QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観教育勅語現代語対訳戦後WGIPで日本人が失ったもの道理がここにある


教育勅語真実史観現代語対訳戦後WGIPで日本人が失ったものがここにある

 

教育勅語  真実史観訳

 

朕(ちん)惟(おも)フニ我カ皇祖皇宗國(くに)ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠ニ德ヲ樹(た)ツルコト深厚ナリ

私が思うに、わが先祖が国を開きはじめる遠い昔に、徳を柱として立てたことは、恩徳の深く厚いことだ。

 

我(わ)カ臣民克(よ)ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥(そ)ノ美ヲ濟(な)セルハ

国民は忠に孝に力を尽くし万民心を一つにして、代々その美徳を障害の中、成してきたことは、

 

此レ我カ國體ノ精華ニシテ教育ノ淵源(えんげん)亦實(じつ)ニ此ニ存ス

これ、わが国の国がらのすぐれたところで、教育の基本もまた、正にここにある。

 

爾(なんじ)臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉(きょうけん)己(おのれ)レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ

なんじ国民は、父母を大切にし、兄弟は仲良く助け合い、夫婦は助け合い和合し、友人は助け合い信用し、対人は慎み深く、平等の愛は多くの人に届くようにし、

 

學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ德器ヲ成就シ進(すすん)テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ

学問を修得し、仕事を学習し、それによって知識と才能を開きおこし理解を深め、徳と器量を身につけ、率先して広く世の中のためになることを宣伝し、世の中の任務を開発し、

 

常ニ國憲ヲ重(おもん)シ國法ニ遵(したが)ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉(ほう)シ

いつも国を尊び尊重し、憲法に従い、ひとたび危険が迫れば、正義と勇気で国に奉仕。

 

以(もっ)テ天壤無窮(てんじょうむきゅう)ノ皇運ヲ扶翼(ふよく)スヘシ是(これ)ノ如キハ獨(ひと)リ朕(ちん)カ忠良ノ臣民タルノミナラス

それによって、永遠に続く天子の運を助けるように。このようなことは、ただ私独りだけの忠義で善良な国民であるというだけではなく、

 

又以テ爾(なんじ)祖先ノ遺風ヲ顯彰(けんしょう)スルニ足(た)ラン

またそれによってなんじ国民の祖先の残したしきたりを明らかにし、祖先の遺徳流布の、助けとなるであろう。

 

斯(こ)ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所

この訓えは、まことに私の祖先の遺訓にして、子孫の私と国民の共に遵守すべきところである。

 

之(これ)ヲ古今ニ通(とお)シテ謬(あやま)ラス之ヲ中外ニ施(ほどこ)シテ悖(もと)ラス

祖先の遺訓を昔から今まで誤まることなく通して受け継いできた。この遺訓を世界に流布しても、道理に背かない。

 

朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺(けんけんふくよう)シテ咸(みな)其(その)德ヲ一ニセンコトヲ庶幾(こいねが)フ

私はなんじ国民と共に胸に刻み忘れず守り、皆合わせてその徳を一つにすることを、切に望む。

 

明治二十三年十月三十日

 

御名御璽(ぎょめいぎょじ)

天皇陛下の署名と印

 

八方が敵の戦国の世の護国主義具現化が天皇(日本)崇拝で、回帰したに過ぎない!

 東大女スパイ加藤陽子は2011年8月講談社「昭和天皇と戦争の世紀」で、下記のように国民誘導洗脳目的で引用しているが、八方が敵の戦国の御世に、歴史を再確認しただけのことで、書かれてある内容は史実である。

143p「たとえば、この頃、尋常小学五年生で用いられた『修身書』(27年)を見れば、冒頭には教育勅語が掲げられ、第一課は『我が国』となっている。国体に関する説明は次のようになっている。

 昔、天照大神は御孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)をお降ろしになって、此の国を治めさせられました。尊の御曾孫が神武天皇であらせられます。天皇以来御子孫がひきつづいて皇位におつきになりました。(中略)此の間、我が国は皇室を中心として、全国が一つの大きな家族のようになって栄えてきました。我等臣民は祖先依頼、天皇を親のようにしたい奉って、忠君愛国の道に尽くしました。世界に国は多うございますが、我が大日本帝国のように、万世一系の天皇をいただき、皇室と国民が一体になっている国は外にはございません

 ――尋常小学校卒で社会に出て行くものが八割の社会にあって、国体について、このように説明されていたことには十分な注意が必要だろう。天孫降臨と万世一系、家族国家、君臣徳義、君民一体といった考え方が、一つ一つの文章に織り込まれていた様子が確認できる。このような修身書で学んだ生徒が、まさに28年の即位の大礼を眼前に見ていたことになる

 幕末からの歴史を語るにおいて、最後に残った日本を狙う列強「英・仏・米・蘭・中(朝鮮)・露(ソ)」等の、八方が敵の戦国時代を抜きにしての軍国主義論は、スパイ工作論以外の何ものでもない!戦国の世に団結して我が身を護るのは生命体の本能で、護国主義が正当である。

 八方が敵の戦国の御世に、資源無き小国自存自衛のこの行動を、ナショナリズムの形成などと摩り替えるのが、戦後の実技無き丸暗記馬鹿学者どもである。

 加藤陽子「昭和天皇と戦争の世紀」は、天皇批判、朝鮮人中国人擁護のつまみ食い資料のみをばら撒き、国民を印象誘導する洗脳スパイ本。好いとこ盗りしたつまみ食い資料にすべてを責任転嫁するため、加藤陽子自身の論は完全黙秘である。「調べた資料を書いただけ」と責任転嫁する、「言葉と文字界」戦後の、最も醜い常套手口(本多勝一や森村誠一等)である。

 

 時代背景世界の戦国時代(弱肉強食適者生存の時代)を考慮せず、個人崇拝と考えるからおかしい論理になる。日本国の代名詞が天皇と考えればよい。戦国時代も戦前も現在も日本国=天皇=公人なのだ。ヒトラー、逃亡し(私人)自殺。結果無条件降伏で、ドイツは東西に分割。昭和天皇と臣は逃亡もせず(公人)国体を護持し、有条件降伏。敗れたが主従逃亡せず(史上類が無い)。敗戦の責をすべて負うことで、天皇に前途を託した臣。呼応し、公人に徹する天皇と国民の一丸化(公)が、暗黙の圧力となり国の分割を阻止し、復興を促進させた。戦前の天皇は個人権力を振り回す権力者(私人)などではない、国体の護持を担った公人の長である。国難に長の基に団結し、公人として補佐したのが日本国民なのだ。

 

 生命体は群れる。単なる群れでは烏合の集で、不適者となり滅亡。統率の取れた群れだけが適者生存し今がある。蟻、蜂の女王、オランダ(ベアトリックス)、イギリス(エリザベス)。日本は、天皇の基に歴史を積んで今がある。団体競技たとえばサッカーは、監督(指揮官)、コーチ(副官)、選手(兵士)、サポーター(市民)が一致団結し各人の役目を確実に果たすところが強い。開国以後の資源無き小国日本、日本の戦国時代織田信長が戦国大名と争奪戦を経て天皇(日本国の象徴)を担いだように、世界の戦国時代(弱肉強食適者生存の時代)に、日本国民が天皇(日本国の象徴)を担ぎ時代の衣(軍民一丸軍国主義)を纏っただけに過ぎない。サッカーと同様に団結しただけに過ぎない。

 

 それを、さも狂人でもあるかのごとく先人を罵倒する、「公人石原東京都知事」。己の学究不足を棚に上げ、下記の如しだ。自己検証せずWGIP鵜呑みしての発言、「『戦陣訓』を作って捕虜になるなという教え」は、戦後の捏造。本意は真反対。「敗者の歴史は捏造される」は、2008年辞書によって証明された。

 

鵜人・芥川賞作家石原都知事発言。「東条英機だけは絶対に許せないんだ、『戦陣訓』を作って捕虜になるなという教えを徹底したのは国際法にも違反していたからだ。戦前の日本は天皇を神格化して、いまの北朝鮮よりもファナティック(狂信的)だった」。「あの戦争は軍部の責任。東條英機は絶対に許せない。当時の日本は強権的で今の北朝鮮より酷かった」。「A級戦犯の象徴的存在、かつ開戦時の首相東条英機は、戦犯として収容にきたMPに隠れて拳銃で自殺を図ったが果たさずに法廷にさらされた。彼を運び出したアメリカ兵は、彼が手にしていた拳銃が決して致命に至らぬ最小の22口径なのを見て失笑したそうな」

 

 WGIPを鵜呑みしての体制批判だ。しかも北朝鮮と対比とは、侮蔑にも程がある。批判の前になぜどうしてあのような体制にしなければならなかったのか、考える方が先だろう、子孫としての義務ではないのか。食民治主義共産主義の母国ではいずれも、日本のような軍民一丸共生共死軍国主義体制ではない。侵略者を明白に指示する事実がこの体制の違いなのだ。常識があり思考すればすぐ氷解する。歴史を二次元(一階)ではなく、三次元(屋上)で俯瞰すれば即明白になる。大江は無理だが、石原都知事は鵜呑みしているだけなので、覚醒の可能性が高い。敗戦国の宿命捏造、WGIPをまともに食らった少年時代だ、都民も情状酌量する。鵜呑みせず、自らの頭脳で思考し、覚醒し、早急に冒涜した先人に詫び入ることだ。さすれば石原都知事を信じて先人罵倒した国民も覚醒する。「・・・智能ヲ啓發德器ヲ成就進(すすん)テ公益ヲ廣メ・・・」と教育勅語も語っている。都知事には世のため人のためとどまらず学究する職責がある。

 

 工作員の先人冒涜は最初から破たんしている。じゃあどうすればよかったのかも言わず、日本軍粗探しの発言に終始。「極悪軍指揮官は、善良なか弱い国民をだまし、負ける戦争をし、か弱い国民や兵士を無駄死にさせた」と、有りもしなかった極悪軍指揮官と、善良なか弱い国民の対立を捏造し、私たちはか弱い国民の味方ですよと装う。護国の先人を、蹴落とし貶め、善人面して非難し、日本の弱体化を工作。偽善者工作員の手口はみな同一だ。

 

 戦争はこの世の全ての悪、何でもあり、敵味方殺し合いの異常な世界だ、まさに現世の地獄と言える。「なぜどうして、そんな悲惨な戦争をしなければならなかったのか」と、まず考えるのが子孫のあかしである。先人冒涜者の発言には、子孫の証し「なぜ、どうして」思考皆無。日本軍の悲惨な例を掲げ一方的に、悲惨だ、ヒサンダ、ヒサンダと、プロパガンダの呪文を唱え、「極悪軍指揮官」罵倒に終始する。敵味方の殺し合い、敵味方悲惨なのが戦争だ。悲惨でない戦争など無い。それを、一方的に日本軍の悲惨な例だけ掲げての非難。先人冒涜者には、子孫のカケラすら無い。したがって、先人罵倒の輩は、皆工作員とみなされる。朝日毎日はもとより、NHK日教組にも巣食い、工作員蔓延の日本、亡国防止法、スパイ防止法を至急立法すべきだ。

 

 公理公道に基づけば論理は破綻しないので、捏造無用。述べてきたように凶産主義の「公」は、独裁者の「私利私欲」達成が目的の、捏造に基づいた偽りの「公」である。唯心否定唯物主義、心を否定し物を尊ぶ、賄賂(物)主義が凶産主義の正体である。論理が破綻しているから捏造して装う。凶産主義の歴史は、捏造偽造欺瞞征服の歴史であることを、掲げる国旗が語っている。虐げ、集団虐殺した人類の血で染めたと。

 戦前の適者生存目的の、一致団結公理公道に基づいた「公」を否定し、自由主義(順法下の自由)を、フリー(勝手気まま)と教育した戦後教育。結果、はびこった私有主義、自己中心国民。現代日本の病巣の原点はここだ。資源無き小国日本、「公」(国)を思わず、みな「私」に走れば、亡国は必須。自由主義隆盛、私有主義亡国。凶産主義人類滅亡。

 

子孫へ   日本適者生存史検証の結論

 

日本国民教育道理

 

我らが先祖開国の遠き昔に、徳を柱と建てしこと、深厚なり。

先祖忠孝に尽力、万民公に徹し団結、代々その美徳国難に際し成就。

これ、わが国の国がらの精髄にして適者生存たりえた所以なり。日本国民教育の道理、正にここに在り。

日本国民は、祖先を敬い、祖父母親に孝、兄弟に友、夫婦相和し、朋友相信じ、恭倹に努め、博愛衆に広め、学を修め、業を習い、もってとどまらず更に知能を啓発し、才徳を積み、率先して公益を広め、新たな世務を開き、常に歴史の滲んだ国歌国旗を敬い、国法に従い、ひとたび適者生存の国難あれば、義勇に徹し団結、もって永久(とわ)の国運を扶翼すべし。これぞ日本国適者生存の根源、祖先の遺訓なり。

 

真実史観


亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

No title
あるぱか さん へ
 http://www.iza.ne.jp/izaword/word/WGIP/" class="keyword">WGIPを鵜呑みし職責放棄した輩の言動など鵜呑みせず、皆さんが「あるぱか」さんのように、立派な親から授かった自らの頭脳で思考すれば、道理無き捏造なので皆覚醒し、相乗します。

 今はさざれ石かもしれません。しかし戦後63年、憂国の辞書がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/WGIP/" class="keyword">WGIPの捏造を暴き、敗戦国の宿命、「敗戦国の歴史は真反対に捏造される」を、証明しました。間違いなく追い風になります。

 今は「さざれ石」でも、「石の巌となりて」、日本の磐石な礎石となることは間近い。「苔のむすまで」の第一歩、真の国づくりの先覚者を自覚し、出る杭は打たれるが、めげずに頑張ってください。

真実史観  
[ 2008/06/22 14:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/145-f5ccc3bf

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。