QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観靖国不参拝天皇合祀に非ず犯日団思想戦英霊愚弄に慰霊の言葉喪失


1の1天皇靖国不参拝合祀に非ず犯日団英霊愚弄思想戦に慰霊の言葉喪失

最高学府半端者凶産教授に洗脳された仮想(机上)界が、中国凶産韓国北朝鮮罪日思想戦の巣窟と化し、思想戦に敗れ、亡国へと転落し続けている現代の日本。半端者総括皆無が原因

年表・戦後~現在(凶産と犯日が敵)

 「終戦から7年後の昭和27(1952)年に日本が独立すると、すぐさま戦犯釈放運動が全国に広まり、当時のほとんどの成人四千万人が署名。翌28年の戦犯赦免は、社会党や共産党一人の反対もなく、満場一致で議決」。「あゝモンテンルパの夜は更けて同胞(はらから)を思う歌。この歌は、5百万人の署名となって、BC級戦犯百数十名を救い出した」。軍民団結は明白であり史実。

 開戦の詔書、終戦の詔勅、敗戦後も逃亡せず護国護持、部下への責任転嫁発言皆無は史実。合祀不快は史実全否定で、天皇自らとA級戦犯が、国民を犬死無駄死にさせた張本人と認め、愚弄することで、こんな無軌道発言は、万が一心に有っても出来ない。これは現実界の常識、天皇愚弄も甚だしい限りだ。仮想現実界は余りにも非常識で異常だ。

2008年9月14日、テレビ朝日番組「サンデープロジェクト」自民党総裁選の5候補麻生太郎幹事長(67)与謝野馨経済財政担当相(70)、石原伸晃元政調会長(51)、小池百合子元防衛相(56)石破茂前防衛相(51)が靖国問題A級戦犯の分祀について持論を戦わせた。

分祀は国会で議論し決定すべき

麻生は「靖国神社を天皇陛下がご参拝していただけるような施設にするのが、一番望ましい。新しく国家が追悼施設を作っても靖国問題は解決しない」。A級戦犯の分祀には宗教法人の靖国神社が反対している。 これについて麻生は「この(重要な)話を一宗教法人に丸投げし、国が逃げていることが問題だ」と指摘した。麻生は平成18年、現在の靖国神社を非宗教法人化し、特殊法人「国立追悼施設靖国社」(仮称)を設置すべきとの提言を発表。慰霊対象に「A級戦犯」を含むかについては「国会で議論を尽くし決断すべき」としている。

分祀賛成

 ナベツネ中曽根の傀儡与謝野は、「(皇族は)A級戦犯の合祀をきっかけに行かれなくなった。だから分祀すべきだ。国家の慰霊行事を日本武道館という借りた会場でやるのは残念、分祀をして天皇陛下や皇族も参拝できる環境づくりが必要」と述べた。

 他虐偽善者摘み食い石破は、「戦争に行けと言った側と、それを信じてお国のために行った側とは(立場が)全く違う・・・大東亜戦争で国家をああいう運命に陥れた人の責任を曖昧模糊(あいまいもこ)にしている。(分祀)基本的に賛成だと述べた

 似非愛国親子他虐偽善者石原は、「外国の元首が戦没者に手を合わせられる場所に変えていただきたい。戦争指導者と赤紙で召集された側は違う」と述べた。

 日和見摘み食い渡り鳥小池は、「分祀をして天皇陛下や皇族も参拝できる環境づくりが必要」と述べた。

 http://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0809/web-news0915-3.html

 http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20080915AT3S1401014092008.html


 仮想現実界の一知半解の知識で、赤子の手をひねるが如くまんまと工作員田原に嵌められて、分祀を支持する自遊官主党4男1女。国民は、マスコミアサヒル狼少年に気付き、とうに真実に目覚めているというのに、分祀とは、何と情けない殿と姫だ。

「戦争指導者と赤紙で召集された側は違う、侵略(戦争)しなくとも良かったのに、赤紙で召集され犬死に無駄死にした被害者犠牲者が、戦争指導者加害者と合祀はいやだから他に分祀してくれ」が分祀派の言い分である。

 日本は理由もなく唐突に軍国になり、赤紙で無辜の国民を無理やり召集したのではない。過程を経て、結果となる。これが現実界の道理で、現実界は道理に基づき動いている。現実界の道理で検証してみよう。

 日本軍国主義は赤紙で無辜の国民を無理やり召集し、アジアを侵略し、征服しようとした。これは誤り。

 日本開国時は、侵略征服合法の戦国時代で、食民治主義者世界征服の途上であった。戦わざるもの、皆征服された。八方がすべて、敵であった。資源無き小国日本対処のため蜂起し、天皇の基軍民一丸の軍国とし、欧米の文明を吸収し、備えた。

 清国とロシアも当然日本征服をねらっていた。資源無き島国日本、朝鮮半島が敵となり海上封鎖され兵糧攻めされれば、命運は尽きる。清の属国朝鮮半島を清国から解放し、日本との同盟を画策した。

 国盗り合戦の結果日清戦争で、台湾を得た。日露戦争でロシアが占領していた満州の権益を清国の同意を得、譲り受けた。戦国時代弱者の知恵、寄らば大樹の陰、対処不能の朝鮮は、争う事無く世界各国承認の下に、日本に併合された。台湾、朝鮮、満州、戦国時代列強対処のため、日本と同等に統治した。

 中国孫文と日本、大アジア主義を掲げ日中同盟を画策、食民治主義と対峙しようとしたが、新たな侵略征服主義ソ連狂産党が、癌で余命幾ばくも無い孫文を籠絡し、中国日本侵略の足がかりとした。

 ソ連狂産党傀儡毛沢東を操り、満州日本を挑発、中国日本侵略をねらった。中国日本侵略をねらう食民治主義者傀儡蒋介石を操り、満州日本を挑発。日本の反凶戦争となった。

 世界侵略征服主義連合軍英米仏蘭ソが世界を征服し尽くし、最後に残った日本を征服しようと資源無き日本を兵糧攻めにした。

 座すれば資源無き日本は餓死、日本は子孫を守るために
赤紙で召集し(日本人は赤紙での徴集兵だが、台湾朝鮮は志願兵。末期には朝鮮台湾も徴集したが、程なく日本降伏のため、戦闘なし。台湾朝鮮兵、日本軍矢面にせず。この事実を、子孫は刻印すべきだ)、軍民一丸となり蜂起、英米仏蘭が支配するアジアに進出、英米仏蘭と戦い征服主義を破壊、同胞を、1960年植民地独立付与宣言へと導き、現在の平和を創造した。駆け足での検証だがこれが真相だ。仮想現実界いかに愚かな認識か誠に情けない。

 分祀護国指導者を貶め蹴落とし、犠牲者被害者遺族に成り済まし、善者を装う醜くく、浅ましい偽善行為である。分祀自意識無き愚人、犬死に無駄死にした馬鹿者と、日本兵のみならず、台湾朝鮮志願兵戦死者をも面罵する愚行である。分祀は侵略者日本軍と、世界の史実に反する偽りの歴史を、日本朝鮮台湾の子孫に残す事になる。日本朝鮮台湾子孫の後世の非難、分祀派は覚悟する事だ。

 自遊官主党のみならず民欺党(小沢一郎、官直人、鳩山)凶惨党、邪民党、混迷党、仮想現実界国会議員の道理思考皆無を曝け出した。東大卒中山大臣の、原因、過程、説明無き唐突な日教組解体論が、道理思考皆無を追い討ちし、実証した。これが、結果(点)のみ丸暗記教育戦後の成果、道理思考皆無文系高学歴者の正体である。

 道理思考皆無文系高学歴者が牛耳る仮想現実界。日本洗脳犯日凶会、謀匪新聞、売日新聞、嘘売新聞、日害新聞、愚条の害、欺教組は巣窟。邪気者、弁護児、罪犯官、凝授、兇児、病論家、懺生(先生)、癌僚(官僚)、万馬鹿、冗説家は職業。

 

昭和20(1940)8月15日年終戦 

占領した米軍WGIPで洗脳開始

江藤淳『閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本』江藤淳(1932~1999) 著・文芸春秋・1989.8初版)」

・・・それは、とりもなおさず、「ウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム」の浸透であった。『太平洋戦争史』は、まさにその「プログラム」の嚆矢「こうし(はじまり)」として作成された文書にほかならないからである。歴史記述をよそおってはいるが、これが宣伝文書以外のなにものでもないことは、前掲の前書を一読しただけでも明らかだといわなければならない。そこにはまず、「日本の軍国主義者」「国民」とを対立させようという意図が潜められ、この対立を仮構することによって、実際には日本と連合国、特に日本と米国とのあいだの戦いであった大戦を、現実には存在しなかった「軍国主義者」「国民」とのあいだの戦いにすり替えようとする底意が秘められている。

 これは、いうまでもなく、戦争の内在化、あるいは革命にほかならない。「軍国主義者」と「国民」の対立という架空の図式を導入することによって、「国民」に対する「罪」を犯したのも、「現在および将来の日本の苦難と窮乏」も、すべて「軍国主義者」の責任であって、米国には何らの責任もないという論理が成立可能になる。大都市の無差別爆撃も、広島・長崎への原爆投下も、「軍国主義者」が悪かったから起った災厄であって、実際に爆弾を落した米国人には少しも悪いところはない、ということになるのである。

 そして、もしこの架空の対立の図式を、現実と錯覚し、あるいは何らかの理由で錯覚したふりをする日本人が出現すれば、CI&E(民間情報教育局)の「ウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム」は、一応所期の目的を達成したといってよい。つまり、そのとき、日本における伝統的秩序破壊のための、永久革命の図式が成立する。以後日本人が大戦のために傾注した夥しいエネルギーは、二度と米国に向けられることなく、もっぱら「軍国主義者」と旧秩序の破壊に向けられるにちがいないから。・・・

 自遊官主党4男1女がいかに不勉強かを語って余りある。肩書き愚人蔓延る同世代に、江藤淳という崛起した日本人がいたということを、我々子孫はけして忘れてはならない。

 天皇陛下は終戦後、数年毎に靖国神社に参拝していた。しかし1978年以来、昭和天皇、今上天皇の靖国参拝は途絶えた。取りやめの理由は、「昭和天皇自身の意思。三木元首相が公式参拝ではなく私人としての参拝を表明したため、公人たるべき天皇が参拝できなくなった」の二説があったが、新たに戦犯合祀が加わった。検証してみよう。

 マスコミは選り食いし、美味しい部分のみ摘み食い(現実界では鼻紙にもならない焚き付け用紙屑を、印象操作)報道する。読者はこれで犯日団に洗脳される。過程を年表にすれば、摘み食いカラクリも一目瞭然で、昭和天皇の御意も自ずと判明する。戦後は数年置きに計8度天皇が靖国神社に参拝した。

 

戦前は戦国時代凶産・戦後は凶産犯日が敵

1941年10月ゾルゲ事件が発覚。近衛内閣のブレーン朝日新聞記者(1926~1938)尾崎秀実(ほつみ)が、ソ連スパイゾルゲへの機密漏洩で共に、スパイとして逮捕。

1944年11月7日ロシア革命記念日にコミンテルンの手先、朝日新聞記者尾崎秀実、ゾルゲ、死刑。

1945年8月8日深夜ソ連中立条約破棄し参戦満州南下。

8月10日米国三者調整委員会(SWNCC)北緯38度線を境にし、米ソ分割占領を決定。凶産主義と食民治主義、敵の敵は味方が連合し伊独日を倒したが、しょせん正体侵略者同志の水と油、対象の日本が消え、以後本性剥き出し米ソの戦いとなった。

1945年(昭和208月15日終戦。日本は蜂起軍なので下克上無し。終戦以後の朝鮮人

罪日 戦勝国と大暴れ、日本に対して下克上を誇示したが、李朝人間殺し差別復活を恐れ、60万人が自分の意思で日本残留を選択、動乱逃亡民も合流し、在日となった(親日を含む)。李朝被差別民と済洲避難民。

韓半島北 李朝人間殺し差別の復活を畏怖した被差別民対差別民下克上の戦いとなり、約一割100万人の差別民が半島南に逃亡。翌年2月ソ連軍の傀儡金日成の北朝鮮人民委員会がつくられ赤化開始。差別の復活阻止が、一気に凶産と結びつき、労さず瞬時に赤化した。李朝被差別民国家。

韓半島南 李朝人間殺し差別の復活阻止に、9割以上の被差別民が結束し下克上、朝鮮建国準備委員会(建準。後に人民委員会)を8月15日に結成、結果、たったの20日間で朝鮮人民共和国の樹立を宣言したが、米軍9月9日ソウル到着後消滅。46年2月民主主義民族戦線(民戦)と衣替えした。しかし、同年半島南の被差別民対差別民下克上暴動勃発「10月人民抗争」で、米占領軍は急に硬化し、暴動被差別民を凶産と認識したため、被差別民は出自捏造し差別民に鞍替え成り済まし、鞍替え無き被差別民を凶産と捏造し、虐殺した。李朝人間殺し差別は、以後の四三等の同胞殺し合いすべての起因となった。李朝差別民(ニセモノ9割)国家。

済洲島 李朝ニセ中華差別に島民結束して備えた。島民同志の争い下克上無しは、李朝差別皆無の証し。島の人民委員会は半島の凶産とは明白に異なる、島民の総意がボトムアップされた、最新の民主主義自治組織として機能していた。これを凶産と捏造され、李朝人間殺し差別で虐殺された、犠牲者の島。

復職した一つまみの東大等の赤化教授が、WGIPに迎合、日本真空時代が始まった。

昭和21(1946)年1月4日公職追放(パージ)、1947年までに21万人の良識者が追放された。蜂起軍排除の半端者が復帰し迎合教育、下克上開始。1952年4月28日独立で追放解除となったが、占領した凶産教授や凶産に復帰阻止され、半端者総括皆無のまま現代に至る。いまだ良識者追放のまま。

昭和21(1946~54)年吉田茂首相終戦時67歳。

1946年(昭和21中国内戦国共赤化戦争に突入

昭和23(1948年3~10月)年芦田均首相終戦時58歳。

1948年(昭和23)4月3日1957年4月韓国「四三虐殺」済洲人を共産と称し虐殺、民族浄化開始。

1948年の8月13日USAから朝鮮独立。李承晩初代大統領(1960年まで)ここからは、実体露わなナチスとユダヤの民で、同胞半島人へ家系図(ニセモノ9割)誇示のため、済州島は虐殺のガス室と化した。李承晩は、李朝差別でバラバラな人心懐柔のため、仮想敵国日本とし、犯日を国是にした。以後現代まで、続いている。

1949年(昭和24)中国毛沢東凶産国共内戦で勝利、蒋介石敗北、12月に台湾へ逃亡。

1950年(昭和25)6.25.~53年7.27.朝鮮戦争。李朝差別民(ニセモノ9割)対被差別民の同胞殺し合い。

1950(昭和25)~1954マッカーシイズム。是々非々の国アメリカは、真実に覚醒し、共産主義者弾圧、赤狩りをした。ルーズベルト、トルーマンも弾圧の対象であった。是々非々に基づき覚醒したから、後に小笠原沖縄を返還したのだ。レッドパージ赤狩りで、共産党の一部も追放されたが、2年後の日本独立で解放、影響無し。

昭和25(1950)年参拝

昭和26(1951)年4月11日にマッカーサー解任。5月3日マッカーサー日本自衛戦争証言

昭和27(1951年9月8日対日(サンフランシスコ)平和条約 日本と連合国(48カ国)との間に結ばれたWW2終結のための平和条約。1951年9月8日サンフランシスコで調印。1952年4月28日発効。条約により、南樺太、千島列島の放棄を規定させられたが、帰属先は不明で、2010年の現在も未定のまま。南樺太、千島列島はソ連(ロシア)が日ソ中立条約を破棄し、条約破りで勝手に占領したもので、平和条約に基づいたものではない。ましてやソ連は、条約にも署名していないので、同条約の権利主張は無道理。当時の連合国(48カ国)に、南樺太・千島列島の再帰属を願い続け承認を得れば、何ら問題なく領有できる。

 4島のみの返還要求は不法占領を認める脳天気外交で、大変な愚行。南樺太・千島列島一括返還要求が、正当な要求である。

 南樺太・千島列島は敗戦ゆえの屈辱放棄。戦後の職責者がまともなら、「帰属先は不明で、2010年の現在も未定」や条約破棄を突き、当の昔に「再帰属」運動を展開し、ソ連消滅時に奪還出来ていた。

1952(昭和27)年1月韓国李承晩ラインを設定し、武力で日本人を殺して日本の領土竹島を奪い、軍隊により支配し、違法に居座っている。李承晩は人殺しで竹島占領し、李承晩ラインの日本船拿捕で敵国日本とし反日教育、差別の乱内乱の目を外敵に向け、人心を掌握した。
韓国「竹島不法占拠」の歴史 日本人の死傷者44人週刊ポスト2010年10月29日号
韓国に拿捕された船長 73日間毎日丸麦1合と大根葉の塩漬2回週刊ポスト2012年9月7日号
昭和27(1952)年4月28日サンフランシスコ講和条約発効。日本独立戦犯釈放運動が全国に広まり、当時の成人のほとんどいってもよいくらいの四千万人もの署名が集った。パージ解除。

昭和27(1952)年10月16日参拝

昭和28(1953)年戦犯の赦免に関する決議が、社会党や共産党まで含めて一人の反対もなく国会で決議された。力道山日本プロレス協会設立。プロレスはほとんどが八百長芝居の見世物なのだが、真剣勝負であるかのように放送し、国民は熱狂した。TVは捏造から始まったのである。

昭和28(1953)年NHKTV放送開始。一億総白痴化の開始。

昭和29(1954~56)年鳩山一郎首相終戦時62歳。

昭和29(1954)年10月19日参拝

昭和31(1956~57)年石橋湛山首相終戦時61歳。

昭和32(1957)年4月23日参拝

昭和33(1958~60)年岸信介首相終戦時51歳。1の2につづく⇒

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/169-98e92f27

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。