QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観6東大女スパイ加藤陽子捏造「日本切腹中国介錯論」の真実を年表が暴く

6東大女スパイ加藤陽子捏造「日本切腹中国介錯論」の真実を年表が暴く

 先人や軍人は、WGIPや、復職赤化教授や、偽中国癌半島罪日や、東大NHK等が愚弄する愚者や狂人ではない。「なぜどうして」と年表を繰れば、すぐに解ること。NHKと東大加藤陽子等はこれらをことごとく隠蔽するスパイ史観で国民を洗脳しているのだ。

 自給自足から脱皮開国以後、「資源無き小国日本」の、最大の弱点が「兵糧攻め」。戦国の御世なので、「兵糧攻め」防御に、小国生存唯一の術、絶えずの先手で適者生存してきたのだ。胡適の件も、予言でもなんでもないただの常識。しかも、転向理由釈明論。日中戦争も、凶産宣戦布告で応戦日本なのに、スパイ史観で愚弄。こんな明解なスパイ工作に、核心を突く反論も出来得ず、野放しにする言葉と文字界、洗脳され、賞まで授与してのスパイ幇助の出版社。日本文系はみな、整合検証回路欠損の病人だ!

 それぞれが単独で、世界の常識日本封殺カード「兵糧攻め」をちらつかせ、「親日反共」の蒋介石を、「抗日へ翻意」と、説得したであろうことは、子供でも容易に窺い知れる。

 生き残りに必死な凶産の「八・一宣言宣戦布告」や、日本を犯人に仕立てあげる工作テロで、「抗日」が扇動され、高まり、蒋介石も側近も、鎮静目的の「交戦已む無し」の思いはあったであろう。そこでもっての西安事件である。そして、「黄禍論」で一致した白人が、今度は団結しての日本封殺カードで説得。これには蒋介石も抗しきれず、180度転向した。180度転向の説明は、支持者国民へは、絶対必要不可欠。転向説明(釈明・言い訳)として、常識(兵糧攻め)を元に、「日本切腹中国介錯論」が作られたのは当然なのである。それをNHKと東大加藤陽子は胡適の予言などと祭り上げ、肩書き傘にヒカエオローして、白紙の純真な高校生を洗脳した。

上記年表が語る真実は、「原文は有るが、35年は捏造」。

 ソース資料提供の鹿錫俊(ろくしゃくしゅん・中国人1955~)大東文化大学教授はNHKで度々の犯日証言者(凶産が出てこない、バイアス凶産教授)なので、信用に値しない。

 東大教授女スパイは「2009年“それでも日本人は『戦争』を選んだ”では1935年の時点での予測・2011年このNHKでは1935年ぐらい」とぼかしトーンダウンしているが、資料には、「胡適より王世傑宛書簡(1935年6月27日)」と明記されているので、事実なら、ぼかす必要など全く無い。毛沢東共産党を「最後の5分間」と追い詰めた蒋介石も胡適も、「八・一宣言」以後の変節なので、年月日が、最も肝腎なのである。特に年月日には敏感なのが歴史学者。その歴史学者があろうことか、「1935年6月27日」と明記もせず、2009年の本には「1935年の時点での予測」、2011年NHK遡り日本史では更に一歩後退し、「1935年ぐらい」とぼかしている。歴史学者として最もあるまじき、不信な行動である。

 1935年6月27日「日本切腹中国介錯論・胡適より王世傑宛書簡「八・一宣言」以前で、しかも毛沢東共産党を「最後の5分間」と追い詰めた張本人が、蒋介石である。「書簡」内容と、現実は、完全に不一致!

 1935(昭和10)年8月1日対日宣戦布告(八・一宣言

 1935年12月9日「一二・九運動」反日運動の際、胡適は、北京の学生の説得にあたった。

 1936年春桜美林創立者清水安三が、胡適と面会、戦争防止を訴えたが、「我々は日本と戦う。自分は以前、国民から嘲笑を浴びながらも、決して戦ってはならないと主張(1935年12月9日)した。しかし今や(八・一宣言以後)、どうしても一度は日本とは戦わねばならない・・・と感じている」と答えた。※まだ書簡」のような徹底抗戦ではない。

 1936年12月12日西安事件。胡適は直ちに打電し、張学良を国家民族の罪人であると激しく非難した。※言行不一致

 1937年7月7日盧溝橋事件

 1937年9月二回目の国共合作と年表を整理すると、西安事件以後の、37年が妥当となる。

西安事件以前は反共で以後は容共の蒋介石

 西安事件(1936年12月12日)以前までは、日本と強調し、胡適も反共で、「最後の5分間」と、壊滅寸前まで毛沢東を追いつめ、「我が世の春」間近であった。「最後の5分間」と追いつめていたのに、「ソビエトの陸軍力を巻き込んで」の「日本切腹中国介錯論」は有り得ず、全く整合しない。

 溺れる者藁で掲げた1935年中国凶産の、対日宣戦布告(八・一宣言)で火がついた抗日の火を消すためにも、対日戦も已む無しかと、凶産掃討後の次の展開として、蒋介石も胡適も「八・一宣言」以後は思案の最中ではあった(1936年春)。がしかしそれは、「八・一宣言」以後のことで、以前は、「最後の5分間」と追いつめていた張本人が蒋介石なのだ。

 日中戦争本格化は、西安事件(1936年12月12日)、そして、二回目の国共合作(1937年9月)180度転向以後の事。転向正当化、言い訳用以外では全く整合しない。原文は180度転向のための釈明用で、日付は、1937年6月27日なのだが、中国一致団結しての抗日を強調するため、2年間遡り、1935年と捏造したと推察される。捏造犯は、凶産崩壊寸前「最後の5分間」を隠蔽したい者である。この捏造犯は、胡適の親日反共からの変節が、「八・一宣言・西安事件以後」であることを知らなかった(中国共産党教科書にはなかった!教えられなかった!)。これが捏造暴露の糸口となった。

 西安事件(1936年12月12日)後、国民党の外交部長で親日家の張群が罷免されている。その後釜が胡適(1938年から駐米大使)。胡適は以後、1942年帰国、1946年北京大学長、1948年凶産に追われ、アメリカへ亡命、後に台湾に移った。

 「本書2009年では1935年の時点での予測・2011年NHKでは1935年ぐらい」とすることで、東大とNHKと加藤陽子は、日中戦争二年も前に予言し団結と、捏造して祭り上げ、子供でも分かる常識論ではなく、予言者の論に仕立て上げた。そして胡適のような深い考えも無く、おっとり刀でノコノコ戦った日本軍は長期戦に引きずり込まれ、大東亜戦争を引き起こした愚か者と、先人をこき下ろしたのだ。よしんば捏造でなかったとしても、予言などではなく、子供でも分かるただの常識論に過ぎないしろものだ。

 NHKや東大教授加藤陽子に洗脳された「マンセー」がブログに得意げに踊っている。日本史(兵糧攻め)に無知で、自分の頭で考えない、鵜呑みし易いコピペ屋さん達だ。資源無き小国の仕組み(資源輸入加工輸出)を考えれば、子供でも分かる、世界の常識で、能動戦争など、有り得ないのだ。資源無き小国日本の能動戦争は、自殺と同じ。

 「日本切腹中国介錯論」は当時の常識駄目押しにもう一つ。「暗黒大陸中国の真実(胡適書簡2年前の1933年出版)1933年・ラルフ・タウンゼント(1900~1975・1931年上海副領事。その後福建省の副領事となり、1933年初めに帰国し、同年に出版)著芙蓉書房2004」の一文を掲げる。293p

 「急増する人口に見合う国内資源が無い日本は、極度の精神的不安に落ちた。これを理解しない限り、日本という国を理解することはできない。日本には長期戦を戦う体力はない。短期決戦しかない。資源の乏しい中、総力を挙げて最高の武器を開発してきた理由はここにあったのである。日本の兵力を試した強国はいないが、一つだけ確かなことがある。誇り高き国民であるということである。愛国心が強く、熱狂的な宗教にも匹敵する。誇りをわずかでも傷つけられたら、いかなる強国にも命をかけて戦う国民である」


石澤「さてー、中国は早い段階から日中の戦いを持久戦に持ち込み、まー、いずれは世界大戦に発展させようというふうに考えていた。一方で、日本はこの日中戦争を早期決着できると想定していました。中国の抗戦意識や軍事力に対する日本の甘い見通しと国際情勢の読み違いから、日中戦争は拡大し、そして、長期化していったわけです。では、日本はなぜ、中国と戦争するまでに関係を悪化させたんでしょうか。そこには、日本が目指してきた大陸進出の野望がありました。その象徴が、満州だったわけです。次回は、その満州を巡る争いから、日中が対立を深めていく過程をたどります」

「さかのぼり日本史・1937年の日中戦争から1931年の日中戦争へ」

映像「善隣門・表に『中華街』、内に『親仁善鄰』の看板文字」

 親仁善鄰』善鄰(鄰は隣の異体字。隣家隣国と仲良くすること)。『親仁善鄰』するためには真実が基本。捏造が党是の凶産中国、嘘つき捏造のNHKや東大では、「産まれるのは戦争のみ」!真実こそが、真の友好の、磐石な礎石である。今回も責任者の開示無し!

 前掲書第三章の1ヘレンミアーズ「蒋介石のオーストラリア人顧問W・H・ドナルドが、ルソンの日本の抑留所から解放された後の記者会見によれば、日本軍は1938年から1940年に至までの時期に、『十二回講和提案』を行ったとのことである。ドナルド氏の略述したところによれば、日本側の条件は、中国に有利だった。日本軍はただ、満州国の独立承認、北支におけるある種の経済的及び開発権益、及び「外蒙からのソ連勢力の拡張防止のため、内蒙の政治的調整」を要求したに過ぎなかった。ドナルド氏の言によれば日本は『これらの提案の中で、何ら領土的要求はしなかった』」。

 日本は、互恵連合大アジア主義へ一直線。以って瞑すべし!


昭和とめられなかった戦争第4回満州事変暴走の原点

語り「・・・戦前、このような貧しい村から、多くの人々が移り住んだ場所がありました。中国東北部旧満州です。広い大地に豊かな実り、天然資源に恵まれた満州へ、500万人を移民させる計画が国の政策で進められました。そのキッカケとなったのが、1931年から始まった満州事変でした。満州に駐屯していた日本の軍隊関東軍は、独断で武力行動を起こし、中国東北部を制圧。関東軍は、その後も侵攻を続け、日本が国際社会から非難を浴びる事態に発展しました。これに危機感を持った天皇や政府は、作戦の中止命令を出そうと奔走します。しかし、軍部の暴走を止めることは出来ませんでした」

 国際社会」の正体は、食民治支配者。「軍部の暴走」は、凶産テロリスト掃討戦。NHKの言い換え洗脳。

字幕1ヒカエオロー「東京大学大学院教授加藤陽子」

スパイ加藤「大元帥である天皇が、軍を止められないという一つのパターンが出来た。この一つのパターンが、それに続く長い戦争を止められない事態を招いた」

 ソ連と中国凶産をくい止めるには、満州国の砦(経済互恵圏でもある)以外の道無しと判断した結果で、「天皇が軍を止められない」は、東大のつまみ食い捏造洗脳。天皇の命令一下で矛を収めたのは、世界史の事実。

語り「激動の昭和、日本は、なぜ戦争を続けたのか。その原点となった満州事変を見つめます」

字幕「昭和とめられなかった戦争第4回満州事変暴走の原点」

 戦国の世に、抵抗(日本はなぜ戦争を続けた)しなければ、日本は滅亡した。資源無き小国日本の後手は必滅、先手を打ったに過ぎない!年表を繰れば、今では子供でも分かる初歩常識。平和な時代と捏造し、洗脳。

スパイ史観石澤「遡り日本史。この番組は過去へ過去へと時間を遡ることでま、どうしてこういう事態になったのか、時代と時代の因果関係を解き明かしていこうというものです。ここは、東京多摩市にあります、桜ヶ丘公園です。この公園の一角にずらりと並んでいるのは、戦前中国東北部旧満州へ渡った全国の開拓団の碑です。その数は173にのぼります。戦後満州開拓の犠牲者8万人を追悼するために、この場所に碑が建てられました」

 「なぜどうして」と遡らず、野望戦争と捏造し、好いとこ盗りした点と点をつなぎ合わせてこじつけ、加藤陽子が「東京大学大学院教授」の印籠で、女子供にヒカエオローしているだけではないか!なにが「因果関係を解き明かし」だ!

 日清日露も以前も、悲惨だ話は悲話として分離し、歴史を語ってきた。なのに、NHKと東大等は主客転倒、悲惨だ話を歴史本道と捏造、大東亜戦争を悲惨だ話で埋め尽くし、元凶先人極悪軍人と決めつけ、敵は完全隠蔽した。「満州開拓の犠牲者8万人」、この無辜の民虐殺主犯は敵で、護国日本兵ではない!

石澤「・・・そもそもなぜ日本は、中国と戦争するまでに関係を悪化させてしまったのか、満州事変をきっかけに、日本と中国が決定的な対立を深めていく過程を、辿って行きます」

石澤「加藤さんはこのー、満州事変とその後の日本の歩みについては、どんな風にご覧になりますか」

字幕2ヒカエオロー「東京大学大学院教授加藤陽子」

加藤「えー、満州事変が起きました後、えー国際連盟の総会で、1933年昭和8年からえー、この事変に対するまー処理を交渉してました。まーその時に、関東軍が新たな軍事行動を起こしてしまった。その軍事行動に対してえー、内閣や天皇がそれを、抑えられなかった。そのことが大きなターニングポイントになったと、思ってます。また、それによって、抑えられるかどうかで、歴史は新たな違う道を歩んだかも知れないと思っています」

 国際連盟」の正体は、白人宗主国とその食民治(満州国承認反対42カ国)で、満州国を承認した日本とタイ(棄権)のみが有色人独立国。

 「抑えられなかった」ではなく、迷った天皇が反共で最後に一致。対共産党討伐に重点を置く蒋介石は、対日和平策をとり、反共で一致。1933年5月31日タンクー(塘沽)停戦協定を結んだ。この結果中国は、満州と熱河の放棄を事実上承認し、万里の長城以南に非武装地帯を設けた。

 違う道」は日本の降伏で食民治化、自給自足の江戸時代へ逆戻りで、見捨てた同胞(台湾朝鮮南洋満州南京)からは末代まで、蔑視愚弄の嵐であろー違う道」選択は唯物民ならあるだろうが、唯心日本人には信義上不可能。象と蟻戦争日清日露が証し。唯心民の護国(家族死守)には、条件無く、無条件護国。

石澤「えー、ではまず、満州事変はなぜ起こされたのか、この経緯からご覧いただきましょう」

 満州は、南下するソ連対有色人(日満蒙漢)と、虐げられし難民白人(露ユダヤ等)互恵の砦。満州事変は、モンゴルを征服し南下したソ連とその傀儡、ソ中凶産ゲリラとの反共戦

語り「1929年10月、ニューヨークで、株価が大暴落世界恐慌が始まりました。それは日本経済にも深刻な打撃をもたらします。その頃、あるキャッチフレーズが脚光を集めるようになりました。『満蒙は我国の生命線である』。満蒙とは、旧満州中国東北部の南半分と、内蒙古の東部を合わせた地域のことです。日本はこの時期、中国の国内に数々の権益を持っていました。遼東半島の先端、関東州にある旅順や大連の租借権、そして南満州鉄道。これらは、日露戦争の勝利によって獲得したもので、中国清とも条約を結んで、承認されました。南満州鉄道の沿線は、石炭や鉄鉱石など鉱物資源が豊富に採れる土地でした。これらの権益を護るため、後に関東軍と呼ばれる日本の軍隊が、派遣されていました。しかしその後、清が崩壊し、中華民国が新たに誕生すると、日本が清との間で結んだ条約の、細部の解釈をめぐって対立が生まれるようになりました。1928年、蒋介石が主席をつとめる中華民国国民政府に、満州を支配していた軍閥の張学良が加わりました。張学良は、日本の権益に対抗する計画を進めます。その一つが南満州鉄道と競合する鉄道の敷設でした。日本は、これを条約に違反する行為と見なし、日本の権益を侵害していると考えました。満蒙権益の重要性、これは陸軍によって繰り返しとなえられ、広く日本の国民の間に浸透していきました。そして、1931年9月18日、事件が起ります。奉天郊外の柳条湖附近で、関東軍は南満州鉄道の線路の一部を爆破しました。関東軍は、これを張学良の仕業だとして満州の各地を占拠します。この関東軍の謀略をきっかけに始まった一連の軍事行動は、満州事変と呼ばれました。翌1932年3月、満州国の建国が宣言されます。関東軍は支配した地域を中国から独立させるため、日本の傀儡国家を建設しました」

 柳条湖事件も戦国の世の陣取り死活合戦。謀略知略は戦時下の常道。これを暴走、傀儡国家と護国兵の難詰はどういう尺度なのだ。護国兵への冒涜である。中国権益は英米仏蘭等皆あった。

 『満蒙は我国の生命線である』は経済のみならず、南下ソ連の砦であり、新秩序互恵連合の要。

石澤「このー、満州事変に、当時の国民は、どんな反応をしたんでしょうかねー」

字幕3ヒカエオロー「東京大学大学院教授加藤陽子」

加藤「ある調査がありまして、こちらご覧下さい。えーこれは、東京帝国大学の学生に調査したもので、満州事変2ヵ月前といいますと、1931年7月ぐらいでしょうか、満蒙に武力行使は正当なりやという質問に対して、然りとイエスが8割、88%。その内訳ですが、直ちに武力行使がいいというのが52%、外交手段を尽くした後には、36%ぐらいでした。ですからまとめていえば、9割弱がやはりもう、武力行使は、もうしていいんじゃないかと思っていた。

画像「満州事変2ヵ月前の意識調査・満蒙に武力行使は正当なりや?・然り88%(直ちに52%・外交手段を尽くし後に36%)」

石澤「でも、これは、帝大生の、まーあのー、意識調査ですよねー。当時の国民全体意識と、どうなんでしょう、似てるんですか」

加藤「え、やはり、私としては、あのー、代表してると思っていいと思うんですね。つまり、事変の前と後で、雰囲気といいますか、前のめりのこう、武力行使していいんじゃないかと変らない、という気持ちは、やはり当時の時代の雰囲気を反映させていると。そしてもう一つは、日本の生存権っていうんでしょうか、そのー中国が、日本のたとえば、基本的な重要な原理に対して、挑戦している。そのようなこう、怒りの感情が、一般的にあったんではないか。それを示しているっていう風に、考えられるんじゃないでしょうか」

石澤「そのー、満州事変っていうのは、あのー、関東軍の謀略である。という風な言い方もされるわけですけれども。そのー、あえて関東軍が事変を起こした目的というのは、どういったとこにあったんでしょうか」 終章7につづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/266-6b9d0453

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。