QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観1アッツNHKスパイ手口詳細ラジオ音声改竄玉砕戦陣訓米軍民族浄化隠蔽


 戦国の御世、資源無き小国日本の後手(資源封鎖)は滅亡、家族(日本)生存を懸け、何時も先手先手と先憂後楽で行動した先人。大国は出稼ぎ戦争で日本は死活戦争。負ければ家族が、愛する人が、祖国が滅ぶ、自己犠牲の強い意志が、特攻や玉砕である。出稼ぎ戦争の大国は撤退で済むが、日本はすべてが滅ぶ。ゆえに、小国の日本軍、はすべてが背水の陣、すべてが死に物狂いの死活戦争なのだ。兵糧攻めは家族の死。自己犠牲の強い意志で戦ったのは当然である。NHKはこの末期の自己犠牲をあざ笑い、軍切捨ての犠牲者と捏造、民族浄化皆殺し作戦のアメリカを隠蔽した。ルーズベルトがアジアに介入しなければ、凶産拡大も無く、兵糧攻めしなければ、大東亜戦争など無かった!凶産ソ連ルーズベルトの唯物が、大東亜戦争を引き起こしたといえる。資源無き小国日本の弱点は、兵糧攻め。それを世界征服連合国が実施(ABCD封鎖)。日本は適者生存を懸け、対処したに過ぎない。大本営に「部下虐めや虐待ごっこ」をする余裕などは、当然皆無。

 当時の日本は、ABCD侵略国に家族が囚われ、餓死寸前状態であった。大東亜戦争を国外戦争や侵略戦争と見るのは間違い。侵略戦争なら自己犠牲で戦う兵など皆無。侵略連合国はすぐ捕虜になり、自己犠牲兵皆無が証し。場所は国外だが、戦地すべてが城で、兵糧確保戦争と考えれば明解になる。この戦地一角が崩れれば、家族や日本が消滅する、わが身に代えてもの切迫した想いで、どこの戦地も国民も、皆戦っていた。絶体絶命の想いは、ワルシャワ蜂起やゲットー蜂起と同じ。極悪NHK上日本洗脳犯日凶会捏造子孫へぽーらんど不屈復興世界いさん子孫へ


 帰還兵のほとんどが引きずる思いは深く、負けたがゆえに皆沈黙した。この思慮深き聖なる沈黙に付け上がり、こともあろうに、思慮浅き輩は言いたい放題やりたい放題である。NHKとゲゲゲの鬼太郎作者のごとき浅はかな兵は、この、一死一殺の自己犠牲突撃もやむなしの思い、一途な兵を、ただの無駄死に自殺と捏造、狂った軍隊と嘲り笑い愚弄した。家族祖国滅亡生死の最前線で、狂う者がよしんばあったとしても、当然であろう。愚弄などどうして出来得ようか!愚弄者は見苦しい、子孫の白眼視化は確実、今すぐ訂正し引っ込むことだ。

 世界の解放者、沈黙の帰還兵は、今すぐ真実をかたってほしい!家族や親族は聞いて遺してほしい!そして発表してほしい!

 戦国時代の、この資源無き小国日本の立場や、敵や時代をすべて隠蔽し、適者生存の先憂後楽に一途な先人を、65年間も「部下虐めや狂人や虐待ごっこ」と極悪報道の偏向NHK、・・・狂っている。朝鮮報道にしてもしかり。当時のアジアで日本タイだけが独立国の御世に、朝鮮独立なんぞ夢のまた夢論で、力なき李氏朝鮮の独立なんぞ絵に描いた餅、李氏朝鮮は窮鳥に過ぎなかった。侵略南下ロシアに反対の英米等各国の総意と、朝鮮有識者の総意と、資源無き日本の生命線死守の意図でなされたのが、平和裏の朝鮮統治なのだ。ここをまた隠蔽して報道したNHK、スパイを自白しているのだからスパイの巣窟と呼ばれても仕方あるまい。自壊は実から出た錆。亡国奴を放置する国民など史上皆無。

 NHKは傀儡国家満州、関東軍の暴走と常套句だが、敵のソ連凶産ゲリラ(八・一宣言宣戦布告の毛沢東)との戦闘や孫文汪兆銘蒋介石との交流がない。NHKのアッツ島・「鬼太郎が見た玉砕」等の放送には、いたらしめた張本人、敵の米軍がいない。いつも敵がいないのがNHKなのだ。敵がいないので敵にではなく、日本軍の玉砕作戦や戦陣訓、命を切り捨て作戦に殺されたと国民が錯覚する。NHKが放送すると、原爆空爆までもが日本軍の責任と錯覚する。本末転倒スパイの巣がNHKなのだ。今回のこれも、米軍殲滅作戦を隠蔽しての、日本軍大本営悪玉、被害者国民の善悪史観、同じである。NHKの新資料とは、新たな日本軍罵倒資料なのだ。

 NHK視点とは、日本軍悪玉、国民はだまされた善人、善人国民の味方他虐偽善者NHKなのだ。マスコミ視点も同類。国民を暗愚扱いし、見下しての、愚弄視点である。NHK様様の、考えない善良な国民(戦後の、点丸暗記教育の犠牲者)はだまされるが、覚醒者には裁判の有力な自白証拠で、善良な国民の覚醒には恰好の自白放送でもあり、逆に早まり、NHK崩落は寸前となった。新たな戦争起因、この日本に巣くうスパイの一掃なくして、戦後などない!

玉砕と戦陣訓で煽り米軍殲滅作戦を隠蔽したNHK

 全編に主犯米軍皆無で、玉砕、戦陣訓の連呼とともに、数多の兵士の遺影、サイパン飛込み自裁、死体映像を背景に流し印象操作、国民錯覚洗脳放送である。

アッツ島玉砕とは

 米軍1万人が昭和18(1943)年5月12日上陸。アッツ島守備隊2638人が応戦。5月29日深夜、生き残り100人余りが、最後の総攻撃で全滅。2611人戦死。生存者27(海軍1、陸軍26)人は、12~28日の戦闘で負傷し捕虜となり戦後生還。

真実なら改ざん歪曲捏造など不要。NHKスペシャル「玉砕 隠された真実」8月12日(木)1CH午後10時でスパイどもは、改ざん歪曲捏造しまくりで、正体を白状した。

字幕「玉砕・玉が美しく砕けるように、名誉や忠義を重んじて、いさぎよく死ぬこと。広辞苑」

字幕「玉砕の名のもとに死んでいった兵士たち」

 たくさんの兵士の遺影と字幕で、玉砕の名のもとに(米軍ではなく日本軍に)殺されたと印象操作。潔く死ぬのは日本の伝統で、作戦などではない。日本戦史ではありふれた話。

NHKスペシャル

語り「日本軍アッツ島守備隊2600人は全滅、太平洋戦争中初めて玉砕と発表されました」

字幕と音声(大本営)アッツ島守備の我が部隊は敵米軍と決戦二旬(20日間)遂にことごとく玉砕しました

山崎部隊長はただの一度でも一兵の増援も要求したことがない

後に続く者とを信じて心残りなく笑って

悠久の

大儀に就いたのであります

 アッツ島守備隊に関する大本営放送全文は、昭和18年5月31日朝日新聞一面(この紙面最下段に、立川市議選挙結果が報じられている。民主主義は“日本が戦争に負けたから”なったと、“ようこそ先輩”でNHKと田原が捏造した。他虐偽善者史観NHK田原課外授業ようこそ先輩TBS窓際社員の独り言)。以下原文と記載。○は判読不明文字。

 原文アッツ島守備の我が部隊は敵米軍と決戦二旬(20日間)遂にことごとく玉砕しました其の壮烈なる最期は洵(まこと)に鬼師を泣かしむるものがあり、皇軍の神○を発揮して余すところがないのであります、・・・かういう○○悲壮なる状況下にありながら、山崎部隊長はただの一度でも一兵の増援も要求したことがない、又一発の弾丸の補給をも願わない、その烈々の意気、必死の覚悟には誰しも感○してゐたのであります、・・・本訓その二第七死生観に於いて『心身一切の力を尽くし、従容として悠久の大儀に生くることを悦びとすべし』と示し、・・・守備隊将兵はその最後の攻撃決行前に於いて、遥かに皇居を拝して大元帥閣下の万歳を奉唱し、神国日本の天○無○と、大東亜戦争の必勝と、そして後に続く者とを信じて心残りなく笑って大儀に就いたのであります太文字部をつまみ食いし、音声をつなぎ合わせ後に続く者とを信じてを強調し、玉砕は大本営命令であるかのように改ざんした。

 

語り「兵士の死を玉砕という言葉で発表した大本営、その裏には隠された事実がありました。作戦のためには兵士の命を切り捨てる、こうした考えがアッツ島玉砕以前から、蔓延していました」

 古今東西、負け戦は皆こうなる。その負け戦を、「隠された事実・作戦・兵士の命を切り捨てる」、負け戦が続いていることを「蔓延」と言い換え、日本だけが特別のように、印象操作。マッカーサーも、民間人を巻き込み籠城し、病気にかからせ、瀕死にし、「作戦のために兵士や民間人の命を切り捨て」妻子と逃亡した。バターン死の行進棄軍マッカーサーと救民本間雅晴と夫人本間富士子
 日本は皆殺しなどせず捕虜にした。がしかし、戦争に勝ったがゆえに、「作戦のために兵士や民間人の命を切り捨て」妻子と逃亡した者は、アメリカの英雄となり、戦争に負けたがゆえに、捕虜にした者は裁判で処刑された。勝ち負けが、英雄と処刑が、皆殺しと犠牲者が結果の「」である。「」(結果)史観善悪史観(勝者善敗者悪)史観が、いかに不整合不条理で、「」史観真実史観が、いかに整合し条理か、賢明な読者なら一目瞭然であろう。

 

語り「今回私たちが入手した大本営参謀の証言記録です。『敗残兵になったら死んでしまえというのは当たり前じゃないか。薬一つねだってもいけない』」

 戦後の他虐偽善者証言かつまみ食い。映像は富岡定俊氏談話記録第六回とある。詳細後述

 

語り「アッツ島玉砕を機に、兵士の死は美化され、大本営は繰り返し玉砕を報道してゆきます」

 米軍の皆殺しとはいえないので、武勇を尊び玉砕とした。NHK大本営侮蔑目的で美化と印象操作。

 

字幕と音声(大本営放送谷萩報道部長)「ああなんたる荘厳なんたる壮烈でありましょう

生きて虜囚の辱めを受けず

あの

戦陣訓をそのまま実践したものであります

 との字幕と音声だが、この連続文も大本営放送の原文には無い。

 原文「・・・以って皇軍道義の昂揚を図らんとした戦陣訓を其の儘実践したものであります

本訓其の一第五共同において『将兵心を一つにして其の任務に邁進すると共に全軍戦捷のため欣然として没我協力の精神を発揮すべし』と教え、

第六攻撃精神に於いて『防御又、克く攻勢の鋭気を包蔵し必ず主導地位を確保せよ、陣地は死すとも敵に委することなかれ』と訓じ、

本訓其の二第七死生観に於いて『心身一切の力を尽くし、従容として悠久の大儀に生くることを悦びとすべし』と示し、

又第八名を惜しむに於いて『生きて虜囚の辱めをうけず、死して罪過の汚名を残すこと勿れ』と戒められてある、その悉くがこの部隊の上に躍動し○現されてゐるのであります、

あゝ何たる荘厳何たる壮烈でありませう 守備隊将兵はその最後の攻撃決行前に於いて、遥かに皇居を拝して大元帥閣下の万歳を奉唱し、神国日本の天○無○と、大東戦争必勝と、そして後に続く者とを信じて心残りなく笑って大儀に就いたのであります、私は謹みて合掌し、仇敵討ちてし止まむの誓ひを新たにするものであります」

 太文字をつまみ食いし、音声をつなぎ合わせ、改ざんしたのだ

 字幕と音声の内容は、第八のみで、意味は「ああなんたる荘厳なんたる壮烈玉砕は、生きて虜囚の辱めをうけずの戦陣訓を其のまま実践したもの」となり、戦陣訓実践をたたえたものとなり、大本営の命令であるかのように錯覚する。

 原文の内容は第八のみではなく、意味は「皇軍道義の昂揚を図らんとした戦陣訓の、本訓其の一第五第六、本訓其の二第七第八の訓えを、其の儘実践したことに対する、救援できずの自責と、驚きと賞賛(あゝ何たる荘厳何たる壮烈でありませう)」で、明白に異なる。原文は米軍殲滅作戦に対し、勇敢な壮烈死を悼みたたえたもので、戦陣訓の実践をたたえたものではない。

 これは明白なNHKスパイの主旨変更で、洗脳目的の改ざんである。敵は殲滅戦と見切ったのでこれ以降の戦闘は、洞窟やトンネル作戦で徹底抗戦した。

 

語り「今回見つかった玉砕の報道方針を記した内部資料です。そこには兵士に死ぬまで戦うことを求めた戦陣訓を国民にも浸透させるという狙いが記されていました」

 との語りだが、映像には「戦陣訓を一般に理解せしむ」のみで、「兵士に死ぬまで戦うことを求めた・浸透」は無い。

 

語り「ラジオ雑誌新聞などあらゆるメディアを通じて玉砕をたたえ、国民に死の覚悟を求めてゆきました。戦況の悪化とともに一般の国民にも玉砕が広がってゆきます。アッツ島の玉砕以降死者の数は急速に増え二百数十万人の日本人が命を失ってゆきました」

 「戦陣訓を一般に理解せしむ」が「一般の国民にも玉砕が広がってゆき」で、戦陣訓=降伏禁止=玉砕に摩り替わり、「二百数十万人の日本人」が大本営の「戦陣訓=玉砕」で「命を失った」かのように錯覚する印象操作。殺したのはアメリカ軍で大本営ではない。

 

語り「玉砕の魁とされたアッツ島2600人の将兵たち、その死はどのようように引き起こされ利用されていったのか、これまで明らかにされてこなかった玉砕の真実に迫ります」

  NHKのスパイどもは、アメリカの殲滅戦を徹底的に隠蔽し、大本営命令の戦陣訓で殺され、大本営が玉砕と美化し、「一般の国民にも玉砕が広がた」と捏造し、印象操作。NHKスパイ工作の真実に迫ります。

玉砕 隠された真実

 無い無い尽くしの蜂起日本軍、最後は身体を武器に戦った。指揮権喪失につながり総崩れになるので、戦時下の味方の不利情報隠蔽は、当然の常識。発表するバカなどいない。

語り「軍艦や爆撃機によって補給は阻まれました。2638人は孤立してゆきます。日本軍の占領から1年がたった昭和18(1943)年5月12日アメリカ軍がアッツ島に上陸。守備隊の4倍1万人余りの大兵力が押し寄せてきました。追い詰められた守備隊が最後の突撃をおこなった場所へと向かいました。昭和18(1943)年5月29日深夜生き残っていた100人余りの日本兵がこの谷に沿って突撃したとされています」

最後の突撃

語り「日本兵はほとんど武器も持たず叫びながら向かってきたといいます。セロルさんにとって日本軍最後の突撃は、まったく理解できないものでした」

米兵(アラン・セロル94歳)証言「あれは自殺でした。バンザイはどういう意味かわかりませんが自殺のための突撃でした。日本兵は爆発物を巻きつけて死のうとしていました。私たちを殺しに来ると同時に死にに来たんです」

 バンザイは「どういう意味かわかりませんが」とあるので、NHKスパイの誘導質問。軍艦や爆撃機によって補給は阻まれ、米軍殲滅戦に残された唯一の道は、一人一殺しかない。その証が米兵証言である。

 

語り「アッツ島守備隊2638人は全員玉砕したと大本営によって発表されました。・・・実は27人が瀕死の重傷を負

元兵士証言佐々木一郎89歳「んー、カメラの前でこんなごど語るとは夢にも思ってねがらさ、旗色悪いの目に見えているんだもん、だあれー、んー最初がらね、艦砲射撃受けるどぎがら。ほだらねば艦砲射撃受げねよぬ、撃退するよな艦隊がそごらぬいのだら話はわかるけどね。本当に希望もなにもね、戦争さ、負け戦だからね」

 「負け戦だからね」と、負け戦の実態を証言。平和の御世の尺度で判断は誤り。戦時下の負け戦は皆こうなる。

 

語り「それでも日本兵は降伏しませんでした。アッツ島で戦死した兵士が持っていた軍隊手帳。『生きて虜囚の辱めを受けず』、降伏して捕虜になることは、兵士の心得を記した戦陣訓によって、かたく禁じられていました」

 NHK「戦陣訓・生きて虜囚(囚人)の辱めを受けず」を降伏禁止と捏造。軍人勅諭も軍法も「禁じ」てなどいない。戦陣訓は兵士の心得を記した訓えである

 

語り「肩に重傷を負っていた高橋富松さん、自決するか突撃して戦死するか選べと、上官に告げられました」

 最終突撃ではない。突撃以前に捕虜となったので、米軍殲滅作戦は解らないのだ

 

元兵士証言高橋富松89歳「軍隊の規則だからこれ(戦陣訓)だけはね、守らねやならねす。死ぬという言葉が戦陣訓にありやすからな、だからね、残されれば敵に引っ張っていかれるから結局しぬほかしかないんです

 戦陣訓は(訓え)で努力目標、規則ではない。「軍隊の規則・これ(戦陣訓)」は戦後の学習負け戦の実態を証言2につづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/240-fabb8a45

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。