QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観で覚醒偽日本人在日工作員捏造ウィキペディア戦陣訓バンザイ突撃


ニセ日本人残留捏造在日犯日工作員捏造洗脳思想戦事典、ウィキペディア被害者覚醒のための真実史観。捏造犯日ウィキに寄付は、売国行為。

軍人勅諭、軍法に記載無き「降伏禁止」が、訓えの「戦陣訓」に記載など無い。バンザイ突撃作戦など無い投降勧告無いのに、投降など不可能。米軍皆殺し作戦の犠牲者を、戦意高揚が第一目的の大本営は、名誉を貴び玉砕と報じた。似非日本人残留捏造在日犯日工作員によるWGIP洗脳『ウィキペディア』戦陣訓バンザイ突撃捏造の手口公開。

予備知識
 開国時、八方が敵の世界侵略合法の戦国時代、資源無き小国日本だが、対清対露に対処不能で懐に入った窮鳥、清の属国で日本侵略の先鋒朝鮮を助け、矢面にも立たせず(志願兵)厚遇、朝鮮も意気に感じ中国汪兆銘や台湾と共に一致団結、世界征服侵略者(植民地主義凶産主義)と反共戦争大東亜戦争を戦い、植民地主義破壊、人種平等共存共栄の輝かしい新秩序を創造した。

しかるに、戦後WGIPに便乗し朝鮮殉国者を愚弄し犯日。63年経ても、ブログウィキペディアで朝鮮殉国者を愚弄し犯日、仮面を被り日本人に成済ました在日犯日工作員、心根卑劣な輩である。他国の歴史捏造の前に、朝鮮殉国者、志願兵・特攻隊、逃げずに真実と向き合う真の愛国者、朴 鉄柱・崔基鎬・呉善花・朴泰赫・金完燮に学び、在日は自国の歴史を云々することだ。帰化人は皆日本の礎となった。心ある者は先人を範とし、声を大にし、モドキ日本人在日犯日工作員と線引きすべきである。憂国の先人や帰化人に泥を塗る奸賊の所業、今のままでは同一とみなされ危険。

注1こうした公式記録を見る限り、なぜ、日本が韓国国民を「奴隷にした」として非難されるのか理解できない。もし、奴隷にしたのなら、イギリスは共犯であり、アメリカは少なくとも従犯である。日本の韓国での行動はすべて、イギリスの同盟国として「合法的」に行われたことだ。国際関係の原則にのっとり、当時の最善の行動基準に従って行われたことである。しかも、その原則は日本がつくったものではない。欧米列強、主にイギリスがつくった原則なのだ。ヘレン・ミアーズ 「アメリカの鏡・日本」

注2李朝王族厚遇。「日韓併合後、そんな心配はいらなかった。大韓帝国の皇帝だった高宗は、徳寿宮李太王と称され、日本の皇族の待遇を受けた。さらに、多くの重臣や功労者たちは華族として叙爵された。また、国王と王室に150万円の歳費と皇室典範を与え、李完用総理をはじめ、侯爵六名、伯爵三名、男爵四五名など計七六名に貴族の爵位を与えた」黄文雄,韓国は日本人がつくった,徳間書店,2002

注3私はアメリカの大学院で指導教授たちに言われた次の言葉を、今なお忘れることができません。「日本の植民地は、その後いずれも経済発展したではないか。そんな結論の出ている問題をいまさらどうして研究するのか」米国の名門ラトガース大学のダン・ローデン教授は、私が博士論文の主題について、日本が朝鮮半島を植民地支配した時代の教育と女性問題について研究したいとの計画を説明すると、このように反問しました。「文明のシステムを、日本の植民地主義は朝鮮半島に導入したのではないか。スペインやアメリカ、イギリスは日本のように本国と同じような教育システムを植民地に導入しようとはしなかった。当時の朝鮮半島の人々は、文明のシステムを独自の力で導入するのに失敗した。日本の植民地主義を経ずに、あれほど早く文明の世界システムに入れただろうか」滅亡の帝国:日本の朝鮮半島支配・韓国人女性研究者、クリスティン・リー著

戦陣訓原文

『第八 名を惜しむ

 恥を知る者は強し。常に郷党家門の面目を思ひ、愈々奮励して其の期待に答ふべし。生きて虜囚の辱を受けず、死して罪過の汚名を残すこと勿れ』

戦陣訓  真実史観補筆

『第八 名を惜しむ(名誉の尊重)

 恥を知る者は強し。常に郷党 〔きょうとう(同郷の人々)〕家門〔かもん(家柄)〕の面目〔めんもく(名誉)〕を思ひ、愈々〔いよいよ(ますます)〕奮励〔ふんれい(はげむ)〕して其の期待に答ふべし。生きて(生きてる時も)〔虜囚の辱〕(りょしゅうのはずかしめ)〔皇軍の兵が、罪禍(法律)を犯し、日本国の囚人となり、実刑で服役するような軍人としての恥ずかしい汚名〕を受けず、死して(死んだ時も)罪禍〔ざいか(法律や道徳に背いた行為)〕の汚名を残すこと勿(なか)れ』

戦陣訓  真実史観意訳

『第八 名誉の尊重

 恥を恥として知ることは強い。いつも故郷の人々や家族の名誉を忘れず、ますます奉公にはげんで、生きてる時も、皇軍の兵が法を犯し囚人と成るような辱めを受けず、死んだ時も、罪や過ちの汚名を残さず、恥を知り、名を汚さず、故郷の、戦功の期待に答えるように』

 内容は正に諭したもの。今村均将軍が証言。

在日犯日工作員『ウィキペディア』戦陣訓捏造の手口

戦陣訓

構成

「天皇の永遠の「君臨」を宣言している」
これまでの史実過程を述べたに過ぎない。天皇の永遠の「君臨」捏造解釈。

「神霊上に在りて照覧し給ふ(天皇家の祖先神が兵隊の行動を見ている)から「忠孝」に励みなさいと述べている」
「神霊(神の御霊)上に在りて照覧(ご覧になる)し給ふ」で、(天皇家の祖先神)では無い捏造解釈。天皇は神霊の使者。

「(ただし、新たに付加された徳目もある。後述参照」
国史大辞典編纂委員会『国史大辞典』第8巻(吉川弘文館、1987年)、441頁。戦後42年後のWGIP解釈。捏造解釈。

戦陣訓の浸透
兵隊たちの陸軍史・伊藤桂一著
兵隊たちではなく、個人の、WGIP感想を、愚弄目的で引用。

・・・「1941年だけでも少なくとも『戦陣訓述義』『戦陣訓話』等12種の解説書、『たましひをきたへる少国民の戦陣訓』『少年愛国戦陣訓物語』等5種の教材が出版許可を受けて出版・・・」
〔皇軍の兵が、罪禍(法律)を犯し、日本国の囚人となり、実刑で服役するような軍人としての恥ずかしい汚名を受けるな〕なので、当然である。現代でも十二分に通用する内容である。

『生きて虜囚の辱を受けず』

「戦時中は例えば戦国時代に『生きて虜囚の辱を受けず』を実践した人物をモデルとして映画法による国策映画『鳥居強右衛門』(日活1942年)が作られ、この一節は推奨されていた」
『鳥居強右衛門(とりいすねえもん』は戦国時代の三河長篠城主奥平信昌の臣。1575年武田軍に城が包囲され兵糧攻めに。餓死寸前城を脱出、家康の援軍要請に成功。帰路捕縛されたが、敵を欺き、「援軍来たり」と、餓死寸前の城中に絶叫し、城の面前で磔にされた。援軍来るの朗報に皆踏ん張り、家康援軍で長篠城は救われた。
 自己犠牲の逸話として有名な話で、辞書にも載っている。在日犯日工作員解釈の、私心の捕虜になる辱めではない。城中の人々を助けるための、自己犠牲『公』の実話だ、戦陣訓とは無関係。『生きて虜囚の辱を受けずを実践した人物をモデル・・・は推奨されていた』は、日本史無知の在日犯日工作員が捏造付加。

「1.捕虜として相手に協力してあとでその罪を問われるようなことが無いように覚悟している者」
原文に無い、捏造解釈。

[『国史大辞典』は『生きて虜囚の辱を受けず』の徳目を例にあげて「(軍人勅諭)を敷衍するための説明であるという態度をとっているが」、「新たに強調した徳目も多い」としている]
 戦後42年後の1987年の辞典を引用し、規範の「軍人勅諭」や軍法にも「降伏禁止」の記載が一切無いため、「新たに強調した徳目も多い」と、「降伏禁止」が、さも書かれてあるかのように辻褄あわせのための捏造をしている。語るに落ちて捏造を自ら白状している。臣東條や臣今村に、規範の「軍人勅諭」を無視し、改竄は不可能。思想戦事典ウィキペディアの巧妙な、事実の中に嘘を混ぜ込むWGIP真相箱の手法だ。

「2.捕虜になった時はもちろん」
原文に無し、捏造解釈。

「自決が強要されたり実質上の死刑とも言えるような過酷な最前線行きの命令が下された」
全てではない一部。つまみ食い、針小棒大拡大記載。弱肉強食適者生存異常下の時代だ、平常時の解釈は不適。

降伏・投降の否定の思想
・・・例えば、日清戦争中に第一軍司令官であった山縣有朋による、「捕虜となるくらいなら死ぬべきだ」という趣旨の訓令(これが「生きて虜囚の辱を受けず」の原型であろうとの指摘もある)
「敵国側の俘虜の扱いは極めて残忍の性を有す。決して敵の生擒(生け捕り)する所となる可からず。寧ろ潔く一死を遂げ、以て日本男児の気象を示し、日本男児の名誉を全うせよ。

1894年8月13日、山縣有朋、平壌にて」
 司令官なので当然の、兵士鼓舞建前発言である。捕虜となることを兵士に奨励する司令官など、古今東西皆無は史実。現代でも選手団に、負けろ(捕虜になれ)と壮行する馬鹿がいないのと同じ。

や、(ジュネーヴ条約)を調印しながら批准しなかった理由とのひとつとして、軍部による「日本軍は決して降伏などしないのでこの条約は片務的なものとなる」と反発した例が有る。
兵士としての建前を、問われた兵士が言っただけ。兵士であれば勇ましくこう答えるのは当然である。軍部公式発言無し。軍部による反発は在日工作員の捏造。

しかし、『戦陣訓』は複数の戦場において、玉砕 を命令する際の命令文中に引用されている。(以下抄録)

・・・「同時に出撃した10名の写真から酒巻だけを削除し、「九軍神」として発表した(大本営発表表)。酒巻の家族は人々から「非国民」と非難された。結果、その者達は“未帰還”(戦死または行方不明)となった」
捕虜となったことは削除され、終戦まで酒巻だけでなく皆、公表されなかったので、家族を「非国民」と非難することなど、出来るわけが無い。戦時下日本兵には一人も捕虜がいない、と宣伝されていた。捕虜公表一切皆無は、明白な事実だ。酒巻の家族が「非国民」と非難されたのは公表された戦後である。解釈の分岐点、戦前か戦後かを明確にせずあいまいにし、戦前の事実のように記載している。これはまさしく侮日のためのウィキペディアの巧妙な(事実の中に嘘を混ぜ込む真相箱の手法)捏造宣伝だ。

「そして、それ以後捕虜になった者たちは親族が「非国民非」とされるのを恐れ、偽名を申告し、ジュネーブ条約に基づいて家族に手紙を出すようなことも控えることが多かった」
捕虜になっての偽名や家族への音信不通は、前述のように捕虜は公表されていないので、自分たちだけが捕虜になったのだという、うしろめたさがそうさせた。また捕虜同志の面子もあり、おのずとそうなった。

「結果、その者達は“未帰還”(戦死または行方不明)となった。」
捕虜は強制送還される。カウラの大脱走870名、終戦を迎えると直ちに日本に、全員帰還している。捏造記載。

アッツ島玉砕
「1943年5月29日 北海守備隊第二地区隊山崎保代大佐発令 
非戦闘員たる軍属は各自兵器を採り、陸海軍共一隊を編成、攻撃隊の後方を前進せしむ。共に生きて捕虜の辱めを受けざるよう覚悟せしめたり (注・戦陣訓の虜囚の辱ではない、捕虜の辱めをと、なっている。この発令はウィキ以外は、見当らず出自不明)。なお、アッツ島玉砕をつたえる朝日新聞1943年5月31日朝刊には、「一兵も増援求めず。烈々、戦陣訓を実践との見出しを見ることができる。(谷荻報道部長の談話)」戦陣訓 - Wikipedia

1943年5月31日朝刊朝日新聞捏造記事。

 朝日の見出しは「一兵も増援求めず。谷荻報道部長の放送。烈々、戦陣訓を実践」だが、谷荻報道部長の放送内容玉砕 には、「一兵も増援求めず。烈々、戦陣訓を実践一切皆無。国民はこの見出しで皆洗脳された朝日、後二ヶ所で戦陣訓を引用し、「虜囚の辱」をアッツ島米軍皆殺し作戦(玉砕)と結び付けている。ウィキも谷荻報道部長の放送削除し、見出しを改竄、談話と記載、大本営談話であるかのように、印象操作。実に巧妙工作員にしか出来ない技だ。

 南雲海軍(戦陣訓示達陸軍のみ)中将も捏造報道を信じ、下記の公私混同訓示となった。アッツ島以後の自決が戦陣訓起因なら、悲劇の原因は、朝日新聞捏造報道で、戦陣訓ではない。ウィキペディアはこの資料を戦陣訓=降伏禁止の証拠としているが、訓示(公私混同)の元ネタは捏造報道。だから公私混同訓示となった。戦陣訓作成目的はで、ではない。

サイパン島玉砕
1944年7月3日 サイパン島守備隊南雲忠一、斉藤義次中将連名「サイパン島守備兵に与える訓示」

 「断乎(だんこ)進んで米鬼(べいき)に一撃を加へ、太平洋の防波堤となりてサイパン島に骨を埋めんとす。戦陣訓に曰く『生きて虜囚の辱を受けず(私)』。勇躍全力を尽して従容(しょうよう)として悠久(ゆうきゅう)の大義(公)に生きるを悦びとすべし」

沖縄戦
 「沖縄戦 では日本軍将兵による沖縄県民への「集団自決」強制が為され、結果、座間味島では少なくとも島民130人が死に追いやられたとされる(2008年3月28日最高裁判所「沖縄ノート」名誉毀損訴訟判決)」
 この裁判の根底には、軍命令降伏禁止戦陣訓がある。2008年4月18日虜囚=囚人と辞書が断定した。現在は、歩くWGIP非国民ノーベル贋賞大江の有罪は、確定である。

 「アッツ島の玉砕においては、軍属に対しても投降拒否の考えに従うことが命令されていることは注目に値する」
 アリューシャン列島アッツ島の日本軍守備隊が全滅した。死者2500人に対して、生き残った捕虜は29人。捕虜率1%。アッツ島は守備隊(軍隊)。軍属は軍所属武官ではない文官。民間人ではない

 文官であろうが軍と行動を共にするのは当然のことである。虜囚の辱ではなく「捕虜の辱め」と記載され、戦陣訓とは無関係。
「共に生きて捕虜の辱めを受けざるよう覚悟せしめたり」と本部への戦闘直前死守の打電は、当然の慣用文である。

 
降伏は戦って勝敗がついてからのことで、敵が降伏を許さず、全滅の場合もある。戦う前の打電死守を、投降拒否の命令とは、ゴリ押しに、開いた口が塞がらない。誰でも戦う前はこう勇ましく言うだろう、常識だ。この捏造者は、遮二無二投降拒否と結び付けたいようだ。在日工作員の捏造記載。


 「上記命令が海軍中将から発令されていること、新聞紙上の見出しとして使われていることからも、陸海軍、民間を問わず「戦陣訓」の存在は広く知られていたことが再確認できる」
 新聞紙上の見出しは朝日新聞捏造報道。知られていたことは朝日新聞捏造報道で戦陣訓の真意ではない。

 ・・・生き残って捕虜になった者が敵軍に尋問された際に機密事項を話してしまうなどの弊害を招いた。
一部の者で、すべてではない。日本兵士愚弄目的の、針小棒大記。

帰還捕虜の処分
・・・戦陣訓は天皇陛下直々の御命令と解釈された・・・捕虜となる権利・・・も戦陣訓によって事実上否定された。
 御命令も捕虜の権利否定も、捏造したのは、戦後の在日犯日ウィキ工作員。

その他の関連エピソード
「・・・占領軍に軍刀を送るなどした」
東條家は接収され何も無かった。WGIP捏造。在日犯日工作員が、東條を貶め侮蔑目的で記載。

 書籍出版時の著作権は東條が有していたが、印税の受け取りの有無は不明である。」当時は軍人や官僚の書籍を出版し、印税という形式で賄賂を送り(あるいは媚びを売り)、他の出版物の出版許可を得る風潮があったが、『戦陣訓』での東條の印税受領の証拠は無い」
 賄賂は当時に限らず今もある。東條の印税受領の証拠は無いなら、わざわざ記載の必要なし。さもあったかのように軍人を貶め侮蔑するための針小棒大記事。工作員的手法だ。

バンザイ突撃『ウィキペデ』
投降勧告無いのに、投降など出来ない。バンザイ突撃などと言う日本の作戦は無い投降勧告無き米軍の皆殺し作戦で、無残に虐殺された兵士を、残留捏造在日工作員愚弄捏造した。

・・・勝利を目的としない戦闘停止の為の自殺攻撃である。・・・狂信的な兵士達の理解不能な自殺行為として恐れられた。・・・日本軍側が突撃決行の前に全員で「天皇陛下万歳」を唱和した事からとも推測される

 日系二世部隊第442連隊が、絶体絶命の苦境に立たされた時、一斉射撃の後、銃剣を着け、掛け声気合をかけて、勇敢に突撃するので、(banzai attack)、または(Banzai charge)と呼ばれ勇敢な日系二世部隊の代名詞となっていた。米軍皆殺し作戦に対して、弾は尽きても最後の最後まで生きて、生き抜いて弁慶のように戦い、死中に活を求め、戦い抜いて果てた日本軍人の勇敢に戦うさまを、米軍が日系二世部隊になぞらえて、良い意味で呼称した。それを「自殺攻撃」と在日工作員愚弄捏造。

「・・・からとも推測される」と、捏造を認めて、逃げ道を作り、この在日工作員は実に巧妙だ。

無降伏主義
 戦陣訓において生きて虜囚の辱めを受けずと示されたように、太平洋戦争時の日本軍は無降伏主義を採用しており、個々の将兵に対しても投降はいかなる状況下においても許されない旨の教育が徹底され・・・部隊単位での降伏をしなかった。
 無降伏主義は前述のように捏造兵士への建前論「死ぬまで戦え」を戦陣訓にリンクさせ、捏造した。

 兵士に戦わず降伏を奨励する教育国家など、古今東西皆無は
常識。現代でも戦う選手に負けろと教育する監督など皆無は常識。選手の建前論も「死ぬまで戦え」で同じ。

 ルーズベルトは報復戦争を工作、日本人殲滅を唱え、リメンバーパールハーバーを唱えていたため、降伏勧告をせず、全滅攻撃をした部隊もあり、
部隊での降伏は不可能となった。戦意高揚が第一目的の大本営は、皆殺し作戦で全滅とは発表出来ず、勇敢に戦って玉砕と報じた。降伏勧告した部隊には投降した。在日工作員の捏造。

自主投降した日本兵捕虜赤十字国際委員会捕虜中央情報局の資料、約20万人もいた。

「リンドバーグの衝撃証言」「正論」平成17年5月号
自主投降した日本兵捕虜赤十字国際委員会捕虜中央情報局の資料によると、約20万人もいた。
 ・・・投降したことが郷里に知れた場合、家族は、地域社会において、犯罪者と同様の徹底した差別を受け・・・自決を強要されたり、戦死率が極めて高い作戦に投入されるケースは1939年にさかのぼるノモンハン事件において確認・・・。
 捕虜となったことを自白せず、政府やマスコミが公表しなければ家族でさえも、ましてや地域社会など知る由も無い。たまたま外部に漏れ悲劇となった例は、ほんの僅か。在日工作員得意の、針小棒大捏造である。現に、カウラ生還者870名中、名乗り出た80人以外の790名は不明

戦術的意義
 ・・・現代の価値観から見れば、日本軍のバンザイ突撃は絶望的な戦法で、無駄に兵士を死なせたとして非難される行為である。自動火器と有り余る弾薬で待ち受ける米軍に対し有効な戦法ではなかった。
 相手は報復戦争を工作し、日本人皆殺しを唱えた侵略者ルーズベルト米軍である。民族浄化を唱えたヒトラーナチスと同類である。ナチスに対して、女子供老人が蜂起し、ほとんどが全滅もしくは自決したワルシャワゲットー蜂起、ワルシャワ蜂起違いは無い。日本軍は蜂起軍である。「兵士を死なせたのは侵略者米軍で日本軍ではない。米軍皆殺し作戦故の戦死を、無駄に兵士を死なせた、有効な戦法ではなかった、と捏造。

バンザイ突撃を選択した理由の正当性
・・・食料の輸送が滞り、ほぼ丸腰の兵隊が守備隊として配備されていた事実が、バンザイ突撃に走らせた原因であるという考え方もある。
 勝敗のついた敗者日本に、投降勧告もせずの皆殺し作戦、侵略者米軍を物語って余りある。

・・・昼間にあえて大声を発して突撃するのは、純軍事的な観点に立てば愚策以外の何ものでもない。
投降勧告もせず、昼間皆殺し作戦。侵略者米軍を物語って余りある。投降勧告もず追い詰められたから突撃したので、自らの突撃ではないので、愚策は捏造。

・・・無意味な自殺的戦闘を敢行するのは、国家が敗戦したとしても、その再建に当たる人材を無為に死なせることであり、中長期的に見て祖国を害する行為とも言える。
・・・バンザイ突撃とは軍事的合理性を放棄した選択なのであり、降伏の代わりに選択する集団自殺以外の何物でもない。
・・・これは当時の軍部のみならず、マスコミや在郷軍人会、国防婦人会などの民間組織が自己顕示のために煽った側面もあり、・・・
投降勧告もせず、皆殺し作戦の侵略者との戦いである、それを無意味な自殺的戦闘とは、こじつけも甚だしい。皆殺し作戦との戦い、殲滅されれば、国家再建など無い。皆殺し作戦の侵略者に対して、女子供老人軍民一丸は、前述の蜂起軍が物語るように、蟻でも蜂でも戦う生命体の本能である。

米陸軍第442連隊戦闘団における「バンザイ突撃」
・・・この『バンザイ突撃』は敗色濃厚な局面における自殺行為ではなく、攻撃の際、味方兵士との一体感を高める為、日系人兵士の『気合』の掛け声として使用された意味合いが強く・・・テキサス大隊の211名救出するために第442連隊戦闘団の約800名死傷するという事態になった。このような戦闘を重ねた結果、第442連隊戦闘団はのべ死傷率314%(のべ死傷者数9,486人)という恐るべき損害を出している。
『気合』の掛け声捏造。在日工作員は平気で捏造する。日系二世なのでバンザイは特別な時の言葉で、意味は当然知っていた。

日系二世部隊第442連隊が、絶体絶命の苦境に立たされた時、一斉射撃のあと銃剣を着け、掛け声気合をかけ、勇敢に突撃するので、banzai attack、またはBanzai chargeと呼ばれ勇敢な日系二世部隊の代名詞となった。

 日系二世は軍民一丸化教育(工作員呼称は、皇民化教育、戦陣訓教育)一切皆無なのだ。このことはつまり、後付けの皇民化、戦陣訓など一切無関係で、日本民族は目的完遂のため、死中に活を求めて戦う民族であることを証明している。思想教育などのにわか後付けではなく、古より流れる日本民族由縁の魂を物語って余りある。日系二世部隊、ヨーロッパ戦線に参戦 戦方が日本軍そっくり

 日本軍を、東條英機を貶め、侮蔑愚弄し、か弱き国民の味方を演じ日本人の覚醒阻止が目的は、明白だ。同類の内容は、『不理百科事典ウィキペディア』に満載だ。相当数の在日工作員がいる。日本にこれまでどおり謝罪させ、金をせびり取ろうとする国の工作員の仕業だ。

 解析の結果判明したように、工作員は皆このように粗を探し拡大、全てのように報道。例えると、「秋葉原殺戮があった、故に日本人は皆、殺戮者だ」論法。針小棒大論法は在日工作員の特徴である。

 在日工作員論法が解析され、露になった。今後、針小棒大論法者は、皆在日工作員とみなされる。朝鮮暗黒の歴史を、隠蔽改竄捏造してまで、教育しているのが朝鮮韓国だ。御先祖愚弄の子孫など、皆無は世界の常識。御先祖様愚弄捏造ウィキ作成者は、子孫に非ず正体、残留捏造在日工作員を、明々白々に自白している。

 捏造犯日ウィキに寄付は、売国行為。スパイ防止法を至急立法すべきだ。

追記「私は貝になりたい」は橋本忍の創作。2等兵でも、命令順守で死刑宣告を受けた人はいたが、後に減刑。製作は東宝、TBS朝日新聞
真実史観
当ブログ内虜囚の辱検証下記。
生きて虜囚の意味 生きて虜囚の辱辞書捏造断定 生きて虜囚カウラ戦陣訓に非ず 朝鮮独自文化の日本への伝播などない 強制連行されて悲惨 

 

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/178-1363d122

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。