QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観3極悪NHK中村直文と藤木達弘群雄割拠中国に貨幣無しアヘンが代用を隠蔽

3極悪NHK中村直文と藤木達弘群雄割拠中国に貨幣無しアヘンが代用を隠蔽

 平和時非合法なのが、戦時下では人殺し、アヘン、原爆など、合法となる。戦時下合法のアヘンを、平和時での極悪断定報道は、罵倒のための悪意報道でしかない。

 アヘンは医薬品、アヘン中毒者の治療方法、アヘン中毒者を根治した台湾統治の実績、野放しにせず統制品にし国の専売とし管理した。捏造が党是の中国凶産党が全面協力した番組み、戦争とはアヘン殺し合いなんでもあり、NHKが捏造し軍人罵倒を続ける理由等予備知識無き人がこれを見たら、「軍人=アヘン=悪」と確実に洗脳される報道だ。予備知識があれば、捏造を随所に発見できる。以下巧妙なNHKの捏造を検証して見よう。

2008年7月17日21時NHKスペシャル調査報告「日本軍と阿片」

あらすじ

戦争の負の遺産日本の戦争と深い関わりを持つ阿片。日本の薬用植物研究施設の映像。大量の阿片を採取できる品種は日中戦争の前の年日本で開発された。強い依存性をもつ麻薬を利用して日本は戦争を行っていた

日本で開発された麻薬を利用して日本は戦争を行っていたかのように錯誤する。アヘンは専売品なので税収の一部ではあるが、それで戦争とは飛躍もはなはだしい針小棒大だ)

日本軍と阿片の関係が明らかになったのは東京裁判である。A戦犯として死刑となった東条英機元総理大臣、そして板垣征四郎元陸軍大臣。二人の起訴理由に国際条約に違反中国に蔓延させたことが挙げられていた。

Aを捏造し侮蔑。国際条約に違反は、批准していないので違反ではない。阿片を中国に蔓延させたのは英国、は史実。日本ではない。前述のようにアヘンは専売品として、国民は皆知っていた、「明らかになったのは」と捏造。また、戦時下なので軍関与は当然である)

「陸軍の命令で莫大な量の阿片を売買した」と里美甫)(1896~1965)(さとみはじめ)が検察側の証人として出廷し証言した。阿片をめぐる罪は、アメリカ中国側の証拠と証言によって裁かれた。

(里美が米軍と取引しての証言は、史実。東京裁判は裁判ではなく、リンチは定説である)

日本軍が阿片で戦費をまかなった事実が浮上、海外の資料から、日本軍の阿片売買が明らかになってきた。日本軍は阿片を使って何をしたのか、徹底追跡をした。

海外の資料とは捏造が党是の中国凶産党と反日アメリカ。専売品の利益で戦費をまかなうのは当然のことである)

日本の戦争と阿片の関わりをさぐるため、中国東北部瀋陽、かって日本が創った満州国傀儡(操り人形)国家の一部奉天に向かった。日本が造った巨大な阿片工場の跡があるという情報を得たからだ。研究者から情報を集め可能性のある場所を尋ねた。満州国政府の記録によれば年間30トンの阿片を製造していた。

(捏造が党是の凶産党の一方的な情報。満州国政府の記録なるものも開示なし)

満州国は民族が手を取り合う五族協和、理想の国家を目指す王道楽土をスローガンに掲げていた。満州国防衛を担当したのが日本の関東軍。関東軍は、傀儡(操り人形)国家満州国の建国に大きく関与していた。

(無検証で傀儡(操り人形)国家と以後何度も侮蔑表現)

関東軍と阿片を語る元関東軍特務機関(諜報工作が任務)員木村明(86)証言。特務機関金庫には現金と官営の工場で製造された阿片が入っていた。現金が底をつくと阿片を換金して活動の資金にしていた。親指と小指を立て(阿片の記号)、「要不要(ようぷよう)」(要るか要らんか)とたずね、換金していた。暴力団が資金源にするのと一緒である。特務機関もそういうことを・・・。官給品の阿片は飴玉ほどで10粒で一月分の給料に相当した。

(途切れる証言。「・・・せざるを得なかった。戦争だからね」と続いたのではないのか。戦時下紙切れの現金よりもアヘンが通用したことは納得できる)

満州国時代のアヘン窟とされる映像が海外の映像会社に残されていた。横たわりアヘンを吸う映像。満州国では政府指定のアヘン窟があった。政府の説明では、急にアヘンを禁止すると、中毒者が禁断症状に苦しむので、少しづつ与えて救済するためとしていた。

(徐々に離脱させるのが唯一の治療方法である。台湾統治にも用いられ根絶した実績がある)

実態は中毒者以外でもアヘンを自由に吸える状況だった。アヘンを売った金は政府が吸い上げていた。昭和12(1937)年の満州国の記録にはアヘン麻薬の中毒者の数110万人と記されている。一つの都市に4000軒のアヘン窟が乱立したというデータもある。

(満州国の記録の開示なし。満州国建国昭和7年1932年からの統治なので、日本が蔓延さしたのではない)。

満州国警務総局の内部資料(昭和16年)の写真。映像は痩せこけた裸の男性の死体。報告書には、ハルビンのアヘン窟地帯で、年間2000を越す死体が路上に放置されているとある。

(報告書の開示なし。写真が事実なら英国が持ち込んだ麻薬の被害が正解。日本ではない。開示の写真は佐藤慎一郎が調査した記録『大観園の解剖』に出ている写真。
 『大観園』は満洲のハルビンにあったアヘン窟であり、売春宿でもあった。魔窟大観園は満洲国政府とはまったく無関係。
 ハルビンの頭目、中国人経営である。NHKの捏造印象操作。アヘンは専売のため、農民からの購入価格は決められている。中国凶産党はそれを尻目に、日本の購入価格より高価に買い上げ、それを、日本の警察力が及ばない北京や天津上海で販売、中国凶産党の資金源にしていた)

満州国を潤したアヘンマネー、それが関東軍と深く結びついていたことを、私たちは知った。大耗公司(だいもうこんす)は関東軍の下で、軍事物資の調達を行っていた会社でアヘンに関する業務の担当を命じられた。中国の現地から東京の本社への報告にも、アヘンに関する関東軍参謀副長板垣征四郎の指示も残されていた。板垣征四郎と関東軍参謀田中隆吉は、、新たな計画を練っていた。内蒙古の親日政権を造ろうという計画だった。

(国が管理する専売品、戦時下なので国直轄の軍管理は当然であり、指示も当然である。中央の方針とは反する証拠開示無し)

資金源として注目されたのがアヘンだった。アヘンの収売に関しては内蒙古チャハル盟9軒の農家に栽培させると、板垣は指示した。河北省張北の60代農民らしき人が「ここが昔ケシ畑だったところです。1.6ヘクタールに栽培し、採取したアヘンは、日本人に渡していた」と証言映像。

(専売品なので栽培させた。1932年満州国建国時10歳でも86歳、若すぎる証言者だ。捏造見え見えだ)

 関東軍の内部資料に昭和9(1934)年の時点で内蒙古の一部だけでケシ畑3万ヘクタール従事者人口100万人に上るとしるされている。

(資料開示なし。ケシで満杯のケシ畑イメージ映像)

昭和12(1937)年日中戦争勃発すると関東軍は、内蒙古チャハル盟に武力侵攻。軍中央の意向を無視して戦線を拡大した。北京北部第五師団長板垣征四郎と関東軍参謀長東条英機は三つの傀儡政権を造った。

(意向を無視しの資料開示無し、戦争は陣取り合戦、戦線を拡大は当然である。三つの陣地を味方にしたが正解だろう、それを傀儡政権を造ったとは。NHKは終止悪意に満ちた表現をし軍罵倒目的は明白だ)

昭和12年12月関東軍極秘文書記載(複写)、このとき東条英機が出したアヘンに関する指示。「阿片、塩務政策の確立に方りては特に蒙彊方面の財源捻出に留意」アヘンを傀儡政権の財源とし、敵に奪われることを阻止するように東条は念を押していた。

(「アヘンを傀儡政権の財源とし、敵に奪われることを阻止するように東条は念を押していた」とは書かれていない。捏造である)

愛知大学森久男教授

 「軍中央の意向に従わない関東軍にとってアヘンは機密費となっていたと見ている。関東軍の内蒙工作は、途中から陸軍中央部の承認を得ない独走状態となってくる。正規の予算請求できないので自分たちで機密費を調達する。機密費を勝手に捻出するのは非合法。出先軍部に対して陸軍中央部の統制が取れていなかった」(意向に従わない、アヘンは機密費、独走状態、資料開示無し。アヘンは国管理の専売品、それを軍管理で、二人がさも私物化したような報道だ)

アヘンマネーで暴走する関東軍。私たちは、そのことによって日本が国際的孤立に追い込まれていった事を知った。スイスジュネーブにあった国際連盟。戦時中の日本と阿片にかかわる文書がはじめて公開された。日中戦争が始まって一年(1938年)、国際連盟では日本と阿片とのにかかわりが問題となっていた。日本が占領した中国各地からの報告が多数を占めていた。アメリカの報告書は、満州国のアヘン収入が、前年よりも28パーセント増加する見込みと、警告を発していた。日本と阿片とのかかわりは世界から徹底的に監視されていた。この5年前日本は満州国承認されなかったことを不服として、国際連盟を脱退していた。しかし完全な孤立を避けたいと、その後も重要な委員会に協力を続けていた。その一つがアヘン諮問委員会。アヘン戦争以降植民地支配にアヘンを利用してきたヨーロッパの列強国、非人道的だと言う声が高まり国際的な規制へと舵をきっていた。アヘンで不当な利益を得ると言う国を厳しく監視していた。

(1927年田中義一首相の東方会議の上奏文といわれる署名の無い文書で、対満蒙、対世界政策を記したものといわれている。
 内容はなんと、世界を征服するには、まず中国を征服しなければならぬから始まり、日本が満州と蒙古を手に入れ、次に中国、そしてついには全アジア、全世界、全地球を、征服する征服物語なのだ。
 全世界征服計画という荒唐無稽な話が日本の野望として、1929年12月、南京で発行されていた月刊誌『時事月報』に、『田中義一上日皇之奏章』と中国文で発表された。1930年代には、米国で英文パンフレットとなり、大量に配付され、田中上奏文は、さらに翻訳され、世界中に「世界征服を目指す日本」というイメージをばらまかれた。

1933年1月 ルーズベルト政権発足し、昭和8(1933)年8月に米国農務省が8千万ドルの小麦と綿花借款を南京の国民政府に与え、さらに昭和9(1934)年2月に中国広東軍司令部と米航空公司との間で米軍の援助による空軍3年計画契約交渉を行い、米軍用機購入と米海軍予備将校の指導をもとに、福州およびアモイに米国は飛行場を建設している。
 すでに食民治主義者は日本潰しを開始していた。征服者植民地主義対唯一の非干渉独立国日本の対立である。この時点では日本も蒋介石も共に反凶戦争にまい進中)

昭和13(1938)年6月日本の外交にとって大きな打撃となった第23回のアヘン諮問委員会が開かれた。

アヘン諮問委員会議事録

 日本代表「日本人による天津での麻薬密造がたびたび問題となっているが、日本当局の取締りによって麻薬密造がなくなったと断言できる」中国代表「南京が日本軍に占領されて以来アヘンや麻薬が公然と販売されている。日本は長期的な破壊力をもつ麻薬と軍事力を組み合わせて中国を侵略している」日中戦争の前まではアヘンを野放しにしていると非難されていたのは中国だった。国民政府(蒋介石)の財源(注・毛沢東を隠蔽)が一部アヘンによってまかなわれていたからである。蒋介石はアヘンの根絶を宣言し日本との違いを内外にアピールした。中国はアヘン諮問委員会で上映するため日本のアヘン政策を糾弾する映画も準備していた。日中戦争前カンコウの日本租界で摘発したと言う麻薬工場の映像。アヘン諮問委員会の委員を含む200人の前で上映された。

(1936年12月12日 西安事件。1937年9月 国共合作②植民地主義の傀儡中国国民党と、凶産主義ソ連の傀儡中国共産党との協力体制。対凶産党との戦争となったので戦争回避不可となる。日本反共戦争(日中戦争)開始。1937年12月 日本南京占領、蒋介石毛沢東アヘンの資金源主要地を日本に占領され、資金源を断たれたため、食民治主義国から資金を得ようとして、アヘンの根絶を宣言した。戦時下の委員会)

(米英仏ソ、征服が国是の食民治主義共産主義の中国支援

米国1927~1941.4億2000万ドルの援助。1941開戦後に17億3000万ドル援助。英国1939~1940.2000万ポンドの借款。ソ連1億5000万ドルの援助。その他数回援助。フランス1938年1億5000万フランの借款。1939年96000万フランの援助(蒋介石支援ルートへの援助)。日本は反共戦争。宗主国(白人)は寄ってたかっての日本(有色人種)潰し、植民地化が真相なのだ。この一番大事な歴史過程を隠蔽し、NHKは極悪日本とつまみ食いし、結果のみ報道する。日教組と同類だ)

台湾近代史研究所 張 力教授

 「第23回のアヘン諮問委員会を中国は最大限に利用した。日本との全面戦争となったため中国は、他国の支援を必要としていました。だからアヘンの問題を議題としたのです。世界の多くの国がアヘンに反対していました。中国への同情は、日本への圧力になると」

アメリカ代表のフラーきびしい意見

「満州国のアヘン専売は継続的に売り上げを伸ばし、収益を上げている。この5年間で1億3千万元を売り上げたようだ。麻薬に関しては奉天の工場で毎日75キロから100キロのヘロインとモルヒネが生産されている」

この会議に先立ちフラー代表への極秘電

アメリカの陸軍省や財務省が日本を徹底調査しハル国務長官自らがジュネーブに情報を送っていた。

(日本潰しをすでに開始した米国の意見である、まともではない。ハルはハルノート最後通牒の作成者)

アメリカの麻薬政策の歴史を専門としているマカリスター助教授

「アメリカは日本の占領地からの麻薬流失とアヘンの生産が、日本軍の拡大と結びついている点を警戒していた。日本は密輸したアヘンの一部をモルヒネやヘロインに加工して、それを中国やアメリカの西海岸へ密輸するようになっていました。麻薬で得た金を戦争に使うことは正当化できませんし、日本は自らの立場をさらに悪くしたのです」

(植民地主義侵略隠蔽のための詭弁。アメリカの西海岸へ密輸証拠開示無し。アヘン原爆空爆何でも有りが戦争)

昭和13年9月中国は国際連盟に対し日本の中国侵略を提訴、経済制裁を発動するよう求めた。それを受け連盟は各国に制裁を発動する権限を与えた。

日本代表天羽英二の日記

「理事会16条に適用し得ると決定行く所迄来れり。連盟と分るる時来れり」日本政府は国際連盟に対し全ての機関との協力停止を通告。日本は完全に世界から孤立した。戦後天羽は軍部が中心となって連盟との協力絶つべしとの声が高まったと回想している。

(国際連盟=侵略者植民地主義=日本の敵と判明したから批准せず離れた。批准しアヘン供給を断てば、蒋介石毛沢東負の遺産アヘン中毒者が、暴動を起こし混乱することは火を見るよりも明白だった。アヘン中毒者蒋介石統治以前に台湾根絶、日本韓国皆無。中国麻薬禁止委員会のデータによると、2003年現在、登録された麻薬常習者は105万人にのぼり、前年に比べ5%増加した。青少年や無職、都市出稼ぎ者などで利用率が高く、全体の72.2%が35歳以下で、ヘロイン常習者は64万3000人。全国2863の県(市・地区)のうち2200県で麻薬問題が発生している。凶産主義でも根絶不可だった。日本の漸禁政策は、正解を物語って余りある)Untitled Document

日中戦争の拡大は続いていた。日本軍の占領地には次々に傀儡政府が作られた。軍事費の増大にまったく歯止めが利かず国家予算の七割を越す異常事態となっていた。国際的なアヘン規制の枠組みから外れた日本、日本軍のアヘンへの依存が加速していた。アヘンで兵器を購入した事実が浮かび上がってきた。昭和13年陸軍省支払い大日記、この中に大規模なアヘン売買の記録が記されていた。昭和13年9月大量のアヘンをどう資金に換えるのか軍中央(東條英機、板垣征四郎)は現地軍との間でやり取りを交わしていた。板垣は陸軍大臣に、東條は陸軍次官に就任していた。関東軍で軍中央の意向を無視して独走した二人が、陸軍の中央に座っていたのである。軍中央が関与したアヘン売買はその数量3万3千キログラム、およそ33トン。

(専売品の利益で何を購入しようが問題は無い。それを日本軍の2人が勝手にアヘンで儲けて、兵器を購入したかのような悪意に満ちた報道だ。映像は、どう資金に換えるのかの記載無し。捏造、アヘン数量3万3千キログラム、およそ33トン。の資料開示無し)

関東軍を通じ満州国へと売却。現在の末端価格に換算すると110億円相当の量であった。その資金は、北京にあった傀儡政権の兵器購入に充てられていた。

(資料開示無し

33トンものアヘンはどこから入手したのか。資料には次の記述しかない。山西省吉県において第20師団押収せし阿片。現在の山西省吉県。日本軍はアヘンを敵から奪い調達していた。日本軍の第20師団が戦っていたのは中国の軍閥、エンシャクザン。蒋介石のアヘン禁止政策にもかかわらず(アヘン市場占領され資金源が断たれたため禁止)国民政府の支配下にあった軍閥の中にはアヘンを生産し戦費を稼いでいる者が少なくなかった。日本軍はどのようにアヘンを奪ったのか。エンシャクザンの下で働いていたという村の古老が見つかった。日本軍から追われて吉県に逃げ込んだエンシャクザンは、大量のアヘンを村の外れに隠したという。隠していたアヘンを押収し日本軍は武器を購入した。日本軍は戦費獲得のためには、手段を選ばなくなっていた。

(戦時下なので合法、当然である。それを「手段を選ばなくなっていた」とは。NHKは戦時下を隠蔽する)

最前線の証言者がいた。元232連隊情報将校鹿田正夫(90)。鹿田さんの部隊では補給が常に欠乏し、民間人からの略奪でしのいでいたという。敵からの情報を取るにもアヘンに頼るしかない状況だった。「密偵というのは中国人を教育をしてスパイに使うわけですよね。当時日本人が使ったのは軍票といって軍隊だけに通用する札です。それは中国人には価値が無いんですよ。敵陣に行かすときには、アヘンがいちばん有効なんですよ。アヘンをどうして手にいれるかというと、一般の人には手に入らない。県庁に寄って。我々日本が強制的に作らせた偽県庁(傀儡政権の県庁)ですから、アヘンをよこせといって、毎月なんぼと持ってきて、足らんときまた要求して。死活問題だった」陸軍の中央から最前線の兵士までアヘンは深く浸透していた。

(敵陣に行かすときには、アヘンがいちばん有効なんですよ。本音の証言だ。戦時下なので合法) 4につづく

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/157-6c51aa5e

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。