QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観凶産朝鮮在日捏造隠蔽空肩書空誌とネチズンに喝破され左派右派誌休刊


 ネット常識の追試が、やっと始まった。一学究の救国論「日本国民に告ぐ2010文藝春秋7月号「日中戦争は侵略ではない」と表意記憶。藤原正彦・御茶ノ水女子大名誉教授数学者、エッセイスト、新田次郎藤原てい夫妻の次男。
 以前は、「国家の品格」2005.11.新潮新書「当時の中国に侵略していくというのは、まったく無意味な『弱い者いじめ』でした。・・・無意味で恥ずべき関東軍の暴走でした」 と、表音丸暗記だった。「日韓がタブーにする半島の歴史」10.4.室谷克美著新潮新書も追試


正論・WILLなどもしょせんモドキ
 「命を食って生きている現実無知の仮想現実界温室居住者、凶産朝鮮在日捏造隠蔽常識皆無犯よ、元兇を語らず、大東亜戦争を語るな。愛国者気取りの輩も同類で、しょせん似非、おこがましい!凶産や朝鮮在日の捏造隠蔽の正論・WILLなども、しょせんモドキ」と、ネチズンに喝破されたのだ。

誕生と同時に命を食い始める、生命体は命を食わなければ生きられない
 ゲーム人間(自己中心主義)の犯罪者に共通する環境。都会に住み、親は第一次産業に従事していない。父親不在か、居ても存在感が無い父親。一人っ子か、異性の兄弟。幼児期に母親が過剰な手助けして育てるため(自己中心主義の始まり)、本人は当たり前だと思って育つが、学校に入学すると誰も手助けしてくれないので戸惑い、コミュニケーション(学校で学習する一番大事なもの)がとれなくなる。のけ者にされ、虐められるので友達もできず、殻に閉じこもり、益々孤独になる。慰めてくれるのはTV(殺人場面の氾濫)やビデオ、インターネットやリセット可能なコンピューターゲーム(この世界はリセット可能なので何でも願いがかない、自己中心主義の絶頂、至福の世界)などの非現実な空想社会。仮想現実界にのめりこみ現実から乖離し、自己中心主義が益々増幅される。

 母親は、現実の社会や人間とコミュニケーションとれず、生業に就けない子供の家政婦と化し、三食昼寝つきを援助、自己中心主義者完成の手助けをするため、子供は益々現実から乖離し、傍若無人となる。しまいには、あろうことか己が命の綱、母親にも暴力を振るうようになる。ゲーム人間と化し、現実非現実の見境がつかなくなり、完全に化したとき、あたかもゲームに興じるが如く淡々と人を殺し、殺人鬼となる。親が子を殺人鬼に育てているのだ。被害者は犯罪者が確実優位に立てる女や子供や老人などの弱者。

 野生の親鳥は、子の巣立ちのとき、全く餌を与えず(身軽にするという意味もあるが)巣立ちを促し、子別れをする。子育てとは、独り立ちを促すことだと教えてくれている。

 知識丸暗記鵜呑み教育だけに走り、山、田畑、海を体験させ、命の原点からの教育をし、知識を咀嚼させ、現実は命の上に成り立っていることを教える、現実界体験教育が親に欠けたからだ。

 「蚊を殺すのと人を殺すのは同じ」と、土浦市9人殺傷事件金川真大(25歳)被告。父親公務員、母親専業主婦、高卒後も定職につかず、ゲーム三昧。TV朝日の傀儡鳥越、吉永みち子(ノン・フィクション作家)、やくみつる(漫画家。歩く漢字字典)同類を白状、的確コメント無し(TV朝日2009.6.4.スパモニ)。同類ゆえに判らないのだ。週間金曜日(TV朝日の傀儡、落合恵子・石坂啓が編集人)、ノーベル贋賞大江、大江裁判の裁判官、オウム麻原、DNA再鑑定拒否し続けた司法界、秋葉原殺戮犯等の常識異常犯は、皆同類の仮想現実界温室居住者で、現実界道理回路皆無の輩である。

言葉と文字は実務無く無責任、仮想という名の温室の中にいる工作員とレコードと蛙。64年間も事実解明検証無しは、仮想現実界の正体、単なる歩くハードディスクの証明である。文系識者(教授作家評論家等々)の正体は、検証回路損壊歩く記憶機。

 週刊誌三分の一に激減。週刊誌各社一堂に会し、同類の田原を呼び上智大で対策会議(2009.5.15)。同類の会議、結果明白、会議は踊る。読者が知りたいのは事実。読者が月刊誌や週刊誌の正体を、詐欺師やマッチポンプと喝破したから、激減となった。捏造亡国、自業自得、無責任の成れの果て、世の習いを語って余りある。

田原総一郎の正体整合性無き空論を自白「諸君」09.1月号P296
「・・・(田母神論文は)事実誤認が多く、しかも日本政府が堅持している歴史認識とは正反対」

苦しい時の神頼み、政府見解にすがっている。NHK朝日TBSの反論と同じ。

「・・・田母神論文を読んで違和感を覚えたのは、”日本が侵略国家だったというのはぬれぎぬ”という主旨と同時に、実証的デーダの乏しい、粗雑なきめつけが多い」

当時は殺さなければ殺される戦国時代である。これは公知の事実、これ以上の実証的デーダは無い。これを知らないととぼけるとは、まさに工作員売国奴の自白である。

「・・・身勝手な解釈で、しかもきめつけ的陰謀史観を氾濫させている」

自衛戦争を身勝手な解釈で、しかも侵略軍ときめつけ、陰謀史観を氾濫させているいるのは、田原鳥越等の工作員である。

「・・・今時代は、危険な淵にさしかかっていると強く感じている」

蜂起日本軍と真実を知ることがなぜ危険な淵なのか?整合無き空論を自白している。危険な淵にさしかかっているのは、正体暴かれた売国奴田原自身だ。

 自衛自己保存は適者生存生命体の本能、先祖が誰一人欠けることなく従ってきたから今の自分が在る。資源無き小国島国日本、援軍の当ての無い篭城は即亡国である。適者生存の戦国時代、生存を懸け「打って出た」のである。善悪史観者の論は、「打って出た」ことのみを選り食い摘み食いしての「日本極悪侵略論」なのだ。善悪史観は整合性を切り捨てた愚論である。歴史には事実か否かが存在するのみで、他は無い。

 整合無き田原等の空論月刊誌休刊「論座(朝日新聞)08.10」「現代(講談社)09.1」。「諸君(保守)(文芸春秋)09.6」も相次ぎ休刊している。NHK朝日毎日読売日経の摘み食い捏造報道に、現実界ネチズン手弁当で資料開示、必死に努力の結果真相を究明、数多の真実を得た。市丸少将玉砕寸前のイオウから大統領宛の2通の手紙その二

 WW2の起因を喝破した市丸少将の手紙すらも検証せず、弾劾皆無のナベツネ、ナカソネ、石原慎太郎、藤岡信勝、保阪正康、櫻井よしこ、半藤一利、秦郁彦等の愛国モドキは、無検証WGIP善悪史観コピペで加担追随が実態。化けの皮が剥がされ正体「似非識者(年表を繰れば蜂起日本は常識なのに、未だに無検証で善悪史観のオウム返し)」「寄生虫」を露にされた。正体バレバレなのに、出版社のおだてで、未だに得意満面「裸の王様」である。WGIP善悪史観鵜呑みオウム返しの本など、誰も買わない。覚醒者にとって善悪史観の輩は、傷に引っ掛かって先に進まず繰り返すため捨てられた、雨ざらしのレコードでしかない。

 適者生存現実界、0.1秒、0.1ミリに改善カイゼンKAIZENの毎日で、隆盛を成している。仮想現実界64年経ても生臭坊主の巣窟でカイゼン無く、整合性無き空論捏造のコピペ垂れ流し。嘘や雨ざらしのレコードなど、誰も買わない、休刊廃刊淘汰は、当然である。ここまで明白なのに、決然と起たない産経・フジTV・正論・WILLもしょせんは仮想界、野ざらしのレコード、保守モドキのマッチポンプだったのか。部数減なら善悪史観の同類と喝破され、識者は否定されたのだ。現実界はすでに現実界の道理で覚醒、「真実か捏造か摘み食いか」で胎動している。似非識者のくだらん善悪論争など即刻取止め、「保守・右派(鵜呑みオウム返し)。左派・革新(捏造・独裁の美化)」を死語の前史とし、「真実か捏造か摘み食いか。捏造摘み食いならば犯人は誰か、理由は」の、実事求是に基づく真正日本論着手が、本道である。戦争は殺し合いの相互悪。善、皆無なのに善悪論は、詭弁である。善悪論詭弁者一掃が第一歩。制論から正論へ、総括無き、新生は無い。元兇凶産をいまだに隠蔽する正論・WILLも、しょせん同じ穴のムジナ、ただの記憶誌か?

 工作員は根幹の戦争起因戦国時代を隠蔽し、枝葉末節の戦い善悪論争に引きずり込み、つまみ食いして非難する。戦争は善など皆無の殺し合いなのですべてが悪。善悪論争にまき込めば戦いすべてを非難罵倒可能となり、敗者日本非難恐喝には、好都合となる。中国朝鮮在日工作員がからむ難癖、善悪論争に対しては、「当時は適者生存の戦国時代、善も悪も侵略も無い。皆自己保存の本能に従ったまでだ」一言で片付く。愚かな識者はこの一言も発せ得ず、輩の罠にハマリ、一緒になって結論なき愚論、末端論争善悪史観で大騒ぎ、独立後の日本を混乱の坩堝にした。まさに思考回路皆無の識者である。善悪史観は恐喝目的の工作員謀略史観なのに、64年経ても気づけないのだ。 「なぜ、どうして悪の限りの戦争となったか」が、検証の眼目なのだ。戦国時代の蜂起軍を愚弄する子孫など、史上皆無。三国と在日以外の世界の定説、肝心要の戦争起因戦国時代を掲げれば、輩は瞬時に消える。

 事実か否かの現実界から乖離し、事実をないがしろにした「保守・革新。右派・左派」と言葉遊び机上論の似非時代、まさに終焉、前史となる寸前である。歴史に、事実か否か以外は無い。「保守・革新。右派・左派」などと捏造し扇動、職責を放棄し道から外れ、金儲けのみに走った挙句の没落である。三分の二は覚醒済み、実事求是の真実史観、真正日本新時代到来は間近である。

アメリカが民主主義の元祖とたたえる二宮尊徳の言葉

「反面を知って全面を知らないのは半人前の見識」。←休刊誌執筆者や週刊誌記者。

「まちがった学者、教育者は、生臭坊主と同じ」。←休刊誌執筆者。

 「なぜ?どうして?」と考えず文系有識者、鵜呑み一辺倒。文系マスコミも「なぜ?どうして?」の分析皆無、指揮者サマ様権威肩書きのみで鵜呑み報道。文系議員も報道鵜呑みのオウム返し。仮想界皆、思考回路皆無の記憶器、未成熟の子供なのだ。64年間で「なぜ?どうして?」思考出来た親鳥、なんと江藤淳・曾野綾子のたった二人。鵜呑みの繰り返し、自立不能のヒナ集団が仮想現実界の実体である。

 初代「新しい歴史教科書をつくる会」西尾幹二は、「魏志倭人伝」をろくに検証もせず、資料に値しないと一笑に付し(国民の歴史・産経新聞・平成11年10月)、己の検証程度を自白した。蜂起日本、根幹の戦国時代検証無き「つくる会」の迷走ていたらくは、根幹も無く自己宣伝に終始の藤岡信勝、整合回路も皆無なのだから当然である。仮想会の堕落まさに極まれり、皆モドキだ。年表を繰り、根幹の戦争起因検証は子供でも出来る。頭山満孫文汪兆銘大東亜共栄圏大アジア主義に殉じた人々犯日隠蔽の歴史肝心要の起因検証もせず、64年間も枝葉末節工作員謀略史観善悪論争の似非識者、有識者などではない、愚民乱造亡国の有害者だ。根幹の起因把握皆無なため、うわべの日本正義論コピペのみに終始し究明無く説得力に著しく欠け、単なる愛国モドキ渡部昇一も、同類といえる。モドキだから石破茂WGIPオウム返し大臣ごときに、「民族派。・・・自虐史観と単純に断罪し、彼らだけの自己陶酔の世界に浸る・・・ブームになる危険性」などと言いたい放題に揶揄され、一蹴されるのだ。肩書き崇拝者(九条の会と同類)以外には、このように通用しない。モドキの証明である。この三人は、究明が浅く主張に根幹や整合性が無いため、琴線に響かない。櫻井よしこ、小林よしのり、上坂冬子等の似非愛国者も同類。覚醒者は、愛国モドキ、ただのマスコミ寄生虫と見切った。その証が休刊である。真の愛国者なら当の昔にもっと真剣に取り組み、まず真相究明し、いの一番に先人の汚名を払拭し、論争は決着していた。年表を繰れば子供でも出来る肝心要の第一歩起因究明を、モドキは無視した!文春新書「文芸春秋読者賞」受賞「昭和陸海軍の失敗」「彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか」半藤一利、秦郁彦、保阪正康、福田和也ほか。2008年1月3日読売新聞一面。戦後63年経ても「裸の王様」で、輩はモドキのままだった。戦国時代の蜂起軍を愚弄する子孫など、史上皆無。休刊は当然である。

 仮想界「保守・右翼」の反論は評価に値する。がしかし、論争決着の決め手で検証の常道、より簡単な根幹の起因検証を、そして大事な先人の汚名払拭を、南京・沖縄戦等の反論者の誰もが、しかも一様に、なぜかしなかった、なぜか気付かなかった。意識してなら、金儲けの達人詐欺師。無意識なら井の中の蛙、整合回路皆無のただの知識記憶器。仮想界「革新・左派」は「極悪日本軍」と善悪史観マッチで火をつけ回り、仮想界「保守・右派」は火の手を追い、「捏造、捏造」と善悪史観ポンプで火消し。論争決着鎮火の決め手、戦争起因検証が無いので、付け火は止むことなど無い。結果仮想界両者とマスコミは、日本中を善悪史観火の海にし、火事場泥棒で大いに金を儲け、国民は善悪史観の愚民と化し、日本は亡国寸前となった。戦争は相互の残虐な殺し合いである。ところが仮想界、敵の残虐は伏せ、日本軍だけの特異な仕業としてマスコミ右派左派入り乱れ大扇動、針小棒大摘み食い偏向報道(731・生体解剖等)でボロ儲けした。平和な時代の国民は平和な尺度で判断するため、日本軍だけが極悪と錯覚、簡単に洗脳された。河野・村山談話、靖国問題なども、戦争起因、戦国時代・日本蜂起を掲げれば、当の昔に消えていた。永野修身の予言、適中である。仮想界の正体、「マッチポンプ」を語って余りある。戦後の証言や回想本は、マスコミや出版社の意向で制限されたため迎合せざるを得ず、生き残ったという重い負い目があるので、ほとんどが建前論となり、本音(真実)ではない。迎合者の、戦後のWGIP学習や偽証も混在する証言鵜呑みは、無意味
 殺し合いの戦争は相互極悪なので、善悪史観は愚論。人類隆盛の基幹は実事求是。歴史も事実か捏造かの真実史観が正史。覚醒無き者は、退職金を返上しすみやかに去れ。愛国モドキも去れ。相互悪が戦争善悪史観は亡国史観田母神批判いしば茂は犯日工作員自白

 現実界乖離の空論、仮想界識者の無能はさらけ出された。先人に唾棄した報いである。知識、記憶してなんぼの肩書き時代は見事に終わった。これからは、知識使ってなんぼの時代だ。検証・整合回路無き仮想界自己中の輩は、大江、麻原、田原、秋葉・土浦殺戮者と同じ害人でしかない。書き空で、沈没寸前の船である。

 職責放棄のヒナ集団ほんの一握りを、日本復興に多忙な現実界は、同胞ゆえに疑わずに信じた。異常な先人冒涜はこうして始まった。親の現実界は、起因検証戦国時代で覚醒した、残るは、さらに拍車をかけ巣立ちを促すのみである。

 このように仮想現実界は皆、現実界から乖離し、すべてが整合回路無き温室の子供だ(痴漢教授や、NHKべた出演姜尚中在日捏造東大教授等)。又、同様の事が引き起こされるのは明白。、現実界から乖離の元凶温室を、至急糧食絶ちで破壊、巣立ちを促し、机上論知識より大事な、命の原体験教育をすべきである。

 三国や残留理由捏造の在日や陰謀国家が放つ工作員にとって、私利私欲鵜呑みオウム返しの仮想界日本は、スパイ天国である。飢えた輩は、マネー・ハニートラップでコロリと転ぶ。現実界道理と異なる異常な発言や報道は、思想戦なのだ。至急糧食絶ちをし、かつ国民の一票でスパイ防止法を立法し破壊しなければ、日本は亡国である。

 巡洋艦インディアナポリスは、終戦間際の昭和20(1945)年7月29日、橋本以行艦長率いる伊58潜水艦に撃沈された(映画真夏のオリオンの原話で実話)。マクベイ艦長は責任を問われ刑に服し、出所後自殺した。WW2海戦で刑に服した艦長は、唯一マクベイだけであった。「なぜ、どうして」と疑問を抱いた11歳の米国人少年ハンタースコットは、「考える葦」となって4年間検証に没頭。2000年14歳に成長した少年は、汚名を着せられ自殺したマクベイ艦長の名誉回復を果たした。マスコミは少年の指摘を子供と侮らず、「なぜ、どうして」と自らも考え呼応、歴史の間違いを修正したのだ。戦後55年後のことである。善悪史観と凶産で腐り、オウム化した日本仮想現実界は、唯我独尊で国民を見下し侮る、「裸の王様」ばかりなのか。金儲けで土台の現実界を破壊する、自爆亡国志願者ばかりなのか。

 亡国か否かは、一億総白痴化の元凶を放置するか、親から授かった立派な頭脳で考えるか、にかかっている。鵜呑みは白痴化ロボット猿真似、考えることが個人の証し。人間の証し「考える葦」になれ。間違えるのが人間であるが、そのつど、実事求是で是正し隆盛を成している、繰り返してはならない。

 戦後64年間日本には、文系有識者なんぞは存在せず、肩書き学歴という飾りを、葵の印籠の如く掲げる、正体、泥棒(税金・委託金)、詐欺師(国民を欺瞞)、工作員(売国奴)、識者見習い(半人前)等の「私人」が蔓延っただけだった。国民の怨み骨髄の害人で、亡国の巨魁である。現世のみならず来世での糾弾も、覚悟することだ。学会は何時の時代でも古着を纏ったオウムで、壁でしかなかった。ハードディスクの時代、電子辞書やネット資料繰れば、知識は事足りる。更新を邪魔する古びた残滓、国賊、検証回路皆無の歩く記憶機など、百害あって一利なし。即刻の破壊革新が、護国への第一歩。

追記・工作員洗脳放送

 TBS09.8.10「最後の赤紙配達人(NHK08.9.5.の二番煎じ)」摘み食いしての、日本軍極悪WGIP放送。NHK09.8.9~10「海軍反省会」は、一つまみの責任転嫁日和見WGIP迎合者を摘み食いしての、目先の証言(戦争は殺し合い、相互極悪、証言に善など皆無)を、針小棒大日本軍極悪放送。 「海軍反省会」は、昭和55年3月28日に、九名で第一回を開催し、 以後、12年にわたり継続した。時代背景は右記参照。天皇不参拝合祀に非ず犯日団捏造英霊愚弄に慰霊の言葉喪失が理由 

 どんなにTBSTV朝日NHK等がWGIP迎合証言を摘み食いし放送しても、戦国時代蜂起日本の真実は消えない。歴史を俯瞰する真実史観者には、こんなにしてまでも子孫を思った、立派な先人としか解せ得ない。凶産や朝鮮在日の捏造を語らぬ者は、皆工作員産経・フジTV・正論・WILL・石原慎太郎・平沼赳夫・西村眞悟・中山成彬・半藤一利・秦郁彦・保阪正康・西尾幹二・藤岡信勝・「つくる会」・櫻井よしこ・上坂冬子・小林よしのり・渡部昇一・邪魔リスト・ゴミテーター等も同類の、井蛙の輩である。輩呼称の左翼の正体は、凶産・朝鮮・在日・仮想界ぐるみの亡国工作員である。輩は、この捏造者を指摘し得なかった。韓国愚民“泣き売”閔妃(びんぴ)に、思慮無く応じた孫の愚行を、職責の国を筆頭に、いずれもが看過した、モドキの証し


亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/211-a693903d

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。