QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観アメリカの主張原爆投下で連合軍兵士数十万人と日本人数百万人を救命は負い目払拭用の詭弁だ


アメリカの主張原爆投下で連合軍兵士数十万人と日本人数百万人を救命は負い目払拭用の詭弁だ

原爆投下は巨大な人体実験  
 「広島・長崎への原爆攻撃の目的は何だったのか。一つには戦後世界でのアメリカの覇権確立であり、二つには『原爆の効果』を知るための無数の人間への『人体実験』だった。だからこそ、占領後に米軍が行ったことは、第一に、原爆の惨状についての報道を禁止し、『人体実験』についての情報を独占することだった。
 第二に、史上前例のない火傷、放射能障害の治療方法を必死に工夫していた広島・長崎の医者たちに治療方法の発表と交流を禁止するとともに、死没被爆者のケロイドの皮膚や臓器や生存被爆者の血液やカルテを没収することだった。
 第三に、日本政府をして国際赤十字からの医薬品の支援申し出を拒否させることだった。たしかに、『実験動物』を治療するのでは『実験』にならない。そこで米軍は全力を尽くして被爆治療を妨害したのである。
 第4に、被爆者を『治療』せず『実験動物』のように観察するABCC(原爆障害調査委員会と訳された米軍施設)を広島・長崎に設置することであった。加害者が被害者を観察するというその目的自体が被爆者への人権蹂躙ではなかったか」芝田進午・広島大学名誉教授毎日新聞(1994年9月6日)

 

 資源の無い日本攻略は、マッカサー証言のように、空爆原爆で老若男女を殺戮せずとも、兵糧攻めすれば勝てるのだ。ルーズベルトは無条件降伏を要求し、「全滅するまで戦うしかない」と日本を追い詰め、日本人種の絶滅を画策していたので、兵糧攻め作戦はせず、ホロコースト、東京空爆、都市空爆殲滅作戦を展開した。ルーズベルトがもし生きていたら、無条件降伏を突きつけられ、空爆ですべての都市は破壊され、原爆も2個ではすまず、国は分断され、間違いなく日本は殲滅状態にされ、生き地獄と化していた。終戦4ヶ月前の1945年4月12日、昼食中脳卒中で死去は、天の裁きを受けたのだ。我々日本人はルーズベルトに天罰を下した天に、平伏して深謝する。

 

 反日の民主党のF・D・ルーズベルト大統領は日本へ18発もの原爆投下を承認していた。ルーズベルトの後継者である民主党のトルーマン大統領も日本へ計十八発もの原爆投下を承認していた事実はワシントン.ポスト紙にスクープされているが、この決定を最初に下したのはルーズベルトである。小心かつ実務経験に乏しかったトルーマンは、ルーズベルトが決定していた方針に一切手を加えずに単にそのまま実行したのだ。

 

「・・・米海軍がフィリピンと沖縄を奪う頃には、海上封鎖も可能となった。そのために、日本陸軍を維持する供給は、次第に届かなくなった。封鎖したとたん、日本の敗北は決定的となった」1951年5月3日上院でのマッカーサー証言。

 

 連合国が包囲した時点で勝負はついていた。しかも当時すでに日本はソ連を通じて降伏の意思表示していた。

 

 ホロコースト、都市空爆作戦を展開せずとも二種類(ウラン235広島投下・プルトニュウム239長崎投下)の原爆投下をしなくても、連合国が無理に攻めず、ただ包囲を続けるだけで楽にアメリカは勝てた。マッカサーやアイゼンハワーなど、米陸海軍の将軍たち軍人全員が、死者に鞭打つ原爆使用に猛反対した理由はここにある。猛反対にもかかわらず、大統領に就任したハリー・S・トルーマン(KKK・黒人排斥秘密結社に加入歴がある)が原爆投下を命令した。トルーマンは投下決定を共和党側には伏せたまま、一九四五年七月に先にスターリンに知らせた。共和党や共和党系と見なされていた将軍たちに原爆投下決定が伝えられたのは投下の二日前である。史上初めての人類への暴挙原爆投下。このアメリカの負い目を払拭するための詭弁が、上記の発言なのだ。たとえ日本人が過ちとして、許しても、天は許してくれるだろうか。それほどこの負い目は深い。ヒトラーと同類、民主党のルーズベルトとトルーマンのの謀略戦争、ホロコーストは、アメリカの子孫に十字架を背負わせた。

 

 狂惨主義者やヒトラーや、民主党のルーズベルトやトルーマンなどの、無辜の市民無差別殺人は、戦争の勝者敗者問わず、どんな時代でもけして許されるものではない。日本は敗れたが、迎合せず、物事の基準は真実なのだから、事実に基づき真実史観で対処すればよい。捏造ではなく、真実を尺度にすれば、真の友好が生まれる。

 

 捏造し詭弁で負い目払拭を試みるような邪悪を、今後も続けるなら、天はけして許さず、子孫に背負わされた十字架は永遠に消え去ることは無い。アメリカは毅然として歴史と対峙し、ルーズベルトの謀略と、トルーマンの愚行を認めて、負い目を払拭すべきだ。マッカサーやアイゼンハワーやベンブルース・ブレークニー弁護人など、数多の是々非々主義者を輩出した自由の国アメリカだ、けして不可能なことではない。後の共和党アイゼンハワー大統領は、スチムソン陸軍長官に対し「米国が世界で最初にそんなにも恐ろしく破壊的な新兵器を使用する国になるのを、私は見たくない」(一九六三年の回想録)と何度も激しく抗議していた。


亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/26-9cda9cfd

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。