QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2011 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観1神道は人間人造の宗教に非ず神社母は地震津波風水火山創造主災害

1神道は人間人造の宗教に非ず神社母は地震津波風水火山創造主災害


 「
日本九九年戦争・資源無き島国日本、適者生存戦国時代唯一の術は、先手あるのみ。後手の本土戦は、兵糧攻めで必滅。露西亜、清国(属国朝鮮)南下阻止が第一義、後手は必滅、先手で打って出た。 

 結果が台湾朝鮮(自立不能で)統治(極東共栄圏樹立着手)、満州建国尽力(凶産の砦)、日中戦争(中国凶産化での中ソ凶産連合阻止)、南京政府樹立尽力(中国凶産化阻止)で極東共栄圏構築。

 日中(反共)戦争で疲労困憊の日本は、戦国の定法弱肉強食、恰好の餌食となった。米英中蘭(ABCD)が兵糧攻め、ハル・ノートで降伏を迫った。出稼ぎ戦争対、日本は死活戦争。極東から大東亜に共栄圏樹立を拡大し、あらん限りに戦ったが、大東亜同胞の、完全覚醒追随まで戦いきれず、矢尽き刀折れ、敗れた。

 がしかし、戦いざまに共振した同胞が、一気に蜂起、独立。1960年の植民地独立付与宣言(互恵)が根幹となり、自由貿易64年開放経済)、平等65年人種差別撤廃を成し、凶産は残ったが、戦争目的は完遂した。弱肉強食の世に、戦後67年間のごとき無能無策の後手日本なら、何もかもが消滅していた。それでも戦後消滅しなかったのは、『身体を筆にし、流れる血と汗と涙でえがいた先人の、人類への遺書』以外、あろうか!

 “戦かわざれば”の平和論があるが、防共の砦日本が去るやいなやすぐさま凶産化、朝鮮戦争惹起したもう一方の真の敵、中ソ凶産連合軍隠蔽スパイの、工作論である。ABCDと“戦かわざれば”の降伏は、防共の砦無き丸裸日本で、中ソ凶産の、恰好の餌食となった。この戦いは、目的も無きただの防御戦。多勢に無勢で、瞬時に最後の独立国日本は潰え、日本族の名を残すのみの、まさに、犬死に無駄死にの戦争となっていた。同胞の、支配者からの独立も無い!新秩序など、当然無い!支配者と、被支配者の地球に成っていた!」

 

アメーバは通常は個体だが適者生存の危機に瀕すると合体し対処

 平常時は別々の単独行動をする単細胞生物変形菌(粘菌)が、ひとたび生存の危機(栄養不足等)に瀕すると集合し、ひとかたまりの集合体(多細胞)となり大きく移動、危機回避を図る(変形菌。粘菌ともいう)。単細胞生物適者生存の術である。種保存の本能の根源、「助け合いの絆」と言える。戦前までの日本は、ニセ共産(凶産カルト)ではなくこの、究極の共産主義(助け合いの絆)で適者生存してきた。「助け合いの絆」を有する唯心同志が一国を成せば良い。中国や韓半島や罪日のバラバラ唯物は、細分国がふさわしい!

物ではなく「助け合い」こそが災害列島日本で生き残る術だった!

 日本がスバラシイとの外国人一時滞在者の書き込みが最近数多だが、どうか、天災の悲惨な歴史なるがゆえに築かれた「一期一会」で、過酷な災害が神社を生み、唯心日本人を生んだことにも目を向けてほしい!所詮生命体は、生きている今が花!見事に花を咲かせて散るのが定め!

 

人間の観念世界の神が宗教現実世界の神が八百万の神

 丸鵜呑みで思索回路無き文系空識者は、神道を人間(人類も生命体の一部に過ぎない)が作った宗教とごちゃ混ぜだが、宗教は、生命体の一部の、人間が作った人造である。神道は災害坩堝列島日本の歴史の中で、先人が「創造主を感じ」、自然発生したもの。人造(宗教)と自然(神道)で、異なる。宗教は人間界の神(教祖)で、生命体の神(創造主)ではない。人間は多種多様なので、宗教も多種多様となり、日本では信教の自由が保障され、仏教、イスラム教、キリスト教等々、よろずの宗教が存在する。日本は神国、宗教国といえる。五穀豊穣安全祈願や成就感謝、生きるための神が八百万の神で、どう生きるか人間の生き方善悪を訓え、死を弔うのが宗教である。日本は、無宗教(人間教)ではなく、無宗派(自然教)!

 

「自然との一体化(神道)」で、自制心や利他心が生じ、助け合いが生まれ、神道となった!

 祭祀は「原始的なもの」ではなく、命ぎりぎりになんどもなんども引き戻され対処し産まれたもので、偶像(仏教等の宗教)などなく、他とは異なる。自然(太陽・空気・水等と生命体)が神で、宗教(人間界)の「言葉や文字」では無く、言葉や文字が無い先祖の時代の伝達方法、「気」が伝える。「気」の共振が「悟り」とか「神託」である。人の道を言葉や文字で説くのが宗教で、生命体の道を琴線共振で伝えるのが神道。「神社(神道)」は宗教に非ず!災害列島日本での、適者生存唯一の術で、共産の極致(助け合い)でもある。

 日本人は何度も何度も我が身一つの生まれたまんまの赤子に引き戻されたが、その都度、究極の共産「助け合い」で生き延びてきた。凶産やコリアンのような拝金(有形)カルト教亡者は生存不可で、自然淘汰された!日本の財産は有形では無い!度重なる天災によってDNAに刻まれた日本人の命の鼓動(生命力)、無形の「助け合い(究極の共産)」が、財産である。日本人の対極が、拝金カルト教(凶産やコリアン)!

真実への道造物主への道
 繰り返される災害の都度、造物主を身近に感たじ先人は、生かされて在ることを悟り、森羅万象を神とした(八百万の神)!

 悲しいにつけうれしいにつけ、願懸け感謝参拝する神社。全国に8万8000社あるといわれている。神社は、正月三が日の初詣参拝者数は9900万人という総務省統計がある。神社は、「日本人のDNAに刻まれている」といっても過言ではないだろう。

日本精神(神道)の根源を成すかんながら(神道)の道を辿ってみよう

「神社」の起源百科事典マイペディア・広辞苑・古語辞典から

山の神

 神社は山の民の山の神が起源。始めは特殊な形の祠や石、三股などを祀った。日本神話イザナギ・イザナミの子大山祇(つみの)神は、山を支配する神、後に海と山両方の神となる。娘が木花開耶姫。注・山から海(船)への足跡である。

石神

 神霊が降臨する石。磐座(いわくら)・磐境(いわさか)や、超自然力をもつという石の信仰は古く自然石を神体とする神社は多い。また陽物に類する石を(しゃくじん)、(さごし)などと呼び、安産性病の治癒、雨乞いなどを祈願する例も各地にみられる。依代(よりしろ)が人間である場合を尸童(よりまし)という。

尸童(よりまし)。

 神霊の依代(よりしろ)としての人間。依座とも。清浄な生活をする童男・童女の場合が多く、祭礼の場合などは着飾って行列の中心となる。また、人間を馬に乗せて尸童とすることもある。いずれも神に魅せられた姿とされる。古くは託宣が尸童の口から語られた。また、童児に限らず、成年男女が立てられたこともあった。

依代(よりしろ)

 神の依りつく物をいう。神霊が降臨して、その意志を伝えるためには憑依(ひょうい)体を必要とするとの信仰に基づく。山、岩石、樹木、御幣、動物、人間などがあてられる。神社では普通、依代を霊代(みたましろ)と呼び、神像、鏡、御幣、石などをあてる。

磐座(いわくら)・磐境(いわさか)

 神社の原始的斎場。自然の岩石、またそれに多少の人工を加えたもので、そこに神を招いてまつった。高天原のそれが天津磐境であり、その岩石が扁平で神座にふさわしいものを磐座という。一説には死者を葬った場所に置いた石が起源であるとされ、降臨石・陽向(ようご)石なども磐座の一種という。今もこの形の神社があり、本殿のないものを普通とする。「日本書紀」によれば、天孫の座を磐座とし、磐境は結界(けっかい)・神境の意となっている。

神籬(ひもろぎ)。

 そこに神霊を招き、祭祀の対象とするために設けられたもの。清浄な地にある常緑樹や清浄な地にサカキ(榊)を立てたものと推察される。

榊・賢木(さかき)

 境(さか)木の意か。ときわ木(常緑樹)の総称。特に神事に用いる木をいう。ツバキ科の常緑小高木。葉は厚い革質、深緑色で光沢がある。古来神木として枝葉は神に供した。ヒサカキも同様に用いる。古くはシキミなども含めてサカキといったらしい。(注・佐賀の神社にはクスノキ(クスノキ科の常緑高木)の巨木が実に数多だ。最初の榊は、ときわ木(常緑樹)の、クスノキではなかったか)

祠・叢祠(ほこら)

 ホクラ(神庫)の転。神をまつる小やしろ。

(やしろ)。

 百科事典:天神地祇を鎮祭する殿舎。語源的には屋代であり、斎場をもって殿舎に代える意。

 古語辞典:神が来臨する所。古代では、地を清め臨時に小屋などを設けて、神を迎えたという。

 広辞苑:屋代(やしろ)の意。神籬(ひもろぎ)を神霊の来臨する屋の代わりとする意。神の降下する所。神をいわい祭った斎場。後世、神社。

神社

 磐座(いわくら)・磐境(いわさか)のような神聖な場所に、神籬(ひもろぎ)を設けて神をまつったものと考えられる。春の豊年祈念と、秋の収穫感謝の祭りが中心であった。八百万の神々の降臨の場が、神社といえる。

古墳時代

 弥生時代についで、ほぼ三世紀末(卑弥呼、壹與のすぐ後の時代に該当)から七世紀に至る。ただし、土盛りした墓は弥生時代に始まり、古墳時代以降も存続。

神社建築

 神を祭るための建築で、本殿、拝殿、舞殿、祝詞舎(のりとや)、鳥居などからなる。磐座(いわくら)・磐境(いわさか)・神籬(ひもろぎ)を前身とし、おそくとも古墳時代(三世紀末)には存在したと考えられる。

 

日本人の起源は山の民海の民水稲の民「幸」採り尽くさずの唯心で、採り尽くす唯物ではない!

 7万年~1万年前の氷河時代最後の氷期に、大陸からナウマン象を追い氷河を渡り、後期旧石器人、モンゴロイドが渡来し海や山の民として定着。後に船が発明され、山の民から別れ、あま(海)の民として日本海海洋文化圏を築く。一方船を発明した南方のモンゴロイドも、陸伝い島伝いに北上し渡来、揚子江河畔の船を発明したモンゴロイドも渡来し、在来のモンゴロイド(山の民、海の民)と融合した。モンゴロイド海洋文明圏を築いたあま(海)人、そして水稲文明圏を築いたあま(天)人。かれらが日本人の先祖と言える。耽羅(済州島)や半島南の祖先でもある。

山の神(山の幸創造主)誕生

 狩猟採取(山や海辺)の民が獲物を追い求めて辿りつき定住した日本、狩猟採取定住で山の神誕生。

現代に残る山の神起源「マタギ」

 マタギは、東北地方・北海道で古い方法を用いて集団で狩猟を行う狩猟者集団。一般にはクマ獲り猟師として知られるが獲物はクマだけではない、山の幸採取者。古くは山立(やまだち)といった。特に青森県と秋田県のマタギが有名である。唯物狩猟者(ハンター)とは異なる。

 食料(狩猟採取)尽きれば命は尽きる。獲り尽さずの共存共栄が山の神(山の幸)崇拝起源。現代に残る神社(創造主信仰)起源マタギの狩は、創造主(神社)の許可を得て採り尽さずの狩で採取。

海の神(海の幸創造主)誕生

3万5千年前渡海船発明

日本最古の黒曜石発見遺跡と産地

 日本最古の黒曜石は、3万5千年前頃の武蔵野台台地の旧石器時代遺跡から出土。和田峠、箱根が主体で、神津島産が少量混在している。神津島は下田から南南東60キロにある黒曜石産地の島、現在の水深200mで、当時以来、本土とは繋がってはいない。

 5千年前頃の縄文中期には、能登半島伊勢湾等2百キロ圏まで、分布を拡大した。北海道白滝産黒曜石は、アムール川下流マラヤガニ遺跡、サハリン州サバトナヤ遺跡、新潟県で出土。佐賀県腰岳産は5千年前頃の韓半島南海岸金海の水佳里貝塚や釜山の東三洞貝塚(7500年前から3500年前)で出土。

ヨーロッパの渡海船発明1万2千年前

 ちなみにヨーロッパでは、南ギリシャ、フランキティ洞窟、1万2千年前頃の中石器の層から発掘された黒曜石が、2千キロ離れたエーゲ海のミロス島産とされ、世界最古の「海上交通」の始まりとされていた。(「遥かなる海上の道」2002小田静夫著青春出版)

 この渡海船の発明で、海の民が文明を伝播し日本海海洋文化圏を築き、沿岸各地に分散定住し、下記のような文明を相互伝播した。韓半島南等の古代遺物が、日本と共通が証である。

日本列島最古の土器

 日本列島最古の土器は、青森県大平山元I遺跡や茨城県後野遺跡(うしろの)・神奈川県寺尾遺跡などから出土した文様のない無文土器である。大平山元I遺跡(おおだいやまもといちいせき・青森県外ケ浜町字蟹田大平山元)は、陸奥湾に注ぐ蟹田川左岸の標高約25mの河岸段丘上に所在する、縄文時代草創期の遺跡である。この遺跡から発掘された縄文土器に付着した炭化物のAMS法による放射性炭素年代測定法の算定で16500年前(暦年較正年代法による)とされている。

 大平山元I遺跡から蟹田川(津軽線)に沿って下り4Kmで蟹田。蟹田から陸奥湾沿いを真南に23Km南下すると、今から約5500年前~4000年前の縄文時代の集落跡、長期間にわたって定住生活が営まれていた三内丸山遺跡(県西部の青森市)に至る。

山から海(船)へ、先人は渡海用船の発明で行動範囲を広げた。

 板子一枚下は地獄の海の民航海は当然、寄港地それぞれに航海安全海の幸祈願の海の神を産んだ。

 古くから黒曜石日本を中心とした海洋文化圏として中国揚子江、朝鮮半島南(百済、新羅、任那)、耽羅(たんら、済州島)、南西諸島、五島列島、対馬、壱岐、九州(南方文化)、島根(出雲)、隠岐、能登、佐渡、新潟(越)、瀬戸内海、黒潮ルートの尾鷲が存在し、文化を共有する地中海文明と同様の海洋人がいた。中でも、出雲大社として今に残る出雲が寄港地として栄え発展した。

 黒曜石の伝播が、海洋文化圏の隆盛を促進し、あま(海)の道が、米の伝播を促進した。古代日本、あま(海)の民は日本海を制し自由に航海、大陸や半島沿岸に黒曜石文明を伝播、居住した。九州の黒曜石が沖縄本島(佐賀県の腰岳や、朝鮮半島南部釜山広域市影島区(ヨンドグ)にある東三洞(トンサンドン)貝塚(佐賀県の腰岳、大分県姫島で、隠岐と脇本(秋田県)産の黒曜石が、ロシアの沿海州で、確認されている。黒曜石研究の動向
 

人類創生の古代からあま(海)の民日本海洋民が支配していた海

三国史記巻第二新羅本紀第二

 12(西暦295)年春に、王が臣下に向かって「倭人が、しばしば我が領土を侵して来るので、・・・一時海を渡って行って、その国(倭国)を討ちたいが、皆の意見はいかがか?」

 これに対して、弘権が「我々は海戦に不慣れでございます。冒険的な遠征をすれば、不測の危険があることを恐れます。――」

 王はこれを聞いて「それもそうだ」といいました。

韓半島住人は、海洋民を倭寇と呼称し、自らは海洋民でないことを自白している。日本海呼称は、海洋文化圏を築いたあま(海)の民日本の、由緒ある名称である。由来無き東海朝鮮海などではない。 

 

 文明の伝播は地中海文明や、大航海が示すように、海路がはるかに速い。北方民族が陸路最南端の地に辿り着き、文明を開いたので無いことは、南下途中の継続文明皆無や、同時期発祥の共通文明で証明済み。古代の朝鮮半島南部人は、中国と日本の海洋民族が祖先であることは明白である。

 完成した北部九州の団体作業水稲耕作技術は、海洋人を経て朝鮮半島南、耽羅(たんら)(済州島)に同時に伝播し、百済、新羅、伽耶諸国、耽羅(済州島は火山島なので畑作中心だが、海洋人の寄港地として栄えた)国が生まれた。朝鮮北方には皆無の、半島南のみに限定された日本と同様の文化は、日本と百済、新羅、任那が同一文化圏を物語り、海洋民日本の、支配下にあったことを証明している。百済人、新羅人、任那人は、現代の東北人、名古屋人、大阪人のような地域呼称で、三韓と耽羅の基礎民族は朝鮮人ではなく海洋民の倭人。したがって桓武天皇(737~806)の母(母は土師真妹)の父(百済系氏族の和之継)は、百済地方出身の日本人で、北方民族と日本人が混血した、現代の朝鮮人ではない。

 

黒曜石で日本海を制した先人は海洋の民

 海洋の民は水稲も海洋民伝播領域にほとんど同時に伝えた。適期を逃さず作業を終えなければ成らない水稲耕作は共同作業「共産と絆と集団と争い」を産んだ。

 これまでの自給自足狩猟採取移動の生活を、稲の水稲栽培、これがすべてを一変させた。水田作り、水路作りは集団が協力しないと出来ない。田起こし、代掻き、田植え等々季節が過ぎないうちに済ませないと駄目な作業ばかりなので、集団が協力して作業に当たった。結果集団で住むようになり、大量生産、仕事の分業化が始まり、物づくりの技術が一気に進んだ。中国から農耕具の青銅器や鉄器も輸入し使用した。さらなる開墾や用水の管理などに大規模な労働力が必要とされ、集団の大型化が進行した。大型化した集団同士の間には、富や耕作地、水利権などをめぐって戦いが発生した。このような争いを通じた集団の統合・上下関係の進展の結果、やがて各地に小さなクニが生まれ、この頃以降の日本は、大陸からは倭と呼ばれた。稲の水稲栽培が百余国(国と言うより最初は水稲栽培共産集団)を造ったといえる。

史書に残る日本海洋民の類似痕跡

『三国志魏書』馬韓伝(三國志卷三十 魏書三十 東夷傳 馬韓)

「常以五月下種訖 祭鬼神 群聚歌舞 飲酒晝夜無休。 其舞 數十人倶起相隨 踏地低昂 手足相應 節奏有似鐸舞。 十月農功畢 亦復如之。 信鬼神 國邑各立一人主祭天神 名之天君。 又諸國各有別邑 名之為蘇塗 立大木 縣鈴鼓 事鬼神」

 「常に五月を以って下種(種まき)を訖(お)え、鬼神を祭り、群衆歌舞・飲酒すること昼夜休み無し。その舞数十人、倶に起ちて相したがいて低く昂(たか)く地を踏み、手足、節奏(拍子)に相応じ、鐸舞に似るあり。十月、農功(農作業)を畢(お)えまたこの如し。鬼神を信じ、国邑各一人を立て天神を主祭す、この名を天君という。また諸国各別邑あり、この名を蘇塗となす。大木を立てて鈴・鼓を懸け、鬼神に事(つか)える」

 このように韓半島馬韓にも、神社形態が黒曜石陸稲水稲甕棺墓などともに伝播したが、後に遺跡破壊民族となったため、残っていない。

水稲(食料)栽培が人口を増加した

 TPP論争に欠けているもの。生命体はおしなべて衣食住ではなく、食衣住。世界が食糧危機に陥った場合、自国優先は当然で、輸出せずは当たり前、余してもいいから、食料確保自給自足は国の根幹。縄文中期から食糧不足が始まり、人口が、縄文晩期には1/3に激減し、水稲栽培黎明期弥生時代には8倍に増加し、確立の奈良時代には、60倍に増加している。水稲(食料)が日本隆盛起因は一目瞭然である。

人口の推移

縄文早期(8100B.P)20.400人

縄文前期(5200B.P)105.500人

縄文中期(4300B.P)261.300人

縄文後期(3300B.P)160.300

縄文晩期(2900B.P)75.800

弥生時代(1800B.P)594.900

奈良時代(725)4512.200

 

限定季節内の同時作業が水稲耕作である。水稲に不可欠の灌漑用水争乱は当然頻発し、天候頼みの水稲は天候に左右された。

史書に残る「水」争いと「祭司卑弥呼」

BC91年「漢書地理志」に、「夫楽浪海中有倭人 分為百余国 以歳時来献見云」と記載。

「後漢書東夷列伝」。

 国(武装国家)と言うより水稲栽培共産集団が正当

147~188年に、「桓・霊の間、倭国大いに乱れ、更〃相攻伐し、歴年王無し」と記載。

 水稲に不可欠な、「水争い」と推察できる。

238年(景初二年)魏志倭人伝、卑弥呼、大夫難升米等を魏に派遣。親魏倭王となる。

 水稲の母なる川、嘉瀬川を上(神)に遡り、上(神)雷山に至り、上(神)=天(日)八百万の神(創造主)とつきとめ、灌漑用水権争乱を、祭司(卑弥呼=上の使者)に委ねることで解決したと、推察できる(後述)。

 

灌漑用水騒乱の「水」や「天候」の源を「なぜどうしてと」思索、上(神)を探して川を遡った。卑弥呼の時代。

 前述のように驚異的に発展したが、と同時に平地耕作なので、災害による瞬時に全喪失(稲も住居も財産も家族も)の悲劇も産んだ。天災の台風は毎年襲ってきた。そして水稲栽培に不可欠なのは日と水。先人は佐賀平野の豊饒と破壊を産む、嘉瀬川の根源を探して上(かみ・神)へさかのぼり、上(かみ・神)の根源雷山(953.3m)が水源の山頂に至り仰ぎ見た。そして、上(かみ)の根源は天にあると、認識。海・雨・日・天が融合し、再び神(八百万の神・創造主)を感じ、再認識した瞬間である。以後、祭司(卑弥呼=上の使者)に委ねることで、争乱は回避し、災害無きよう祈願した。当然このことは海洋民によって、韓半島南部はもとより、日本列島くまなく、タイムラグ無く伝播され、神社単位の集団(国)が形成された。神社(八百万の神・創造主)形態日本の始まりである。以後水稲耕作の基幹をなす神社信仰は、海洋民によって瞬く間に伝播され、それまでの銅矛銅鐸信仰を一掃、取って代わったと推察できる。2につづく⇒

スポンサーサイト

真実史観2こだまでしょうか金子みすずと被災坩堝大和日本と神道と東日本大震災

2こだまでしょうか金子みすゞと被災坩堝大和日本と神道と東日本大震災


佐賀県嘉瀬川

 水稲栽培に不可欠な日と水。上記のように先人は日と水の上(神)を求めて上(神)に遡り上(神)に至り、そして川の要所要所には、社を祭った。魏志倭人伝邪馬台国検証過程での産物である。

 嘉瀬川は川上峡下流から放射状(人工か?)に分流し、佐賀平野を潤している。そして分流基部から真東に、ほぼ直線の道路があり、吉野ヶ里遺跡がある。今に残る「上無津呂」「與止日女」の上代仮名。日と水が頼りの水稲栽培、「川神」呼称、分流基部河畔の祭神「よどひめ(與と卑弥)(與と日水)」さんは、卑弥呼邪馬台国を彷彿させて余りある。

 水稲用水の源の川を上へ探査し、辿り着いたのが山頂と天。争乱と天変地異を鎮めるため、平和な時代を作った壹與と日水子を邪馬壹國の守り神とし、壹與と日水子の社を、信奉する子孫が重要な川沿いに祀り、壹與(いつよ)と日水子(ひみこ)祭神神社、訛って與と日水(よとひめ)社となったと考えられる。

 

嘉瀬川流域に鎮座する與止日女神社最上流から下流へ

1淀姫神社。佐賀市富士町上無津呂「上無津呂川河畔(嘉瀬川最上流)」。淀姫「與(壹與)と日水(卑弥呼)」神社は、本流、支流合流部に鎮座している。文久2年(1863の棟札に1350年祭をとりおこなったと、記録にあるので、513年創建と考えられる。旧郷社

 上無津呂川は、雷山(953.3)が水源。上無津呂川は、支流五つが合流し神水川ともいう。上流の、本流と支流はあわせて六つ。「雷山」「上無津呂川」表意は、「来山」「神六つ路川」と推測できる。神水川は、嘉瀬川(古場川)と合流し嘉瀬川となる。嘉瀬川と今はなっているが、表意は川神川、ではなかったか。上流下流にかかわらず、ダム、発電所名は川上で、下流景勝地名は川上峡である。

2淀姫神社。佐賀市富士町古湯(貝野川合流河口部河畔)。旧村社。資料無し。

3河上神社(與止日女神社)「よどひめ」さん。佐賀市大和町河上。欽明天皇25(564)年創立とある。最後の支流が合流し終えて、分流する直前の嘉瀬川河畔「景勝地河上峡」に鎮座している。

淀姫神社。佐賀市三日月町堀江(祇園川河畔で、嘉瀬川合流河口。嘉瀬川下流)資料無し。

淀姫神社。佐賀市川副町福富。旧村社。資料無し。

4与賀(よか)神社(與止日女神奉斎)。佐賀市与賀町。

 「神社名鑒」欽明天皇25(564)年創建し、與止日女神大明神と称したとある。旧県社。

 「ふるさとの文化遺産・佐賀県・人文社」欽明天皇26(565)年に、佐嘉郡小津西郷の塚原大明神を遷して祀ったと伝えられるもので、初めは塚原大明神と称したが、朝廷より、與止日女大明神の神号を賜り、勅願所となったと伝えられる古社。祭神は豊玉姫命のほか、七柱の神を祀っている。

5本庄神社(與止日女神奉斎)。佐賀市本庄町。本荘大明神とも称す。昭和38(1963)年、鎮座1400年祭がとりおこなわれた(563年創建)。佐嘉郡本荘妙見山淀姫大明神が、大塚妙見社において、示現したともいう。旧郷社。

自然災害の坩堝列島日本

 天災の台風は毎年襲ってきたが、防御と復興に団結して対処した。この自然災害は農耕水稲の民を幾たびも存亡の危機においつめた。しかし、恨みとせず(恨みなら住み着かず日本は無い)八百万の神々の試練ととらえ、自然災害克服の歴史とし、繰り返しの災害を克服してきた。それが日本の歴史だ。自然災害が日本精神(公・絆・究極の共産)を育んだといえる。

神社連合の証(大いなる和)が「大和」の地名

 以後神社は、海洋民が水稲耕作と共に伝播し、日本全土に広まった。神社単位の日本水稲共同作業集団(倭)が、白村江の戦い以後、唐・新羅の侵攻に備え、談合し連合、瀬戸内海最深部に本拠を移し、地名を「倭連合」の大和(大倭)(大いなる和)と命名、連合の証しとした。神社(水稲共同作業集団)が連合(大和)し、祭司も統一された天皇「日水子から日(天)の本の子」となり、日本「日=天=創造主・本=本源=中心」と成った。

 基は同じ海洋民なので、水稲栽培伝播、国形成も同じ、かつ船での頻繁な往来が有るので、神話神社等も共通する。国産み神話で祖を明確にしたので、従属や国譲りに抵抗は少なかったのではないか。国産み神話は、大乱無き統一のために、必要不可欠なものであった。大乱にしての食料や田畑破壊は敵味方皆消滅する、倭国大乱で学習しているので、避けたはずだ。神武東征は戦争ではなく、各所集まっての国難対処の討議であろう。戦争なら、あんなに短時間で団結は出来得ない。そしてそのまま神道統一国家日本となった。

「和をもって貴しとなす」から始る聖徳太子の「十七条の憲法」は天道(災害列島に生きる術)の明示

 侵略者唐・新羅の恐怖が、根源での比類なき団結(大和)となり、日本を成し、連合の新たな根拠地の地名を、「大和」と名づけた。神社団結といえる。黒曜石も陸稲水稲も神社も墓制も、海洋民がタイムラグ無く伝播した。その海洋民、海の神崇拝の長の地が出雲だったが、海岸なので唐新羅連合軍に攻められやすい。白村江敗戦以後の唐新羅侵攻に備え、懐の深い土地に移動し連合。その土地を、倭連合の証、「大倭=大和(大いなる和)」と命名したと、推察される。

辞書には、「山処」の意か?「大和・倭」は旧国名。もと、天理市付近の地名から起こる。初め倭と書いたが元明天皇(661~721.在位707~715)のとき国名に2字を用いることが定められ、「倭」に通じる「和」に「大」の字を冠して大和とした。「大倭」とも書いた。とあるが、この時代は白村江の戦い(663年)から40数年経て、「唐・新羅連合軍」混乱から政権がやっと安定した時代で、古事記風土記等が編纂されている。がしかし、唐の資料との不一致が多く、一系政権正統化宣伝用資料としての意味合いが色濃く、統一過程が無い。上記推察は、中国史書と日本史書から、導き出されたものである。「和を以って貴しとなす」の「大和日本誕生」までの詳細はこちら⇒1邪馬台国佐賀卑弥呼陳寿魏志倭人伝歴訪日加算旅程方角距離のみが正確

「訓知識」ではなく「音知識」丸暗記の東大准教授本郷和人とNHK天皇家を王家と呼称

 「考証の本郷氏 当時、天皇イコール「王」だった」NHK「平清盛」、皇室を「王家」呼称?産経新聞愛読者倶楽部(24日付13面)。NHKで時代考証を担当、「王家」の表現を使うよう提案した本郷和人・東大史料編纂所准凶授の言い訳。

 「なぜ天皇家、皇室という言葉を用いなかったか。ひとことで言えば、『平清盛』の時代には使われていなかったから。…この時期には…天皇家も皇室も、また『王家』も、言葉としては定着していません」

天皇家(祭司連合)と、王家(武力の長)の判別すらも出来得ないほど「お馬鹿」で、「訓知識・検証回路」皆無丸暗記が、東大文系凶授の正体!

   

災害国家日本であるが故に究極の共産主義(天道を敬い助け合う絆)は産まれるべくして生まれた。

 天地異変は八百万の神のなせる業。人間界の神、宗教ではどうにもならないことを体感して来た。天災は宗教を、絆を、ことごとく破壊し奪い、ノアの箱舟にした。残ったのは宗教も絆も無縁の生命体のみ、残った生命体が新たな絆を構築し適者生存した。これが日本開闢来の歴史である。残った生命体には宗教で争う暇など無かった、それどころではなかった。同胞相争えば滅亡あるのみであった。日本先人はこうして天災から学んだ。多宗教が混在し、八百万の神、神道の子として適者生存したゆえんである。

 思考の始まりが誕生で、思考停止が死である。天災の度に、現世=±(禍福=思考)で、来世=0(禍福皆無=無思考)で、生命体=0±0と現実を体感させられた。宗教や唯物は一切流され現実(生かされた己と生命体)だけが残った。

かんながらの民日本人と世界屈指の天災多発列島

 三陸沖地震と大津波古くは869年(貞観津波はM8)と、1611年(慶長津波)が被害甚大で、1677年、1836年、1856年の各年の地震にも、大津波を伴った。明治以降では1896年6月15日の明治大津波(全半壊流出家屋1万0617、死者2万7122人、津波の高さ岩手県綾里湾で30m)、1933年3月3日の昭和大津波(家屋損失9000、死者2986人、津波の高さ綾里湾で24m)、チリ地震津波1960年5月24日(家屋被害4千戸、死者142人、津波の高さ6m)、2011年3月11日岩手県宮古市で37,9m(4月9日現在。全半壊流出家屋5万8487(全壊4万8572、半壊9909、流出6 全焼84、死者1万2915、行方不明1万4921)。

 

天災は鎮守の森や「いぐね(屋敷林)」に学べ

 高田松原と称されたあれほどの防潮林が、たった一本残したことは、八百万の神々の怒り啓示である。神(造物主)への道を遡り、止まった時計を動かす事が、遺された子孫の勤め。

宮脇 昭「いのちを守る300キロの森づくり」
 

止まった時計

 

泣いて泣いて、泣き尽くし

おもいで人の声を聴く

時を刻めの声を聴く

怒りの神々一本松原

時を刻めの声を聴く

止まった時計を動かすことは

生かされ人の想いで時計

  真実史観

 

 ちなみに宮沢賢治は、1896年明治大津波(6月15日)の後(8月27日)に生まれ、1933年昭和大津波(3月3日)の後(9月21日)に亡くなっている。

 富士山は781年~1707年まで10数回の噴火記録があり、800、864、1707年が大噴火。

 1771年沖縄八重山諸島と宮古島が明和の大津波で1万2千人の被害者。

 東南海地震1944年12月7日東海近畿が大被害M8震源は紀伊半島沖。尾鷲ほか熊野灘沿岸で8~10mの大津波。死者998人負傷者3059人、家屋被害7万3千80戸。

 南海地震1946年12月21日九州中国四国近畿が大被害M8震源は潮岬南西方50Km家屋被害3万9千127戸死者1330人。

 新潟地震(1964)死者26人、阪神淡路大震災(1995)6434人の死者、新潟県中越地震(2004)死者68人は、記憶に新しい。

 この他に加えて、毎年の台風被害と、日本は世界にまれな、天災大国である。

 

こだまでしょうか金子みすゞと被災大国大和日本と神道と東日本大震災

 金子 みすゞの本名は、金子テル。1903年(明治36年)4月11日~1930年(昭和5年)3月10日。山口県大津郡仙崎村(現長門市仙崎)に生まれ.、大正末から昭和初期にかけて活躍した童謡詩人。1923年(大正12年)9月に、『童話』『婦人倶楽部』『婦人画報』『金の星』の4誌に詩が掲載され、西條八十が若き童謡詩人の巨星と賞賛した。26歳の若さでこの世を去るまでに512編もの詩を綴った。「こだまでせうか」のほかに、代表作は、「わたしと小鳥とすずと」や「大漁」などがある。

 みすゞのふるさと仙崎は、古くから鯨が糧の、捕鯨漁師の村であった。獲り尽くさずの共存共栄互恵、鯨に対する感謝の念から、胎内にいた70数頭の子鯨を弔った鯨のお墓、鯨墓がある。墓には「生きるためにやむを得ず命を奪ってしまったが、どうか成仏してほしい」と刻まれている。また村の寺には、鯨鯢(げいげい)過去帳という鯨の戒名242を記した霊簿が保存され、鯨を獲らなくなった現在でも、毎日のお供えやお墓参りはかかさないという。

 こうした獲り尽くさずの共存共栄互恵の漁村で育った金子みすゞは、鯨の供養のために、鯨法会を催す地域の慣わしに感銘、「鯨法会」という作品を書いている。自然とともに生き、いのちを慈しむ思い、いのち有るものへの深い洞察が、金子みすゞ詩集の原点となっている。童謡の姿ではあるが、徹底して昇華しており、童謡詩人と言うよりも、命の詩人が正当である。みすゞの詩は、表音ではなく表意言葉でつづられているので、直接琴線に共振し木霊する。

 結婚し一人娘(ふさえ)も産まれたが、夫の放蕩は止ます、淋病を罹病、歩くことも困難(当時は特効薬も無く、死に至る病でもあった)となった。詩作も禁止した夫との、罹病や子供の親権等でケンカも絶えず、離婚の危機が迫っていた。

 「こだまでせうか(原文)」は、こんな、人生最悪の時につづられたという。1929年は、金子みすゞ自殺前年(25歳)である。

 

金子 みすゞ

 

こだまでせうか 、

 

「遊ぼう」っていふと、

「遊ぼう」っていふ。

 

「馬鹿」っていふと 

「馬鹿」っていふ。

 

「もう遊ばない」っていふと

「遊ばない」っていふ。

 

さうして、あとで

さみしくなって、

 

「ごめんね」っていふと、

「ごめんね」っていふ。

 

こだまでせうか、

 いいえ、誰でも。

 

※優しい言葉には優しい言葉が、冷たい言葉には冷たい言葉が返ってくる。こだまでしょうか?いいえ、(こだまではなく、このように)誰でも(皆同じ言葉を返すのが人間だから、優しい言葉をかけようね。助け合おうね!)。

 括弧部分を加えると意味は解るが、詩ではなく、ただの説明文になり下がる。がしかし、みすゞのように切り捨てると、詩となる。読み比べれば、「誰でも」で斬ったことにより、この詩は凝縮され、昇華していることがよく解る。

 現実の苦界を見事に昇華しての再結晶化が、この詩の、静かな響きとなっている。この詩は、唯心なら共振するが、唯物は共振しない。

 

 優しい言葉には優しい言葉が、冷たい言葉には冷たい言葉が返ってくる。「優しい言葉をかけよう、いつかは夫も変わるかもしれない。優しい言葉をかけ続けさえすれば、やり直せるかもしれない」という、夫への思いともいえる。

 しかし夫は変わらなかった。

 心身共に疲れきった娘を見た母親は、娘を離婚させ、みすゞと孫娘を連れ帰った。

 1930年(昭和5年)2月に正式な離婚が決まった。みすゞは、せめて娘を手元で育てたいと要求し、夫も一旦受け入れたが、すぐに翻意、娘の親権を強硬に要求。離婚から数日後、夫は、期日を指定して「娘を連れ戻す」と手紙で通告してきた。この時代、子供を引き取る権利は父親にしか認められていなかった。

 願いを夫に承諾させる方法は、自ずから命を絶つこと以外、思いつめたみすゞには、もはや、浮かばなかった。

 死の前日の3月9日、写真館で最後の姿を写し、娘に遺影として遺した。「娘が夫のもとで育っても 幸せにはなれない ふさえには心の豊かな子に育ってほしい (みすゞの言葉)」と訴え、娘を自分の母に託すことを懇願した遺書を遺し、睡眠薬を服毒し自殺。1930年(昭和5年)3月10日、みすゞは、26年の短い生涯を閉じた。

 高く昇華する繊細な感覚は、過度に過敏で壊れやすい。繊細な感覚には、煙に揺らぐ線香の様でさえも、時には雷光雷鳴となる。方向を違えると、己への刃とも成る両刃の剣である。死と生を見つめる目は、末期の目そのもの、芥川の視点と同じである。最後の写真の右目は異様で、左目は温和である。

 

人間は神に非ずを身を以てその都度実体験(天災台風は毎年)し、災害の坩堝に居住した先人。

 幾たびも繰り返された大災害、そしていつも人造物(財産や宗教)はすべて押し流され着の身着のまま(平等体)の、この災害列島にがたどり着いた先祖の姿、ノアの方舟(旧約聖書の創世記6~8章)となった。

 いつも残された自然と残された命との対話から始まった。八百万の神への祈り、残った生命体との共生が生きる術であった。こうして、ご先祖の血と汗と泪で、何度も何度もDNAに刻み織り込まれた。

 いくら人間が生命体の覇者とおごり高ぶってみても、他の生命体と同質の、生命体の一部にすぎないことを、その都度繰り返し繰り返し思い知らされた。神のご加護で生かされている生命体の一部の、命をつむぐ糧として、他の生命体や道具等をうやまう八百万の神信仰が生れたのは当然なのである。

 戦後の復職赤化教授や、継承した文系パブロフ犬教授に歪曲された下善上悪共産カルトではなく、下善上善の共産(掟破りは死刑のリンチではなく、戒めの村八分とし、残りの二部、葬式と火事は、同胞として扱った。生きる知恵)であった。死者はたとえ敵であっても丁重に弔った(死者はみな同じ。生命体の尊厳を守った)。ゆえに、天災坩堝日本列島で適者生存出来得た。

 被災したら、略奪騒乱などの自滅行動(関東大震災や終戦時の朝鮮罪日)はせず、じっと同胞を信じて待つ。非被災同胞が助けた歴史があるからだ。日本は南北に長い、被災地があればかならず非被災地はあった。こうして日本精神互恵は育まれた。こうした艱難辛苦が、一見、傍目には美しい、まほろばの民を創造した。

お馬鹿を繰り返す日本の「言葉と文字界」と透徹した至言の英仏

 英経済コラムニストマーティン・ウルフ氏は、「悲劇に鍛えられた文明があるとすれば、それは日本だ。日本人は(悲劇性)を乗り越える」と書いた。4月22日。

 フランス動画震災後なぜ日本人は冷静なのか
 TV朝日「千思万考」4月24日黒金ヒロシという漫画家が、今回の東日本大震災の秩序に基づいた行動は、孔子の「論語」からきた訓えだと、お馬鹿なことをいっていた。

 生死の境に訓えなどで人間は動かない。集団自決は軍の命令などと書いた大江や裁判官判決も同じ。生死の境で皆さんは訓えや命令などで、動きますか?みな、本能に従うものだ。胸に手を当てて考えれば判ること。余りにも日本の仮想界(判事や売文業の大江や漫画家等)は現実離れし、現実を知らなさ過ぎる。TV朝日は朝日新聞記者と同じで、現実知らずの温室ボケばかりが出演者!

開国以後日本の指針露西亜凶産食民治主義のブロック経済破壊互恵自由貿易で真の独立

 TPP論争に欠けているもの。生命体はおしなべて衣住ではなく、衣住。世界が食糧危機に陥った場合、自国優先は当然で、輸出せずは当たり前、余してもいいから、食料確保自給自足は国の根幹。

 日清日露大東亜戦争は、露西亜、凶産ソ連中国、列強食民治主義の、ブロック経済を破壊、食糧確保し生存するのための、適者生存戦争であった。

 時代対処のため戦国の世に開国し、自給自足(江戸初期1600年1227万人で、121年後の1721年3128万人に倍増したが、以後は、125年間江戸末まで横ばい(間引きと推察される)で、1846年3230万人。つまり、これが、当時の日本の、自給自足限界人口)から輸入加工輸出国に転換、85年で人口倍増(昭和6年1931年6500万人なので、自給自足に後戻りは、二人の内一人が餓死者。棚田は、日本民族自給自足苦闘の証し!)。迫る清国とその属国朝鮮、南下する露西亜、そして凶産ソ連と食民治主義連合、そして更に巨大化した黄禍論白人連合との対峙と、まさに未曾有の時代であった。先人はこの死活(負ければ二人の内一人が餓死者)の時代を、一丸で命を懸け、子孫に禍根を残さずと、日清日露大東亜(人口三倍増加で負ければ三人の内二人が餓死者)、すべて先憂後楽で対処した。資源無き小国、援軍のあて無き籠城や後手は確実な餓死。全て先手、外地戦は、古今東西小国戦法の、定法である!

 ちなみにWW1勝者英・仏、敗者ドイツへの仕打ちは、休戦条件「即座の食糧供給」の無視で、餓死者80万(ほとんどが老人女子供)もの犠牲者を出し凄惨を極めた。休戦条件破りが戦国時代の常識であった。そしてこれが、WW2の遠因となり、日本先人のトラウマの一つとなった。

 マッカーサー証言「1951年5月3日・彼らが戦争を始めた目的は、大部分が護国(by security)のためだったのです」は、このことを看破した、証言なのだ。ベンブルース等、弁護人の弁護も唯心で、同類である。3につづく⇒

真実史観3唐新羅の国難に神社連合の証「大いなる和」が地名「大和」の由来

3唐新羅の国難神社連合の証大いなる和」が地名「大和」の由来

 

 「板子一枚下は地獄の海洋民(宗主国・バイキング・台湾・南洋諸島・済州島)」には、このかんながら(絆)唯心は、皆有るが、海洋民の歴史無き大陸には無い。以心伝心共有するものがあったから、戦後の宗主国英断となり、日本は早期に独立でき、日本分断も回避された。唯物中国凶産癌半島罪日ロシアは、ご覧のとおり、戦後66年経ても「唯物」のままである。

 

 日本は、台風、水害、地震、津波、火山と、世界屈指の天災多発列島である。幾たびも、物や宗教や差別や権力等の人造物全てが流された。そして、着の身着のままひとしく生命体の原点に戻され、その都度、眼前に残った自然と、赤子の原点で対峙し、ノアの方舟となった。

 宗教を超えた創造主(八百万の神々)の一しもべ(生命体)にすぎないことを、定住以来何度も何度も知らしめされてきたのが日本民族である。そして神道が産まれた。神道の母は創造主災害天災の歴史で、人間創造の宗教ではない。

 団結絆共産、その証が数多の神社だ。創造主(八百万の神々)が降臨しおわす所を古代はやしろ、そして神社として祀った。災難のときはわざわいから学び、福に転化し、御加護を願い、成就の時は感謝し、成就せずも、他人に責任転嫁せず、再起の御加護を願った。団結し祈願、祈願成就を感謝し、鎮守のやしろとした。

 国難や災害には、朝鮮や罪日のように騒乱などは起こさず、八百万の神々の一しもべとして祭司(日水子→天皇)の基に団結し、開闢以来対処してきた。日本精神は、災害対処克服のキズナより生れたものだ。絆で団結したがゆえに日本族とはならず、日本民族日本国として歴史を積み重ねてきた。日本精神(公)は、開闢以来の幾多の災難が作り上げたものである。古より日本は、八百万の神々(創造主)を崇拝、祭司(天皇)も国民も、創造主の天道を宗とする臣からなる、共産(唯心)の、極致国家である。捏造が党是で、凶産(唯物)党人間が教祖の、人造凶産カルトとは、次元が異なる!

天道とするが日本人を証明した天災時下(東日本大震災)の日本人

2011/08/18/ Japan Earthquake: Ethical Residents Return $78 Million From Rubble
2011/08/19 動画 【震災】津波で流れた金庫の23億円返還に欧米驚き

 こうして主日本(八百万の神々)と従(天皇と国民)は、共生共死一体となった。この唯心国家が、凶産カルトや食民治主義の唯物蹂躙を、看過出来得たであろうか!

 1938(昭和13)年12月31日駐日英国大使がグルー米国大使に、対日経済制裁について提案の覚書を送ったが、グルーは、

 「日本人は頑強な民族で、個人的また国家的犠牲に慣れている。彼等は歴史を通じて惨事や災害との遭遇に慣れており、『命懸け』の精神は他のいかなる民族よりも深く日本民族の中に沁み込んでいる。支那においてこれだけ多くの血と財貨を投じた今、日本が今事変での敗北を認めるというが如きは、当大使館としてすこぶる考えがたい仮説である」と、反対であった。

 

文系も理系も天理天道(真実)を探求する学問

文系も理系も天理天道を探求する学問なのだが、文系は丸暗記のみで留まり、驕り高ぶり探求者皆無。

 現実界では、文系も理系も丸暗記のみ(答案にはオウム返しで回答はするが、思索解答出来得ず知識を使えない者)などは、役立たずで不要。

神道は八百万の神々への道で、宗教は宗を教える宗への道

 神道は八百万の神々(造物主)への道で、人間が「宗」への道を「教」える宗教などではない!次元が異なる。子供でも、「なぜ?どうして?」と辿れば解ることだ。丸暗記のみで留まり、驕り高ぶり、探求心皆無の文系は、職責の学究もせず、なんと神道も宗教も一緒くただ。戦後の文系は、おしなべて職責不履行。現実界での職責不履行は、全てが塀の中なのだが、戦後の文系「言葉と文字界」は、なんと驕り高ぶりの絶頂である。こんな不条理を許してはならない!

天理天道遡求は神への道

 物事全てに禍福と起因がある。人類は「なぜ?どうして?」と天理天道を辿り、神に逆らわぬ道を探し、火と水を手なずけ、電気を造り、「真実」に至り、「進歩」、適者生存してきた。この遡求は、天理天道、造物主への道である。現代文明の基点、英国ワットの蒸気機関の発明は、偶然の産物などでは、決してない!

 宗教は受動だが、神道は能動だ!神への道は、みすからの頭で考え、歩まなければ進めない、近づけない。まさに、神のみぞ知る道である!

 

神社は自然林の中に鎮座。宗教は人工物の中に有る

騎士道(西の果てのブリテン諸島)と武士道(東の果ての日本諸島)

 西欧も、キリスト教以前は自然崇拝の多神教(ドルイド教の神官ドルイドが司祭)で、農業牧畜に従事のケルト人が伝播した。西の果てのブリテン諸島にはケルトの名残、太陽(造物主崇拝)と十字架(キリスト崇拝)が融合したケルトクロス(十字)が数多く残っている。東の果ての島国日本には、造物主崇拝(神道)が、後世の、人間創造宗教とは融合せず、万世一系で現存し、祭司(天皇)も、一系で現存している。そして、国旗は太陽神(日の丸)である。西洋人のDNAにも当然、古の面影は、刻まれている。

 

日本人の神道

伊勢神宮は五穀豊穣天下泰平祈願の社

 お伊勢参りは、祈願の代参の公的意味合いもあり、お伊勢参りの人に代参を託し寄進したので、無一文でも出来た。主日本、従国民一丸(私欲無き公)の証である。

西行

 大神宮(伊勢神宮)御祭日によめる西行(平安末から鎌倉初めの歌人。武家だが、出家し仏門に入った)の歌

何事の おわしますをば 知らねども かたじけなさの 涙こぼるる

 (どんなことがおありになるのか知らないけれども、ありがたいと思う気持ちで涙がこぼれることだよ)内閣文庫本山歌集・西行(行教和尚作とする説もある)。

 

外国人の神道

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲1850~1904年。1890年来日し96年帰化)

 「日本文化の根幹は神道である」。「日本人は目に見える一切の森羅万象背後に、超自然の神霊を考え、山川草木から井戸、かまどにいたるまで、それを司(つかさど)る神を見る。日本人はこの国土を創造した神々の子孫である。神道とは、その祖先崇拝の思想で、死ねば霊となって、子孫と国を守ると考える」

 

ポール・アントワーヌ・リシャール

 フランスの詩人、弁護士、キリスト教の牧師。大正5年来日(1905年日露戦争。1918年WW1。1916~1920年滞在)大正6年、1917年『告日本国』発表。彼は、東西の精神文化の融合と人種差別撤廃の生涯であった。※日本国の臣東條英機は、手帳「修養録」に「告日本国」を自記し、肌身から離さなかった。

 

『告日本国』(野口薔薇・大川周明訳 真実史観訳)

曙の子ら海原の子らよ、華と焔「ほむら(炎)」の国、力と美の国の子らよ聞け。

涯(はて)しなき海の渚の波が、日出づる国の島々を褒めたたうる栄誉の歌を。

汝(なんじ)の国に七つの栄誉あり。ゆえにまた七つの大業あり。さらば聞け、

その七つの栄誉と七つの使命とを。

 

一、独り自由を失はざりし亜細亜唯一の民よ、

汝こそ亜細亜に自由を与うるべきものなれ。

 

二、かねてより他国に隷属せざりし世界唯一の民よ、

この世のすべての隷属の民のために、立つは汝の使命なり。

 

三、かねてより滅びざりし唯一の民よ、

すべての人類幸福の敵を滅ぼすのは汝の使命なり。

 

四、新しき科学と古き知恵と、欧羅巴(ヨーロッパ)の思想と亜細亜の思想とを、内なる心に統一する唯一の民よ、

これ等二つの世界、

来(きた)るべきこの世のこれらの二つを統合するは、汝の使命なり。

 

五、流血の跡なき八百万(やおよろず)の神をもてる唯一の民よ、

すべての神々を統一して、

更に神聖なる真理を発揮するは汝なるべし。

 

六、建国以来一系のすめらぎ(天皇)、永遠に亘る一人のすめらぎ(天皇)を奏戴「ほうたい(謹んでいたただく)」する唯一の民よ、

汝は地上の万邦「ばんぽう(あらゆる国)」に向かって、

人は皆一天(造物主)の子にして天を永遠の君主とする一つの国を、建設すべきことを教えんがためにに生まれたり。

 

七、万邦に優れて統一ある民よ、

汝は来たるべきすべての統一に貢献せんがために生まれ、

また汝は、戦士として人類の平和を促(うなが)さんために生まれたり。

 

曙の子ら海原の子らよ、かくの如きは華と焔(ほむら)の国なる汝の、七つの栄誉、七つの大業なり。

 

クロ-デル

 クロ-デルは大正末10年(1921)から、昭和の始め2年(1927)まで、駐日フランス大使の詩人。大東亜戦争の最中、1943年秋の言葉。

 「私がどうしても滅びて欲しくないひとつの民族がある。それは日本だ。あれほど古い文明を今に伝えている民族は他にない。日本の近代における発展、それは大変目覚しいけれども、私にとっては不思議ではない。日本は太古から文明を積み重ねてきたからこそ、明治になって急に欧米の文化を輸入しても発展したのだ。どの民族もこれだけの急な発展をするだけの資格はない。しかし日本にはその資格がある。古くから文明を積み上げてきたからこそ資格があるのだ」クロ-デルはこう述べた後、最後にポツンと次のように付け加えた。「彼は貧しい。しかし高貴である」。

 

トインビー

 アーノルド・ジョゼフ・トインビー伊勢神宮参拝にての記帳(1889~1975年英国の歴史家、文明評論家「歴史の研究」の著作がある)1967年11月29日

 「Here, in this holy place, I feel the underlying unity of all religions(この聖地のここに、私は、あらゆる信仰の根源を感じる)」 Arnold Toynbee 29 Novenber,1967

 さらにトインビーは、 「唯物から唯心へ回帰」と、次のように説いている。

 私は、人類はいま再び汎神教へと回帰する必要があると信じています。われわれは人間以外の自然がもつ尊厳性に対して、元来もっていた尊敬と配慮の念を取り戻す必要があります。そして、そのためには、われわれがそうするのを助けてくれる、正しい宗教ともいうべきものが必要です。この正しい宗教とは、人間も人間以外をも含む自然全体がもつ尊厳性と神聖さに対して、崇敬の念をもつべきことを教えてくれる宗教のことです。これに対して、誤れる宗教とは、人間以外の自然を犠牲にして、人間自身の貪欲さを満足させることを許す宗教です。結論的にいえば、われわれがいま信奉しなければならない宗教は、たとえば神道のような汎神教であり・・・・」(二十一世紀への対話)(注・凶産教等の誤れる宗教カルト教は、自らを神と自称するが、真の教祖は、弟子が尊称したもの)

 

オリヴィエ・ジェルマントマ

 「日本待望論」(1943~フランス国営放送プロデューサー作家)1998.11産経新聞社

 1990年秋、・・・。ある雨もよいの日、筑波山神社に詣でました。山中で迷い、そのとき、再び神々の力を感じたのです。霧の中に一人さまよい、風と木々の生きた気配にかこまれたとき、直感として胸に閃いたのです。私共の祖先ゴール人(もっと遡ればケルト人)がキリスト教以前に持っていた信仰は、きっと、神道に近いものだったに相違あるまい、と。

 

 日本人には何度も着の身着のままの裸にされ命の根源に引き戻されてきた歴史があり、命の根源では争わず、すべての恩讐を超え、人間の英知で助け合い適者生存してきた。リシャールの「告日本国」はこの互恵を踏まえてのまほろばの民としての詩で、クロ-デルは言葉である。西行もトインビーもオリヴィエも、先人同様に、「創造主」を「感じ」て、「生命体」に過ぎないことを再認識している。トルコ、エルトゥールル号遭難者救助、ポーランド、シベリア孤児救出等は、この発露。

 

 アジア同胞は、敗色色濃いにもかかわらず、大東亜会議に馳せ参じ、日本敗戦後も継承し独立。世界の同胞も継承して次々と独立。そして戦後から僅か15(1960)年、戦勝国も継承しての「植民地独立付与宣言」、人類の新時代、「自由貿易・互恵・人種平等」を基幹とする、現代が始まった。孤軍奮闘する日本に、「宗教・人種・勝敗」の「枠」を超え、「」の「根源」を「感じ」たからに他ならない。「不感症」は、犯日唯物の凶産ソ連(ロシア)中国癌半島罪日のみである!戦勝国も「感じ」、一丸となり尽力した。1小国日本適者生存の術は共栄圏神道敬天愛人と孫文が一致大アジア主義

 日本は、肉を切らせ骨(開闢からの弱肉強食)を断った。戦勝国、肉は切った(戦争には勝った)が、逆に赤心(命の根源)を、まざまざとみせつけられ、自ら骨を断った。英断である。まさにリシャールの、「告日本国」そのものとなった!リシャールは「感じ」、そして、このことを「予言」したといえる!

 

明治三陸地震Tsunamiとポトマック河畔の並木

 エリザ(エライザやイライザ)・ルアマー・シドモア(シッドモアやスキッドモア)(Eliza Ruhamah Scidmore、1856年~1928年)は、アメリカの著作家・写真家・地理学者。ナショナルジオグラフィック協会初の女性理事。1885年~1928年にかけて度々日本を訪れ、1891年『シドモア日本紀行 明治の人力車ツアー』外崎克久訳講談社2002年等の著作がある。

 ワシントンD.C.のポトマック河畔桜並木の最初の提案者として知られている。

 明治三陸地震津波(1896年)の取材、"The Recent Earthquake Wave on the Coast of Japan"を、『ナショナル・ジオグラフィック・マガジン』1896年9月号に載せた。「津波=Tsunami 」という言葉が、英語文献に使用された始まりと言われている。

 日本滞在中、瞬時の天災「津波」と、はかない花「桜」に遭遇したシドモアは、ワシントンD.C.に日本の桜を植える計画を着想し、1885年ワシントンへ帰国後実現に努力したが、病虫害への懸念から徒労に終わらざるを得なかった。

 シドモアの桜並木計画は、着想から24年後の1909年、大統領となったウィリアム・タフトの妻ヘレン・タフトが興味を示したことで、実現へ大きく動きだし、日本から寄贈の3,000本余の桜が届いた1912年3月27日、記念の植樹をおこなった。ちなみに、1909年に寄贈された桜は、検疫で害虫が大量に発見され、すべてが焼却処分となり失敗に終っている。

 そして99年後の現在、西ポトマック公園やワシントン各地の桜を観に多くの人々が訪れている。全米桜祭りは特に盛大である。

 横浜で兄のジョージと住んでいた母エリザが亡くなったのが1916年、その6年後の1922年に、独身でアメリカ総領事だった兄ジョージが亡くなり、母の墓(横浜外国人墓地)に一緒に納められた。

 兄と同様やはり生涯独身だったシドモアは、1928年11月3日、ジュネーブで死去、享年72歳。その翌日、11月4日付けのニューヨークタイムズの記事は、「自分が死んでも葬儀は無用、火葬にして散骨してほしい」とシドモアが、ジュネーブのアメリカ領事に手紙を残していたと、伝え、彼女のアメリカの親しい友人たちが葬儀を行うつもりだとも、伝えている。

 日本国阿吽のはからいで、日米の文化交流に尽力した人として引き取り、横浜外国人墓地の、在日米国領事であった兄や母の眠る墓に、埋葬した。その傍らには、1991年にワシントンから里帰りした桜が植えられ、「シドモア桜」と名付けられている。

 津波と桜に日本を見たエリザ・ルアマー・シドモアは、母や兄と共に日本で眠っている。

 

真実は胎動した!66年間も職責果たさず給料泥棒の、「破壊者(東大京大等文系)」には、もう任せられない!

 すべての人造物(宗教も物も)が一切合財流され、自然(八百万神)と人間のみが残った。物は流され八百万の神の下。みな平等の被災者になった。唯物(人造物)は育たず消え、唯心のみが残り育ち、八百万の神への信仰が育まれた。敵将敵兵もみな平等に祀るのがその証し、日本に各宗教が混在するのもその証である。自然と対話することで日本人が形成された。助け合いが適者生存の術。団結が、天災の坩堝日本列島に居住する術。唯物が一掃され皆唯心となった。

 天地異変が日本の歴史、物欲を捨て一丸(公)となり、自己犠牲で対処してきた。開国後の国難(日清日露WW1WW2)に際しての兵士の手紙や特攻隊の遺書には、恨みつらみが無く、自己犠牲に溢れている。戦後の復職東大教授や赤化スパイやWGIPで、軍人にだまされた愚かで哀れな国民と洗脳され、分断されたが、真実は、紛れも無く、一丸であった。

 その一丸を、戦後復職の赤化教授どもと継承した東大京大等教授NHK朝日毎日等の言葉と文字界が破壊し、現在に至った。現実界から著しく乖離した空人(66年間も無検証の机上記憶機文系教授や評論家作家記者政治家官僚TVラジオ等の言葉と文字界)を信じてはいけない、また今後、こんな丸暗記のみの空張子の虎を作っては成らない。立派な先人から授かった子孫の頭で考えよう。

 

東大は常に、虚実混交化石知識の人間HDD博物館かスパイの巣窟、いずれかである

 戦前の唯心(団結)破壊活動で戦後はびこったのが我欲集団で、「言葉と文字界」は唯心(自己犠牲・国)無き唯物宗教(ご利益があるの凶産やカルト教等)我欲集団。

 東大京大等文系卒は、丸暗記鵜呑みに脳を全て使い尽くし(空きが無いHDD)、人間として最も大事な、思索、検証の判断回路を失った。回路が無いので進歩しない!結果、脳は、丸暗記の子供の儘。一見顔は大人だが、鵜呑を繰り返すのみの、脳は子供の儘の、「偽成人・子供脳」である。鳩山兄弟、菅、仙谷、中山成彬、西村眞悟 、大江、五百旗頭、半藤一利、福島瑞穂。加藤陽子、NHK、TBS、TV朝日、朝日、毎日岩波等々サンプル数多花盛りだ!戦後、この「識者仮面・子供脳任せにしたため、こんな惨めな日本になったのだ!日々革新で、無能者や捏造者は即刻淘汰の「現実界」では、「表音丸暗記空知識・子供脳」と正体が瞬時にバレバレで、生存不可の落伍者(実社会では無能者)!「識者仮面・子供脳」でも、「東大京大等卒(中身は中古千円電子辞書以下)肩書き」でだませる、温室(言葉と文字)界のみが、唯一の生息地。戦後66年間もの無思索、無検証での、オウム返しの繰り返しが証し!NHK等報道界、創作力(思索・検証)喪失の、捏造、馬鹿タレ馬鹿笑いの垂れ流しで日本語をゴミ化、ゲテモノキワモノ氾濫末期症状が、証し(28日常識欠損フジTVと馬鹿タレ劇団ひとりと秋元才加の、ブータン国王夫妻のものまね。唯心無き輩は日本の屑だ!)現実界では無能者、無人島では即死が、輩の正体!

 点取りゲームランキングは、非難さえすればランクアップするので、つまみ食い非難ブログ大流行目白押しだが、輩は常人回路欠損病人、病人非難は酷であろう。非難は怨念を買うのみで、時間の無駄。ゲームの点数稼ぎが目的の迎合論(私欲)より、不買(本・新聞・笑っていいともスポンサー商品)、不投票(私欲・偽成人・凶産社民民主宗教)、不払い(NHK受信料)の実利(公)が肝心!一掃総入れ替えが、日本新生最速

 

 戦後の下善上悪凶産カルト教育で、かんながら(絆)が破壊されたかに思われたがどっこい、日本国土台の「現実界」は、微塵も破壊されず、被災地同胞が身を挺して世界に知らしめた「キズナ」は、燦然と世界に輝いた。かんながらの「絆」は、DNAに刻まれたものと考えて間違いは無い。

 「赤穂浪士」「特攻」「自決」等で、2006年検証開始当初から、日本人は「唯心」と確信出来得た。この確信が、「唯物・凶産」捏造「侵略者・日本開戦・東條英機・戦陣訓・中国・韓半島・罪日・青葉慈蔵尊等」検証の母であった。66年間もの捏造隠蔽の検証を、これまでまっとうできたのは、この強い確信があったからに他ならない。

 イザこれまでのブログアクセス数(2010年4月11日で40万。2011年大晦日489で計706,754。閉鎖したHPと合わせると、読者数は約130万を超えた。500人の読者/1日。集計ランキングを表示するは、当初から許可済だが表示されず?)。コメント(5,565?)これまでの削除は犯日アラシ3のみ。ブックマーク (1,048)。お気に入りRSS (3,479)。 

 真実を究明し、凶産中国癌半島罪日偽ロシアのみならず、世界に発信し、子孫に遺すのが第一目的。保守愛国右翼も、凶産左翼捏造屋も、同一俎上で捏造か真実かの一刀両断、日本適者生存史なので、援軍無しは当たり前、「言葉と文字界」66年間もの捏造と隠蔽が相手、孤立無援の日本軍同様、「現代の言葉と文字界黙殺」覚悟の背水の陣、愚民化洗脳され尽したと諦観、「子孫のみが一縷の望み」の船出だったが、想定外のこの援軍は、6年間没頭検証の、大いなる追い風となったことは言う迄も無い!そして同時に、「絆」はDNAに刻まれたものと、確信した。

 恨みとパンのみに生きる、唯物凶産中朝韓罪日とは、根源的に異なる。真逆の極が、日本人唯心である!

 津軽三味線や能、歌舞伎等、今に残る数多の芸は、おしなべて苦界に落ち、苦界より生じた芸である。がしかしそこには、恨みつらみなど、微塵も無い!まさに禍福昇華、唯心の極みがあるのみである。だから、時代を越えても、人種宗教言葉を超えて、共振するのだ。

九九年間の戦国時代をも乗り切った国旗「日の丸」と国歌「君が代

 天災列島日本は何度も何度も細(さざれ)石となったが、先人はその都度天道に従い、石の巌(いわお)(一丸)と成って、苔の生すまで栄えてきた。我らがご先祖の歴史をうたう、国歌「君が代」。

 

「君が代は千代に八千代に細(さざれ)石の巌(いわお)となりて苔(こけ)の生(む)すまで」

 

琴線が共振する伝説の「君が代独唱」女子高3年野々村彩乃2010年選抜高校野球大会にて

 

 戦後から67年、2012年こそは、捏造から真実史観へ!ネチズン革命かんながらの旗、日の丸を頭上に掲げ、一丸の証し国歌「君が代」の基に、被災地同胞とは更に団結、「キズナ」破壊の元凶、丸暗記空識者「言葉と文字界」を一掃し再構築、新生日本を築こう!2012年は「頂門の一針」元年!

 

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

真実史観母国韓国大虐殺被害者少女像浮かばれず毎日日本へ隠蔽虐殺者糾弾哀訴

1母国韓国「大虐殺被害者少女の像」浮かばれず!毎日日本大使館前で悲痛な哀訴!

隠蔽虐殺者を糾弾してくれと!日本人に手を合わせ、究明を、糾弾を、懇願する少女!

2014.11.27 05:10 産経ニュース抜粋は真実史観の感想
米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに
 米政府がクリントン、ブッシュ両政権下で8年かけて実施したドイツと日本の戦争犯罪の大規模な再調査で、日本の慰安婦にかかわる戦争犯罪や「女性の組織的な奴隷化」の主張を裏づける米側の政府・軍の文書は一点も発見されなかったことが明らかとなった。
 「米国議会あて最終報告」として、2007年4月にまとめられた(文末リンク)。米側で提起されることはほとんどなかったが、慰安婦問題の分析を進める米国人ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏とその調査班と産経新聞の取材により、慰安婦問題に関する調査結果部分の全容が確認された。※米国聖戦論者が公開妨害か?
 調査対象となった未公開や秘密の公式文書は計850万ページ。そのうち14万2千ページが日本の戦争犯罪にかかわる文書だった。極端に少ない日本の戦争犯罪!
 報告の序文でIWG委員長代行スティーブン・ガーフィンケル氏は、慰安婦問題で戦争犯罪の裏づけがなかったことを「失望」と表明。調査を促した在米中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」の名をあげ「こうした結果になったことは残念だ」と記した。※米国聖戦論者の本音!
 報告では日本の官憲による捕虜虐待や民間人殺傷の代表例が数十件列記されたが、慰安婦関連は皆無だった。 慰安婦問題について(1)戦争中、米軍は日本の慰安婦制度を国内で合法だった売春制の延長だとみていた。※当時の常識!

 ヨン氏は「これだけの規模の調査で何も出てこないことは『20万人の女性を強制連行して性的奴隷にした』という主張が虚構であることを証明した。日本側は調査を材料に、米議会の対日非難決議や国連のクマラスワミ報告などの撤回を求めるべきだ」と語った。

【ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)】 クリントン政権時代に成立した「1998年ナチス戦争犯罪開示法」と「2000年日本帝国政府開示法」に基づき、第2次大戦での日独両国の戦争犯罪の情報開示を徹底させる目的で00年に始まった調査。国防総省、国務省、中央情報局(CIA)、連邦捜査局(FBI)などに未公開の公式文書を点検し戦争犯罪に関する資料の公開を指示した。

 ケント・ギルバート氏マイケル・ヨン氏の記事を和訳
 
日韓問題:第二次世界大戦中、韓国男性が臆病者だったとでも言うつもりか?

 マイケル・ヨン氏「今までほとんど誰も存在すら知らなかったIWGの報告書を読んで欲しい。もし全部を読む時間が無いようなら、報告書の中で慰安婦(Comfort Women)を検索して、その部分だけでも注意深く読んで欲しい」
 かっての敵国アメリカが8年30億円かけて日本先人の潔白を証明した「最終!」検証報告書
Nazi War Crimes & Japanese Imperial Government Records Interagency Working Group
Final Report to the United States Congress April 2007
http://www.archives.gov/iwg/reports/final-report-2007.pdf

 「日本九九年戦争・資源無き島国日本、適者生存戦国時代唯一の術は、先手あるのみ。後手の本土戦は、兵糧攻めで必滅。露西亜、清国(属国朝鮮)南下阻止が第一義、後手は必滅、先手で打って出た。
 結果が台湾朝鮮(自立不能で)統治(極東共栄圏樹立着手)、満州建国尽力(凶産の砦)、日中戦争(中国凶産化での中ソ凶産連合阻止)、南京政府樹立尽力(中国凶産化阻止)で極東共栄圏構築。

 日中(反共)戦争で疲労困憊の日本は、戦国の定法弱肉強食、恰好の餌食となった。米英中蘭(ABCD)が兵糧攻め、ハル・ノートで降伏を迫った。出稼ぎ戦争対、日本は死活戦争。極東から大東亜に共栄圏樹立を拡大し、あらん限りに戦ったが、大東亜同胞の、完全覚醒追随まで戦いきれず、矢尽き刀折れ、敗れた。

 がしかし、戦いざまに共振した同胞が、一気に蜂起、独立。1960年の植民地独立付与宣言(互恵)が根幹となり、自由貿易64年開放経済)、平等65年人種差別撤廃)を成し、凶産は残ったが、戦争目的は完遂した。弱肉強食の世に、戦後67年間のごとき無能無策の後手日本なら、何もかもが消滅していた。それでも戦後消滅しなかったのは、『身体を筆にし、流れる血と汗と涙でえがいた先人の、人類への遺書』以外、あろうか!

 “戦かわざれば”の平和論があるが、防共の砦日本が去るやいなやすぐさま凶産化、朝鮮戦争惹起したもう一方の真の敵、中ソ凶産連合軍隠蔽スパイの、工作論である。ABCDと“戦かわざれば”の降伏は、防共の砦無き丸裸日本で、中ソ凶産の、恰好の餌食となった。この戦いは、目的も無きただの防御戦。多勢に無勢で、瞬時に最後の独立国日本は潰え、日本族の名を残すのみの、まさに、犬死に無駄死にの戦争となっていた。同胞の、支配者からの独立も無い!新秩序など、当然無い!支配者と、被支配者の地球に成っていた!」

追軍売春婦合法遡及処罰事後法禁止は法の原則遡及難癖は禁じ手禁止法

追軍売春婦(従軍慰安婦と捏造)、当時は商行為の合法である。現代法や現代道徳で遡及難癖は事後法で、未開地韓国内のみ通用する禁止法。禁止法での難癖目的は、民度自白の「金くれ」と、条約破りは明白。禁止法に耳貸す輩はスパイ 

 警察と日本国民大和なでしこが協力し、日本に仇名す日本冒涜捏造団の鎖、阻止かと思って動画をみたら、驚いた。なんと!真逆なのだ。なんとも異常な日本警察の行動である。外務省の周りを手でつないで囲む日本に仇名す日本冒涜捏造団の鎖完成に加担し保護し、あろうことか、日本亡国の敵を糾弾した日本国民大和なでしこを排除した。日本に仇名す日本冒涜捏造団を保護し、日本国死守の大和なでしこを排除とは!これが本当に日本の警察か!警察と大和なでしこが外務省を護り、捏造思想戦スパイは一歩たりとも近づかせない。これぞ日本の警察だろう!思わず我が目を疑い、唖然とした!・・・無知の国民の目には、悪人大和なでしことしか見えないであろう!大和なでしこが外務省を囲むべきであった。相手を間違えた陣取りの失敗である!車椅子の高齢老人宋神道(神道とは?これ本名?“泣き売”には効果覿面な名前だ)(89)を前面に押し出しての罪日捏造常套手口“泣き売”。捏造66年間の思想戦“泣き売”罪日プロと、覚醒したばかりの手弁当国民、大和なでしこの差である。しかし覚醒した国民は、手弁当国民大和なでしこのけなげさをしっかりと目に焼き付けた。魁の役目は十二分に果たしたと言える。警官が排除しないなら、真逆を突破し、国民が排除すべきであったかもしれないがしかし、日本国女性大和なでしこが主体の抗議行動である、この要求は酷であろう。大和なでしこは大健闘である!党派を超えた靖国参拝議員や立ち枯れや稲田朋美や櫻井よしこや田母神俊夫(閣下の役目、陣取り指導もせず)等の自称愛国団は、この肝心要の時に一体何をしていたのだ。私欲の金儲け優先か?立ち枯れや似非と呼ばれたくないのなら、この不条理を突破し阻止しろ!それが愛国自称者の職責だ!

 亡国思想戦捏造団と職責放棄警視庁のやりたい放題!今後は突破し排除、この日本国冒涜の不条理を、断じて許してはならない!警察も立派なご先祖から授かった自分の頭で職責を考え、頭を冷やせ!よしんば一歩譲ったとしても、外務省を警察が護り、両者とも排除が、常人の常識である!それを日本人なでしこは排除し、日本冒涜外務省冒涜捏造思想戦のお手伝いとは!まともではない!このままなら「職責無知のお馬鹿な警視庁」として、歴史に打刻されるのみ!天道無き警察など不要。12.14なでしこアクション
 日本は屈指の災害国、全てが流される。全てが流されたので「助け合って」復興し生存してきたのが歴史である。人造物は全て流されるので当然差別も流される、本質的には、日本に差別は無い。ところが災害非常時関東大震災に、なんと世界の在日数多の中で唯一朝鮮罪日のみが、日本在住の常識「助け合い」はそっちのけで反乱を起こした当然成敗された。なのに、なんと真逆に捏造した朝鮮罪日慰霊碑を建立し、嘘の上塗りをしたのだ。常識のみの検証でも捏造は明白。突然の震災に、顔の良く似た朝鮮人のみの選別は不可能。助け合いの震災時に、暴徒が出たので成敗したら、すべて朝鮮人であった。朝鮮人のみが暴動を起こしたので成敗されたが、真実。朝鮮人の暴動がすべての起因である。当然嘘は暴かれ、現在は捏造自白証拠碑となっている。この碑は、数多の在日等皆が助け合いの震災時に、唯一朝鮮人のみが暴動を起こしたという証拠で、非常時暴動特殊朝鮮人証拠碑である。

 ところが、懲りない癌国、またまた捏造証拠碑。2011年12月14日、ソウルの日本大使館前に元慰安婦を象徴する少女の像、捏造証拠設置。これは李明博大統領来日に先駆けての、癌国と手下の罪日スパイが企てた、思想戦である。1993年河野洋平官房長官は、癌国の“泣き売”謀略に、容易く引っかかり、鵜呑み無検証馬鹿丸出しの世襲亡国奴偽員を自白した。野田も鵜呑み無検証は同類、同じ轍を踏む可能性は、十二分に有り!

 李明博大統領は「日本に誠意ある措置がなければ、第二第三の慰安婦像建つ」と“罪日得意の泣き売脅迫”で出自自白。野田は「これからも人道的見地から知恵を絞ろう」と、「常識無知」を曝け出した。「朝鮮先人は、人さらいを黙って見逃すほど、だれもが腰抜けだったのか!昭和4年の光州事件を知らぬのか!」と、一喝すれば済む事である!(注・1929(昭和4)年の光州事件。日本人中学生が朝鮮人女学生をからかったことが原因で、大規模な学生抗議運動となり、朝鮮全土に広がった)

 韓半島は露西亜ソ連凶産の、砦の役目はもう終えた。李朝差別の病人にはかかわらず無視が得策。かかわるとこのようにつけあがる。「従軍慰安婦像」は「捏造証拠像」なので放置、罪日は送還し、癌半島も放置すればよい!アメリカは捏造拡散となるので、撤去!【拡散】6月9日締め切り。アメリカの慰安婦碑撤去に署名をお願いします!初めて署名する方も簡単
 「宋神道従軍慰安婦」は捏造で、「宋神道追軍売春婦」が正しい。「追軍売春婦」は「公娼」で、れっきとした高給取りの「春を売る商売」である。
癌国人、いあん婦問題に言及 日本は「解決済み」と主張 
癌国人を名乗る人物3.11に不謹慎動画愚民化の極み
ソウルに「慰安婦」博物館が開館 慰安婦像に続き「反日」の象徴2つ目2012.5.5

参照⇒
ローマ法王看破!ミサ7人の老女は朝鮮戦争犠牲者か洋公主!

同族殺しが犯日国家(偽ロシア偽中国癌半島)の共通項

 世界中で騒いでいるのは、唯一朝鮮人のみ。戦後66年経てもこれだけ大騒ぎする朝鮮人が、当時は全く騒いでいない。戦国時代に朝鮮のみが悲劇ではない、皆悲劇であったが、矜持ある他の有色人同胞は、戦国時代の禍福を併せ呑み、皆、当時の尺度(非常時戦国時代)と現代の尺度(平和時)を判別し、朝鮮人のように無茶苦茶混同しないのである。当然である。当時は非常時の戦時下戦国時代、平和時の尺度での思考は間違い。

 朝鮮の悲劇は、「(共産)狩り」の名を騙り、老人女子供まで虐殺した四三・保導連盟等民族浄化虐殺の、戦後の悲劇で、日本統治下戦国時代の「追軍売春婦」や、「日本統治」如きではない!すりかえるな偽朝鮮人!

 人類の特異人、朝鮮人世界で唯一誇りの無い民族)、の醜悪さを、大統領自ら日本国民に曝け出してくれたので覚醒に拍車がかかったといえる。

 凶産ソ連は崩壊し、凶産中国も北朝鮮も自己崩壊間近で、ほどなく先人の願った「共栄圏」となる。それまでは一切関わらず、罪日は強制送還し、国交断絶して放置すればよい。現在、凶産中国癌半島罪日以外は全世界共栄圏、この同胞と更に絆を深め、包囲網を狭めれば、先人が唯一やり残した人類の敵凶産カルト崩壊は加速し、癌半島も、元凶の李朝差別桎梏から解放され、韓半島となる。一度日本が破壊し、朝鮮の元凶と指摘してあげた李朝差別は、根が深い自己摘出手術以外に、もう、道はない!

 

時事通信 12月14日(水)
外務省囲みシュプレヒコール=元慰安婦支援の団体―東京・霞が関

 ソウルの日本大使館前に従軍慰安婦問題を象徴する少女の像(捏造証拠碑)が設置された14日、東京・霞が関の外務省前でも、元慰安婦を支援する「日本軍『慰安婦』問題解決全国行動2010」などが集会を開いた。参加者は外務省の周りを手でつないで囲み、代表者が問題解決を訴えシュプレヒコールを上げた。

 同団体の梁澄子(正体は後述)共同代表は少女像に関し、「日本政府は平和の碑を共に喜ぶのでなく、阻止しようとしている」と述べて日本政府の姿勢を批判。元慰安婦だったという宋神道さん(89)は「一日も早く解決してくれないと死んでも死に切れない」と訴えた。(癌国得意の“泣き売”である)

 

 この行動は、下記犯日捏造団と、福島瑞穂(社民党首)岡崎トミ子(宮城)糸数慶子(沖縄)等の常識皆無亡国奴議員らが画策した。「従軍慰安婦」は戦後の捏造で、「追軍売春婦で当時の職業」が正当!朝鮮人は世界にも珍らしい『売春させろ!』と集会し、抗議デモをする国民である。(朝鮮日報 2004/10/07)1真実史観検証贋半島偽中国罪日愚民化政策隠蔽用対日戦時下日本極悪捏造教育

2010年11月25日

犯日捏造団正体(以下は、スパイと正体自白文)

犯日捏造団正体は、2009.1.22李明博創立韓国スパイ組織「VANK

日本軍「慰安婦」問題の立法解決を求める緊急120万人署名
 1991年、韓国の
金学順(キムハクスン)さんが元「慰安婦」として名乗り出られて以来、各国の多くの被害女性たちが声をあげました。若い日にだまされ、あるいは暴力で日本軍の「慰安所」に監禁され、想像を絶する苦しみを受けた被害者たちの多くはすでに亡くなり、残された方も今はもう80代90代の高齢になられています。

※前掲1991年、元慰安婦と自称の金学順は、証言後すぐに偽証と発覚している。

1993年に河野洋平官房長官(※癌国の“泣き売”謀略に、容易く引っかかったお馬鹿丸出しの、世襲亡国奴偽員)(当時)が、調査結果に基づき「お詫びと反省の気持ちを申し上げる。そのような気持ちを我が国としてどのように表すかについては、今後とも真剣に検討すべきもの」との談話を発表しましたが、その後、なんら進展がありません。私たち(※日本人に成りすましの罪日)が加害国(※日本人に成りすましの罪日の犯日)の一員として、また人間として、誠意を表すことのできる時間はもうあまり残されていません。

 政権交代が実現した今こそ、日本軍「慰安婦」問題を解決させる法律早期に成立させましょう(※日本人に成りすましの罪日)

世界を動かした! 被害女性の18年の闘い※世界に嘘をばら撒いた 騙り女性の18年の騙り三昧

 日本軍「慰安婦」問題に関しては、2007年7月にアメリカ下院議会が「日本軍が女性に性奴隷制を強制したことについて、公的に認め、謝罪し、歴史的責任を受け入れるべき」との決議を全会一致で可決したのをはじめ、オランダ・カナダ・EU・韓国・台湾の議会で、同様の決議を可決しています(※世界が騙りにだまされた)。また、国連やILOなどの国際機関からも勧告が継続して出されていますが、日本政府は「法的に遵守義務がない」として、無視し続けてきました(※騙りなので当然である)。

 多くの女性の人権を残虐に踏みにじったうえに、戦後64年を経ても未だに被害者に公的謝罪も賠償も行わず、国際社会の勧告にも耳を貸さない日本政府のかたくなな態度は、世界の人々に不信感を持たれています(※罪日の犯日工作)。

(中国凶産に便乗した癌半島出自のスパイ工作と検証済みで、条約で解決済の過去の出来事を、また蒸し返している(捏造しての条約違反)⇒凶産捏造中帰連中国の旅朝日本多勝一731悪魔の飽食森村誠一下里正樹 共和党と民主党アメリカ二大政党の対日相違点戦争を引き起こす民主党

全国の議会から、解決をもとめる声が!VANKと罪日の犯日工作

 日本国内では、2008年3月の宝塚市議会を皮切りに、清瀬・札幌・福岡・箕面・三鷹・小金井・京田辺・生駒・泉南・国分寺・長岡京・船橋・国立・田川・ふじみ野・我孫子・向日・吹田・堺の20市議会(2010年3月現在)が、「慰安婦」問題の解決を求める意見書を可決して国に提出し、岡山市議会も同趣旨の決議を採択しています。こうした取り組みは全国各地に拡がっています。(※国無き社会社民民主日教組凶産等の、いいとこ盗りして善人の振りをする、お馬鹿と自白の輩である)

今こそ立法による解決を!

 この問題の解決は、アジアの人々との真の和解と平和につながります。国内で湧きおこる声と国際社会の勧告に耳を傾け、真摯に解決をめざして取り組むのが日本政府の果たすべき役割です。(※アジアのみならず、全世界は皆覚醒済みで嫌朝鮮。未覚醒は日本人のみ。台湾や韓国ほど発展した国があるか!在米韓国人が思い知った世界の真実

 2009年夏、民主党・社民党・国民新党による連立政権が誕生しました。民主党と社民党は共産党とともに、日本軍「慰安婦」問題の解決のため、「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案」を2001年以降8回、国会に上程し続けてきました。

 私たちは、新政権(民主党)がこの問題の解決を次世代に持ちこすことなく、一日も早く法律を成立させ、高齢の日本軍「慰安婦」被害女性に心からの謝罪と償いを届けることを求めます。(※便乗したスパイとの自白である)

 

<賛同人>

※正体は、無知無検証丸暗記自白の実技無き机上(言葉と文字)界文系実技無き空人で、VANKの傀儡。

伊藤成彦(中央大名誉教授東京大学文学部ドイツ文学科卒業)

キムイルソン主義研究1999年10月号

「日朝国交正常化交渉の中断は、日本側が共和国にたいして、核疑惑や大韓航空機爆破犯の女性の日本語教師だったとされた李恩恵など何の根拠もない問題をもちだした結果でした」。

キムイルソン主義研究2000年7月号

「(国交正常化交渉で)もう一つ懸念されるのは、行方不明者の問題、日本政府が主張しているいわゆる拉致問題です。『拉致問題』にはいっさいの証拠がないため、これをとりあげてハードルを高くしようと思えば無限に高くしていけます」。

2001.01.24 民団新聞

「参政権は国民固有の権利」という意識は19世紀の論議であるとして、外国人に日本人と同様の(被選挙権を含む)参政権を与えるべき

朝鮮新報 2008.4.23

「日本の植民地支配がなければ、朝鮮民族が戦争に巻き込まれることはなく、外国軍が来ることも、38度線での分断もありえなかった。従って日本は、済州島四・三事件について済州島民に謝罪すべきだ」。(ここまでくると、狂人と、自白である)

聯合ニュース

2010年2月19日、「韓日平和議員会議」(会長:斎藤勁)の創立式で、同会議が北東アジア平和と民主主義発展に向け、日本による強制併合に対する謝罪や日朝国交正常化、米朝間の平和協定締結などの課題を推進すべきだと述べた。

※不治の狂人と自白で、以下も同類。こんな騙り屋が文系東大卒なのだ!

高橋哲哉(東京大学大学院教授)

吉見義明中央大学教授)

※参議院は思索無しの丸暗記屋

本岡昭次(元参議院副議長)

吉川春子(前参議院議員)

落合恵子(作家いいとこ盗りで善人の振りをする、醜い騒ぎ屋。

中山千夏(作家現在、TV垂れ流しの、馬鹿タレ元祖!

かにた婦人の村・清水澄子(I女性会議常任顧問)・東海林路得子(女たちの戦争と平和資料館長)・新屋英子(俳優)・高里鈴代(基地・軍隊を許さない行動する女たちの会)

西野瑠美子(VAWW-NETジャパン)・村山一兵(韓国「ナヌムの家/日本軍『慰安婦』歴史館」研究員)・山下明子(アムネスティ・インターナショナル日本・「慰安婦」問題チーム)

思想戦罪日スパイ

梁澄子(在日の慰安婦裁判を支える会)

小学校から高校まで朝鮮学校に通い、明治大学文学部を卒業、朝鮮語教師、通訳翻訳業。

辛淑玉(人材育成コンサルト)犯日が生活の糧の醜い罪日。

  李政美(歌手)・金時鐘(詩人)・金城実(彫刻家)・権海孝(俳優)・金石範(作家) 朴慶南(作家)・梁石日(作家)・尹美香(韓国挺身隊問題対策協議会常任代表)・廖英智(台灣婦女救援社會福利事業基金會董事長)

不明

ヴァージニア・ヴィリアルマ/レチルダ・エクストレマデュラ(リラ・ピリピーナ)

(2010年1月15日現在)

日本軍「慰安婦」問題の立法解決を求めます!!

 私たちは、新政権がこの問題の解決を次世代に持ちこすことなく、一日も早く法律を成立させ、高齢の日本軍「慰安婦」被害女性に心からの謝罪と償いを届けることを求めます。

内閣総理大臣 菅直人 様

衆議院議長  横路孝弘 様

参議院議長  西岡武夫 様

日本軍「慰安婦」問題の立法解決を求める緊急120万人署名全国実行委(VANKと罪日の犯日工作運動2につづく⇒

真実史観2慰安婦像や竹島は癌国四三・保導連盟等民族浄化虐殺隠蔽目的の思想戦

慰安婦像や竹島は癌国四三・保導連盟等民族浄化虐殺隠蔽目的の思想戦

「国家ブランド委員会(2009.1.22創立)」

 「国家ブランド委員会」は李明博大統領(2008.2.25就任)直属で、韓国のブランド(地位、イメージ、国の品格)価値向上目的組織。民間団体「VANK」を後援。韓国のブランド(地位、イメージ、国の品格)価値向上目的と美化しているが、正体は「李朝差別同胞大虐殺を隠蔽し」嘘を全世界への、何でも有り組織。上記組織は、癌国李明博が仕掛けた思想戦で、輩はスパイと見て間違いはない。

癌国の犯日理由は、民族浄化集団虐殺隠蔽目的で、罪日の犯日理由は、出自(李朝差別白丁)隠蔽目的である。李明博大統領(元在日)は、この両方が隠蔽目的である!朝鮮は儒教国家と自画自賛だが、南北朝鮮や罪日の捏造恫喝、何をかいわんや!南北朝鮮や罪日の儒教とは、上下差別が目的であることを自白している。日本は天道が基幹の主従だが、朝鮮罪日は、差別が目的の主従だ!

韓国捏造「慰安婦像」の正式名称は「虐殺被害哀訴少女像」!Holocaust Korean Girl

母国韓国虐殺され未だに隠蔽で浮かばれぬ少女像が、毎日日本へ哀訴!虐殺者糾弾をと! 

犯日根源の理由は、癌国の恥部、李朝差別民族浄化集団虐殺隠蔽目的!

赤狩り老人女子供まですべて共産と称し虐殺。共産討伐と美称しての民族浄化犠牲者

DO YOU REMEMBER?Holocaust in Korea!

大虐殺国民懐柔のため、李承晩ライン(仮想敵日本とし犯日開始)で竹島を火事場泥棒占領し、同胞大虐殺の矛先をそらした。現代も続く「竹島・慰安婦・難癖等の犯日」は、同胞大虐殺隠蔽懐柔目的の小道具!

1946年韓半島南の暴動勃発「10月人民抗争」 虐殺数は不明

1948年済州島「四・三事件」 済州人虐殺8万人以上

1950年6月25日朝鮮戦争 南北の死者400万人(北250万人)。実体は南(ニセ者9割の差別民と被差別民)対北(被差別民)。呼応した南の被差別民の助力で、たった2ヶ月で一気に釜山まで南下した。以後ニセ者9割の差別民韓半島南の韓国は、被差別民を凶産と捏造、済州人同様虫けらの如く虐殺した。

1950年保導連盟事件    韓国30数万人虐殺(60~120万人)

1951年居昌事件       韓国8千人以上虐殺

1951年国民防衛軍事件   韓国10万人以上虐殺

1980年光州事件       韓国2千人以上虐殺

無駄死にの同胞殺し合い合計が、449万人+北朝鮮不明+(60~120万人)

 ちなみに大東亜戦争の朝鮮人戦死者は皆志願兵で、南北で2万2182人。台湾も皆志願兵で、3万304人、日本は強制兵役、徴兵で、234万2341人が戦死。さらに米軍に80万人の市民が原爆空爆で、虐殺された。軍対民の同胞殺し合い(朝鮮同胞虐殺)ではない。

 朝鮮最大の敵日帝とののしる、日本が去った戦後の、同胞殺し合い死者数が、日本よりはるかに多い上記である。戦後66年経ても、犯日を続けるほどの極悪日帝が去ったのだから、平和到来が当然である。ところがそうはならなかった。朝鮮最大の極悪は日帝ではない、明確な証拠である。日本は李朝差別を破壊し、繁栄と平和を築いた。その差別破壊の日本が去り、再び恐怖の李朝差別復活!この恐怖がもたらした同族殺し合いが朝鮮最大の極悪で、日本ではない。国内再騒乱因子同族殺し(民族浄化)は隠蔽し、犯日で国民を洗脳懐柔目的の犯日は、子供でも分かることだ。韓国同胞虐殺元兇凶産は、捏造、李朝差別がすべての元凶

 虐殺首魁李承晩竹島占領犯日独裁で隠蔽。その後軍隊独裁で隠蔽。民主化されたが、日本軍極悪教育や捏造資料館で隠蔽。ネット普及で、隠蔽危うくなったため、「国家ブランド委員会(2009.1.22創立)」と称し、世界へ捏造思想戦開始。

 隠蔽がばれれば、国内大騒乱。癌国は捏造上塗り、ほころび繕いに必死である。癌国の急所はこの民族浄化隠蔽。日本ネチズンは目先の小事にとらわれずこの真実を世界に発信すれば片付く。民族の恥部を暴くのは本意ではないが、癌国が思想戦を仕掛け薮蛇を突いた以上、自衛は当然止むを得まい

詳細は下記

韓国李朝差別での同胞殺しを隠蔽し、反共殺しと捏造⇒1四三事件凶産蜂起は捏造さい州島血が汚れるの朝鮮浄化殲滅軍対耽…

戦後の犯日と亡国奴の年表⇒天皇不参拝合祀に非ず犯日団捏造英霊愚弄に慰霊の言葉喪失が理由

摘み食いNHK東大京大等のスパイに隠蔽され、捏造された歴史。

朝鮮南は日本海洋文化圏の一部米の伝播が解明捏造の古代日本史

 捏造の拡散は戦争起因。日中戦争WW2大東亜戦争全て、捏造の拡散が起因。

 

罪日が工作員正体暴露癌半島国策「国家ブランド委員会=思想戦」で日本洗脳

 軍政時代は締め付けで隠蔽したが、民政となりネットで正体暴かれた癌半島と民潭総連と罪日経営者は、癌流垂れ流しで捏造し、同胞虐殺・李朝差別を、隠蔽しようと必死である。愚民上塗りのこれも同類。「解決し、恨み晴らしたい」=83歳元慰安婦が出馬表明-韓国総選挙 国策で癌流捏造ドラマ、癌流人造顔スターの垂れ流し。日本の罪日総動員令の空港お出迎えや、罪日サクラで呼び水し、馬鹿マスコミ馬鹿タレが民潭総連に乗せられて大騒ぎ、癌国国策の手先となっている。罪日サクラは、売春させろデモ、イエローキャブと同じ李朝奴婢のたぐい。癌国は、朴李(パクリ)特需で味を占めたのだ。

同族殺し隠蔽目的癌国捏造プロジェクト芸能戦略・捏造史ドラマに加担するNHKと民法と電通

顔も歴史も捏造尽くしの金太郎飴ドラマ

 人造顔スター美化ドラマ、癌ポップ等癌国芸能報道や癌流ドラマを、全TV局(NHKやMXやフジすらも)、四六時中垂れ流しだ。これこそは、「ハニー・マネー」ですぐ転ぶ、「私欲・我欲」情報屋の正体語るである。百人斬り報道で同胞を見殺した情報屋である。輩には、理念(公)など皆無。輩は、糞味噌撒き散らし御用聞き小僧以外のなにものでもない。

 フジTV木村太郎が、KARAや韓ポップ売り出しに「国家関与」発言。すかさず癌国政府が反応、「関与否定謝罪要求」し、フジTVが謝罪訂正。すかさずに反応しての「謝罪要求」は、「国家ブランド委員会」関与の明白な自白である。政治に無関係な、たかが芸能界の話。事実無根なら、問われた時に否定すればよいことで、目くじら立てて大げさに、「謝罪要求」にまでする話ではない。やぶ蛇である。「国家ブランド委員会」なるものが実在するのだ。李朝差別・同胞殺し隠蔽キャンペーン、癌国ハニー・マネートラップ組織だ。癌国の映画やドラマのNHKや各民放の垂れ流しが証拠。罪日パチンコ組織、罪日、罪日企業、癌国「国家ブランド委員会」の手先、ハニー・マネートラップスパイが、言葉と文字界、NHK、TBS、TV朝日、毎日、朝日、電通、国会議員等に居る証しである。唐突な大げさ報道、ペヨンジュン支援金額と癌国支援隊が、いの一番だったのが証し。

 

TV朝日「スーパーJチャンネル」で、善人を装い洗脳する、大谷昭宏(元読売新聞社会部拝金御用聞き記者)。トラップは、ハニー?マネー?こんなもので国民をだませると思っているようだ!捏造自白無知お馬鹿丸出しである

 

大谷昭宏「そうですね、私はどんな戦争犯罪もですねー、あの許し難い戦争犯罪である事は確かだと思うんですね。ただ、この従軍慰安婦の件に関してはですねー、その戦争犯罪の中でもですねー、お詫びしてもお詫びしてもお詫びしきれないねー、犯罪だったと思うんですね・・・」。

 

国を憂わず、われとわが身を甘やかし、嘘垂れ流しの「言葉と文字界」現実界なら塀の中! 

 現代日本文系には、学者識者教授政治家弁護士皆無。尊敬に値しない無検証丸暗記屋オウムだらけである!ただのガラクタなら「鵜呑み丸暗記文系お馬鹿」で済むが、なんと中国凶産と癌半島と罪日のスパイが正体だ!日本の「言葉と文字(机上)界」は皆、「私欲」の、ハニーマネーでドブ漬けされている。税務署員よ、新生日本のためだ、ガンバレ!口先のみであぶく銭汗水流して働く者が馬鹿を見る、そんな日本にしてはならない!

 東大京大弁護士政治屋等の実技無き「机上(言葉と文字)界」こんな文系を鵜呑みせず、立派な御先祖から授かった子孫の頭で考え、思想戦スパイ一掃が、立派な先人の子孫たる証し!

 

 金正日一昨日に死去と報道(2011.12.19)。現在、日本ネチズンの凶産中国癌半島罪日資料は溢れるほど豊富、政策の誤りは許されない!

中朝韓罪日は、有色人の面汚し

 人類の新秩序1960年植民地独立付与宣言不参加国が中国凶産(1971年から国連加盟)北朝鮮・韓国(1991年から国連加盟)。この三国は、同胞殺しや隣国侵略征服(チベット・新疆ウィグル・内モンゴル・満州・竹島)に明け暮れ、いまだに戦国時代の野獣のままで、人類の新秩序「互恵」を知らない。そして、この三国と罪日のみが、人類唯一の犯日である!もちろん、蒋介石国民党中国(台湾)は、1971年まで国連加盟なので、植民地独立付与宣言賛成国である。

 凶産中国人や朝鮮人や罪日のような人間が、皆有色人だと白人から白眼視されれば、人類新秩序(人種平等)の立て役者、有色人にとって、これほど迷惑なことはない韓国人銃乱射NHKだけがアジア系報道。人類の新秩序「互恵」も知らない時代逆行無知民族中朝韓罪日は、有色人の面汚しどもといえる。唯物韓半島と罪日は、唯心台湾との対比があまりにも際立つ。誇り高き台湾3/5【台湾取材レポート】龍山寺前広場でのインタビュー・前半 H21/4/22

四・三虐殺犠牲者済州島は古より唯心の島、韓半島とは異なる歴史

1四三事件凶産蜂起は捏造さいしゅう島血が汚れるの朝鮮浄化殲滅軍対耽羅死守隊

Ⅰ毛皮が語るペクチョン・えた白丁在日差別自白朝鮮ルーツは水稲民海洋民

唯心日本帰化(唯心済州島出自)の呉善花(おそんふぁ)、唯物韓国(李朝差別)を語る

 自称両班10割(偽物9割)の韓国は、差別されるので自転車に乗らない。未だに李朝差別が脈々と生きている未開の国である!1/3【呉善花】日韓比較文化レポート[桜H24/4/14]

台湾人は地球人

  唯物韓半島と罪日は、唯心台湾との対比があまりにも際立つ。誇り高き台湾3/5【台湾取材レポート】龍山寺前広場でのインタビュー・前半 H21/4/22
 板子一枚下は地獄の民唯心海洋民(沖縄・台湾・日本)は、唯物民(中朝韓罪日)とは価値観が真逆で、水と油。「唯物(物欲)」中朝韓罪日とは真逆、きらめく台湾の唯心「親日国 たいわんと日本」
 

親日罪犯日でないものは財産没収という前代未聞の韓国の事後(遡及)法は、世界では禁止法

 親日罪(親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法)は、盧武鉉政権2005年にウリ党の崔龍圭、民主労働党の魯會燦など与野党169人の議員が国会に提出し、12月8日に可決、同月29日に公布された。親日派と認定された人物の名前を公表して吊し上げ、その子孫が所有する財産をも没収する法律。毛沢東の「文化大革命」と酷似する。

 没収対象は日露戦争開始前から大東亜戦争終結までの親日者なので、完全な事後法。正当な法律ではない。

 没収対象は大東亜戦争終結までなのだが、トラウマとなり疑心暗鬼が拡散。「親日は財産没収(親日罪)」と拡大し、犯日運動に油を注いでいる。韓国・「親日人名辞典」の配布禁止訴訟、最高裁で敗訴2012/04/15(日) 11:07
 北は互恵の世に先軍政治、南は事後法(世界では禁止法)政治の犯日。無法で異常な政治を、世界に発信しまくりである 事後(遡及)法・後世に作った法律で、遡って先人を裁く前代未聞の法律。もちろん、世界では禁止法である。

 

何のための条約か!

 表音丸暗記(受動)しようとすると皆目解らなくなるが、法律(敵討ち分断)も、戦後条約(紛争解決)も、作る側(能動)の、表意で考えるとすぐ解る。原点は、争いの切断である。

 戦時下は無法下。非常時下(無法下)を、常時下(法下)に戻す作業が、条約の第一義である。相互に膿を出し合った条約の締結後は、戦時下のことは、当事国政府が、各々一切の責を負い、他国に責任転嫁せず、相互が連鎖を断ち切り引きずらぬことが、条約の第一義で、戦後条約の原点である。

 日本国と国民は条約を順法し、沖縄も広島長崎等も日本国が補償し、一切中国等の連合国には請求をしていない。凶産平和団体や凶産原水禁の謝罪要求は、条約破りの違法!第一義が、戦時下を断ち切るための条約なのだから、当然なのである(決して日本が悪かったからではない!)。当然、全世界の各国も、中(凶産中国人)朝韓罪日(朝鮮人)以外は、皆条約を順守している。事有る事に内政干渉までして、条約破りの難癖付け違法行為は、この三国罪日のみ!

 当初、捏造が党是の凶産宣伝はあったが、条約破りはなかった。ところが、昭和58(1983中国鄧小平主席となり、平成1昭和64(1989小平の抜擢で江沢民が党総書記となり、平成5(1993)3月~02年中国鄧小平引退の後を継ぎ、江沢民が国家主席を兼務してからは、捏造犯日館犯日運動のみにとどまらず条約破り難癖訴訟、従軍慰安婦、強制連行、強制労働訴訟等が始まった。昭和47(1972)年日中共同声明調印21年後のことである。モノマネ外交の、朝鮮人や罪日もすぐさま便乗したことは、いうまでもない。

 韓国の思想戦、捏造慰安婦問題もこの一つである。条約で解決済みを知らないからこうなる。これではいつまでたっても戦時下で、条約の意味を成さない。韓国の思想戦に、条約も知らず蒸し返した馬鹿と、反応した馬鹿が原因。返答は、「条約で解決済み!世界を見習え!」一行で、済んだ事だ!「検証整合回路皆無」で、善人面志向のみの、「丸暗記馬鹿」が原因!「丸暗記馬鹿」には不投票で!「丸暗記馬鹿」本や新聞やTVスポンサー製品は不買で!「丸暗記馬鹿」NHKのオレオレ(公共放送)詐欺には不払いで!一掃!が、救国最速の術である!

 

友好でしょうか?

 

「遊ぼう」って言うと、

「強制労働!」って言う。

 

「もう遊ばない」って言うと、

「従軍慰安婦!」って言う。

 

「帰る」って言うと、

「差別!」って言う。

 

「ごめんね」って言うと、

「金くれ!」って言う。

 

そうして、あとでかわいそうになって、「遊ぼう」って言うと、

「謝罪!賠償!」って言う。

 

友好でしょうか?

いいえ、たかりです。

 

まれにでしょうか?

いいえ、いつでも。   真実史観

ネットジョークの傑作「バカチョン」「ちょん」
何でも難癖朝鮮人の言葉狩り放送禁止用語「バカチョン・ちょん」は、同時に、「罪日確認」用語でもある!
予備知識
 バカチョンカメラは、朝鮮人蔑視言葉ではない!語源は、 「vacation camera」。バケーションカメラとは、コンパクトカメラの総称で、「休日に手軽に持ち歩くカメラ」という意味。「vacationcamera」を、「バカチョンカメラ」とローマ字読みし、「バカでもちょんでも(バカでもシャッターをチョンと押せば)誰でも撮れるカメラ」と、落語的手法で日本古来の意味に置き換えて、日本語化したもの。真に絶妙な、「洒落た」表現である!

何でも難癖朝鮮人の言葉狩りで放送禁止用語(罪日識別用語

543 名前:番組の途中ですが名無しです2006/05/08

蛭子能収「昔、デジカメとかまだ無い頃ですよ、バカチョンカメラを持って行ったんですよね、私」 

アナ「わっ!!!あのー・・・、簡単なカメラですよね」 

蛭子能収「ああ、バカチョンカメラで、バカチョンカメラでですね?バカチョンカメラで??? 

アナ「あのー、すみません。おっしゃる意味はわかるんですが、 その言い方ですと誤解を招く恐れがありますので・・・」 

蛭子能収「あーっ!バカチョンって続けて言ったらダメなんでしたっけ!!

アナ「?」

蛭子能収「じゃあ、その・・・バカでもちょんでも撮れるカメラでですね・・・」

アナ「!!!

 

 「ちょん(おろかな者)」に反応し、日本古来の言葉を「放送禁止用語(言葉狩り)」にして、破壊した「ちょん」。差別している人間(ちょん)は、差別に敏感だが、差別無き人間(蛭子能収)は、無頓着。「ちょん」の抗議は「金くれ!」。ちょん」カタカナ単独語は、特定人を不快にさせる用語とのことで、ここでは使用禁止。

 広辞苑「ちょん」・たやすく物を切るさま。拍子木の音。物事の終了。しるしに打つ点。おろかな者。西洋道中膝栗毛「かりそめにも亭主に向かって・・・馬鹿だの、ちょんだの、のろ間だのと」。ちょん」カタカナ単独語は、特定人を不快にさせる用語とのことで、ここでは使用禁止で、破壊されている。

 

ちょん考察・罪日は「白丁」の「丁(ちょん)」に反応している

 日本と中国の白丁(はくちょう・はくてい)とは、中国と日本の律令制において、一般人(非公務職)の良民の男子の意。「白丁」の名は、無着色の白衣(無位無冠の着物)を着たことが語源。

 朝鮮の白丁(ペクチョン・ペッチョン)とは、高麗時代までは、日本と同じく無位無冠の良民を指す言葉。しかし李氏朝鮮の時には「백정」(ペクチョン・ペッチョン)と呼び、七般公賤(官奴婢、妓生、官女、吏族、駅卒、獄卒、犯罪逃亡者)・八般私賤(巫女、革履物の職人、使令:宮中音楽の演奏家、僧侶、才人:芸人、社堂:旅をしながら歌や踊りで生計をたてるグループ『男寺党』、挙史:女連れで歌・踊り・芸をする人、白丁)と言われた賤民の中の、最下層の被差別民を、示す言葉となった。

 日本統治で李朝差別の身分制度は破壊されたが、「白丁(ペクチョン・ペッチョン)」の、「丁(ちょん)」のみが朝鮮人隠語として残り、日本語の「ちょん(おろかな者)」と混同したと推察される。

 李朝差別を破壊した日本の撤退で、差別復活を畏怖した「白丁」子孫は、ほとんどが朝鮮には帰らず留まった。当然である。帰った者もいたが、差別され、すぐ密航し、舞い戻った。

 罪日の、言葉狩り癖、なんでも被差別癖、捏造癖、なんでも被害者癖、誇大妄想癖、捏造碑建立癖等々の捏造性癖は、こういったことが原因と、子供でも推察できる。まさに、日本人からすれば、「ちょん(おろかな者)」で、差別用語(白丁の意)ではない。日本語の「ちょん(おろかな者)」は、「ちょん(白丁)」の意ではないのだが、出自が「ちょん(白丁)」なので、差別(白丁)されたと錯誤し、過敏に異常反応するのだ。

 みずからが李朝差別を断ち切れば済むだけのことである。断ち切れず、日本に責任転嫁し、あげくの果ては、業としている者も居る。何たる性根だ!こんな下らんことで日本語が破壊されるのでは、たまったものではない!

 日本語「ちょん」は、差別語ではない。やる事なす事が、余りにも日本人と異なる常識を逸したことばかりなので、「おろかな者」と、ありのままの姿を、素直に表現したにすぎない。他人の粗探しばかりで反省など皆無の「ちょん」には、生涯解らぬだろうが。

 「ちょん」には、助け合い、誇り、嘘、反省、学究、互恵、平等、遡及処罰事後法禁止、という文字、唯心(道理)が無い!犬でさえ唯心(忠信)なのに、「餌くれの本能」のみで、犬以下!まさに唯物(ちょん)そのもの!

 反省皆無の「ちょん」、現在の行動は、さらにみがきがかかり、さらに常軌を逸している!「ちょん」の行動は「ちょん」そのもの。先人は、なんと的確な表現をしたことかと、感心するばかりである。・・・

※生活保護ダントツの韓国朝鮮中国

東京都内全外国人生活保護の実態!ダントツ韓国朝鮮
大阪市の異常な生活保護垂れ流し!ダントツ韓国朝鮮

 

李明博大統領正体(出自)白状大統領失職後の自己保身嘘の上塗り「泣き売」火病発言
毎日新聞 2012年08月14日
韓国大統領:発言の要旨
【ソウル澤田克己】竹島上陸や天皇訪韓を巡る李明博韓国大統領の発言の要旨は次の通り。
 (竹島上陸は)私が2、3年前から考えていたことだ。思いつきではない。深い配慮とこのような副作用がありうるという点を(検討した)。日本は今や、世界最高の国家ではないか。中国が大きくなったというが、内容的に見れば、科学技術、社会システムなど、いろいろな面で日本が(世界)第2の強国だ。日本が加害者と被害者の立場をきちんと理解できないでいるので、目を覚まさせようとしている。
 私はすべての国に国賓訪問したが、日本には(国賓としては)行っていない。日本の国会で、私が好きなように話をしていいというなら(国賓訪問を)するけれど。(天皇陛下も)
韓国を訪問したがっているが、独立運動をして亡くなった方たちを訪ねて、心から謝罪するというのならいいのだが。「痛惜の念」だとか、こんな単語一つで来るというなら、来る必要はない。
被害者騙りは罪日白丁「泣き売」常套手段、嘘の上塗りで出自白状。訪韓招請は李明博で、天皇陛下では無い!「韓国を訪問したがっている」と賎民得意の捏造。日清戦争で日本が血を流して独立さしてあげたが自立出来得ず、みずから併合を望み統治されたくせに、「独立運動」などと、どの面下げて言えるのだ!たわ言である。
日本経済新聞‎
【ソウル=内山清行】韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が15日の演説で、旧日本軍の従軍慰安婦問題で日本政府に「責任ある措置」を要求した。
自発商売売春婦を、強制連行従軍慰安婦(朝鮮人は、誘拐される少女20万人を守れなかった、世界一のグウタラ馬鹿民族)と捏造、世界に発信。

東大やマスコミ等の「ニセ文化人」よりスゴイ「唯心と唯物看破のおばあちゃんの話」二話

可愛い奥様04/08/09 
「嫌われることばかりをしてる人を嫌うのは差別ではない!

 年配の人ほど、マスゴミに流されませんよね。私の祖母はもう故人ですが、中国人と朝鮮人について経験から出た認識を持っていました。「差別!」と祖母を糾弾した私に、

 「嫌われることばかりをしてる人を嫌うのは差別ではない。差別、差別と印籠のように突き出してくる人間こそ卑怯者の差別者だ」と言ってました。

 

朝鮮歴史館06-02-01
 

 「カドたてんとことおもて譲り合うのは、日本人同士だけにしとき

 
    ,,.---v―--、_      日本人はな、お互い様やねん。
 ,.イ" | / / / /~`'''ー-、相手に譲ってもろたら今度は自分が譲るねん。
//~`ヾ、;;;;ソ'''''''ヾ、   ヽヽそうやって上手い事回っとったがな・・・
/:,:'      ... ゞ 彡 彡、ノ)  
!/  ~`ー'",..- ...   〉  !(  『あの人ら』は違う。
i   ̄~`      !  彡  |ノ  一回譲ったらツケ込んで来て、
,i ,.- 、 ゝ " '" ~ ~`ヾ,, --、|こっちはずっと譲らなあかん羽目になる。
/         _ ヾ"r∂|;! それでも『あの人ら』は平気なんや。

` '` ;::  "~~`  彡 r ノ/  カドたてんとことおもて譲り合うのは、
i    ノ       _,,.:'     日本人同士だけにしとき。
ヽ ノ"( 、_,..:ー'"ヽ、: : :i /  そうせんと『あの人ら』につけこまれて、
 ヽ、 ,. :: :: ヽ ノ:|ラ:)`ヽ、 『ひさしを貸して母屋を盗られて』、
   ヽ、`''''"""',,..-'"/ /   \日本がのうなってしまうからな。
                
お船やテレビのようにな!
 

ここには、文化人仮面の「実体験無き丸暗記空言葉」ではなく、実体験!「生きた言葉」がある生きた言葉」は、百万言に優る!

 

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次 

真実史観大和日本を大和日本にかへせといふのみ!十二月八日を記憶せよ!


大和日本を大和日本にかへせといふのみ!十二月八日を記憶せよ!

 「日本九九年戦争・資源無き島国日本、適者生存戦国時代唯一の術は、先手あるのみ。後手の本土戦は、兵糧攻めで必滅。露西亜、清国(属国朝鮮)南下阻止が第一義、後手は必滅、先手で打って出た。

 結果が台湾朝鮮(自立不能で)統治(極東共栄圏樹立着手)、満州建国尽力(凶産の砦)、日中戦争(中国凶産化での中ソ凶産連合阻止)、南京政府樹立尽力(中国凶産化阻止)で極東共栄圏構築。

 日中(反共)戦争で疲労困憊の日本は、戦国の定法弱肉強食、恰好の餌食となった。米英中蘭(ABCD)が兵糧攻め、ハル・ノートで降伏を迫った。出稼ぎ戦争対、日本は死活戦争。極東から大東亜に共栄圏樹立を拡大し、あらん限りに戦ったが、大東亜同胞の、完全覚醒追随まで戦いきれず、矢尽き刀折れ、敗れた。

 がしかし、戦いざまに共振した同胞が、一気に蜂起、独立。1960年の植民地独立付与宣言(互恵)が根幹となり、自由貿易64年開放経済)、平等65年人種差別撤廃を成し、凶産は残ったが、戦争目的は完遂した。弱肉強食の世に、戦後67年間のごとき無能無策の後手日本なら、何もかもが消滅していた。それでも戦後消滅しなかったのは、『身体を筆にし、流れる血と汗と涙でえがいた先人の、人類への遺書』以外、あろうか!

 “戦かわざれば”の平和論があるが、防共の砦日本が去るやいなやすぐさま凶産化、朝鮮戦争惹起したもう一方の真の敵、中ソ凶産連合軍隠蔽スパイの、工作論である。ABCDと“戦かわざれば”の降伏は、防共の砦無き丸裸日本で、中ソ凶産の、恰好の餌食となった。この戦いは、目的も無きただの防御戦。多勢に無勢で、瞬時に最後の独立国日本は潰え、日本族の名を残すのみの、まさに、犬死に無駄死にの戦争となっていた。同胞の、支配者からの独立も無い!新秩序など、当然無い!支配者と、被支配者の地球に成っていた!」

 

十二月八日を記憶せよ!   真実史観  

 

記憶せよ、十二月八日。

この日日本の歴史あらたまる。

「言葉と文字界」の主権、

この日日本の陸と海とに否定さる。

否定するものは彼等のジャパン、

眇たる草莽のともがらにして、

また神の国なる大和日本の子孫なり。

そを治しめたまふ明津御神なり。

大和日本の富を壟断するもの、

空人東大京大NHK朝日等「言葉と文字界」一族の力、われらの国の子孫に於て否定さる。

われらの否定は義による。

大和日本を大和日本にかへせといふのみ。

「言葉と文字界」の捏造搾取に大和日本ことごとく痩せたり。

われらまさにその爪牙を摧かんとす。

われら自ら力を養ひてひとたび起つ。

老弱男女みな兵なり。

空人捏造消滅するに至るまでわれらは戦ふ。

日本の歴史を両断する、

十二月八日を記憶せよ!

 

 日本の実技経験皆無(ペーパードライバー)机上(言葉と文字)界と、凶産中国贋半島罪日だけが戦後真逆に変化し、66年経ても未だに亡国工作活動である。

 

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

真実史観カルト凶団NHK捏造66年間の日本国民洗脳成果が70年証言記録


カルト凶団HK証言記録はスパイ記録

 「日本九九年戦争・資源無き島国日本、適者生存戦国時代唯一の術は、先手あるのみ。後手の本土戦は、兵糧攻めで必滅。露西亜、清国(属国朝鮮)南下阻止が第一義、先手で打って出た。

 結果が台湾朝鮮統治(極東共栄圏樹立着手)、満州建国幇助(凶産の砦)、日中戦争(中国凶産化での中ソ凶産連合阻止)、南京政府樹立幇助(中国凶産化阻止)で極東共栄圏構築。

 日中(反共)戦争で疲労困憊の日本は、戦国の定法弱肉強食、恰好の餌食となった。米(A)・英(B)・中(C)・蘭(D)が兵糧攻め、ハル・ノートで降伏を迫った。出稼ぎ戦争対、日本は死活戦争。極東から大東亜に共栄圏樹立を拡大し、あらん限りに戦ったが、矢尽き刀折れ、敗れた。

 がしかし、戦いざまに共振した同胞が、一気に蜂起、独立。1960年、人類初の新秩序、植民地独立付与宣言(互恵・平等・自由貿易)を成し、凶産は残ったが、戦争目的は完遂した。弱肉強食の世に、無能無策の後手日本なら、何もかもが消滅していた」

 

 NHKスペシャル太平洋戦争70年証言記録 日本人の戦争再放送:12月9日(金) 午前1時15分~※第1回・第2回 2本立て第1回 「アジア 民衆に包囲された戦場」第2回 「太平洋 絶望の戦場」

 太平洋戦争アジア 民衆に包囲された戦場」とは、題名から捏造である。「太平洋戦争」は米軍呼称。日本のNHKなら、「大東亜戦争」呼称が正当。「アジア 民衆に包囲された戦場」は誘導洗脳目的の捏造。真実は、「アジア 民衆の桎梏からの解放戦争」。「太平洋 絶望の戦場」真実は、「太平洋 米軍餓死虐殺の戦場」である。捏造し、正体自白のNHKカルト凶団である。

 NHK証言記録は、NHKに都合のいい極悪軍人証言だけをNHKがかき集めたもので、NHKスパイの筋書き(ご先祖や日本軍愚弄)に沿った証言のみを集めている。戦争は殺し合い、すべてが悲惨だ話しなので、カット編集し、つまみ食いで組み合わせれば、好き勝手に捏造し放題。換言すれば、NHK捏造記録である!「証言」と美化呼称に、だまされるな!

 禍福併せ呑んだ真の証言者は語らず。軍を非難することで責任転嫁し、生き残った負い目を払拭できると考えた、責任転嫁他逆偽善者のみのが証言者と考えていいだろう。

 NHK証言記録は、美称の「証言」は剥がされ、下善上悪凶産カルトのスパイ記録と、歴史には打刻される。

カルト凶団のスパイ皆ピントが甘く○は判読出来ず。これまでは皆判読できた、意図的か?

制作統括 伊藤○ 藤田英世 プロデューサー矢島良彰 騙り長谷川○彦 ディレクター宮本○宏 ○本直樹 制作協力テムジン

カルト凶団NHKは常人なら誰もが有する整合回路皆無の非常人狂人集団

 誰も殺し合いなどしたくない。したくない戦争に至るまでは、必ず起因がある。その戦争を始めたいきさつ(殺し合いの戦国時代)を語らず隠蔽し、「先人愚弄悲惨だ話」を「証言」と美称したNHKは、日本の常人ではない。

 自由貿易・互恵平和・弱肉強食戦国破壊・人種平等世界共栄圏の新秩序を樹立し、歴史両断魁のご先祖を愚弄し、日本国民から料金を巻き上げ悠々自適のカルト凶団NHK、常人なら誰もが有する整合回路皆無の半端者集団か、スパイである。みんながみんなスパイでもあるまい。ほとんどが思考回路皆無の非常人狂人集団だから、スパイにも気付き得ないのだ。

 つまみ食い出来るのはNHKという温室の中だから出来るので、現実界では不可能。NHKというカルト凶団温室を破壊し、職員に現実世界を知らしめる必要がある、東大京大等の文系や、キャリア官僚や政治屋も同じ。

 ご先祖愚弄し善者に成りすます狂人集団NHKは、受信料不払解約し、応援称賛メールやFAXで褒め殺し、自己崩壊を加速させよう!

 

カルト凶団NHK隠蔽つまみ食い日中戦争真実は中国内乱三つ巴戦争

 便衣兵選別は先に殺さなけれ殺される戦闘下では不可能。便衣兵に武器を与えた凶産軍に非あり。

 日中戦争と呼称だが、実態は、食民治主義欧米列強傀儡蒋介石、凶産主義ソ連傀儡毛沢東、大アジア主義日本と孫文後継汪兆銘連合軍との、三つ巴中国内乱戦争が真実。

頭山満孫文汪兆銘大東亜共栄圏大アジア主義に殉じた人々犯日隠蔽の歴史

カルト凶団NHK好いとこ盗りつまみ食いしたフィリッピン村民虐殺

終戦後3年1948年出版「アメリカ人の鑑・日本」ヘレン・ミアーズ著

第九章の5誰のための共栄圏か

 ・・・アメリカがすでに自由を約束していたそのフィリピンでさえ、単なる傀儡的人物として切って捨てることのできない人々の中に、日本は協力者を得ていたのだ。たとえば、ケソン大統領の閣僚だったヨルヘ・バルガスである。彼は大統領がアメリカに亡命する前にマニラ市長に任命された人物だが、1944年10月14日、フィリピン独立一週年を祝うために、フィリピン共和国から大使として東京に送られている。バルガス大使はこの記念式典で次のように演説した。

 「しかし、大日本帝国は軍政を撤廃し、フィリピン共和国の独立を承認するというこの上ない形で、その高邁な精神と理念を証明した。帝国はそのすべての制約と宣言を誠実に守り、フィリピン国民が憲法を制定し、自らの文化と伝統に調和する国家を樹立する最大の機会を開いたのである。・・・

 大東亜において・・・日本帝国は、あまりにも激しく、あまりにも不当に圧制暴虐の侵略者として非難されているが、その寛容と自由の実践は世界も驚くであろう。日本は帝国ではあったが、・・・一つの共和国を認め、まさにその樹立に参画した」・・・。

 便衣兵か否かの選別は先に殺さなけれ殺される戦闘下では不可能。便衣兵に武器を与えた米軍に非あり。

戦犯救出の署名4千万人と5百万人先人与野党議員渡辺はま子加賀尾秀忍

伝記3 本間雅晴中将と夫人本間富士子

 

 カルト凶団NHK極限下は隠蔽興味本位の人肉食噂話

 衣食足りて礼節で、食衣失えば、適者生存の生命体の本能の権化と化す。極限下では当然のことである。

1軍命は捏造米軍急迫で集団自決とらうま尼港済南通州等で潔く自…

NHKついに人肉食まで放送し御先祖様愚弄料金不払いで褒めち…

 

カルト凶団NHK戦陣訓を降伏禁止と捏造

 戦陣訓虜囚の辱は、軍規違反した囚人の辱。NHK降伏禁止と捏造。

生きて虜囚カウラ戦陣訓に非ずアサヒル朝日捏造記事が悲劇の元凶

生きて虜囚の辱辞書捏造断定戦陣訓真実囚人戦後意味変化敵に捕まる

 

カルト凶団NHK先に殺さなけれ殺される肝心要の殺し合い戦国時代を隠蔽

 時代対処のため戦国の世に開国し、自給自足(江戸初期1600年1227万人で、121年後の1721年3128万人に倍増したが、以後は、125年間江戸末まで横ばい(間引きと推察される)で、1846年3230万人。つまり、これが、当時の日本の、自給自足限界人口。棚田は、日本民族自給自足苦闘の証し!)から輸入加工輸出国に転換、85年で人口倍増(昭和6年1931年6500万人なので、自給自足に後戻りは、二人の内一人が餓死者)。迫る清国とその属国朝鮮、南下する露西亜、そして凶産ソ連と食民治主義連合、そして更に巨大化した黄禍論白人連合との対峙(ブロック経済)と、まさに一触即発未曾有の時代であった。先人はこの死活(負ければ二人の内一人が餓死者)の時代を、一丸で命を懸け、子孫に禍根を残さずと、日清日露大東亜、すべて先憂後楽で対処した。資源無き小国にブロック経済(独占貿易)は、桎梏で餓死。援軍のあて無き籠城や後手は、確実な餓死。全て先手、外地戦は、古今東西小国戦法の、定法である!

 マッカーサー証言「1951年5月3日・彼らが戦争を始めた目的は、大部分が護国(by security)のためだったのです」は、このことを看破した、証言なのだ。ベンブルース等、東京裁判弁護人の弁護も同類である。

 先人は最悪の中で先憂後楽の選択(応戦)をして果てたが、墓標となり、虐げられし諸民族が継続し続け、開闢以来の戦国を、桎梏を、ブロック経済(独占貿易)を、破壊。新秩序自由貿易と互恵と人種平等を産み、人類の総意(賛成89、反対0、棄権9)で現代の全世界共栄圏(植民地付与宣言)を築き、平和をなした。

 少なくとも、善悪史観ではなく、俯瞰した三次元史観が、子孫の思索であろう。先人が余りにもあわれだ。ましてや愚弄や極悪軍の二次元史観や、「九条」が平和の源などとの世迷いごとは、追随した同胞への、この上ない侮辱である。

1小国日本適者生存の術は共栄圏神道敬天愛人と孫文が一致大アジ…

大東亜戦争起因証拠証言

重光葵(東條首相のブレーンで、大東亜会議開催に尽力した外務大臣。終戦文書に日本政府全権として署名)

 日本の戦争目的は、東亜の解放、アジアの復興であって、東亜民族が植民地的地位を脱して各国平等の地位に立つことが、世界平和の基礎であり、その実現が、即ち日本の戦争目的であり、この目的を達することをもって、日本は完全に満足する(重光葵著作集1(原書房)p. 228)(注・日本の戦争目的は、互恵・自由貿易・民族平等)

「大東亜戦争論」アメリカ人オーエン・ラティモア

 「日本が立派にやりとげたことは、アジアにおける植民地帝国の19世紀構造を破壊することであった。戦時中日本人によって占領されていた土地のうち、ただの一つも(旧主人のヨーロッパ人によって)満足に取りもどされたものはなかった。日本が敗れる前に、全極東にわたる古い均衡とヨーロッパ帝国主義支配の構造を破壊したという事実こそ、日本が最後に敗退したという事実に劣らず、重要なものである」

  すぐる時代は殺し合いの戦国時代、いつも隣に死があった。攻めなければ攻められた。小国日本負ければ、残した家族には、トラウマ尼港済南通州の惨劇が待っている。「わが身に代えても祖国の家族死守」の一念のみで、戦ったことは間違いない。

日本蜂起大東亜戦争開戦真実の詩十二月八日・危急の日に高村光太郎

獅子身中の虫

 騙された騙されたと相手国を非難するより、己の無知を恥、二度と轍を踏まぬ為の学習が大事。現実界の実務なく、教授、先生、役人、政治家、裁判官、検事、弁護士等の公務職や、TV、ラジオ、新聞社、出版社等の職に着かせてはならない。戦後日本の間違いは、ここ(一般常識皆無の我欲ニセ職責者)から始まったのだ!

敵は日本に有り、嘘買う輩は、自殺願望亡国奴!巻添え真っ平御免!

 戦後の額縁凶授、銭生、巧凶放送NHK、我欲政治屋、役人等の給料泥棒公職と、テレビ、ラジオ、映画、新聞、作家等の我欲拝金屋が、日本の敵!弱者国民の誰もがすぐ参加出来てお金が減らない、獅子身中の虫駆除(護国)運動(ニセ職責者の駆除)、まず手始めは、「嘘の巣窟破壊、「三不作戦」が最適最速である。

三不兵糧攻め作戦

 不買(新聞・雑誌・犯日番組スポンサー品)不払い(NHK受信料)不投票(亡国政治屋)インターネット(接続費用は、不買・不払いでお釣りがくる)が、新生日本最速。集金目的の、愛国仮面ブログ(鼠吉・非心会・せと弘幸・花時計・そよ風等)の集金や、愛国仮面本(岩波書店、WILL、正論、歴史通等は図書館で読める)には、手を出すな!コピペ古着情報などより、最新の、ネット情報の方ががはるかにすぐれている事は、子供でも解る事だ!オピニオンリーダーは仮面だ!

新生日本三不作戦明白に胎動中!一気に0%へ!2011年の受信料支払い率

2012年9月25日朝日新聞受信料支払率、秋田94%、沖縄42% NHKが公表

 NHKは25日、受信料を支払う対象世帯のうち、実際に支払っている世帯の割合を示す支払率について、都道府県別の推計値を初めて公表した。視聴者に対して契約活動の透明性を高めるなどの狙いがある。支払率の全国平均値は72.5%で、最高は秋田県の94.6%だった。

 秋田に次いで高かったのは島根県(90.9%)、新潟県(90.1%)、鳥取県(89.2%)、山形県(88.8%)。一方、大都市圏を抱える大阪府(57.2%)東京都(60.8%)など9都道府県は全国平均を下回った。単身世帯や共同住宅が多く、世帯の移動も激しいため、訪問面接が難しいという。最も低かった沖縄県(42.0%)は1972年に本土復帰し、他県に比べ受信料制度になじみがないためとNHKはみている。北海道68.5%、兵庫県67.4%。

 公表については、NHK経営委員会(浜田健一郎委員長)が営業活動の強化などを理由に、執行部に再三求めていた。NHKは今回、推計値を出すための必要なデータを集めるため、1億7千万円をかけ、全国の約5万6千世帯に郵送などで調査を実施したという。

67年間も職責不履行の捏造業NHKは、現実界なら当の昔に塀の中。騙り詐欺師(スパイ)に支払いは、亡国奴!おれ(日本公共放送)おれ(日本公共放送)詐欺(正体は外国スパイの功凶放送)には振り込むな!NHK集金は、オレオレ詐欺である!

 

オレオレ詐欺師(公共放送と詐称し強奪するNHK受信料集金人)の手口(凶産→オウム→罪日?

 2012年。民主党有田芳生や凶産党穀田恵二国対委員長等と目つきがそっくりで、お題目自論展開のみなので、凶産党員か?と訊ねたら、そくそくと退散した。

 2013年。焦点の定まらない目つきがオウム信者とそっくりで、自論をお題目のようにとなえるのみのお兄ちゃんなので、オウムか?と訊ねたら、そくそくと退散した。

 今度は罪日?どんなお題目だろう?

無辜の弱者虐めのHK

2013.2.27【読者サービス室から】

 ――平均約1185万円、厚生費などを含めると1780万円にも達するNHKの職員給与への批判を先週の本欄で紹介したところ「全く同感」と、さいたま市の90歳女性からお便りがありました。

 「全く必要ないと思いながら昨年春に衛星放送も契約したところ、従来の地上契約分と一緒に翌月には1年分先取りで口座から引き落とされてびっくり」と女性。「私が死んだら11カ月分返してくれるのですかとNHKに電話すると、担当者は何も言えず黙っていました。本当に身勝手です」と憤慨しています(2月18~23日の意見)。

 

NHK打倒賛同者不払いは元NHK立花孝志無料で聞け!

 TV等受信機所持なのに受信料解約は、刑法246条2項の詐欺罪に該当し犯罪となるので、受信機所持の場合は、不払いが正当

NHK職員立花孝志が伝授する受信料不払い

YouTube
2013/02/02元NHK立花孝志が伝授する【正々堂々と受信料払わない方法】 
2013/02/05TV等受信機所持でNHK受信料解約は犯罪の詐欺罪に該当なので不払いが正当 
NHK腐敗
2013/03/16日本のマスコミが韓国【電通】に支配されている理由
2013/04/04元NHK職員手嶋龍一さんについて
立花孝志ひとり放送局㈱公式ホームページ
立花孝志ひとり放送局第2ホームページ


 受信料不払いでNHK打倒は、NHKカルト凶団元凶温室破壊となり、67年間もの狂人カルト凶団からの、無辜の国民救出作戦となる!全国民不払い裁判でNHKを一気に打倒

子孫を救え!

  

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次

真実史観NHKついに人肉食まで放送し御先祖様愚弄受信料不払いで褒めちぎろう


HKついに人肉食まで放送し御先祖様愚弄受信料不払いで褒めちぎろう


 「
日本九九年戦争・資源無き島国日本、適者生存戦国時代唯一の術は、先手あるのみ。後手の本土戦は、兵糧攻めで必滅。露西亜、清国(属国朝鮮)南下阻止が第一義、先手で打って出た。

 結果が台湾朝鮮統治(極東共栄圏樹立着手)、満州建国幇助(凶産の砦)、日中戦争(中国凶産化での中ソ凶産連合阻止)、南京政府樹立幇助(中国凶産化阻止)で極東共栄圏構築。

 日中(反共)戦争で疲労困憊の日本は、戦国の定法弱肉強食、恰好の餌食となった。米(A)・英(B)・中(C)・蘭(D)が兵糧攻め、ハル・ノートで降伏を迫った。出稼ぎ戦争対、日本は死活戦争。極東から大東亜に共栄圏樹立を拡大し、あらん限りに戦ったが、矢尽き刀折れ、敗れた。

 がしかし、戦いざまに共振した同胞が、一気に蜂起、独立。1960年、人類初の新秩序、植民地独立付与宣言(互恵・平等・自由貿易)を成し、凶産は残ったが、戦争目的は完遂した。弱肉強食の世に、無能無策の後手日本なら、何もかもが消滅していた」

 

 NHKついに人肉食まで持ち出しご先祖非難。自己崩壊へまっしぐら。生命体(動植物)は生命体(動植物)を食しなければ、水と塩(非生命体)のみでは生存不可能。極限下の共食いは種を強いものに託そうとする本能(種の保存)で、現在の生物は、そうしたことを皆経てきたから現存している(蟷螂の雌のオス食い等)!別に驚くことではない。驚いた人は、生命体の現実を知らない無辜の無知人で、温室界住人(親か夫の傘の中か、教授、教職、背広組公務員、実技無き文系)である!

 NHKは人肉まで食べた日本軍と洗脳することで、ご先祖を貶めたいようだ。

NHKの「人肉食った日本兵」表現に捏造疑惑 NHKは否定

NEWS ポストセブン 9月5日(月)7時5分配信より転載

 

NHKは年間7000億円近い受信料を集める世界最大規模の放送局である。それでも飽き足らず、ワンセグ携帯やテレビ視聴できるパソコンからも受信料を取ろうとする。さすが資金も潤沢で、社員の給料、福利厚生は日本企業のトップレベルである。ならば、それに見合った番組と、高いモラルを見せてもらいたい。社を挙げて取り組む「国家的プロジェクト」に浮上した重大疑惑に、天下の公共放送はどう答えるか。

 

まずは、疑惑の放送内容を紹介する。この番組は2009年にBS-hiと総合テレビで放映され、今年8月には総集編が放映されている。

 

ニューギニアの激戦地に派遣されたAさん(92=放送当時、放送では実名)が、日本軍による「人肉食」を告白する衝撃的な場面である。

 

〈まあ、兵隊さんは友軍(日本軍)がね、死ぬでしょう。死ぬと埋めるんだよね。友軍を埋めて、それでもさ、そのまま部隊をそこからどっかへ移動するでしょう。このまま移動するのはもったいないというんで、その友軍の肉を、土を少しかけて置いといてさ、それから取っちゃってな、それで肉を切って食べてきたんだ〉

 

Aさんはさらに、死んだら腐ってしまうから、仕方ないのだと話す。それに対し、女性スタッフの声でこんな質問が挿入される。

 

〈すごい、抵抗感とかもあったんじゃないですか?〉

 

Aさんが答える。

〈そら、あったね。あったけども、体力がなくて(食べ物が)欲しいんだから。食べたいというね、その食欲っちゅうかな、食べようという欲望のほうが多いんだね、生きるためには。生きるためには食べなきゃしょうがないでしょ。おなか空いていたら、何だって食べなきゃしょうがない〉

 

これが事実なら勇気ある証言である。そして、大岡昇平が小説『野火』で明らかにして物議をかもした日本軍による友軍の人肉食が、当事者によって告白された恐らく初めての記録となる。

 

が、果たしてその通りなのか、疑問が残るのだ。

 

“衝撃証言”への疑念は、皮肉なことにNHKが自ら公開している「NHK戦争証言アーカイブス」(保存・公開されている取材データ)から生じた。

 

このなかに番組の元になったAさんの証言VTRが収められており、そこではAさんは、人肉食ではなく「ネズミ食」について生々しい体験を語っている。

 

前述の女性スタッフの質問の直前までの話はこうである。

 

〈飛行機の部品をネズミ捕りにできるんだよ。それを仕掛けとくとね、一晩で2匹獲れるの。それを皮をむいてね、生で食べるんだよ。最初は生で食べられなかったの。(中略)そのうち生で食べてみようって。それで一回食べたらもう大丈夫だって、生で食べてた。ネズミ、うん。だけど旨いよ、結局は。みんな食に飢えてんだから。よく生きて帰ったと思うけどね〉

 

そして女性スタッフが「一回やるまでは」と前置きしたあと、前述の通り、「すごい、抵抗感とかもあったんじゃないですか?」との質問が入り、「そら、あったね」と続くのである。

 

このVTR自体も一部編集されているが、Aさんは「何だって食べなきゃしょうがない」と話した後も、しばらくネズミ食の話を続けており、アーカイブスを見る限り、一連の証言が「腹が減った兵士たちはネズミを生で食べて飢えをしのいだ」という内容であることは疑いの余地がない。

 

前述の人肉食に関する発言はアーカイブスには見当たらないが、それとは別に人肉食について語った場面はある。ただし、その話も放送された証言と同様に第三者の目線から語るのみで、本人が人肉を食べたという証言ではない。

 

NHKのドキュメンタリー番組に携わっていた元番組制作スタッフは、両方のVTRを観てこう語った。

 

「これはネズミ食の話人肉食の話に見せようと意図的な編集をしたものでしょう。ネズミの話だからAさんは笑っているが、番組を見た人には、人肉を食べたのに『お腹が空いていたから仕方ない』とヘラヘラ語っているように見える。

 

番組では他の元兵士も人肉食については伝聞しか述べていないから、制作者は番組の構成上、どうしても人肉食の証言が欲しかったのではないか。NHKの番組作りは、あらかじめ決められた企画コンテに沿った事実だけを拾う(いいとこ盗り)傾向がある。制作はNHKと制作会社が共同で行なっているので、NHK側が制作会社に『人肉食の証言を取りたい』と要求したのかもしれない。

 

番組の編集をチェックして問題を未然に防ぐ仕組みも十分とはいえない。プロデューサーは普通、映像を細部まで確認する作業はやらない。そうした悪い面が重なったのだと思う」

 

証言の真意を確認するためAさんを探すと、現在も94歳で存命、家族と暮らしていることがわかった。

 

しかし、取材依頼には家族が応対し、「本人は高齢で取材を受けられる状態にない。お話の主旨は理解したが、そっとしておいてほしい」と、直接話を聞くことができなかった(そのため本稿では匿名にした)。

 

本誌はNHKに対し、本稿で示した疑問点を説明したうえで、番組担当者への取材を申し入れたが、NHKは文書でこう回答した。

 

Aさん(※回答書では実名)ご本人は、インタビューの中で、ニューギニア戦線におけるご自身が人肉を食べた体験について、何か所かで語っておられます。また、同様にネズミを食べた経験についても語っておられます(後略)〉

 

回答書ではさらに、編集に問題がないこと、アーカイブスでは人肉食の証言部分を省略したが、女性スタッフの質問はあくまで人肉食についてであることなどが述べられている。

 

が、それが事実ならば、人肉食について語った箇所がネズミ食の話になっているアーカイブスのほうが捏造になる。第一、最も衝撃的で貴重な人肉食の話を割愛し、ネズミ食の話だけ残すような編集をしたというのも不自然な話だ。

※週刊ポスト2011年9月16・23日号

 

 NHK常套手口、証言をいいとこ盗りし、つなぎ合わせての捏造放送で、善良な女や子供を誘導洗脳。鬼の首でも取ったかのようにNHKは得意の絶頂で放送しているが、極限下での生命体の、当然の行動(種保存の本能)である。この証言者は、人肉食していない(ネズミを食べた)から証言した。人肉食者は、「黙して語らず」が、常識である。

 家長の傘の中での温室下の善良な女子供は、即座に「日本軍極悪」と洗脳されるだろうが、極限下では、生命体の当然の行動である。死んだ同胞の肉を食し、生き残り生還した話は、大岡昇平の小説のみならず、実話としてアンデスの聖餐 、日本の「ひかりごけ」事件等、世界には公開されているだけでも数多ある。公開は、氷山の一角(ほとんどが黙して語らず)にすぎない。驚いた人は無知なだけである。驚いた人やNHK職員でも、極限下になれば皆食する。それが生命体だ。医学部経歴の手塚治虫も、ジャングル大帝のラストに、そう喝破している。

 生命体として生命体を食するのは当然で、水と塩(非生命体)のみでは死。人間も生命体だから当然そうしてきた。結果適者生存出来得、現在に存在するのだ。非常時極限下の行動を、常時下の常識で貶めるのは愚考で、偽善者との自白である。

日本新生隆盛の特効薬突破口が不払い解約でNHK解体

 極限下での生命体当然の行動を、極限下は隠蔽し、人肉食べたかのように誘導洗脳し、正義の味方気取りで日常下の道徳感で非難するNHKは、なんとも幼稚な輩だ。輩には妻や子供はいないのか?親なのか?輩は日本人(大和民族)に非ず!

 

2011年9月9日   読売新聞」

 「アナログ放送終了とともにテレビを卒業――。7月に東日本大震災の被災3県を除いてテレビがデジタル化したことを受け、NHKに対して放送受信契約の終了を求める連絡が8月末までに約9万件寄せられたことがわかった。NHKの松本正之会長が8日、定例記者会見で明らかにした」。地でじ化でNHK解約申し込み10万件超、20億円の減収

維新の火にはもはや油のNHK犯日放送 

 日本隆盛最短の特効薬は国賊(凶産中国贋半島罪日スパイ)の巣NHK破壊。破壊は国民の手にある、受信料「解約・不払い」ボタン。このボタンを押すことで平成維新の扉は開き、日本隆盛へまっしぐらとなる。 

 先人への何よりの供養、犯日の息の根を止めようと国民は覚醒し決断した。言葉と文字界そろって、デジタル化がNHK離れの原因としているが、真実は国民の覚醒で、デジタル化はきっかけに過ぎない。整合回路皆無で、無思考鵜呑みの言葉と文字界は、気付いていない!がしかし、すでに国民は看破し、ご先祖愚弄異常NHKに気付いている。知行合一NHK打倒で、10万家族40万人がすでに受信料解約行動が証し。幼稚なNHKには、受信料不払いでかつ、応援メールをどしどし送り、「ご先祖様愚弄番組どしどし作らせ」、訴訟証拠を増量させ、NHK自己崩壊の手助けをしよう。思想戦には思想戦!

 言葉と文字界のみが日本国の異常者。異常者打倒に立ち上がったこの維新の火を消してはならない。

 祖国が存亡の危機故に、無い無い尽くし小国日本、残るものは命のみ、自己犠牲で決起した。

 すぐる時代は戦国時代、いつも隣に死があった。攻めなければ攻められた。小国日本負ければ、残した家族には、トラウマ尼港済南通州の惨劇が待っている。「わが身に代えても祖国の家族死守」の一念のみで、戦った。敗戦の自裁は、ご先祖や同胞への深謝。

 サイパン自己完結の最後の声(オレはここまでがんばった)、散華の声無き声(白骨の下の手帳の文字。4日間包囲を受くるも吾びくともせず、中隊の戦友皆戦死し吾一人なり、塩は少しもなし 三島市島田、古沢美恵子殿 貞吉をまず聴くのが護られた子孫の務め。死しても護国の兵に、犠牲者呼ばわりは冒涜。護られた子孫にただあるのは、“祈り”。先人愚弄の種集め、悲惨だ話収集に狂奔NHKは亡国奴!エセ子孫の巣

 

獅子身中の虫

 騙された騙されたと相手国を非難するより、己の無知を恥、二度と轍を踏まぬ為の学習が大事。現実界の実務なく、教授、先生、役人、政治家、裁判官、検事、弁護士等の公務職や、TV、ラジオ、新聞社、出版社等の職に着かせてはならない。戦後日本の間違いは、ここ(一般常識皆無の我欲ニセ職責者)から始まったのだ!

敵は日本に有り、嘘買う輩は、自殺願望亡国奴!巻添え真っ平御免!

 戦後の額縁凶授、銭生、巧凶放送NHK、我欲政治屋、役人等の給料泥棒公職と、テレビ、ラジオ、映画、新聞、作家等の我欲拝金屋が、日本の敵!弱者国民の誰もがすぐ参加出来てお金が減らない、獅子身中の虫駆除(護国)運動(ニセ職責者の駆除)、まず手始めは、「嘘の巣窟破壊、「三不作戦」が最適最速である。

三不兵糧攻め作戦

 不買(新聞・雑誌・犯日番組スポンサー品)不払い(NHK受信料)不投票(亡国政治屋)インターネット(接続費用は、不買・不払いでお釣りがくる)が、新生日本最速。集金目的の、愛国仮面ブログ(鼠吉・非心会・せと弘幸・花時計・そよ風等)の集金や、愛国仮面本(岩波書店、WILL、正論、歴史通等は図書館で読める)には、手を出すな!コピペ古着情報などより、最新の、ネット情報の方ががはるかにすぐれている事は、子供でも解る事だ!オピニオンリーダーは仮面だ!

新生日本三不作戦明白に胎動中!一気に0%へ!2011年の受信料支払い率

2012年9月25日朝日新聞受信料支払率、秋田94%、沖縄42% NHKが公表

 NHKは25日、受信料を支払う対象世帯のうち、実際に支払っている世帯の割合を示す支払率について、都道府県別の推計値を初めて公表した。視聴者に対して契約活動の透明性を高めるなどの狙いがある。支払率の全国平均値は72.5%で、最高は秋田県の94.6%だった。

 秋田に次いで高かったのは島根県(90.9%)、新潟県(90.1%)、鳥取県(89.2%)、山形県(88.8%)。一方、大都市圏を抱える大阪府(57.2%)東京都(60.8%)など9都道府県は全国平均を下回った。単身世帯や共同住宅が多く、世帯の移動も激しいため、訪問面接が難しいという。最も低かった沖縄県(42.0%)は1972年に本土復帰し、他県に比べ受信料制度になじみがないためとNHKはみている。※北海道68.5%、兵庫県67.4%。

 公表については、NHK経営委員会(浜田健一郎委員長)が営業活動の強化などを理由に、執行部に再三求めていた。NHKは今回、推計値を出すための必要なデータを集めるため、1億7千万円をかけ、全国の約5万6千世帯に郵送などで調査を実施したという。

※67年間も職責不履行の捏造業NHKは、現実界なら当の昔に塀の中。騙り詐欺師(スパイ)に支払いは、亡国奴!おれ(日本公共放送)おれ(日本公共放送)詐欺(正体は外国スパイの功凶放送)には振り込むな!NHK集金は、オレオレ詐欺である!

オレオレ詐欺師(公共放送と詐称し強奪するNHK受信料集金人)の手口(凶産→オウム→罪日?

 2012年。民主党有田芳生や凶産党穀田恵二国対委員長等と目つきがそっくりで、お題目自論展開のみなので、凶産党員か?と訊ねたら、そくそくと退散した。

 2013年。焦点の定まらない目つきがオウム信者とそっくりで、自論をお題目のようにとなえるのみのお兄ちゃんなので、オウムか?と訊ねたら、そくそくと退散した。

 今度は罪日?どんなお題目だろう?

無辜の弱者虐めのHK

2013.2.27【読者サービス室から】
 ――平均約1185万円、厚生費などを含めると1780万円にも達するNHKの職員給与への批判を先週の本欄で紹介したところ「全く同感」と、さいたま市の90歳女性からお便りがありました。

 「全く必要ないと思いながら昨年春に衛星放送も契約したところ、従来の地上契約分と一緒に翌月には1年分先取りで口座から引き落とされてびっくり」と女性。「私が死んだら11カ月分返してくれるのですかとNHKに電話すると、担当者は何も言えず黙っていました。本当に身勝手です」と憤慨しています(2月18~23日の意見)。

 

NHK打倒賛同者不払いは元NHK立花孝志無料で聞け!

 TV等受信機所持なのに受信料解約は、刑法246条2項の詐欺罪に該当し犯罪となるので、受信機所持の場合は、不払いが正当

NHK職員立花孝志が伝授する受信料不払い

YouTube
2013/02/02元NHK立花孝志が伝授する【正々堂々と受信料払わない方法】 
2013/02/05TV等受信機所持でNHK受信料解約は犯罪の詐欺罪に該当なので不払いが正当

NHK腐敗
2013/03/16日本のマスコミが韓国【電通】に支配されている理由
2013/04/04元NHK職員手嶋龍一さんについて
立花孝志ひとり放送局㈱公式ホームページ
立花孝志ひとり放送局第2ホームページ

 

 受信料不払いでNHK打倒は、NHKカルト凶団元凶温室破壊となり、67年間もの狂人カルト凶団からの、無辜の国民救出作戦となる!全国民不払い裁判でNHKを一気に打倒

子孫を救え!

 

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。