QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観Ⅰ日本よ何処へ資源無き小国島国今そこにある滅亡の危機


現代は有限化石燃料上の楼閣である。化石燃料の頂点、盛りは過ぎた。もはやF1の時代ではない。資源無き小国島国日本よ!いずこより来り、今いずこ、そしていずこへ。・・・
 戦後のWGIP洗脳、点(結果)教育と、実体験や、線(原因、過程検証)無き丸暗記教育は日本人から思考回路を奪った。職責者仮想現実界は、63年経ても未だに無検証で先人罵倒、工作員の巣だ。そしてなんと、自給必須の食料まで輸入に頼る始末だ。資源無き小国日本、自給皆無。仮想現実界の脳天気ここに極まれリ。仮想現実界委託は日本必滅である。

このままであれば資源無き日本、子孫の未来は無い。人類は、物づくりと燃料と政治で隆盛を遂げた。資源無き小国日本、物づくりと燃料と政治の原点に回帰し、工作員の巣窟仮想現実界を破壊革新し、迫る日本危急の日、一丸と化し、脱化石燃料に邁進しなければ亡国は必然である。くだらん工作員ごときに振り回されている場合などではない。人類隆盛の源、物づくりと燃料と政治の歴史を振り返り、日本の指針はいずこへ、か、たどってみよう。

今、生きてここに在る。それは、生命誕生のその日より、一度も分断されず、連続しているからだ。真実史観

現代までの物づくりと燃料
 大地溝帯により西アフリカの密林が草原に変化。草原に立った人類は地球探査の旅に出た。15万年前の事である。直立で手が解放され指が解放された。進化の始まりである。

 旧石器時代とは3~200万年前~1万年前までが該当。日本では縄文時代以前の時代で、無土器時代。狩猟、採集、漁労、で食糧確保。狩りの時代(自給自足)。火の利用と、食糧採取のための流浪の時代。燃料は木。物物交換。

 新石器時代とはメソポタミヤでは紀元前6750年~3500年頃までが該当。言葉が生まれ農耕や牧畜の技術を口伝し定着した時代。日本では縄文時代(紀元前1万年~前4世紀)以後の時代に該当。農耕、牧畜が主となり、食糧生産が開始された。物づくりの時代(分業)。シュメール文字紀元前3100年頃にメソポタミヤ南部で発生した。漢字は紀元前1500年頃中国で発生し、日本には1世紀頃伝来した。土地に定着し、食糧生産(物づくり)した時代。君主誕生、君主主義時代上意下達。燃料は木。物物交換。

 狩りの時代(自給自足)が300万年続き、わずか1万年前に物づくり(分業)が始まり現代に至っている。物づくり(分業)が現代を成したといえる。親族だけの狩猟採集流浪生活から、共同作業の農耕牧畜の親族プラス親族の大集合体となり定着し、分業が始まった。旧石器時代から新石器時代への扉を押し開いた動力は、言葉の誕生と、真実への探究心が萌芽しての分業化と、口伝により引き継がれた物づくりの技術である。更に文字が誕生し、物づくりの技術真実の継承と流布に拍車をかけ、分業化が進み、急激な発展を成し遂げる原動力となった。分業従事者の分業が更に細分化。

分業化が大航海にも耐える帆船を生み、11世紀末以後中国伝来の羅針盤の改良を促進し、大航海時代となる。

15世紀から17世紀前半にかけて、海洋国スペインやポルトガルを中心に、ヨーロッパ人が新大陸新航路を発見し、活発な植民地活動を行なった時代。15世紀末からイギリス、オランダ、フランスが主役となり、17世紀半ばにはイギリス、オランダが二大勢力として対立、ここで大航海時代(新発見)は終わり、征服者同士の戦いとなる。

政治形態上意下達。君主政治。貨幣経済。王と王との適者生存戦争。

ワットの蒸気機関発明が産業革命を、資本主義(会社)を生み、現代の基盤となった。
 ワットの蒸気機関発明が、急激な発展をもたらした。火の利用を蒸気の利用へ、そして自動機械へ。燃料は木から化石燃料石炭石油へと変化。そしてこれまでの君主世襲武力社会に取って代わり、誰でもが挑戦出来る資本主義誕生(凶産党は、資本家労働者と、絶対対立しているかのように捏造する。がしかし実態は、資本家になりたくて努力し資本家に成った者と、資本家志向など格別に無く、労働に意欲を持つ者で、資本家か労働者かの選択は、国民が自由に選択できる)。君主制単一国家が、資本主義(会社)連合国家と成り、民主主義、主権在民への道が開かれた。

外燃機関蒸気機関内燃機関発電機の発明
 17世紀末~18世紀初頭に鉱山の揚水機として、1690年フランスのパパン、1698年イギリスのセーバリーなどにより構想されたものを元に、1712年まずイギリスのニューコメンが大気圧機関を実用化、完成させた。1775年イギリスのワットはこれに数次の発明改良を加え、蒸気圧力でピストンを押す蒸気機関を発明、1782年にさらに回転運動への変換機構、調速機などの発明により汎用原動機蒸気機関を完成させた。1882年エジソン火力発電。原動機の発明が発電事業を生んだ。近代文明の開化である。

内燃機関の発明はフランスのルノアール。1860年内燃機関の実用化に成功。自動車時代現出。人類進歩の動力源は正に実事求是であることを物語って余りある。

世界の人口増加状況と実事求是の物づくり(マイペディア百科事典)

1650年     5億人 

   200年間で5億人増加  一年間に250万人増加

1782年 イギリス、ワットの蒸気機関から化石燃料時代開幕。石炭。

1850年    10億人

1860年フランスのルノアール内燃機関の実用化に成功。石油。

1881年アメリカ電灯事業開始ニューヨーク

1882年エジソン火力発電

1883年日本電灯事業開始東京電灯

1887年東京電灯蒸気式火力発電

1890年蒸気式火力発電日本足尾銅山などで行なわれた。

1891年アメリカ、ウエスチングハウス社が初の本格的な水力発電所完成。

1892年日本、蹴上げ発電所完成、本格的な送電開始。

100年間で15億人増加 一年間に1500万人増加

1914年7月第一次世界大戦WW1

1939年9月第二次世界大戦WW2

1941年12月大東亜戦争

1950年の第15国連総会「植民地独立付与宣言」植民地を保有することを不法行為であると宣言。

1950年    25億人

20年間で10億人増加 一年間に5000万人増加

1970年    35億人

17年間で15億人増加 一年間に8823万人増加

1987年    50億人

12年間で10億人増加 一年間に8333万人増加

1999年    60億人

物づくりと燃料
 直立歩行で手が、そして指が解放され、真実の探求物づくりが始まった。言葉と文字が真実を伝承し継続、更に物づくりの分業化、そして火と化石燃料の発見利用が拍車をかけ、飛躍発展を遂げた人類。

 分業社会の物づくり業においての手抜きや捏造は、穀物は育たず、動物は死に絶え、やがて分業社会そのものを滅ぼすことになる。1万年もの間滅びもせず、急激な発展を成し遂げられたのは、言葉と文字が真実を伝え、手抜きや捏造がなかったからに他ならない。分業は皆真実でなければ成立しない。分業社会物づくり業の根幹は真実で、言葉と文字の真実の継承で流布がなされ、実事求是の物づくりで今日の繁栄があるのだと言うことを、けして忘れてはならない。

大航海時代が食民治主義を助力したが文明の流布もした。蒸気機関の出現が、イギリスの産業革命を起こし、民意主導の資本主義を生み、新たな内燃機関を誕生させ、食民治主義をさらに助勢し、WW1、WW2、大東亜戦争、原爆も生んだが、同時に、文明の流布もし、人類の繁栄を促進した。上記の人口増加は、これを物語っている。

実事求是に基づいて人類は進歩した。食民治主義は生命体の適者生存の本能である。生命体の適者生存を経て人類の今がある。1960年以前は合法なので、食民治主義の善悪判断は論外。史実も、実事求是に基づいて人類は進歩したので、当然実事求是に基づかなければならない。捏造は、人類の滅亡を意味する。史実捏造犯日国家に対して当事国日本は、毅然と史実を反論する責任がある。当事国日本が実事求是に基づかなければ、人類滅亡の起因となる。戦前否定では無く、戦後の仮想現実界を否定すべきが常識だ

 石油を燃料とする内燃機関が発明され、近代化は更に促進された。化石燃料も石炭から石油へ代わり、原子力の活用の現代となる。現代は、有限の化石燃料を基盤に成立している、有限化石燃料上の楼閣である。

分業は繁栄をもたらしたが、同時に急激な細分化が、人間を無思考の歯車にする分業病をも生んだ
 産業革命の急激な発展は分業の急激な細分化を促した。結果人類の思考が追いつかず、生命体の原点(物事にはすべて禍福がある)を喪失、目前の五感だけで考える部分思考の歯車と化す分業病(検証思考無く鵜呑み、禍福思考喪失し、福のみ選り食いつまみ食いの無道理思考)に感染した。目先の美味しいものには禍福無思考で、すぐ飛びつくので、洗脳されやすくなった。アメリカの大統領選は、好物ぶら下げ選挙、日本も撒き餌選挙、分業病は重症で、主権在民の唯一の弊害、主権愚民化で、民主主義崩壊寸前である。

現代までの政治と経済

旧石器時代(食糧採取のための流浪の時代)の政治は、族長中心の上意下達。族長と採取者。経済は、物物(有限)交換。

新石器時代(日本では紀元前1万年~前4世紀の縄文時代)は、言葉が生まれ農耕や牧畜の技術を口伝や書で伝承し定着した時代。政治は、王と役人からの上意下達。王と役人と物づくり集団。武力が王の要素。経済は、貨幣と物(有限)交換。

現代の経済は仮想界資本主義の暴走
 物や金銀貨幣(有限)と物(有限)の交換から、紙幣(無限)と物(有限)の交換となり、そして紙幣(無限)と株(無限)の交換、無い物を売買するようになった。物(実物)と物(争乱時でも金銀)の交換、現実界資本主義から逸脱、紙のお金(平和時はお金だが、争乱となればただの紙屑)が一人歩き、仮想界資本主義の暴走が始まった。

日本の土地が有限なのを無限とし、無限に金を貸し(金の流れ過ぎ)バブルとなった。日本バブルも仮想界資本主義暴走が原因。政府が楔を打たなかったから、銀行(金所有)が不動産屋(物所有で金無し)となって崩壊。

理系(有る物を売る)が文系(無い物を売る)になった資本主義暴走。今回のリーマンショック(リーマン・ブラザー破綻)も実体の無いものを買っていた。物が無い真実に気付き、買うのを止めた(金の流れが止まり恐慌)だけのことである。物々交換に戻っただけである。仮想界資本主義が暴走し現実を逸脱、無いものを売り出し、踊らされた人々が値段を吊り上げたが、物が無いことに気付き止めたのだ。無いものを売る(空売買)を制限しないからこうなった。資本主義の欠点空売買だ。空売買制限は資本主義の暴走となり、(仮想界無限資本主義)が、健全な現実界有限資本主義真実を破壊し、亡国となる。

資本主義は投資し、物を生産、物を紙幣と交換、利益を配当として受け取るのが本来の姿。ところが、物(有限)と金(有限貨幣や紙幣)ではなく、紙幣(無限)と投資権利株(無限)の交換に狂奔するようになり、現実界資本主義から逸脱した。紙幣は物の代替品、の原則から外れたものはただの紙、紙幣ではない。

金の流れが止まれば恐慌、流れ過ぎればバブル全ての元凶は、物々交換の原点逸脱、仮想界資本主義売買制限にある。物の代替品無き単なる紙のゲームから原点に回帰し、革新すべきだ。このままでは仮想界資本主義が、現実界資本主義を滅ぼし、戦争を招き、やがて人類を滅ぼす。嘘が、空が、人類を滅ぼすことになる。

 現実界至上、仮想現実界物の代替品無き紙幣()至上。人類隆盛の源は、真実。真実探求、真実伝承を成してきたから今がある。真実隆盛、捏造必滅。空売買無制限は必滅。

現代の政治構造

政治構造は、民意下達の民主主義(指導者選択可)と上意下達の凶産主義(指導者選択不可)の二つ。

民主主義民意下達指導者選択可

会社集合国家(会社=転職可)

国民主権の民主主義。私有財産可、国家財産共有。だれでも資本家になれる資本主義が基盤で、資本家の会社(社会主義共産主義)が集合した国家。分業化し集合体での物の生産。金力秀でる者が各会社の指導者(経営者)。金力が会社経営者の必要条件である。

仮想現実界(公務指導者、公務員、報道業)と、現実界(物づくり業)で成り立っている。経済は、紙幣と物の交換。民意下達であるが、民、愚民と化し、暗愚指導者選択すれば滅亡。国家存亡の鍵は国民の民度が握る。民意下達民主主義国家での国民の無知は亡国。

凶産主義(邪会主義)上意下達指導者選択不可

管理者と労働者に大別される単一国家(単一会社=転職は亡命以外に無い)

産主義会主義は、私有財産否定財産共有。国家が資本家で、労働者の国民と支配者の二階級の差別格差国家。単一国家=単一会社。生涯階級に呪縛され、管理され、封殺される自由無き束縛国家。

スポーツ選手でも、物づくりでも、オーケストラでも普段は平等である。がしかし、いざ集団行動となった場合は、指導者(指揮者)と指導される者(部下、兵士、演奏者)に大別されるのが、開闢以来蟻でも蜂でも変わらぬ、生命体分業の原理である。

 この生命体不変の
分業の原理を、産主義は、指導者を搾取する者(加害者)、指導される者を搾取される者(被害者)と換言し、針小棒大に捏造(小林多喜二の蟹工船などのプロレタリア文学は、全てこの手法である。

 日本は当時も自由、過酷であれば皆辞めて蟹工船など歴史には残らなかった。蟹工船が歴史に残ったという事は、皆辞めなかった。
搾取ではなかったことを証明している。

 物事には全て禍福がある。福を隠蔽、針小の禍を棒大に叫ぶのが産主義である)。

 集団行動必須の原理、指導者を、搾取する者(加害者)と捏造し、
格差破壊平等の美称の下に、指導者破壊を産主義のスローガンとした。

 
産主義者スターリン、ポルポト、毛沢東、金日成等の有識者殲滅は、これが起因だ。産主義者の唱える格差破壊平等は、史上最悪の捏造美化標語である。

 
産主義の実態は、独裁者(搾取する者、加害者)上意下達の絶対服従命令で、24時間、生涯、管理階級に呪縛され搾取され(被害者)続ける史上最も過酷な不平等社会である。

 転職は
亡命でしか果たせない。唯心(宗教)否定唯物主義。産主義会主義は唯心(宗教)否定唯物(賄賂)主義、唯一神教の宗教でカルト教である。捏造プロパガンダ凶産教カルトは捏造が党是で、都合が悪いものは皆捏造する。その証拠に、産党は宗教を弾圧する。競争相手だからである。

マルクス経済学者は屠殺しないでも肉を食えた裕福な方々の理論である。仮想現実界の絵に描いたキャビヤである。ただでキャビヤが食えると宣伝。ただほど高いものは無い。美化標語をまくしたてる詐欺師と被害者が、産主義会主義の実態である。

多種多様なのが人間、凶産教の単一思考には、当然無理が生じほころびるのは当然である。ほころびればすぐ捏造、凶産教は捏造の歴史である。

 
凶産主義は国民を常時戦時下の恐怖に置き、単一思考に洗脳し上意下達、唯心無き唯物のため、生命を物と見なし、命を物の如く破壊する唯物教である。

 独裁国家以下、人類最悪の
カルト政治である。国民は皆、共産は凶産なのに覚醒し、民主主義(共産主義集合国家)に転じ凶産カルト主義消滅。捏造亡国は世の習い、歴史が証明している。

主な凶産カルト主義からの独立国

1989年ポーランド凶産主義放棄

1989年ルーマニア凶産主義崩壊

1989年チェコスロブァキア凶産主義崩壊。93年チェコスロブァキア分裂。

1990年ユーゴスラビア凶産主義解体

1990年東ドイツ凶産主義崩壊

1991年8月ウクライナ凶産党独裁放棄

1991年12月25日1922年からのソ連凶産主義崩壊、ロシアとなる。

1991年モンゴル凶産主義放棄

1993年チェコスロブァキア崩壊

凶産主義は捏造主義である。物づくり同様現実界にそぐわない捏造が教是の凶産教は、滅亡。捏造は滅亡と、歴史が語った。政教分離の現実界の史実に基づき排除。

現代日本の国家の構造
NHKは国民の受信料。日教組、公務員、議員は、国民の税金。報道業、売文業、宗教は国民の購買や寄金。現代日本はこのような現実界創造の温室=仮想現実界現実界で成立している。

集団の増大とともに物づくりと、物づくりを管理補助する仮想現実界とに分離。君主主義時代は上意下達の管理。

民主主義時代の仮想現実界も、物づくりが円滑に運ぶように現実界が創造し委託した。主権在民の民主主義下では現実界の補助が、界本来の仕事である。よしんば温室界なくても、現実界は成り立つ。現実界が主で従が温室界なのは明白である。主権在民民意下達の、民主主義時代の職業にもかかわらず、君主主義時代の上意下達がまかりとおり、あらゆる弊害の起因となっている。

現実界無知の温室思考と温室史観
 戦後63年間現実界は史実に従い真実を探求し、ひたすらまい進し、反映を成した。しかるに、温室界は現実界がもたらした繁栄にうつつを抜かし、63年間助力もせず検証もせず温室思考、捏造教育捏造報道の温室史観で足を引っ張り続け、根幹の現実界道理を喪失し、今では工作員の巣窟と化し土台の現実界を壊滅しようと画策している。温室界は現実界が創造し、委託した世界だ。温室界の分母は現実界。現実界が消えれば当然温室界など消滅。温室界単独の世界など皆無。今の日本の温室界はこの道理を喪失し、検証もせず職責放棄、狂乱の坩堝である。

大東亜戦争はWW2とは異なる。WW2がナチス・ドイツ、イタリア食民治主義と、欧州食民治主義、ソ連凶産食民治主義との征服者同士の戦争。大東亜戦争は世界征服連合国(欧米食民治主義、ソ連凶産食民治主義)との虐げられし弱小国のレジスタンス戦争。1939年8月23日、征服者ナチス・ドイツとソ連の、独ソ不可侵条約の条項によって、征服され分割されたポーランドのワルシャワ・蜂起や、ワルシャワ・ゲットー(ユダヤ人街)蜂起と同じ。征服者との戦いなので、老人女子供一丸の戦いとなった。

1941年9月27日(昭和十六年) 日、独、伊の三国同盟は、敵の敵は味方、戦国時代の常套手段。日本の戦国時代でも、数多ある。同盟だからと言って、主義主張が同じでは無い。日本は同盟国ナチスに虐げられしユダヤ人やポーランド人を、戦時下に助けたのは史実。戦勝国は侵略征服者の負い目払拭のため、ナチス・ドイツと同類の侵略者として東京裁判で裁き、WGIPで侵略者日本、ヒトラー=東條英機と洗脳した。占領軍はWGIPで歴史を真逆に書き換えた。

温室界の捏造

昭和20(1940)8月15日年終戦。占領した米軍WGIPで洗脳開始。

江藤淳著『閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本』文藝春秋文庫
・・・それは、とりもなおさず、「ウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム」の浸透であった。『太平洋戦争史』は、まさにその「プログラム」の嚆矢「こうし(はじまり)」として作成された文書にほかならないからである。歴史記述をよそおってはいるが、これが宣伝文書以外のなにものでもないことは、前掲の前書を一読しただけでも明らかだといわなければならない。そこにはまず、「日本の軍国主義者」「国民」とを対立させようという意図が潜められ、この対立を仮構することによって、実際には日本と連合国、特に日本と米国とのあいだの戦いであった大戦を、現実には存在しなかった「軍国主義者」「国民」とのあいだの戦いにすり替えようとする底意が秘められている。

 これは、いうまでもなく、戦争の内在化、あるいは革命にほかならない。「軍国主義者」と「国民」の対立という架空の図式を導入することによって、「国民」に対する「罪」を犯したのも、「現在および将来の日本の苦難と窮乏」も、すべて「軍国主義者」の責任であって、米国には何らの責任もないという論理が成立可能になる。大都市の無差別爆撃も、広島・長崎への原爆投下も、「軍国主義者」が悪かったから起った災厄であって、実際に爆弾を落した米国人には少しも悪いところはない、ということになるのである。

 そして、もしこの架空の対立の図式を、現実と錯覚し、あるいは何らかの理由で錯覚したふりをする日本人が出現すれば、CI&E(民間情報教育局)の「ウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム」は、一応所期の目的を達成したといってよい。つまり、そのとき、日本における伝統的秩序破壊のための、永久革命の図式が成立する。以後日本人が大戦のために傾注した夥しいエネルギーは、二度と米国に向けられることなく、もっぱら「軍国主義者」と旧秩序の破壊に向けられるにちがいないから。・・・

江藤淳真実探求に励み、真実を導き出した。肩書き愚人蔓延る同世代に、江藤淳という崛起した日本人がいたということを、我々子孫はけして忘れてはならない。

投降は、投降勧告が敵よりあってはじめて成り立つ。投降勧告が無いのに、白旗揚げるのは犬死に行為である。

 ABCD包囲網での宣戦布告を、米国民や議会に隠蔽、ルーズベルトは報復戦争を画策し、リメンバーパールハーバと扇動した。これが起因となり、多くの米軍は報復戦争とし、殲滅作戦をとったため、捕虜はとらず、日本軍は皆殺しにされた。

 大本営は、米軍の皆殺し作戦で全滅と、戦意喪失報道はできず、戦意高揚のため玉砕と報道した。

 戦後の迎合温室界マスコミは、米軍皆殺し作戦を隠蔽し、日本軍は一銭五厘の赤紙で国民を召集し、先陣訓で降伏禁止と教育、兵士は降伏も出来ず玉砕、無駄な戦争で玉砕と美化され、犬死無駄死にしたと、報道した。

 米軍皆殺し作戦、虐殺での全滅を、日本軍先陣訓降伏禁止教育で降伏せず玉砕や、バンザイと叫び無謀な突撃をしかけ、玉砕した皇民化ロボット兵士と、愚弄した。日本軍を、国民をだました極悪軍と捏造、63年間罵倒し続けた。日本蜂起軍への悪口雑言の歴史である。

占領軍のWGIPに迎合した仮想現実界工作員。民主主義国家主権在民での国民の無知は亡国で、亡国の罪となる。
 どこの国にも左右両派がいるしかし国を売る者皆無。唯一日本には売国が美徳と信ずる愚者がいる。売国を糧にする工作員がいる。WGIPはこんな輩を議員や作家や教師や教授や記者にしてしまった。

 板子一枚下は地獄の現実界が日本復興に尽力の時、現実界に庇護され、現実界創造の温室の中で現実を知らずぬくぬくと暮し、自国を貶め売国に励む温室界の工作員。戦後の仮想現実界欺瞞の歴史である。

戦後の教育はWGIPから始まった
 日本は服従を拒否した自由希求戦争(護国、反共、植民地解放、人種差別解放、貿易の自由化)。米国はルーズベルトの謀略戦争で侵略戦争、原爆空爆無差別大虐殺60万人、これがアメリカの負い目だ。この負い目を払拭するため、戦前の有能な指導者をすべて追放し、一つまみの戦前否定の売国奴迎合者を指導者にした。

 敗戦の翌年・昭和21年1月4日、GHQ(連合国軍総司令部)は戦争中の総理を筆頭に、大臣経験者・国会議員・政治・経済・教育・労働其の他あらゆる官公職・言論報道など、中央地方を問わず指導的立場にあった人々を、公職から追放するよう指令を出した、公職追放令だ。 に続く⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/174-45aec6ef

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。