QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観7遡り日本史小国が超大国にも立ち向かう戦争理由は条件無き護国以外に無い

7遡り日本史小国が超大国にも立ち向かう戦争理由は条件無き護国以外に無い

加藤「これはあのー、ほんとに軍事的な、こー、戦略から考えまして、対ソと、ソビエトということで関しては、あのー。将来、日本とソビエトが戦う時の戦場をイメージしたときに、中国とソ連の国境ですね、で自然の、天然の、要害がある地域まで。北と西にソビエトを追いやっておこう。これが一つです。で、もう一つはアメリカとの戦争という、総力戦ですねー、これを考えたときに、やはり資源、これを提供する地域としてあのー、満蒙をとっておこう。この二つがあったと思います」

石澤「すでに対ソ対米ということの意識があったということですねー。こうしたそのー、満州での、まー関東軍、軍のですねー、真の行動っていうのは、国民は知っていたでんでしょうかねー」

加藤「これは国民の前には伏せられていました。国民にはたとえば、中国は条約を守らない、そういう条約違反の国だっていうことで、本来条約にはグレーゾーンがあるわけですね、しかしそれが、黒か白かということで説明されていました。ですから、はっきり言えば軍の意図と国民への説明が、非常にこう、ずれていたということだったと思います」

 時代は戦国、南下ソ連と束縛する欧米列強白人連合、敵は中国ではない、戦国時代の陣取り合戦、当然である。開国以後続く戦時下なので、国民は事件の認識済みで皆覚悟していた。集団自裁がその証拠

語り「1931年9月19日、柳条湖での爆破事件の翌日、総理大臣の若槻礼次郎は事件の不拡大方針を現地軍に伝えるよう指示をしました。しかし、軍の暴走は止まりませんでした。関東軍からの要請を受けて、朝鮮にいた日本の部隊がだ直ちに越境して、満州に入りました。本来、天皇の許可を必要とする軍事行動でしたが、軍の独断で進められました。これに対して若槻内閣は、越境は認めないが、必要な経費は認めると、軍の立場に配慮した決定を下しました」

字幕「原田熊雄の口述記録・経費は政府が支援する

語り「この時期、なぜ政府は軍部に強く対抗できなかったのか。実は満州事変勃発の前後、陸軍のエリート軍人が、民間右翼と計画したクーデター未遂事件が起こっていました」

字幕「三月事件・十月事件」

語り「さらに、翌32年には、政治家や財界人が右翼団体の団員に暗殺されるなど、一連のクーデターやテロが、政府をおびやかしました。これが、軍部に対抗する政府の力を、弱体化させる一因となっていったのです」

映像「新聞記事・井上前蔵相射殺・団琢磨男射殺される・狙撃されて犬養首相絶命す」

石澤「それにしてもこの時期に、どうしてここまで軍部やそのー、右翼のテロが、頻発したのかといういう風な疑問も出てくるんですけれども、これ、どうでしょうか」

字幕4ヒカエオロー「東京大学大学院教授加藤陽子」

加藤「一つはあのー、世の中が非常に暗いと、農村の不況や失業が、あったっていうことですねー。そうすると、何の理由でっていうことがって、人は考えたい。で、一方で、1928年の11月の頃なんですが、昭和天皇の即位の大礼ということで、京都が非常に華々しく、まさにあのー、NHKのラジオが全国中継などをやって、天皇像って言うものがカリスマ化されて、人々の目の前に非常に明るいものとして映った。そうした時に人は、あ、じゃー、その、どうしてこんなに世の中悪いのかといった時に、政党内閣であるとかそのー、悪者を天皇の周りに居る、影の部分に求めようとする、その光と影のコントラストで、それではじゃー、陰の部分を排除したら、どうにか政治が良くなるのではないかと、その短絡があったとおもいますねー」

映像・字幕「昭和天皇即位の礼」

石澤「影を除けば、光がより際立ってくるんだと。そういうことなんですねー」

加藤「そういう考えだと思います」

日本は有色人経済圏樹立(満州)へ向かってまっしぐら!

 時代は日本存亡の危機真っ只中。一連の未遂事件は私欲ではなく「公」のせめぎ合い。戦時下日本救国の術は満州(凶産砦と互恵の経済圏)、産みの苦しみである。「経費は政府が支援する」が、せめぎ合いの確固たる証拠。NHKと東大大学院のこじつけ話は、この戦時下危機を隠蔽し、平和時の大陸侵略者極悪日本と洗脳するのが目的

語り「1932年3月、国際連盟はリットン調査団を満州に派遣します。数ヶ月に渡る調査の後、報告書が提出されました。その内容は、満州における日本の権益に理解を示す一方で、満州国の独立は承認しないというものでした。軍部はこれに、反発を強めます。そうした中、33年2月、満州の関東軍が、新たな軍事行動を計画しました。隣接する熱河省への侵攻です。満州の護りを固めるため、熱河省に居た張作霖の軍隊を一掃することが狙いでした。この作戦は閣議で了承され、天皇も裁可を与えたものでした。しかし、総理大臣の斎藤実は閣議の後、熱河侵攻が国際連盟の規約に抵触することを知り、裁可の取り消しを求めました。このとき天皇の語った言葉が、天皇の側近の日記に残されています。『過日参謀総長に熱河攻略は止むを得ざるものとして了解を与えおきたるも、これを取り消しにしたし』これに対して側近から反対の声が上がりました。陸海軍の統帥者である天皇の権威が、失われることを恐れたのです。しかし、軍事行動を止めたいという天皇の思いは明白でした。『統帥最高命令により、これを中止せしめ得ざるや、と、興奮遊ばされておおせあり』結局、天皇の意思が軍部に伝えられることはなく、2月23日、熱河省侵攻は決行されました」

字幕「侍従武官長奈良武次日記1933年2月8日・2月11日」

 昭和天皇は1901年生まれの32歳。1926年の12月即位から7年、天皇とて人の子、「戦時下に禍福を熟慮しての決意」に対しての動揺(悔悟は禍の比重を重く考えるため)は当然である。動揺悔悟は心ある決断者なら当たり前、動揺しないほうが異常。心ある昭和天皇苦渋の決断の証である。

 側近者云々は、NHKのこじつけ、天皇は決断を悔悟し、再度禍福をせめぎあった結果、決断に優るものなしとの確信に至った。それだけ大変な決断であったとの証拠で、征服(単なる征服者なら悩みなど無い)では無く、満州は、凶産の砦と、有色人や避難白人(民族共和)、互恵の経済圏が建国目的との、確固たる証拠である。

語り「その翌日、国際連盟の臨時総会で、日本軍の満州からの撤退などを求める勧告案が、圧倒的多数で可決されます。日本は国際連盟から脱退する決意を固めました。こうして日本は、満州事変をきっかけに、やがて中国との全面戦争への道を歩むことになるのです」

石澤「あのー熱河作戦に裁可を与えた天皇の後悔、これはとても大きかったようですねー」

字幕5ヒカエオロー『東京大学大学院教授加藤陽子』

加藤「そうですねー、あのー、政府と軍、そして天皇、この間をつなぐ元老と宮中側近という者が、当時は居りましたが、その宮中側近にとっては、天皇が中止命令を出した時、それを現地の軍が聞かなかったら大変な事になるんですね。それで結局、宮中側近たちは、天皇が裁可を取り消したいといったことを止めた訳です。で結果的に、大元帥である天皇が、軍を止められないという一つのパターンができた。この一つのパターンが、それに長く続く戦争を止められない事態を招いた。ということになるんじゃないでしょうか」

石澤「その端緒が、ここにあったということなんでしょうか」

加藤「はい、ターニングポイントだったと思います」

 先人軍隊愚弄の種を、好いとこ盗りである。掃討戦の常道で、やむを得ず長城を越えたが、天皇の命令一下(本庄繁・侍従武官長の日記「至秘鈔」)、4月19日、直ちに帰還した。しかし挑発侵入は止まず、天皇と軍から再掃討の許可を得、追撃、5月25日停戦提議を引き出し、31日塘沽停戦協定。これがつまみ食い無き全貌。

 天皇も国民も天道に基づくのが日本人。終戦も天皇の命令一下、矛を収めたのは事実ではないか。これら全てを隠蔽、「天皇が中止命令を出した時、それを現地の軍が聞かなかったら大変な事になるんですね」などとこじつけ捏造、そしてこれが「長く続く戦争を止められない事態を招いた」とこじつけた。このスパイは中々のしたたか者だ!無知の女子供は東大大学院のヒカエオローとこれで、「世界の平和を破壊した極悪軍隊」と、一ころで洗脳だろう。

 さすがスパイである。スパイでないのなら、こんなこじ付けを考える力があるなら、実事求是に力を注げ!丸暗記以外取り柄の無い、この、亡国奴ども!

 戦争(属国拒否)を止めれば、属国化(開国以後の努力はすべて水泡)で自給自足(徳川)に逆戻りの悲惨だ国。資源無き小国、これまでの原動力は唯心。唯心日本人に、属国化(唯心否定)は不可能。

 抵抗(戦争)を止めれば、即刻属国化で自給自足に逆もどりなのに、これは隠蔽し、「戦争を止められない」と、抵抗(自立自尊戦争)を止めたら、ばら色であるかのように扇動しているが、先人の決断は、戦国の世の禍福判断に基づいた決断。この戦国の世は隠蔽し、平和の御世に日本だけが戦争をし、日本が止めれば、平和が瞬時に訪れるかのような絵に描いた餅を語っているに過ぎない、空論である。凶産党社会党社民党民主党の、現実(禍福)無視の、好いとこ盗り論と同じ、100%よいものなど現実界には存在しない!物事にはすべて禍福がある!

語り「岐阜県の山あいの町、高鷲町(郡上市)。満州事変をきっかけに、この町など全国各地から、満州へ開拓移民を送る、国家プロジェクトが進められました。しかし、1945年の敗戦は、開拓移民の運命を翻弄しました。進行してきたソ連兵士や、土地を奪われた現地の人々に襲われ、入植者の多くがなくなったのです。そして、引き上げの混乱の中で、家族が離れ離れになったり、そのまま取り残された人たちもいました。当時高鷲村で開拓移民を訓練する施設の指導者だった福手豊丸さんです。満州開拓とはなんだったのか、今、改めて、その問いと向き合っています」

福手豊丸「名は、開拓であったけれども、事実上は、むかーしから住んどった農家の人々を強制的に、国の力、軍の力で、まー早くいうと追っ払ってやったと。満州の開拓政策というものは、根本的に大ーきな、まー、誤りがあったということ。今はっきりと関係者は自認しておると」

 満州は露西亜に蚕食され、すでに荒れ放題(1000万人)。それを露西亜から奪取し、まず秩序を築いたのは日本(2000万人)。しかし、満州事変(入植)以前の、軍閥・張学良の、25万人の軍人が支配、私的財産の強奪・恐喝・誘拐は当たり前で、5年先の税金まで徴収していた。民衆の4割は、雑穀しか食べられないほど、困窮した。満州建国(入植)5年1937年の満州年鑑、3700万に増加(漢人81%3000万、満州人12%440万、モンゴル人3%100万、日本人1%42万)。凶産テロ一掃で戦国難民が押し寄せた王道楽士満州。治安軍が関東軍で、暴走は捏造の証拠。

満州国の評価(前掲書ヘレンミアーズ)

 1934年イギリスの産業連盟使節団満州国報告書「満州国住民は、治安対策向上と秩序ある政府を与えられている。軍(軍閥・張学良)による略奪と搾取はなくなった。課税制度は妥当なもので公正に運営されている。満州国と他の国々利益のために、経済繁盛が徐々に達成されていると期待された」

 満州事変まで、多いときでもたった一万四百人しかいなかった関東軍が、全満州を掌握できたのも、満州住民の支持があったからで、満州国建国は、満州住民の願いともいえる。日本孤児を育てた満州人がその証である。敵の子など誰も育てはしない。

 したがって「むかーしから住んどった農家の人々を強制的に・追っ払ってやった・日本の誤り」は、典型的な戦後学習日本極悪鵜呑み証言。女子供はこれで皆、一ころで洗脳。なんとも悪辣なNHKと東大である。詳細は→頭山満孫文汪兆銘

石澤「4月10日の桜ヶ丘公園。この日、満州開拓で亡くなった人々の遺族や関係者が、全国から集まり、慰霊祭が営まれました。家族親戚友人、多くの人々の死を、満州で目の当りにしながら、彼らは生き抜いてきました」

信濃村開拓団青木恒明「いやーみんな死にましたよ。親父お袋兄弟、それから、いとこが11人、それからおじおば3人」

語り「集団自決した開拓団の中で、奇跡的に生き残った人もいました」

瑞穂村開拓団永島マス子「今夜あのー、青酸カリで、あのー今夜が最後、自決しましょうということで。あのーそれで一斉に渡されて、弟と私が吐き出しましたんです。母はもう瀕死の状態ていうか、で、衰弱しきっていた中で寝たきりでしょ。そこを襲われて、さらに焼かれてしまったということで。ですから、母の形見も何も、一つも無くって。あのー、校長先生の奥さんかなー『マス子ちゃん、もーお母さんもここで亡くなったから、これからはねー、あのー、日本へ帰るんだから、一緒に帰ろう』って言ってくだすって」

語り「満州事変から始まり日中戦争太平洋戦争へ、止められなかった戦争は、足掛け15年に及び、国の内外に大きな悲劇をもたらしました」

 制作責任者開示無し!

 15年」の日本侵略戦争で、日本が戦争を「止めれば」、直ちに平和が、のように連想させ、「悲劇すべて」の元凶は、日本軍と洗脳した。実際は、自存自衛の九九年戦争で、抵抗(有色人屈服拒否)を「止めれば」、直ちに占領分割され、宗主国(白人)支配の、全世界植民地化が完成した。

 悲惨だ話は歴史の裏面史。悲惨だ話は歴史の本道ではないので、大東亜戦争以前は、悲話として語り継がれた。しかしNHKと東大等は、主格転倒、悲惨だ話裏面史を、歴史本道と捏造、大東亜戦争を悲惨だ話で埋め尽くし、元凶の侵略者を完全隠蔽、先人極悪軍人と決め付けた。先人極悪への、誘導洗脳目的という、哀悼など微塵も無い不埒な考えで、悲惨だ話を用いているのだ!スパイの「悲惨だ話」は、「止められなかった戦争は、足掛け15年に及び、国の内外に大きな悲劇をもたらしました」と、護国の先人に濡れ衣を着せるための、国民洗脳用小道具

 記憶機標本、五百旗頭真、加藤陽子、御厨貴は、検証回路欠損コピペのみの欠陥人スパイ。したがって、これら起用のNHK遡り日本史は、御里が知れる。まさにNHKと東大文系等は、獅子身中の虫、スパイの巣窟。巣窟破壊が日本隆盛の術。

 悲惨だ話で締めくくり、このように悲惨にしたのは敵国ではなく日本極悪軍と教授が語り、ヒカエオローし、NHKは連想誘導洗脳。戦争を生命体の適者生存攻防戦と俯瞰せず、裏面史、悲惨だ話尽くしで覆い尽くしたスパイ史観捏造物語は、復讐扇動物語となり、植民地独立付与宣言以前の復讐連鎖に逆戻りし、亡国である。

自己保存は生命体の本能で、敵の強弱など皆無の無条件!この真理に翻意、宗主国連合は歴史とした。この真理を掲げ続け、人類に知らしめたのが日本九九年戦争

 ワットの蒸気機関で適者生存に一歩先んじた白人が、世界を凶産と食民治で支配し、ブロック経済で席巻。それに抗し破壊、自由貿易、互恵、民族平等に基づく新秩序、植民地独立付与宣言で全世界共栄圏を樹立し、適者生存した有色人連合(偽中国、癌半島、罪日は裏切り者の脱落者)と、新秩序に矛を収め、歴史にした英断宗主国連合残滓が、凶産中国、癌半島と罪日、ロシア。これが、俯瞰した、日本九九年戦争、真実史観である。

 物事にはすべて禍福がある。子孫なら、難詰より、「なぜどうして」が先。先人難詰スパイ教授を鵜呑みせず、立派な親から授かった自分の頭で考えれば、子供でも真実はすぐに現出する。子孫以外に汚名は晴らせない!即刻今、晴らさざれば、後世世界史家の笑い者!実事求是とその真実から、何を未来への指針として学ぶかが歴史学。先人の真実を子孫へ遺すのが我々の使命で、平和への第一歩。完

 

※このNHK国民洗脳放送の、ソース本も検証済み! 1それでも日本人は戦争を選んだ東大教授加藤陽子は女スパイ誘導…

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/265-5af68955

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。