QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観他虐偽善者司馬遼太郎史観の覚醒宣言!ノモンハン書いたら俺死んじゃうよ!


他虐偽善者司馬遼太郎史観の覚醒宣言!ノモンハン書いたら俺死んじゃうよ!

 検証回路皆無の表音丸暗記教授や作家は“負ける戦争・無謀な戦争をした軍隊・負けるとわかっていた戦争を戦った軍人”と、したり顔で愚弄するが、日清も日露も圧倒的に不利な戦争であったが、戦った。なぜ戦ったか、座しても死、戦っても死と追い詰められたからである。
 資源なき小国日本が大国相手に勝機をつかむには、支援の当て無き籠城は亡国、先手必勝あるのみ、打って出た。今川が信長を攻め、信長が桶狭間に打って出たのと同じである。奇襲をかけた信長は侵略者では無い、被侵略者であるのは子供の目でさえ明白で、歴史の常識である。
 先人愚弄常套句は、“可能なら回避したが、できなかった”を物語って余りある。先人罵倒常套句は同時に、回答なのである。それさえも気づかず愚弄する文系は、検証回路欠損欠陥人間か、工作員の白状である。
実学皆無の虚学文系、65年間もの職責放棄は万死に値する。

 ネット常識の追試が、やっと始まった。一学究の救国論「日本国民に告ぐ」2010文藝春秋7月号「日中戦争は侵略ではない」と表意記憶。藤原正彦・御茶ノ水女子大名誉教授数学者、エッセイスト、新田次郎藤原てい夫妻の次男。
 以前は、「国家の品格」2005.11.新潮新書「当時の中国に侵略していくというのは、まったく無意味な『弱い者いじめ』でした。・・・無意味で恥ずべき関東軍の暴走でした」と、表音丸暗記だった。「日韓がタブーにする半島の歴史」10.4.室谷克美著新潮新書も
追試

昭和4年1939年5月~9月ノモンハン事件までの予備知識。

 南下するロシア、東進する英仏蘭、西進するアメリカ、超大国中国とその属国朝鮮、一触即発の戦国時代に、資源無き島国日本は開国し、対峙した。教授や日教組やNHK等の言葉と文字の凶産犯日半端者が隠蔽し、平和な時代と捏造する時代背景である。日本は資源無き島国、資源封鎖海上封鎖されれば、即亡国は現代でも同じ。本土決戦や籠城は負け戦なので、当然打って出た。英米の助力で、象と蟻の戦い日進日露の難局をなんとか制した。しかしロシアが凶産ソ連となり、近隣諸国を次々と凶産化、モンゴルを手に入れ、中国日本に迫った。

 「花神」で幕末・維新を描き、「翔ぶが如く」で西南戦争を描き、「坂の上の雲(1968年~72.サンケイ・夕刊)」で明治を描き、ノモンハンで昭和を描きたかったのだろうが、司馬遼太郎は断筆した。

 全世界が相手で勝敗明白な、愚かな負け戦に、なぜどうして突入かを、常識でたどれば、全世界連合国(凶産・食民治主義の侵略者)対世界で唯一の独立国日本と、誰でもがたどり着ける。司馬遼太郎はノモンハン事件調査で、一兵士のWGIP耳目知識二次元から、三次元鳥瞰に進化、全世界が凶産・食民治主義の侵略時代、戦国時代、選択肢皆無にたどり着き、受動戦争に覚醒した。二人しか居ない息子も戦死の、象と蟻戦争に勝利した乃木を、愚将と罵倒した司馬が、「ノモンハン書いたら俺死んじゃうよ!」と断筆。

乃木希典(まれすけ)(1849~1912)の手紙

 自刃する2年前、陸軍時代の部下で、修道学園前身の修道中学校総理(理事長)だった佐藤正に宛てた、1910年7月6日消印の手紙。戦争で跡継ぎの2人の息子を亡くした乃木に養子縁組を勧める佐藤に対し、「「弊家(へいけ)ハ小生共(しょうせいとも)一代(いちだい)」と乃木家を断絶させる決意をつづり、天皇陛下や戦死した将兵の遺族に対し「申譯(もうしわけ)ナク」と謝罪。息子2人の戦死は、「愚父ノ面目ヲ添ヘタル」と、かえって面目を保てたと記している。

司馬遼太郎(1923~1996)
 大阪外語大蒙古語学科卒。1944年学徒出陣で出征、満州の陸軍戦車学校に入校、12月牡丹江の戦車第一連隊に配属。この戦車第一連隊は、「ノモンハン事件」で戦い、還ってきた戦車部隊で、同僚となった兵隊から「ノモンハン事件」の戦いの詳細を聞かされていた。翌年の1945年、新潟県、そして栃木県佐野で陸軍少尉として司馬は、実戦皆無で終戦、22歳。1948年産経新聞入社。1960年「梟の城」で直木賞。1993年文化勲章。

 摘み食いし、軍の総意であるかのように工作員に捏造引用されている「轢っ殺してゆけ」は、「歴史と視点・新潮文庫」に収録の「石鳥居の垢」と、「歴史の中の日本・中公文庫」に収録の「百年の単位」に書かれている。仮定での模擬演習上の発言で、実戦上の命令ではない。事実なら、軍の総意では無く、発言者個人が鼓舞する余りの失言であろう。蜂起目的が護国の兵が、国民を殺すことなど無い。常識有る者が、常識で考えればわかることである。実戦皆無で、有るのは耳目の机上知識のみ、軍隊一年未満の司馬は、摘み食いし本意と受け取ったようだ。ただし、司馬以外の証言者は皆無なので、WGIPで洗脳され、創作の可能性もある。旧帝国陸軍軍人として、ましてや誇り高い戦車隊将校として、聞き捨てならぬことと問題になり、近藤新治氏(元戦車第二十八連隊中隊長)が「司馬さんといっしょの部隊にいた人たちに当たったけれど、だれもこの話を聞いていない」と答えている。昭和五十八年八月の中央公論社『増刊・歴史と人物』誌に「座談会 もしも本土決戦が行われたら」

「ノモンハン 隠された『戦争』」 鎌倉英也著NHK出版 赤字()内は真実史観の推察。

司馬遼太郎のかたわらで蒐集資料整理を長年担当してきた伊藤久美子の証言 

 「『ノモンハン事件』 っていうのがあったでしょ。あれを書きたかったんですって。それでずいぶん資料も集めたし、聞き取り調査もしたんだけど全部ここに押し込んであるのよ。もう書かないから目に見えないところにしまっといてくれって言われてね。そのくせ、何でもとっておくと手狭になっちゃうでしょう。私が『あれはもう処分してもいいですか?』 って聞くと、決まって『捨てちゃ困るんだ。とっといてくれ』って言ってね。それが、この段ボール箱なんだけど・・・」

司馬遼太郎の妻、福田みどりの証言 

  「取材から帰ってくるでしょう。『面白かった?』って聞くのね。すると『ふん』とか言うだけでね。あとから日をおいて『つまらなかった』(司馬の極悪軍認識とは異なった)とか『あんなやつ』(司馬覚醒の萌し)とか、いろいろいってましたよ」・・・「出版社の方なんかに書くってお約束もしていたんですけれど、だんだんもういつ書くかわからないってことになってしまって・・・・ それで、今でもはっきり覚えていますけれど、編集の方が『ノモンハン、よろしくお願いします』って言ったときに、こう言ったんです。『ノモンハン書いたら、俺、死んじゃうよ』(これまでのすべてを覆さなければならず、多大な損害を与えるため、当時の世情では不可能。浅学を反省し断筆までした作家だ、現代なら覚醒宣言したであろう)。皆、ハッとして黙ってしまいました。

 なぜ、彼は「ノモンハン事件」を書こうと思ったのか。
 どうしてここまで調べ上げた資料を埋もれるままにしていたのだろうか。
 そして、なぜ「ノモンハン事件」は終に書かれなかったのか。・・・

 半藤一利が、文藝春秋の専務時代、司馬遼太郎に「ノモンハン事件」の執筆を迫った時の発言(前記鎌倉英也著には、死の一年前のことであるとある)。WGIP鵜呑みし「ノモンハンの夏(文春文庫)」を書いた脳天気半藤一利の、自著宣伝や極悪軍強調のプロパガンダは明白なのだが、事実なら、裏返しの本音がここには溢れている。

 司馬遼太郎「調べていけばいくほど空しくなってきましてね。世界に冠たる帝国といい気になって、夜郎自大となった昭和の軍人を(こんなになるまで戦いやがって・・・・バカヤロー!哀惜ゆえの侮辱)、つまりは日本そのものを、きちんと描くには莫大なエネルギーを要します。(司馬は戦国時代無視のWGIP極悪軍が基点なので、まず全てを覆してから始めなければならず、倍以上のエネルギーが必要)昭和12年に日中戦争が起こって、どろ沼化し、その間にノモンハンの大敗北があり、そしてノモンハンの敗戦からわずか2年で太平洋戦争をやる国です。(一兵士のWGIP耳目史観者が調査の結果、まともでない時代背景に気付いた)合理的なきちんと統治能力をもった国なら、そんな愚かなことをやるはずがない。(日本軍極悪のWGIP司馬史観が、日本が愚かに見えるほど逼迫した戦国時代、選択肢皆無に気付いた)これもまたこの国のかたちのひとつと言えますが、上手に焚きつけられたからって、よし承知したという具合にはいきません(笑)淋しい話になりましたね(悔恨と、翻意を公に出来ない己の不甲斐なさへの自嘲)」「司馬遼太郎とノモンハン事件」プ『レジデント』96年9月号半藤一利

 また司馬遼太郎は、下記のように象と蟻の戦いを強調している。果たして侮辱だけだったろうか?「坂の上の雲」は1972年まで連載。ノモンハン事件取材は1973年から。

1974年「このスターリンの大鉄槌によって、薄弱な兵力で火遊びをしていた関東軍は徹底的に敗北してしまった」「街道をゆく五・モンゴル紀行」朝日新聞社

1080年「八九式戦車からソ連のBT(ベーテー)戦車に射撃しても、タドンを投げつけたようなもの」「歴史の世界から」中央公論社

1993年「ノモンハンの戦いは、ソ連の近代兵器に対して『元亀・天正(安土・桃山)のいくさじゃないか』と須見連隊長は思うに至る」「八人との対話」文藝春秋

 オウム“鰯の頭”と同類、書き物屋大江とは異なるまともな作家司馬が、ゴシップ記事屋の如く罵倒のみでいつも終わっている。これからが本番なのに、立ち止まり進行無きはいかにも不自然。誰が見てもの愚行、象対蟻の日清日露大東亜戦争を、日本はあえて、なぜかし続けた。ここを紐解くのがまともな作家の仕事であり、唯一の出番であろう“こんな武器なのに戦いやがって・・・・バカヤロー哀惜ゆえの愚弄”が本音。選択肢は一つ、戦うの、追い詰められた受動戦争に、司馬は気付いた。“それでも戦わなければならなかった。なぜかで、書きたかった”が、司馬裏返し発言の本意!

 「誤解を助長することになりかねないテレビや映画など映像化の話には、亡くなるまでうなずかなかった」「司馬遼太郎という人」和田宏(文春編集者)、文春新書、2004.10.(司馬遼太郎はこれ以上の脚色強調を恐れて、映像化を拒否した。本意の証し。なんとNHK工作員がこれを洗脳の道具にしているのだ。NHKは腐りすぎて異臭を撒き散らしている。このままでは日本が腐り果てる)

 このように体験者の証言は、ほとんどが耳目の二次元証言なので従来のニセ歴史家同様に惑わされてはいけない。善悪史観は歴史ではないことを明確に物語っている。

「ノモンハン」事件の真相

 「死傷者日本約2万人、ソ連2万5千人。戦車損失日本29両、ソ連800両以上。飛行機損害日本百数十機、ソ連1500機前後」にもかかわらず前述半藤一利は、日本の大敗戦と主張し続けている

 作家は面白くが宗の、物語を作るのが仕事で、真実を宗とする検証者学究者ではない。司馬は一兵士耳目二次元証言者小説家から、三次元歴史家検証者に進化すると同時に、真実に覚醒した。“日清日露大東亜戦争は自立自存適者生存の戦いで、皆同じ”の真実に直面し、嘘は書けなくなり、そこで断筆せざるを得なかった。世界史を繰れば、“当時は国盗り合戦適者生存時代”は、誰でも分かる公知の事実。常識で調べれば、子供でも戦国時代にたどり着く。司馬が間違いなく調べた証しでもある。司馬の覚醒がもっと早かったら、断筆も無く、こんなに無残な仮想界にはならなかった。専門でもない物語作家が、犯日や凶産や拝金主義のマスコミに、司馬史観などと祭り上げられた悲劇である。

 司馬の断筆が推察以外なら、司馬史観呼称は捏造で、史家などではなく、ただの新釈諸国話勧善懲悪作家。

 素人はゼロ(定説)から調べるので、発見(新定説)できるが、文系玄人(教授や高学歴者)は、途中(定説表音丸暗記知識以降)から調べるので、定説の間違い(新定説)に気づけない。よって教授や高学歴者は、単なるオウム返しのオウム、空肩書き貼り付けたクダラン張子の虎となる!

 護憲を叫ぶ前に、警察不要と叫ぶのが先の文系愚民の極致、九条の会、「大江健三郎(作家)井上ひさし(作家)梅原猛(哲学者)奥平康弘(憲法学者)小田実(作家)加藤周一(評論家)澤地久枝(作家)鶴見俊輔(哲学者)三木睦子(元総理三木武夫夫人)」などを、歴史家や平和主義者として崇めるのは間違い。輩は実技無き言葉と文字が糧で、鵜呑み烏合の私利私欲無責任凶産工作員、事有れば真っ先に逃げ出すのが輩。工作員でないのなら、世界史を繰りもせず、肩書きで国民を騙す詐欺師が正体。工作員か詐欺師、いずれかである。手弁当で資料開示に必死な無私ネチズンとは、雲泥の差、地獄餓鬼の輩。

 世界の識者トヨタは即謝罪し、即リコール(韓国は自動車売れると喜び報道)だが、日本の識者は職責で税金を貰い、職責放棄の本を書き、無辜の国民はブランド(肩書)で本を買い鵜呑みして欠陥知らずのまま、識者おおいに儲かる!坊主丸儲けならぬ、税金で、識者丸儲けである。

 「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」加藤陽子著 朝日出版社 (2009/7/29)が浮世では売れているそうだ。「『戦争』を選んだ」の題名が白状のように、媚中犯日の内容である。当時は適者生存の戦国時代、選択肢など皆無で、戦わざれば亡国を、「日本人は『戦争』を選んだ」と捏造。凶産隠蔽押っ取り刀の摘み食い追随ではあるが、「アメリカの鏡・日本」も理解不能の歴史つまみ食いの張子東大教授が、「侵略・被侵略」の点丸暗記善悪史観から脱却し、ネット常識線検証、なぜどうしての真実史観入り口に、やっと辿り着いたようだ。浮世の被洗脳国民も、59年の長きにやっと、遅蒔きながらもまともになる萌しか?それにしても税金泥棒59年間の職責放棄は長すぎた、責任はいったい誰がとるのか?マスコミも、傀儡田原総一郎降板等のトカゲの尻尾斬りで、落とし所をさぐりはじめたようだが、子孫のためにも断固として一線を引くべき!日本独立までは蜂起なので、責任皆無。日本独立(1952年4月28日サンフランシスコ講和条約発効)以後は、当然責任有り。皆が死で償ったムシロ旗蜂起責任者や先人を、輩は愚弄し続け国民を騙し、59年間もの長き税金・給料泥棒生活で、のうのうと暮らしてきた。護国帰還兵と遺族が、汗と涙で復興に懸命な時に、知識記憶のみが取り得で使うことも出来ず、記憶機のままのうのうと暮らし、他国の傀儡、工作員勤務もいる。総括も無く、頬かぶりしての継続など、唯心子孫、断じて許してはならない。一教授個人の摘み食い資料などより、膨大な最新公明資料が巷には溢れている。中古品五千円の電子手帳のほうが、肩書き中古でも、はるかにすぐれ物である。立派な先人の親から授かった立派な頭脳で年表を繰り、なぜどうしてと辿れば、59年間も記憶機のみの教授超えなど、子供でもすぐ出来る。古色燦然の空肩書きを、59年間もひけらかす前史の文字と言葉の机上の輩や、煽る出版社や報道など、まず不要!次に、党のみが在って国が民が無い、摘み食い政治屋と党の「せんたく」。勝者なのにアメリカはいち早く反省し、終戦からわずか5年後の1950年2月、マッカーシズムで、大東亜戦争の真の元凶を「せんたく」した。独立後59年も日本は経た。言葉と文字の仮想(机上)界の「せんたく」、日本未だ成らず!

 児遊官主自滅の残滓が、反省謝罪の総括もせず、保守を連呼し、自滅にも懲りずまた児遊官主の保守を始めようとし、私党民主は、凶産犯日工作員の巣。歴史家にゆだねるなどと、59年間も職責放棄した与野党、まさに残滓。いつの世も日本は、天道を宗とする“真正”だ、浮世の保守革新などではない。保守の反対語は革新!“真正”の反対語は?・・・・

 

坂本龍馬29歳。勝海舟の下で、海軍塾塾頭。1863年9月29日姉、坂本乙女宛の書簡。

 「夫(これ)より江戸の同志と心を合セ、右申所の姦吏(不正をはたらく公人)を一事に軍(いくさ)いたし打殺、日本を今一度『せんたく』いたし申候事ニいたすべくとの神願二て候」。

 言葉と文字の教授日教組NHK等、凶産犯日半端者の輩が捏造する大東亜戦争は、考えれば分かる事!戦国時代の資源無き小国島国日本、資源封鎖海上封鎖で亡国、籠城は本土決戦は敗北。打って出なければ勝算など皆無。ABCD資源封鎖でハルノート受諾は、丸裸となり、次の資源封鎖で日本国名も消滅は、戦国時代の常識。大阪城内濠を埋めたのと同じで、選択肢など皆無ABCD資源封鎖は宣戦布告。アジア同胞蜂起に一縷の望みを懸け、大東亜共栄圏建設のため打って出た。敵は食民治主義凶産主義連合で、アジア同胞ではない。詳細は下記へ

子孫よ竜馬になれ!

 難しいことではない。職場や学校から、凶産犯日の半端者を、職員や父兄や学生が一掃すれば事足りる。それだけで、戦後復興したように必ず日本は復活する。

 

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

祖母がよく言っていた。「間違ったことをたくさん知っているより、知らないほうがいいんだよ“アメリカの鏡・日本”ヘレン・ミアーズ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/223-47e3e424

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。