QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観東條英機大将自決圖り遺言・語るに落ちる米軍捏造文の嘘を暴き全文掲載


1945〔昭和20〕年9月11日東條大将自決圖る 

 東條大将の遺言を聞き取り朝日に掲載した長谷川記者は、「科学朝日」の記者で、当日、外国新聞社の東條関連の取材に道案内としてたまたま同行、東條宅を訪問しようとしたとき、この事件に出くわし、特ダネ取材することになったと、言っているのだが、合点がいかない点、多々あるのだ。語るに落ちているのだ。(注・事件直後の日本人の証言者はNO1畠山重人秘書、NO2長谷川記者、NO3荏原為明医師だけである。NO1とNO3の立会いは理解できる。生死の境にいる東條大将のあわただしい現場に、無関係なNO2長谷川記者が立会い、重症者にしゃべらせ、聞き書きし報道しているのだ。米軍が立会いを許可したというのか。生死の境にいる現場に、普通は、無関係な長谷川記者は入れるはずなど無いのだ、不自然だ。そして拳銃発射の瞬間を、日本人は、誰も目撃していない 

  

(1)朝日新聞長谷川記者報道全文 

()は判読不能なので、どなたか縮刷版ではなく、原版でご教示下されば幸いです。赤細字筆者訂正」 1945〔昭和20〕年9月12日付縮刷版『朝日新聞』下半期147頁・練馬区図書館蔵書 

  

東條大将自決圖る 

きのふ抑留に先立ち自邸で 

元首相東条英機大将は11日午後4時、東京都世田谷區玉川用賀町の自宅へ同大将連行のため来邸来訪した聯合軍側官憲との應接を待たず同20分ピストルにて自決を圖り重体である 

勝者の裁判忌避 

歴史の批判待つ 

拳銃で重症苦痛を忍びに耐え遺言 

東条大将が自決をはかつたときたまたま(原文は繰返し記号)本社記者は東条邸を訪れたが訪れた以下は同記者の目()記である 

  

東条大将に対してマツクアーサー元帥から捕縛抑留命令が出た十一日の午後二時世田谷區玉川用賀町の東条邸……既に米官憲が到着し窓越しに東条大将を拘引にきた旨述べて告げてゐた、東条大将は笑つて「只今行きますから暫く待つて下さい」と訳を通じて通して挨拶し、窓に錠を下してソファーに腰を下したが、その時、ピストルのが内部えた、米官憲は外から鍵下りたの掛かった扉を叩き破り「窓をこはして入れ」などと怒鳴り威赫的威嚇するように銃を()つつながら室内に入つた、東条大将豫(かね)より覚悟の自決をはかつてゐたのである、椅子にもたれたまま、白の開襟シヤツを着た上から左腹部に拳銃を射ち込み左腹部を拳銃で撃ち、すでに息も絶え絶えであつた、午後四時十五分であつた、二十分程の後してから大将何か言はんとするので記者は大将の傍に寄り「何か言ふことがありますか」と問へば問うと苦し()息の下から次のやうな遺言を洩らした話したのである 

遺言を終つてから米官憲は附近近所の荏原醫院より醫師を呼び手當を施したが、その時の模様様子 では生命はとりとめるやうに見うけられた見えた米官憲は直ちに東条邸の門を閉し閉じて日本の巡査に警戒をせしめたさせた

  

「自決直後苦痛に耐えながら所信を語る東條大将」 の見出しで椅子に座り横向きの東條大将らしき判別不能写真掲載。 

  

(注・この写真の見出しは朝日が書いたのだろう。苦痛を忍びのような変な言い回しではなく、苦痛に耐えとなっている。又、下記の内容は遺言とは呼べないので所信を語るとしている。本音の出た見出しとなっている。良心有る者が検閲に抵抗し、真実の扉の鍵として残したのか) 

  

東條大将の遺言 

一発で死にかつた、時間を要したこと遺憾に思ふが残念だ大東亞戰爭は正しき正しい戰ひであつた、國民と大東亞諸民族には寔(まこと)に氣の毒である十分自重して大局の處置処遇を誤らぬことを希望する望む、責任者の引渡しは全部責任を負ふべきである、…復興することは更に困難である……法廷に立ち戰勝者の前裁判を受けるのは希望する望む所でない、寧(むし)ろ歴史の正當な批判俟(ま)つ――切腹は考へたがもすれば間違ひがある一思ひに死にたかつた、あとから手を盡して生きかへるやうなことをしないでくれ 

  

陛下の御多幸を行く末までおりしてどこいつまでも國家の健全な発達を遂げる事ができれば幸ひである、責任者としてとるべきことは多々あると思ふが勝者の裁判にかゝりを受けたくない、勝者勝手な裁判を受けて國民の處置処遇を誤つたら國辱だ――家のことは廣橋(伯爵)にまかせてある、その通りやればよい、家のことは心配ない 

  

天皇陛下萬歳、たとえ身は死しても護國の鬼となつて最後を遂げたいのが願念念願である…畠山(秘書)水をくれ…腹を切つて死ぬことは知つてゐるが、間違つて生きくない、責任は了した、死体は引渡したら引き渡せばよい、俺の死体はどうなつてもよい、遺族家族には言い渡して言ってある、死体は遺族家族引渡さなくともよい、しかし見せ物ではないとマツクアーサーに言つてくれ―― 

  

軍事的抑留を命令 

マックアーサー司令部発表=聯合国最高司令官は元首相東條英機大将を即時アメリカ軍の軍事的抑留に附するよう命令した 

  

(注・死ぬは易い。しかし敵に堂々と日本の所信を明らかにしなければならぬと、大義に殉じ命を投げ出すと公言している東條英機には、裁判は、日本の正義を明確にする、絶好の舞台ではないのか 

(注・英文和訳の文章だ、ぎごちない。赤細字は訂正文字。東條の言葉なら家族が正解。これは遺言ではない弁解書だ。こんな間違いだらけの日本文は無い。これは正しく占領軍作成の記事だ。ここでも朝日だ、朝日は根が深い)


亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ  

No title
まだおかしな日本語表現があります。探してみてください。
[ 2007/05/17 08:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/15-dd7f6d09

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。