QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観原爆碑広島錯誤大江健三郎ノーベル贋賞売国奴の館NHK似非平和団体


1大江健三郎史上初のノーベル犯日贋賞錯誤原爆慰霊碑売国NHK似非平和団体 

 「日本九九年戦争・資源無き島国日本、適者生存戦国時代唯一の術は、先手あるのみ。後手の本土戦は、兵糧攻めで必滅。露西亜、清国(属国朝鮮)南下阻止が第一義、後手は必滅、先手で打って出た。

 結果が台湾朝鮮(自立不能で)統治(極東共栄圏樹立着手)、満州建国尽力(凶産の砦)、日中戦争(中国凶産化での中ソ凶産連合阻止)、南京政府樹立尽力(中国凶産化阻止)で極東共栄圏構築。

 日中(反共)戦争で疲労困憊の日本は、戦国の定法弱肉強食、恰好の餌食となった。米英中蘭(ABCD)が兵糧攻め、ハル・ノートで降伏を迫った。出稼ぎ戦争対、日本は死活戦争。極東から大東亜に共栄圏樹立を拡大し、あらん限りに戦ったが、大東亜同胞の、完全覚醒追随まで戦いきれず、矢尽き刀折れ、敗れた。

 がしかし、戦いざまに共振した同胞が、一気に蜂起、独立。1960年の植民地独立付与宣言(互恵)が根幹となり、自由貿易64年開放経済)、平等65年人種差別撤廃)を成し、凶産は残ったが、戦争目的は完遂した。弱肉強食の世に、戦後67年間のごとき無能無策の後手日本なら、何もかもが消滅していた。それでも戦後消滅しなかったのは、『身体を筆にし、流れる血と汗と涙でえがいた先人の、人類への遺書』以外、あろうか!

 “戦かわざれば”の平和論があるが、防共の砦日本が去るやいなやすぐさま凶産化、朝鮮戦争惹起したもう一方の真の敵、中ソ凶産連合軍隠蔽スパイの、工作論である。ABCDと“戦かわざれば”の降伏は、防共の砦無き丸裸日本で、中ソ凶産の、恰好の餌食となった。この戦いは、目的も無きただの防御戦。多勢に無勢で、瞬時に最後の独立国日本は潰え、日本族の名を残すのみの、まさに、犬死に無駄死にの戦争となっていた。同胞の、支配者からの独立も無い!新秩序など、当然無い!支配者と、被支配者の地球に成っていた!」

 NHKや「言葉と文字界」は、反戦者のみを選り盗りし、反戦非戦はまるで、バラ色の世界のように洗脳するが、弱肉強食の戦国時代戦わずは、強者の餌!先人は「強者の餌」を拒否し、戦ったに過ぎない!

 「清濁併せ呑み、禍福を糾い、決断」が、現実世界。現実世界は、「実技(現実)無き非現実界NHKや言葉と文字界)」のような、好いとこ盗り選択は、完全不可世界

 負けたからと大東亜戦争非難も、愚者の浅慮!大東亜戦争後、弱肉強食から互恵へ、人種差別から平等へ、ブロック貿易から自由貿易へ、明確に世界は変わった。「互恵・人種平等・自由貿易」は、先人の旗印である!

 

 もし日本戦わざれば、有色人、未だに食民治のままと、マハティール首相は1992年喝破した。二年後の1994年真実の伝播を恐れた白人戦勝国は、文学三流犯日一流比類無き犯日の大江に急きょ白羽の矢、ノーベル犯日(有色人差別)賞を与えた。世界に語る文学など元々無い三流大江は、一流の犯日を世界で語り、おのれのノーベル賞正体、白状してもくろみに応えた。丸暗記記憶機大江は、見事に期待に応え、贋賞(犯日)を掲げ、得意の絶頂で犯日を世界に発信し続けている。まさに、何とかに付ける薬は無い。半面生臭坊主ここに極まれり。負けたからではない、戦ったから勝ち得た平和である。『もし日本なかりせば』暗に大東亜戦争の本質を喝破したマレーシア・マハティール首相の演説 


朝鮮人や台湾人を矢面に立たせなかった日本軍!
 大東亜戦争の朝鮮人戦死者は皆志願兵で、日本人のような強制兵役ではない!南北で2万2182人。台湾も皆志願兵で、3万304人で、強制兵役徴兵ではない(矢面にしなかった)。日本は強制兵役、徴兵で、234万2341人が戦死。さらに米軍に80万人の市民が原爆空爆で、大虐殺された。
 大虐殺を不問に付しているのを誤解している人がいるが、人類の英知である条約(復習の連鎖の切断)を締結したからであって、日本人が悪かったからでは、断じてない!条約締結後も無法国家中韓や戦勝国の一部は、「条約破りのし放題」だが、条約尊崇法治国家日本だからなのである。
 

無検証丸鵜呑みコピペ屋元祖大江健三郎 

 ・・・日本人は原爆を投下させるような戦争を起こした国の人間としての反省を、このように文明的に大きい規模で行ってきたでしょうか・・・
 ・・・広島、長崎のあの大きい犠牲を償うのは私たちなのだ・・・
 ・・・日本の侵略によってアジア全域にわたって大きい死者が出たのは、日本の帝国主義の「膨張」という「病気」がもたらした「悲惨な経験」だ・・・ 『あいまいな日本の私』(大江が世界各地で行った9つの講演の記録)大江健三郎大岩波新書(1996)注・『あいまいな日本の私』は、川端康成ノーベル賞受賞記念講演『美しい日本の私』を、川端と違う犯日講演なので、大江がおちょくった。反面しか見えない神経の持ち主だ。まともではない。

「僕は日本の戦争犯罪を認める」「『あまりにも巨きい罪の巨塊』の犯人は日本軍」「広島・長崎の原爆投下は天罰のようなもの」「広島・長崎の原爆投下は日本人の責任」「中国などにとっては原爆は救世主だった」「広島・長崎の原爆投下は天罰だ。日本の悪魔の所業に対する当然の報い」「原爆投下は日本の戦争に究極の責任があり、日本人が人類に対する罪を犯した報いだ」「防衛大学生は恥辱」・・・史上初のノーベル文学贋賞作家大江の発言。

ノーベル賞と言う名前にだまされてはいけない。平和賞や文学賞には、業績を成した人に授与される真の、ノーベル真賞と、政治的意図で傀儡に授与される贋の、ノーベル贋賞、真贋二種の賞がある(もちろん、川端康成はノーベル文学真賞受賞者である)。日本人の覚醒を良しとせず、WW2の非を認めない戦勝国の妖怪がまだ世界にはいる。妖怪が後顧を憂え、傀儡にふさわしい素質の持ち主、侮日で独善軽薄短小な大江健三郎に、最後の白羽の矢を放った。韓国金大中と同類、政治目的利用のための授与。こうして大江は、ノーベル贋(犯日)賞を受賞した。これが、史上初のノーベル文学犯日(贋)賞、大江受賞の顛末である。この贋賞は、日本文学の更なる衰退と閉塞を、加速した。『あまりにも巨きい罪の巨塊』である。
 ノーベル賞受賞本当の理由「WGIP広告塔」も知らず、ノーベル贋(犯日)賞を勲章に、WGIP活動を成す大江健三郎を筆頭に、先人である祖父や親への冒涜の輩で溢れている。とても文学者と呼べる代物ではない物書きが、ノーベル文学犯日(贋)賞という衣を与えられ、踊っているのだ。妖怪のほくそ笑みも知らずノーベル贋賞を身に纏い、先人の子孫大江が、嬉々として祖父母や親を罵倒し踊り狂う様は、誰が見ても異様だ。白羽の矢を放った妖怪も、まさかここまで羽目をはずすとは思わず、見込み違いを悔やんでいるに違いない。踊りすぎて化けの皮が剥がれ、常人に異様に見られる傀儡は、もはや傀儡の用を成さない。知らぬのは、本人とノーベル贋章の威を借りたい迎合者だけだ。馬鹿息子を通り越し、大江の踊りは異様だ。

大江は点から点へ跳び線が無く、整合が無い独り善がりの思考回路の持ち主である。ノーベル贋賞受賞で、文章同様意味不明な独善にさらに拍車がかかり、度を越したのだ。纏ったノーベル贋賞が拍車をかけ過ぎ、化けの皮を剥いだと言える。心ある世界の人々が眉をひそめ、発言するのはうなずけるが、これほど踊りすぎて重症になると、つける薬はない。ノーベル賞受賞者と思うから、意味不明が痛々しく感じるのだ。実体はノーベル贋(犯日)賞受賞者、正体が判明すれば、さもありなんと得心がいく。「大江健三郎は史上初のノーベル文学犯日賞(贋)受賞者でWGIP広告塔です」として、そっとして置けばよい。間も無く天定まる。天定まれば、異様な輩は消滅する。

それにしても大江と麻原、九条の会とオウム真理教、反面のみで其の上摘み食い、実によく似ている。現実界からの極限の乖離、いずれも分業病半端者の成れの果てだ。ここまでくると、無人島生活でも治癒は無理、餌も捕れず飢え死にだろう。仮想現実界は正体、ノーベル犯日賞、浅原と同類、凶産カルトを喝破出来得ず、祀りに祀り上げている。正体見たり文学音痴、仮想現実界の白状である。日本文学衰退、さもありなん。元凶は、思考力皆無の丸暗記教育。

 

産経新聞2012/09/21正論】比較文化史家、東京大学名誉教授・平川祐弘

■「世界市民」がはまりやすい陥穽

 日本国民であるより世界市民であれ、と鳩山由紀夫氏は唱えた。偏狭な国家主義を奉じるより世界公民の方がいい。国際的見地から自国を批判する人は大切だ。だが愛国より無国籍の方が恰好(かっこう)がいいという知的ファッションは困る。

 石原氏と比較しての大江氏

 世界市民を名乗る人は多いが、その割にはその人に外国の友人は多くない。外に向かって外国語で自己主張はしないが、国内では良心派を自負する。そんなインターナショナリストの一人が大江健三郎氏の呼びかけに応じ護憲・反核デモに参加し、帰りしなに私に会って「平川先生の愛国主義に反対します」と言った。そんな抽象的平和論に私は具体論で応じる。

 「尖閣で中国船に体当たりされたビデオを流出させて職を辞した海上保安官は立派でした。尖閣は東京都が買う、と都知事がワシントンという場所を選んで発表したのは政治センスがありました」。相手は「石原慎太郎はファシストだ。都立の大学の仏文科を廃止した者を良しとするのですか」と声を荒らげた。私がフランス語教師だったことを知っていたからであろう。そこで別れたが、こんな大江、石原両氏の比較論を考えた。

記事本文の続き 仏語教師の間の石原評は確かに悪かった。対する大江氏は仏文出身でもあり人気があった。学会に現れるやスター並みの歓迎で嬌声(きょうせい)が飛ぶ。ファンがサインを求める。大喝采の聴衆を味方に磯田光一の反論を強引にねじ伏せる。大江氏が西洋作家に言及すると、それに和して評論を書くことを名誉と心得た東大英文の同僚もいた。

 が、大江氏がダンテに言及しても『神曲』は平川訳がいいと言っても、私に言うことはない。ダンテ論で感心した日本の作家は正宗白鳥だけだ。初期を除き大江文学も感心しない。ある時期から読む気が起らない。文体がよくない。翻訳調の無機質な日本語は好きになれない。察するに実生活体験に乏しく観念で書くからだろう。

 文学界の「土井たか子」か

 さらに好きでないのが政治的立ち回りだ。安保に反対、紅衛兵を支持、大学のバリケード闘争も支持、女子学生に自衛隊員には嫁に行くなと差別的檄(げき)も飛ばした。文学界のヒーローは、政界での土井たか子氏の並行現象だ。戦後平和主義のヒロインは護憲を唱え、北朝鮮の肩も持ち、衆院議長に上り詰めた。片や、サルトルばりの反体制を唱え(日本文壇では反体制が主流だった)頂点に上り詰めてノーベル文学賞も受賞したが、我が国の文化勲章は拒絶した。

 だが、土井氏と同じ運命を直(じき)にたどるだろう。シュリ=プリュドムは第1回のノーベル文学賞作家だが、そんな仏人作家がいたとは仏文関係の誰も知るまい。「昨日盛名今無声」とはこのことだ。

 愛国派と世界派の対立をロシアの場合と比べてみる。

 プーシキン(1799~1837)はナポレオンがロシアに侵攻した二百年前の精神状況を小説『ロスラーヴレフ』に記した。帝政ロシアの大貴族の家には仏人マドモアゼルが家庭教師として住み込んでいた。上流家庭の子女はフランス語が達者でフランス語の本しか読まない。そんなロシアの貴族令嬢が言った。

 「わたしたちは祖国の文物を蔑視して一向にかえりみない。それでロシア至上主義の三文文士が苦情をいうが、その歎きようはわたしたちがフランス舶来の婦人帽子ばかり買ってロシア製の帽子はかぶらない。それでロシアの女商人が愚痴をこぼすのとそっくりだ」

 国産粗悪品を買う必要はない。いい物は国籍を問わずいい。インテリは愛国心など旧弊だ、とせせら笑った。自分たちはスラブ軍国主義の野蛮の影は引きずらない。「ぼくたちは人類思想を追求する」「そうよ。わたしたちはロシア人であるより先に世界市民よ」

 戦争で目覚めた露の媚仏派

 インテリゲンチアとはロシア語で、先進文明を理解し後進の自国民へ伝える知識層をさす。1812年、モスクワは近づく戦争の話でもちきりだ。しかし祖国愛は何か衒気(てらい)のようにみなされた。ロシアのインテリはフランス贔屓(ひいき)でナポレオンを褒めそやしロシア自衛軍の相続く敗戦を嘲けり笑った

 プーシキンは言う。「不幸なことに、祖国を弁護する連中はいささか頭が単純だった。したがってそういう連中の正論は、相手のいい慰みものにされるのが関の山で、勢力といったらてんで無かった。彼らの愛国心とは、フランス語を社交界で使うことや外来語の輸入を咎(とが)めたり、舶来の品を売る高級商店街に対して威嚇的な振舞に及んだり、まあそういった類いのことに過ぎなかった」

 しかし不意に敵軍が自国領土へ侵入した。その報に世論は一変し、左翼の才子も愛国に目覚め、祖国防衛軍に志願し、戦死する者も出る。そんなプーシキンを愛読した廣瀬武夫は日露戦争前夜、軍艦上で彼の詩を漢詩に訳した。

 詩人ハ真詩人タルヲ要ス、

 管(かん)スルナカレ

 喧囂(けんごう)タル世間ノ評ニ、

 世評翻覆(ほんふく)ス雲マタ雨

 昨日ノ盛名イマ声ナシ

 (ひらかわ すけひろ)2につづく

No title
 システム障害-3月20日 対処のため、前のブログ削除しました。このブログのページは新しくなっております。削除の際、コメントも削除され、ご迷惑をおかけいたしました。お詫びいたします。コメント歓迎です。
[ 2008/03/22 09:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/tb.php/125-5924d830

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。