」

 「常に五月を以って下種(種まき)を訖(お)え、鬼神を祭り、群衆歌舞・飲酒すること昼夜休み無し。その舞数十人、倶に起ちて相したがいて低く昂(たか)く地を踏み、手足、節奏(拍子)に相応じ、鐸舞に似るあり。十月、農功(農作業)を畢(お)えまたこの如し。鬼神を信じ、国邑各一人を立て天神を主祭す、この名を天君という。また諸国各別邑あり、この名を蘇塗となす。大木を立てて鈴・鼓を懸け、鬼神に事(つか)える」

 このように韓半島馬韓にも、神社形態が黒曜石陸稲水稲甕棺墓などともに伝播したが、後に遺跡破壊民族となったため、残っていない。

水稲(食料)栽培が人口を増加した

 TPP論争に欠けているもの。生命体はおしなべて衣食住ではなく、食衣住。世界が食糧危機に陥った場合、自国優先は当然で、輸出せずは当たり前、余してもいいから、食料確保自給自足は国の根幹。縄文中期から食糧不足が始まり、人口が、縄文晩期には1/3に激減し、水稲栽培黎明期弥生時代には8倍に増加し、確立の奈良時代には、60倍に増加している。水稲(食料)が日本隆盛起因は一目瞭然である。

人口の推移

縄文早期(8100B.P)20.400人

縄文前期(5200B.P)105.500人

縄文中期(4300B.P)261.300人

縄文後期(3300B.P)160.300

縄文晩期(2900B.P)75.800

弥生時代(1800B.P)594.900

奈良時代(725)4512.200

 

限定季節内の同時作業が水稲耕作である。水稲に不可欠の灌漑用水争乱は当然頻発し、天候頼みの水稲は天候に左右された。

史書に残る「水」争いと「祭司卑弥呼」

BC91年「漢書地理志」に、「夫楽浪海中有倭人 分為百余国 以歳時来献見云」と記載。

「後漢書東夷列伝」。

 国(武装国家)と言うより水稲栽培共産集団が正当

147~188年に、「桓・霊の間、倭国大いに乱れ、更〃相攻伐し、歴年王無し」と記載。

 水稲に不可欠な、「水争い」と推察できる。

238年(景初二年)魏志倭人伝、卑弥呼、大夫難升米等を魏に派遣。親魏倭王となる。

 水稲の母なる川、嘉瀬川を上(神)に遡り、上(神)雷山に至り、上(神)=天(日)八百万の神(創造主)とつきとめ、灌漑用水権争乱を、祭司(卑弥呼=上の使者)に委ねることで解決したと、推察できる(後述)。

 

灌漑用水騒乱の「水」や「天候」の源を「なぜどうしてと」思索、上(神)を探して川を遡った。卑弥呼の時代。

 前述のように驚異的に発展したが、と同時に平地耕作なので、災害による瞬時に全喪失(稲も住居も財産も家族も)の悲劇も産んだ。天災の台風は毎年襲ってきた。そして水稲栽培に不可欠なのは日と水。先人は佐賀平野の豊饒と破壊を産む、嘉瀬川の根源を探して上(かみ・神)へさかのぼり、上(かみ・神)の根源雷山(953.3m)が水源の山頂に至り仰ぎ見た。そして、上(かみ)の根源は天にあると、認識。海・雨・日・天が融合し、再び神(八百万の神・創造主)を感じ、再認識した瞬間である。以後、祭司(卑弥呼=上の使者)に委ねることで、争乱は回避し、災害無きよう祈願した。当然このことは海洋民によって、韓半島南部はもとより、日本列島くまなく、タイムラグ無く伝播され、神社単位の集団(国)が形成された。神社(八百万の神・創造主)形態日本の始まりである。以後水稲耕作の基幹をなす神社信仰は、海洋民によって瞬く間に伝播され、それまでの銅矛銅鐸信仰を一掃、取って代わったと推察できる。2につづく⇒

No title
はじめまして真実史観さんの、博識とお考えの深さに感動しました。
ねずきちのひとりごとへの批判記事が「日心Oを糺す会」http://blog.livedoor.jp/t6699/
このブログにあるので、よろしかったら、見に来てください。
[ 2012/01/09 17:12 ] [ 編集 ]
No title
pegasus2011 さんへ
 「日心Oを糺す会」は、ブログランキングのような鵜呑み浅慮マンセーではなく、談論風発深慮沸騰ブログですね。「nezu621と非心会」は反面教師です。無辜の同胞が、同じ轍を二度と踏まぬよう、皆さんのように、徹底的に手口を暴くのが肝心。これは失敗だで振り向かなければ、失敗ですが、なぜ失敗かと向き合って、非情のメスで切断し、「学ぶ」ことで飛躍的に進歩します。人類は皆そうしてきたので、今があります。善いとこ盗りマスコミは成功談しか放送しませんが、成功は氷山のほんの一角、底辺には、膨大な失敗と、汗と涙があるのです。現代の互恵平和を築いた先人のような・・・。
[ 2012/01/10 08:37 ] [ 編集 ]
No title
真実史観様

正直言うと、貴ブログは、私にはずいぶん難しくて、なかなか読みこなせないのですが、素晴らしいことは、わかります。まさに「真実」にふさわしいと思うと同時に、この世には「うそやまやかし」をやる人ばかりではなく、こういう方がいらっしゃることに希望を感じました。

私は、「ねずきちのひとりごと」に、味方して世の中を騒がせたことを、どうやって償えばいいか、日夜、反省しているHN”http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2581%258B%25E3%2581%2590%25E3%2582%2584/" class="keyword">かぐやひめ”です。

初めて「おかしいな?」と感じた時は、背後に何かものすごい大きいものがあると、感じました。徐々に徐々に、その正体が見えてくると・・・これこそ、戦後日本を食い物にした何かだと思うようになりました。

この前の「青葉慈蔵尊」の話については、私は「改ざん部分」に憤りを感じましたが、知人が「そもそも作り話だよ」と、真実史観さんを教えてくれました。
あれが、まさに「従軍慰安婦」と言われる人々と相似であるとまで見抜かれた貴方の炯眼には、本当に恐れ入りました。すごいです。

どうか、お近づきにならせてください。ながく、ご指導いただきたいです。
[ 2012/01/11 23:58 ] [ 編集 ]
No title
[ 2012/01/12 06:33 ] [ 編集 ]
No title
「神戸だいすき」というブログを書いています。TBさせていただきたいと思いましたが、やり方がわかりません。
[ 2012/01/12 06:36 ] [ 編集 ]
No title
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2581%258B%25E3%2581%2590%25E3%2582%2584/" class="keyword">かぐやひめさんへ
 「ずいぶん難しくて」は、YTさんからも、専門的と、同様指摘有り。戦後日本凋落の元凶、丸暗記鵜呑み「日本軍極悪侵略者」の如く、始めに「ワンフレーズ」有りきではなく、「なぜどうして」から導き出された「ワンフレーズ」にせんがための過程なので、少々お待ちください。

 信頼者(言葉と文字界)の裏切りに気付いた時点での、相手への憤りと自己嫌悪は、フジ11日夜放送「浮気現場突撃」の、当事者と同類です。真実史観も06年当事者、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2581%258B%25E3%2581%2590%25E3%2582%2584/" class="keyword">かぐやひめさんやそよ風さんの「語るだけでは何も変わらない、私達は行動します」は、身に滲みて同感。
 「内部告発」は両刃(相手も自分も切る)の剣で、滅多に抜けるものではない。日本人http://www.iza.ne.jp/izaword/word/DNA/" class="keyword">DNAに刻まれた「天道」に基づき、内部告発して知らしめ、無辜の同胞を救った、充分過ぎる日本人(唯心)ではないですか、“http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2581%258B%25E3%2581%2590%25E3%2582%2584/" class="keyword">かぐやひめ”さんは。自己嫌悪する必要など、全く無し!
 「なぜどうして」思考を「丸暗記」で淘汰し、国民を「丸鵜呑みオウム返しの愚民化」が戦後教育。愚民は、「ご利益がある(我欲唯物宗教)」や、日教組や、赤軍派等の「宗教ごっこ・凶産ごっこ」に群がった。「戦後日本を食い物にした」元凶は「言葉と文字界」です。

 「炯眼」などという大げさなものではなく、日本教育界が戦後淘汰した、「なぜどうして」で考えれば、誰でもが辿り着くものです。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2581%258B%25E3%2581%2590%25E3%2582%2584/" class="keyword">かぐやひめさんも看破のように、あの矜持皆無オベンチャラブログは、日本人太鼓持ちですら恥ずかしくて書けない、特異文。一見多そうに見えますが、腹話術師(鼠吉と非心)のばら撒きのみで、留まる者が少ない一過性。真の覚醒者のほとんどは、「知人が『そもそも作り話だよ』」の方のように、ワンフレーズランキングなどには留まらず、先へ先へと進んで振り向きません。

 戦後の学者の中身は、ただの丸暗記屋で、中古千円の電子辞書には到底及ばず。偽学者押し付けの学ぶ(丸鵜呑み)偽日本史ではなく、考え、「国民思索の日本史」を子孫に遺すのが、現生子孫の使命です。指導を受けるの押し付け(丸暗記鵜呑み)ではなく、「立派な先人から授かった子孫の頭脳でなぜどうしてと考える」ことが、肝腎の要。真実史観の「適者生存史」は、氾濫「ワンフレーズ」詳細版。紐解く鍵となれば幸いです。
[ 2012/01/12 15:03 ] [ 編集 ]
No title
pegasus2011 さんへ
 TBは最下部「このブログエントリのトラックバック用URL:」コピペですが、犯日アラシの多いhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B6/" class="keyword">イザ、トラブル多発なので、再挑戦してみてください。TB&コメントは、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B6/" class="keyword">イザ開始当初から許可済みです。
[ 2012/01/12 15:11 ] [ 編集 ]
No title
お返事ありがとうございました。
いままでの、つらい気持ちが吹っ飛びました。

私も戦後教育で育ちましたが、日教組の教諭も「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25A4%25A9%25E7%259A%2587/" class="keyword">天皇はいらない」と言うのが精いっぱいで、それ以上のことは教えませんでした。歴史は大正時代までで、日韓併合さえ習いません。

ところが、1980年の近隣諸国条約でしたっけ、宮沢とhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%2588%25B4%25E6%259C%25A8%25E5%2596%2584%25E5%25B9%25B8/" class="keyword">鈴木善幸以来、教科書が大変なことになっていました。
当時、塾の先生をしていて、日本の子どもたちがどれほど傷ついたか目の当たりにしました。
私の若いころの裁判は「家永裁判」で、教科書問題は正反対の問題でしたから、最初は、何が起こっているのか、わけがわかりませんでした。やがて、こどもたちの教科書と日教組が何をしたか、わかってくるといてもたってもいられなくなりました。

しかし、一番の問題は、いま、学校がどうなっているか、大人たちは知らない。
大人の中にも戦後左翼教育が常識になっている。
このふたつのために、もしも声高に大東亜戦争の評価を中央に戻そうとしたら、それだけで、「頭がおかしい、日本は悪いことしたんだよ」と言い返される空気を感じるのです。

そういう孤独感の中で「大東亜戦争善玉論」に、出会った私は、まったく無知であったために、ころりとひっかかりました。

[ 2012/01/13 06:29 ] [ 編集 ]
No title
そもそも歴史の真実を知らないから、思いはあっても言えない、知識不足。
現在の社会が、どういう罠に満ちているかにも、無知でした。

ただ、まっとうな考えを述べただけで、悪辣な汚い罠で、組織から追い出され・・・その時には、本当に、信じてついて来たおじさん(実は誘拐犯)に邪魔にされてすてられた女の子が、「おじさんは?どこ?」と、探すようなありさまでした。

「おかしい!」でも、何がおかしいのかわからない。
何がおかしいのか知りたい。ちょこっと知りたい気持ちを見せただけで「殺されたらどうするのですか?」という親切ごかしの脅迫を、受け、ますます闇の深さを知りました。

仲間から、「ここで、逃げたから戦後の日本はくいものにされたんだろ?いいのか?それでも、逃げるのか?」と、問われ、必死で立っていたのが本当のところです。
だって・・・そういう予定はなかったですもの。
子どもたちの健やかな育ちのために、日本悪者論を許してはいけない、正しい歴史を教えなければならないと、考えただけだったのです。
[ 2012/01/13 06:30 ] [ 編集 ]
No title
真実史観さんが、はるか前から、事実を見つめて、しかも、書く作業をされていたことを尊敬しています。

いまはね、少しだけ読んだあなたの記事を頭の中で熟成しているのです。
脳の回路が、いままでのままでは、理解できないからです。

地域で神話の話をすると80歳の方々が「知らなかった、また聞かせてね」というので、「ここまでひどいことになっていたのか!」と、ショックを受け、現在「海幸彦山幸彦」を紙芝居にする作業を始めました。

ここに、日本列島にさまざまな民族がわたってきて、それぞれにすみ分けた、そして、摩擦をおこさないようにそれぞれを活かした日本列島の歴史が見えると思うからです。

どうやら、漁労採取民族の時代から、水田耕作になり農耕民族が覇権を握った物語のように思いますが、これでいいでしょうか?

神話の存在すら知らない人々に「天孫降臨」は、いきなりは無理かと思います。
[ 2012/01/13 06:31 ] [ 編集 ]
No title
pegasus2011 さんへ
 覚醒途上の、嘘偽りの無い赤裸々な気持ちがつづられており、6年前の、白紙だった頃を思い出しました。
 ランキングの数字に幻惑され、自らの思考を失ったのが原因のようですね。ちなみに当ブログの読者数は、昨年末で(706,754)、昨日12日までに(713,016)なので、521人/1日。お気に入りは、プラス39の増加で3,518。目先(ランキング)に惑わされず、戦後教育で淘汰された賢者の思考(ワンフレーズ丸暗記鵜呑みではなく、筋道立てて考える子孫の思考)を取り戻すのが、肝腎なのです。
 「太平洋戦争・傀儡国家満州等呼称者」は、丸暗記鵜呑み知恵無き者との自白。検証すれば分かりますが、輩は「左翼」などという「甘い者」ではなく、底の浅い鵜呑み屋「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2588/" class="keyword">カルト教捏造屋」です。
 知恵者は除外の、戦後丸暗記教育で、文系の知恵ある賢者は淘汰され、現実界では役立たずの、文系丸暗記のみが取り柄の落伍者が、舵を取っている。これが、今の日本の現状です。
 「古今東西、どの人類も、負けると分かった戦争などはしていません」。丸暗記を一旦リセットし、これまで生きてきた現実界の常識をhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25BE%2585%25E9%2587%259D%25E7%259B%25A4/" class="keyword">羅針盤にして、「なぜどうして」と遡れば、昭和http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25A4%25A9%25E7%259A%2587/" class="keyword">天皇や東條英機や国民の本意が、おのずと現出します。
 「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25A5%259E%25E8%25A9%25B1/" class="keyword">神話、神社、銅鏡、銅矛、銅鐸」等は、第一目的優先のため、先送りとなり、各部門、詳細未検証部分が多いのですが、本道からは外れていません。
 http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25A5%259E%25E8%25A9%25B1/" class="keyword">神話は、ただ丸暗記鵜呑み勉強するのではなく、「なぜ神話が生まれたか、どうして必要だったか」から検証し、現実の歴史(考古学や文献)と併用、紐解くのが、現代http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25B5%2581/" class="keyword">流、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25A5%259E%25E8%25A9%25B1/" class="keyword">神話解読の正道なのだが、これも現在は、後回しとなっている。
[ 2012/01/13 13:02 ] [ 編集 ]
No title
ネットには、得体のしれない情報もたくさん入っています。
私が、一番不快に感じたのは「明治http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25A4%25A9%25E7%259A%2587/" class="keyword">天皇すりかえ説」です。
あの超有名人が全部そろったとされる写真は、どうも、いんちきのようですが、確かに、孝明天皇と、明治大帝の間には大きな差異がある気がします。

それと、明治維新に、世界支配をもくろむ外国勢力(俗に言うユダヤ)が、政治の中枢や、日本の貴族社会に入り込んで、政治の方向をミスhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2589/" class="keyword">リードした(特に、日韓併合は、本来あるべきではなく、もっと違う形であるべきだったのではと思うのです)のではないかと思っていますが、真実史観さんなら、きっと、どこかにお書きになっているでしょう。検索方法を教えてください。

もうひとつ、いつも思考停止になるのは山本五十六の人物評です。
[ 2012/01/15 20:57 ] [ 編集 ]
No title
pegasus2011 さんへ
歴史に「たら・れば」はないが、学ぶことは出来ます。
 朝鮮併合が、pegasus2011 さんの負い目なのですか?当時は戦国時代、弱小国朝鮮、最良の選択でした。真実史観は30年前、何度も感謝の声を聞きました。日本統治が終わった戦後の同族殺しは、李朝差別撤廃日本が去ったからです。罪日も李朝差別が原因です。詳細は下記参照。
 亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次
 http://sinzitusikan.http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25EF%25BD%2589%25EF%25BD%259A%25EF%25BD%2581/" class="keyword">iza.ne.jp/blog/entry/842858/
3中国朝鮮は先人に回帰
贋半島と罪日は一進会に学べ
 1真実史観検証贋半島偽中国罪日愚民化政策隠蔽用対日戦時下日本極悪捏造教育
 1朝鮮南は日本海洋文化圏の一部米の伝播が解明捏造の古代日本史
 強制連行や差別で悲惨と在日正体犯日泣き売賎民行為で出自白状無恥人
 皆戦争反対だが戦国の戦は自衛ウヨ発言泣き売は工作員か判別回路欠損人
 Ⅰ毛皮が語るペクチョン・えた白丁在日差別自白朝鮮ルーツは水稲…
 1癌半島罪在日李朝差別実態元凶族譜破壊無き犯日には脱亜論が日…
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25B8%2588%25E5%25B7%259E%25E5%25B3%25B6/" class="keyword">済州島出自はこれを読み立派なご先祖に学べ
 1四三事件凶産蜂起は捏造さい州島血が汚れるの朝鮮浄化殲滅軍対耽…

「“真実史観” “ユダヤ”」で検索。
 1八紘一宇世界同胞主義樋口季一郎安江仙江犬塚惟重すぎはらちうねとユダヤ人
 http://sinzitusikan.http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25EF%25BD%2589%25EF%25BD%259A%25EF%25BD%2581/" class="keyword">iza.ne.jp/blog/entry/897316/
「“真実史観” “山本五十六”」で検索。
 1小国日本適者生存の術は共栄圏神道敬天愛人と孫文が一致大アジア主義
 http://sinzitusikan.http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25EF%25BD%2589%25EF%25BD%259A%25EF%25BD%2581/" class="keyword">iza.ne.jp/blog/entry/2351670/
 左派革新自虐史観は捏造隠蔽目的の美化真実は捏造屋詐欺師捏造史観だ憤れ!
 http://sinzitusikan.http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25EF%25BD%2589%25EF%25BD%259A%25EF%25BD%2581/" class="keyword">iza.ne.jp/blog/entry/2492065/
[ 2012/01/16 02:42 ] [ 編集 ]
No title
とくに大東亜戦争の経緯は、まったくわかりません。全然習ってないし、つらくて、あまり本も読みません。これから、つらいけど、お勉強させていただきます。

私は、[あの戦争をすべきでなかった」と、今の時代において、無事な身の上で言う人が許せません。そういう、御託をならべられるのも、あの方々が、国のために命を投げ出して下さったからではありませんか。

日韓併合をするべきでなかったと思うのは、あんなに内地を疲弊させてまで、半島に入れ込んでやらなくてもよかったのではないかと思うのです。
感謝も何も知らない民族に、やり過ぎたと思います。
[ 2012/01/17 23:36 ] [ 編集 ]
No title
pegasus2011 さんへ
 「大東亜戦争の経緯は」、戦後、東大京大等やマスコミが隠蔽し、洗脳したので、「まったくわかりません」は、当然です。真実史観も、6年前は同様です。
 国民は真実を隠蔽され、真逆に捏造されたため、受動戦争なのに、「あの戦争をすべきでなかった」の能動となり、信じた。兵糧攻め(http://www.iza.ne.jp/izaword/word/ABC/" class="keyword">ABCD)と降伏要求書(http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%258F%25E3%2583%25AB/" class="keyword">ハルノート)は、宣戦布告です。「あの戦争(受動戦争)をすべきでなかった」なら、信じてついて来た同胞(日本、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE/" class="keyword">台湾、南洋諸島、朝鮮、満州、汪兆銘南京政府、大東亜諸国)への痛烈な裏切りで、見捨てての受動戦争降伏は、子孫の、「未来永劫の恥」として残ったでしょう。
 当時の韓半島は、日本侵略最良ルート。韓半島が、侵略者(清国や露西亜)の手先になれば、日本の喉元に匕首となるので、押さえた。
 洗脳解凍は、「この辺、難しいです。予備知識なしには、よみきれません」への、回答コメント参照。
[ 2012/01/18 11:26 ] [ 編集 ]
No title
はじめまして
真実追求への精神非常に参考とさせていただいております。
某ブログの捏造記事それを事実を持って撃破したいと思っております。
とりあえずご挨拶まで。
[ 2012/01/18 21:37 ] [ 編集 ]
No title
pegasus2011 さん へ
 「それと、明治維新に、世界支配をもくろむ外国勢力(俗に言うユダヤ)が、政治の中枢や、日本の貴族社会に入り込んで、政治の方向をミスhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2589/" class="keyword">リードした(特に、日韓併合は、本来あるべきではなく、もっと違う形であるべきだったのではと思うのです)のではないかと思っていますが」についての回答。

トンデモナイこじつけが蔓延していたのですねー(丸暗記鵜呑みの戦後教育が元凶)!
 大戦になると「迫害」されてきたのがユダヤ人の歴史で、世界平和がユダヤ民族安泰の第一原則。「大戦防止の火消しには即行動(アメリカの軍事介入)」するが、「大戦の付け火(自殺)」は断じて、無い!ブログ散見の「ユダヤ金融資本が平和破壊」は、浅学無検証隠蔽目的扇動屋の、こじつけ集金道具に過ぎない!
 http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国やhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258C%2597%25E6%259C%259D%25E9%25AE%25AE/" class="keyword">北朝鮮や罪日の犯日行動起因は、「仮想敵国日本として非難」で「自国民を懐柔」し、「李朝差別・同族殺し」を隠蔽しての洗脳「ニセ愛国団結」目的。これを知らない無検証偽愛国団か、ユダヤ人へ責任転嫁し責任逃れを図る朝鮮工作員が、無理にこじつけたのが「ユダヤ金融資本が平和破壊論」と言う、根も葉もないこじつけ論(無思索かスパイ自白)である。
 ユダヤ人は団結している。真の団結は唯心(公)でないと出来得ない、崇高な行動(シオニズム・ユダヤ人の祖国回復運動)!
 朝鮮も罪日も、ユダヤ人や日本人のような、真の団結(唯心)であったなら、愚かな同族殺し(李朝差別、四・三・虐殺、保導連盟事件、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%259C%259D%25E9%25AE%25AE%25E6%2588%25A6%25E4%25BA%2589/" class="keyword">朝鮮戦争等)など無く、当の昔に統一されていた。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国やその属国朝鮮は、唯物民族で異なる。
 「検証無き扇動ブログ」には、騙されないようにしましょう。
[ 2012/02/17 08:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/301-6601d900

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。