QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観3中ソ朝は老若男女同胞虐殺凶産上悪下善で信奉するNHKや東大ら犯日

字幕と音声(大本営)「アッツ島守備の我が部隊は

ついにことごとく玉砕しました

生きて虜囚の辱めを受けず

あの

戦陣訓をそのまま実践したものであります

後に続く者とを信じて心残りなく笑って

悠久の大義に

就いたのであります」

 との字幕と音声だが、この連続文もこれまで同様、大本営放送原文には無い

 原文アッツ島守備の我が部隊は敵と決戦二旬(注・20日間)遂に悉く玉砕しました其の壮烈なる最期は洵(まこと)に鬼師をも泣かしむるものがあり、皇軍の神○を発揮して余す所がないのであります、・・・以って皇軍道義の昂揚を図らんとした戦陣訓を其儘実践したものであります

本訓其の一第五共同において『将兵心を一つにして其の任務に邁進すると共に全軍戦捷のため欣然として没我協力の精神を発揮すべし』と教え、

第六攻撃精神に於いて『防御又、克く攻勢の鋭気を包蔵し必ず主導地位を確保せよ、陣地は死すとも敵に委することなかれ』と訓じ、

本訓其の二第七死生観に於いて『心身一切の力を尽くし、従容として悠久の大儀に生くることを悦びとすべし』と示し、

又第八名を惜しむに於いて『生きて虜囚の辱めをうけず、死して罪過の汚名を残すこと勿れ』と戒められてある、

その悉くがこの部隊の上に躍動し○現されてゐるのであります、

あゝ何たる荘厳何たる壮烈でありませう 守備隊将兵はその最後の攻撃決行前に於いて、遥かに皇居を拝して大元帥閣下の万歳を奉唱し、神国日本の天○無○と、大東戦争必勝と、そして後に続く者とを信じて心残りなく笑って大儀に就いたのであります、私は謹みて合掌し、仇敵討ちてし止まむの誓ひを新たにするものであります」

 太字部をつまみ食いし、音声をつなぎ合わせ、改ざんしたのだ

 字幕と音声の内容は第八のみで、「生きて虜囚の辱めをうけずそのまま実践し、遂に悉く玉砕した。戦陣訓で玉砕するを見習って、後に続く者とを信じて心残りなく笑って悠久の大儀に就いた」となり、大本営命令と錯覚する。

 原文の内容は、第八のみではなく、意味は「皇軍道義の昂揚を図らんとした戦陣訓の、本訓其の一第五第六、本訓其の二第七第八の訓えを、其儘実践したことに対する、救援できずの自責と、驚きと賞賛(あゝ何たる荘厳何たる壮烈でありませう)」で、大義に就いた理由は「神国日本の天○無○と、大東戦争必勝と、そして後に続く者とを信じて心残りなく笑って大義に就いた」で戦陣訓や玉砕ではない、明白に異なる。原文は米軍殲滅作戦に対し、戦陣訓の内容4ヶ所を引用し、勇敢な壮烈死を悼み、たたえたもので、全滅した同胞への表現を玉砕としたに過ぎない。これは明白なNHKスパイの主旨変更で洗脳目的の改ざんである。

 ガダルカナル・ブナ・アッツの皆殺しで、アメリカは殲滅戦と見切り、これ以降の、サイパン・パラオ・ペリリュー・硫黄島・沖縄等では、洞窟に立て籠もるトンネル作戦で、徹底抗戦となった。住民の自裁も米軍皆殺しが起因で、玉砕や戦陣訓などではない。トンネル作戦はベトコンが継承し、米軍を追放したのは、真新しい史実だ

語り「今回見つかった陸軍の幹部が記していた内部資料、東條首相が出席する会議で、谷萩少将が戦争を継続するために、将兵たちの死を利用する計画を語っていました」

アッツ島報道方針

谷萩少将「戦意の昂揚をはかり戦陣訓を一般に理解させる。山崎大差はもとより、全将兵の勇戦をたたえ、統率に疑惑を抱かせないようにする」

東條首相「国民一般に是非とも伝えて、山崎大佐の死を永久にいかすようにせよ」

 戦陣訓の内容は降伏禁止などではなく、軍規違反するな、なので、当然である。東條首相の永久にいかす」は、死を永久にとあるので、生かす(歴史に遺す)で、活かす(利用)ではない。よって、「将兵たちの死を利用する計画」ではない。捏造印象操作。1万1千人対糧食弾薬尽きた2638(負傷捕虜27)人戦闘の結果は、4倍の殲滅作戦軍アメリカ戦死者600名、戦傷者1200人である。一人一殺以上の凄まじい戦いといえるだろう。東條首相が死を永久にいかすようにせよ」の指示は当然である

山崎部隊の合同慰霊祭ニュース映像

語り「軍の主導で大々的におこなわれたアッツ島守備隊の慰霊祭。玉砕した将兵たちは軍神として祭られました。其の遺骨箱にはただ砂が入っていたといいます」
 占領されたので当然遺骨など無い。ただ砂が入っていた」と強調し、大本営の非情を強調

語り「その後、太平洋の戦場で部隊の全滅が次々と起こり、玉砕と発表されてゆきました。隠蔽されていたニューギニアブナ守備隊の全滅も玉砕とされ、賛美されました。一億玉砕、ラジオ新聞雑誌などあらゆるメディアも、国民を煽り立てました。選局が絶望的になっても大本営はさらに玉砕をあおりたて、一般市民も死に巻き込んでゆきました

サイパンの婦人飛び込み映像

語り「先の戦争で亡くなった日本人は310万人、この内二百数十万人は、アッツ島玉砕以降の死者です」

 大本営の戦陣訓や一億玉砕扇動で、サイパンの婦人も飛び込み、二百数十万人の死者となったと、錯覚する。NHKはアメリカ軍殲滅作戦を隠蔽し、戦陣訓や玉砕作戦で日本軍大本営に殺された犠牲者は、最終的に二百数十万人に達したと印象操作放送した。なんとまあ短絡な選り食いつまみ食いした幼稚な放送だ。殺したのは兵糧攻めし、出稼ぎで侵略した、アメリカ軍である。日本は生きるか死ぬかの死活戦争。死に物狂いは当然である。世界が相手である、並みの覚悟などで出来るものではない。軍民皆共生共死、覚悟したゆえの戦争であった。サイパンも沖縄も真岡も、軍民一丸覚悟の自裁。証拠は下記。サイパン婦人飛び込み自裁についての米軍従軍記者の報道 
 「海兵隊はマルピ岬で在留邦人婦女子の投身自殺の大半を見かけた当日の一日中の間にも、その断崖の上にはラジオの拡声器がいくつも据えつけられていた。そしてすでに投降した在留邦人たちは、他の同胞に向かつてよく待遇されるむねを説得しながら、投降するように大いにすすめたのであつた。しかし、それでも日本人の自決をとどめることはできなかつた。多数の日本人の間には、あらゆることにもかかわりなく、死のうとする強烈な推進力があるように思われた。これらのサイパン島の在留邦人の態度は、総員自決するまえに次のような文字を書き残して玉砕したペリリュー島(内南洋のパラオ諸島の主島)の日本軍将兵の態度とよく似ているように見えた。『われわれは、わが屍をもつて太平洋の防砦を築かん!』」。(注・死後祖先神は、古からの古式


日本女性人髪櫛けずり自裁
 「日本人在留邦人の一部には、みずからその生命を絶つまえに、相当の儀礼をとりおこなうものがあった。その一例として、三名の女性が、まるでテルモビレーの決死の陣にのぞんだレオニダス将軍と部下のスパルタ軍勢の流儀に似て、岩頭にゆうゆうと坐ってその長い黒髪を落ちついて櫛けずりつつあった光景には、さすがの海兵たちも呆然と驚異の目を見はって見まもるばかりであった。それから最後に、これらの女性はそれぞれ両手を合わせて祈りながら、しずしずと海のなかへ歩いて行き姿を消したのである」。「サイパン日記7月11日」ロバートシャーロッド著中野五郎訳(注・住民自裁は、米軍急追と、尼港済南通州等のトラウマと、古式祖先神が相俟って起きた軍命は捏造米軍急迫で集団自決トラウマ尼港済南通州等で潔く自裁が真相

 終戦時20歳の橋田 壽賀子も、青酸カリを個人的に貰い、所持していたと、2011.11.1.TBS朝ズバで証言。

語り「アッツ島の戦闘から奇跡的に生還した、高橋富松さんです。山崎軍神部隊と題された戦時中の雑誌。玉砕した兵士たちをたたえています」

高橋富松「そうそうこれな」

語り「軍神として祀られた22歳の高橋さんの姿です。67年たった今も、戦友と共に玉砕できず、生きて帰ったことに苦しんでいます」

高橋富松「わたしは運が悪いんじゃないかと思ったんだけど、わたしはが考えるのは、運が悪いからこりゃ生きてきたなということだども、(だども=だけれども。以下カットされている)」

佐々木一郎「戦陣訓どおりにやれば立派だて、そりゃ死ねばはいいやさみなうーん、うーんまずねーどうしておれはこういうふうに生きてきたもんだろうと思うのはねいつも思うんです。思いますよ」

加藤重雄「生きて虜囚の恥をかいているんですから。あんたに恥をかいている。たくさん、恥をかいているん、ですから」

語り「真実を覆い隠す美名として使われた言葉玉砕。その裏には、残された者の筆舌に尽くしがたい苦しみがありました。そして、失われたおびただしい数の命。戦後65年、兵士たちの遺骨は、祖国から遠く離れたアッツ島に今も残されたままです」
 2600人の遺影映像。米軍殲滅作戦ではなく、玉砕で亡くなったと錯覚する
 主客転倒筋違いな語りである。「真実を覆い隠す」は戦時下の常識。「美名」呼ばわりは、NHKの捏造。「残された者の筆舌に尽くしがたい苦しみ」は、降伏禁止と捏造したNHKが原因。「失われたおびただしい数の命」は、ルーズベルト政権アメリカの民族浄化政策の犠牲者。「遺骨は、祖国から遠く離れたアッツ島に今も残されたまま」なのは、戦後65年経ても未だに日本極悪、日本軍極悪報道のNHK筆頭、マスコミが原因。NHKスパイのこじつけは、子供でも判る幼稚さなのだ。

山崎保代大佐(山梨県出身)
 1943(昭和18)年3月越後高田の歩兵連隊長山崎保代大佐は、新たに最前線アッツ島守備隊長に任命された。帰還困難と覚悟した山崎は、妻に遺書、四人の子には別れの手紙を残し、出陣した。

 5月12日米軍上陸作戦開始。14日、樋口季一郎(オトポールルートユダヤ人救出者1八紘一宇世界同胞主義樋口季一郎安江仙江犬塚惟重すぎはらちうねとユダヤ人)北方軍司令官より、増援電報。16日樋口は「持久戦」指示。20日大本営より「増援中止」の指令。

「遺稿集」樋口季一郎私家本「私は落涙、この『断』に追従する外なかった」

 そして樋口は、追従する交換条件として、統帥部案件「キスカ島撤退」の「確約」を迫った。

「書翰」昭和40年1月26日

 「私はここで一個の条件を出した。それは『キスカ撤収に海軍が無条件の協力を約束するならば』と云うようにあった。

 次長は長距離電話で中央部との協議の末。私の条件を受理した。そこで私は山崎支隊を見殺しにするということを了承せざるを得なかったのであった」

そして同日20日、樋口苦渋の電文
 「中央統帥部の決定にて、本官の切望救援作戦は現下の情勢では、実行不可能なりとの結論に達せり、本官の力およばざることははなはだ遺憾にたえず、深く謝意を表するものなり」
山崎守備隊長の返電
 「戦する身、生死はもとより問題ではない。守地よりの撤退、将兵の望むところではない。戦局全般のため、重要拠点たるこの島を、力およばずして敵手に委ねるにいたるとすれば、罪は万死に値すべし。今後、戦闘方針を持久より決戦に転換し、なし得る限り損害を敵に与え、九牛の一毛ながら、戦争遂行に寄与せんとす。なお爾後、報告は、戦況より敵の戦法、及びこれが対策に重点をおく、もし将来、この種の戦闘の教訓として、いささかでもお役に立てば、望外の幸である。その期いたらば、将兵全員一丸となって死地につき、霊魂(注・古からの祖先神となり)は永く祖国を守ることを信ず」指揮官の決断・早坂隆著・2010・文春文庫

「山崎守備隊長の最後・アメリカ軍中隊長ハーバード・ロック中尉の談話」朝日新聞広島地方版昭和25年2月19日
 「自分は自動小銃を構えて立っていた。霧で百メートル以上は見えない。ふと異様な物音がひびく。敵襲かと思ってすかして見ると、三百~四百名が一団となって近づいてくる。先頭に立っているのが山崎部隊長だろう。右手に日本刀、左手に日の丸を持っている。どの兵隊もボロボロの服で青ざめた顔をしていた。手に銃がないものは短剣を持っている。最後の突撃というのに、皆どこか負傷しているのだろう。足を引きずり、ゆっくり近づいて来る。アメリカ兵は身の毛をよだてた。第一弾が命中して先頭の山崎部隊長がバッタリ倒れた。しばらくするとむっくり起き上がり、また倒れる。また起き上がり、一寸一寸と、はうように米軍に迫って来る。また一弾が山崎部隊長の左腕を貫いた。左手はだらりとぶらさがり、右手に刀と国旗を握り締めた。こちらは大きな拡声器で『降参せい、降参せい』と叫んだが、日本兵は耳を貸そうとはしなかった。遂に一斉砲火が集中された」


奇跡の作戦」:陣容を立て直した大本営隣のキスカ島の守備隊全員5183名を無傷で救出
 
運悪くアッツ島救出はできなかったが、隣のキスカ島は、米軍包囲網突破に6月上旬から数度挑戦し、1時間で全員を救出している。キスカ島撤退作戦:アッツから二ヵ月後の昭和18年7月29日、キスカ島の守備隊全員5183名を無傷で救出し、撤収。「奇跡の作戦」と呼ばれている。キスカ撤退作戦 (ケ号作戦発動)8月15日、3万4千の米軍はもぬけの殻のキスカ島上陸、同士討ちで100名戦死、負傷者数十名アッツ突撃の恐怖が引き金であろう)でキスカ島攻略を完了した。なにゆえ2ヵ月半も時間をかけたのだろうか?アッツ島2638の兵と戦い1800の死傷者(戦死600負傷1200)の力攻めを反省し、封鎖し、米軍は兵糧攻めに変更したのだ。この変更が日本の陣容建て直しとなり、救出可能となった。アッツ攻略が簡単であったなら、すぐさまキスカも攻められ全滅であったろう。キスカ5183名は、アッツの戦友が救ったといえる。NHK巧凶放送は、これも隠蔽した。NHKのつまみ食いの歴史は、いかに邪道悪意に満ちたものかの証明であるNHK加藤陽子3H(犯日=半藤保坂)等、ごろつきペーパー人間の捏造は、バカの一つ覚えのつまみ食い。なぜどうしてと過程をたどれば、子供でも解る他愛もないものである。ペーパー人間はしょせん、ペーパー人間しかだませないのだ!

 「物事にはすべて禍福あり」。この、已むに已まれぬ決断を、「上悪下善」を掲げNHKは冒涜しているのだ。上悪下善は凶産の旗印だが、中国やソ連や韓半島のごとくに、老若男女同胞を皆殺しした国家は、古今東西皆無。NHKや東大が信奉する凶産は、無辜の非戦闘員老人女子供同胞大量虐殺集団。NHKのすり替え洗脳である。

 放送の、証言者の戦陣訓は、戦後の学習。皆が命を懸けた国民救済の戦いに命を懸けられず、おめおめと生き残ったという深い負い目があるので心深く刻まれた。宗主国破壊、新秩序植民地独立付与宣言を隠蔽し、敗者日本、侵略者極悪日本軍との罵倒が原因で、護国の兵に、こういう悔恨のむごい証言をさせる結果となった。

 「降伏禁止は軍人勅諭にも軍法にもありません。戦陣訓虜囚の辱めは、軍規違反で捕まり、囚人となるなという訓えで、降伏禁止ではありません。戦時中、兵士鼓舞の建前論に誤用引用されましたが、兵士のほとんどが建前論として理解していましたので、力尽き投降し捕虜になった兵もたくさんいます。それを、戦後復職の東大京大の赤化教授らが、戦中に追放された己を正当化するために、降伏禁止命令と捏造し、追随したNHKや新聞が65年間も日本軍極悪宣伝の旗印にし、なんと辞書まで書き換えました。しかしついに、皆さん先人の真実は解明されました。先人の、子孫家族生存を願った先憂後楽苦汁の蜂起なかりせば、今の日本など、・・・いや、国名も消滅していたでしょう。あなた方先人が命を懸け鳴らした人類への警鐘、鉄槌で、人類が覚醒し、子孫は護られ、ご覧のように繁栄しています。開闢以来の弱肉強食を破壊、世界は新秩序を産み平和になりました、ありがとうございます。あの世の戦友にもそう伝えてください」と、世界の真実定説を、NHKはどうして言えない!語れない!人類に身体を筆にし流れる血で不条理を書き、遺し、共振を喚起し、人類の覚醒の扉を開いた救国の兵に、敗残兵証言させ、悔恨させることほどむごたらしいことはない。NHK65年間もの捏造は、日本史上まさしく最大の巨悪だ!

 先人は、大本営の戦陣訓や一億玉砕扇動の犠牲者ではなく、ルーズベルト政権アメリカの民族浄化政策の犠牲者で、虐げられし白人小国や、有色人の祖国家族を、民族浄化から護り切った解放者だ。

奇跡の作戦」を隠蔽し国民をだましたNHKは、スパイ以外の何者でもない
 「訓え」を「虜囚の辱=捕虜となるはづかしめ」と曲解し、日本古来の武士道と結びつけ、「兵士や国民鼓舞」に利用した軍人もおり、学者新聞も追随した。「戦うも死(超大国英米蘭中ソが相手)、戦わざる(降伏)も死(凶産ソ中合体での日本侵略)」の、抜き差しならない死活下(曲解までしての、「鼓舞」の理由)なので、曲解を咎める者無きは当然であろう。日本危うし!軍民こぞって、決死の覚悟であったことが窺い知れる。「感謝」以外、先人への言葉は無い!

スパイと白状したNHKとその寄生虫
制作統括高山仁 ディレクター横井秀信・夜久恭祐 取材協力秦郁彦 語り濱中博久 資料提供朝日新聞・毎日新聞

1NHKスパイ白状アッツ島




亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/238-4b5df691

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。