QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観5銅矛銅鐸から神社へ雷山・神水川と河上・本庄・与賀神社と邪馬台国卑弥呼

 後漢時代の終わり頃から中国で漢字の省略、つまり減筆が流行する。仙人→山人、知→夫、玉→王、王→三、銅→同等々。

 三角縁神獣鏡の裏面真ん中の鈕「ちゅう(紐を通す部分)」の孔が鋳物土で塞がった、鏡としては未完成品が時折出土する。用途は、鏡としてではなく、葬具ではないか。

 和泉黄金塚古墳景初三年銘の神獣鏡は、平縁だが文様は景初や正始銘の三角縁神獣鏡と同型。

 福知山広峰15号古墳1面出土の鏡は、三角縁としては縁の角度が少し鈍い鏡で、景初四年となっているが、中国の景初は三年までで、四年は無い。この銘文には男が持てば「位至三公」立身出世、女が持てば「保子宣孫」たくさんの子供に恵まれると、男女の効能書きが記されている。同様の銘文は、島根県の神原神社古墳出土景初三年銘の三角縁神獣鏡にも在る。前述の和泉黄金塚古墳鏡は、男性の効能は省略されている。中国鏡は男性本位で、男の効能書きは有るが女は皆無。三角縁神獣鏡は男女同権か女性上位である。

243年倭王、掖邪狗ら魏に派遣、印綬を受ける。

244年呉の赤鳥七年(244年)銘の鏡、大阪で出土。

245年魏王帯方郡を通じて、倭の大夫難升米に黄幢(軍旗)を与える。

247年倭狗奴国との争いを帯方郡太守に報告、太守王頎、張政らを派遣。

247年3月24日日没時部分食。

246~247年この頃卑弥呼死す。墓を作る。

247年3月24日日没時部分食。

247年(正始8年)卑弥呼宗女(卑弥呼と同じ血筋)壹與(いつよ)13歳を、王とする。

248年9月5日日の出時部分食。

265年(泰始2年)『晋書』起居註に倭の女王の使者が朝貢したとの記述。この女王は壹與(いつよ)と考えられる。

280~290年(3世紀末)に、「三国志魏書東夷伝倭人条」は書かれた。正に同時代の書である。

297年著者陳寿死す。陳寿は同時代に生きた人である。「今使譯所通三十國」と記され、邪馬壹國以外も「使譯」していた。鏡等の渡来物は、使譯三十國にも有って当然で、邪馬壹國の独占物ではない。

三世紀末と推定される吉野ヶ里、赤坂、両古墳群は、肥前における最古の古墳群である。

壹與(いつよ)死す。墓を作る。

 以後起こった争乱と天変地異を鎮めるため、平和な時代を作った壹與と日水子を邪馬壹國の守り神とし、壹與と日水子の社を、信奉する子孫が重要な川沿いに祀り、與と日水(よとひみ)社とした。


與と日水(よとひみ)祭神神社

嘉瀬川流域

◎淀姫神社。佐賀市富士町上無津呂「上無津呂川河畔(嘉瀬川最上流)」。淀姫「與(壹與)と日水(卑弥呼)」神社は、本流、支流合流部に鎮座している。文久2年(1863の棟札に1350年祭をとりおこなったと、記録にあるので、513年創建と考えられる。旧郷社

 上無津呂川は、雷山(953.3)が水源。上無津呂川は、支流五つが合流し神水川ともいう。上流の、本流と支流はあわせて六つ。「雷山」「上無津呂川」表意は、「来山」「神六つ路川」と推測できる。神水川は、嘉瀬川(古場川)と合流し嘉瀬川となる。嘉瀬川と今はなっているが、表意は川神川、ではなかったか。上流下流にかかわらず、ダム、発電所名は川上で、下流景勝地名は川上峡である。

◎淀姫神社。佐賀市富士町古湯(貝野川合流河口部河畔)。旧村社。資料無し。

◎河上神社(前出の與止日女神社)「よどひめ」さん。佐賀市大和町河上。欽明天皇25(564)年創立とある。最後の支流が合流し終えて、分流する直前の嘉瀬川河畔「景勝地河上峡」に鎮座している。

◎淀姫神社。佐賀市三日月町堀江(祇園川河畔で、嘉瀬川合流河口。嘉瀬川下流)資料無し。

◎淀姫神社。佐賀市川副町福富。旧村社。資料無し。

◎与賀(よか)神社(與止日女神奉斎)。佐賀市与賀町。

 「神社名鑒」欽明天皇25(564)年創建し、與止日女神大明神と称したとある。旧県社。

 「ふるさとの文化遺産・佐賀県・人文社」欽明天皇26(565)年に、佐嘉郡小津西郷の塚原大明神を遷して祀ったと伝えられるもので、初めは塚原大明神と称したが、朝廷より、與止日女大明神の神号を賜り、勅願所となったと伝えられる古社。祭神は豊玉姫命のほか、七柱の神を祀っている。

◎本庄神社(與止日女神奉斎)。佐賀市本庄町。本荘大明神とも称す。昭和38(1963)年、鎮座1400年祭がとりおこなわれた(563年創建)。佐嘉郡本荘妙見山淀姫大明神が、大塚妙見社において、示現したともいう。旧郷社。

 嘉瀬川は川上峡下流から放射状(人工か?)に分流し、佐賀平野を潤している。そして分流基部から真東に、ほぼ直線の道路があり、吉野ヶ里遺跡がある。そして、今に残る「上無津呂」「與止日女」の上代仮名。日と水が頼りの水稲栽培、「川神」呼称、分流基部河畔の祭神「よどひめ(與と卑弥)(與と日水)」さんは、得心できる。

 

その他の與止日女神奉斎神社

◎野波神社。佐賀県神崎郡三瀬村。旧村社。

◎淀姫神社。佐賀県武雄市朝日町。旧村社。

◎淀姫神社。佐賀県武雄市岩本町桃ノ川。

◎河上大明神(淀姫神社)。佐賀県伊万里市大川町大川野。河上大明神だったが、明治に淀姫神社に改号。「松浦記」に欽明天皇25(564)年創立とある。旧郷社。

◎豊姫神社。佐賀県伊万里市松浦町桃ノ川。旧村社。

◎淀姫大明神。佐賀県伊万里市松浦町境川。

◎淀姫神社。佐賀県伊万里市黒川町黒塩。

◎淀姫神社。佐賀県西松浦郡有田町広瀬。

◎豊玉姫神社。佐賀県嬉野市下宿。旧郷社。

◎河上神社。佐賀県藤津郡平町。旧村社。

◎淀姫神社。長崎県松浦市示佐町。欽明天皇25(564)年鎮座式。旧郷社。

◎淀姫神社。福岡県三池郡高田町江浦。旧村社。

◎伏見神社。福岡県筑紫郡那珂川町。旧村社。

◎平川淀姫神社。熊本県菊池大津町。旧村社。

 長崎県松浦市、佐賀県伊万里市、有田町、武雄市、嬉野市、小城市、佐賀市大和町、佐賀市、神崎市、福岡県三池郡高田町と地図に記載。邪馬国が現出した。まさに、邪馬国のルーツと勢力範囲が、征服と社号変更の嵐の中、残ったのだ。

◎与杼神社。京都市伏見区淀本町。旧郷社

350年頃。「全国古墳編年集成・石野博信編・雄山閣出版」は、卑弥呼の領域、栄枯盛衰が一目瞭然である。卑弥呼の領域だけが、一様に前方後円墳文明が遅い。

372年 369(泰和4)年百済王七支刀をつくり、372年に倭王「旨」に贈った。国王名一字の時代始まる。壹(いつ・国名)與(よ・名前)が魁。

391年広開土王(好太王)碑文。「倭、辛卯の年(391年)を以って来り、海を渡り百残、○○、新羅を破り、以って臣民と為す」

4世紀海神(わだつみ)神社対馬に鎮座とある。豊玉姫が祭神。国王名一字の王の先祖が創建したのだろう。対馬伊呂波は50音の異称。対馬の国人がこれによって梵音を伝えたという。

413年(義熙9年)の倭王讃の中国への朝貢開始。以後、珍・済・興・武(502年)まで12回の朝貢(倭の五王の時代)。朝貢の目的は、倭と、征服した半島(百済・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓)の勢力維持のため。讃→珍(讃の弟)→済→興(世子)→武(興の弟)。

400~460年頃。久留米市の高良(こうら)大社は、履中天皇(記紀に記された、五世紀前期から中頃の天皇)の時、鎮祭とある。祭神は、高良玉垂(たまたれ)命。「高良記」には、「稚日女命」から「天白神命」まで44代の名前があり、25代目の「五櫛彦命」から分岐して、近畿天皇家の祖先「ウガヤフキアエズ命」へと続いている。

502年倭王武朝貢で終わり。

 「與(壹與)と卑弥(卑弥呼)」(よとひみ)から淀姫、河上、河上大明神、与賀、本庄、野波への痕跡無き社号変更は、国王名一字の王に征服され成されたものだろう。旧号は、「壹與(與)と卑弥呼(卑弥)」(いつよとひみこ)を暗示して余りある。

 「
壹與」から国名でもある「」が消え、社号変更しているので、国王名一字の王は、佐賀県の腰岳黒曜石の海洋民がルーツではなく、大分県姫島黒曜石の海洋民がルーツか、隠岐と脇本(秋田県)産黒曜石の海洋民がルーツで、北部九州河川の水稲栽培地を背景に有した、湾岸海洋民主体の国の王であろう。

 「魏志倭人伝」對海國(對馬國)の北島記載無し、末盧國官記載無しの理由は、他国ではあるが(狗邪韓國を有しているので、全盛時は領土の可能性が高い)、当時は友好国であったと、合点がいく。

 以後の変遷から推察すると、武力統一か、平和統一かの選択、試行錯誤、過渡期の時代で、「魏志倭人伝」記載の邪馬壹國は末期であった。だから助けを国外中国に求め、内乱を経て神を敬った。

 シャングリラ(桃源郷)佐嘉で農耕民と化し、水稲一大共栄圏を築いたが、同時に、武力台頭の適者生存の時代適応に遅れた。時代の先端騒乱の地北部九州で、ひたすら武力をみがいていた海洋民主体の王に敗れたが、真相であろう。水稲伝播で産まれた他の国々は、皆同じ歴史をたどって、すでに武力台頭の時代となっていた(武力権力の象徴前方後円墳、纒向石塚、箸墓)。

507~531年継体天皇。応神天皇5世の孫。武烈天皇没後、越前(福井県)から大友金村らに擁立されて即位。記紀。

継体二十一(528)年八月、「社稷(しゃしょく。土地の神、社と、五穀の神、稷。国家・朝廷)の存亡、之に有り」と継体天皇詔。継体二十一年頃の末尾には、磐井(斎・いわい)攻略を託した物部大連麁鹿火に、「天皇親(みずか)ら斧釿(まさかり)を操りて、大連に授けて曰く『長門より東をば朕制(と)らむ。筑紫より西をば汝制れ・・・」とある。日本書紀・継体紀。

527~534年磐井(斎・いわい)の乱。日本書紀には、528年大和朝廷に磐井(斎・いわい)は切られたとある斎(磐井・いわい)王朝は、以後の推移から推察すると、亡び、一族は衰退した。倭の五王、武の後継が斎(磐井・いわい)は常識の帰結である。

 
日本書紀に継体25年(531)、或本に云く、28(534)年天皇崩御。「百済本記」出自には、「継体25年(531)日本の天皇及び太子・皇子、そろって皆死ぬ」と記されている。注・日本書紀(720年成立)には「百済本記」出自18個所(継体3~欽明17年)、百済記、百済新選から8個所、計26個所の出自があるが、どの「百済本記」も現存していない。百済滅亡(664)後の帰国者聞き書きか、持ち出した書か、又は創作も有り得る。いずれにせよ「三国史記1145年」 私書「三国遺事1289」と異なり、同時代の書であることは間違いない。

 ※2011年新発見。678年の祢軍(でいぐん)という百済人軍人の墓誌に「日本餘●(●は口へんに焦) 拠扶桑以逋誅」「白村江後、生き残った日本は、扶桑(日本の別称)に閉じこもり、罰を逃れている」と記述され、「百済本記」は実在の書であることが証明された。後述詳細。

531年?539年?~571年欽明天皇。継体天皇の第四王子。

538年(元興寺縁起)仏教伝来。

552年(日本書紀)仏教伝来。

 豊姫、豊玉姫、伏見、平川への社号変更、豊姫、豊玉姫、応神天皇、神功皇后などの祭神追加は、次代政権征服以後のことだろう。◎淀姫神社(佐賀市)513年創建。◎河上神社欽明天皇25(564)年創立。◎与賀(よか)神社欽明天皇25(564)年創建。◎本庄神社欽明天皇24(563年創建)。◎河上大明神欽明天皇25(564)年創立。◎淀姫神社(長崎県欽明天皇25(564)年鎮座式。宇佐神宮も欽明天皇32年(571)鎮座とある、社号変更と考えるのが自然。奥宮に三つの石体を有する宇佐神宮、祭神は比売神(ひめがみ)(地主神)と応神天皇、神功皇后である。

562年任那新羅に滅ぼされる。

585~587年用命天皇。欽明天皇の第四子。崇仏政策。

「百済本記」に、「亥の年(531年)日本天皇及太子・皇子倶崩薨(日本の天皇や皇太子や皇子、そろって皆死ぬ」。「天皇」と国名「日本」初出

581~618年随国公の楊堅(ようけん。高祖文帝)が北周の国を581年に奪って隋とし、589年南朝の陳を滅ぼして統一、長安(現在の西安)を都とした。次の煬帝(ようだい)は大運河を開いたが、618年孫の代で滅亡。

「隋書俀(タイ。大)国伝」隋代(581~618年)を扱った史書。唐代(656年)成る。「注・俀(タイ。ツイ。テ)。弱い」。どうして卑字か、「大」なので、同音「俀(タイ)」の卑字を、当てた(中華思想)?。

600年俀(タイ)王、遣隋使派遣。「開皇二十年(600年)俀(タイ)王あり。姓は阿毎。字は多利思北孤、阿輩雞弥と号す。・・・王の妻は雞弥と号す。後宮に女六、七百人有り。太子を名づけて利歌、弥多、弗利と為す。・・・新羅・百済、皆俀(タイ)を以て大国にして珍物多しと為し、並びに之を敬仰し、恒に通使、往来す。・・・阿蘇山有り」。

607年俀(タイ)王、隋に国書を送る。「日出づる所の天子、書を日没する処の天子に致す、恙(つつが)無きや。・・・聞く、海西の菩薩天子、重ねて仏法を興すと、故に遣わして朝拝せしめ、兼ねて沙門数十人、来って仏法を学ぶと」。

608年(大業四年)(三月)壬戌、百済・・赤土・迦羅舎国並遣使貢万物「隋書帝紀三・煬帝上」

608年「明年、上、文林郎裴清を遣わして俀(タイ)国に渡らし使いせしむ。百済を行きて竹島に至り、南望(身冉)羅国を経、都(と・つ)斯麻国(集まった島。五島列島)は、迥(はるか)な大海の中に在る。又東して一支国(一つの国)に至り、又竹斯国に至り、又東して王国の秦(シン・ジン中央)に至る。其の人華夏(中国の夏国)に同じ。よって夷州(台湾)と為す、といわれても信じてしまう。又十余国を経て海岸に達す。竹斯国より以東は、皆な俀(タイ)に附庸(ふよう。従属)す。・・・其の王(俀王)、清(裴世清)と相見え、大いに悦んで曰く、我れ聞く、海西に大隋礼儀の国有りと」。俀(タイ)国伝の文末「復た使者をして、清(裴世清)に随い来って万物を貢せしむ。此の後、遂に絶つ」。

610年(大業六年)(春正月)己丑、倭国遣使貢万物。「隋書帝紀三・煬帝上」

「隋書俀(タイ。大))国伝」俀  列傳四十六隋書八十一  十三(真実史観訳)
俀国在 百済新羅東南水陸三千里 於大海之中依山島而居 魏時譯通中国 三十餘国 皆自稱(ショウ。となえる)王

大国は、百済新羅東南水陸三千里大海之中に在り。山島に依りて居まう。魏の時代に譯通中の国、三十餘国、皆王と自称した。

夷人不知里数 但計以日 其国境東西五月行南北三月行各至於海 其地勢 東高西下

夷人(倭人)は里数を知らず、但日数で計る。其国境には、東西は五月行で、南北は三月行で各々の海に至る。其の地勢、東に高く、西に下がる。

都於邪麻堆 則魏志所 邪馬臺者也 古云 去楽浪郡境 及帯方郡並 一万二千里 在会稽之東 與(と)儋耳「たんじ(海南島の郡名)」 相近(風俗は似ている) ・・・(以下三国史・後漢書手本の転載)・・・

邪麻堆に都し、則、魏志記載の邪馬臺の者也。古より云う、楽浪郡と帯方郡の境を去ること一万二千里、会稽の東に在り。儋耳「たんじ(海南島の郡名)」 と風俗は似ている。

開皇二十年(600年)俀王 姓 阿(ア)毎(マ) 字 多(タ)利(リ)思(シ)北(ホ)孤(コ) 号 阿輩雞弥(あはきみ=大王=おおきみ) 遣使詣(詣でる)闕(けつ。宮殿) 上令(天子の命)所司(長官)訪(問う)其風俗 使者言 俀王以天為兄 以日為弟 天未明時出 聴政 跏趺座(静座) 日出便(すぐに)停理務(政務) 云委我弟 高祖曰 此太(はなはだ)無義理(意味) 於是訓令攺之

開皇二十年(600年)俀(大)王、姓は天(阿毎)、字は降りし鉾(多利思北孤)、号は大きみ(阿輩雞弥)の遣使、闕(宮殿)に詣でる。上令(天子の命)で所司(長官)訪(問う)其の風俗。使者言う。「俀王は天を以て兄と為し、 日を以て弟と為す。天未だ明けぬ時に出で 跏趺座(静座)して政を聴く。日出れば便(すぐに)停理務(政務)停め、云う我弟に委ねる」と。高祖(初代文帝)曰 「此れ太(はなはだ)無義理(意味)」と。是に於いて之を訓えて攺め令(しむ)。

 天皇“君臨すれど統治せず”の原形、祭政分離である。

王妻號「ごう(呼び名)」雞弥(けみ) 後宮有女六七百人 名太子為利歌彌(び、み)多弗(ふつ、ほち)利 無城郭

王の妻の呼び名は君(けみ=雞弥)。後宮に女六七百人有り。太子の名は、利歌、彌(び、み)多、弗(ふつ、ほち)利となす。城郭無し。

内官有十二等 一曰大徳 次小徳 次大仁 次小仁 次大義 次小義 次大 次小禮 次大智 次小智 次大信 次小信 定数無 有軍尼(ニ。国守の官名) 一百二十人 猶中国牧宰(隋朝の官名。国守) 八十戸一伊尼冀(イニキ。里長) 如今里長 也十伊尼冀属一軍尼

内官十二等有り。一曰大徳、次小徳、次大仁、次小仁、次大義、次小義、次大禮、次小禮、次大智、次小智、次大信、次小信。員に定数無し。軍尼(じ、に)(官名)に一百二十人有り。猶中国の牧宰(隋朝の官名)のごとし。八十戸に一伊尼翼を置く。今の里長の如もの。十伊尼冀は一軍尼に属す也。

其服飾 男子衣裙襦「くんじゅ(肌着)」 其袖微小 履如屨形「くけい(靴の形)」漆其上 繫之於脚 人庶多跣「せん(裸足)」足 不得用金銀為飾 故事依横幅結束相連而無縫 頭亦無冠 但垂髪於両耳上
其の服飾、男子は裙襦「くんじゅ(肌着)」を衣、其の袖は微小。履は屨形「くけい(靴の形)」の如く、其の上に漆をぬり、之を脚に繫ぐ。庶人の多くは跣「せん(裸足)」足。金銀を用いて飾と為すことはせず。故事依り(ならわしで)、横幅は結束し相連ね而縫うこと無し。頭にも亦、冠無く、但、髪を両耳の上に垂らす。6につづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/195-7352c0d7

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。