QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2012 081234567891011121314151617181920212223242526272829302012 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観中朝韓罪日犯日敵国化教育は致命傷環亜共栄圏に即シフトが子孫の証

1中朝韓罪日犯日敵国化教育致命傷環亜共栄圏に即シフトが子孫の証

コリアン凶産支那人は、整合・時系列論理自浄回路欠落亜人間(人モドキ)!
 日本撤退後に同族大虐殺を開始し、幼児からの捏造洗脳犯日教育で、「同族大虐殺」を隠蔽し、「砂の人心」を懐柔しているのが、「中朝韓」という人類史上稀有な、「三国」。
 「捏造が基(無法ギャング国家=亜人間)」のこの三国と、人類(法治国家=人間)は、例えれば、餌に飢えた
人面獣心猛獣対、人間である。
 捏造敵国日本に対しては、特別に、何をしてもかまわない!何でも許される!「愛国無罪!侮日無罪!」と、学校やマスコミや捏造ドラマ等々挙国一致で、幼児から捏造洗脳教育を続けているので、人面獣心の猛獣は出来上がっていて、危険
 猛獣野放しでは、人間が
食われる
 猛獣対策自存自衛の術は、檻に入れるか、駆除するか、調教するか以外に、無い!
 よしんば洗脳を中止したとしても、調教には、最短でも、
100年以上はかかる!
 戦後69年経ても、未覚醒
いまだに7割の日本が、証拠だ!
 分別して柵を設け、人間界との遮断が、
賢者の策!
 間も無く、共食いで、
自滅する!

 
戦後67年の捏造教育(一つまみのただの記憶装置HDDを信用した)で、日本人の根幹は破壊された。

 このブログ以降、外力がかかっているが、不退転で「なぜ?どうして?」と、立派な先人から授かった子孫自身の頭脳で、新に思索すれば、日本人の根幹はただちに回復する。現在横たわる全ての問題は、「職責者の捏造による日本人の根幹破壊」、職責不履行原因である。

 

捏造犯日教育国家や民族はすべてが押しドアなので引いては開かない!

 犯日教育国家や民族への引き(ODAや友好や譲歩や援助)は、すべて償いと解釈するので、増長するのみである。ミイラとりがミイラになった各種友好協会は、今ではスパイの巣だ!「引き」は敵国化への助力となり危険!
 人類は「友好」だが、犯日教育国家や民族(ヒトモドキ)の「ユウコウ」は、相手の「有効利用」で、意味が真逆

 引いて(ODAや靖国不参拝等の配慮)ダメ(尖閣や沖縄領有宣言等。慰安婦、東海、旭日旗難癖や、竹島占領強化や対馬領有宣言等。靖国参拝や教科書等の内政干渉等)なら?押して(環包囲網)みな!中も引く(癌摘出の自浄勢力)のですぐ開く(健康体)

学校の「いじめっ子(未成熟)」が中朝韓罪日
 「いじめっ子」は相手が弱いと見たら見境無くとことんいじめ、相手が死ぬまで歯止めなど効かない。最初は、脅し文句を並べる弱犬の遠吠えで大騒ぎするが、相手が強いと判った途端、決して挑まず、へいこらに豹変するのが、中朝韓罪日。「いじめっ子(ギャング団)」に曖昧(お花畑)は増長するのみ。「寄らば斬るぞ!」が、正しい!

 

2012/12/10中国を援助するのは単なる謝罪のため

 2012年12月7日午後5時すぎ、――地震が発生した。震源は三陸沖で、地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.3と推定される。かつての阪神大震災と同規模で、2011年の東日本大震災の余震と考えられている。 

 ――このニュースは隣国の中国にも伝えられた。大手ポータルサイト・捜狐(SOHU)は、「日本の地震、我が国が援助することに賛成ですか?」とのアンケートを実施、10日午後4時30分時点で5万7084人が投票した。 

 結果、「反対:日本政府は中国を敵視している。彼らが中国を援助するのは単なる謝罪のためであり、そんなものをありがたがる必要はない」が5万290票(88.1%)、「日本の国民に罪はない。日本はこれまで何度も中国を援助してくれた。人道的援助に国境はない」が6794票(11.9%)となった。

 

財界よ環亜共栄圏にシフトが子孫の責務覚醒し捏造無法教育犯日無罪国家を残すな

 人類の敵凶産に、とどめを刺せなかったのが先人唯一の悔恨!人類の敵凶産破壊が子孫の責務!

 「過去100年においてアメリカが犯した最大の外交的過ちは、シナ大陸において、共産主義者の勢力が、のさばるに任せてしまったことである(1951年5月3日米上院の軍事外交合同委員会の聴聞会において、聖書に誓い、マッカーサー証言)」 

 「過去67年において日本が犯した最大の外交的過ちは、シナ大陸と韓半島を増長(犯日無罪さしたことだ」。狡猾我欲の自民党等の政治家は決断せず、私欲の責任逃れに終始し、先送りした。この結果、目を覆わんばかりの「外交敗北」の山、債務の山となった。この現象を欧米は、「日本化(先送り」と名付けた。この「日本化」は破壊し、凶産包囲網環亜共栄圏(日台米豪比、インドネシア、タイ、インド、ベトナム、ラオス、ミャンマー、チベット、新疆ウィグル、内蒙古、満州等)構築で、人類の敵凶産(捏造が党是の中国と韓半島)破壊。先人の大願、子孫の責務、成就!

 「欲しがりません勝つまでは」の戦中とは異なり、中韓から、日本企業の完全撤退(環亜共栄圏への完全シフト)が、先人大願、子孫責務成就への道!なんと中韓共に、完全撤退口実を労せずして作ってくれた。これぞ戦わずして勝つ孫子の兵法

 幼児から犯日教育三昧、口だけ友好の、言行真逆犯日無罪国家との商売不成立は、明々白々(犯日解凍一世代70年間は無理。日本が適例)!井蛙亡国奴の財界よ、井蛙から脱出、覚醒せよ!国(ふるさと)無くして何の金儲けだ!金儲けの目的は、家族親戚郷土を護るためではないのか!

 完全撤退、防御体制強化、決着はICJのみが、戦争回避でき得る!そして、先人悲願、「人類の敵凶産壊滅」成就の扉が、一気に開く!子孫に凶産(捏造中朝韓)を残すな!

 中韓は戦争起因の敵国明々白々の現在、即刻帰国が先人の子孫。以後は、我欲で中朝韓の犬となり、祖国日本を荒廃さした亡国奴の元凶と成るので、帰国不能となり、子孫は、亡国奴子孫となる。

国難に李朝差別同胞大虐殺分裂の朝鮮や我欲戦争支那の同胞大虐殺唯物と、国難に団結した唯心日本は異次元!127年前の福沢諭吉脱亜論が正論。

 一致協力しなければ船は進まない。遠くの親戚より近くの他人が島生活海洋民。板子一枚下は地獄の唯心海洋民(台風地震の天災地は、助け合いが生きる術)と、上下優劣関係のみで互恵無し、自然崇拝無し、前歴史は破壊劣等化して差別の共食い唯物民族(支那と韓半島)とは、似てなる者。根幹から異なる!

似てなる者中朝韓罪日(犯日無罪族)は、有色人の面汚し

 人類の新秩序1960年植民地独立付与宣言参加国が中国凶産(1971年から国連加盟)北朝鮮韓国(1991年から国連加盟)。この三国は、同胞大虐殺や隣国侵略征服(チベット・新疆ウィグル・内モンゴル・満州・竹島)に明け暮れ、いまだに戦国時代の野獣のままで、人類の新秩序「互恵・平等・自由貿易」を知らない。そして、この三国と罪日のみが、人類唯一の犯日無罪族である!

 凶産中国人や朝鮮人や罪日のような人間が、皆有色人だと白人から白眼視されれば、人類新秩序(人種平等)の立て役者、有色人にとって、これほど迷惑なことはない。かん国人銃乱射NHKだけがアジア系報道人類の新秩序「互恵」も知らない時代逆行無知民族中朝韓罪日は、有色人の面汚しどもといえる。

国難に団結し人類の英知の魁を成した日本

 時代対処のため戦国の世に開国し、自給自足(江戸初期1600年1227万人で、121年後の1721年3128万人に倍増したが、以後は、125年間江戸末まで横ばい(間引きと推察される)で、1846年3230万人。つまり、これが、当時の日本の、自給自足限界人口。棚田は、日本民族自給自足苦闘の証し!)から輸入加工輸出国に転換、85年で人口倍増(昭和6年1931年6500万人なので、自給自足に後戻りは、二人の内一人が餓死者)。迫る清国とその属国朝鮮、南下する露西亜、そして凶産ソ連と食民治主義連合、そして更に巨大化した黄禍論白人連合との対峙と、まさに未曾有の時代であった。先人はこの死活(負ければ二人の内一人が餓死者)の時代を、歴史に従い(日本国の祭司は唯一「天皇」。日本国民一丸の象徴が「天皇」で、「天皇陛下万歳」は、「日本国民一丸万歳」)、「天皇の基」に一丸と化し、子孫に禍根を残さずと、日清日露大東亜、すべて先憂後楽で対処した。資源無き小国、援軍のあて無き籠城や後手は確実な餓死。全て先手、外地戦は、古今東西小国戦法の、定法である!※人口推移資料は、「図説・人口で見る日本史・鬼頭宏著・PHP2007」。

 「日本九九年戦争・資源無き島国日本、適者生存戦国時代唯一の術は、先手あるのみ。後手の本土戦は、兵糧攻めで必滅。露西亜、清国(属国朝鮮)南下阻止が第一義、後手は必滅、先手で打って出た。

 結果が台湾朝鮮(自立不能で)統治(極東共栄圏樹立着手)、満州建国尽力(凶産の砦)、日中戦争(中国凶産化で中ソが合体すれば、日本侵略は明白なので、合体阻止)、南京政府樹立尽力(中国凶産化阻止)で反共極東共栄圏(南京汪兆銘・満州・朝鮮・台湾・南洋・日本)構築。

 日中(中ソ凶産合体阻止の反共)戦争で疲労困憊の日本は、戦国の定法弱肉強食、恰好の餌食となった。米英中蘭(ABCD)が兵糧攻め、ハル・ノートで降伏を迫った。出稼ぎ戦争対、日本は死活戦争。極東から大東亜に、有色人自立共栄圏樹立を拡大し、あらん限りに戦ったが、大東亜同胞の、完全覚醒追随まで戦いきれず、矢尽き刀折れ、敗れた。

 がしかし、戦いざまに共振した同胞が、一気に蜂起、独立。1960年の植民地独立付与宣言(互恵)が根幹となり、自由貿易64年開放経済)、平等65年人種差別撤廃)を成し、凶産は残ったが、戦争目的は完遂した。弱肉強食の世に、戦後67年間のごとき無能無策の後手日本なら、何もかもが消滅していた。それでも戦後消滅しなかったのは、『身体を筆にし、流れる血と汗と涙でえがいた先人の、人類への遺書』以外、あろうか!

 “戦かわざれば”の平和論があるが、防共の砦日本が去るやいなやすぐさま凶産化、朝鮮戦争惹起したもう一方の真の敵、中ソ凶産連合軍隠蔽スパイの、工作論である。ABCDと“戦かわざれば”の降伏は、防共の砦無き丸裸日本で、中ソ凶産の、恰好の餌食となった。この戦いは、目的も無きただの防御戦。多勢に無勢で、瞬時に最後の独立国日本は潰え、日本族の名を残すのみの、まさに、犬死に無駄死にの戦争となっていた。同胞の、支配者からの独立も無い!新秩序など、当然無い!支配者と、被支配者の地球に成っていた!」

ありとあらゆる人事を尽くして天命を待ち、天命は日本存続であった!

 当時は、弱肉強食戦国時代、家族故郷国を護るため、自存自衛で戦ったに過ぎない。日本は資源無き小国島国。しかも、自給自足の徳川時代よりも人口は倍増、「兵糧攻め」でたちどころに二人に一人は確実に餓死する。外地戦以外に生き残りの術は皆無!適者生存戦国時代、死活の戦い天命は日本存続であった!戦争責任など当然無い

この事実を解せぬ者は思索回路が皆無の欠陥者スパイ

 私は、先人必死の思いが30分で解け、戦後の捏造史観から覚醒した。当時は「戦国時代」で、平和な時代ではないこの大局認識で、一気に氷解したのだ。先に攻めなければ攻められる戦国時代、日本以外の独立国はタイのみ。南下露西亜、大国清と属国朝鮮、資源無き小国日本、援軍のあて無き籠城では確実に死、打って出る以外勝ち目無し。覚醒後の7年間は、手弁当ネチズン資料開示の助けを借り、証明に費やしただけである。思索回路さえ正常なら、30分で覚醒する。

 日本ネチズン汗と涙と手弁当の資料開示は、ナショナリズムや右翼などと言う下衆な単語でくくれるものなどではない。真実への遡及で、「表音から表意へ」は、天道が宗の民、日本人の、自然な発露である!

 職責者が手分けすれば、こんな簡単なことは、1年もかからず解明出来た。全くの怠慢である。思索回路があれば、子供でも30分でたどり着く。どうして67年間もこの真実に辿り着けなかったのか?答えは、戦後の職責者に、思索回路が無かったか、スパイ以外にあるだろうか?ありはしない!

 朝韓(清国属国朝鮮)と凶産中国(毛沢東は敵、蒋介石は西安事件までは友好)の犯日標語侵略された」は、凶産ソ連中国朝鮮合体軍が韓半島南下し、終戦の日本に迫った戦国時代は棚に上げての、選り食い難癖にすぎない!日本が先に攻めなければ、逆に日本が攻められた。日本に難癖はお門違い!うらむなら、疑心暗鬼の戦国時代を恨め

 開闢からの元凶疑心暗鬼の戦国時代を破壊し、新秩序「互恵・平等・自由貿易」を、1960年「植民地独立付与宣言」として、反対国ゼロで成し遂げたのが自力独立の同胞と、ソ連以外の戦勝国である。その間、同胞大虐殺他国侵略に明け暮れて自力独立の力が無い、他力独立凶産中国(ソ連の支援で蒋介石との同族殺し合い。チベット新疆ウィグル内モンゴル満州征服)と朝鮮(韓国米国支援で独立し、四三、保導連盟等同胞大虐殺のあげく、朝鮮戦争で共食い戦争後、火事場泥棒で竹島占領)である。

 犯日の凶産中国と韓半島は、「共食い侵略」の真っ最中なので、新秩序「互恵・平等・自由貿易」には、当然参画無し

「日本の知性・良心的日本人」と「中朝韓罪日」に奉られ有頂天の大江健三郎等はスパイか思索回路が皆無の欠陥半端者

2012/09/30韓国で大歓迎 大江健三郎氏ら、領土問題「日本が侵略、反省を」

【ソウル=黒田勝弘】中国や韓国との領土問題を「日本がまず侵略について反省すべき」とする日本の知識人の“反日声明”が韓国メディアで大々的に紹介されている。29日の各紙はほぼ全紙が社説でこれを取り上げ「自国の侵略主義を叱る日本の知性」(東亜日報)と大歓迎している。

 声明はノーべル賞作家の大江健三郎氏や元長崎市長の本島等氏、月刊誌「世界」の編集長を務めた岡本厚氏など、反日的な主張で知られる左派や進歩派の知識人、文化人らを含む約1300人が「『領土問題』の悪循環を止めよう」と題し28日、東京で発表した。

 日本ではさして注目されていないが、声明は尖閣諸島も竹島も過去の日本による侵略の歴史が背景にあるとして中韓の立場に理解を示している。領土紛争に伴う民族主義感情への批判や否定も主に日本に向けられていて、結果的に中国や韓国の反日民族主義を容認するものになっている。――

※スパイとの白状である!

徳川家康「士農工」は正論!今後撤退無き企業は自己責任

2012年9月28日読売新聞首相の「妥協せず」発言、経団連会長が批判

【北京=幸内康】北京を訪問中の経団連の米倉弘昌会長は27日、野田首相がニューヨークで尖閣諸島の国有化を巡り、中国に妥協する考えがないことを示したことに対し、「自分たちに問題がなくても相手が問題と言っていることを解決するのがトップの役割。そのようなことは言ってもらいたくない」と批判した。

 ――米倉会長は「(日中)両者にとって受け入れられるよう解決すべき」とも付け加えた。

※国(ふるさと)無くして何の金儲けだ!金儲けの目的は、家族親戚郷土を護るためではないのか!野田首相「妥協せず」は正論!目先の欲の商人米倉会長は、ギャングに従えと言っている。凶産中国傀儡のサンプルが、米倉。

 

犯日教育(中朝韓罪日)のならず者を促進(援助友好協力ODA)し、敵国化した元凶は、日本国民の耳目を託した職責者

2012/09/29“ならず者”中国に6兆円も貢ぐ日本…オマヌケ支援をストップせよ

 沖縄県・尖閣諸島の領有権を巡り、中国が日本への圧力を強めている。接続海域で挑発を繰り返すばかりか、日本企業から中国への物流に通関検査を強化するなど嫌がらせも目立つ。だが、中国の発展を支えてきたのも日本だ。いまも続くODA(政府開発援助)や膨大な融資の数々。専門家は「すべての支援をストップし、外交カードに使うべき」と対抗策を提言する。

 日本政府による尖閣国有化の発表以降、揺さぶりをかけ続ける中国。尖閣周辺の海域に監視船を出入りさせるほか、海軍のフリゲート艦を動員するなどの行動にも出た。

 過激な反日デモは沈静化したものの、北京や上海などでは日本企業の輸出品の通関検査が厳しくなっている。

 急速な経済成長と巨大な市場を武器にやりたい放題だが、その発展を支えたのも日本だ。

 『中国に喰い潰される日本』(PHP研究所)などの著者で、中国事情に詳しいジャーナリストの青木直人氏は「30年余り間断なく続いてきた対中ODAなどです。われわれ国民の税金が原資となった膨大なカネが中国に消えている」と話す。

 対中ODAは日中国交正常化後の1979年からスタート。経済成長を助ける制度だったが、中国のGDP(国内総生産)が目覚ましく延びた結果、是非論が噴出。2008年度に一部が終了するなど見直された。

「ここでいうODAとは外務省が主導して日本単独で行う二国間援助のことで、これまでに3兆6000億円がつぎ込まれました。(批判を受けて)08年度に円借款(有償資金協力)は終わりましたが、『無償資金協力』と『技術協力』はいまも続いています」(青木氏)

 無償資金協力は文字通り返済義務がなく、技術協力は研修員の受け入れや専門家の派遣などを目的とする。

 外務省によると、10年度の「無償」は約14・7億円、「技術」が約34・7億円で、11年度はそれぞれ約7・2億円、約30・6億円。「累計にすると『無償資金協力』は約1565億円で、『技術協力』は1769億円」(同省職員)にのぼる。

 ODAのほか、国際機関を通じた「多国援助」もあり、日本が最大出資国(約16%)のアジア開発銀行(ADB)を介した融資では「対中援助は昨年末現在で累計259億ドル(現在のレートで約2兆202億円)」(ADB職員)。単純計算だが、日本の出資比率からすると、41億ドル(約3198億円)が渡ったとも言える。

 「環境省や文部科学省などの各省庁も中国と共同事業を行っており、『新たな援助の受け皿』になっている。これらすべてを合算すると、日本が中国に行った経済援助は6兆円を超えるでしょう」(青木氏)

 こうした背景もあり、日中の対立が深刻化した9月上旬以降、外務省には「『ODAを止めろ』という内容の抗議の電話が殺到している」(同省職員)という。

 恩をあだで返すような中国の姿勢。「すべてのODAを中止し、共同事業も見直す。それだけで中国は窮地に陥る。強力な外交カードの1つになるはずです」(青木氏)

 反撃材料にしない手はない。

戦前も戦後も現在も争乱首魁は凶産カルトに尽きる

 共産主義は主義と銘打っているが、正体は凶産カルト凶。仮想敵を捏造し、恐怖に民度の低い国民を閉じ込め、国民の思考を閉鎖し、捏造教育で憎しみを増幅して洗脳。党是は捏造と独裁である。ハルマゲドンで洗脳、サリン虐殺したオウム麻原と同じ。

 凶産カルト凶は交流無き閉鎖洗脳なので、文化は後退あるのみ。全世界を洗脳しなければ、自然淘汰となる。周辺国蚕食侵略膨張主義は、凶産カルト凶生き残りの、宿命である。

 柳条湖からの満州事変は、南下ソ連凶産中国が首班。防共日本は満州国を凶産の砦とした。ソ中凶産合体しての侵略(凶産砦日本撤退後現実になった)阻止が、反共(日中)戦争の目的。ソ連凶産は国際連盟を抱き込み、白人対有色人(黄禍論)の図式にしたため、日本は止むを得ず連盟脱退。さらに凶産は西安事件で蒋介石を抱きこみ、盧溝橋、通州、上海等で仕掛け、日中戦争となった。日中合体有色人連合(黄禍論)を恐れた白人連合英米仏蘭等が蒋介石、凶産ソ連が毛沢東をたきつけ、戦争となったのである。

 当時共産を凶産と看破していたのは日本と、ピオ11世と、全世界の3億5千万のカトリック信徒のみである。

 日中戦争は中国人対日本人ではない。中国(漢人)対日本(満州人漢人日本人蒙古人朝鮮人台湾人南洋人)の反凶戦争。

 大東亜戦争は白人対有色人で、有色人戦前唯一の裏切り者が中国漢人(凶産党と国民党)。有色人戦後唯一の裏切り者が、戦勝国に成り済ました朝鮮人。

終戦6年後1951年マッカーサー証言

 マッカーサー、 「過去100年においてアメリカが犯した最大の外交的過ちは、シナ大陸において、共産主義者の勢力が、のさばるに任せてしまったことである(1951年5月3日米上院の軍事外交合同委員会の聴聞会において、聖書に誓い、マッカーサー証言)」 

マッカーシズム(赤狩り・レッドパージ)(1950~1954年)6戦ご米こく反省赤狩りで応えた

 こうした経緯で共産は戦争元凶の凶産とやっと気づいたアメリカは、冷戦体制化の1950年2月マッカーシー(1908~57)上院議員が国務省内に多数の共産分子がいると攻撃し、その追放を求めたことから始まり、リベラル(自由主義)派の官吏・外交官・文化人・軍人(ほとんどが言葉と文字業)をすべて共産主義者と決め付ける、ヒステリックな赤狩りが行われた。1954年にようやく良識と冷静を取り戻し、12月マッカーシーはその非民主的な調査と攻撃法から上院の非難決議を受けて失脚、この運動は鎮まった。追及の手は芸能界にまで及んだ。ルーズベルト、トルーマンも攻撃の対象にされた。

 並行して非米活動委員会(1938年米国下院の特別委員会として設置され、ナチズムやフアッシズムの摘発に当たったが、WW2後は、共産主義者の調査摘発に重点を置いた)は、1975年まで続けられた。

 「ハリウッドテン」とは、1947年非米活動委員会に喚問され、証言を拒否した後に議会侮辱罪で投獄されて、ハリウッドを追放された10人の映画人のこと。エドワード・ドミトリク(監督)、ドルトン・トランポ(脚本家)など。同委員会はハリウッドを標的にすることで冷戦下の「赤狩り」の風潮を全米に拡げる効果を狙ったとされる。表現の自由をめぐって製作者から俳優までハリウッド全体を巻き込んだこの事件は、米国の映画界に大きな傷を残した(百科事典)。こうして、凶産は一掃された。

 「百科事典」は「ヒステリックな赤狩り・大きな傷を残した」と批判的だが、自由主義(リベラル)社会の「言葉と文字界」の一個人は、賄賂には弱い。タウンゼント指摘のように、束になって攻める凶産現金攻勢には脆いのである。あれくらいの荒療治をしなければ根治はしなかったと言える。どの世界にも「表現の自由」はあるが、「捏造の自由」などは無いのである!実技無き「言葉と文字界」は唯物世界、「善い話盗り」には要注意!

 マッカーシズムは、凶産を共産と騙された「アメリカの反省」である。マッカーシーはその後失脚したが、獅子身中の虫を退治したその見識ははるかに高く、歴史に打刻されている。最後は書籍化まで阻まれたタウンゼントだが、ひるむことなく、自作出版冊子で必死になって訴えた同胞や同族への愛国の思いは、やっとのことで叶えられたのである。さらに、植民地独立付与宣言(1960年)で英・仏・米も黙認し、「反省」した。タウンゼントも「以って瞑すべし」であったろう。戦後の出版無きは、そのことを物語っているのではないか。もし、マッカーシズムや植民地独立付与宣言での英・仏・米の黙認なかりせば、更なる追求をしたであろうが、同胞や同族が非を認め、元凶を追放し反省した時点で、タウンゼントの思いは叶ったと言える。武士の情け、非を認めた同胞への、更に鞭打ちは愚行と、止したのであろう。真実史観である!

日本ではこの獅子身中の虫は未だ裁かれず大手を振っている!アメリカは反省しタウンゼントに赤狩りで応えた!日本の赤狩りは!反省は!

 タウンゼントが繰り返し述べたように大東亜戦争は、英・仏の凶産無知と征服欲、米・中に潜んだソ連の凶産プロパガンダとルーズベルト凶産無知が起因。現在日本も当時のアメリカ同様である。「言葉と文字界」は当時のアメリカ同様に信念無き、国無き唯物人間の巣で、札束で横っ面をひっぱたかれればすぐ言いなりになる人間がほとんどだ。いまだもって無検証隠蔽が、揺るぎの無い証拠である。「言論の自由」とは「反論の自由」でもあるのに、反論も出来得ずに無言である。ネチズンブログ転載内容程度の田母神論文如きに驚愕し過剰反応、東大、識者、マスコミ、政治家(与野党)は急きょ団結して封殺し、日本の「言葉と文字界」の正体を、ものの見事に自白した。スパイ防止法無き現在の日本、潜んだ中国凶産・北朝鮮・韓国・罪日スパイが大手を振って犯日活動真っ最中である。東大NHK新聞民放芸能人作家評論家出版社映画界等々「言葉と文字界」には、日本人の仮面を被ったスパイが蠢いている。2につづく⇒

スポンサーサイト

真実史観一億総白痴(丸鵜呑み)から一億総思索(なぜ?どうして?と咀嚼)へ!

2一億総白痴(丸鵜呑み)から一億総思索(なぜ?どうして?と咀嚼)へ!

 凶産はカルト教で政党ではない!現実界にも藪医者と医者はいるが、「言葉と文字界」には藪教授ばかりで教授はいない!肩書きや名前で「騙せる階層はどんどん騙して味方にしておこう」が、NHKや東大等スパイの方針。唯物亡国奴は丸見えである。

 自由主義(リベラル)社会の「自由」とは、「職責全うしての自由」で、なんでもありではない、現実界での「捏造」は、裁かれ淘汰される。「言葉と文字界」であろうとも、「職責果たさずの自由」は犯罪で、淘汰すべきである!「言論の自由」を「言葉と文字界」はすぐ掲げるが、「言論の自由」とは、「捏造の自由」ではない。「捏造」は現実界では犯罪で裁かれ淘汰される。国民は職責者だからと思うから信じるので、学者やNHKだから信じているのではない。勘違いするな!「職責放棄」は犯罪者である。対案無きただの非難反対言論は、「職責全うせずの自由」で、犯罪である!

 生活と戦いながらを彷彿させるこの最終章は、他人事とは思えない。言論人の鑑である。ここまで努力してのこのタウンゼントの悲痛な叫びは、痛いほどに身に滲みる。かたや公職の身でありながら給料泥棒の加藤陽子は、東大教授肩書き傘にスパイ活動、さらに捏造本で大儲けと三足の草鞋で金儲けに大忙しの唯物権化。方や公職を捨て貧乏を選択、立ち上がったラルフ・タウンゼント。

 余りにも対比が際立つ。加藤陽子は、東大大学院歴史学教授ではなく、捏造洗脳亡国スパイ売文拝金業者である!こんな亡国奴跋扈が、日本の「言葉と文字界」戦後67年間の現状である。

 ラルフ・タウンゼントとヘレン・ミアーズの著作は、「まごうかたなき」真実史観である。真実史観は、当時の世界の常識であったことを物語る証拠が、ラルフ・タウンゼントとヘレン・ミアーズの著作である。

 アメリカは「良貨が悪貨を駆逐した」が、戦後日本はスパイがはびこり、「悪貨は良貨を駆逐した」ままである。先人の子孫は皆、「先人の思い」に、帰れ!

 東京大空襲作戦(無差別爆撃で10万人以上が犠牲)を指揮したカーチス・ルメー将軍は戦後、東京オリンピックから2ヶ月後の1964年(昭和39年)12月7日に、日本政府から勲章勲一等旭日章(航空自衛隊の育成に貢献が名目)を授与された。がしかし、ラルフ・タウンゼントもヘレン・ミアーズも、いまだに日本政府は、無視のままである。何をか言わんやである!

捏造犯日騙しパクリで建国隆盛韓中!職責不履行凋落の日本

 中朝韓は捏造と犯日で建国、パクリとダマシと難癖で隆盛韓中罪日、国民の耳目(言葉と文字界)の職責不履行で、凋落した日本!

 人類隆盛の起因は分業で、現代社会は分業社会である。国民の耳目を託した「言葉と文字界(東大京大NHK新聞社等)」の職責不履行(捏造やスパイの巣窟化)が、凋落日本の元凶である!

 戦争誘発元凶、職責不履行のスパイ放送局新聞NHK日教組凶授偽員日弁連等は、「捏造やスパイの巣窟と化し、全く信頼出来ない有様である!

 日本国民は、この耳目を委託した「言葉と文字界」を、同胞であるがゆえに信じ、一億総白痴(丸鵜呑み)にされた。

 戦後の荒廃の中、国民は一丸となり神(造物主)への道(真実の探求)を辿り、物づくりで隆盛を成したが、一丸国民の目と耳を託した「言葉と文字界」は、戦前とは真逆に一変、捏造我欲保身に明け暮れ、整合性皆無の捏造を流し続けた。復興に一丸で多忙の国民は、「同胞なので疑いもせず」戦前同様に信じるしかなかった。このことが犯日の中韓依存の経済戦略(唯心日本は友好でODA等)となり、唯物中朝韓増長(友好ではなく謝罪と幼児から犯日教育)。そして、これが、現在の「シャープ、ソニー、慰安婦、竹島、尖閣等々」、凋落日本の原因となった。唯物中韓には友好(互恵・平等)関係など皆無で、有るのは上下(優劣・差別)関係のみ。唯物(猛獣)への友好は、太らせる餌でしかなかった!たびたびのタカリで味を占めた唯物中朝韓は、餌の催促(犯日や脅迫)に、一心不乱だ!

 政治を委託した政治家は、職責不履行の我欲闘争に明け暮れ、領土は中国韓国に買い漁られ、尖閣竹島も侵略され、中朝韓露罪日の脅しの毎日で、戦争寸前である。

捏造は人類の敵で看過は破滅への道

 人類は神(造物主)への道(真実の探求)を点(結果)から線(過程・原因)へ「なぜ?どうして?」と真実を辿り進歩隆盛している。すべての戦争起因は整合無き捏造である!人類の平和は真実を宗とすることでかなえられ、捏造を宗とすれば戦争となる!捏造は戦争起因である!

原因(線・過程)があって結果(点)がある。原因(線・過程)無き結果(点)など、この世には無い!どうして職責不履行思索不能の半端者やスパイの巣窟となったのか。

 地中の種子は根を出し芽を出し、地上に出て太陽を浴び成長する。モヤシとは、太陽を浴びない状態をいう。

 人は生まれ落ちてまもなく、耳目で「刷り込み(刻印づけ)」学習し、さらに、実体をまだ伴なわない「表音知識(モヤシ知識)」を学校で丸暗記し、実社会(太陽を浴びる)で実体験(信賞必罰や禍福学習で現実界の基点を学ぶ)しながら、学校時代の丸暗記(表音)知識を咀嚼理解(表意記憶)して、血と肉(表意知識)にし、初めて思索可能となる。実体験無き者は太陽を浴びずのモヤシと同じで半端者、思索(結果から原因への遡及)は不可能!戦後67年間もの無検証が、証拠。

 小坊主はお経を丸暗記(表音記憶)し、托鉢荒行修行等(信賞必罰)で禍福を糾って丸暗記お経(表音記憶)を理解、「血と肉(表意知識)」にし、思索し坊主となり、説法。思索無き者は小坊主のまま。

 板前等職人の徒弟時代は、師匠の「かたち」をモノマネ記憶(丸暗記)。独立し実社会の荒波にもまれ実体験(信賞必罰)で、丸暗記(モノマネ)の意味を理解、「血と肉(表意知識)」にして思索(試行錯誤)し親方となり、創意工夫を産む。思索無き者は徒弟のまま。

「言葉と文字界」は丸暗記(表音)時代のみで「実体験(表意)」が無いので思索不能。

 “十で神童、十五で才子、二十歳過ぎれば只の人”十歳で神童と呼ばれた人も、十五歳で才子程度となり、二十歳過ぎれば凡人となってしまうの意。英語にも“5歳で大人並みの子が15歳で馬鹿になる”のことわざがある。

 学校時代は身体も脳も生育時代なので、発育には当然個人差(遅速)が生じる。学校のペーパーテストは、いわば暗記力テスト、勉強(丸暗記)出来不出来は、丸暗記の得手不得手、暗記回路発育の遅速で、頭の良し悪しではない。

 点暗記力テストなので、合否は入試時期の個人の脳の発育状況で決まる、現役一浪二浪は脳の発育の遅速の差、表音丸暗記力の差で、頭の良い悪いではない。徒弟の、マネの遅速の個人差(発育の遅速差)も、同様である。

 個人差のある生育の段階で、暗記力の脳の発達のみが頭抜けて早い子供も当然居る。学校の点暗記力試験では良い点数となり、神童、大人並み、秀才と一般には呼ばれるが、暗記力の発育が、同年代の生育より頭抜けて早かっただけのことで、成長終了時には遅かった同年代の生育も追いつき、同列となる。成長期間内(学校時代)に、個々の発育の遅速はあったが、成長停止の時点では、おしなべて同列となったということである。

 早熟は、頭の良し悪しではなく発育の遅速にすぎないと、「長年の事例の積み重ねの言葉」である「ことわざ」は、証明している。発育の遅速の個人差は脳だけではなく当然体力にもある。野球やサッカー等、中学高校大学で一流でもプロでも一流にとは限らない。

 成長期間内の一時期に、暗記力の脳の発達のみが頭抜けて早い子供の集まりが東大京大等の有名校といえる。

 脳の記憶容量も個人差はあるだろうが、大別すれば、有名校卒は暗記量大で残容量小、普通校卒は暗記量小で、残容量大といえる。容量を丸暗記(受動)に使い切ってしまえば、ただのHDD(記憶装置)となるが、内容は、中古千円の電子辞書よりはるかに劣る。この異界人は「現実世界とは著しく乖離した丸暗記言葉の羅列」なので、すぐ判る(森永卓郎等)。

 教授先生等職責者が、67年間も真実究明が出来なかったということは、おしなべて検証学究不能であった事を自白している。残容量小、思索回路皆無を67年かけて自ら証明したのである。

東大京大卒教授議員キャリア官僚司法官等は半端者免許証(人間として最も大事な思索力が皆無)所持者

 大学卒(学科試験パス)から実社会経験(実技の路上運転)皆無のまま成った温室教授(ペーパードライバー)や、思索の有無(実技の路上運転)もテストせず、紙テスト(暗記力多少)のみで採用(丸暗記・受動・思索回路皆無)のキャリア官僚や司法官や教員等は、温室から温室で、実技(路上運転)皆無のペーパードライバー、運転など出来やしない半端者。野球やサッカー等知識テストでいくら覚えていても、実技なけれは無しと同じ。祀り上げて信用する方が間違っているのだ。電子辞書(中古千円で買える)以下の、ただのHDD!HDDを崇めるのは異常!中身は出涸らしのお茶!いくら煎じても、知恵はもう無い!

 覚えること(丸暗記・受動)と、覚えたことを使うこと(思索・能動)とは、全くの別物。現行教育は知識記憶の多少で頭の良し悪しを決めているが、頭の良し悪し(知恵の有無)とは、思索(知識を使用する知恵)の有無で、知識記憶の多少ではない。「2002年のノーベル賞受賞者田中耕一(1959~)は東北大卒。天皇の心臓手術執刀医天野篤(1955~)は日大卒。今年のノーベル賞受賞者山中伸弥(1962~)は、神戸大卒」等、戦後生まれの思索家が、知識)を磨いた思索)との違いを、明白に証明している。東大京大等一流大卒は、既存知識丸鵜呑みHDD持ちは確かだが、更新咀嚼)が無いので、即座に中古の証拠である。

 物知りは、記憶能力が優れている事のみは確かだが、知恵が有るとは限らない。むしろ、脳の容量を記憶のみに使い切っての「出涸らしのお茶」がほとんどであろう。戦後67年間もの無検証が、物語っている!

 67年間もの無検証は、職責者「暗記力はあるが、思索力皆無」の証明である。

 知識は実技を伴なって初めて表音から表意へ進化し、知恵を産む表意知識となる。輩に共通するのは、実体験が無いので、知識は表音のままで進化せず、未完成(知恵を産む表意知識となっていない)のまま。議員(鳩山兄弟、菅直人、仙谷由人、前原誠司、岡田克也、福島瑞穂)、作家(大江健三郎)、教授(加藤陽子、吉見義明、姜尚中はスパイ)、日弁連(高木健一、戸塚悦郎等人権派弁護士)等々、サンプルだらけである。いずれも、半端者である。

 捏造(虚構)が自由なのは、物語(小説)世界のみで、現実の積み重ねの歴史や国民の耳目報道に、捏造は許されない。全ての職業には職責履行責任が有る!「言論の自由」は職責履行しての「自由」で、「捏造の自由」など無い

戦後の文系教授や議員等の「言葉と文字界」は実社会の落伍者集団

 表音(耳目丸暗記)知識を、大学、大学院、教授と、いくら詰めこんでも、表音は表音(ただのHDD)!表意知識(知恵)にはならない。現実界(実社会)では、表音知識を、表意知識に変換出来得ない者は、落伍者。戦後の文系教授や先生は、現実界(実社会)では、皆、半端者の落伍者(凶授・銭生)。落伍者(職責不履行詐欺師)を崇め奉るNHK等の「言葉と文字界」は、現実界から著しく乖離した、異常異界!

 確かな事は、戦後日本に隆盛をもたらした者は、神(造物主)への道をただひたすら極めた理系や職人や農民や漁民等の現実界(実社会)で、妄言(言葉と文字)界ではない!

 我欲集団妄言(言葉と文字)界は、足を引っ張り続けていた(救国の御先祖を侵略者と捏造して侮蔑、日本分断破壊を企図)だけだ。

物づくりは神(造物主)への道(真実の探求で信賞必罰有り)だが、「言葉と文字界」には、信賞は有るが必罰無しの非現実界

 最初の元凶は戦前追放され戦後復職した凶授どもである。以後、丸暗記が凶授への道なので、皆右習いし、67年を経た。額縁立派(教授)だが、正体半端者(丸暗記)なので、凶産(中朝)や韓国にすぐさまろう絡され、中朝韓罪日に「良心的日本人」と呼ばれ、ちやほやされる「スパイ」と化した。丸暗記回路のみなので、当然自浄回路も判別回路も無い!犯日教育がもたらす後の脅威すらも、予測出来得ない、何とも貧弱な頭脳なのだ。

 日本の政治学者丸山真男が、1967年に、このスパイを、「戦争を防げなかったという自責感、二度と繰り返さないとの義務感を感じた知識人」と称し、「悔恨共同体」と美称、隠蔽した。ABCDの日本兵糧攻めは史実である。資源無き小国日本への兵糧攻めは、即刻餓死。日本は、生死を懸けて打って出たに過ぎない。

 「悔恨共同体」の主張のごとく、「戦争を防げ」、打って出ずに降伏して、つかの間の平和を得ても、もう一方の真の敵、凶産ソ連中国合体軍南下は避けられず、朝鮮戦争のごとくに無駄死に戦争となり、分断され、史跡も歴史も破壊され尽くされていたであろう。凶産砦日本撤退後の朝鮮戦争が、歴史の、まぎれも無い証拠である。

 卒業生が占有する、NHKや放送局や新聞社や政治家やキャリア官僚等の言葉と文字界も、御用聞き丸暗記稼業、すぐさま丸暗記し伝染した。中身は受動のみの、ただのHDD(思索回路皆無)をマスコミは、日本最高学府と奉り、「葵の印籠」とし、67年間も威を借り続けた。同類(思索回路皆無)だからである。

 復興に多忙な国民は、分業を託した同胞ゆえに、全く疑わず、戦前同様と信じ崇め奉った。以後日本は捏造史観侮日教育で転落、中朝韓罪日は、捏造史観犯日教育で隆盛の、始まりである。

 立派な親から授かった頭脳を丸暗記のみに用い、最も大事な検証に使っていないので、いまだに「刷り込み(刻印づけ)」時代から卒業できずの留年組、ペーパードライバーは、ただのHD(記憶装置)。この、人間として最も大事な思索や知恵は全く皆無の欠陥人間半端者集団を、全く疑わず、同胞ゆえにと信じた結果が、現在の国難(竹島慰安婦尖閣等)を呼び込んだ。分業職責者の職責不履行が、日本を蹴落とし、国難を呼び込んだのである。

 理系や現実界の実証無き論は、「詐欺師、捏造、虚構」として、即刻淘汰される肩書き無用が、現実世界である。がしかし、「言葉と文字界」文系は、67年間も捏造虚構がまかり通り、国難をも呼び込む世界で、詐欺師とは、紙一重の世界である。

 中国や朝鮮は唯物で、127年後の現代も、福沢の脱亜論そのもの。耳目を託した輩に「思索・自浄回路」があったなら、独立後すぐさま、警鐘を鳴らせた。竹島靖国慰安婦尖閣等の難癖干渉も、国税ODAやソニーやシャープ等の凋落も、抑えられた。

 

民意民意というが民意は「安定成長平和」と古来より不動である。議員は御用聞きでは無い。託された職責(思索決断実行)を「民意」と逃げずに果たせ!

 候補者は、国民不動の民意「安定成長平和」をいかにして成し遂げるかを思索し、実現方法を公開。国民は投票で「実現方法」を選択し、「民意」の実現を「代議士」に託すのが民主主義。

 その民意を先送りせず、決断実行するのが負託された政治家の職責だ!国民の職責は政治ではない。「民意民意」と国民に職責を転嫁するな!

 ドブ板まわり、握手攻め、冠婚葬祭出席、今日も駅に居ます(駅員が国会議員の仕事ではない)とか、選挙を人気盗り御用聞きと錯覚している偽員がいる。ほとんどがそうだ。代議士も国民も、丸鵜呑み教育で、民度が下がったのである。「人気盗り御用聞き」は、マスコミや電波芸者や芸能人の仕事で、代議士の仕事ではない。「民意の実現」思索実行が、代議士の仕事だ。錯覚するな!

 マスコミも「民意を問う」等、「民意」を重宝に多用するが、古来より不動の民意の、何を問うのだ?「民意」実現は国民の職責に非ず、「代議士」の職責である。「民意を問う」ではなく、「託された民意の実現を代議士に問う」、だろう!

 政治家は、凶産中国侵略の脅威から、尖閣沖縄日本台湾インドネシアフィリピン太平洋等死守のために、国民不動の民意「安定成長平和」実現のために、沖縄の基地もオスプレイ導入も、絶対必要不可欠と説けばいいのだ。本意の、凶産中国脅威を隠蔽するから説得できないのだ。中国から、捏造侵略党是の凶産が消えれば、基地は当然縮小される。それまで臥薪嘗胆で頑張ろうと、どうして政治家は言えないのだ!御用聞き偽員だから?スパイ偽員だから?

 思索(どうするかどんな物を作るか)回路は記憶回路(道具)の上位で、議員は「思索」し方向決定、官僚は記憶回路(道具)を駆使し、実現する。これが、まともな政治だ!

オスプレイの弱点のみを選り盗りつまみ食い反対は凶産中国のスパイ

2012/09/09(日) 

 「米新型輸送機オスプレイの普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)への配備に反対する県民大会が9日、同市の宜野湾海浜公園で開かれた。主催者発表によると、参加者は10万1千人」。

 朝日のみならず、軒並み同様(主催者発表によると、参加者は10万1千人)報道。宜野湾海浜公園は大目に見ても150m×150m=22500㎡。その内、5分の1が空き(主催者スペース)なので、実質面積18000㎡。1㎡に1人の1万8千人以下(1万人以下)が妥当な人数で、1㎡に4人(50㎝角に1人)でも7.2万人なのに、「10万1千人」など実数の10倍越えで、法外な捏造である。

 沖縄県総人口1,408,000人の内の、実数は、わずか10,000人(0.7%)にすぎない。主催者と報道はグルで、どうしても7%(10万1千人)にしたかったようだ。ちなみにこの1万人は、毎度お馴染みの騒ぎ屋反対者(凶産スパイ)人数である。

 オスプレイ反対大会参加者0.7%以下(8千人程度)を、主催者報道と責任転嫁し、7%(10万人)と報道。少数意見を報道するのも重要だが、主催者に責任を転嫁し、巧妙に10倍もの水増し報道は、捏造である。沖縄の基地やオスプレイは、捏造侵略党是の凶産中国にとっては最大の邪魔者、平和運動を隠れ蓑にし、撤去が凶産の本音。凶産の手下、スパイと化した騒ぎ屋が「反対」と騒ぎ、マスコミの凶産スパイが呼応し、扇動。これが、沖縄反対運動の正体である。すべて、凶産スパイの仕業である。

 9月20日すぎても、「嘘でも繰り返せば真実」とばかりに、各報道「10万人」と叫び続けている。まさに日本国民の洗脳である!お花畑の観念世界にはあるだろうが、100%完全なものなどこの世には存在しない!全てに長短禍福あり。一般の飛行機でも着陸時が最も不安定で外力の影響が最大になる。オスプレイも例外では無いということだ。オスプレイの弱点のみを選り盗りつまみ食いしての反対は、凶産中国のスパイでとの自白である。

全ての職業には職責履行責任が有る!「言論の自由」は職責履行しての「自由」で「捏造の自由」など無い

 捏造(虚構)が自由なのは、物語(小説)世界のみで、現実の積み重ねの歴史や報道に、捏造は許されない。

 人類は分業で進歩し、近代は分業社会である。たった一つの分業が欠けても成立しないので、当然分業には、各々職責履行責任がある。職責不履行は、分業社会に混乱をきたすので、罰則以外に、存亡の危機に瀕するほどの制裁を分業社会からも、受ける。

 1kgの(1万人前後)物を、製造者が10kg(10万1千人)と言ったから(主催者発表によるとと責任転嫁)と、10kgと表示し販売(10万1千人と報道)すれば、職責不履行(表示違反)で、納入者も販売者も罰せられ、存亡の危機に瀕するのが、現実世界の常識である。

 言論の自由と称し職責不履行堂々なのが「言葉と文字界」である。職責を履行しての言論の自由で、不履行(捏造)の自由など無い。「言葉と文字界」の蛮行である。

 10万1千人とはなんと多くの人がと無辜の善良な人々は信じ洗脳される。これは、職責不履行(無検証)御用聞き(責任逃れ)「嘘もたれ流し」マスコミの、多数決決定民主主義破壊の、テロである!

スポンサーは自分の手足を食うタコだ!

 現実界スポンサー企業等は、製造日付ミス一つでも、報道のまとにされ、連日連夜の報道バッシングで、会社は即刻存亡の危機に瀕する。「言葉と文字界」では、オスプレイ反対大会参加者10倍と捏造放送しても、「聞いた話を伝えただけ」と「開き直り(職責不履行)」、涼しい顔ですましている!職責不履行(無検証)かつ捏造は、耳目委託分業の価値無し。スポンサー企業は、こんな不条理企業を許してはならない!

 

戦後67年間の総括皆無の党はガラガラポンが正しい!

 思索(能動)回路無き者が議員になれば御用聞き(受動)偽員となる。国民が政治の細部まで考えねば成らず、仕事に集中できない。御用聞き(受動)なら子供でも出来る。これでは政治を託したこと(分業)にならいのである。民意民意というが、民意は「安定成長平和」と決まっているので、ことさら民意を問う必要など無い。世論調査(民意)も、国民は職責外の政治素人、プロではないので(マスコミは民意絶対扱いするが)、参考でしかない。世論調査(民意)が「葵の印籠」なら、政治家不用で、その都度世論調査で決定すればよいのだ。思索が出来、託せる者(政治家)を選択することが重要。お愛想の善い(幇間)のは子供でも出来る「御用聞き」で、政治家ではない。愛想の善い(芸者)のは、当選すれば皆、舌を出す。

 角栄以降、御用聞き(思索決断実行の職責を、国民に転嫁する職責不履行)受動偽員続出となった。輿石幹事長(民主党元社会党日教組)が、橋下維新の会の船中八策に対し、「議員半減では民意が伝わらない」とのたもうていたが、ただの偽員(御用聞きの受動)で、議員(思索決断実行の能動)に非ずとの、白状である。民意は不動の「安定成長平和」なので、国民の意思確認(民意)御用聞き受動偽員なら不足だろうが、議員(思索決断実行の能動)なら、100人+国会議員兼務知事で事足りる。

 角栄以降「日本化(先送り)」偽員(御用聞き)続出し、中曽根が犯日外交カードを中朝韓に与え、宮沢や河野が見極めもせず謝罪し、犯日を助長、自民政治は自己崩壊した(総括無しの自民新生など無い!)。好いとこ盗り決断無き民主で、さらに犯日を助長、日本は亡国の極みである。

 角栄以後の総括無き自民党では、誰(安倍、石破、石原伸晃、谷垣、町村) でも、ただの「御用聞き(受動)偽員の繰り返し」で、同じ。自民も民主もみんなの党も解党して、ガラガラポンが正しい!

 守旧派の江戸幕府(自民民主共産社民立ち枯れ党)対維新派(維新の会)の構図だが、まだ同類である。

 総括無き自民新生など無い。また繰り返す!角栄以後の政治を、『日本化』と総括した野田佳彦は、少なくとも、角栄以後のどんな政治家をも超えて、我欲ではない。完全な四面楚歌の中で、浮世に迎合せず、将来を見すえての「決定」は、絶えて久しい先憂後楽の政治家といえる。安陪石破石原橋下等は、この境地に、はたして迫れるのか!

 2012年11月14日「覚悟のない自民党に政権は戻さない。その覚悟でわれわれも頑張る」と喝破して、野田佳彦は安倍との党首討論を終えた。3につづく

真実史観犯日教育(尖閣)し誘拐(竹島)し捏造外交で恐喝する中朝韓罪日ギャング

3犯日教育(尖閣)し誘拐(竹島)し捏造外交で恐喝する中朝韓罪日ギャング

護国野合と我欲野合(ニセ議員)の真贋決戦 脱官僚は非力者の逃げ口上!

国(大同)亡かりせば「反TPP・脱原発・消費増税凍結(口蜜蜂腹雀蜂の凶産手口)」(小異)など無い!国無き我欲亡国奴カメレオンの集票撒き餌に食らいつくな!食らえば我欲野合の民主党に逆戻りで亡国!ゴミ箱の少年死

護国が第一義!自民党と「日本維新の会」の護国野合以外は不要!消去法でまずは亡国奴退治!善いとこ盗り候補者(鈴木宗雄福島みずほ小沢一郎は癌)詐欺師!

 自民党と「日本維新の会」の朝鮮帰化人朝鮮罪日ヒモ付きパチンコ国替え無き世襲カメレオン(小林興起、小池百合子、野田毅等)偽員やニセ保守等消去が、手始めである。無検証で威嚇のニセ愛国も不要!

自民党パチンコ偽員2009年は27名→現在11名

中川 秀直広島4区、山本 有二高知3区、野田 聖子比例東海、木村 太郎青森4区、岩屋 毅比例九州、田中 和徳比例南関東、竹本 直一比例近畿、髙木 毅福井3区、坂本 哲志熊本3区。

日本維新の会パチンコ偽員2名

松野 頼久熊本1区、小林 興起比例東京

パチンコ偽員両者比例区の場合は、白紙投票。パチンコ偽員詳細は→2012年11月19日現在

 小泉純一郎息子進次郎(29)衆院議員(社会経験無し丸暗記のまだ海千山千モヤシ)を持ち上げるマスゴミは、モヤシ議員製造の愚をまた繰り返すのか!モヤシは何歳になってもモヤシ(福田麻生等々)だ!馬鹿持ち上げのマスコミは、能力あるモヤシ新人を、芥川賞・直木賞で馬鹿持ち上げして若芽を摘み取る、販売促進最優先拝金主義の文藝春秋と全く同じだ。

保守自称議員の保守は自分の議員職保守や我欲名誉保守で国保守ではない
 国ではなく我欲(痴情)で自殺する元官僚議員 『週刊新潮(9月20日号)』の「73歳『松下忠洋』金融担当大臣痴情果てなき電話と閨房」。

 日本は資源無き災害国、村山阪神大震災)鳩山東日本大震災)で経験済み、同じ轍を踏むは愚か!政治家選定基準は先憂後楽が第一義、お愛想は二の次、決して御用聞きを選ぶべからず、かつ、67年間も元凶を糾弾もせずの騙り保守に騙されるな!政治家に弁士や弁論小僧(海部俊樹、鳩山、菅等)不要。(お花畑の空論)ではなく、思索(現実論)を述べ、実行が政治家の仕事である。

 三度目は、決して繰り返すな!

未だに脳天気な職責者
2012.10.3埼玉大学名誉教授・長谷川三千子 時代が安倍氏に追いついてきた
時代が安倍氏に追いついてきた」のではなく、日本ネチズン汗と涙と手弁当の、歴史検証の正確さに驚愕、おっとり刀で追っただけだ。主客転倒もはなはだしい限りだ!未だに無知の上塗りで、無恥を自白。まさに日本荒廃の元凶は、馬鹿な職責者!

個人(非職責者)に「言論の自由」はあるが、職責者に「言論の自由」はない!職責者の職責不履行は犯罪!
 確かに、個人(非職責者)の「言論の自由」は憲法第21条で保障している。がしかしそれは、あくまでも個人(非職責者)限定である。職責者の職責不履行は、赤福三菱等のように、犯罪で処罰される

 業(教えや知らせ売る商売)とし、糧としている者は、「言葉と文字界」と言えども、皆職責者。糧と職責は同一で、業には職責が付随する。

 「言葉と文字界(NHK、新聞社、放送局、教育界、政治家、評論家、公務職等の職責者)」は、ここ(職責者)を隠蔽し、個人(非職責者)を装い、「言論の自由」を唱え、戦後67年間も言い逃れてきた!

 国民の目と耳は、戦前は、職責履行(真実)であったが、戦後は、言論統制職責不履行(捏造)。

 戦後日本の元凶は、日本国民から職責委託された国民の目と耳、「言葉と文字界」の、職責不履行(捏造)である。

 現代は、より細分化された分業社会である。分業の一部が職責不履行では、物が出来ない。国もこれと同じで、成りたたないのは当然である。職責不履行を正して罰し、職責履行社会に戻し、国民の健全な目と耳を取り戻さなければ、日本国の正常化など、無い。

 民放と、スポンサー企業宣伝担当者が癒着し、ロボットとなった結果、スポンサー自身が自分で自分の首を絞めた(不況の原因)のだ。原因を考え是正する責任が、スポンサー企業にはある。

 オウムのようなカルト氾濫も、職責者の職責不履行野放しが原因。

 共産党、社会党、社民党、民主党、TV朝日、NHK、TBS、朝日新聞、毎日新聞、大江健三郎、加藤陽子、田原総一郎、ナベツネ、中曽根、東大(文系)、京大(文系)等は、カルトオウム麻原と、同類。

言論統制職責履行(スパイ)の自由などどこの世界にも無い!
 朝鮮ハニーマネートラップに、日本マスコミがんじがらめとの白状で、証拠!
 「言葉と文字の仮想界」は、67年間も、言論統制職責履行をしてきたのだ。現実界の職責不履行なら、マスコミ、鬼の首でも取ったかのような連日連夜の大報道で、とっくの昔に塀の中か、自殺(養鶏業)、倒産(肉偽造、吉兆等々)の極みとなる。現実界同様のマスコミ糾弾組織や、マスコミ職責不履行(スパイ防止)立法が急務である。職責を果たしての言論の自由で、職責果たさずの、報道操作の自由や捏造の自由は、詐欺師で、どこの世界にも無い!

日本新生は一億総白痴(丸鵜呑み)から一億総思索(なぜ?どうして?と咀嚼)へ!
 これら捏造の元凶が存在する間は、日本に戦後は訪れず、再浮上もままならず、戦争誘発のまっただ中のまま!民度は思索国民の多少。民度下がれば国滅ぶ!立派な先人から授かった子孫の頭脳で国民が、「なぜ?どうして?」と「思索」することが「元凶」一掃を可能にし、「失われた20年」を取り戻し、日本再浮上新生を産む!

 学究心さえあれば、別に丸暗記(学歴無し)していなくても、汗と涙と手弁当で開示したネチズン最新の資料で、最新の知識が、ワンクリックで学べる。虚実混交ではあるが、実技(信賞必罰の現実)社会の住人なら、虚実の判別は出来得る。時代遅れの丸暗記凶授や銭生や、NHKや記者や評論家の言など不要。

 中朝韓罪日の、竹島も慰安婦も尖閣も犯日も、同族大虐殺を隠しての人心懐柔が目的である。国民の耳目を託した日本の職責者は、69年間もこれを究明せず、スパイ化や日本化(言い成りの先送り)してきた元凶である。

東大法学部卒東京大名誉教授「額縁」が「中身出涸らしのお茶」自白

丸暗記選り食い針小棒大論で学究無し(無検証職責不履行)をソースに捏造するマスコミ!
中日新聞 2012年9月8日(土曜日) 朝刊2面
 竹島解決に向けて(東京大名誉教授、国際基督教大平和研究所顧問坂本義和さん寄稿。さかもと・よしかず、1927年~東大法学部卒1964年~から1988年まで法学部教授東京大名誉教授、国際基督教大平和研究所顧問。著書に「人間と国家―ある政治学徒の回想」など多数。本紙は昨年12月10日付「3・11と日米開戦70年」特集で大型インタビューを掲載した)。

 島根県竹島(韓国名・独島)をめぐる日韓関係の緊張緩和に向け、国際政治学者の坂本義和さん(八四)から本紙に寄稿があり、紹介します。

慰安婦問題の反省こそ前提
 日本政府は、竹島問題解決のために国際司法裁判所に提訴する決定をしたが、これに賛成である。
 なぜなら、国際社会では、武力行使や経済制裁に訴えた領土紛争に伴う破壊と犠牲の深刻さを反省して、欧州共同体などの「国際共同体」が生み出されてきた。アジア地域でも多くの人が「東(東北)アジア共同体」の形成を唱えてきたが、およそ共同体が成立するには、基本的な価値観、ルール、法の共有が不可欠である。その意味で、日本政府が国際的な法規範に基づいて解決しようとするのは正しい。

 だが、韓国はこの方式に賛同してこなかった。最大の理由は、日本政府が朝鮮の植民地支配に対する誠実な謝罪と反省を示してこなかったことへの不信にある。従軍慰安婦問題が端的な例である。
※WGIP丸暗記そのままで、学究無し(検証回路皆無と自白)。当時は弱肉強食の戦国時代、独立の力無き国は、大樹に寄るのが術。だから朝鮮は戦争も無く統治され、反露の英米各国も承認した。「朝鮮半島が侵略国家露西亜に落ちれば、喉元に匕首で、資源無き小国日本は存亡の危機」を、反露の英米各国も、日本国民も知っていた

 日本は一九六五年の日韓基本条約で、経済協力という名の下に五億ドルを支払い、韓国の対日請求権は終わったとしている。しかし、その時点では、慰安婦の存在そのものが双方に意識されていなかった。九一年以降、慰安婦だった女性たちが声を上げ、日本軍が占領したアジア諸国、オランダでも被害者が謝罪と補償を要求する権利を主張することになった。日本政府は対応を迫られ、九三年に河野洋平官房長官の談話が発表された。

※「強制連行(誘拐)・性奴隷(監禁)・日本国の犠牲者(殉難者・英雄)・日本国が謝罪(賠償金奪取の正当化の大義名分)」は、「自称、元慰安婦証言者」の、身内親族からの非難回避用で、かつ、犠牲者(殉難者)として賠償金を勝ち取る為の必須の小道具である!この捏造小道具無条件で信用する非常識の輩が拡大した!

 慰安婦問題の「誘拐や人身売買が明白」根拠は、「自称、元慰安婦証言」のみ!「慰安婦」は身内親族にとっては不名誉千万なのである。したがって、自ら進んで「慰安婦」になったと証言する馬鹿者(慰安婦は商売なので被害者ではない、証言は不名誉の拡散のみで、百害あって一利なし)などは、皆無。もちろん、「賠償金」は、「合法下の商売」なので、取れないことは常識である!

 したがって、自称証言者の証言内容には、「強制連行(誘拐)・性奴隷(監禁)・日本国の犠牲者(殉難者・英雄)・日本国が謝罪(賠償金奪取の正当化の大義名分)」の事項を盛り込むことが絶対の条件となる(韓国初期の証言は、この完全捏造がまだ徹底されておらず、本音(真実)がちらついている)。盛り込まなければ、賠償金奪取などもちろん出来ず、ただの売春婦となり、身内親族からの一斉集中砲火を浴びるのみ。

 「自称、元慰安婦証言」は、「強制連行、誘拐された、騙され監禁された、私は被害者(殉難者)」と証言することで、「身内親族からの非難を回避」し、「ならどうして逃げなかった」の追求は、「閉じ込められ(性奴隷とされ)逃げられなかった証言」で「回避」し、このような犠牲者(被害者)だから「賠償金をくれ」論法となる。日本国への謝罪要求は、ただの売春婦が、自国民の同情を集めて英雄となるための必須のアイテム。自称証言者がただの売春婦(売女)か、英雄(殉難者)かの分岐点「お墨付き」が、「日本の謝罪」なのである。

 現代でも買収されたでは非難されるのみだが、「脅迫された」と「告白」すれば被害者となり、同情が集まる。つまり、「強制連行(誘拐)・性奴隷(監禁)」と売春業を、セットにして証言しなければ、証言者は天に唾棄、奈落の底へ転落となるのだ!
 一部で暴走事件(白馬)はあったが、全体(日本軍)ではない!沖縄で米兵の強姦事件があった、だから米軍は強姦軍とはいわない当然の常識である。一般常識無皆無の、モヤシ吉見凶授や高木、福島瑞穂、日弁連、人権派弁護士自称戸塚悦郎、韓国オランダ証言、米加豪比UE議会等犯日の論法は、「沖縄で米兵の強姦事件があった、だから米軍は強姦軍」なのである。婦人や少女が誘拐されるのを、黙って看過する身内親族村町が、はたして世界にあるだろうか?あるはずなど無い!職責者の常識回路がまともなら、こんな大騒動にはならなかった。「旭日昇天旗」等、馬鹿げた常識ハズレの難癖が朝鮮難癖の特徴であるが、慰安婦偽証捏造騒動のように信じるものもいるので、種まき時点から排除しなければならない。
 自称元慰安婦証言を信用する一般常識無皆無の、モヤシ半端者凶授である。
 談話で「心からおわびと反省の気持ち」と言いながら、日本政府は被害者が要求する公的な謝罪と補償は行わなかった。民間の募金を基にした「女性のためのアジア平和国民基金」が一人二百万円を支払い、首相のおわびの手紙を添えるという方式で処理しようとした。この性格不明な対処は韓国の慰安婦の圧倒多数が拒絶した。
※「強制連行(誘拐)・性奴隷(監禁)」は、身内親族不名誉非難やさらし者「回避」の免罪符。日本政府が「強制連行・性奴隷」を認めての謝罪と補償なら、「日本国が被害者と認定なので身内親族からの非難やさらし者は回避出来る」ので、受け取れるが、「日本国が被害者と認定無き」は、「元、自発売春婦の、ただのごね得」となり、身内親族不名誉非難さらし者となることは、明白である。「受け取り拒否」は、当然なのである。日本国は、強制連行・性奴隷(自称慰安婦の捏造)」などしていないので、自称慰安婦のご要望(捏造)に応えることなどは不可能で、戦国時代の自存自衛のためとはいえ、巻き込まれた同胞への「思いやり謝罪」が、限界!これまた当然なのである。
 現代でも買収されたでは非難されるのみだが、「脅迫された」と「告白」すれば被害者となり、同情が集まる。つまり、「強制連行(誘拐)・性奴隷(監禁)」と売春業を、セットにして証言しなければ、証言者は天に唾棄、奈落の底(売女)への転落となる。
 つまり、自称慰安婦証言者の死活は、いかに捏造して口を極めて日本をののしるか、そして、いかに捏造して世界の同情を集めるかに、懸かっている。こんな「いわく尽くしの証言」を、丸鵜呑みする方が異常なのである。

 なお、先日亡くなられた三木睦子さんは当初、この基金の呼び掛け人の一人だったが、これが国家による誠実な謝罪と補償とは違うとして脱退された。基金の問題性を自覚されたからである。
三木睦子もWGIP丸暗記そのままで、学究無し(検証回路皆無の善いとこ盗り偽善者)の同類。捏造(思想戦)濡れ衣に、どうして日本が、「謝罪と補償」をする必要がある!日本国民の言葉か三木首相夫人なら、鵜呑み無検証は決して許されるものではない

 こうした状況を背景に韓国の憲法裁判所は昨年八月、韓国政府が慰安婦問題の解決を怠っていることに違憲判決を下した。これに従って李明博大統領は、同十二月の日韓首脳会談で一時間にわたり、慰安婦問題への日本の誠実な対処の必要を説いたが、野田首相は消極的な対応に終始した。親日的と言われた李大統領が裏切られた思いを抱き、国内での支持を念頭に竹島上陸という「報復行動」をとったのも理解できなくもない。
※韓国の裁判所は、事後(遡及)法も認め、日本への協力者を遡って親日罪で断罪し、その子孫をも罰するなど、裁判所とは名ばかりのところである

 しかし、李大統領が、天皇の具体的な謝罪行為まで求める発言をしたのは明らかに失言である。日本の戦争責任を日本のふつうの国民以上に痛感している点で、私も敬愛を惜しまない現天皇について、あまりにも無知であり、恥ずべきである。
 他方、日韓の歴史問題の焦点とされている「日本軍慰安婦」問題について、そうした問題の存在は「確証がない」という意見が国内にある。その確証とは何を指すのか。
 第一に、ふつう確証とは日本政府・旧軍の公文書である。だが、終戦直後、官庁では書類が燃やし続けられたことは周知の事実である。韓国の研究者によると朝鮮総督府でも重要文書が燃やされてしまったという。文書がなければ事実はないというのは、文書信仰にほかならない。
※確証論・公文書論以前に常識論であろう!日本人中学生が朝鮮人女学生をからかったことが原因で、大規模な学生抗議運動となり、朝鮮全土に広がったのが1929(昭和4)年の光州事件。婦女子の誘拐強制連行を看過する、身内親族、村や町など、世界にあろうか!ありはしない!常識さえあれば、子供でも解ること、すべて偽証である。

 第二に、確証の最適な根拠は行動である。慰安婦だった女性たちを中心として、ソウルの日本大使館前で毎週水曜日に行われる抗議集会は、昨年十二月に千回に達した。日本軍慰安婦という事実がなければ、誰が千回の集会を続けるだろうか。日本では、毎週金曜日に首相官邸前で脱原発のデモが続く。これを福島の恐るべき原発事故と原発への抗議との「確証」と認めない人は、現実に目を閉じているのだ。
※たとえ嘘のでっち上げでも、千回言えば真実になるのか?千回の集会が証拠とは、論が破綻している。思索回路欠落との自白である!

 慰安婦問題は、広く先進国の関心の的となった。2007年に米下院で決議が行われ、日本に公式な謝罪と責任を受け入れることを求めた。ほぼ同じ趣旨の決議がオランダ下院とカナダ下院、そして欧州議会で採択された。注意するべきは、どれも日本の「友邦」による要求であり、それは「反日」の表れでは全くないことである。
 慰安婦問題を指摘する者は、韓国人であろうと日本人であろうと「反日」である、というレッテルを貼り付ける人が日本にいるが、それが誤りであることは明らかである。慰安婦問題は国際的な倫理基準に照らし、普遍的な人権問題として、広く国際社会が日本の責任を問うているものなのだ。
※WGIP捏造破綻(ネットでの世界的な真実究明)防御目的の決議で、「国際的な倫理基準・普遍的な人権問題」は、へ理屈!現代の「倫理・人権」を冠し、過去云々は、事後(遡及)法と同じで禁止手法!当時は当時の「倫理・人権」で、評価が正論である。論理回路が欠落している!載せた中日新聞も欠落している!

 竹島問題で韓国が国際司法裁判所への共同提訴に応じない理由は、日本の歴史的責任意識の欠如にあるのだから、日本がまず、慰安婦問題で国際社会に認められる謝罪と補償を行うことを韓国に確約して世界に公表し、その上で共同提訴を呼びかけるべきである。日本の自己反省をまず行動で示し、次に竹島問題の解決に取り組むという順序を誤らないことが重要なのだ。
※「日本の歴史的責任・日本の自己反省」とは、WGIP丸暗記のままとの白状である。こんな人がかっての東大教授であり、いま平和研究所顧問なのだ。額縁に騙されるな!「国際・人権・平和・市民・子ども」は、中味空、額縁人間の常套句。

 検証無く思い込み推論は朝鮮人や罪日の犯日と同じ(法や条約の破壊)検証回路皆無の半端者である!全文WGIP丸暗記のみで、全く思索回路無し!半端者のサンプル!
「読売2012.10.08」いわく付き証言を100%丸鵜呑みして「強制性」を認めた河野洋平(75)。河野談話は「閣議決定無しだが内閣の意志」と開き直り、先人冒涜。紙の証拠がないからといって戦後半世紀を超えて今も苦しむ女性の存在や戦争中の悲劇までなかったと言わんばかりの主張」と捏造(慰安婦全てが強制)言い訳論尽くしで善人面、無知亡国奴の上塗り!モヤシは、老人でもモヤシだ

現代日本の「言葉と文字界」は中朝韓罪日のスパイだらけで、額縁学者や捏造つまみ食い空論(選り盗り針小棒大)本が氾濫中、アメリカ同様の赤狩りスパイ狩り焚書坑儒は必要不可欠!
 当事者既に亡く、反論証言皆無の現在、一方的な「元慰安婦自称の証言」が。「正しい」という証拠は一体どこに有るのだ!「証言」丸鵜呑みでの日本軍人非難難癖は、捏造以外のなにものでもない。こんな額縁凶授を額縁のみで、新聞ソースや要職に用いてから、戦後の日本はおかしくなった。

 当時の常識を学究もせず(給料泥棒)、今の倫理を当てはめ(事後法)、現代の「人道や倫理」を冠して「過去の人道や倫理」の糾弾は、先人冒涜のみが目的である。

 現実社会経験(実体験)無き者がこねくり回した愚論。こんな論法ががまかり通れば、人類開闢以来初めての快挙、先人同胞が血と汗と涙で築いた「互恵・平等・自由貿易」は消え去り、人類の英知(復讐の連鎖の切断)である、法や条約は破壊され、復讐の連鎖蔓延の戦国時代へ逆行、再び歯には歯を、目には目を、血には血をの復讐の連鎖世界となる。

 1950~1954年アメリカマッカーシーは、赤(凶産カルト)狩りをした。立法を待っていたのでは遅い。日本国民がスパイ狩り、(凶産カルト犯日)狩り焚書坑儒をしなければならない。

 

上記「良心的日本人」と酷似の愚論で洗脳し朝鮮族を日本にけしかける韓国史学研究員

時事通信(2012/08/21)
脅迫、連行の証拠ない=従軍慰安婦問題で-橋下大阪市長

 大阪市の橋下徹市長は21日、旧日本軍の従軍慰安婦問題について「慰安婦が軍に暴行、脅迫を受けて連れて来られたという確たる証拠はない。もしそういうものがあったというなら、韓国の皆さんにも(証拠を)出してもらいたい」と述べた。その上で「韓国の言い分を今この段階で全部否定しているわけではない」と語った。市役所内で記者団の質問に答えた。

 橋下市長は、竹島問題に関して「従軍慰安婦という課題が根っこにある」と指摘、従軍慰安婦問題も影響しているとの見方を示した。

 市長はまた、尖閣諸島と竹島をめぐる日本と中国、韓国との対立について「日本の主張はきちんとやるべきところはやらなければいけない」とした上で、「相手方の主張をしっかりと理解しないで、何か対立したときの解決方法を導き出すことはできない」と述べ、中韓両国との関係など近現代史教育必要性を強調した。 

※一部の日本軍兵士関与のスマラン(白馬)事件(被害者はオランダ人で朝鮮人では無い)は、発生から2ヶ月未満で日本軍が処罰し、かつ60数年前に、BC項目裁判で断罪済みである。この事件に、「韓国人慰安婦は皆無」!橋下市長は「韓国の皆さんにも(証拠を)出してもらいたい」と、「韓国」のみに問いかけたのであって、他国やオランダに問いかけたのではない!

 

嘘と捏造李朝奴隷根性丸出しの反論

 「日本は韓国への賠償の必要性を証明する義務がある」 韓国が日本側に従軍慰安婦問題の証拠提出を求める。

朝鮮族を捏造洗脳しけしかける韓国梨花女大梨花史学研究所研究員カン・ジョンスク

ソース:ソウル新聞(かん国語) [時論]い安婦文書は日本政府が提示してこそ
翻訳文

2012年09月07日
 橋下徹大阪市長は先月21日「慰安婦が(日本)軍に暴行・脅迫され引きずられて行ったという証拠はない。」と話した。日本右翼がしばしば言及してきた内容で、安倍晋三元総理の発言の延長線上の表現であり、対応することに意味があるかと思う。だが、橋本は有力な「次期日本総理の器」と言われるほど相当な影響力がある人物なので彼の発言を確かめざるをえない。

 「日本軍に暴行・脅迫されて引きずられて行った証拠があるのか。」という質問に答えるなら「そうだ」になる。2000年日本軍性的奴隷戦犯女性国際法廷’ですでに結論が出た部分だ。韓国の被害者証言で日本軍警官の関与などが確認され、インドネシアではインドネシア人とオランダ人女性たちを軍人が暴力的に引っ張っていった事実を記録した公文書がある。4につづく⇒

真実史観柏楊警句中朝韓罪日すぐに浮かれる偉そうに振る舞う復讐しようと歯ぎしり

柏楊警句中朝韓罪日すぐに浮かれる偉そうに振る舞う復讐しようと歯ぎしり

※「2000年日本軍性的奴隷戦犯女性国際法廷」とは、2000年に東京で開催され、2001年にはオランダで「最終判決」を発表した「模擬法廷」。「法廷」は運動の名称、「判決」は運動の意見で、当然、法的拘束力などない。「すでに結論が出た」は、「偽称法廷」で、「犯日捏造団体の結論が出た」だけのことで、「正式法廷の結論」ではないので、引用時必須の「模擬・偽称」は故意に削除し捏造、正式であるかのように装って洗脳している。

 日本軍が一部軍人の犯罪に気付き、即刻この慰安所を閉鎖したのだが、その事実を言えば逆に、日本軍完全関与の決定的な証拠となるので、証言者ジャン・ラフ・オハーンは、「日本軍が慰安所を閉鎖」したことを故意に、隠蔽している。当事者ならこのことは、知らないと言い逃れできないほど、明白な事実である。スマラン(白馬)事件(日本軍が調査し2ヶ月未満で閉鎖し処罰)はBC項目裁判で断罪済み(60数年前に死刑)なので、証言者ジャンは、異なるような証言をしているが、証言該当事件は、この事件以外に無い!オランダ軍法会議(リンチ)で裁かれたのはこの事件のみが、証拠!

 「公文書」該当事件も、この事件以外に無い!オランダ軍法会議(リンチ)で裁かれたのはこの事件のみが、証拠!「公文書」ソースを明確にすれば、逆に、一部軍人の犯罪で断罪済み、かつ、日本軍完全関与の決定的な証拠となるので、この研究員も、同じ理由で故意に、隠蔽し洗脳。

スマラン(白馬)事件は一部軍人の犯罪で、日本軍完全関与を証明したBC項目裁判とオランダの調査

 朝鮮人は自称慰安婦全員が強制連行性奴隷証言したが、オランダ人の正直は、正に本物

 一部兵士の、強制連行事件(「白馬事件」リンチ裁判では25名が強制と断定)はあったが、日本軍の強制連行はなかった証拠が、下記調査。

The study shows that in recruiting European women for their military brothels in the Dutch East Indies, the Japanese occupiers used force in some cases. Of the two hundred to three hundred European women working in these brothels, 65 were most certainly forced into prostitution.

 研究では、日本の占領は、オランダ領東インドでの慰安のためにヨーロッパの女性を募集して、いくつかのケースでは、力を使用したことを示しています。これらの売春宿で働く二百から三百のヨーロッパの女性のうち、65が最も確かに売春を強要されました。http://www.awf.or.jp/pdf/0205.pdf
 200~300人全員が、強制連行強制売春と答えるのかと思ったら正直なのには驚いた!全て責任転嫁の「自称従軍慰安婦」嘘つき朝鮮人とは真逆で、なんと矜持のある方々だと、感動する!衛生管理や待遇が、よほど良かったのであろう!「確かに売春を強要65」とあるが、真実は、「白馬事件」のみが強制連行強制売春と、推察できる。戦勝国のリンチ裁判では、慰安婦にされた35人のうち25名が強制だったと断定したが、白馬事件の裁判全記録は、2025年まで非公開。 日本軍の一部の犯罪(白馬)はあったが、全体(日本軍)ではないと、日本軍完全不関与の決定的な証拠を、当事者オランダが、BC項目裁判と調査で証明したのだ!

 沖縄で米兵の強姦事件があった、だから米軍は強姦軍と報道するだろうか?報道したら大問題、しない!。当然の常識である。一般常識無皆無の、モヤシ吉見凶授や高木、福島瑞穂、日弁連、人権派弁護士自称戸塚悦郎、韓国オランダ証言、米加豪比UE議会犯日の論法は、「沖縄で米兵の強姦事件があった、だから米軍は強姦軍」なのである。婦人や少女が誘拐されるのを、黙って看過する身内親族村町が、はたして世界にあるだろうか?あるはずなど無い!これは常識論だ!

 非常識を認識できない常識が朝鮮人。全く、似て卑なる者だ!

 

 この(橋下市長)発言の問題核心は徴集過程で軍の暴行・脅迫によって引きずられて行ったという証拠を要求することによって徴集だけでなく移送、配置過程にあった強制性全体を否定する形態を取っている点だ。

 筆者は‘慰安婦’を徴集する上で日本軍の直接遂行を一般化はしない。日常的に日本軍に属したり命令受けた‘(準)軍属’あるいは‘軍従属者’に該当する者がほとんど全権を持って多様な強制的方式で遂行したと見る。強制とは本人の意志に反する行為をするようにさせることだ。この強制はまた、軍慰安所内の行為にまで適用されなければならない。

※一部の日本軍兵士関与のスマラン(白馬)事件は、発生から2ヶ月未満で日本軍が処罰し、かつ60数年前に、BC項目裁判で断罪済みである。この事件に、「韓国人慰安婦はいない」!橋下市長は「韓国の皆さんにも(証拠を)出してもらいたい」と、「韓国」のみに問いかけたのであって、他国やオランダに問いかけたのではない!

 

 日本軍‘慰安婦’を作ったこと自体が犯罪的行為といえる。当時、日本政府は未成年者人身売買禁止のための国際条約に加入した状態であった。未成年女性たちの国際的売春を防止するための条約で、政府が人身売買・誘拐・脅迫など売春を目的とした国外移送を禁止することを約束したのだ。国内法、刑法第226条でも国外に移送する目的で人を売買したり、誘拐あるいは売買された者を国外移送することを禁止し犯した場合2年以上の懲役刑に処するよう規定されていた。

※55年前の1957(昭和32)年に、日本の売春防止法』は実施なので、当時は合法。性病防止、現地婦女子保護目的で設置されたもので、「犯罪的行為」ではなく「犯罪防止行為」。「未成年者人身売買禁止」国際条約は順法していたので、1990(平成2年)年韓国が、挺身(労働力補足)隊を「慰安婦」と捏造し騒ぎだすまでの戦後45年間は、何も無かった。一部の日本軍兵士関与のスマラン(白馬)事件は、犯罪として日本軍に処罰され、戦後戦犯として処刑されたのは前掲のとおりで、順法の証拠である。

 移動保護等は戦地なので、軍隊助力は当然である。「誘拐あるいは売買」ではなく親の借金や前借金でが、多かった。朝鮮は1910年に日本が禁止するまで、「人を売買したり、誘拐」は、李氏朝鮮518年間の伝統芸であった。

 そもそも、現代の倫理観で当時合法のなりわいを云々は、遡及(事後)法と同じ禁じ手である。ちなみに韓国の売春禁止法は、2004年、6年前である。

 このように事実を隠蔽したりねじ曲げたりのいいとこ盗りで、洗脳している。

 

 しかし戦地の日本軍が朝鮮総督府や‘朝鮮軍’に要請して多様な不法方式で女性たちを動員したことはすでに当時の文書資料で確認された。また注目することは1939年、全国的に広範囲な人身売買に対する新聞報道があったが、朝鮮総督府がこれらを処罰したという内容はない。反面、戦争状況でも‘慰安婦’関連の言葉をいったという理由で陸海軍刑法で厳しく処罰を受けたという事実が表われている。

※「1939年、全国的に広範囲な人身売買に対する新聞報道」のソースがなぜか開示されていないが、わざわざ引用しているので、「朝鮮南部連続少女誘拐事件」以外はないだろう。

 朝鮮南部連続少女誘拐事件とは、1932年(昭和7年)から1939年(昭和14年)の7年間、朝鮮の南部地域(慶尚道・全羅道地域)で続発した連続少女誘拐事件である。

 犯人は京畿道京城府本町(現大韓民国ソウル特別市中区忠武路)在住の朝鮮人夫婦で、夫は大田刑務所の元看守であった。1932年(昭和7年)に、夫は大田刑務所を退職したが、転職の当てがなかったため、とたんに生活が苦しくなった。そして「金儲けは娘誘拐に限る」と称し、妻と共謀して連続少女誘拐と人身売買を手がけるようになった。

「朝鮮人の親が子供を10円で売った」は、李氏朝鮮518年間の伝統芸!(1910年に日本が禁止するまで、「人を売買したり、誘拐」は、李氏朝鮮518年間の伝統芸)

 慶尚北道大邱府南山町(現大邱広域市中区南山洞)の民家に犯人夫妻が訪れ、「俺は京城でも相当な資産家だ。子守娘を雇うのだが、君の娘はどうだろうか。京城の娘はどうも生意気で・・・」と言葉巧みに親を説得し、前金として10円を支払い、その家の娘(当時18歳)を引き取った。その後、娘を京城ではなく中華民国の天津に連れて行き、1000円で売り飛ばしたという。

 後の7年間、同様の手口で朝鮮半島南部の少女約150人を誘拐し、パスポートなしで渡航できた満州国や中華民国の人身売買市場に連れて行き、60000円を荒稼ぎしたという。

 1939年3月4日、全羅南道光州府(現光州広域市)から連れて来られた少女(当時18歳)は、身の危険を感じて犯人宅から逃亡した。犯人は「自分の姪がいなくなった」と東大門警察署に捜索願を届け出たが、不審に思った署員から問い詰められ、7年間の誘拐・人身売買を自白し、逮捕された。

 加害者及び被害者が全員朝鮮人だったことから、朝鮮語メディアである東亜日報や朝鮮日報が特集を組み、大きく取り上げられた。資料・『京城日報』1939年3月5日夕刊・秦郁彦『慰安婦と戦場の性』新潮社1999年

 「処罰したという内容はない」は、捏造。事件犯人朝鮮人夫婦は上記のように逮捕され、東亜日報や朝鮮日報が特集を組み、この事件を大きく報道した。

 朝鮮人150人の親が誰一人、7年間も「捜索願」を出さず、逮捕のきっかけが、脱出した少女を探す犯人の「捜索願」とは、何とも日本人には理解不能の事件で、「人を売買したり、誘拐」は、李氏朝鮮518年間の伝統芸を物語る、明々白々な証拠である。

 現在も続く伝統芸2012年10月3日(同胞を騙して連行来日、閉じ込めて性奴隷。タコ部屋というより、「地獄」)。

 

 日帝の走狗になったが結局、廃刊になった東亜日報や朝鮮日報も1940年以後はなかった。このような過酷な社会の雰囲気で最も強力な権力だった日本軍は必要なら、さらなる犯罪行為に対する処罰も中止させることができた。その強力な日本軍の要求の一つがすなわち日本軍‘慰安婦’動員だった。我が国で日常的な動員方式は主犯の日本軍の命令と要求によって従犯の代理人強制的方式で日本軍‘慰安婦’を動員したということだった。

※「日本軍‘慰安婦’動員」は捏造。資料・根拠無し捏造で難癖が、朝鮮難癖の特徴、ここでもソース無し。捏造なので、当然日本にも資料証言は皆無。現在、「従軍慰安婦」と世界で騒いでいるのは朝鮮族のみ。

 日本のすべての「動員(国民徴用)目的」は、労働力不足の補助で、死活存亡の非常時に、「‘慰安婦’動員」な、ど一切無し。

 健康な成人男子はすべて戦地にとられ、国内は極端な労働力不足となった。この労働力不足を補う目的で、国民徴用令が1939(昭和14)年7月に施行された(朝鮮は5年後)。女子は、1944(昭和19)年に女子挺身勤労令が公布され、終戦5ヶ月前の1945年3月に、女子挺身隊も国民義勇隊として改組された。

 日中戦争の頃、「挺身隊」という語は男女問わず「自ら身を投げ出して進めること」として1940年頃から使用されていた。

 1944年8月、国民徴用令が朝鮮にも女子を除いて施行。朝鮮の未婚女性は、戸外労働を忌避する伝統(誘拐防止か?)があり、1944年8月、日本内地に女子挺身勤労令が出されたが、当時、徴用忌避に気をつかっていた朝鮮総督府は、朝鮮女子は除外すると言明した。朝鮮女性の労働力登記は極小であった。

 労働内容は、高知第一高等女学校昭和18年度卒業生26人が女子挺身隊として、19年春から呉海軍工廠に勤務した資料参照。呉海軍工廠に女子挺身隊として勤務した高知第一高等女学校関連資料
 挺身(労働力補助)隊動員を、挺身(慰安婦)動員と捏造し、悪辣な印象操作での洗脳で、名称詐欺である。韓国数多の挺身隊を冠した訴訟は、「韓国捏造難癖訴訟」が正しい。名称から偽って、訴訟内容を自白している。

 

 被害者証言が資料にならないなら文書資料は日本側が提示しなければならない。敗戦後、朝鮮総督府で体系的に資料を焼却整理したというのが大半の意見だ。だが重要な資料は複数作って日本に送ったりもしたので日本にある可能性はある。私たちに文書資料を要求するのではなく、日本の法務省、警察庁、出入国関連資料、軍事郵便局などの‘慰安婦’と関連した資料を調査公開することが順序だ。

資料を却焼」は、返答に窮した際の朝鮮族の常套句。日本には前掲のごとく、朝鮮族捏造(挺身隊慰安婦)の資料など、朝鮮族の捏造なので、無くて当然。朝鮮族自ら捏造の資料を日本に出せとは、何とも無理難題な要求ではないか?

 朝鮮族が自ら自浄しなければ、「虚言妄言朝鮮族」の蔑称は、永遠に別称となる。

 

 これから重要な地位に進む責任ある政治家なら、このような類似の発言を反復せず目の前の利益を越えて今は東アジアの人権水準を高める生産的な議論に進むことが必要ではないか。

※ネタバレ(朝鮮族捏造)の現在、「人権」は、「ヒカエオローの印籠」では、もう、ないのだ。

 

選り盗りつまみ食い針小棒大して(自慰作家)朝鮮族を洗脳する自称歴史研究員

 当時日本とタイのみが独立国の戦国時代。日清戦争で清国属国から独立さしてやっても、ビンピと大院君の内乱の明け暮れで自立できず、露西亜属国になりかけたので、反露西亜英米等や、朝鮮国民の総意を受け日本が、不戦で統治した。日本が統治しなければ、露西亜の植民地になっていた。これを日本の統治がなければ独立できて、バラ色のお花畑であったかのように洗脳し、「植民地支配」云々と洗脳して日本に難癖をつけ、朝鮮族をけしかけている。

 「慰安婦」問題も、45年間は何事も無かったのだが、当事者既に亡くなり反論証言皆無となった1990年、急に騒ぎ出し、一方的な「慰安婦証言」のみを証拠に、慰安婦補償・慰安婦碑設置等々、内外朝鮮族が大騒ぎした。つまみ食い選り盗りもはなはだしく、何ともおぞましい根性の民族だ。

 当事者既に亡き現在は死人に口無し、自称被害者証言や現代の意見は、いか様にでも捏造可能である。「証言や現代の倫理意見」ではなく、当時の倫理、証拠のみが正しい。

 

唯物の中朝韓罪日にピタリ当てはまる言葉

中国人作家柏楊の警句

 「この国の人たちはすぐに浮かれる器が小さくて、すぐに満たされるからだ。見識が浅く、度量が狭く、小さなことでもやり遂げれば直ちに天下が自分のものになったように偉そうに振る舞う。西洋人は戦った後に握手をするが、彼らは3代にわたり復讐しようと歯ぎしりする」。

 

 柏楊(はくよう1920年~2008年)本名は郭 興邦で、後に郭 衣洞と改名。共産党の中国支配後に台湾へ渡り、執筆を開始。社会風刺が特徴で、小説や歴史書など多彩。

日本で出版柏楊の著作

光文社

『醜い中国人なぜ、アメリカ人・日本人に学ばないのか』『絶望の中国人なぜ、同じ過ちを繰り返すのか』1988年

『新醜い中国人「21世紀は中国人の時代」は大嘘だ』1997年

『中国人よ、お前はどんな呪いをかけられたのか』1988年学生社

『異域 中国共産党に挑んだ男たちの物語』2012年第三書館

 

幼児からの捏造犯日洗脳教育は日常茶飯事で日本国民が知らされなかっただけ

 このような正体を、中朝韓罪日はこれまで、日常茶飯事で報道していたが、日本の職責者マスコミはことごとく隠蔽、輩の正体を隠していた。日本国民は知る権利を奪われ、ODAや条約や支援等を行ったため、犯日被洗脳国民は、「ODA・条約・支援」とは解せず、「償い・謝罪」と解釈し図に乗り、輩の増長に拍車をかけた。職責者が職責履行しておれば、「ODA・条約・支援」も分相応となり、中朝韓罪日に深入りはせず、中韓依存も無く、現代の災いを呼び込むこともなかった。日本凋落は、耳目を託した職責者の職責不履行裏切りが原因である。

 幼児からの捏造犯日洗脳教育は致命傷である。回復には70年以上を要する!

 日本の職責者とマスコミの、中朝韓罪日正体隠蔽は現在も続行中であるが、現代はネットがある。中朝韓の凶授記者が、内外支那族や朝鮮族を洗脳する妄言(自国は絶対正しく日本が全部悪いから)が、U1速報では刻々報道中。中朝韓罪日の異常(器が小さい・復讐しようと歯ぎしり)が満載の報道サイトである。虚実混交かな?は、ソースが明示されているので、ソースを参照のこと。なぜか日本のマスコミは、驚天動地の中朝韓罪日妄言を、一切報道してこなかった。そして現在も一斉に報道統制である。スパイの巣窟を自白している。

 U1速報には、中朝韓罪日の新聞教授識者とは名ばかりの、「言葉と文字界の完全堕落(真実とは無縁のただの捏造拝金詐欺師)」が花盛りである。これを反面教師として、日本人は学べ!

性善と性悪

 捏造が宗の政権(中朝韓)は、言わば躾の無い犬(性悪)で、「性善」ではない。躾の無い犬(性悪)対処に「性善(躾皆無)」では無法の手助けで、現在のような無法犬(中朝韓)となる。「性善」には「性善」、「性悪」には「性悪(躾)」対処が賢者の知恵

友好ODA思いやりは謝罪と解釈優劣上下尺度の唯物中朝韓罪日には忠犬の心すら無い!犬以下!

 先人福沢諭吉は、人類とは著しく異なる中朝韓罪日の特異な民族性を、すでに100年以上も前に脱亜論(1885年)で指摘している。これを学ばず助長(職責不履行)、またはスパイと化した職責者が、現在日本の「凋落と国難」を招いた張本人で、現在の戦争起因(竹島・尖閣・捏造慰安婦難癖)の元凶である!

 「慰安婦強制連行・性奴隷・20万人」こんな簡単な朝鮮人の捏造が看破されず、慰安婦碑や非難議決(米加豪比韓蘭EU)まで至った事は真新しい事実である。今回の難癖、捏造思想戦は、凶産中国が仕掛け、朝韓罪日在米朝鮮人が追随したが、日中戦争は、凶産ソ連と毛沢東中国が仕掛け、蒋介石と米英仏蘭が追随、大東亜戦争に拡大した。日中戦争もWW2も大東亜戦争も、凶産とその手先となった世界の「言葉と文字界」が元凶である。米人ラルフ・タウンゼント警句1軍国に非ず護国主義日本駄目押し証拠アメリカはアジアに介入するな! 参照!

 

報道テロ(少数思想の大多数思想破壊=多数決決定民主主義の破壊)を繰り返す(再犯)マスコミ

 かっての満州事変(1931年)の発端も、このような住民に成りすました凶産スパイの、住民虐殺かく乱から始まった。住民に成りすました凶産ゲリラスパイのかく乱作戦!捏造報道テロで日本をかく乱する朝日新聞!

「慰安婦問題」元凶のくせに善人面社説盗人猛々しいマッチポンプ朝日新聞

詐欺師凶産スパイ新聞捏造記事常習犯朝日の愚論

2012年8月31日朝日新聞社説

河野談話―枝でなく、幹を見よう

旧日本軍の慰安婦問題をめぐって、日韓関係がまたきしんでいる。

 きっかけは、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が今月、竹島に上陸したのは、慰安婦問題で日本政府の対応に進展がなかったからだとしたことだ。

 これに対し、野田首相が「強制連行の事実を文書で確認できなかった」と語ったことが、韓国国内で「歴史の歪曲(わいきょく)」などと反発を広げている。

 歴史問題を持ち出してナショナリズムをあおるような大統領の言動には首をかしげる。

 だが、日本の政治家の対応にも問題がある。

 見過ごせないのは、松原仁・国家公安委員長や安倍晋三元首相ら一部の政治家から、1993年の河野官房長官談話の見直しを求める声が出ていることである。

 河野談話は、様々な資料や証言をもとに、慰安所の設置や慰安婦の管理などで幅広く軍の関与を認め、日本政府として「おわびと反省」を表明した。

※戦後の日本には、国独自の強力な情報機関がないため、資料収集先が稚拙な「朝日新聞」等で、「朝日新聞慰安婦犯日キャンペーン」に惑わされ、宮沢の謝罪、河野談話の愚行となった。「おわびと反省」の愚行元凶が朝日新聞。

 

 多くの女性が心身の自由を侵害され、名誉と尊厳を踏みにじられたことは否定しようのない事実なのである。

※「多くの女性が心身の自由を侵害」は朝日の捏造。スマラン(白馬)事件のみで、数人~25戦勝国のリンチ裁判では、慰安婦にされた35人のうち25名が強制(つまり10名は自発)だったと断定したが、白馬事件の裁判全記録は、2025年まで非公開

 

 松原氏らは、強制連行を示す資料が確認されないことを見直しの理由に挙げる。枝を見て幹を見ない態度と言うほかない。

※何とも白々しい!朝日新聞こそ「枝を見て幹を見ない態度」。「強制連行」は一部兵士の事件スマラン(白馬)事件のみで、日本軍が即刻処罰し、2ヶ月未満(オランダ人証言者著作では3ヶ月と捏造)で閉鎖していることは、戦犯裁判や後のオランダ調査で公知の事実。つまり「強制連行」は一部兵士の事件で、日本軍不関与と証明されている。朝日新聞よ「枝(一部兵士の事件)を幹(日本軍関与)と捏造するな」。

 当時の売春は合法で、事後法(売春禁止の現代道徳での非難)は、禁止法である。善人を装い先人非難は、元凶隠し?(慰安婦問題は朝日新聞捏造記事が発端)。

 平和の現代とは異なり、当時は「明日無き命」の戦国時代、「白馬事件」等、一部の「枝」はあったが全体の「幹(日本軍)」ではない。

 「心身の自由を侵害され、名誉と尊厳を踏みにじった」のは一部の「枝(事件)」で。全体の「幹(日本軍)」ではないのだ。

 元慰安婦の証言のみを確かめもせず、裏も取らず、どうして正しいと丸鵜呑みで、信用できるのだ?現在、反論可能な当時者はみまかり、皆無なのに?

 ましてや元慰安婦は名誉なことではなく身内親族に対しても恥ずべきことで、本当の慰安婦であったなら、証言しないのが常識ある常人である。身内親族に迷惑をかけるので、日本人証言者は現在もほとんどいないのは当然なのである。当然韓国にも、戦後45年間はいなかった。

 ところが、「金が取れる」と金目的でを募ったので、自称(裏取リ無し証拠無し)元慰安婦証言者が数多集まった。輩は、身内親族不名誉回避「言い訳」用に、自発慰安婦(身内親族に迷惑をかけ不名誉)ではなく、「強制連行され閉じ込められた(逃げることが出来ない)犠牲者(性奴隷)」と、一様に「捏造」した。

 「強制連行され閉じ込められた(逃げることが出来ない)犠牲者(性奴隷)」と「捏造」すれば、身内親族に対しても「私は犠牲者」と「言い訳」が出来、身内親族への不名誉を回避し、その上、多くの同情を呼ぶことも可能で、まさに一石二鳥である。「強制連行され閉じ込められた犠牲者(性奴隷)」は、以後、自称(裏取リ無し証拠無し)元慰安婦証言者の、必須の道具になった。反論証言者亡き現在、自称元慰安婦証言者は、自作自演でやりたい放題、「私は犠牲者御恵みを」と必死になって演じている。5へつづく⇒

真実史観中朝韓罪日の愛国無罪犯日歴史捏造教育は同胞大虐殺隠蔽人心懐柔目的

5中朝韓罪日の愛国無罪犯日歴史捏造教育同胞大虐殺隠蔽人心懐柔目的

 沖縄で米軍の暴行事件があったから、米軍は暴行事件に関与したとは報道しないだろう!捏造するな!

 捏造記事先人非難常習犯朝日新聞こそ、「枝でなく、幹を見ろ!」。

 

 韓国の人たちにも、わかってほしいことがある。

 河野談話を受けて、日本政府の主導で官民合同のアジア女性基金を設立し、元慰安婦に対して「償い金」を出してきた。それには歴代首相名のおわびの手紙も添えた!

※丸暗記受動政治屋「宮沢・河野・村山・歴代首相」の元凶(元ネタ)が、朝日新聞

 

 こうした取り組みが、韓国国内でほとんど知られていないのは残念だ。

 もっとも、今回に限らず日本の一部の政治家は、政府見解を否定するような発言を繰り返してきた。これではいくら首相が謝罪しても、本気かどうか疑われても仕方ない。

 5年前、当時の安倍首相は当局が人さらいのように慰安婦を連行する「狭義の強制性」はなかった、と発言した。

※サマラン事件は一部兵士の事件で、全体(日本軍)ではない。韓国人が銃乱射で米国人を大虐殺した。だから、「韓国は大虐殺国」と朝日新聞は報道するのか?

 

 その後、米下院や欧州議会が慰安婦問題は「20世紀最悪の人身売買事件の一つ」として、日本政府に謝罪を求める決議を採択した。

※他国が20世紀最悪の人身売買事件の一つとして、日本政府に謝罪を求める決議を採択した」。がしかし、それがどうして「正しい」と言えるのだ。「長いもの(中韓捏造工作)には巻かれろ」なら、日本は独立国家ではなく、隷属地である。

 言葉と文字界丸暗記は日本のみではない。「溺れる犬は棒でたたき殺せ!」とばかりに米韓捏造(元凶中国)条約破りに追随慰安婦決議した「米比豪韓蘭加EU」は、思索回路無き丸暗記屋の同類で、危険な戦争誘発集団である!

 

 自らの歴史の過ちにきちんと向き合えない日本の政治に対する、国際社会の警鐘である。

※67年間も自らの歴史(捏造・スパイの歴史)の過ち』にきちんと向き合えない朝日新聞は、死(廃刊)ななきゃ治らない!

 

 河野談話の見直しを求める政治家は、韓国や欧米でも同じ発言ができるのだろうか。

 野田首相も誤解を招く発言は避け、河野談話の踏襲を改めて内外に明らかにすべきだ。

※捏造が歴史の詐欺師朝日に、政治家や首相に文句を垂れる資格などない!1990(平成2)年『朝日新聞』の植村隆記者(妻は韓国人)が義母(韓国人)と結託の、「元従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く」捏造記事掲載がマッチで、この記事がポンプ。「慰安婦問題」元凶のくせに、盗人猛々しい。まさにマッチポンプそのものである。

2012/10/06NY繁華街に慰安婦広告 謝罪求め韓国民間団体

 世界中の観光客が集まるニューヨークの繁華街タイムズスクエアにこのほど、韓国の民間団体が従軍慰安婦問題について日本に謝罪を求める広告を出した。

 在ニューヨーク日本総領事館は4日、看板設置の権利を持つ広告会社に、同問題についての日本政府の公式見解を説明する抗議文書を送った。

 看板は十数メートル四方。映画などの看板が立ち並ぶ中でも目立つ大きさで、「あなたは覚えていますか」と英語で大きく書かれている。

 40年余り前に当時の西ドイツのブラント首相がポーランドを訪問し戦争犠牲者の記念碑の前でひざまずいている写真を掲げ「性奴隷として働かされた朝鮮半島の女性は日本からの心からの謝罪をいまだに待っている」と書かれている。(共同)

ブラント首相が、ワルシャワ蜂起の犠牲者(100万市民の内20万人戦死は、5人に一人)や、ワルシャワゲットー殲滅戦(7千人のユダヤ人が戦死し、6千人が防空壕の中で焼死し、残った5万人は絶滅収容所に送られ、虐殺)謝罪は、当然である(上極悪NHK洗脳捏造子孫ぽーらんど歴史わるしゃわ不屈復興世界い産子孫へ)。この謝罪と、韓国捏造朝鮮自称慰安婦は全く無関係。韓国捏造手口は、子供ダマシで、歴史無知韓国との、白状宣伝でもある。

 謝罪の次ぎは、韓国が売春超大国、かつ売春超輸出国なのは、日本が「性奴隷」にしたからだ、「賠償せよ!」だろう。ドイツはWW1報復戦争で、日本は、日本(朝鮮人も)を飢え死にさせないために頑張った兵糧攻め脱出自衛戦争で、目的も全く異なる!

 

中国や韓半島の戦いは老若男女皆殺しだが日本の戦いは武士と武士

 大陸(韓半島や中国)の戦争は、老若男女皆殺しで民族の入れ替え(韓国の四三虐殺・中国の、雲南、チベット、新疆ウイグル、内モンゴル、満州、台湾等虐殺)をし、痕跡を破壊し、歴史を捏造する民族と民族の戦争。

 同一民族日本の闘いは、民族と民族の戦争ではなく、権力移行(武士と武士の戦い)なので、歴史は破壊されず継続する。巻添えはあったが老若男女皆殺し(民族の入れ替え)が戦争の目的ではなく、権力奪取が目的なので、大きく異なる。

世界のどの民族にもある絆、誇り、反省が全くなく、全てが責任転嫁で終始が中朝韓罪日。

 漢人朝鮮人耽羅人は被抑圧の歴史。特に漢人朝鮮人はコンプレックスのかたまりで、前掲U1速報にはその証拠が、刻々満載である。

 日清戦争前の漢人と朝鮮人と耽羅人の状態。詳細は1頭山満孫文汪兆銘大東亜共栄圏大アジア主義に殉じた人々犯日隠蔽の歴史 参照

 漢人(4億)は満州人(600万)支配下の被差別民族で、朝鮮人は、清国(満州人)と漢人支配下の被差別民族。朝鮮李朝は中国伝来仏教を破壊し、儒教を差別目的で広め、1割の両班が最下層は動物以下の李朝差別で、9割の民衆を519年間支配した。そして大陸最下層の李朝朝鮮人が、「結婚は血が穢れる」とまで差別したのが、済州島である。がしかし済州島は、大陸韓半島からは差別され続けたが、同化せず、人間としての証、「絆・誇り」を失わなかった三無(乞食・泥棒・門無し)三多(石・風・女多い)助け合い(究極の共産主義)の島で、歴史も神話も一系の異なる民族(耽羅人)で、別格(朝せん戦争起因は李朝差別済しゅう島四三は朝せん浄化殲滅軍対耽羅死守隊)。心も姿も、日本人に最も近かったのが耽羅人である。(※済州島(耽羅国)は日本敗戦後、韓国李朝差別に団結して抵抗したが、韓国は「共産狩り」と偽り、女子供老人妊婦にいたるまでことごとく虫けらのごとくに虐殺した。韓国は、「赤狩り」と歴史を捏造したが、この「耽羅人四・三大虐殺」は、ヒトラーと同類の、民族浄化である。この戦いで真の耽羅人をことごとく失った済州島(耽羅国)は、以後韓国に同化され、李朝差別を破壊した日本を、今では非難している)。

 清国は南下露西亜や欧米に蚕食されながらも日本に迫り、露西亜は韓半島や対馬に迫っていた。

国難に際し団結した日本

露西亜艦隊対馬占領は、日本九九年戦争の始まり。以後、1960年植民地独立付与宣言「互恵平等自由貿易」の新秩序確立まで、日本存亡を懸けた九九年間もの、艱難辛苦の長い戦いが続く。

1861年2月3日~7月25日まで6ヶ月間露西亜艦隊日本の対馬を占領。当時ロシアの南下政策を警戒した英国は、軍艦を対馬に派遣して、ロシア軍を対馬から排除。

韓半島進出

 南下露西亜、欧米や露西亜に蚕食されながらも日本を狙う清国。そして、海軍力で世界を征した欧米列強も、日本を狙っていた。この国難に、尊皇攘夷から尊王開国へ一気に転換、日本は歴史に従い、天皇の基に団結し開国、富国強兵に励んだ。

 時は攻めなければ攻められる八方が敵の戦国時代、資源無き小国日本、兵糧攻めされての援軍の当て無き籠城本土での戦いは、即刻敗戦となる。資源無き小国日本の弱点は兵糧攻めで、海軍力で世界を席巻した欧米列強の海上封鎖で万事休すが、日本なのである。

 したがって、海上封鎖時の補給路確保が、日本国適者生存生き残り唯一の術で、大陸の韓半島が日本命運のカギとなる。韓半島が敵となれば元寇の侵略ルートで、味方となれば逆に、世界を征した欧米列強最強海軍海上封鎖時の、補給ルートとなる。日本の国難打開の分岐点で生命線が、まさに韓半島で、まず韓半島を制することが、清国や露西亜の南下や、欧米列強最強海軍海上封鎖時の備えとなるのである。しかし、侵略征服では敵が増えるだけである。富国国強兵に励みながらも日本は、とにもかくにもカギになるのが韓半島、清国属国朝鮮懐柔に打って出た。

 懐柔しなければ日本が滅んだ。日本の相手は露西亜や清国欧米列強で、韓半島ではない。

 八方が敵の戦国時代、日本単独では露西亜や欧米列強の白色人に対抗は、しょせん無理なので、試行錯誤の連合思想が乱立した。この辺は、「大東亜戦争肯定論:・ 林 房雄:著」に詳しい。

戦国の世などどこ吹く風と嫁と姑がいびり合い(我欲分裂)の朝鮮

1873年 朝鮮閔妃(びんぴ、大院君の息子高宗の嫁)大院君(義父)を追放、閔妃(嫁)を中心にした閔氏政権の成立。

1875年 江華島事件。日本が朝鮮との国交通商を要求し武力示威した事件。

1876年 明治新政府と日朝修好条規を結ぶ。

1881年 後の東亜新秩序や大東亜共栄圏の原型大アジア主義(アジア主義とも言う。日本を中心にアジア諸民族が団結して、欧米列強の圧力に対抗すべきと説く思想)を、頭山満が唱えた

1884年 清国は日本を征伐しようとしていた。日清戦争前、清国はすでに日本を征伐するための軍略的偵察を行ない、清国駐日大使館随員姚文棟の兵略書『日本地理兵要』(1884年)を作成している。

1885年~87年 巨文島事件。英国はロシア艦隊の日本海回航を阻止するため、朝鮮南部のこの島を占領し、砲台を築いた。

1891年明治24年7月 「清国水師提督丁汝昌が北洋艦隊の精鋭、定遠、鎮遠等10数隻をひきい、堂々と舳艣相銜んで横浜に入港した。・・・その訪問の真意は、精鋭なる艦隊の威力を示して我が国を慴伏(しょうふく・恐れひれ伏す)させ、朝鮮に対して日本をして一指もつけさせまいとする傲慢極まれる用意に出たのは明らかである」(黒竜会編「東亜先覚志士記伝」)

日清戦争

1894年明治28年8月1日清に宣戦布告。日本の生命線死守戦争。1895年3月30日日清休戦条約で日本勝利

 1882年の福沢諭吉の『兵論』によれば、清国の兵力108万に対して、日本はたったの7万8千だった。日本軍艦52隻に対して清国軍艦107隻。世界各国が清国勝利を信じていた。

 清国朝鮮独立を確認し、軍費2億テール賠償、遼東半島、台湾、澎湖諸島を割譲、沙市、重慶、蘇州、杭州を交易市場とした。その後、独仏露の三国干渉のため遼東半島を、返還させられた。日本は幕末以来の不平等条約改正の端緒をつかんだ。

 台湾は露西亜や欧米列強のごとき搾取扱いではなく、大アジア主義同胞として対処し、極東共栄圏構築に励んだ。

1895年3月30日 日清休戦条約

4月17日 下関条約。清から朝鮮独立

5月4日 三国干渉受諾した日本を見下した閔妃、親露政策へ転換。政権内部の対立で、金弘集内閣が崩壊。朴泳孝は次の朴定陽内閣でも内務大臣となるが、三国干渉の結果、朝鮮での日本の影響力が弱まり、閔妃を中心に親露派の力が強まった。

7月6日 閔妃、ロシア公使ウェバーとロシア軍の力を借りて政権を奪回。日清戦争終結直後にロシア軍の力を背景に行った閔妃勢力のクーデターは、大院君開化派勢力日本との対立を決定的にした。

7月10日 閔妃に関する謀議の風説の報告。

8月朴泳孝に閔妃殺害計画謀議の嫌疑。朴泳孝は京城を脱出、また日本に亡命。その後は親露派の内閣が生まれ、改革は停滞することとなった。

9月1日 三浦梧楼、朝鮮国駐箚公使として着任

10月7日閔妃派政権 訓練隊解散と武装解除通告

10月8日 乙未(いつび)事変閔妃成敗。死体は午前8時30分頃確認され、焼却。甲午改革改革は10月8日に閔妃殺害後、乙未改革に引き継がれる。三浦梧楼赴任38日後のことである。

 兪吉浚(政治家、啓蒙思想家)のアメリカ人牧師モールスに送った手紙に、「大院君が日本公使館に頻繁に出入りして、閔妃殺害を日本に要請したのは大きな間違いだ」との記録が残っている。日本側の記録では、大院君が軍事顧問の岡本柳之助に再三再四密使を送っている最中(p492 日本外交文書デジタルアーカイブ 第28巻第1冊(明治28年/1895年)に、訓練隊は解散で隊長を厳罰詮議と10月6日に漏洩。激昂した訓練隊が大院君を奉じ決起

 日本勝利で朝鮮が独立したにもかかわらず独立直後から国内を親露西亜の我欲でかき回す亡国奴閔妃は、新たな戦争の元凶なので、日(志士)朝(大院君と志士)連合に成敗されたのは、当然なのである。

日露戦争

1904年日 日露戦争(朝鮮半島や満州は、日本の生命線である。その朝鮮半島と満州の制覇を争った、ロシアとの戦争)1905日本勝利

 清国は中立国と称し他国のように傍観していた。国家の歳入ロシア約20億円、日本約2億5千万円。常備兵力ロシア約300万人、日本約20万人。軍艦の総排水量約ロシア51万トン、日本約26万トン。世界各国がロシア勝利を信じていた。

 日本の朝鮮における権益確認韓国を保護国化、関東州の租借権および長春・旅順間の鉄道を清国の同意を得て、ロシア、日本へ譲渡、南満州を勢力範囲とした。遼東半島を租借地とし、樺太南半の割譲。

1910年8月22日、日韓併合条約を調印。李完用総理は、一進会などの親日派勢力の後押しを受けて日本政府との間で韓国併合の話を進めた。

※現代における李完用の名は、親日派(チンイルパ)売国奴の代名詞となっている。韓国において2005年、親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法が公布され、李完用を含む親日派9人の子孫から土地を没収し、韓国政府に帰属させる決定を下した。

 単独独立(アジアでは日本のみ)など、当時では夢のまた夢。当時の世界の現実を踏まえた愛国者李完用が、現実の常識に基づいた選択であったといえる。1926年肺炎により死去。その葬儀は国葬でも無いのに、葬列が数キロに達したという。当時の大多数の国民は、愛国者李完用の心中を察していたということである。朝鮮愚民子孫よ、好いとこ盗りは、現実界には通用しないのだ!

8月29日に両国皇帝の裁可をもって条約は発効し、大韓帝国は滅亡、日本の朝鮮総督府の統治下に入った。

 日本は、朝鮮停滞の元凶、悪しき李朝差別を破壊した。

 以後朝鮮も、台湾同様に対処され、日本と共に極東共栄圏構築に励んだ。

 

国難に団結せず我欲のせめぎ合い群雄割拠の戦国となった中国

191212日 宣統帝(溥儀)退位し満州人支配の清朝滅亡。

1913年(大正2) 宋教仁は孫文と共に国民党を組織し、選挙に臨んだ。結果は目論見通り、宋の擁した国民党が圧倒的第一党となり、実権を握る宋が最大実力者となった。

191320日窮地に追い込まれた袁世凱らは上海停車場で宋を暗殺した。宋は滝の如く流れる血潮を押さえながら「南北統一は余の素志なり。小故を以って相争い国家を誤る勿れ」と遺言した。宋の死は革命党の脳髄が砕けたに等しかった。

1913 南京袁世凱に大総統の座を譲った孫文は、前大総統として来日し各地で熱烈な大歓迎を受け、福岡の玄洋社や熊本の宮崎滔天の生家にも立ち寄った。

 

大アジア主義を孫文と画策したが群雄割拠の戦国中国に新に凶産カルトが入り込み更に分裂した

1917 ソビエト社会主義共和国連邦誕生

1921 中国共産党結成 ソ連凶産党が撒き餌をばら撒いた成果。1921(大正10)年、中国共産党が結成された。この時、レーニンの秘書マーリンが、上海での共産党代表大会に参加し、孫文とも会って、新経済政策を吹き込んだ。また中国共産党員がコミンテルンの指示で、次々と国民党に入党し、主導権をとろうとしていた。 孫文の遺書にある「革命未だ成功せず」とは、まさしくこのような内憂外患の状況であった。  

193118 満州事変 柳条湖事件(満鉄線路爆破)から満州事変中国東北部の対ソ反共戦争1932年1月までに東三省を占領)始まる。対ソ反共戦争開始。

 満州軍閥張学良が、食民治主義者や凶産ソ連の手先となりおびただしいテロ排日事件を引き起こし、これを解決すべく起こった事変、それが満州事変で、対中国戦争ではない。

 「関東軍の暴走」といわれるこの軍事行動は、度重なる「排日・反日」への反共戦争の始まりだったのである。反日テロによって追い詰められた結果だといえる。これらの関東軍の行動に対して、日本人は支持した。また、朝鮮人たちも関東軍へ感謝激励したのである。確かに、若槻内閣の「不拡大方針」に反する関東軍の行動は、明白な命令違反である。しかし、満州事変の結果、軍閥勢力は一掃され、関東軍の指導によって新しい「満州国」への道が開けた。

1932日 満州国建国。日満議定書(満州における既得権益の尊重。日本軍の駐屯の2条を規定)満州国に対して、日本が要求したものは、「領土」ではなく、①これまで日本が持っていた権利を尊重すること②共同防衛だけであった。(日満議定書 1932年9月15日締結)「日本が正式な条約で認められていた満州の権利を侵害され、そればかりではなく、テロをもって生命の危険まで脅かされた。しかし、外交交渉でもそれは改められなかった。そこで関東軍が仕方なく、自衛のために戦い、今まで持っていた権利を取り戻した」決して侵略ではなかったのである。多い時でもたった一万四百人しかいなかった関東軍が、全満州を占領できたのも、満州住民の支持があったからだ。1907年(明治40)~1931年まで、在満兵力は満州師団1と独立守備大隊6の、約1万400人を上限にし、推移。「関東軍」中山隆志講談社2000。70万は以後の兵力。

 満州事変以前の満州は、財政は逼迫し、民衆は貧しく、食べられない状態だった。1929年の満州の財政は、歳入の約八割が軍事費である。軍閥・張学良の持つ25万人の軍隊を維持するためには、膨大な軍事費が必要だった。そのため、私的財産の強奪・恐喝・誘拐は当たり前となり、五年先の税金まで徴収していた。民衆の四割は、雑穀しか食べられないほど、貧しかったのである。

満州事変後の変化

 人口増加。満州の人口 明治時代初期 : 100万人から500万人。日露戦争後日本が本格的に投資を開始した頃 : 2000万人(南満州鉄道を設立し、沿線の治安が確立し、多くの中国人が流入開始)。満州事変の頃 : 3000万人。建国5年の1937年(昭和15年の満州年鑑) : 3700万人(漢人81%3000万、満州人12%440万、モンゴル人3%100万、日本人1%42万。人口の激増は国家として豊かで住みやすいことの証拠である。満州国は、当時の中国人にとっても、朝鮮人にとっても、そして蒙古人、女真人にとってもすばらしい国であったのだ。

健全な国家造りが防共(中ソ凶産連合)の砦への道

アヘンの撲滅政策。日本は、600万円の予算をかけて、「厚生院」を百二十箇所も作り、ここで麻薬中毒患者の治療にあたった。

 

中国共産党毛沢東は蒋介石に壊滅寸前まで追い詰められ矛先を対日戦争へ転換

1935(昭和10年)日中国共産党日本に宣戦布告 1935年のソ連コミンテルン第七回大会で、反ファシスト人民統一戦線方式が打ち出された。その結果「八・一宣言、抗日救国のため全国同胞に告ぐるの書」が発せられた。内容は中共がその革命戦術の中に対日戦争を採りいれて、「内戦停止・一致抗日」を訴え、所謂「救国」運動に変換し革命戦術を拡大させたのである。そしてそれは国民党軍に潜入していたコミンテルンの指令を受けた中国共産党工作員による、1937年7月7日の「盧溝橋事件」へと展開してゆく。

 八・一宣言(抗日救国のため全同胞に告ぐるの書。中国共産党が抗日民族統一戦線の結成を提唱)中国共産党軍の兵力は30万人から3万人に激減したため矛先を日本に替え宣言した。赤化戦争を抗日救国戦争にすり替えた。日本と蒋介石国民党軍と交戦させ衰えさせる、漁夫の利作戦を本格的に開始したのだ。以後日本との交戦はすべて中国凶産軍の仕業と考えて間違いはない。

 なんと中国共産党は、シナ事変に先んじる2年前、昭和10(1935)年8月1日、日本に宣戦布告しているのだ。日中戦争ではなく、日本対中国共産党、反共戦争なのだ。

 

黄禍論(有色人種が白色人種を凌駕するとする論)を恐れた白人連合(ソ連と欧米列強)は蒋介石と日本の連合阻止に動いた

19361212 西安事件共産軍討伐のため西安に駐屯中の張学良の旧東北軍が、抗日救国(狂惨党のばらまく美味な撒き餌。実体は、赤化戦争を要求し、南京から督戦に来た蒋介石を監禁した事件。共産軍を「最後の5分間」から蘇生させたのが、西安事件であった。蒋介石が西安で共産軍掃討戦を行っている張学良を督励するために訪れた時、突如逮捕監禁さ れた。8年前、父親・張作霖を日本軍に爆殺されたとされ、満洲から追われた学良は、抗日意識の盛り上がりに乗じて、共産党と通じたのである(父親・張作霖の爆殺は、ソ連情報機関の資料から最近明らかになったところによると、真実はスターリンの命令にもとづいてトロッキー暗殺に関与した、ナウム・エイティンゴンが計画し、日本軍の仕業に見せかけたものだという)。共産党がモスクワの指示を仰いだところ、スターリンは蒋介石を釈放し、「連蒋抗日」を命じた。周恩来は蒋介石に息子「蒋経国を帰国させる」とスターリンの条件を伝え、国共合作して日本軍と戦おうと説得した。蒋介石を殺せば、国民党軍により中共軍が壊滅せられ、汪兆銘がトップとなることを恐れたものであろう。蒋介石を殺すべしと考えていた毛沢東は真っ赤になって怒ったと伝えられている。

 拉致された蒋介石は釈放の条件として、共産党討伐の停止、逮捕されていた抗日運動家の釈放、対日抗戦の早急な準備などの8項目を要求され、「抗日民族統一戦線」の形成に合意させられた。

 蒋介石釈放をめぐっての調停工作に当たっては、イギリス、アメリカ、ソ連、中共の間で同一歩調がとられ、利害が一致する中で抗日統一戦線が形成されていった。

 この事件により対日・反共政策の見直しを迫られる。蒋介石は国共合作・抗日へと方針を急転換し、「最後の5分間」の段階に来ていた反共掃討戦を、中止した。事件後、国民党の外交部長で親日家の張群が罷免されるとともに、国民党から共産党に毎月50万元が支給されるようになり、国民党は次第に反日色を強めていった。

 

中国赤化の中ソ連合では日本壊滅は必然なので赤化絶対阻止の反共(日中)戦争となった

1937 盧溝橋事件(日本軍が北京郊外盧溝橋で夜間演習中、弾丸が飛んできたことを理由に翌朝交戦。盧溝橋事件は、排日事件を頻発させ、西安事件によって抗日戦線を形成してきた中国共産党が、日本との戦争を行うべく、戦略的な突出を行い、国共一体となって、抗日戦を切り開いて行く状況を作ろうとして起こした事件と見るべきである。蒋介石が再び親日反共掃討戦に戻らぬようクサビを打つため、「最後の5分間」の段階の凶産党が、抗日戦争を仕掛けたのだ。6につづく

真実史観新秩序の魁先人知らずは日本の職責者と非礼を繰り返す中朝韓罪日のみ

6新秩序の先人知らずは日本の職責者と非礼を繰り返す中朝韓罪日のみ

周恩来首相、中国凶産党が廬溝橋事件の犯人である事を暴露。

 中共政権が、支那本土を掌握した時(1949年10月1日、中華人民共和国宣言の際)周恩来首相は誇らしげに証言。

「あのとき(支那事変勃発時)我々の軍隊が、日本軍と中国国民党軍(蒋介石軍)の両方に(夜暗にまぎれて)鉄砲を撃ち込み、日華両軍の相互不信を煽り、停戦協定を妨げたのが、我々(中国共産党)に今日の栄光をもたらした起因である」動向5月号1539号「唐沢」を嗤って過ごせるか 参照

 

大東亜戦争は白人連合(ソ連と欧米列強)の中国支援が起因

 西安事件以前は蒋介石軍とはまともに戦ってはおらず、むしろ反共の同志であった。裏で白人連合(ソ連と欧米列強)が支援しなければ、とうに中国凶産は壊滅し、日中協定が締結し、チベットも新疆も内蒙古も満州も朝鮮等も無かった

 凶産の手先となった白人の「言葉と文字界」は、白人国民を徹底的に洗脳し、白人根底にある「黄禍論」とあいまって、日本殲滅に一斉に動き、兵糧攻めとなり、大東亜戦争となった。

引くに引けない戦争が大東亜戦争

 戦後職責者のお花畑論「戦わざれば」は、一時の平和は得られただろうが、戦国の世、WW1のドイツの例もある(降伏条件が食料を供給であったが守られず、数十万の餓死者)、信用できないのだ。そしてもう一方の真の敵、凶産ソ中連合の南下侵略は、砦も兵力もそがれた日本など、風前のともし火で、国名日本は消え、同胞を見捨てた「裏切り者日本族」として、汚名のみが、残ったであろう。この「たら、れば」は絵空事ではない。現に、凶産ソ中連合の南下侵略は、朝鮮戦争で現実化した。

 現実無視の善いとこ盗り「お花畑論」より、永野修身の言「大阪冬の陣の如き平和を得て、翌年の夏には手も足も出ぬ様な不利なる情勢の下に、再び戦はなければならぬ事態に、立至らしめることは、皇国百年の大計の為、執るべきに非ずと存ぜられる次第で御座います」の方が、まさしく的確な正論なのである。

 同じ永野修身の言と言われる「戦わざれば亡国、戦うもまた亡国であれば、戦わずしての亡国は身も心も民族永遠の亡国である。戦って死中に活を見いだし護国の精神に徹するならば、たとい戦い勝たずとも、護国(祖父母、父母妻子、ふるさとを守る)に徹した日本精神さえ残せば、我らの子孫はかならずや再起、三起するであろう」は、職責者全員が、全身から搾り出した言葉であったと言える!

 そして、極東共栄圏(中国)から更に拡大しての大東亜共栄圏樹立が、日本の自立自存、適者生存唯一の術となった。

 日本は死活戦争で、欧米ソ等は出稼ぎ戦争が、大東亜戦争の実態である。

 資源無き小国日本、大東亜同胞の決起まで持ちこたえられず、矢尽き、刀折れ、敗れた。がしかし、虐げられた大東亜同胞の琴線は一気に揺さ振られ覚醒、自立自存の戦いを展開、自力で独立した。

 この自立自存の戦いは大東亜に止まらず、世界各地の有色白色の虐げられた同胞にも一気に拡散、ことごとく自力独立した。

この事実が、凶産ソ中以外の戦勝国の反省となり、日本は分断されず、適者生存した。比類なき戦いざまが、凶産ソ中以外の勝者の琴線をも、揺さ振った結果である。

 そして1960年、「植民地独立付与宣言」が「反対0」で採択され、「互恵・平等・自由貿易」となり、先人悲願が成就した。露西亜艦隊の対馬占領から九九年、人類新秩序の魁となった長かった先人の戦いは、やっと終わった。

 

 ソースは定かではないが、生きた言葉がネットにある。比類なき戦いのすべての兵士の、ほとばしる心中が凝縮された、生きた言葉で、日本民族の滅亡まで覚悟した戦いであったことが、うかがい知れる!

フィリピンで神風特別攻撃隊の編成された翌日、戦闘機の整備兵の友人に語った言葉。真実はどこに・・・
 ・・・『もう戦争は続けるべきではない』しかし、敵を追い落とすことができれば、七分三分の講和ができるだろう。アメリカを本土に迎えた場合、恐ろしい国である。歴史に見るインディアンやハワイ民族のように闘魂のある者は次々個々撃破され、日本民族の再興の機会は永久に失われてしまうだろう。このために特攻を行ってでもフィリピンを最後の戦場にしなければならない。しかしこれは、九分九厘成功の見込みはない、では何故見込みのないのにこのような強行をするのか。ここに信じてよいことがある。いかなる形の講和になろうとも、日本民族が将に亡びんとする時に当たって身をもってこれを防いだ若者たちがいたという歴史の残る限り、五百年後、千年後の世に必ずや、日本民族は再興するであろう。

大空に雲は行き雲は流れり、すべての人よさらば、後を頼む、征って参ります。

人は一度は死するもの、微笑んで往きます、出撃の日もそして永遠に。

イッテマイリマス ノチノニホンニ エイコウアレ

 敵国のみならず護った子孫にさえも、67年間も破壊され続けた先人の正史。この正史復刻作業の日本ネチズンには、深く染み入る言葉である。

 

中朝韓罪日以外の世界の同胞の助力で日本民族は存続できた

 戦いは敗れたが、世界の同胞がその心根を一気に引継ぎ、日本の楯のごとくに戦い、日本民族は亡びなかった。先人の、五百年後、千年後をも見すえたこの壮烈な覚悟が無かったなら、世界の同胞の助力は、当然無い。日本はこま切れに分断、遺跡も破壊され、日本民族は将に亡びていたであろう!中朝韓罪日以外世界の同胞の共振と助力で、日本は分断されこともなく、民族は存続できた。子孫は、この事実を、決して忘れてはならない 

 比類なき戦いは子孫を待たず、一気に世界に拡散、日本を護り、開闢以来の悪しき常識、弱肉強食を破壊、新秩序を樹立した。新秩序「互恵・平等・自由貿易」は、先人悲願の大東亜共栄圏をも遥かに凌駕し、晴れて、地球人類の常識となったのである。残る悪しき常識は、凶産ソ中のみである。

 現代の世界の首脳や識者は皆、このことを良く知っている。国賓やオバマ大統領等の天皇に対しての礼は、一国の大統領や国賓としてではなく、人類の一員としての礼で、人類新秩序の魁となった日本先人代表に対しての、礼である。現代において、このことを知らないのは日本の職責者と、非礼を繰り返す中朝韓罪日のみである。

 

日本終戦なのに団結もせず弱者同胞大虐殺我欲闘争の中朝韓罪日

 中国は、ソ連支援凶産毛沢東と、米国支援の蒋介石の漢人殺し合いの内戦へ突入。李朝差別を破壊した日本が撤退した朝鮮は、李朝差別が即座に復活、朝鮮人差別殺しが勃発した。北は混乱に乗じたソ連凶産が支配し、南は米軍と国連軍が支配した。罪日は帰国もせず居座り、戦勝国や朝鮮進駐軍と称し、関東大震災時と同じように、狼藉の限りを尽くした。

ヒトラー超えの大殺戮しかも老若男女同胞大虐殺が中朝韓である

中国の内戦と侵略

1945年 蒋介石は、台湾を統治する機関・台湾行政公所を設置。満州国は、凶産ソ連軍に滅ぼされ、現在凶産党に占領されている。

1946年 中国国共内戦赤化戦争に突入する。反共産主義を掲げるアメリカから全面的な軍事支援を受ける。

194728「2・28台湾人虐殺事件」台湾人蜂起の二・二八事件が起き、蒋介石国民党制圧による台湾人虐殺事件。国民政府は台湾人の抵抗意識を奪う為に、知識階層・共産主義者を中心に数万人を処刑したと推定されている(2・28白色テロ)。

 凶産内モンゴル占領。

1948凶産華北東北を制覇

1949年末凶産中国本土を制圧 

 蒋介石国共内戦で敗北。首都南京を脱出し、重慶などを経て12月に台湾へ到着。事実上台北への遷都を強いられる。台湾の戒厳令は1987年(昭和62年)7月15日にようやく解除された。

1950年 凶産朝鮮戦争参戦。

1955年 凶産新疆ウイグルを大虐殺で占領。

1959年 凶産インド侵略(中印戦争)アクサイチン地方を占領

1960年 植民地独立付与宣言。第15回国連総会で、アジア、アフリカ43カ国による共同提案が採択され、植民地を保有することを不法行為であると宣言。賛成89、反対0、棄権が9カ国(主要宗主国のアメリカ、イギリス、フランス、ベルギー、ポルトガル、スペインと、南アフリカ、オーストラリア、ドミニカ)。蒋介石台湾は賛成だが、毛沢東凶産中国の国連加盟は1971年10月、北朝鮮、韓国は1991年なので、不参加。不参加国のみが犯日なのだ!凶産中国本性を丸出しにして時代逆行、食民治主義独裁主義続行

1965年 凶産チベットを大虐殺で占領。文化大革命(同胞大虐殺開始)。

 

大東亜戦争後に中国韓国北朝鮮が同胞大虐殺 

世界のgenocide(集団虐殺)指導者は共産(凶産)主義者李承晩ヒトラートルーマン

凶産(共産)主義者=独裁者=愚民化主義者

NO1凶産毛沢東(政敵同胞殺戮5000万人以上+文化大革命の犠牲者+占領地での集団虐殺、知識層殺戮、侵略戦争)

NO2凶産スターリン(政敵同胞知識層殺戮6200万人以上+侵略戦争)

NO3凶産金日成(本名金成柱)(政敵同胞知識層殺戮400万人以上

NO4凶産ポルポト(政敵同胞知識層殺戮250万人以上

独裁者

NO5李承晩(赤と捏造、被差別民同胞大虐殺し、民族浄化170万人以上

NO6ヒトラー(民族浄化の妨げになる異民族や、弱者殺戮、600万人?(120万)といわれるユダヤ人を殺害)

アメリカ大統領

NO7トルーマン(広島、長崎原爆、30万人、大空襲30万人、60万人以上弱者殺戮

 

韓国の内戦と侵略

歴史を捏造する韓国建国記念日8月15日は捏造

 韓国は、1948年8月13日アメリカから独立で、日本から独立(光復節)8月15日ではない。

 1945(昭和20)年8月15日、日本の終戦に伴い、当時の朝鮮総督、阿部信行陸軍大将と朝鮮軍司令官上月良夫陸軍中将の二人が、朝鮮総督府から日章旗(日の丸) を下ろし、太極旗(現・韓国国旗)を掲揚させると共に、朝鮮建国準備委員会を結成させ、朝鮮に自治権を付与。

 9月8日、米軍が南朝鮮に進駐し。進駐してきた米軍は、ソウルの空にはためいていた太極旗を引きずり下ろし、再び日章旗を掲揚。 

 9月9日、連合国軍最高司令官ダグラス=マッカーサーが 南朝鮮に対して、アメリカによる「軍政」を布告、ソウルの空にはアメリカの 国旗、星条旗が翻ることとなった。

1948(昭和23)年8月13日首都ソ ウルで韓国樹立の宣布式が挙行され、韓国独立。光復節(独立・建国記念日)は8月13日が正しく、8月15日は捏造

1952年火事場泥棒李承晩竹島占領

 昭和27(1952)年1月18日、韓国による李承晩ラインが不当に設置され、2月11日には日本船が韓国側から銃撃され船員1人が死亡、3月2日には最初の拿捕船が出た。李ラインによる日本側の被害総数(日韓漁業対策運動史)拿捕漁船328隻、抑留船員3,929人、死傷者44人。昭和40(1965)年日韓漁業協定により李承晩ラインが消滅したが、竹島は60年間も火事場泥棒されたままである。

 

同胞大虐殺国民懐柔のため、李承晩ライン(仮想敵日本とし犯日開始)で竹島を火事場泥棒占領し、同胞大虐殺の矛先をそらした。現代も続く「竹島・慰安婦・犯日教育等の難癖」は、同胞大虐殺隠蔽懐柔目的の小道具にすぎない!

 李朝差別を破壊した日本が居る間は平和であったが、去った途端に李朝差別が復活し、我欲剥き出しの同胞大虐殺が始まった。

1946年韓半島南の暴動勃発「10月人民抗争」 虐殺数は不明

1948年済州島「四・三事件」 済州人虐殺8万人以上

1950年6月25日朝鮮戦争 南北の死者400万人(北250万人)。実体は南(ニセ者9割の差別民と被差別民)対北(被差別民)。呼応した南の被差別民の助力で、たった2ヶ月で一気に釜山まで南下した。以後ニセ者9割の差別民韓半島南の韓国は、被差別民を凶産と捏造、済州人同様虫けらの如く虐殺した。

1950年保導連盟事件    韓国30数万人虐殺(60~120万人。ハンギョレ21。2001.6.20)

1951年居昌事件       韓国8千人以上虐殺

1951年国民防衛軍事件   韓国10万人以上虐殺

1980年光州事件       韓国2千人以上虐殺

 無駄死にの同胞殺し合計が、449万人+北朝鮮不明+(60~120万人)

 ちなみに、大東亜戦争の朝鮮人戦死者は皆志願兵で、南北で2万2182人。台湾も皆志願兵で、3万304人。日本は、朝鮮人や台湾人を矢面には立てなかったのである。日本は強制兵役、徴兵で、234万2341人が戦死。さらに米軍に80万人の市民が原爆空爆で、虐殺された。朝鮮人のような軍対民の同胞殺し合い(朝鮮同胞大虐殺)、無駄死に、犬死ではない

 自立不可と判断、国民大多数の総意で望んで統治された朝鮮なのに、韓国は事あるごとに「植民地支配」と難癖を付けるが、自力独立のチャンスなのに、自力独立も出来得ずの同胞大虐殺。これが朝鮮人の実態だ!この悪しき正体の元凶、李朝差別を破壊し、抑えて、日本が是正途中であった。それを「皇民化」などと難癖、悪しき李朝(9割が被差別民)に逆戻り(1割金持ち)。韓国は難癖の前に反省が肝腎。

 朝韓当初は犯日ではなかったが、自国民懐柔目的で日本を敵国化。似た者同士の金日成と李承晩が、犯日教育で洗脳した。少なくとも、30数年前の日本語を話せる方々は、犯日ではなかった。統治時代を懐かしむ思いが、話のはしはしには、こぼれていた。これは真実史観の実体験である。

 

韓国は全て両班(偽者9割)で北朝鮮には両班皆無

 朝鮮人非常時に暴動は、李朝差別519年の被差別民の(関東大震災や終戦時の朝鮮進駐軍等の下克上暴動)性癖

 北朝鮮は「上悪下善」で洗脳する凶産ソ中が煽り、数で勝る労働者(被差別民9割)が一気に両班(1割)駆逐、韓半島南端釜山まで占領したが、米軍と国連軍が参戦、鴨緑江まで北上し押し戻した。がしかし凶産中国が介入し、38度戦で膠着、休戦となった。両班皆無が北朝鮮

 南朝鮮は、「上悪下善」の凶産洗脳を米軍が抑え、逆に、すべての暴動を「暴動=凶産」と決め付け、弾圧したため、南の労働者はにわかに両班に変身(ニセ両班9割が韓国)し、凶産に身ぐるみはがれて南に避難した両班は凶産復讐心の塊りと化し、これに合流、「赤狩り隊」となりエスカレート、密告等でも、老人女子供妊婦等の同胞をも、大虐殺した。南の大虐殺犠牲者のほとんどが、いわれ無き難癖に抵抗しただけの、ただの市民。赤ではなかった!国民全て両班(ニセ者9割)が韓国

 「」と一旦烙印を押された者への同情は、これまでの仲間からも逆に「赤やニセ両班」と疑われ、虐殺される恐れがあった。ニセ両班はことさら凶暴に振る舞い、ニセ両班がバレルことを、残酷さを競うことで防いだ。ニセ両班の悲劇である。

 強い者におもねる朝鮮人の性癖(李朝差別519年で滲み付いたカメレオン根性(被差別民根性)が、戦中の疑心暗鬼を増幅した結果とはいえ、余りに残酷な同胞善人大虐殺である。

 凶産など無縁な、実直な無辜の人々ほど、犠牲となった。何の理由で殺されるのか、判らなかった人々がほとんどであろう。

 

韓国の犬化した識者やマスコミが隠蔽する真実!

 軍政時代は、「同胞大虐殺隠し」を権力で行使出来たが、民主化(1988・昭和63年)してからは世論操作となり、犯日を「同胞大虐殺隠し」の小道具にした。「慰安婦、竹島、親日法、東海呼称、旭日旗難癖等々次々繰り出す犯日」は、「同胞大虐殺(ニセ両班)隠し」が根源。犯日で矛先を日本に向け続けなければ、矛先が内に向く。内に向けば「同胞大虐殺(ニセ両班)隠し」が日の本に晒される。元来が砂の人心民族。嘘の上塗り捏造国家韓国は、まさに砂上の楼閣。動乱は必須で崩壊が、今後のシナリオである。

 犯日教育の輩が、「償い」としか解釈しない日本の助力援助の現実は、これまで散々見せ付けられ、そして、後退どころかますますエスカレートしている。「日本の助力援助」は、「犯日エンジン」の「ガソリン」なのだ!繰り返すのは愚行。国内暴動起因の罪日は強制送還し、防御を固め動乱に備えるのが最善策。韓国自らが蒔いた愚かな種は、自ら摘み取らなければ今後も繰り返す

 韓国人は自転車に乗ると差別(ニセ両班)されるので、62年後の現在も乗らない。日本台湾中国北朝鮮は、自転車に乗る。自転車が無い韓国のみが特異で、「ニセ両班9割」の証拠である。

 これ等は「ニセ両班同胞大虐殺症候群」で、韓国や済州島大虐殺被害者の、怨念である。犯日捏造で小細工の、姑息な隠蔽が続けば、この怨念も永遠に続く!韓国自らが蒔いた愚かな種は、逃げずに向き合い、自らが摘み取らなければ、韓国など無い!

 年表を繰れば子供でも解るこの事実を、日本の識者やマスコミ指摘皆無は、おしなべて、韓国の犬だからである。

在日は被差別民や大虐殺避難民の子孫で罪日が犯日

 終戦後の帰還事業で帰還せずの在日は李朝差別復活を恐れた被差別民で、帰還事業以後の密入国者は、大虐殺や、朝鮮戦争の避難民。犯日の罪日は、これらの子孫。

犯日中朝韓罪日の共通項

 漢人も朝鮮人も他民族(満州族)に支配されていた歴史が長いので、満州族に習い、同様の差別抑圧支配を同胞にも続けた。その結果国など無関心、その場しのぎの拝金唯物カメレオン根性のみが進化し、砂のような人心バラバラ民族となった。なので、国難時に団結などするはずなどない。前掲のように、待ってましたとばかりに我欲権力欲が最優先し、我こそは一番の権力者とばかりに荒しまくり、見境無く老若男女を虐殺しまくるのである。国難に、下克上の我欲争いで同胞を大虐殺する、特異民族である。

自力独立ではなく他力独立

 世界の虐げられし民族(有色や白色)同胞は皆自力独立だが、棚ぼた(米ソの他力)独立が中(凶産ソ連)朝(凶産ソ中)韓(米軍)で、下記のように植民地独立付与宣言には不参加。

大東亜戦争後に同胞大虐殺

 前掲のようには日中・大東亜の戦中よりも、日本終戦後の同胞大虐殺犠牲者数の方が数百倍も多い。

植民地独立付与宣言にも参加

 人類の新秩序1960年植民地独立付与宣言不参加国が中国凶産(1971年から国連加盟)北朝鮮・韓国(1991年から国連加盟)。この三国は、同胞殺しや隣国侵略征服(チベット・新疆ウィグル・内モンゴル・満州・竹島)に明け暮れ、いまだに戦国時代の野獣のままで、人類の新秩序「互恵」を知らない。そして、この三国と罪日のみが、人類唯一の犯日である!もちろん、蒋介石国民党中国(台湾)は、1971年まで国連加盟なので、植民地独立付与宣言賛成国である。

侵略者日本を破って独立と捏造し敵国日本犯日教育での人心懐柔が犯日の理由

 前掲のように侵略者凶産党是には、「互恵・平等・助け合い」など無い!「捏造・侵略・差別」があるのみで、仮想敵を絶えず造り、人心懐柔するのがカルト凶産党である。

 同胞大虐殺で人心バラバラ国民結束の即効薬が、隣国の敵国化で、歴史を捏造して犯日教育を開始し、李承晩ラインや竹島火事場泥棒占領で、国内から国外へ国民の目をそらした。罪日も帰還事業や密航避難民を捏造し、強制連行と子供に教えた。「愛国無罪」、「独島や慰安婦」、「強制連行」教育となって現在に至る。犯日理由は、同胞大虐殺隠し。

 朝鮮人、特に日本撤退と同時に族譜捏造、李朝差別復活ニセ両班9割の韓国は、同胞大虐殺の負い目と、被差別民劣等感のカタマリ中の塊、偏執狂である。最近難癖を付け続ける米国韓国族や日本の罪日は、日本を貶めた捏造碑作りに懸命だ(ナチスのユダヤ人虐殺と混同した捏造碑2012年10月18日)。慰安婦被害者と捏造して同情を集め、戦勝国になるのが夢なのかな?賎民根性丸出ししての、出自自白である。捏造碑は天への唾棄で、やがて子孫に降りかかるのを考えない、愚か者である!

罪日の犯日教育理由

 密出国密入国の犯罪者で、前科を隠蔽するために、子供に「強制連行」と教育した。在日は同化し「犯日ではない」。

 罪日正体は、虐殺避難民ではなく、建国時逃亡の裏切り者で、贖罪意識での日本非難、祖国(韓朝)マンセーなのである。真の虐殺避難民は、祖国(韓朝)マンセーや「母の国日本、父の国朝鮮」などと、口が裂けても言わない。

手先となったスパイ亡国奴職責者

 戦後復職の東大京大赤化教授等が母体となり、NHK、中帰連、「中国の旅」の本多勝一と朝日新聞、社会党、靖国不参拝中曽根、「慰安婦」吉田清治と朝日と日弁連らが犯日助力したため、犯日に拍車をかけた。国民の耳目を託した職責者がこんな有様なので、WGIP被洗脳のままの日本国民は、なす術が無く、「愛国無罪、尖閣侵略、竹島基地化、慰安婦証言のみで日本断罪」等のゆすりたかり、難癖犯日し放題の国難となった。

 人心バラバラでが、支那と朝鮮の正体。砂上の楼閣が中朝韓の国と言える。人間としては一歩手前の亜人間なのだが、報恩も無知なので、報恩を知る忠犬以下!世界に冠たる特異民族中朝韓罪日の亜人間性共食い同胞大虐殺は、有色人の面汚し似て卑なる者である。

 自国民洗脳懐柔用妄言(自国は絶対正しく日本が全部悪い)が、U1速報には刻々満載である!

世界中で中朝韓罪日のみが難癖の靖国参拝や教科書記述は内政干渉

 民主党の鳩山菅野田前原岡田等の内政干渉是認発言、「靖国参拝は、中朝韓罪日が反対なので不参拝」では、独立国家では無く隷属国家。日本は何時から隷属国に成り下がったのだ?

 中曽根が中国の難癖に屈し不参拝、靖国参拝を「日本叩き」の小道具にしてしまい、凶産中国の傀儡と化した自民党田中派が、国会議員に蔓延(宮沢河野小沢野中等)させた。朝韓罪日がすぐさまマネをして追随、現在は教科書記述にまで内政干渉がエスカレートしてしまっている。

 中朝韓の顔色うかがいの弱腰外交が現在の国難を招いたのだ、「内政干渉」の是認は隷属国で、独立国家では無い!

 仮想敵日本とし、日本を悪とする捏造犯日教育国家の難癖は、確信犯で際限が無い。「内政干渉」と「一喝」し一線を画せば、収まる。教科書記述等の難癖も同じである。

 

汗と涙の手弁当ネチズン資料をやっと追試し始めた職責者

2012.10.17「筑波大学大学院教授・古田博司 日本軍と戦わない屈折が反日に」抜粋

 中国の野蛮と韓国の野蛮が世界を騒がせている。彼らは日本人が面子(めんつ)をけがしたと言っているが、彼らはウソをつくことを恥と思わない。ウソや虚構が後戻りできないほど否定されたときに初めて恥を感じ、元の面子を取り返そうと怒りだし躍起になるのである。

≪韓国の近代史に対日戦なし≫

 近代史上、韓国は日本軍と戦ったことがない。韓国が主張する戦いは1920年の青山里戦闘1回きりで、敵は朝鮮人匪賊だった。当時の満州には、このようなアウトサイダーがあちこちにいた。対日戦争を独立戦争として戦ったのは北朝鮮の故金日成国家主席と仲間たち(凶産ソ連の手下)だけだ。青山里の戦闘で勝ったというウソを定着させようと韓国は骨を折ってきたが、戦場に残ったのは日本軍であった。敗けた方が戦場に残る道理はない。――7につづく⇒

真実史観思索回路欠落の河野談話や菅の『朝鮮王朝儀軌』返還は子孫への禍根

思索回路欠落の河野談話やの『朝鮮王朝儀軌』返還は子孫への禍根

≪中共軍は延安に敗走しただけ≫

 中国人で日本軍に正面戦を挑んだのは、国民党軍であり、共産党軍ではない。(日本の)中国研究者たちは1990年代後半から、戦いを主導したのは共産党だという恥ずべきウソに加担したが、今では正常心に戻っている。中国にいた日本軍を勝者として武装解除したのは、国民党軍であり、満州の方を武装解除したのは、旧ソ連軍である。共産党軍は日本軍の武器をソ連軍から供与され、この火力で戦後、国民党軍を台湾にたたき出した。

 共産党軍が主張する戦いは、40年の百団大戦ぐらいのものだ。国共合作で国民党の援助を受けながら大敗し、その後、執拗(しつよう)な日本軍の追撃を受け、党内でも批判された。中共の主力部隊が延安の山に逃げたことを、彼らは「長征」というが、征服した地はない。「長遯(ちょうとん)」がふさわしいだろう。満州にいた中共軍は44年までに、日本軍によって全滅した。第二軍の一司令官だった金日成氏は40年頃、国境を越えソ連領に逃れている。――

 韓国は日韓併合は強制であり、不当だと言った。だが、当時の李朝の国庫は空であり、どうしようもなくなった王が日本の提案に妥協し5人の大臣に丸投げしたという史料が、3カ所から出てきてしまった。国権強奪はなかった

 土地収奪はソウル大の経済史教授が否定した。日本時代は、韓国に年率3・7%の経済成長をもたらし、民法典を与え所有権を確定した。確定した側が所有権を無視し、土地を奪うはずがない。朝鮮で取れたコメは経済原理に則(のっと)って日本に輸出されたのだと、教授は主張した。台湾の植民地統治は成功だったが、朝鮮のは失敗だったという、日本の左派学者たちの韓国の反日擁護の構図は崩れた

≪自らの正義の記憶ない悲哀≫

 ――日本軍と戦わなかった者たちは自らの正義の記憶がない。中国は南京事件を捏造(ねつぞう)する日本の市民派新聞に飛びつき、韓国は従軍慰安婦のウソに搦(から)め捕られた。日本の左派知識人やマスコミは結局、彼らの卑劣さを助長したのである。

 ――歴史共同研究で話し合えば共通認識が得られると思い込んでいる人々がいる。だが、事実を明らかにする資料を示すと彼らは怒る。その時に初めて恥を感じ、面子を取り戻そうとするからである。日本側はウソ自体を恥じる。だから研究して会議に臨む。「恥と面子の平行線」である。第二期日韓歴史共同研究委員会では、日本側が韓国の歴史教科書の元ネタが日本であることを実証した。その時、韓国側が「こんなこと、韓国の学界に知れたら大事になるぞ」と叫んだ。面子ゆえに、彼らはいつも戦わずして屈折するのである。

 

孫崎享東大法卒外務官僚の正体(丸暗記のみで思索回路皆無かスパイ)とスパイ工作自白韓国

2012年10月18日1年ほど前に出版された本がアマゾンのベストセラーになるのは異例

亡国奴孫崎享(聖人気取りで錯覚病患者)韓国でうける

2012年10月21日日本の領土紛争孫崎 享(まごさき うける)著1万2千500ウォン

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) 日本よ、他人の土地これ以上むさぼるな…「日本の領土紛争」

 

2012年10月19日次から次と際限が無い韓国の幼稚な難癖

 海外に流出した生物標本の中で国内にない1種標本をはじめとする半分が日本にあることが調査で分かった。

 環境部が18日、国会環境労働委員会ホン・ヨンピョ(民主統合党)議員に提出した国政監査資料によれば外国に流出した韓半島産生物標本は2万4772点で、このうち日本だけで1万2569点が所蔵されていることが明らかになった。

 これは環境部が2008年から米国・日本・ハンガリーなど国外7カ国24機関を訪問して調査した結果だ。

 日帝強制占領期間に日本に流出した鬱陵島(ウルルンド)固有種の‘タケシマホタルブクロ’も‘竹島’という学名で登載され生物主権が蹂躙されている。」と指摘した。

 1916年絶滅したことが分かった‘カンムリツクシガモ’は全北(チョンブク)群山(クンサン)で世界で初めて発見されたが国内には標本がなく日本に標本があると明らかになった。

ソース:2012/10/18ソウル新聞(韓国語) 海外流出生物標本半分日所蔵、絶滅した1種含む

「海外に流出した」や「国内にない」ではなく、韓国は標本作りをしなかったので元からなかったか、日本や他の外国人が作ってあげたが、朝鮮戦争でその標本を失った。

 現在「日本にある」のは、日本人や外国人が採取した標本を持ち帰り、大事に保管したからで、「外国に流出した」からではない。絶滅種保存を感謝もせずに、「流出呼ばわり」は、あまりにも身勝手な無知の自白。

 発見し新種となれば、命名権は発見者に有る。国際常識欠如の白状。

 絶滅種が保存されていたのなら、まず感謝であろう。無知無礼な輩である。

思索回路が欠落の河野談話や菅の『朝鮮王朝儀軌』返還は子孫へ禍根を残した

 朝鮮統治時代に、朝鮮半島に設置された朝鮮総督府や個人収集家の文化財購入や寄贈を通じて、『朝鮮王室儀軌』等多数の文化財が日本へと渡った。

 1965年、日本は「歴史的な関係を考慮して」、日韓基本条約で「文化財及び文化協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」を結び、およそ1300点の文化財を韓国側へ引き渡し、日韓間に関しての法的問題は最終的に決着した。日本が保管していなければ、朝鮮戦争で失っていたであろう文化財は、両国合意で返還された。残としてある文化財は、両国合意の結果なので、購入や寄贈と明白に推察出来得る。

 ところが韓国政府は、慰安婦と同様に「当時の調査から漏れていた」として、日本にある6万点あまりの朝鮮半島の文化財の全てを、「略奪文化財」と決め付けて「還収すべき」と迫った。現在海外に在る日本の文化財(浮世絵、古文書、日本画、陶磁器等)全てを「略奪文化財」と決め付けて、「還収すべき」と言っているようなもので、暴論韓国定番の際限なき難癖開始である。

 この難癖に河野洋平同様に乗ったのが、同類の思索無き愚人、菅直人である。菅直人は談話で、「文化を奪われ」と言及し、「略奪文化財」と認めた発言をし、返還した。「略奪文化財の奪取」という韓国難癖の小道具を、新に与えてしまったのである。

 今後ますます慰安婦同様にエスカレートするだろうと、子供でも予測できる。思索回路が欠落の欠陥人が、子孫にあらたな禍根を遺したのである!

 残りの文化財は正規購入や贈答品なので、今後は返還禁止

 前記標本難癖も、同じ轍、踏んではならない

尺度が人種差別上下優劣のみで平等互恵皆無の特異人は世界の嫌われ者

2012.10.01 タイ 韓国人の驕った態度や暴力振るう粗暴さに悪評との証言

 一連の竹島問題などをめぐって日本人の「嫌韓感情」に火がついている。しかし、嫌韓は日本だけではなくアジア各地にも広がっている。タイとインドネシアでの例をジャーナリストの山村明義氏が紹介する。

 * * *

 タイでの韓国の評判は芳しくない。タイ駐在員の一人はこう語る。

 「親日国・タイでは、2002年に“韓国には絶対に行くな”という批判がテレビで放送されました。タイのテレビ局報道部の女性幹部が韓国へ家族旅行した際に、仁川空港で入国を拒否され侮辱された、という内容でしたが、タイ国内でも、韓国人は女性を含めて、自分より弱者を虐げる傾向があります。いまでも一部の韓国人の驕(おご)った態度や、すぐに暴力を振るう粗暴さは評判が良くありません」

 さらに遠洋漁業の乗組員が多いインドネシアに関して、最近ニュージーランド政府が発表した調査報告書がある。韓国の遠洋漁業船の中で、韓国人がインドネシア人漁民を低賃金で働かせ、暴力で虐待していた、という内容のレポートだ。

 「本調査団に提起された抗議は、ある一つの国に対するものである」と韓国を名指しで書いていた。「インドネシア人の漁船乗組員の多くが、韓国人のことを嫌っているのは確か」(船舶会社社員)という。※SAPIO2012年10月3・10日号

生活保護受給世帯2万7035世帯(韓国人・朝鮮人)が全体の3分の2

2012/10/01外国人受給世帯4万世帯超22年に最多更新

 今年度の生活保護費が当初予算で3兆7000億円に達し、不正受給に対する厳罰化など給付適正化の議論が進む中、生活保護を受けている外国人の世帯が4万世帯を超え、過去最多を更新したとみられることが30日、厚生労働省への取材で分かった。日本に永住、在留する外国人の数は横ばい傾向だが、新たに生活保護を受ける外国人世帯は増加している。

 厚労省によると、平成22年7月現在、外国人の生活保護受給世帯は4万29世帯で、前年同期約5千世帯増加した。昭和32年から始まった世帯別の統計では、41~61年は外国人の統計が残っていないものの、外国人受給者の推移などから、これまでに4万世帯を上回ったことはないと推定され、22年に過去最多を更新したとみられる。外国人が世帯主の受給者数は6万8965人(22年平均)だった。

 法務省の統計では、日本に永住、在留する外国人は215万人前後でほぼ横ばいで推移。平成17年から20年までは年約1000世帯のペースで受給世帯が増加していたが、21年に前年同期比約4千世帯増。近年は特に増加傾向が加速している。

 国籍別では、韓国・朝鮮人(2万7035世帯)が全体の3分の2を占め、次いでフィリピン人(4234世帯)、中国人(4018世帯)と続いた。

 

日本の職責者の職責不履行とならず者(犯日教育中朝韓罪日)の狼藉年表

詳細は1天皇靖国不参拝合祀に非ず犯日団思想戦英霊愚弄に慰霊の言葉喪失参照。慰安婦問題詳細年表は別項。

昭和27(1952)年1月韓国李承晩ラインを設定し、武力で日本人を殺して日本の領土竹島を軍隊により支配し、違法に居座った。講和条約発効3ヶ月前の、火事場泥棒である。仮想敵国日本とした李承晩は、捏造反日教育で、李朝差別の同胞大虐殺追求の目を外敵日本に向けることで、人心を掌握した。

昭和27(1952)年4月28日サンフランシスコ講和条約発効。日本独立戦犯釈放運動が全国に広まり、当時の成人のほとんどいってもよいくらいの四千万人もの署名が集った。

昭和28(1953)年戦犯の赦免に関する決議が、社会党や共産党まで含めて一人の反対もなく国会で決議された。力道山日本プロレス協会設立。プロレスはほとんどが八百長芝居の見世物なのだが、真剣勝負であるかのように放送し、国民は熱狂した。TVは捏造から始まったのである。

昭和28(1953)年NHKTV放送開始。一億総白痴化の開始。

昭和34(1959)年IOC総会で、欧米白人国家(アメリカ10票オ-ストリア9票ベルギー5票)を破り、日本大差の34票で圧勝、1964年東京オリンピック開催決定。前哨戦のIOC委員団東京視察の際は、昭和天皇自らのプレゼンテーションで、招致要請。戦後わずか14年、有色人国家初のオリンピックである、世界は蜂起日本と認識していた。ここには現実と対峙し、摘み食いなどせず清濁併せ呑む、生の日本人と、生の世界人が居た。検証回路絶無の記憶器、贋賞大江や石原都知事愛国モドキ等の、現実界乖離の仮想界など、皆無。

昭和34(1959~60)年安保闘争。凶産工作員(共産党、社会党)や赤化大学教授が学生を洗脳し、扇動した。

昭和35(1960)年に、第15回国連総会で、アジア、アフリカ43カ国による共同提案が採択され、植民地を保有することを不法行為(植民地独立付与宣言であると宣言。賛成89、反対0、棄権9カ国(主要宗主国の英米仏、ベルギー、ポルトガル、スペインと、南アフリカ、オーストラリア、ドミニカ)。その後、国連総会が植民地の保有を犯罪として規定すらした。開闢以来延々と続いた最適者生存の、弱肉強食本能の食民治主義(唯物主義)、独占貿易は破壊され、先人の旗印、自由貿易共存共栄平等に基づく新秩序(唯心主義)が創造され現在の平和がもたらされた。

「賛成89、反対0、棄権9(主要宗主国の英米仏)」侵略者は宗主国連合軍。日本は侵略者に非ず、蜂起軍であることを世界が証明した。

昭和37(1962)年キューバ危機。キューバ危機時の国家安全保障会議で、ケネディ弟がケネディ兄(大統領)に渡したメモ。「私は、真珠湾奇襲を決断した時の、東条首相の気持ちがよく分かる」。13日間キューバ危機回顧録・ロバートケネデイ・中公文庫・2007.11.

昭和38(1963)年韓国朴正熙大統領就任。以後87年まで軍事政権。

昭和39(1964)年 最後の戦犯(中帰連)が帰国。中国狂惨党が捕虜の日本兵を洗脳し、日本に帰し、反日、狂惨化運動(赤化)。中国凶産の工作員中帰連が語る能動戦争が、南京731慰安婦百人斬り泰緬鉄道「戦争体験出前噺」等の、捏造起因となり、半端者仮想界や凶産教授や教諭が扇動、韓国北朝鮮罪日、迎合金儲け証言者が便乗した。現実界は復興に多忙なため、同胞の報道ゆえに、信ずるしかなかった。文系最高学府が、半端者凶産教授に占領されたのが原因。

昭和39(1964)年10月10日東京オリンピック開催。以後現実界、すさまじき実事求是での隆盛。仮想現実界これで踊り狂い、「公」から「私」へ邁進し現実界から乖離、捏造三昧で堕落化、日本存亡の危機となる。

昭和40(1965)年韓国朴正熙日韓基本条約締結

昭和40(1965)年日本韓国へODA1998年度まで有償資金協力6,455.27億円、無償資金協力47.24億円、技術協力実績239.94億円もの経済援助開始。愚民化捏造政策なので、非公開、韓国国民は一切知らない。

昭和40(1965)年中国チベット占領文化大革命で同胞大虐殺開始。大虐殺開始以後中国国民の目をそらせるために、朝日新聞を占領し、歴史を捏造し本格的に日本叩きを開始した。

昭和43(1968)年6月小笠原諸島返還。

昭和45(1970)年10月21日朝日新聞広岡知男社長中国政府の意向に沿った記事を書くことを公言。(犯日作戦開始)

昭和46(1971)年6月17日沖縄返還協定調印

昭和46(1971)年日中国交樹立直前の1971年(昭和46年)8月末より朝日新聞紙上に掲載された本多勝一記者の『中国の旅』。中国側の、言うがまま、無検証報道。朝日新聞南京虐殺犯日キャンペーン展開。(日中国交樹立の主導権を握るため、朝日新聞と凶産党犯日作戦プロパガンダ開始)

昭和47(1972)年5月15日沖縄返還。 密使、若泉 敬の尽力は忘れてはならない。

昭和47(1972~74)年7月7日田中角栄首相終戦時27歳。民欺党小沢一郎まで続く私利私欲派閥議員時代の開幕で、拝金児遊官主党、民欺党の始まりである。官僚もこの辺から私利私欲に走るように成ったのではないか?天下り先の巣作り開始が始まりである。以後理念無きマスコミに洗脳され、政治理念無き政治家続出となり、理念が金に変化、2012年、戦後67年に至る。仮想界政治屋の真空時代の始まり。ここから御用聞き政治屋となり、政治家(思索家)は皆無

昭和50(1975)年8月15日三木首相参拝。他虐偽善者三木首相が、八月十五日の参拝を「首相としてではなく渋谷区南平台の一住民三木武夫として参拝します」と公式参拝ではなく私人としての参拝を力説。これ以後、公人私人などという特異な議論が、他虐偽善者マスコミの世界を支配するようになった。天皇は日本の象徴公人である、公人たる天皇は参拝しにくくなった。中朝韓罪日の難癖原因を、このような政治屋(職責不履行屋)が、発芽さした。

昭和47(1972)年9月 日中共同声明調印 中国共産党の卑劣な外交下での国交回復である。田中角栄首相(終戦時27歳)、周恩来首相(1898年生まれ終戦時47歳歴戦のつわものである)と調印。かっての誇り高き中国(清)ではなく相手はギャングと同じ凶産、凶産と実体把握無き調印は、無知の調印で、あらゆることに難癖を付ける、始まりとなった。私利私欲検証能力皆無、無知の始まりである。

昭和50(1975)年11月20日富田朝彦宮内庁長官が参議院で、明日の天皇靖国参拝は公人か私的行為かと厳しく糾弾された。吉国一郎内閣法制局長官は、憲法違反とまで言えないが、「第20条第3項の重大な問題になる(国の宗教活動の禁止)」と発言。神仏混交錯誤のj始まりである。神道は宗教に非ず。参照1神道は人間人造の宗教に非ず神社母は地震津波風水火山創造主災害

昭和50(1975)年11月21日昭和天皇終戦30周年の靖国参拝。これ以後参拝無し。

昭和51(1976)年中国周恩来、毛沢東死去、4人組逮捕で、文化大革命終焉。4月5日天安門事件①(民主化運動の原点)。二大巨頭の逝去で求心力を一気に失った凶産は、国民懐柔のため、言い成りの日本を仮想敵国とし、さらに犯日強化。

昭和52(1977年)年中国小平復帰。

昭和53(1978)年10月17日「昭和殉難者」としてA級戦犯14人が靖国神社に合祀

昭和53(1978)年10月23日小平副首相、中国から初めての来賓として来日。「入江相政日記」「・・・竹の間で『不幸な時代もありましたが』とご発言。鄧氏は『今のお言葉に感動しました』と。これは一種のハプニング・・・」両者共に、戦国時代を踏まえての発言である。

昭和53(1978)年10月25日鄧小平(副首相)の「尖閣列島棚上げ論(日本記者クラブ記者会見)」

 「尖閣列島は、我々は釣魚諸島と言います。だから名前も呼び方も違っております。だから、確かにこの点については、双方に食い違った見方があります。中日国交正常化の際も、双方はこの問題に触れないということを約束しました。今回、中日平和友好条約を交渉した際もやはり同じく、この問題に触れないということで一致しました。中国人の知恵からして、こういう方法しか考え出せません。

 というのは、その問題に触れますと、それははっきり言えなくなってしまいます。そこで、確かに一部のものはこういう問題を借りて、中日両国の関係に水を差したがっております。ですから、両国政府が交渉する際、この問題を避けるということが良いと思います。こういう問題は、一時棚上げにしてもかまわないと思います。10年棚上げにしてもかまいません。

 我々の、この世代の人間は知恵が足りません。この問題は話がまとまりません。次の世代は、きっと我々よりは賢くなるでしょう。そのときは必ずや、お互いに皆が受け入れられる良い方法を見つけることができるでしょう」。

 鄧小平の「双方はこの問題に触れない・一致」は、凶産中国の一方的な言いがかりである「釣魚諸島領土問題」を取り下げたので、「双方はこの問題に触れない(中国は取り下げて触れず、日本は中国が取り下げたので触れず)」で、「一致」したので、「尖閣列島棚上げ論」で「一致」したのではない。

 「尖閣列島棚上げ論」は、「尖閣列島日本領有に問題有り」として俎上に日本を引き出すための、鄧小平の狡猾な小道具、切っ掛け(難癖)」である。

昭和54(1979)年から日本中国へODA有償資金協力(円借款)を約3兆1331億円、無償資金協力約3兆円以上、合計総額六兆円以上の巨額な経済援助をし続けている。愚民化捏造政策なので、非公開、中国国民は一切知らない。日本凶産化工作資金を与えたのと同じ。表では笑顔で友好、裏では破壊工作が凶産の正体である。

昭和54(1979)年 韓国朴正熙大統領射殺される。

昭和55(1980)年 韓国クーデターで全斗煥軍事政権

昭和55(1980)年悪魔の飽食(あくまのほうしょく)は、満州国で731部隊が行っていたという人体実験の実態を詳しく書いたとして、話題を呼んだ。森村誠一(作家)が下里正樹(しんぶん赤旗の記者で当時共産党員)の取材で書いた本、彼らはノンフィクションと言っている。日本共産党のしんぶん赤旗日曜版で1980年代に連載され、後に光文社より単行本として出版(1982年)された。中国凶産党犯日作戦プロパガンダである。

昭和57(1982)年中・韓両国に対する鈴木内閣の屈辱的な土下座外交。『閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本』・文芸春秋

昭和57(1982)年教科書検定で政府が「『侵略』を『進出』と書き変えた」と朝日新聞の誤報事件。中国が抗議。内政干渉の始まりである。朝日新聞が凶産のスパイ化し、本格活動開始し、難癖の元造り

昭和58(1983)『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』(吉田清治著三一書房)金儲け目的の捏造本。

昭和58(1983)中国小平主席

昭和59(1984)年昭和59年8月4日付け夕刊(朝日新聞大阪本社版)「南京大虐殺」でっちあげ報道。

昭和59(1984)年昭和59年10月31日付け毒ガス戦朝日新聞でっちあげ報道。 

昭和60(1985)年7月朝日新聞「反靖国」キャンぺ―ン展開。8月14日初の靖国参拝反対声明発表。朝日新聞と人民日報が連携しながら犯日反対運動展開。

昭和60(1985)年8月15日中曽根首相参拝「内閣総理大臣たる中曽根康弘が参拝した」と言明し、公式参拝の声明。ところが「A級戦犯も祭る靖国神社への首相参拝はわが国人民の感情を傷つけた」として中が激しく抗議してきた。これに屈して、中曽根首相は春秋の例大祭も八月十五日も取り止めてしまった。中曽根首相が中国首脳の名をあげて「盟友支援のために参拝を中止した」という意味の演説。これが起因で以後犯日拡大。脅しの外交カードと成り、中韓に脅され莫大な援助となる。ここで「盟友支援・・・」などと阿諛追従せず、植民地独立付与宣言」を掲げ、楔を打てば、以後の中韓のゆすりたかり、陛下の参拝中止、犯日団の増長などなかった。亡国奴中曽根は、板垣征四郎の遺族正参院議員に分祀署名書を持たせ、回らせた。東條英機次男輝雄は「(靖国神社からではなく)他国の干渉に屈する形で分祀を認めることは出来無い」と正論で反対、他の6人は同意したが、靖国神社の強硬な反対もあり成立はしなかった(以後は全遺族反対)。輝雄は05年7月29日号週刊朝日にも「合祀されるという情報を、私はどこからも受けないうちに合祀されたわけです。聞いた瞬間、非常にありがたいことだと思いました。もし分祀すると靖国神社が決められたとしたら、私としては非常に残念だけれども、遺族は『それはいけない』という立場にはないと考えています」と、正論を述べている。増すごみは東條家だけ反対と非難したが、議論の余地など皆無の、至論

 己の思想皆無、私利私欲で欲に迎合、現在も懲りずに犯日扇動の風見鶏中曽根は、国賊である。毒饅頭(機密費)を配り世論操作可能だった中曽根の官房長官は後藤田正晴(82~83)、藤波考生(参拝83~85)、後藤田正晴分祀85~87)で、未だに大勲位などと擁護のマスコやナベツネ等は、毒饅頭仲間か?マスコミと毒饅頭の根の深さは、田母神諫言対処が白状、自民党自壊の元凶。8につづく⇒

真実史観凶産中国の犯日教育強力推進者が田邊誠民主党現顧問元社会党委員長

8凶産中国の犯日教育強力推進者が田邊誠民主党顧問社会党委員長

昭和60(1985)年朝日新聞と人民日報が連携しながら犯日反対運動展開の結果、中国は反靖国で中曽根の、以後の靖国参拝を中止させた。以後靖国は、中朝韓罪日の「ゆすりたかり」カードとなった。

昭和60(1985)年(抗日戦争終結40周年中国「侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館」開館。「抗日戦争記念館」の中身はといえば、日本軍の残虐ぶりをひたすら強調しようと探したが見つからず困り果て、しかたなく中国兵の伝統的猟奇的残虐手法を色々展示している。1986年6月4日天安門事件以降の江沢民政権で南京事件は、大々的に宣伝活動に利用され、対日批判プロパガンダのネタとして日本政府から外交上譲歩を引き出すカードとして利用され続けている。30万人から中国の主張する南京犠牲者数は40万人以上と10万人も増加しており、年を追うごとに増加する事は異常である。語るに落ちている。基本条約を締結後、2003年まで、総額三兆円のODA (経済援助)、三兆円の有償援助の、合計六兆円もの巨額の経済援助を中国に与えている最中なのにだ!矜持皆無の国家だ愚民化政策なので、非公開、中国国民は一切知らない

 

凶産中国の犯日教育強力推進者が田邊誠民主党顧問社会党委員長

 凶産中国犯日教育開始の切っ掛け(南京大虐殺紀念館)が、田邊誠民主党群馬県総支部連合会常任顧問元日本社会党委員長。つまり、労働者団体の長が、現在の労働者困窮の原因を作り、労働者自らが、自分の首を絞めた。そして、労働者自らが、子孫の労働者をも奈落の底に蹴落とし、路頭に迷わしたのだ!凶産カルトのお題目、「上悪下善」に、洗脳されたからである。

 労使対立で会社消えれば失職は、当然なこと。どうして子供でも解るこんな簡単なことが、気付き得ないのだ。覚醒せよ!

 「助け合い」が、天災大国日本の歴史で、「助け合い」無しでは、生存出来得なかった。他国の経営者とは完全に異なる。「上悪下善」経営者は日本存続不可で、お題目は「死語」が、日本。

 究極の共産助け合い)で、天災列島日本に適者生存してきた長い歴史が、既に在る。日本は正真正銘の共産(助け合い)国家である。だから「共産はまがい物」で、正体は「凶産」と看破し、反凶戦争(日中戦争では意味不明だが反凶戦争なら意味明白)を展開したのだ。ローマ法王ピオ11世も即座に看破し、日本支援を、全世界に発信した。人類で最初に看破し、反凶を唱えたのが、ピオ11世と日本なのだ。

 この正真正銘の共産助け合い)国家日本を、破壊しようとしているのが、まがい物カルト教凶産なのだ。

 戦後は「上善下悪」でまがい物凶産カルトのスパイと化し、日本の助け合い(究極の共産)、「上善下善」を破壊した。まがい物凶産カルト「上悪下善」の、労使対立(凶産カルトのスパイ)では無く、労使が協調した戦前の、健全な助け合い(究極の共産上善下善)団体に回帰せよ!

 

 南京大虐殺紀念館は、中華人民共和国の博物館。中国での正式名称は「侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館」。日本では、殺と虐殺を同意と考えて南京大虐殺紀念館と呼称。抗日(犯日)記念館の代表として中国共産党により愛国(犯日)主義教育基地に指定されている。

 田邊 誠(田辺誠1992~ )民主党群馬県総支部連合会常任顧問は、衆議院議員(11期)、日本社会党委員長(第11代)を歴任。

 田辺誠は1980年代に南京市を訪れた際、当館を建設するよう勧めた。中国共産党が資金不足を理由に建設は消極的だったので、田辺は総評から3000万円の建設資金を南京市に寄付。その資金で南京大虐殺紀念館が建設された。3000万円の資金のうち建設費は870万円で、余った資金は共産党関係者で分けたという。また記念館の設計日本人が手がけた」元教科書是正訴訟事務局 事務局長 半本 茂
 1982年、田辺の再三の建設要求と破格の資金提供に対し、中国政府の鄧小平ならびに中国共産党中央委員会が、全国に日本の中国侵略の記念館・記念碑を建立して、愛国(犯日)主義教育を推進するよう指示。1983年、中国共産党江蘇省委員会と江蘇省政府は南京大虐殺紀念館を設立することを決定し、中国共産党南京市委員会と南京市政府に準備委員会を発足させた。鄧小平1985年2月に南京を視察、建設予定の紀念館の館名を「侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館」と揮毫。

昭和61(1986)年藤尾正行文相「韓国併合、合理化発言」に韓国抗議。戦国時代力無き朝鮮、寄らば大樹の陰で選択したのが日本、武力併合ではないので世界が承認した。正論発言で→罷免

昭和61(1986)年8月1日「戦場にかける橋」の嘘と真実。岩波書店・永瀬隆志。風土病死を虐待犠牲者、ロウムシャ犠牲15万人(ほとんどが帰省し、事実は多数のみ)、能動戦争と捏造、極悪軍隊と貶め、謝罪することで偽善者ぶる永瀬隆志。迎合金儲け証言者のはしりで、皆騙された

昭和61(1986)年8月15日この年のこの日にも また靖国のみやしろのことに うれひはふかし」は、前年参拝の中曽根首相、一転して不参拝発表当日の、昭和天皇の歌。「この年のこの日にも」が御意、余命を悟られた御詠である。3年後の8月15日を迎えることなく、1月7日に崩御された。「この年のこの日にも(合祀は8年前、この年ではない。終戦後41年も経たこの大事な日におよんでも)また靖国のみやしろのことに(なぜ靖国不参拝に)うれひ国思わぬ輩に参拝の道を閉ざされた嘆き)はふかし」。昭和天皇の靖国不参拝理由は、A項目戦犯の合祀に非ず、中曽根首相等の、凶産の捏造に屈した先人冒涜であることは、明白である!昭和天皇の大御心を、不忠の臣が政争の具にした。その嘆きが御詠となって、ほとばしったのである。

昭和62(1987)年韓国犯日パクリし便乗、8月15日(日本の終戦記念日)韓国ソウル市郊外に日本軍の残虐ぶりをひたすら強調しようと探したが見つからず困り果て、しかたなく朝鮮兵の伝統的猟奇的残虐手法を色々展示した独立記念館開館。日本は1998年まで、有償資金協力6,455.27億円、無償資金協力47.24億円、技術協力実績239.94億円もの経済援助をしている最中なのにだ!矜持皆無の国家だ愚民化政策なので、非公開、韓国国民は一切知らない。国賊風見鶏中曽根の愚行の結果である。表で友好、裏で破壊工作の証拠である。「中国ODA六兆円の闇」青木直人著祥伝社黄金文庫

昭和62(1987)年7月竹下登派(経世会)議員113名の最大派閥となる。私利私欲派閥議員の巣となり、日本国などポイ捨てされ、拝金児遊官主党となった。

昭和62(1987~89年竹下登首相終戦時21歳。

昭和63(1988)年韓国盧泰愚13代大統領韓国民主化政権。もう軍事政権の皮同胞大虐殺を包み隠せないので、仮想敵国日本とし、マスコミ、罪日フル扇動して国家総動員の犯日の皮で、国内の、李朝差別で砂の人心を、掌握し続けている。凶産並みのスポーツ選手強化も、同じ目的。NHK、TBS、TV朝日、毎日、朝日、国会議員等の、思想戦犯日工作員が証し。中国凶産の人心も砂で同じ。スパイ天国、これが日本の実体で、犯日はすべてが、思想戦工作員。歴史捏造韓国ドラマを垂れ流し、日本国民洗脳に必死なNHK(中国凶産と朝鮮と罪日の工作員)とTBS(毎日新聞。罪日と朝鮮の工作員)は、国賊TV朝日(朝日新聞。中国凶産と罪日)と同類の、報道の自由を隠れ蓑に捏造する、思想戦亡国報道社。

注・こんな厚顔無恥な輩が隣国支配なのだ、護憲派や九条の会は工作員、会員は洗脳された愚民

昭和63(1988)年4月22日奥野誠亮国土庁長官「(日中戦争について)日本に侵略の意図は無かった。盧溝橋事件は偶発的と発言」に中国韓国抗議。正論発言で→辞任

 4月28日分祀騒動の発端、富田メモ・卜部日記の日付。

 8月15日全国戦没者追悼式最後の御製やすらけき世を祈りしもいまだならず くやしくもあるか きざしみゆれど」。「やすらけき世」とは、「先人の真実の歴史に目覚めた世」以外には無い!

平成1昭和64(1989)年1月7日昭和天皇崩御

平成1昭和64(1989)年4月17日天安門事件②胡耀邦追悼集会が民主化要求デモに発展し、人民解放軍が発砲、死者二千人負傷者三万人といわれた。総書記が解任され、小平の抜擢で江沢民党総書記。犯日教育政策の後継者として江沢民小平が指名したのだ。

2012年9月27日女性自身中国反日教育のスゴすぎる教科書内容「日本は野蛮な怪獣」

 尖閣諸島の土地を日本政府が購入したという報道をきっかけに、中国各地に広がった反日デモ。日本車のディーラー店や日系スーパーなどは、略奪や放火の被害を受けた。その背景に関して、中国問題に詳しい評論家の宮崎正弘さんが語る。

 「’89年の天安門事件で民主化運動を嫌った江沢民元主席が始めた愛国主義教育が、日本企業への不法行為の根本にあります。この行きすぎた愛国主義が”愛国無罪”といわれ、それを建て前に不法行為を繰り返すのです」

 彼らは、どんな教科書で学んで、教育されてきたのか?

 中国の大手教科書出版社で、人民教育出版社が刊行する高校生用の教科書『中国の歴史』の日本語訳版には、日本人がいかに残虐な民族であるかを記述している。

 《日本軍は旅順で驚くべき大虐殺をおこなった。日本軍は「一箇所に数人の中国人を縛り、槍で突き、刀で身体をこなごなな肉片になるまで切り刻んだ」。西方のジャーナリズムこれを批評して「日本は文明の衣をまとった野蛮な筋骨の怪獣である。日本は既に文明の仮面をとって、野蛮な顔を露呈した」と報じた》(原文ママ)

 この教科書の日本語訳版の出版に携わった関係者は、匿名を条件にこう明かした。

 「中国の歴史教育は戦争の被害を大げさにするいっぽうで、自国の汚点である文化大革命や天安門事件を隠ぺいして、いっさい教えないということです。日中戦争の死傷者数は終戦当時1200万人といわれていました。しかし、江主席の反日教育の下では3500万人にまで膨れ上がりました。数字を改ざんすることで中国政府が、国民を”反日”に洗脳しているのです」

平成1昭和64(1989)年8月江藤淳(1932~1999)著『閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本』・文芸春秋。拡大する犯日捏造史にストップをかけた本。

平成1昭和64(1989)年宇野宗佑首相。愛人の反乱で即刻退陣。一人の愛人さえも大事にできぬほどの能無し首相。 党首土井たか子の社会党参院選大躍進

平成1昭和64(1989~91)年海部俊樹首相なんと!御用聞き弁論小僧が首相になった!小沢一郎傀儡首相

平成3(1991)年『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』(吉田清治著三一書房 1983)の「済州(チェジュ)島にて軍の協力により、慰安婦狩りを行い、一週間で205人の女性を強制連行した」の金儲け目的の捏造本。この捏造本を利用し、朝日新聞「従軍慰安婦」犯日キャンペーン展開。5年後の1996年「あれは創作だった」と著者の吉田清治(よしだ-せいじ)が認めた。

平成3(1991~93)年宮沢喜一首相終戦時26歳。韓国ねつぞう「慰安婦」難癖に対し、検証(思索)皆無で安易に謝罪を繰り返した。これが韓国を増長させ、今日の「慰安婦問題」の発端となった。小沢一郎傀儡首相

平成4(1992)年もし日本戦わざれば、有色人、未だに植民地のままと、マレーシアマハティール首相演説。

平成4(1992)年天皇を政治利用の偽中国凶産の策動に宮沢喜一首相操られ、天皇皇后両陛下訪中。「表で友好、裏で謀略」中国凶産、領海法を制定し尖閣の領有を勝手に定めた。まさに凶産の正体自白である。御用聞き議員との、宮沢喜一の自白である。

平成5(1993~94)年細川護熙首相8会派連合。みこしに乗っていただけの殿様である。

平成5(1993)3月~02年中国鄧小平引退の後を継ぎ江沢民国家主席を兼務。市場解放政策に伴う弊害、民主化要求の根を絶つ目的で、残虐日本と捏造し、子供から大人まで洗脳した。凶産常套手段、敵国と捏造の愛国教育である。

平成5(1993)年8月4日「河野談話」慰安婦関係調査結果発表に関する河野洋平内閣官房長官談話。韓国自称慰安婦の、証言のみを証拠とした脳天気世襲議員の職責不履行談話である。今日の「慰安婦問題」の元凶と成っている。

平成6(1994)年大江健三郎、ノーベル有色人差別(犯日)賞受賞。マハティール首相の真実を語る演説に、伝播を恐れた白人戦勝国は、文学三流犯日一流、比類なき犯日の大江に急きょ白羽の矢、ノーベル犯日(有色人差別)賞を与えた。世界に語る文学など元々無い三流大江は、三流文学ではなく一流の犯日を世界で語り、ノーベル賞の正体白状、もくろみに応えた。効果覿面の思想戦で、岩波書店朝日毎日NHKなどが迎合扇動、国民はノーベル犯日賞に洗脳された。

平成6(1994)年羽田孜首相新生党などの連立内閣。弁論小僧と同類の小沢一郎傀儡首相

平成6(1994~96)年村山富市首相(社会党)終戦時21歳。自民党社会党さきがけの三党連立。なんでも反対の破壊のみが党是の凶産傀儡社会党には、政権党としての構築能力など無い!

平成6(1994)年8月下旬、他虐偽善者村山首相は訪問先のフィリピンとシンガポールで戦争責任問題について謝罪した。マレーシアに迎えて、マハティール首相は冒頭こう切り出した。「日本が50年前に起きたことを謝り続けるのは理解できない。過去のことは教訓とすべきだが、将来に向かって進むべきだ。日本はこれからのアジアの平和と安定のために国連安保理常任理事国入りして、すべての責任を果たして欲しい」。

 また村山首相の6日前にマレーシアに到着した社会党の他虐偽善者土井たか子衆議院議長が「二度と過ちは繰り返さない」「歴史への反省」などと口にしたのに対し、「過去の反省のために日本が軍隊(PKO)の派遣もできないのは残念だ」と切り返した。「ダメなものはダメ」とおよそ非論理的な姿勢でPKOに反対する土井議長に対する痛烈なパンチであった。

 国際貿易で膨大な利益を上げながら、半世紀前の戦争への反省を口実に、ODAをばらまくだけで、世界の安定に対して何ら貢献もせずにいる日本は、「世界に対する責任」を果たしていないとマハティール首相は一喝した。

平成6(1994)年永野茂門法相「南京大虐殺はでっち上げ」正論発言で→辞任

平成6(1994)年桜井新環境庁長官「侵略戦争の意図は無かった」正論発言で→辞任

平成7(1995)年1月17日阪神淡路大震災。死者6300人。戦後最大の災害となった。

平成7(1995)年3月20日地下鉄サリン事件

平成7(1995)年6月、・・・中国の江沢民国家首席は訪中した海部元首相に、ドイツは謝罪し戦争について十分な認識を持っているのに、日本には間違った認識を持っている人がいて、国連安全保障理事会常任理事国入りの障害になるだろう、とドイツを引き合いに出して脅しとも受け取れる言葉を告げた。

 ドイツはWW1怨念戦争で、日本は兵糧攻め脱出自衛戦争。異なる。

平成7(1995)年8月15日他虐偽善者「村山談話」「戦後50周年の終戦記念日にあたって」。この間違った歴史認識が、中朝韓罪日を更に増長さした。

平成7(1995)年江藤隆美総務庁長官「(朝鮮植民地政策に関し)日本はいい事もした」韓国抗議。正論発言で→辞任

平成8(1996)年吉田清治 著書「私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行」の捏造を認める。

平成8(1996~98)年橋本龍太郎首相。親中旧田中派である。

平成10(1998)年日本韓国へODA有償資金協力6,455.27億円、無償資金協力47.24億円、技術協力実績239.94億円もの経済援助、終了。

平成10(1998~00)年小渕恵三首相

2000(平成12)年中国兵の残虐ぶりを日本軍と捏造した、中国人民抗日戦争記念彫刻塑像公園(日本から六兆円もの経済援助を受けているのに、江沢民の指示で、5年と50億かけて完成)。

2000(平成12)年9月日本軍の「従軍慰安婦」にさせられたと主張する中国や韓国の女性計15人が日本政府を相手どって、損害賠償請求などの集団訴訟を、米国首都ワシントンの連邦地方裁判所で起こした。支援したのは「ワシントン慰安婦問題連合Inc」という団体だ。アメリカ最高裁は2006年2月21日「慰安婦の訴え」を却下した。 

平成12(2000~01)年森嘉郎首相

平成13(2001.4~06.9小泉純一郎首相

2003~(平成13)年中国胡錦涛国家主席。軍事委員会主席は江沢民。

平成17(2005)年3月3日異常でしつこい中曽根の分祀発言に、靖国神社見解を発表。「たとえ遺族から分祀要請があっても、分祀せず」。至論である!

平成17(2005)年6月7日京都新聞「中曽根氏依頼で分祀求める。島村農相が靖国神社に」島村宜伸農相は7日の閣議後会見で、中曽根康弘元首相の依頼でA級戦犯の分祀(ぶんし)を靖国神社に求めたことがあると明らかにした。

小堀桂一郎・東大名誉教授は、中曽根元首相の中国に迎合した「靖国・英霊『分祀』論」の誤りを厳しく批判している。中曽根中国外交失敗払拭の為の悪あがきである。

平成18(2006)年2月11日(現地時間)、売国奴読売新聞渡辺恒雄会長は2006年発刊されたニューヨーク・タイムズ(侮日東京支局長ノリミツ・オオニシ)との週末ワイドインタビューの中で、Japan's most powerful media baron(日本の最もパワフルナなメディア男爵)the shadow shogun.(影の将軍)とノリミツ・オオニシ(極端な侮日、親朝鮮で日系カナダ人と称している)にヨイショされての、うぬぼれ成金発言。"I think I can change all of Japan,"「私は、私が日本の全てを変えることができると思う」。ニューヨーク・タイムズ東京支局は侮日朝日新聞と同じ住所。さらに下記のように発言した。

 小泉首相は軍国主義を称賛する聖地(靖国神社)に参拝していると批判。そして東條英機をヒトラーに比喩しながら「・・・小泉、この人は歴史や哲学が分からないのに勉強もしないし、教養もない」と語り、さらに特攻隊に対して下記のように語った。

「・・・日本の右翼は現在、特攻隊を天皇のための自発的な殉教者として称賛する。しかし、特攻隊員が『天皇陛下万歳!』と叫んで勇敢に喜んで行ったというのは全てうそだ。

・・・彼らは、屠殺場の羊だった。誰もがよろめいていた。何人かは立ち上がることさえできず、運ばれて、機関兵達により無理矢理に飛行機に押し込まれた(注・無理矢理なら途中で皆不時着し逃亡、特攻など無かった。現実に特攻はあった、ナベツネ嘘を自白)

 渡辺恒夫1945年、東京帝国大学文学部に入学。同年7月に陸軍砲兵連隊に入隊。同年8月13日除隊。終戦2日前までの、わずか30日程度の陸軍砲兵連隊経歴なのだ。飛行隊でない陸軍砲兵連隊の経歴で、特攻隊の体験を出来る筈など無いし、特攻隊と行動を共にした形跡も無い。語るに落ちている。非生産者は平気で嘘をつく。

2006(平成18)年3月31日胡錦濤主席「小泉首相が靖国参拝を取りやめれば首脳外交をする用意がある」。内政干渉発言。

2006(平成18)4月13日、日本経済新聞の杉田亮毅社長と唐家「王に旋(セン)」国務委員の会見。・・・中日関係は国交正常化以来、これまでにない困難に直面しているが、中国政府と人民は中日関係を重視しており、中日間友好の基本方針は終始変わっていない。・・・われわれは「日本経済新聞」はじめ日本のメディアが、現在の中日関係と中国の対日政策を、日本国民が正しく認識するよう導き、中国関係の改善と発展のために積極的かつ建設的役割を果たすよう期待している。

 杉田社長は、日中関係は現在、重要な時期にあり、日本経済新聞は両国民の理解増進日中関係のため、積極的に努力したいと表明した。(北京4月13日新華社)

 中国国民懐柔洗脳のための犯日がほころびかけたため、凶産カルト中国が、手下朝日を使い再攻勢、韓国罪日便乗。戦後教育の負の遺物、仕掛けに乗った財界と日経杉田社長、負い目払拭中曽根、拝金ナベツネが便乗した。分祀騒動の発端である。凶産カルト相手では、ミイラ取りがミイラは世の習い、赤子の手をひねるようなものである。わずかの真実開扉にうろたえた犯日国とその輩、捏造犯日が暴露、ここが輩の弱点で急所。ここを突ける政治家官僚メディア不在が日本の仮想現実界である。思想戦には思想戦、捏造国家や罪日が恐れる最大の敵は、捏造国家転覆可能、真実史観である。

平成18(2006)年7月17日犯日キャンペ―ン「反靖国」、「歴史と向き合う」犯日歪曲偏向記事を扇動報道。朝日の報道は、少数意見者の「誰々が話した」報道や、日本は再び覇権国家を目指すなどと、あたかも覇権国家であったような表現で、巧妙に森を隠し木を拡大偏向報道する典型的なプロパガンダ(主義の宣伝と訳されるが、ほとんどが捏造宣伝だ)犯日だ。・・・現実は戦争遂行のため資源や労働力の一方的な収奪に終始し、「共栄権」の実態はとぼしかった。・・・多くは現地住民が開墾した農地を接収したものだった。2006.7.17.朝刊

2006(平成18)年7月20日中国外務省のコメント「中日関係の発展にとっての障害が早期に除去されることを希望する」。内政干渉コメント。

平成18(2006)年8月接収された毒ガス兵器を、朝日新聞が、日本軍遺棄と捏造犯日報道。中国が接収したので、接収後は中国の責任、日本軍に責任無し。

平成18(2006)年8月20日運命の旅路~元通訳兵の戦後~岡山放送第15回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品。・・・岡山県倉敷市に住む永瀬隆さん(88歳)は、今、この泰緬鉄道の世界遺産登録を求める活動を行っている。日本にとってはいわば「負の遺産」といえる鉄道を、なぜ世界遺産登録しようとするのか…。他虐偽善者永瀬隆の捏造証言を、半端者が放送。

 2006年中央公論10月号ナベツネ“加害者と被害者、同じところに祀って同様に追悼顕彰は、不条理”と記し、軍対民の能動戦争と捏造、WGIP鵜呑み無検証工作員自白。

 

平成18(2006.9~07.9)年安部晋三首相

平成18(2006)年10月16日FNP-新聞協会賞受賞

 靖国神社参拝をめぐる昭和天皇の発言メモ報道は、日本経済新聞2006年(7月20日付け朝刊)のスクープでした。「戦後昭和史の大きな謎を解く貴重な新資料の発見」と位置づける識者もいました。各方面に強い衝撃を与える、特ダネでした。2006年10月16日FNP-新聞協会賞受賞

 捏造針小棒大報道、自画自賛、マッチポンプ、狼少年と化した仮想現実界、異常を語って余りある。捏造が賞を受賞とは、「嘘を事実にするために、新聞協会賞を与え権威付けし、既成事実を作り、本物のように擬装した」。国民は愚かではない、とうに見切っている。捏造し印象操作までする仮想現実界捏造団、自己崩壊は間近だ。9につづく⇒

真実史観NHKや民放や記者や日弁連等は中朝韓罪日に弱みを握られ尽くスパイ化

NHK民放新聞記者日弁連等は中朝韓罪日に弱みを握られことごとくスパイ化

平成18(2006)年10月25日朝日新聞豊 秀一「歴史と向き合う」共栄圏 後付けの大儀「本音は資源」日本兵ら苦闘(敵に資源封鎖され餓死寸前の日本。国民生存のための奪還作戦は当然だろう!朝日記者は狂っている)。またまた朝日新聞、WGIP善悪史観軍対民能動戦争と捏造、朝日はか弱き国民の味方と報道。朝日新聞等の捏造の歴史はほんの一部を年表にしたに過ぎない。記者の正体半端者詐欺師の証拠は、新聞縮刷版に明確に打刻され、溢れている。

2007(平成19)年7月30日「従軍慰安婦」問題。2007年7月30日に慰安婦問題で日本を糾弾する決議案を可決。これも(抗日連合会)がマイク・ホンダ議員(民主党・カリフォルニア州選出)を操り仕掛けた。アメリカは負い目払拭のため追随した。

平成19(2007)年8月12日NHK水木しげる原作の「ドラマ・鬼太郎が見た玉砕」。受動戦争を能動戦争に捏造。玉砕せよと命令した極悪日本軍と捏造放送。

平成19(2007)年8月NHKスペシャル「パール判事の真実」。パール博士、ガンジー、ネルーも、インパール作戦までは、日本を侵略者としてみていた。戦国時代なので当然で、非常時の常識。そのパール博士の当初の発言をつまみ食いして、放送した。工作員の巣、NHKの証明である。

平成19(2007.9~08.9)年福田康夫首相

平成20(2008)年8月12日朝日新聞日本経済新聞などは東條英機鉛筆書きのメモ報道。このメモは、東京裁判(46年5月~48年11月)で東條の主任弁護人だった清瀬一郎が法務省へ寄贈したもの。後日の東京裁判対策メモは明白なのに、当日のメモであるかのように終戦の8月15日直前に捏造報道した。東條英機鉛筆書きのメモ工作員操作真贋無検証仮想現実界報道作家迎合

平成20(2008)年9月08日産経新聞朝刊【日本よ】石原慎太郎都知事分祀遺族会代表古賀誠に賛同、「靖国再考」で分祀推進。仮想現実界、鵜呑み半端者自白。

以下同類受動戦争を能動戦争に捏造

7月8日日テレスペシャルドラマ 「あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった-カウラ捕虜収容からの大脱走」 戦陣訓を軍命と捏造。

7月17日NHKスペシャル調査報告「日本軍と阿片」。貨幣無き中国でのアヘンは金を隠蔽、日本極悪と捏造。

9月5日NHK「こうして村人は戦場へ行った」~滋賀県旧大郷村徴兵記録~資源無き島国日本本土戦は負けを隠蔽、悲惨だ話しのみを放送。ハルノート受諾し国内戦となっていたら、真反対の証言となっていた。

9月9日NHKその時歴史が動いたシリーズ日本降伏後編8月15日終戦までの道程。戦国時代隠蔽

12月7日NHKスペシャル「最後の戦犯」被害者朝鮮日本極悪

12月24日、TBS「あの戦争は何だったのか」で「310万人が死んだ、だからテレビは伝えてきたその悲惨さを、その愚かさを・・・先に手を出したのは日本・・・国民がほとんど知ることの無かった日本の迷走」と捏造

温室の中で鈍感なNHKは、裸の王様人間動物園報道で終に提訴される。捏造が党是の凶産と、手口はそっくり。執拗に捏造続行のNHKは、根が深い

平成20(2008.9~09.9)年麻生太郎首相

平成21(2009)年4月5日NHKスペシャル「アジアの一等国」人間動物園報道

8月9~11日NHK「日本海軍400時間の証言」WGIP学習迎合証言。

8月10日TBS「最後の赤紙配達人」、NHK「こうして村人は戦場へ行った」の二番煎じ。

8月23日NHK巧凶放送課外授業ようこそ先輩放送。田原は、日本軍全て極悪軍と後輩小学生洗脳。

平成21(2009.9~10.6)年鳩山由紀夫首相

12月6日NHK「真珠湾の謎・悲劇の特殊潜航艇」戦国時代隠蔽。

12月7日NHK「日米開戦を語る 海軍はなぜ誤ったのか 400時間の証言」開戦起因を隠蔽し、悲惨以外皆無の戦争の、悲惨のみを摘み食いし、先人を蹴落とし、金儲けするNHK御用達作家のお出ましである。半藤一利(開戦時11歳・79歳)澤地久枝(開戦時11歳・79歳)は、WGIP学習迎合証言のみが根拠の選り食い売文業、いかに一方的な放送であるかお分かりであろう。

12月8日NHK「クローズアップ現代」軍隊極悪と半藤一利証言

12月13日NHK「証言記録・市民たちの戦争」悲惨だ話の羅列で復讐を扇動し。NHKは復讐扇情証言をまだまだ続け、復讐戦争を訴えるそうである。

平成22(20010)年3月28日21年間人心をかく乱し洗脳したサンデープロジェクト、正体を暴かれ崩壊。TV朝日と田原はほっ被りのまま、現実界の捏造は存亡の危機なのに、仮想界の捏造はこれで済むのか?超甘界は、詐欺師ばかりだ。

平成22(2010)年4月18日NHKスペシャル「韓国併合への道」。李朝差別や大院君や事大の歴史隠蔽、独立運動針小棒大報道、先に殺さなければ殺される戦国時代、自国防衛も519年間中国に事大した属国の、安重根の独立平和論なんぞ、韓国同胞殺し隠蔽目的の洗脳愚民化思想戦の小道具、絵に書いた餅の世迷言、摘み食い偏向工作員報道である。『馬鹿な奴じゃ』これが伊藤博文の最後の言葉。森が見えず、木だけしか見えない安重根NHKは、まさに『馬鹿な奴じゃ』の亡国奴。森を見ての真実史観右記末尾参照⇒1朝鮮南は日本海洋文化圏の一部米の伝播が解明捏造の古代日本史

平成22(2010)年4月18日NHKスペシャル(朝鮮“泣き売”特集)「韓国併合への道」日本と朝鮮半島第一回。工作員の巣NHKなど、一刻も早く潰したほうが国のためだ。工作員に受信料支払いは、亡国奴!1受信料支払い犯罪者中朝韓罪日の思想戦ばら撒くNHK伊藤博文安重根

平成22(2010)年4月25日NHK「上海100年の物語」極悪日本軍と摘み食い証言放送。

 凶産中国韓国北朝鮮の国是が、国内バラバラ人心懐柔目的の犯日、ハニー・マネートラップ、上げ膳据え膳で国賓待遇の御持て成し、国対個人、「公」無き私人は皆これで簡単に舞い上がる。媚中媚韓媚朝の正体である。悪魔の飽食、百人斬り、731、中国の旅等で白状の如く、「公」皆無で拝金の言葉と文字の仮想界、私人と罪日、犯日の巣だ。65年間も捏造し、ここまで日本をバラバラの亡国寸前まで追い詰めて、何が知る権利だ!報道の自由だ!きれい事ばかり摘み食いし並べ、か弱き者の味方を演ずる、正体拝金詐欺師の摘み食い偽善者よ!

 ノーベル平和賞、連帯議長、ポーランド大統領(90~95)ワレサや、マレーシアマハティール首相(81~03)は、復興までの日本精神に感動、来日したが、面影のかけらすらも見られない姿に幻滅、帰国の途についた。

平成22(2010.6~)年菅直人首相

平成23(2011)年3月11日東日本大震災。地震と津波と放射能被害で、阪神淡路大震災を遥かに超え、戦後最大の災害となった。

 石原都知事は14日、記者団に「津波利用して我欲を洗い落とす必要がある。日本人のあかをね。やっぱり天罰だと思う。被災者の方々はかわいそうですよ」と発言した。翌15日、「行政の長であります私が使いました天罰という言葉が被災者の皆さま、国民、都民の皆さまを深く傷つけたことから、発言を撤回して深くおわびいたします」と陳謝した。

 がしかし、戦後最大の災害阪神淡路大震災(1995年1月17日)が村山富市政権下で、更なる戦後最大の災害東日本大震災が民主党菅直人政権下で、社会党民主党、いずれも亡国党。そして中朝韓罪日に迎合し、靖国不参拝等先人冒涜がエスカレートし、真っ最中であった。「不可思議な一致」を感じたのは、石原都知事のみではあるまい。

 職責者は現在も、累々たる職責不履行の山作り、続行中である

 

中朝韓罪日犯日教育底本は凶産偽文書田中メモランダム

 田中儀一首相の上奏文とされた文書で、「世界征服を企てる日本」として1929年中国が世界中にばら撒いた怪文書。ヘレンミアーズ女史も指摘の「資源封鎖で万事休すの日本」が、当時の常識(日本観)なので、偽文書が定説。食民治主義凶産主義(白人支配)に対抗するための大アジア主義(有色人連合)を、世界征服と捏造したのだ。

 手口が、ソ連凶産の当時の手法(ラルフタウンゼントの「アメリカはアジアに介入するな!」)と同じなので、ソ連凶産主導で中国凶産が、世界中の一般国民をも味方にする目的でばら撒いたと、推察できる。

 中国・韓国(当時は清国と属国朝鮮)ともに、攻めなければ攻められた戦国時代は隠蔽し、日本のアジア大陸に対する侵略戦争という、好いとこ盗り偏向史観を事あるごとにもちだす底本が偽文書田中メモランダムで、犯日教育の底本でもある。

 戦後67年間も学究皆無の、日本の職責者(言葉と文字界)も同様であった。犯日教育や偏向史観という捏造に頼らなければ、砂の国民を懐柔できないのが中朝韓罪日なのである。「なぜ?どうして?」と職責を実行しておれば、砂の人心や歴史捏造は、差別や同胞大虐殺の「悲惨な歴史が原因」であることに、子供でもおのずとたどり着く。

 67年間もたどり着けなかったのは、丸暗記回路のみ(思索回路皆無)かスパイが、正体であることを自白している。

尖閣も竹島も慰安婦も自国民捏造洗脳の小道具

 南京虐殺記念館も、柳条湖デモ扇動も、盧溝橋デモ扇動も、尖閣デモ扇動も、戦後の平和条約を破壊し、捏造犯日で国民を洗脳し懐柔し延命を図る凶産の、陰謀である。凶産中国マネル朝韓罪日の竹島も慰安婦等も、嘘(捏造)の上塗り国民懐柔小道具。

 「柳条湖事件は戦後の裁判で日本が仕掛けたものと判明している」と一様に強調報道するマスコミに違和感!満州事変への発端となったで事足り、戦後の裁判云々強調は「日本貶め工作」の洗脳である!

 日本企業の凶産(捏造難癖が党是)中国進出は間違い。職責者(政府教授マスコミ)に重大責任あり。元凶、「言葉と文字界」とキャリア官僚と司法界再編成(丸暗記から思索へ)は、日本新生の必須項目!

劣等感の塊りの特異民族中朝韓罪日と思索回路皆無の日本職責者

 犯日教育国家は尺度が日本とは真逆で、平等互恵など皆無、優劣上下の尺度(劣等感の塊り)のみが、特異民族(中朝韓罪日)の正体。ODAや支援(互恵)は、「これは日本の謝罪献上品(戦利品)」で、「わが民族は優位(上下関係上位)」に立ったとしか教育せず、日本の思いとは逆に、日本を見下し増長(盗り放題)した。犯日教育の国民は、「謝罪して賠償するほどヒドイことをしたのだ日本人は」としか理解せず、逆効果の仇となった

 この中朝韓罪日と同類(思索回路皆無)の、日本職責者(看破不能)が助長し、現在の、難癖尽くしの中朝韓罪日対、日本の対峙となった!

職責者の職責不履行戦後最大の犯罪でもし戦争となれば第一級戦犯

 凶産スパイの「日中友好」や「政冷経熱」に浮かれ、単に日本の技術と資本がほしい中国に踊り、現地法人は平成22年度で5500社を超えている。職責不履行スパイの成果である。

 東大京大NHK朝日毎日等国民に耳目を託された職責者が、中朝韓罪日の正体を看破して国民に開示しておれば、竹島も尖閣も友好の美称で先送り(日本化)などせず、中ソ凶産砦韓国の竹島は、凶産ソ連崩壊(1991年)後即座に、尖閣は、日中共同声明(1972年)時に、明確に対処していた。

 もち論、条約破りの中韓訴訟ラッシュも慰安婦問題も生じなかった。結果、中朝韓罪日の犯日教育も無く、中朝韓罪日を増長させることもなく、日本凋落もなかった。現在の日本への、中朝韓罪日難癖尽くしも、当然ない。耳目を託された職責者の職責不履行は、戦後最大の犯罪で、もし中朝韓と戦争となれば、第一級の戦犯である。

 報道規制する「中朝韓」には、「本音(真実)を言わない書かない」日本の「言葉と文字界」!言い訳は、「機嫌を損ねると次の取材が出来なくなるから」と一様にオウム返しだが、正体ははスパイか、「嫌われたくないからの我欲」にすぎない!

 福沢諭吉脱亜論、ヘレン・ミアーズやラルフ・タウンゼントの著作、林房雄大東亜戦争肯定論等に学ばず、戦後67年間も職責の学究もせず、ただ飯を食らい、WGIPの丸暗記を繰り返していた(スパイも居た)のが、WGIP丸暗記の職責者である。職責者が、常識(基準)回路が無い異常者かスパイが原因である。断罪し根絶、繰り返してはならない。

「スパイ防止法案」に反対した日本の異常な職責者

 スパイ防止法立法急げ!媚中媚韓「言葉と文字界」スパイだらけだ。もちろん反対者はスパイである。

 国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案は、1985年の第102通常国会で、自民党所属議員の議員立法として提出されたが、第103臨時国会で、審議未了廃案となった法律案。通称「スパイ防止法案」。

 スパイを防ぐ法律の必要性は、自民党内において1980年代前半から活発に議論されるようになり、当時の内閣の元でその気運が高まった。しかし本法案が一般国民の権利制限に直結する法律であることや、報道の自由が侵害されることに対する懸念と称し、大多数のマスメディアが反対に回った。そのため、政府は内閣法案として提出することを断念したが、通常国会の閉会を間近に控えた1985年6月6日、伊藤宗一郎ら10名が衆議院に議員立法として法案を提出した。

 これに対し、当時の野党(日本社会党・公明党・民社党・日本共産党・社会民主連合他)は断固反対を主張。法案は継続審議となるが、10月に開会した第103臨時国会でも野党は徹底して審議拒否を貫き、12月21日の閉会に伴い廃案となった。

反対は朝日新聞日弁連同類丸暗記族自民党内谷垣禎一

 この1985年.は中曽根首相の靖国神社初の公式参拝の年でもあり、(凶産傀儡)朝日新聞による反対キャンペーン報道が、「スパイ防止法・靖国参拝」両面から行われ、野党・労組団体あげての連動した反対運動が展開されて、スパイ防止法は廃案、靖国参拝は翌86年の参拝が見送られることになり、以降、首相の公開参拝は自粛された状況がつくられてしまった。

 スパイ防止法は翌1986.11にも再提出されたが、自民党内の日弁連に関係する議員の反対で頓挫してしまう。このときの反対派主要議員のひとりが谷垣禎一であった。

 「スパイ防止法」を潰した谷垣禎一財務大臣は1988年4月、中国にて中国人女性売春疑惑で中国公安当局に嵌められた。

2005年12月3日産経新聞『週刊文春』(12月8日号)「谷垣禎一財務大臣中国人女性『買春』疑惑

 「小泉以降」にも重大な影響を与える超弩級(ちょうどきゅう)のスクープといえよう。『週刊文春』(12月8日号)の「谷垣禎一財務大臣 中国人女性『買春』疑惑」。

 カタブツで恐妻家、マジメ人間といわれる谷垣財務大臣がこともあろうに中国で買春していたというのだからただごとではない。

 中国の公安当局が、有力政治家や財界人に女性を近づけ、関係をもったところで脅して、中国側の言いなりにさせる。その女性たちは全員工作員--。

 政財界ではよく知られた話で、親中派といわれる某政治家などもその弱みを握られているのではないかと噂されている。

 谷垣財務大臣もまた中国公安当局の工作にはまったのか?

 『文春』が入手した「中国駐在商社員等に対する摘発・国外退去事案(情報)」リストによると「事案」は1~11までの数字が打たれ、具体的なケースが記載されているという。

 摘発機関は中国公安部、被摘発者は谷垣禎一衆議院議員で事案の概要はこんな具合。〈宿舎の「西苑飯店」のディスコで親しくなった女性を自室に連れ込み、約1時間して女性が出た後、公安部から呼び出され、ホテルの一室で取り調べを受けた〉

 事件が起きたのは1988年4月。谷垣禎一議員が北京で開かれた「第4回日中民間人会議」に出席したときのこと。

 『文春』は日本側参加者56人中、亡くなっている13人などを除く34人を含め、徹底的に周囲を取材。

 詳細はお読みいただくとして記事は、日中関係への影響にまで踏み込んで実に行き届いている。

 谷垣大臣はもちろん全面否定。「説明責任は一切ない」との回答に記者が食い下がると「断固! 断固、否定いたします!!」と大声で叫んだというが、まるで説得力がない。(『WiLL』編集長)

※谷垣禎一の首相の芽は、この時点で消えていたのである

 

NHK民放記者日弁連等は中朝韓罪日に弱みを握られ尽くスパイ化

2005/01/30  「たかじん」スパイ防止法、日本がおかしくなった理由は?など

鴻池

 「昭和60年代、スパイ防止法作る動きはあった。防衛庁の宮永という職員がソ連に情報売って捕まった。でも懲役1年。国を売ってる奴が1年ですよ。が、朝日新聞がスパイ防止法のキャンペーンをやった。あと、ど、・・・土井たか子。自民党にもおる。弁護士の自民党のほとんど

宮崎

 「日弁連

鴻池

 「向こうは弁が立つ。だからつぶされた。今の財務大臣、私は仲がいいが、谷垣もそうだし、落選してる白川も、でぶちんで今閣僚の村上誠一郎も。弁護士ばっかり。日弁連に言われて、朝日新聞の尻馬に乗って・・・」

志方

 「宮永事件は、紙を盗んだ窃盗罪のみ」

鴻池

 「国を売ったら、どこの国でも死刑か終身刑。日本だけ懲役1年。(スパイ防止については)徹底して国のためにやらないかん」(会場拍手)

(私のコメント)

 次々と事件が起きて目まぐるしくてコメントが追いつかないのですが、やはり中国に出かけた国会議員の多くが中国女と仲良くなって、中国の公安当局に弱みを握られているようだ。小泉首相が靖国参拝して中国から抗議されて中国に行かずに済んでいるのも、このような事を計算しているのかもしれない。靖国参拝すれば中国から招待されないからワナに嵌められずに済む。

 中国の女スパイに嵌められた例としては橋本元総理が有名ですが、そのためにODAなどに大きな影響を与えたことでしょう。最近では民間の観光客も中国人女を買春して捕まったりしていますが、海外に行くと日本人は羽目をはずして手を出してしまうのだろう。谷垣財務大臣は全面否定していますが日本の政治家は脇が甘すぎる。

 話によれば、べつに売春するつもりはなくとも、風呂に入っていると裸の美女が入ってきて背中を流しましょうとやられて、写真やビデオを撮られて公安警察に呼ばれるらしい。だから一人になるのは危険で、外交のファンタジスタのサイトで指摘しているように常に情報部員が政治家をガードするようにしなければなりませんが、日本には情報部と言うものがない。

 おんな以外にも金で罠を仕掛けてきて引っかかる政治家も多いようで、気がついたときには抜け出せなくなっている。このように中国の公安に弱みを握られて日本の政治家は政治生命を棒に振るのですが、アメリカにも情報は筒抜けであり、CIAから文春に谷垣財務大臣の情報が流れたのだろう。アメリカとしても親中国派の総理大臣が誕生してもらっては困るからだ。

2005年12月3日外交のファンタジスタ親中派はどの道身動きが取れなくなる 

 谷垣禎一財務大臣にスキャンダルが持ち上がった。今週発売の週刊文春が告発スクープとして報じた「中国人女性買春疑惑」がそれである。17年前の話ということだが、先日の西村眞吾議員ではないが、政治家のスキャンダルが公表されるたびに、何か謀略があるのではないかと勘ぐってしまう。これによってもたらされる効果は何か。

 谷垣財相の次期首相の線はこれで事実上消えたわけだが、その他にも中国ロビーである加藤紘一氏を黙らせる効果がある。加藤氏は最近安部官房長官や麻生外相を牽制しているから、小泉首相にとっては排除対象である。さらに言えば、同じく中国に対して慎重な態度を見せる福田康夫氏に対する牽制にもなる。かつて、小泉純一郎・加藤紘一・山崎拓の三氏はYKKと呼ばれて盟友を気取っていたが、この三人は最初から盟友でも何でもない。

 さて、話を谷垣財相に戻すが、ここからはフィクションのつもりで読んで頂いて構わない。谷垣財相に限らず、中国渡航時に中国当局から不用意にも女性を宛がわれた政治家は少なからずいると思うが、彼らは例外なくそれを中国当局に弱みとして握られることになる。だから、不本意にも中国よりの政治スタンスを取るようになり、貴重な政治家としての時間を自らの理念の実現に振り向けられなくなることが多々ある。

 このようなことを防ぎ、政治家という貴重な人材を守るのは、通常なら情報機関の仕事である。例えばアメリカは、政治家が中国をはじめとする共産圏に渡航するときには、必ず情報機関員が国務省職員の身分で同行し、滞在中近づいて来る人物のバックグラウンドを片っ端からチェックし、怪しい人物は近づけない。従って、アメリカの政治家が中国当局から弱みを握られるリスクはグンと低くなる(それでも例外はいるだろうが)。しかし、日本の外務省にはそのような能力はない。かくして日本の代議士先生は、ガードを下げまくって隙だらけとなる。

 この隙を中国当局に衝かれたら最後、残りの政治生命を中国のスポークスマンとして過ごさなければならない。それでもただのスポークスマンとして過ごしているうちはまだいい。細々とでも政治家として生きていける。しかし、総理の座を狙おうと欲を持ったり、明らかに日米同盟を脅かすような利敵行為に走ろうとしたら、今回の谷垣財相のようになる(今回の記事が事実かどうか分からない。あくまでも一般論である)。

 中国に弱みを握られている政治家のスキャンダルをリークするのは官邸筋だろう。そして官邸に情報を提供しているのはアメリカである。アメリカは親中派の人物は政治家であろうと言論人であろうとマークする。それは本人だけでなく親類縁者にも及ぶ。スキャンダルがあればストックし、タイミングを見て公表し、もし何もないとしてもでっち上げる。ここで役立つのは民衆の一般的な思い込みである。「政治家なら誰でも叩けば誇りが出る」というのが一般市民の思い込みとしてあるので、いくらでっち上げでも世間はそう思わない。何かを公表されたら政治家などひとたまりもない。

 日本に情報機関でもあればこんな事態はそう起こるものではないが、確か谷垣財相は以前スパイ防止法制定に反対していたと思うが・・・。

 中国に弱みを握られるということは、同時にアメリカにも弱みを握られるということだ。スパイ防止法がないことによって、最も危険に晒されるのが実は政治家であることをもっと自覚するべきである。情報機関にはもちろん予算がいるが、ないことによって失うものがあまりにも多すぎる

 

2012/11/23 「偽工場」まで用意して“最先端”盗む 中国が狙う日本のハイテク

【衝撃事件の核心】

 日本企業の最先端技術が中国に狙われている実態を裏付ける事件が後を絶たない。10月には、軍事転用の恐れがある東レの炭素繊維が不正に中国に持ち出された疑惑が浮上した。スパイ行為を包括的に取り締まる法律のない日本は「スパイ天国」と揶揄(やゆ)されるが、手をこまねいていれば、中国は非合法に手に入れた技術で軍事や経済を発展させるだけでなく、日本発の技術をも沖縄県・尖閣諸島のように公然と所有権を主張しかねない。 (松岡達郎 藤原章裕)10につづく⇒

真実史観脱犯日教育国家が賢者の策友好ODA等は弁償と犯日教育なので火に油

10脱犯日教育国家が賢者の策友好ODA等は弁償と犯日教育なので火に油

■米戦闘機に使われる先端技術が流出

 「かなり悪意を持ってやられた」

 7日の決算会見で、東レの田中英造副社長は苦渋の表情を浮かべた。

 関係者によると、中国の軍事関係者が東レの最先端の炭素繊維を入手するよう大阪の商社に依頼。この商社に依頼された静岡県内のベンチャー企業が東レの子会社に「水素発生装置のボディーに使う」と虚偽説明を行い、平成21年にサンプル約1キロを確保し、経済産業省の許可を得ないまま中国に持ち出したとされる。

 米戦闘機の機体に採用される炭素繊維は、ミサイルやロケットの複合材に使われる恐れもあるとして、外為法で輸出が厳しく規制されている。東レによると、このベンチャー企業は実際に炭素繊維を使用するとした工場を準備する周到さ。サンプルを渡した後に社員が行くと、跡形もなくなっていたという。田中副社長は「フェイクの工場は水素発生装置も準備され、よほど仕組まれていたようだ。これほど巧妙に偽装されると今後も危ないかもしれない」と打ち明ける。

スパイ防止法立法が日本新生の狼煙である!

 2012年10月。米軍基地オスプレイ配備に異常反応するNHKとTV朝日は、真実は8千人程度なのに、いまだに反対集会10万1千人報道。そしてオスプレイ事故強調報道で、中国様の傀儡自白。尖閣報道も中国様寄りが目立つ。よほど弱みを握られたロボットがいるのだろう。売国放送局である。

 救国の術はスパイ防止法立法である!

ラルフ・タウンゼント1933年『暗黒大陸中国の真実』

 ――典型的な中国人評を紹介しよう。 「『礼には礼で答える』という精神が全くない」これである。――ある国が中国に優しく接したとする。そういう優しさが理解できないから、これ幸いとばかりにその国の人間を標的にする。遭難者が近くまで泳いできても誰も助けない国である。人が怪我して倒れていても助けようとしない。ただ面白いものもを見るように見物する国。不運に見舞われた者を助けない国。こんな国では『不幸な者に愛の手を』などという考えは全く浮かばない。こういう国との付き合いを誰が望もう。――

何のための条約か!条約後も中韓「ゆすりたかり」に弱腰日本

 表音丸暗記(受動)しようとすると皆目解らなくなるが、法律(敵討ち分断)も、戦後条約(紛争解決)も、作る側(能動)の、表意で考えるとすぐ解る。原点は、争いの切断である。

 戦時下は無法下。非常時下(無法下)を、常時下(法下)に戻す作業が、条約の第一義である。相互に膿を出し合った条約の締結後は、戦時下のことは、当事国政府が、各々一切の責を負い、他国に責任転嫁せず、相互が連鎖を断ち切り引きずらぬことが、条約の第一義で、戦後条約の原点である。

 日本国と国民は条約を順法し、沖縄も広島長崎等も日本国が補償し、一切中国等の連合国には請求をしていない。凶産平和団体や凶産原水禁の謝罪要求は、条約破りの違法!第一義が、戦時下を断ち切るための条約なのだから、当然なのである(決して日本が悪かったからではない!)。当然、全世界の各国も、中(凶産中国人)朝韓罪日(朝鮮人)以外は、皆条約を順守している。事有る事に内政干渉までして、条約破りの難癖付け違法行為は、この三国罪日のみ!

 当初、捏造が党是の凶産宣伝はあったが、条約破りはなかった。ところが、昭和58(1983中国鄧小平主席となり、平成1昭和64(1989)年小平の抜擢で江沢民が党総書記となり、平成5(1993)3月~02年中国鄧小平引退の後を継ぎ、江沢民国家主席を兼務してからは、捏造犯日館犯日運動のみにとどまらず条約破り難癖訴訟、従軍慰安婦、強制連行、強制労働訴訟等が始まった。昭和47(1972)年日中共同声明調印21年後のことである。モノマネ外交の、朝鮮人や罪日もすぐさま便乗したことは、いうまでもない。

 韓国の思想戦、捏造慰安婦問題もこの一つである。条約で解決済みを知らないからこうなる。これではいつまでたっても戦時下で、条約(人類の英知)破壊である。韓国の思想戦に、条約も知らず蒸し返した馬鹿と、反応した馬鹿が原因。返答は、「条約で解決済み!世界を見習え!」一行で、済んだ事だ!「検証整合回路皆無」で、善人面志向のみの、「丸暗記馬鹿」が原因!「丸暗記馬鹿」には不投票で!「丸暗記馬鹿」本や新聞やTVスポンサー製品は不買で!「丸暗記馬鹿」NHKのオレオレ(公共放送)詐欺には不払いで!一掃!が、救国最速の術である!

 マスコミ扇動原爆謝罪要求は、条約締結(復讐の連鎖切断)で解決済みなので、謝罪要求ではなく、再発防止要求が正当!久間の「原爆投下は仕方がない」では言葉足らず。「原爆投下は、(条約締結したので爆謝罪要求は条約破り)再発防止が、被害者遺族と日本の、とわの願い」と、答えるのが正しい。

日中戦争は南京(汪兆銘)満州朝鮮台湾南洋日本の反共戦争

 日中戦争は、凶産主義(ソ連傀儡毛沢東)と食民治主義(欧米傀儡蒋介石)の連合軍と、共・食民治主義連合軍中国南京汪兆銘・満州・朝鮮・台湾・南洋諸島・日本)との戦争である。戦後条約(人類の英知)も破壊し(韓国も同類)、のべつ幕なしの捏造で繰り広げる、自国民洗脳懐柔目的の犯日は、宣戦布国である。

野犬狩りで捕獲薬殺運命の野良犬(犯日朝鮮族韓国罪日)にはが救助の

 現在のソ中朝韓罪日暴走を引き出した責任の大半は、東大京大NHKマスコミ等、文系職責者の67年間もの凶産隠し、職責不履行のスパイ化であり、スパイを祭り上げ宣伝したNHKTVラジオ新聞出版社である。

 中国人朝鮮人の異常(たとえれば躾無き犬で非常識)さは差別の裏返し、過去に強烈な差別の歴史有りの証拠である。日本マスコミがなぜか報道しない「中朝韓各社の報道」は「U1速報」で刻々報じられているので参照されたし。中国人朝鮮人の異常さ野良犬振り(矜持無し劣等感自己顕示欲捏造癖)がよく解り、対処(犬の躾)の参考になる。

 「お願いも、友好も、感謝の言葉」も、凶産の輩(犯日被洗脳者)にとっては、我が身を優位にするための、手口に過ぎない!中国人朝鮮人の正体は言行真逆!戦前戦中戦後も、これで騙されたのだ!愚行(善人モドキ)はもう、二度と繰り返すな!日本が滅ぶ!

 中朝韓罪日はおしなべて唯物、唯心日本とは真逆で、中朝韓罪日に「友好(互恵・平等)協力」の尺度はない!有るのは上下(差別)のみ!輩にとって友好は餌にすぎず、中韓のODAも、戦争の賠償や植民地化の賠償としか思っていない。貢物を持ってくる鴨ネギ(属国)としか、思っていない。中朝韓罪日は、世界の特異民族(植民地独立付与宣言には同胞大虐殺中で不参加)!開闢以来初めての人類の新基準、大東亜戦後の平等や互恵の概念皆無で、上下(差別)で判断するのみの旧態亜人間なので、犬に躾するごとく、たえず高圧的に対処しないと、現在のように寝首をかかれることになる。中朝韓罪日は息するように嘘を言うので、信じるな!犬は報恩だが、亜人間への恩は掛け捨てなので、中朝韓罪日は、以下!

 「植民地支配の謝罪を」と、馬鹿の一つ覚えを事あるごとにオウム返しの韓国。当時朝鮮は中国の属国、日本以外シャム(タイ)のみが独立国の疑心暗鬼戦国時代に、日本に攻めてこないという保証など皆無。先に攻めなければ攻められた。「独立維持の努力無き国」は、戦国時代には支配されるのが当然!だから朝鮮人の総意で、戦争も無く統治されたのだ。

 戦後は冷戦時代なので、対ソ中の緩衝国家として重要な韓国を、おもてなし(日韓条約)をした。がしかし、冷戦終了の現在も、おもてなしに味を占めた韓国増長。中国様のマネをして、犯日しまくりのやりたい放題。冷戦は終了したのだ、野良犬におもてなしなど、百害あって一利なし!野良犬の躾が救助唯一の術。

 冷戦中の竹島問題不提起は、大事(凶産南下)の前の小事(竹島問題)として、日米が配慮したためなので、冷戦を終えた時点(緩衝の役目を終えた韓国)が、特別扱い(おもてなし)中止時期であった。ところが、政治家官僚等の職責者は、この大事な一線を画せず(躾が出来ず)、「友好」と称し、続けてしまった。これが野良犬韓国を増長させてしまった原因である。

 中朝韓罪日がこのまま暴走すると、世界に冠たる爪弾き民族(野良犬)となるは明白。捏造犯日教育断固阻止は、戦争防止自滅民族の救助で、人助けである。捏造犯日教育国家の間は、危険な野良犬扱いが賢者の常識である。

唯心人類の真逆互恵皆無の唯物中朝韓罪日等正体亜人間犬の躾で対処!

 下記は体験談としてネットにある。実技皆無で思索回路無き職責者は熟読し、学究せよ!

たけ島問題に代表される日韓関係は犬を躾けるようにせよ
 「我が愛犬だった柴雑のビンゴは、ある近所のおばさんを見るとやたら吠えまくりました。そのおばさんはビンゴに吠えられるのが怖いので、ビンゴの前を通る時はお菓子を撒き、ビンゴがそれを食べている時に足早に通り過ぎる作戦を使っていました。

 しかしビンゴは、吠えればお菓子を貰えると学習してしまい、おばさんは(お菓子を)撒けば撒くほど吠えられる結果になりました。

 これ、今日の特亜(中朝韓罪日)と日本の関係によく似ています。配慮してやれば配慮してやるほど、もっと吠えれば何か引き出せると思って吠えますね。ですから、日本は特亜を犬と見做し、犬を躾けるように外交すべきなのではないでしょうか。

 吠える事を止めたら褒めてやる。

 日本国に従っていれば良い事があると学習させる。

 悪い事をすれば「ハウス!」と言って閉じ込める。

 罰も与えなければなりません。日銀によるウォンの信用保証など止めたりすれば、我々は困りませんが向うは困ります。

 そのように躾けるべきだと思います」。

 

共産の正体は凶産独裁天国国民地獄

2012/10/01中国 贅沢公務員に「質素令」不祥事続発 指導部交代控え綱紀粛正

 中国政府は1日付で、公務員に対して「質素な職務姿勢」を義務づける規則を制定し、公金で宴会を開いたり高級車を購入したりすることや、高価な贈り物を受け取ることなどを禁じた。公務員の汚職や贅沢(ぜいたく)に対する国民の批判が高まる中、10年ぶりに指導部が代わる共産党大会の開幕(11月8日)を控え、綱紀粛正(こうきしゅくせい)を図ったとみられる。

 ■フェラーリ暴走事故

 中国では以前から政府高官や公務員による汚職が問題視されてきたが、今年は、受領した賄賂が2600万元(約3億2000万円)に上るともされる共産党の重慶市トップの座にあった薄煕来氏(63)と妻のスキャンダルが指導部交代にも影を落とす事態になり、高級幹部の華やかな生活が国民の厳しい目にさらされている。

 3月には、党中央委員である令計劃(れいけいかく)氏(55)の息子、令古氏(23)が北京の環状道路で高級スポーツカー、フェラーリを運転中にコントロールを失ってスピン。車は大破し、令古氏は死亡、同乗の女性2人も重傷を負った。また、3人は裸の状態で、車内でいかがわしい行為中に事故を起こしていたことが9月にわかった。事故の内容もさることながら、国民からは、なぜ2000万円以上もするフェラーリを令氏が購入できたのか、強い疑念の声が上がった。批判を恐れた党指導部は、父親の令計劃氏を、胡錦濤(こきんとう)総書記(国家主席)(69)の秘書的な役割を担う要職の中央弁公庁主任から党統一戦線工作部長に降格させた。

記事本文の続き 7月には中国政府は、中国料理の高級食材としてスープなどに使用されるフカヒレを夕食会など公務接待の場で提供しないように幹部らに指示した。しかし、贅沢を戒めるために「フカヒレ禁止令」を決めたものの、導入する時期を「3年以内」としたため、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」では、「農民なら一生かかっても食べられないフカヒレを、公務員らはまだ3年も宴会で食べ続ける」といった反発が相次いだ。

 ■高級品に説明求める

今回の「質素令」は、フカヒレ禁止令に続く綱紀粛正策の第2弾で、中国メディアは「高級品を保有している公務員は、それを手に入れた方法について納得できる説明を求められることになる。高級品とは、月給5000元(約6万2000円)程度の公務員には買えない高価な物品を指す」と伝えている。ロイター通信によると、現在、中国の警察は汚職を摘発するため、証拠となる「高級品」を見分ける方法について研究しているという。

 急激な経済成長のひずみともいえる貧富の格差拡大や官僚腐敗などへの国民の不満の深刻さは、中国各地で発生している暴動、抗議行動の激増ぶりからもうかがえる。

 中国政府の内部調査では、暴動を含めた抗議活動が昨年1年間に約18万件も起きている。約18万件の内訳は不明だが、ほとんどが政府と党に反発したもので、単純計算すると1日当たり約500件発生している。政府は08年に「06年に9万件超の抗議行動が発生」と公表しており、5年間で抗議活動は倍増したことになる。こうした事情から、中国政府は国内の治安維持などに充てる本年度の「公共安全」予算として、前年度実績比11.5%増の約7017億元(約8兆7000億円)を計上。国防費を上回る額を投じて力による封じ込めを図っているのが実態だ。

中ごく、年間に18万件の暴動発生
 

捏造三昧犯日教育の二枚舌中朝韓罪日

 凶産中国の靖国参拝難癖(内政干渉)を、中曽根が聞き入れ不参拝、外交カードにしてしまった。まねした朝韓罪日が追随し、NHKや朝日新聞日経新聞等のスパイも追随し、靖国参拝は「天皇陛下靖国不参拝は、A級戦犯合祀したから」とまで拡大捏造された。「天皇陛下靖国不参拝」は、「国民の参拝是非論騒動」が原因で、それ以外の何ものでもない!

 輩には。平等友好と言う概念などはなから無い!有るのは「優劣・上下・勝ち負け」しかない。人間以前の亜人間で、犬なら報恩があるが、輩にはそれすらも無いない犬以下。友好援助は増長の餌でしかない!野良犬に「友好・友愛の海」は、鴨ネギ(争乱の海)となったのが、証拠!

 中国人朝鮮人の難癖(捏造)はタネの内に取り除け!芽が出てjからでは遅い!

朝鮮人虐殺関東大震災は捏造癖朝鮮人の作り話

 顔の良く似た朝鮮人を突然の災害時に選別など不可能、暴動を起こしたので成敗してみたら暴動犯罪人全てが朝鮮人だったというだけの話である。虐殺と言う話ではない。矜持無き朝鮮人の、捏造癖が高じての作り話。

両班1割偽両班9割の韓国証拠も無き自白のみで全てに難癖をつける朝鮮人

 嘘を嘘と思わず恥ずかしげも無く堂々と息のように吐くのが朝鮮人や罪日だ。常識があれば馬鹿げた話(朝鮮先人は、人さらいを黙って見逃すほど、だれもが腰抜けだったのか?)だが、信じる人もおり(常識皆無と自白)、議会決議(米加豪韓比蘭EU)となったので、捏造の芽はその都度摘み取らなければならない

無恥朝鮮人妄言虚言の見本(まくしたてれば勝ちという無恥朝鮮人)金慶珠

 マスコミ出演ペラペラ女(東海大学朝鮮人)は、表音丸暗記文系の見本。金慶珠は、朝鮮人韓国で、東海大学の准教授。東海大学は、表音丸暗記准教授と宣伝中。東大姜尚中も同類

朝鮮人との試合朝鮮人審判では、不正は当たり前なので要注意!

 極論すれば、ロンドン五輪対韓戦女子バレーは、不正に完全対処銅メダル。対韓戦男子サッカー(勝てば兵役免除なのであらゆることを仕掛けたであろう)は、不正対処皆無で、メダル無し

 

2006年8月恥知らず - 韓国人、台湾の少年野球チームをトーナメント途中で帰国させる

 台中市の力行国小学校少年野球チームは、今月の初め招待に応じて韓国へトーナメントに出場、選手達は難関を突破してベスト8に入るほど強かった。動揺した韓国側は「優勝チームを韓国から出す」ことを理由に、台湾チームが引き続き試合することを拒否され、彼らは悲しい気持ちで帰国した。韓国に遠征するため、一人あたり3万元出しておきながら、こんなに理不尽な対応に遭った。

 力行国小選手は高く遠くへ飛ばすバッティングだ。力行国小学校少年野球チームは、初戦で相手を圧倒し、20対0でコールドゲームとし、大会側は面子を失った。彼らはトーナメントを勝ち進み、8強へ進出、次の試合に準備していると、思いがけず試合直前に試合禁止を告げられた。

 力行国小学校少年野球チームの監督の江先生は、彼は私達を恐れて「優勝旗は(韓)国内のためにあるもので、ベスト4を対戦チームに譲って試合を続けるな」と連絡してきた」と言った。*主催者側は国外のチームを決勝戦に参加させない理由として大会で監督同士の衝突が起きると言い、更に力行国チームの抗議は無効だと言った。

 選手たちは落胆しながら試合を取りやめた。選手たちはこの韓国遠征に20日間の日程を計画して一人当たり3万元を出費していた。選手たちの親も金銭で苦労したにもかかわらず、こんな理不尽な対応をされたのだ。

 力行国小の選手は「韓国チームはとても卑怯だと感じた。私たちに優勝旗を持たせないようにした」「とてもずるい!」と言った。

 大会側からの理不尽な試合禁止を受けて選手たちはとても息苦しいながらも、彼らは「国外のチームとただテクニックの研究をし合った」と思い、「でも、帰国したら力の限り練習して、いつの日か国際試合で韓国チームと対戦すると信じているから、その時にはきっと更にひどく相手を倒して目にものを見せてやる」と言った。

コメント2010年6月26日Lehua
 私も張本氏は以前から苦手ですが、人格者の韓国系米国人を何人も知っているので、民族で一括りにしたくないと思ってきました。でも、このエピソードだけはここで紹介させてください。
 私のダンナは日系3世の米国人で、以前リトルリーグのコーチをしていました。国際試合があり韓国チームと対戦した時のこと。3塁走者を置き、得点のチャンスを迎えてのビッグヒット!でも、走るべき走者がなぜか3塁から動けません・・・なぜ??3塁手である韓国の子がユニフォームを握って離さなかったからです。当然のことながらアンパイアはホームベースを踏んでいいという審判を下しました。が、そこから韓国側のコーチの抗議は15分以上続いたそうです。本来ならば子どもたちにフェアなスポーツマン精神を教え正しく指導すべき大人が、子どもにもこうした態度をとっていることには驚かされますが、これは特殊なケースではなく、“韓国人相手ならいつも起きること”としてハワイのロコのリトルリーグ関係者の間では有名な話だそうです。

 張本さんもそうですが、他人ではなく自分や身内に厳しくするということもそろそろ学んでいただきたいものですね。

張本(韓国人拝金)とイチロー(日本人天道)では価値観が真逆

2012年10月15日張本氏、イチローの忍者スライディングに「喝」!

 イチローに対する辛口コメントで知られる野球評論家の張本勲氏(72)が14日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演。地区シリーズ第2戦でみせたイチローの忍者スライディングの場面に「喝」を入れた。

 イチローが捕手のタッチを2度かいくぐって踊るようにホームインするVTRを見ながら張本氏は、「鬼ごっこじゃないからね。キャッチャーはベースにいなきゃ」とコメント。イチローのファインプレーではなく、オリオールズ捕手、ウイータースのミスであるとした。

 張本氏はイチローがヤンキースに移籍した直後の8月19日には、同番組内で引退を勧告したことも。ベンチスタートや下位打線を打たされることが多かったイチローを見て、「もう辞めてもらいたいわ。こんな使い方されてたんじゃ。お金もしこたま残っているだろうし、辞めてもらいたいね」と話していた。

 イチローはその後尻上がりに調子を上げ、シーズン終盤から上位打線に定着した。

※張本は日韓美人幇間芸能人。

U18高校生の野球(2012年9月)でも韓国、無恥の汚さ!

 日本に対しては監督が「日本選手のバットは圧縮バットを使っている」と証拠も無く憶測で主張。台湾戦では台湾投手の球に自分から当たりに行きデッドボールを装い審判に怒られる。

動画のクリック回数操作でブームも捏造する韓国

2012年10月16日ブームがいきなり終焉!? K-POP「江南スタイル」がランク外に消える“珍事”が勃発

 テンポの良いダンスビートとユニークな“乗馬ダンス”でビルボードチャートを賑わすヒット曲となり、世界で韓流旋風を巻き起こしている韓国歌手PSYの「江南(カンナム)スタイル」。しかし、これまでYouTube上のランキング1位を記録していた同曲が、突如ランク外へ転落するという“珍事”が起きている。

 事が起きたのは、動画共有サイトYouTubeが検索結果表示の仕組みを変更したことを12日に発表して以降のこと。変更後の新たな仕組みでは、動画のクリック回数より視聴時間を重視し、検索結果の順位に反映されるという。

 この新たな仕組みが導入されると、いきなりYouTube上の音楽動画ランキング上に異変が起きた。前週まで長く1位をキープしていた江南スタイルが、16日13時現在ではなんとトップ10からランク外へ一気にダウン。100位以内からも姿を消すという“珍事”が起きたのだ。

 江南スタイルのランキングにこの仕組みが影響したのかどうかは定かではないが、かねてより不自然に多い再生回数を獲得して話題となるK-POP歌手の“人気”を不審に思う人も少なからずおり、今回のPSYの一件についてもネット上では、「予想通りすぎて」「捏造人気で成り上がったってバレちゃったなwww」「嘘はいつかバレるということだな」「やはり工作スタイルだったか」などといった声が多数上がっている。

 

凶産中国北朝鮮韓国罪日との対処法

併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達(ソースは明確ではないが2006-09-16が古いようだ)

 唯心人類の真逆互恵皆無の唯物中朝韓罪日等正体亜人間は犬の躾で対処!犬は報恩だが、亜人間への恩は掛け捨てなので、中朝韓罪日は、以下!

一、朝鮮人は対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心がけること。

一、朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。

一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い情を移さぬこと。

一、朝鮮人は裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖がある。

一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える向きあり、重々注意せよ。

一、朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。

一、朝鮮人と商取引を行う際には正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。11へつづく⇒

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。