QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観正文で無い外務省和訳東京裁判受諾は明白な誤訳だ


 昭和61(1986)年8月19日の衆議院内閣委員会で、後藤田正晴内閣官房長官は、共産党の柴田睦夫氏が東京裁判についての認識をただしたのに対して、「サンフランシスコ平和条約第11条で国と国との関係において裁判を受諾している事実がある」と発言し、東京裁判の正当性を認めることが政府の統一見解であるとの考えを表明した。 

 サンフランシスコ対日平和条約「1951(昭和26)年9月8日」第11条を自分で検証もせず、正文で無い外務省和訳「東京裁判を受諾」と鵜呑みし、外務省に操られた。

 Japan accepts the judgmentsを外務省は「日本は裁判を受諾し」と和訳。裁判は判決が最終決定するまでの過程なのだ。過程は受諾できない。結果が書いていない白紙に、判は押せない。

 条文の正文は英語、フランス語、スペイン語で、日本語の正文はない。日本の外務省がおこなった和訳が、正文に準ずるものとして締約国の間で承認され、国会承認・内閣批准を受けた公式なテキストとして日本国内では扱われている。

 正文でない外務省和訳で論争するから、おかしくなる。正文で検証すれば、即座に検証出来る。

 accepts(責任や仕事などを引き受ける)。
 the judgments 法律用語でのjudgment は、判決と訳すのが慣例。the judgmentsで諸判決。

 Japan accepts(責任や仕事などを引き受ける) the judgments(諸判決)。文意や正文や用法に沿えばJapan accepts the judgmentsは、「日本は諸判決の責任(刑の執行の継続)を引き受け」となる。

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/2-61443a3a

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。