QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観Ⅲ地球が泪日本チェンジ仮想界温室破壊団結天人力で建国新日本

真実史観Ⅲ地球が泪日本チェンジ仮想界温室破壊団結天人力で建国新日本
 戦前は、板子一枚下は地獄の戦国時代で、八方が敵、非現実世界温室界皆無の時代である。現実界も仮想現実界も皆実事求是を宗とし、真実を見すえ乖離無し。八田与一、後藤新平、市丸利之助、永野修身、東條英機、高村光太郎等等、官民皆『公』に、死と隣り合わせの現実界に生きていた。弱肉強食の時代、現代のように平和ボケし、非現実な空想世界に遊ぶ時間など微塵も無かった。

戦後の教育は線(原因、過程)を教えない点(結果)鵜呑み丸暗記教育のため、生命体適者生存の法則実事求是を、特に文系は喪失し、工作員に皆洗脳された。
 現実界の常識、道理(物事には全て、原因、過程、結果がある)、が、前述のように温室界は皆欠如している。成長期に現実界の道理も教えず、WGIP知識(結果)丸暗記鵜呑み教育に終止したため、線(原因、過程、検証)、回路を喪失した。入試は暗記力テストのため多く記憶したものが高学歴となり、現実界体験無き実技無き有段者、ペーパードライバーが、そのまま現実界創造の温室仮想現実界へ。教授や教師となった者は代々鵜呑みを繰り返し、さらに拡散した。戦後15年の1950年「植民地独立付与宣言」植民地保有不法行為と禁止し平和が訪れた。この平和が、さらに平和ボケを生み助長した。

こうして実証回路無き文系丸暗記無道理人間が量産された。現実界ではただの録音機が、温室界では、有識者、学歴者、高級官僚として幅を利かしているのだ。結果温室界は、道理無き異界となった。

戦後の知識鵜呑み教育の結果非常識を証明する面々

平沼赳夫と野田聖子議員とマスコミの非常識
 民主主義の根幹は多数決である。決定までは、喧々諤々でも良いが、良かれ悪しかれ多数決で決定すれば、反対した人も決定に従うのが、民主主義根幹のルールである。それでも反対であれば離党し反対すればよい。離党もせず、多数決の決定にも従わず、反対を唱え続けるのは、民主主義無知のルール違反で、民主主義不成立。

 船にたとえると分かりやすい。多数決で決定した行き先に向かい、反対者も共に漕ぐから、舟は進む。決定に従わず、船を漕がないでまだ反対するのであれば、船は重くなり進まない、下船してもらうしかないのだ。再び、乗船したいのであれば、意見は言うが決定には従い船を漕ぐ事を宣誓しなければ、乗船許可は下りない。これが民主主義の根幹のルールだ。

マスコミは貫いた平沼議員、と賞賛しているが、民主主義の根幹無知の他の反対者や、野田議員と同類である。まず離党、次に貫くのが筋道だ。現実界でのルール違反育成は、植物枯死、動物死亡。現実界方針無視は、解雇。民意乖離の国は崩壊。故に小泉首相は解雇した。民主主義の根幹となる、最も基本のルールを指摘しない議員、官、識者、評論家、専門家、マスコミ等々仮想現実界皆非常識だ。

唐突発言と認識出来ない日教組教育の犠牲者

中山成彬前国交省大臣東大法学部卒元官僚
 2008年9月27日に宮崎市内の会合で「日教組は過激な性教育を行い、国旗・国歌も教えず、道徳教育にも反対している。民主党の最大の支持母体である日教組を解体する。ぶっ壊す」と再び発言。

西村眞悟衆議院議員京大卒元弁護士世襲議員
 2002年6月朝まで生テレビで日本共産党所属の国会議員・穀田恵二に対し、「共産主義者は母国が日本じゃない」と発言。

2005年岡田克也代表が小泉首相の靖国参拝を批判した時、「中国(中華人民共和国)の代弁をした奴が総理になれるはずが無い!あんな奴はスーパーマーケットを経営しとったらええねん!」と発言。

ほとんどの文系温室界住人は、無検証丸暗記で知識鵜呑みするため、何故駄目なのか、原因、過程説明欠落。HPにも記載無し。丸暗記鵜呑みのため、原因、過程説明が無い、結果だけの、第三者には理解不能の、このような短絡罵倒発言となる。「愚条の害」や日教組と同類、短絡鵜呑み回路である。

日教組は職責を果たさず無検証で、捏造の歴史を子孫に教えており、しかも、原因過程検証無しの、結果丸暗記洗脳教育である。「戦国時代なので、善悪史観は改竄教育、検証の職責を放棄し、現実界の常識が欠落のため、解体」。共産は凶産教で、捏造が教是のカルト教と歴史が証明したので、駄目。といえば第三者でも理解可能なのだ。肩書き学歴信仰温室界が助長、文系丸暗記教育日教組の成果である。上記二人は戦後の点(原因、経緯の線を教えず、結果のみ丸暗記)教育日教組の犠牲者である。

小沢一郎官直人鳩山等の先人罵倒議員、凶惨党、邪民党、などは論外。覚醒の寸前であるだけ、まだましで、二人の発言は正論である。日教組の極悪教育、原因過程説明脱落に気付けば、瞬時に覚醒する。覚醒したら、「検証回路無かったこれまでの私の唐突発言が、日教組の極悪教育の見本である」と言えば良い。

戦後は1960年から戦国時代ではないので平和ボケ、非現実空想世界が蔓延、温室界を助長、現実との見境が付かなくなった。

文系仮温室界は現実と仮想の見境が付かなくなって、オウムと同類化している。平沼や野田の民主主義根幹破壊の非常識を、追求しない温室界の非常識も説明が付く。現実と仮想の見境が付かなくなって、常識、非常識も分別が付かなくなっているのだ。大江裁判の判決も同類。自決した市民を軍命での自死と、愚者馬鹿者呼ばわりだ。軍人でも無い市民が、軍命で死ぬ馬鹿など史上皆無。現実界常識があれば分かる事だ。

戦争を始めた極悪軍人ではなく、なぜどうして我らの先人はあんな悲惨な戦争を始めたのか、温室界は原点に回帰し、立派な親から授かった己の頭脳で考えれば、すぐ分かる事だ。鵜呑みせず思考せよ。

日本の内憂

日本の危機内部崩壊。主権の国民、愚民と化し亡国。
 板子一枚下は地獄の現実界が、戦後復興しながらの血税で作った温室の中で、温室界NHK、日教組、教授、議員、官僚などは、職責を放棄し、報道界も前述のような有様だ。温室界は実事求是の現実界と異なる異界と化し、現実界助力の役職を放棄し、なんと私有財産巣作りにも奔走、血税納税者現実界との格差は開くばかりだ。温室創造の現実界破壊へと暴走している。役職放棄は、年金格差を見れば一目瞭然、血税払ったものが虐げられている。年金平等が民意の原則である。現在のあらゆる問題は温室界の役職放棄が元凶だ。

 戦中派の議員官僚役人は、現実界と乖離「かいり(そむき離れる)」無く公に励み、復興を成した。これは史実だ。以後の議員が私有巣作りに励み政治は官僚任せ、官僚も私有財産巣作りの天下り先を作り出し、議員官僚皆公から私へ鞍替え、民意から逸脱し、日本の民主主義崩壊。議員は官僚のロボット、官主主義となった。そしてさらに拍車をかけたのが世襲、官僚、弁護士等の温室界議員の乱造だ。今の国会は常識無き詐欺師温室界の巣窟と化している。喜劇役者其処退けの、受け狙いに終始する与野党政治家。受けを煽るマスコミ。いまや温室界は仮想新喜劇一色だ。

民は温室界に63年間も騙され、美味しい餌にだけ飛びつくようになり、現実を直視せず飼い慣らされ、屠殺せず肉を食いたがり、温室界の仮想新喜劇に、やんやの喝采だ。まさに大宅壮一喝破の、総白痴化だ。現実界は禍福の世界、福だけ追えば、過が山積し亡国は必然。民意もだめで、受けで投票の愚民と化した。亡国寸前である。主権在民、民主主義最悪のパターンである。

捏造は必滅、現実界実事求是に基づいた物づくりで、人類はこれまで進歩した。しかるに、凶産主義を始めとする捏造プロパガンダが氾濫し、仮想現実界TVが隆盛し、身のほど知らずの捏造報道で、捏造全盛の時代となった。温室界は職責無き無検証集団と化し、現実界が委託した仕事を果たさず、私有主義の坩堝だ。

平気で嘘を付く者温室界の肩書き住人を、国民は政治家として選択してきた。肩書きが有り高学歴で、嘘を付く者が政治家、ここが間違いの元であった。

現実界分業は真実追及が基幹、分業なので現実界は仮想現実界も当然真実追及が基幹と信じた。しかし余りの先人愚弄に疑義を抱き検証の結果、同胞である仮想現実界がまさか犯日捏造の巣窟とは、晴天の霹靂である。間違えば自滅の現実界や理系は、現実(道理)実証が学問なので、無道理人間とはならない。現実界では無道理人間は自然消滅するので、生存出来ないが、温室界では前述のように無道理人間生存可なのだ。ここに気付かず同胞でも有り分業でも有り、職責を果たしているものと、現実界は信じた。これが間違いの元だった。

仮想現実界は、創造者現実界の助力が職責。職責も果たさず63年間もやりたい放題で、今では職責をわきまえぬ、国民を愚民と見なした読売新聞ナベツネ、主客転倒発言「私は、私が日本の全てを変えることができると思う」まで飛び出す始末だ。

国民は、温室界を明白に判別して認識しなければならない。認識方法は、語る歴史は真実か、捏造かである。戦時下の大本営発表や報道は、戦意高揚が第一目的であることは古今東西万国共通である、日本に限ったことではない。戦時下戦意喪失報道した国など史上皆無。占領下の7年間も除外。

昭和27(1952)年に日本独立以後の温室界の捏造者

報道界 NHK、朝日新聞(TV朝日)、毎日新聞(TBS)、読売新聞(日テレ)、評論家、作家、出版社などの職責あるもの。

公職者 大学の教授、小中高の教師、日教組、議員、官僚、役人、司法界、宗教界などの職責あるもの。

戦勝国は歴史捏造、真逆が真実。国民は、こんなに簡単な戦後を63年間も検証しなかった温室界の似非肩書き、学歴を無視し、録音機など信用せず、戦後の似非知識の衣をかなぐり捨て、立派な親から授かった頭脳でなぜ、どうしてと、原因過程を検証すれば工作員意外誰でも5分で氷解する。国民が覚醒すれば、工作員があぶりだされるので、摘み取れば良い。温室界など、ほんのひと握りだ。ほんのひと握りの人間に操作されているのが今の日本だ。親から授かった頭脳で検証し、民度を上げ、誠の主権在民になる事だ。そうすれば誠の民主主義国家と成り、隆盛する。

こんなに簡単な戦後を検証しなかった温室界は、単なる鵜呑み録音機で実証能力欠如、刻々変化する現代に対応不可能を露呈した。大学、大学院で鵜呑み知識を金科玉条に信じる高学歴者=人間記憶装置は不要、大学、大学院出なくても、学習意欲さえあれば誰でも、古び偏った人間の知識ではなく、知識記憶装置コンピューター、インターネットで、最新の学問を学べる時代である。人間にも記憶容量がある、古びた記憶で満杯、創造検証容量皆無の人間記憶装置は、インターネットの時代には不要、記憶装置はコンピューターで事足りる。

資源無き日本、自給率低下は餓死宣告と同じで、世界のわずかな変動でも亡国となる。日本を存亡の危機に蹴落とした温室界、即刻破壊し革新しなければ、化石燃料危機以前に日本は滅亡する。

日本の外患
 化石燃料がもたらした繁栄危機資源無き小国島国今そこに確実に迫る亡国の日
 英国欧米食民治主義繁栄の起因は英国ワットの蒸気機関である。1769年の英国ワットの蒸気機関から始まった化石燃料時代開幕。欧米の食民治主義世界制覇に拍車がかかる。人類のこれまでの繁栄は化石燃料が成し、現代人類の全ての基盤は有限化石燃料である。

 インド2001年人口10億2701万人。中国1999年人口12億5909万人。世界の総人口の三分の一を占める、中国とインドが勃興し、アジアアフリカが追随し、有限化石燃料消費は、加速した。有限化石燃料枯渇に拍車がかかった。

化石燃料が枯渇すれば輸入はすべて停止、日本は兵糧攻め状態となる。大東亜戦争開戦危急の日にと、まったく同じ状態となる。紙幣紙屑、現物だけが通用する時代となり、各国皆自衛に走り、物輸送の航空機、船舶は停止、燃料は国内消費に限定される。やがて車は全て止まり、そして電気が消え、燃料依存度の最も高い都会はいの一番に被害をこうむる。動くもの全て停止し、もぬけの殻、幽霊都市と化すだろう。資源無き輸入無き日本などは、風前のともし火である。

化石燃料枯渇は1769年の英国ワット以前にタイムスリップとなる。はたして人類は座して死を待つだろうか。適者生存を懸け化石燃料争奪戦WW3となることは、火を見るより明らかだ。燃料争奪戦争の開始である。このままではWW3は燃料戦争となる。しかしたとえ勝者となっても、化石燃料は有限、当然枯渇する。

紛争でも輸入困難となり、同様のことは当然起きる。現代は紙幣経済、紛争でも紙幣は紙屑となる。現在経済(紙幣)大国日本でも、資源無き日本、瞬時に紙屑大国日本と化すのだ。

なんと現実界の常識喪失脳天気の仮想現実界、こともあろうに自給率を極端に落としてしまい、わずかの輸入変動でも日本存亡の危機に瀕する現況としてしまった。平和時の今こそ、緊急に自給率をあげ、危機を回避しなければならない。

もはや化石燃料の時代ではない。有限化石燃料上の楼閣の時代は終った。我々子孫は緊急に覚醒し、一丸と化し備えなければならない。

『天寿を全うする政治』を掲げ日本の内憂温室界破壊革新

主権在民まず国民が、現実界が覚醒し、現実界が主導権をとること。革新順序は国会議員、報道界(NHK朝日毎日読売)、日教組教授。

WGIP、同胞故に信じた仮想現実界、在日や売国奴工作員に、63年間洗脳され続けた我々愚民化国民が選出した与野党議員は、まともな者など少ない。

 「公」に殉じ、戦後復興に尽力した戦中派が退き、現実界が心血注いで築いた戦後の繁栄に、胡坐をかく温室界
「私」に殉じる戦後派が台頭し、私有主義蔓延、官主政治となった。官主政治となり、日本は民主主義、主権在民を放棄した。

 民主主義崩壊、主権在民放棄、日本愚民化国民の象徴が、護国の蜂起軍を子孫が愚弄した三木発言中曽根発言村山談話、河野談話だ。

 蜂起軍を愚弄し、蜂起軍を祀る靖国神社への天皇参拝を輩は妨害した。真実を追究されると無知蒙昧の天皇参拝妨害の首謀者は、さらに嘘の上塗りを重ね、不参拝は戦犯合祀が原因と、証拠能力皆無の紙屑、無検証印象操作文書を乱発した。

 証拠能力皆無の紙屑に無知蒙昧の議員付和雷同、こんな支離滅裂な嘘の上塗り国家は無い。民主主義崩壊責任は与党のみならず、私利私欲のため裏取引で看過してきた野党にも、当然ある。
仮想現実界を同胞故に信じた国民にも、当然崩壊責任はある

日本よ!総懺悔し無知蒙昧の輩を追放破壊主権在民民主主義の原点復興原点日本に帰ろう。

仮想現実界の覚醒なき議員を排除するため、現実界が一致団結、これまでのように、実現不可能な絵に書いた餅、良いとこつまみ食いの、撒き餌は禁止。真実を基にし、禍福を伝え、『天寿を全うする政治』を掲げ、民意と歩む民心党を結党。日本民心党を鼎立し、議員を擁立、自由民主党、民主党から同志を呼び込み、過半数割れに追い込めば、児遊官主党、民欺党と実態が露になる。凶産邪民混迷党は、当然消滅。

同時進行で選挙区世襲議員排除。日本は江戸時代ではない馬鹿殿大名議員不要。

同時進行でスパイ防止法立法。犯日工作員は使えるものを厚遇し工作員にする、厚遇者選別は容易。至急スパイ防止法を立法し、犯日団を、工作員と、洗脳され愚民化した良民とに大別し、温室界諸悪の根源、工作員排除。同時進行でNHK受信料任意、朝日毎日読売不買、TV朝日、TBS、日テレ、スポンサー契約破棄。工作員の教授、官僚、教師、役人を糾弾し排除、捏造狩りで革新。

仮想現実界温室界は、社会の仕組みを複雑化し過ぎ、ほとんどの国民が理解できず。国民が理解不能は無用の長物、原点に回帰し、社会の仕組み単純化。

現在の温室界、官僚教授教師役人弁護士記者キャスターは特に無道理なので、確かめもせず議員にしてはいけない。理由、63年間もWGIPを検証もせず職責も果たさなかった元凶である。

教育は、成長期に第一次産業に従事を必須とし、板子一枚下は地獄で、汗を流し、涙を流す現実界の実態を体験させ、現実界の道理を教え、温室界への就職は、現実界職歴を条件とすれば解決する。官僚、教師、司法職、文系教授は更新制とし、更新条件は、現実界職歴を条件とする。勿論キャリヤ上級甲など、廃止。

 宮崎アニメがなぜ支持されるか。それは汗を流し、涙を流した現実界が土台となっている、命のあるアニメだからだ。命があるから説得力がある。彼の作品は金儲けのために量産される温室界の新人賞、芥川賞直木賞とは完全に異なる。現代の歌謡も小説も現実界という命という根が無い、浮いた枯れ草仮想界作品、国民が自活すれば、命がないのですぐ消える。際限無き自由、金本位欲望本位、資本主義暴走の結果だ。今の増スゴミは化学肥料と農薬で収益を上げているに過ぎない。やがて増スゴミで腐敗窒息死無人砂漠化は必然だ。

63年にも渡る捏造である、自浄は不可能。至急創造者現実界が破壊し、再構築しなければ日本亡国は必然である。座して滅亡を待たず先人は一縷の望みに進んだ。現実界は至急再構築し、脱有限化石燃料の旗印の下に団結すべきだ。

犯日団の意見は、現実界創造の温室の中での意見、温室内の空論で、現実を踏まえた論ではない。点(結果のみ丸暗記)知識で、現実界の線(原因、過程、結果)知識ではない。仮想現実界にも先人の心を受け継いだ子孫はいるはずだ。自らの頭脳で何故どうしてとたどれば、必ず覚醒する。おごれる欺瞞の腐った楼閣必滅は世の習い、覚醒せし者は欺瞞の楼閣から出て、新しき真実の楼閣を成せ。

現実界あっての仮想現実界。逆は無い。この事を温室界は再認識すべき。民と官のネジレは亡国の起因、このネジレが上意下達国を滅ぼしてきたのは史実だ。民意下達もこれで滅びる。

官民一体とならなければ次の国難は必然で亡国である。

自動車が売れれば売れるほど、途上国が近代化すればするほど日本亡国が速まるだけで子孫の未来は無い。迫る滅亡を目前にし、成す術なく、蛸が自分の手足を食い、生き長らえているのが現代の日本だ。しかし人類は手足も食ったが、代償に数多の発明を得た、もう此の辺が潮時だ、地球も泪を流し警告している、今手足を食うのを止め発明を元手に新燃料を開拓し、有限化石燃料使用禁止にすべきだ。

地球は宇宙の法則下に生き、地球も法則下に適合してきた。化石燃料過剰使用は二酸化炭素CO2増加し地球自体のバランスが崩れるので、CO2削減しようと、地球がバランス補正のため反応した。地球は法則(真実)を無視し暴走(捏造)した人類に、泪を流したと思うのが、正論だろう。法則(真実)を無視し暴走(捏造)した人類が、法則(真実)に覚醒し応答しなければ、代償は計りしれない。

先人は今そこに迫る危機国難(侵略者食民治主義凶産主義)に団結して対処、適者生存を成した。子孫の我々も団結し、確実に今そこに迫る危機を排除し、子孫へ残す責任がある。地球力の駆使と、第三の燃料確保と、温室界破壊革新。これが日本存亡、人類存亡の鍵だ。

島国日本の資源水(水素と酸素)!脱化石燃料の申し子!

化石燃料の代償人工力を駆使水素と天人力で天工力基盤の電気立国日本へ
 第三の燃料は原子番号1、元素記号H、分子はHの水素。単体は地球の大気上層部に存在し、化合物としては水をはじめ自然界に広く分布する。工業的には炭化水素の分解、水の電解でつくる。化石燃料と違い資源量に限りが無く、反応後にはまた水に戻るので、地球への負荷も無い。熱量もガソリンの3倍である。水の電解の逆、燃料電池は、発熱無く電気を取り出せるので、はるかに高い転換効率が得られる。現在自家発電や地域発電所の実験プラントとして、日本米国で稼動中。

原子力30.6%火力59.9%水力9.1%太陽地熱等0.9(2006年)。新エネルギー政策等で進められてはいるが、資源無き日本、開発が生温い。まず化石燃料の火力、非常時攻撃目標となる原子力は実験用のみとし、水力等に変換。そして一致団結、天工力(風力水力波力地熱太陽力)を人工力駆使し活用、電力自給自足脱有限化石燃料電気立国とし、総力を挙げてより安価な水素分離に取り組めば、日本は島国で水の国、四方資源に囲まれたアースパワー、天人力立国日本となり、第一次産業の自給自足も革新出来る。

 水は資源、次世代燃料は天工力人工力を結集し、水素分離に総力を挙げるべきだ。地球は悲鳴を上げ、泪を流した。人類人口70億に迫った今、もはや、地球加熱破壊自爆の、有限燃料の時代では無い。動力燃料は太陽水素の時代だ。トヨタ、ホンダ等の有限燃料を糧とする業種は、蛸が手足を食うが如き自殺行為から覚醒し、余力のある今、蜂起し団結、化石燃料代償得た発明、人工力で、天工力地球力(アースパワー)を有効利用、天人力基幹新日本建国し、アジアの、世界の、礎石と成れ。現代の繁栄は、亡国前の幻影、楼閣である。

平和時、金(紙ではなく紙幣)持ちと皆認めるから金持ち。動乱になれば紙幣は紙屑化。紙(紙幣ではなく紙)持ちとなり金持ち消滅。動乱や戦争となれば代替紙幣ではなく、物が取って代わり、物なし紙幣持ち消滅は、瞬時。紙幣=金は、平和が条件。戦争となれば、紙幣持ち存在せず皆持ちで、経済大国紙幣持ち日本も、ただの持ち。燃料枯渇は存亡の危機である。日本復興を成した現実界物づくりの方々の一致団結蜂起を願う。

中国は、後れたための人件費馬鹿安のみが隆盛の起因で、一過性。日本は、地価家賃馬鹿高を是正すれば、対処可能。資源無き日本、もの造り以外隆盛の術無き国家、間接業のみの隆盛は、亡国。

一稔植物扱いの胡蝶蘭、定説の栽培方法は温室無しには不向きを学習。原点に回帰、ミズゴケを取り去り、根を剥き出しして栽培。結果、胡蝶蘭の真実、多年草長命蘭をつきとめ、今では20才もいる。

このように目前に答えは数多散乱している、発見するか、しないかだけである。出来た方法を話せば誰でも思いつく方法だと人は言う。コロンブスの卵である。答えを言われてみれば当然の話だが、その発見に至るまでの時間は生命誕生まで遡る事になる。気付くか気付かないか、その差は計り知れない。しかし答えは目前にころがっているのは事実だ。ただ気付かないだけだ。犯日団を追放し、先人のように一致団結、子孫のため国難に対処しよう。水素単体は地球の大気上層部には存在するのだ。地球はすでに水素を分離している、我々は気付かないでいるだけだ。地球は水で警告した。人類を救うのは水、HOだ。

イギリスが現代の基盤を築いた。人類開闢以来の弱肉強食食民治主義を破壊し、共存共栄平等の新秩序を創造したのは日本の先人。新秩序継続は子孫の使命。発見し未来を磐石にするのも、子孫の使命。

蒔かれた真実史観は芽吹いた。田母神論文は踏絵、反論者は皆、工作員である。余力のある今、この平和時に取り組まなければ、チャンスは無い。現実界は日本を復興し、隆盛を成した。立ち止まり振り返り、現実界の目で見れば、子孫の未来が自ずと現出する。今そこにある燃料危機にも気付かない温室界日本存亡の危機である。

63年間自浄無き温室界の破壊である。温室界の、報道界の、味方は当然皆無。子孫のため、日本チェンジ仮想現実界の志士、日本ネチズン、日本を復興し隆盛を成した現実界の、強力な協賛協力を切に願う。

 空売り資本主義、有限化石燃料、現実喪失の仮想現実界、現代文明の限界は露呈した。原点に回帰、実事求是で修正し、亡国の化石燃料から即刻脱皮、日本公党で団結し、新たな第一歩、電力水素力が基盤の、天人力国家建設に踏み出そう。理念(公)無き党はしょせん烏合の衆、「私」に走るは世の習い。完


亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/172-3c0bf894

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。