QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観NHKついに人肉食まで放送し御先祖様愚弄受信料不払いで褒めちぎろう


HKついに人肉食まで放送し御先祖様愚弄受信料不払いで褒めちぎろう


 「
日本九九年戦争・資源無き島国日本、適者生存戦国時代唯一の術は、先手あるのみ。後手の本土戦は、兵糧攻めで必滅。露西亜、清国(属国朝鮮)南下阻止が第一義、先手で打って出た。

 結果が台湾朝鮮統治(極東共栄圏樹立着手)、満州建国幇助(凶産の砦)、日中戦争(中国凶産化での中ソ凶産連合阻止)、南京政府樹立幇助(中国凶産化阻止)で極東共栄圏構築。

 日中(反共)戦争で疲労困憊の日本は、戦国の定法弱肉強食、恰好の餌食となった。米(A)・英(B)・中(C)・蘭(D)が兵糧攻め、ハル・ノートで降伏を迫った。出稼ぎ戦争対、日本は死活戦争。極東から大東亜に共栄圏樹立を拡大し、あらん限りに戦ったが、矢尽き刀折れ、敗れた。

 がしかし、戦いざまに共振した同胞が、一気に蜂起、独立。1960年、人類初の新秩序、植民地独立付与宣言(互恵・平等・自由貿易)を成し、凶産は残ったが、戦争目的は完遂した。弱肉強食の世に、無能無策の後手日本なら、何もかもが消滅していた」

 

 NHKついに人肉食まで持ち出しご先祖非難。自己崩壊へまっしぐら。生命体(動植物)は生命体(動植物)を食しなければ、水と塩(非生命体)のみでは生存不可能。極限下の共食いは種を強いものに託そうとする本能(種の保存)で、現在の生物は、そうしたことを皆経てきたから現存している(蟷螂の雌のオス食い等)!別に驚くことではない。驚いた人は、生命体の現実を知らない無辜の無知人で、温室界住人(親か夫の傘の中か、教授、教職、背広組公務員、実技無き文系)である!

 NHKは人肉まで食べた日本軍と洗脳することで、ご先祖を貶めたいようだ。

NHKの「人肉食った日本兵」表現に捏造疑惑 NHKは否定

NEWS ポストセブン 9月5日(月)7時5分配信より転載

 

NHKは年間7000億円近い受信料を集める世界最大規模の放送局である。それでも飽き足らず、ワンセグ携帯やテレビ視聴できるパソコンからも受信料を取ろうとする。さすが資金も潤沢で、社員の給料、福利厚生は日本企業のトップレベルである。ならば、それに見合った番組と、高いモラルを見せてもらいたい。社を挙げて取り組む「国家的プロジェクト」に浮上した重大疑惑に、天下の公共放送はどう答えるか。

 

まずは、疑惑の放送内容を紹介する。この番組は2009年にBS-hiと総合テレビで放映され、今年8月には総集編が放映されている。

 

ニューギニアの激戦地に派遣されたAさん(92=放送当時、放送では実名)が、日本軍による「人肉食」を告白する衝撃的な場面である。

 

〈まあ、兵隊さんは友軍(日本軍)がね、死ぬでしょう。死ぬと埋めるんだよね。友軍を埋めて、それでもさ、そのまま部隊をそこからどっかへ移動するでしょう。このまま移動するのはもったいないというんで、その友軍の肉を、土を少しかけて置いといてさ、それから取っちゃってな、それで肉を切って食べてきたんだ〉

 

Aさんはさらに、死んだら腐ってしまうから、仕方ないのだと話す。それに対し、女性スタッフの声でこんな質問が挿入される。

 

〈すごい、抵抗感とかもあったんじゃないですか?〉

 

Aさんが答える。

〈そら、あったね。あったけども、体力がなくて(食べ物が)欲しいんだから。食べたいというね、その食欲っちゅうかな、食べようという欲望のほうが多いんだね、生きるためには。生きるためには食べなきゃしょうがないでしょ。おなか空いていたら、何だって食べなきゃしょうがない〉

 

これが事実なら勇気ある証言である。そして、大岡昇平が小説『野火』で明らかにして物議をかもした日本軍による友軍の人肉食が、当事者によって告白された恐らく初めての記録となる。

 

が、果たしてその通りなのか、疑問が残るのだ。

 

“衝撃証言”への疑念は、皮肉なことにNHKが自ら公開している「NHK戦争証言アーカイブス」(保存・公開されている取材データ)から生じた。

 

このなかに番組の元になったAさんの証言VTRが収められており、そこではAさんは、人肉食ではなく「ネズミ食」について生々しい体験を語っている。

 

前述の女性スタッフの質問の直前までの話はこうである。

 

〈飛行機の部品をネズミ捕りにできるんだよ。それを仕掛けとくとね、一晩で2匹獲れるの。それを皮をむいてね、生で食べるんだよ。最初は生で食べられなかったの。(中略)そのうち生で食べてみようって。それで一回食べたらもう大丈夫だって、生で食べてた。ネズミ、うん。だけど旨いよ、結局は。みんな食に飢えてんだから。よく生きて帰ったと思うけどね〉

 

そして女性スタッフが「一回やるまでは」と前置きしたあと、前述の通り、「すごい、抵抗感とかもあったんじゃないですか?」との質問が入り、「そら、あったね」と続くのである。

 

このVTR自体も一部編集されているが、Aさんは「何だって食べなきゃしょうがない」と話した後も、しばらくネズミ食の話を続けており、アーカイブスを見る限り、一連の証言が「腹が減った兵士たちはネズミを生で食べて飢えをしのいだ」という内容であることは疑いの余地がない。

 

前述の人肉食に関する発言はアーカイブスには見当たらないが、それとは別に人肉食について語った場面はある。ただし、その話も放送された証言と同様に第三者の目線から語るのみで、本人が人肉を食べたという証言ではない。

 

NHKのドキュメンタリー番組に携わっていた元番組制作スタッフは、両方のVTRを観てこう語った。

 

「これはネズミ食の話人肉食の話に見せようと意図的な編集をしたものでしょう。ネズミの話だからAさんは笑っているが、番組を見た人には、人肉を食べたのに『お腹が空いていたから仕方ない』とヘラヘラ語っているように見える。

 

番組では他の元兵士も人肉食については伝聞しか述べていないから、制作者は番組の構成上、どうしても人肉食の証言が欲しかったのではないか。NHKの番組作りは、あらかじめ決められた企画コンテに沿った事実だけを拾う(いいとこ盗り)傾向がある。制作はNHKと制作会社が共同で行なっているので、NHK側が制作会社に『人肉食の証言を取りたい』と要求したのかもしれない。

 

番組の編集をチェックして問題を未然に防ぐ仕組みも十分とはいえない。プロデューサーは普通、映像を細部まで確認する作業はやらない。そうした悪い面が重なったのだと思う」

 

証言の真意を確認するためAさんを探すと、現在も94歳で存命、家族と暮らしていることがわかった。

 

しかし、取材依頼には家族が応対し、「本人は高齢で取材を受けられる状態にない。お話の主旨は理解したが、そっとしておいてほしい」と、直接話を聞くことができなかった(そのため本稿では匿名にした)。

 

本誌はNHKに対し、本稿で示した疑問点を説明したうえで、番組担当者への取材を申し入れたが、NHKは文書でこう回答した。

 

Aさん(※回答書では実名)ご本人は、インタビューの中で、ニューギニア戦線におけるご自身が人肉を食べた体験について、何か所かで語っておられます。また、同様にネズミを食べた経験についても語っておられます(後略)〉

 

回答書ではさらに、編集に問題がないこと、アーカイブスでは人肉食の証言部分を省略したが、女性スタッフの質問はあくまで人肉食についてであることなどが述べられている。

 

が、それが事実ならば、人肉食について語った箇所がネズミ食の話になっているアーカイブスのほうが捏造になる。第一、最も衝撃的で貴重な人肉食の話を割愛し、ネズミ食の話だけ残すような編集をしたというのも不自然な話だ。

※週刊ポスト2011年9月16・23日号

 

 NHK常套手口、証言をいいとこ盗りし、つなぎ合わせての捏造放送で、善良な女や子供を誘導洗脳。鬼の首でも取ったかのようにNHKは得意の絶頂で放送しているが、極限下での生命体の、当然の行動(種保存の本能)である。この証言者は、人肉食していない(ネズミを食べた)から証言した。人肉食者は、「黙して語らず」が、常識である。

 家長の傘の中での温室下の善良な女子供は、即座に「日本軍極悪」と洗脳されるだろうが、極限下では、生命体の当然の行動である。死んだ同胞の肉を食し、生き残り生還した話は、大岡昇平の小説のみならず、実話としてアンデスの聖餐 、日本の「ひかりごけ」事件等、世界には公開されているだけでも数多ある。公開は、氷山の一角(ほとんどが黙して語らず)にすぎない。驚いた人は無知なだけである。驚いた人やNHK職員でも、極限下になれば皆食する。それが生命体だ。医学部経歴の手塚治虫も、ジャングル大帝のラストに、そう喝破している。

 生命体として生命体を食するのは当然で、水と塩(非生命体)のみでは死。人間も生命体だから当然そうしてきた。結果適者生存出来得、現在に存在するのだ。非常時極限下の行動を、常時下の常識で貶めるのは愚考で、偽善者との自白である。

日本新生隆盛の特効薬突破口が不払い解約でNHK解体

 極限下での生命体当然の行動を、極限下は隠蔽し、人肉食べたかのように誘導洗脳し、正義の味方気取りで日常下の道徳感で非難するNHKは、なんとも幼稚な輩だ。輩には妻や子供はいないのか?親なのか?輩は日本人(大和民族)に非ず!

 

2011年9月9日   読売新聞」

 「アナログ放送終了とともにテレビを卒業――。7月に東日本大震災の被災3県を除いてテレビがデジタル化したことを受け、NHKに対して放送受信契約の終了を求める連絡が8月末までに約9万件寄せられたことがわかった。NHKの松本正之会長が8日、定例記者会見で明らかにした」。地でじ化でNHK解約申し込み10万件超、20億円の減収

維新の火にはもはや油のNHK犯日放送 

 日本隆盛最短の特効薬は国賊(凶産中国贋半島罪日スパイ)の巣NHK破壊。破壊は国民の手にある、受信料「解約・不払い」ボタン。このボタンを押すことで平成維新の扉は開き、日本隆盛へまっしぐらとなる。 

 先人への何よりの供養、犯日の息の根を止めようと国民は覚醒し決断した。言葉と文字界そろって、デジタル化がNHK離れの原因としているが、真実は国民の覚醒で、デジタル化はきっかけに過ぎない。整合回路皆無で、無思考鵜呑みの言葉と文字界は、気付いていない!がしかし、すでに国民は看破し、ご先祖愚弄異常NHKに気付いている。知行合一NHK打倒で、10万家族40万人がすでに受信料解約行動が証し。幼稚なNHKには、受信料不払いでかつ、応援メールをどしどし送り、「ご先祖様愚弄番組どしどし作らせ」、訴訟証拠を増量させ、NHK自己崩壊の手助けをしよう。思想戦には思想戦!

 言葉と文字界のみが日本国の異常者。異常者打倒に立ち上がったこの維新の火を消してはならない。

 祖国が存亡の危機故に、無い無い尽くし小国日本、残るものは命のみ、自己犠牲で決起した。

 すぐる時代は戦国時代、いつも隣に死があった。攻めなければ攻められた。小国日本負ければ、残した家族には、トラウマ尼港済南通州の惨劇が待っている。「わが身に代えても祖国の家族死守」の一念のみで、戦った。敗戦の自裁は、ご先祖や同胞への深謝。

 サイパン自己完結の最後の声(オレはここまでがんばった)、散華の声無き声(白骨の下の手帳の文字。4日間包囲を受くるも吾びくともせず、中隊の戦友皆戦死し吾一人なり、塩は少しもなし 三島市島田、古沢美恵子殿 貞吉をまず聴くのが護られた子孫の務め。死しても護国の兵に、犠牲者呼ばわりは冒涜。護られた子孫にただあるのは、“祈り”。先人愚弄の種集め、悲惨だ話収集に狂奔NHKは亡国奴!エセ子孫の巣

 

獅子身中の虫

 騙された騙されたと相手国を非難するより、己の無知を恥、二度と轍を踏まぬ為の学習が大事。現実界の実務なく、教授、先生、役人、政治家、裁判官、検事、弁護士等の公務職や、TV、ラジオ、新聞社、出版社等の職に着かせてはならない。戦後日本の間違いは、ここ(一般常識皆無の我欲ニセ職責者)から始まったのだ!

敵は日本に有り、嘘買う輩は、自殺願望亡国奴!巻添え真っ平御免!

 戦後の額縁凶授、銭生、巧凶放送NHK、我欲政治屋、役人等の給料泥棒公職と、テレビ、ラジオ、映画、新聞、作家等の我欲拝金屋が、日本の敵!弱者国民の誰もがすぐ参加出来てお金が減らない、獅子身中の虫駆除(護国)運動(ニセ職責者の駆除)、まず手始めは、「嘘の巣窟破壊、「三不作戦」が最適最速である。

三不兵糧攻め作戦

 不買(新聞・雑誌・犯日番組スポンサー品)不払い(NHK受信料)不投票(亡国政治屋)インターネット(接続費用は、不買・不払いでお釣りがくる)が、新生日本最速。集金目的の、愛国仮面ブログ(鼠吉・非心会・せと弘幸・花時計・そよ風等)の集金や、愛国仮面本(岩波書店、WILL、正論、歴史通等は図書館で読める)には、手を出すな!コピペ古着情報などより、最新の、ネット情報の方ががはるかにすぐれている事は、子供でも解る事だ!オピニオンリーダーは仮面だ!

新生日本三不作戦明白に胎動中!一気に0%へ!2011年の受信料支払い率

2012年9月25日朝日新聞受信料支払率、秋田94%、沖縄42% NHKが公表

 NHKは25日、受信料を支払う対象世帯のうち、実際に支払っている世帯の割合を示す支払率について、都道府県別の推計値を初めて公表した。視聴者に対して契約活動の透明性を高めるなどの狙いがある。支払率の全国平均値は72.5%で、最高は秋田県の94.6%だった。

 秋田に次いで高かったのは島根県(90.9%)、新潟県(90.1%)、鳥取県(89.2%)、山形県(88.8%)。一方、大都市圏を抱える大阪府(57.2%)東京都(60.8%)など9都道府県は全国平均を下回った。単身世帯や共同住宅が多く、世帯の移動も激しいため、訪問面接が難しいという。最も低かった沖縄県(42.0%)は1972年に本土復帰し、他県に比べ受信料制度になじみがないためとNHKはみている。※北海道68.5%、兵庫県67.4%。

 公表については、NHK経営委員会(浜田健一郎委員長)が営業活動の強化などを理由に、執行部に再三求めていた。NHKは今回、推計値を出すための必要なデータを集めるため、1億7千万円をかけ、全国の約5万6千世帯に郵送などで調査を実施したという。

※67年間も職責不履行の捏造業NHKは、現実界なら当の昔に塀の中。騙り詐欺師(スパイ)に支払いは、亡国奴!おれ(日本公共放送)おれ(日本公共放送)詐欺(正体は外国スパイの功凶放送)には振り込むな!NHK集金は、オレオレ詐欺である!

オレオレ詐欺師(公共放送と詐称し強奪するNHK受信料集金人)の手口(凶産→オウム→罪日?

 2012年。民主党有田芳生や凶産党穀田恵二国対委員長等と目つきがそっくりで、お題目自論展開のみなので、凶産党員か?と訊ねたら、そくそくと退散した。

 2013年。焦点の定まらない目つきがオウム信者とそっくりで、自論をお題目のようにとなえるのみのお兄ちゃんなので、オウムか?と訊ねたら、そくそくと退散した。

 今度は罪日?どんなお題目だろう?

無辜の弱者虐めのHK

2013.2.27【読者サービス室から】
 ――平均約1185万円、厚生費などを含めると1780万円にも達するNHKの職員給与への批判を先週の本欄で紹介したところ「全く同感」と、さいたま市の90歳女性からお便りがありました。

 「全く必要ないと思いながら昨年春に衛星放送も契約したところ、従来の地上契約分と一緒に翌月には1年分先取りで口座から引き落とされてびっくり」と女性。「私が死んだら11カ月分返してくれるのですかとNHKに電話すると、担当者は何も言えず黙っていました。本当に身勝手です」と憤慨しています(2月18~23日の意見)。

 

NHK打倒賛同者不払いは元NHK立花孝志無料で聞け!

 TV等受信機所持なのに受信料解約は、刑法246条2項の詐欺罪に該当し犯罪となるので、受信機所持の場合は、不払いが正当

NHK職員立花孝志が伝授する受信料不払い

YouTube
2013/02/02元NHK立花孝志が伝授する【正々堂々と受信料払わない方法】 
2013/02/05TV等受信機所持でNHK受信料解約は犯罪の詐欺罪に該当なので不払いが正当

NHK腐敗
2013/03/16日本のマスコミが韓国【電通】に支配されている理由
2013/04/04元NHK職員手嶋龍一さんについて
立花孝志ひとり放送局㈱公式ホームページ
立花孝志ひとり放送局第2ホームページ

 

 受信料不払いでNHK打倒は、NHKカルト凶団元凶温室破壊となり、67年間もの狂人カルト凶団からの、無辜の国民救出作戦となる!全国民不払い裁判でNHKを一気に打倒

子孫を救え!

 

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/294-0a54808c

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。