QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2011 051234567891011121314151617181920212223242526272829302011 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観防衛大校長スパイ五百旗頭真著日米戦争と戦後日本丸々コピペ無思考政治屋


 「日米戦争と戦後(吉田茂賞受賞作)」五百旗頭真(1943~京大法卒ハーバード・ロンドン大学客員研究員)講談社学術文庫2005年

 丸暗記オタク五百旗頭真は隠れ凶産、WGIP増幅器である。「満州事変・日中戦争・大東亜戦争」真の元凶、「凶産」糾弾が、全く無い!曲学阿世が吉田茂賞受賞とは、吉田茂が墓場の陰で、「曲学阿世の極み」と、どんなに嘆いていることか!以下は皆子供だましの手口、つまみ食いで国民をだまそうとした、なんとも間抜けなスパイの証拠!

「ロ-ズベルトの陰謀論」18P

 ・・・日本の論者でこの論に飛びつく人は、日本は何も悪くなかった、ローズベルトの陰謀で戦争が始まったのだから、加害者はローズベルト政権であって日本は被害者だ。といいたそうに見える。これは非常に具合が悪い。というのは、それでは日本外交は愚かでいい、ということになってしまう。たとえローズベルトが日本を追い詰めておいて背中を見せたとしても、ナイフで突き刺すことが外交として賢明なことなのかどうかという反省が、そこには全く見られない。

 およそ殺人事件において、ナイフを突き刺した人間が被害者であり、刺された人間が加害者であるという判例はかって一例も無い。・・・

 ローズベルトが陰謀で仕掛けたものだから日本は日本は悪くはない、などという議論をしているようでは、これからの国際社会ではやっていけない。

 兵糧攻め(ABCD)し、降伏要求(ハルノート)した者が背中を見せたら、攻撃、脱出、兵糧奪取は、適者生存生命体の本能で、当然の行動。兵糧攻め監禁者が被害者であり、脱出者が加害者であるという判例はかって一例もない。真珠湾同胞を生け贄にしてまで戦争をしたかったのがローズベルトなのだ!それを「反省」などと、まともではない!「陰謀論」は、善悪史(裏面史)ではなく、能動はどちらかの歴史を論じているに過ぎない。学問を善悪の道徳論にすり替え洗脳している。

「絶望から戦争を始めた国」23P

 「帝国国策遂行要綱」。すなわち、軍事の準備と外交の両方を進めるという両論併記ではあっても、外交には10月上旬までというリミットがついており、事実上の開戦決意に他ならない。

 日本政府はなぜそんなものを認めたのか。認めたのは総理大臣近衛文麿であった。・・・アメリカとの戦争は望まなかった。ではその彼がなぜ軍部の要求を受け入れたかというと、実は彼はある虚脱感に陥っていた。心理的なスキといってもいい。

 資源封鎖で「リミットがついており」後が無いのだ。戦うも亡国(強弱差大)、戦わざるも亡国(同胞に対しての信義失墜と悲惨へ転落)の存亡の危機を、まるでわかっていない。論理に詰まると病人にしてしまう、何とも短絡思考だ

 それ以前に日本は、満州事変(1931年9月18日開始)や日中戦争(37年7月7日開始)を起こし。華北工作だとか内蒙古への謀略工作だとか、軍事力をもてあそんでいた。私はよく、日本帝国がなぜ滅んだかといえば、それは弱さではなく強さゆえに滅んだと言う。・・・手段であるナイフを持つ腕が、そればかり鍛えに鍛えられて大きくなり、それが一人で動き出したときに頭脳のコントロールがきかなくなる。自分で自分を止められない、腕が勝手に動き出して人を刺すという状況になった。・・・

 WGIPの丸呑み、丸吐き出しだ。凶産隠蔽で真っ赤自白資源なき小国、後手は必滅が日本の宿命。資源封鎖で即窒息死は、当時も今も常識。軍事力をもてあそべるような大国ではない。薄氷を踏みながら防共対策(満州独立)をしたが、これを中国権益数多保持した凶産に疎い宗主国が、権益侵害と錯覚、赤化侵略で南下中の凶産ソ連と利害が一致(敵の敵は味方)、共に中国を操り、日中戦争となった。水(自由)と油(束縛凶産)の融合剤は「黄禍論」である。

 第二次近衛内閣は、・・・ドイツの電撃戦のめざましい成功に動かされて、40年9月27日日独伊三国同盟に調印した。さらに第二次近衛内閣は、翌41年7月28日、南部仏印進駐に踏み切った。ドイツがオランダを打ち破り、フランスを打ち破る。すると、蘭領東インド(現在のインドネシア)や仏領インドシナが無主の地になる。・・・ここをアメリカに押さえられては大変だと勝手に心配し、日本が先に押さえようとする、とりわけインドネシアには石油資源もある、というので南進論に傾いたのである。・・・

 世界にあまねく防共を訴えたが、賛同したのが独のみで、1936年日独(翌年日独伊)防共協定。これが原点で、付け焼刃などではない、敵の敵は味方の同盟。戦国時代の常套戦術である。

 1940年9月蒋介石軍への米英の援助ルート封鎖目的で仏領インドシナ進駐。英国と交渉し、ビルマルート閉鎖に成功。これに対して、日中間の和平を望まない米国のル-ズベルトは、英国の対日妥協を10月に撤回させて援蒋ルートを再開させ、そして日本に対して、鉄・くず鉄に関する実質的輸出禁止措置をとった。米英戦略物資ゴム錫輸入8割の地が、南部仏印。41年7月28日資源無き小国日本後手は必滅、食料の米と、世界総生産9割のゴムと、6割の錫の地を、先手で押えた。ここを隠蔽し、能動戦争日本と洗脳している。「勝手に心配」等々五百旗頭は、護国先人を茶化している

 日本はアジアの強者として侵略を繰り返していたけれども。石油はアメリカから輸入していた。・・・資源のみならず、機械など技術についてもアメリカに依存していたのである。・・・

 資源無き小国が日本、小国の後手は必滅。「依存していた」のに「なぜどうして」の整合回路が頭にあれば、「強者として侵略を繰り返していた」などという愚論は、吐けるものではない!

 合理的に考えれば、日本はアメリカとの戦争などできる状態になく、アメリカが厳しく対応してくれば屈服するほかなかった。私の行動に問題がありました、と公衆の面前であやまらないまでも、中国から徐々に軍隊を撤退させ、それとなく三国同盟の死文化を図るというのが、おそらく唯一のまっとうな対応であったろう。・・・

 一度弱みを見せればつけこむのが戦国の常識(竹島北方領土が実例)、再度の資源封鎖で万事休すは明白で、戦わずの降伏は、同胞に対しての開国以来の信義がすべて水泡と化すため、同胞蜂起に一縷の望みを懸け、決起した。

 「戦争などできる状態にない」のに「なぜどうして」の検証回路が皆無なのだ!よしんば「止めたとしても」アメリカのみが敵ではない、水と油の「黄禍論白人連合」なのだ。世界征服が野望のソ連南下は必然。弱体日本と見るやいなや、終戦なのに征服したではないか、癌国すらも竹島を征服したではないか、あれが現実である。水と油の「黄禍論白人連合」ではあるが、米英が、日本に助力したかどうかは、はなはだ疑問である。見捨てた同胞アジアの支援は、当然無い。外堀埋めて(生命線の満州韓半島そして汪兆銘南京政府無くして)大国凶産ソ連と、どう戦うのだ。日本国内が戦場となり、唯物対唯心日本の戦いである、まさに、一億総玉砕の戦いとなっていたであろう。日本人は死に絶えていたかも知れないのだ。永野修身の御前会議の言葉、「大阪冬の陣の如き平和を得て、翌年の夏には手も足も出ぬ様な、不利なる情勢の下に、再び戦わなければならぬ事態に、立至らしめることは、皇国百年の大計の為、執るべきに非ずと存ぜられる次第で御座います」は、この事を語っているのだ!

 反共の砦日本が撤退するや否やソ連は、中国と韓半島を瞬時に支配した。アメリカと国連軍が総がかりでなんとか韓半島半分まで押し戻したが、66年後の現在も、停戦のままで終戦には至らず。これが史実。この史実が物語るのは、日本累積砦がいかに強大な反共の砦で、共和党フーバー大統領の見識がいかに正当で、NHKや東大らの御題目「不戦は平和」がいかに空論で、応戦は先憂後楽との、証明である。つまり、不戦=撤退すれば、見捨てた同胞支援は当然皆無の孤立無援、対「兵糧攻めカード所持者黄禍論白人連合」に、丸裸の日本などは潰えて、分断され、消滅していた!

 その時代の先人が、禍福を糾い、熟慮と苦渋の果てに下した先憂後楽の決断を、「たら、れば」の空論で非難は、子孫にあるまじき愚行である!独ソ戦不参戦は死文化済み!

 40年9月末、・・・ドイツが勝てないことが明らかになりつつあるときに三国同盟を結び、・・・そしてドイツ軍がモスクワ前面で挫折した41年12月初めに対米戦争を開始したのである。

 英国が勝利間近な時に日本が開戦の如きと連想誘導洗脳だが、事実はその逆、仏蘭は戦局より脱落、アメリカが参戦しなければ負けであった。だから必死に英国はアメリカを口説き、ローズベルトは、真珠湾を生け贄にしてまでして参戦した

 アメリカ政府にはこれが信じられなかった。アメリカ政府は、日本政府といえども合理的に計算し、それに基づいて行動するものだと思っていた、悪いことでも得をするのならやるかもしれないが、負けるのに戦をするはずがないと道理的に考えていた。

 ここも間逆に捏造。アメリカ政府は、ハルノート(降伏要求)で日本応戦と読んでいた。「ハルノートでは、どんな小国でも戦うだろう」と、東京裁判で、米軍弁護士が証言している

 ただ駐日大使として日本に10年も滞在していたジョセフ・グルーは、日本人の気持ちがわかっていたのであろう、ワシントンに対して、日本をあまり追い詰めてはいけない、絶望的な心境の中で、「民族的ハラキリ」ともいうべき自殺的戦争を敢行しかねないと警告している。彼はすでに41年の初め、真珠湾攻撃の噂があるということを打電していた。しかしワシントンのアメリカ政府は、グルーの情報と意見を一笑に付した。グルーは、電報ではもどかしいので部下をワシントンに送って、直接意見させた。だが、だめだった。

 戦争能動はアメリカと、グルーは自白(追い詰めてはいけない)している

 「歴史上、絶望から戦争を始めた国の名を、一つでもあったらあげてみよ」と、極東政策に関する国防省の重鎮であるホーンベック政治顧問は、11月中旬、東京の大使館からやってきた若手外交官エマーソンに反問し、一蹴している。

 「絶望から戦争を始めた国」など皆無は当たり前、絶望なら、何もしないで、なすがままなので、戦争などしない先人愚弄連想洗脳目的で、引用したのだろうが、やぶ蛇で、逆に、常識回路皆無の自白となった、

 勝てないとわかっていて戦争始める国がどこにあるか。精神状態のおかしい暴漢ならともかく、国家の責任者、最高指導者ともなれば、そんな無分別はできないはずだ。なるほど日本は戦争を繰り返した悪魔である。しかし、悪魔には悪魔なりの計算があるはずだ。悪魔は賢い。だから日本は、われわれが甘い顔をしても石油を輸出してやるというと、つけこむ。アジア侵略をしているけれども、われわれが石油を提供しなければ、したくてもそれはできない。やめるに決まっている。日本が力の計算をできる以上、敗北の明らかな戦争を始めるはずはない、というのがアメリカ政府の基本的な考え方であった。

 アメリカ政府の基本的な考え方」と捏造しているが、これが五百旗頭真の本音で、極悪軍対だまされた無辜の国民のWGIPへ、誘導洗脳工作である。

 極悪日本を追い詰めたのが、正義のアメリカ。善悪が五百旗頭真の学問なのだ、戦国の世に護国奮闘の日本先人が悪魔とは、何ともお粗末なオツムだ!善悪は裏面史で、歴史学に非ず

駐日大使へのリーク36P

 げんざい、グルーの日記がハーバード大学のホートン図書館に保存されている。その10月25日の項には、最高機密であったはずの御前会議の模様を、グルーが知ったことが記されている。

 今日、日本政府の最高指導者層と接触のある信頼すべき日本人情報提供者が私に面会を求めてきた。彼によれば、近衛内閣総辞職以前に御前会議があり、その席で天皇は軍の指導者たちに対し、対米不戦の政策の確認を求めた。陸海軍の指導者はそれに答えなかった。すると天皇は、祖父の明治天皇が追及した進歩的政策に言及して、自分の意向に従うことを陸海軍に命ずる異例の発言を行った

 と、9月6日の御前会議の内情をこの日本人が告げたことが記されている。そして、

 近衛はこの度総辞職し、東條自身が組閣した。しかし、天皇は東條に対して、これまでのいきさつにとらわれず、対米協調を旨として憲法の条草をよく守り、行っていくように、という注意を与え、それを条件として東條の組閣を認めた。東條が現役大将のまま首相となったのは、陸軍を効果的に統制しつつ日米交渉を成功裡にまとめるためである。

 だから、軍の代表者が首相になったからといって、アメリカとの対決姿勢を意味するとは思わないでほしい。どうかアメリカ政府としては日本との交渉に見切りをつけず、東條内閣とも誠実に交渉をお続けいただきたい。

 というのが情報提供者の依頼であった。

 兵糧攻めされながらも必死になって、回避に尽力した証で、已むに已まれぬ応戦の証拠である。無思考丸呑み間抜けスパイ五百旗頭には、グルー日記すらも、豚に真珠なのだ!

破局42P

 15年戦争末期の日本は、めまぐるしいほどに能動的に対外行動を重ねた。しかし能動的たろうとする中で、冷静な観察や慎重さ、受け身の知恵などの利点を失っていた。勇壮に見える決断も、実は国際情勢の中で合理的な日本外交を求めたのではなく、政府内の事情から押し切られるかたちで生まれるものが多かった。日本自身が満州事変以来の10年をかけて積み上げた、粗暴な行動の蓄積の重荷から抜け出せなくなっていた。外交的な誤りや失敗の後、最後の大戦争にさまよい込んだのである。

 15年」では無い。九九年戦争。死活を懸けた工作防共・自立を、「粗暴な行動の蓄積」とは、まさに凶産隠蔽の戦後復職赤化教授残滓証明自白だ

燃え上がるアメリカ43P

 ・・・満州事変から真珠湾攻撃に至る10年間、アメリカからは日本に戦争を仕掛けなかった。日本が仕掛けて初めて燃え上がっている。

 日本国民を小馬鹿にし、無知と蔑視した捏造である。年表は、開国から、特に日露以後からは仕掛けっぱなしだったと語っている

 ところで、日本兵はその定めを教えられていなかった。逆に、1941年1月8日、当時の陸軍大臣東条英機が「戦陣訓」というものを全陸軍に示達して、「生きて虜囚の辱を受けず、死して罪過の汚名を残すことなかれ」と教育した。それゆえ、死を求めて突撃したり、バンザイ・クリフから飛び降りて死んだりする。・・・

 同志社大学にオーティス・ケリーという、小樽に生まれ育った日本語堪能な教授がいる。彼はハワイで・・・日本兵に、君たちはどうしてあれほどまでに抵抗するのか、それほど死にたいのか、何のために死を賭してまで戦うのか、と聞くと、答えは意外にはっきりしている。それは郷土を守るためだ、父母や子供、兄弟、同胞を守るためだ、天皇を守るためだ、そのためであれば、日本人は命を捨てる、と圧倒的多数の捕虜が答えた。

 ただ国民として戦闘的であり、目的なしに死にたいという人間につける薬はない。名誉のために絶対死ぬまで戦うというのも厄介である。ところが、目的がある人間とは、話ができる。つまり父母兄弟を守りたい、あるいは天皇制を守りたいというのであれば、では、それを保障すれば君たちは武器を置くか、と問いかけることができる。

 もちろんだ、とその答えもまた非常に高い比率で一致していた。「もし天皇が武器を置くことを命ずれば、もちろん天皇の言葉に従う」と、極めてはっきりしていた。

 つまり、死に吸い寄せられるばかりの狂った戦士に見える日本兵も、条件次第では和平に応ずる。その条件とは、日本本土の所領安堵と天皇制の容認であるというのが、意識調査から得られた結論であった。

 戦陣訓生きては」、軍法違反するなという陸軍への訓で、降伏禁止や民間への訓ではない。捏造。自己犠牲を語る「護国の兵」を、「死を求めて・狂った」と呼称は、唯物で真っ赤な、唯心無知の似非学者との自白である

偉大な大統領の死―108P

 1945年・・・4月12日午後1時15分、三選を果たした四選まで果たした偉大な大統領ローズベルトは、第四期が始まったところでぽっくりと亡くなったのである。

 偉大な大統領?五百旗頭真は、なに人?ローズベルトは「劣等アジア人種の品種改良」を画策した差別主義者で、大東亜戦争の張本人。独裁者ローズベルト死亡で、だまされた戦争と皆気付き、緩和されたが、生存のままなら、「劣等アジア人種の品種改良」で、生き地獄と化した。神風が吹き天罰が下ったのだ

原体験としての敗戦179P

 軍国主義、国家主義には二度と陥りたくない。「聖戦」とか、「八紘一宇」とか、壮大な目的をりきみ返って口にしながら、三百五十万もの犠牲を出し、家族はちりぢりになり、家は焼かれ都市は廃墟となった。このような空しい戦争だけは繰り返したくない。自身がそれぞれ被害者であったと感じる日本人が少なくなかったが、日本全体として、計り知れない惨禍と犠牲を他国民に及ぼした。日本社会はハードの面で壊滅しただけでなく、ソフトの面で名誉と正統性をも失った。今度は、貧しくても人様に迷惑をかけない生き方をしたい。信を失うようなことは、繰り返したくない。非軍事的・平和的な生き方を選ぶことが、激烈な国民の体験から得た戦後日本人の強い希望となった。戦後日本の政治外交は、この歴史の教訓の枠内で展開されることになる。

 こうして日本国民自体のうちに、たとえ占領政策がなかったとしても、非軍事化と民主化を求める機運が高まっていた。

 元凶は戦国時代で、自立自存のため資源なき小国唯一の手段「軍国主義、国家主義」で対応しただけで、「三百五十万もの犠牲・家族はちりぢり・家は焼かれ・都市は廃墟」にしたのは、敵国アメリカで、「日本」ではない。五百旗頭真のすり替え洗脳である。

 「計り知れない惨禍と犠牲を他国民に及ぼした」責任は、勝者敗者の両者が負うべきもので、敗者日本のみが負うべきものではない。敗者日本のみが責任を負えという論理では、勝者がすべて善、敗者がすべて悪となり、人類の総意(賛成89、反対0、棄権9)、先人と同胞と宗主国の英断で築いた新秩序「植民地独立付与宣言」が崩壊し、再び戦国時代に逆戻りする。五百旗頭真は、整合回路皆無の証拠である。

 ・・・「ポツダム宣言」の柱は、日本を非軍事化する、すなわち無力化し民主化することであった。・・・非軍事化と民主化の強制こそが、「ポツダム宣言」および占領政策の本質であった。

 戦国時代でなく、ブロック経済でなかったら、民主日本のままであった。食民治同胞の一斉蜂起で、米国の、日本食民治化が阻まれ、独立民主化となったに過ぎない。独立民主化は食民治同胞の一斉蜂起が起因で、米国や、「歴史の教訓の枠内」からではない

非軍事化―迅速な処断196P

 10月11日にはマッカーサーが新首相幣原喜重郎に対し、いわゆる五大改革を指示した。

1、選挙権付与による婦人の解放

2、労働組合の奨励

3、より自由な学校教育

4、秘密警察の廃止

5、経済機構の民主化

 軍国化は、戦国時代資源無き小国日本の、戦時下ゆえの特別措置で、「植民地独立付与宣言」後の平和の御世では、不要。アメリカに五大改革などと指示されなくとも、おのずとそうなった。アメリカの功績のごとく、くどくどと書いてあるが、民主化も当然そうである

憲法改正222P

 われわれはとしての「大東亜共栄圏」や、「八紘一宇」などに狂奔した。どんなに空しかったか。われわれは今後は自らの足下をしっかり見つめ、文化的なものを持った平和な国民として生きて生きたい。五大国でなくても、貧しくても、平和で公平な社会を再建したい―という気持ちが、戦後の日本国民に非常に強かった。

 資源なき小国、戦時下ゆえの、護国のすべてを懸けて掲げた「大東亜共栄圏・八紘一宇」が、「植民地独立付与宣言」で成就し、開闢以来の勝者善敗者悪の弱肉強食は破壊され、平和が到来した。戦国時代完全隠蔽し、「剣をもてあそんで、壮大なフィクション」と茶化しての、誘導洗脳である。

明治帝国の死258P

 明治維新以来、わずか77年間で明治国家は滅んだ。ひと一人の寿命に当たる喜寿をもって明治帝国は没したのである。・・・明治期に軍事手段を持って危機を克服し、軍事帝国に成長した近代日本は昭和初期の危機に際して、軍事をもてあそんで自滅した。明治帝国は、その強さに滅んだといえよう。

 滅んだ・自滅した」のではなく、開闢以来の弱肉強食を破壊し、新秩序、互恵、自由貿易・民族平等の「植民地独立付与宣言」を樹立した戦国時代を隠蔽しての誘導洗脳!

「一億総懺悔」と再生の方向260P

 東京裁判・・・は、戦争指導者たちの無分別な粗暴さを摘発し、「大東亜共栄権」や「八紘一宇」といった壮大な目的の虚構性を暴露した。悪いのは、軍国主義や超国家主義の指導者である、と多くの人が同意した。・・・

 天皇の名においてなされた戦争と、天皇の名において奪われた身近な人の生命に、割り切れない思いを残す人もまた存在した。

 「虚構性を暴露」ではなく、「弱肉強食」の旧秩序と、「宗主国」を破壊し、共産正体凶産と看破し、蔓延防御し、「植民地独立付与宣言」を成し、全世界共栄圏を樹立した!「悪いのは、軍国主義や超国家主義の指導者」は、軍対民のWGIP洗脳。天皇非難は凶産自白

経済主義への回帰272P

 われわれは、帝国として死滅した日本が戦後どのような生き方を求めたかを振り返ってきた。

 帝国として死滅」ではなく、「植民地独立付与宣言」で戦時下を破壊したので、戦いの旧き衣を脱ぎ捨て、新秩序の衣を纏ったに過ぎない

 大東亜戦争でも神風は吹いた。護国(家族死守)は、条件(敵の強弱)無しの無条件。一縷の望みが互恵大東亜共栄権。わずかに遅れたが食民治はすべて決起し、日本を米国植民地化から救い、「植民地独立付与宣言」を成し、全世界共栄圏を樹立し、現在に至る!

文庫版のあとがき

 1989年版が原本であるが、2005年学術文庫版には、加筆している。2002年小泉純一郎首相が読んで、対面とある。この時が初対面、防衛大学校長職は、この本を元手に手に入れたのだろう。何とも短絡な選考だ!小泉のみならず、「勝てないとわかっていて戦争を始める国がどこにあるか」発言の石破茂等々の鵜呑み政治屋、この本で洗脳されている。何とも単純な政治屋の歴史観なのだ、あきれる。五百旗頭真は戦後復職赤化成金教授や、米(ハーバード大)英(ロンドン大)で洗脳され、本を書き、小泉や石破等が洗脳された。言葉と文字界は、踏ん張る(検証)ことを知らない無検証鵜呑み屋ばかりで、コピペのみの、思考力皆無の木偶だ。現実界経験あれば、子供でも気づく矛盾にも気付け得ない。66年間も無検証は、ここが原因。文系は、第一次産業、農業従事が、必須科目。つまみ食いの手抜きでは、米は出来得ず、即刻の餓死だ!

 自己保存は生命体の本能で、敵の強弱など皆無の無条件。この真理に翻意、宗主国連合は歴史とした。この真理を、対馬被占領以後、掲げ続け、人類に知らしめたのが日本九九年戦争!現代平和、全世界共栄圏の礎石である!

 五百旗頭真、加藤陽子、御厨貴、姜尚中等の金食い記憶機は、中古千円の電子辞書で事足りる。百害亡国奴スパイは、即刻駆除が国のため。必要なのは、丸暗記力ではなく、思索する頭脳だ!

 ワットの蒸気機関で適者生存に一歩先んじた白人が、世界を凶産と食民治で支配し、ブロック経済で席巻。それに抗し破壊、自由貿易、互恵、民族平等に基づく新秩序植民地独立付与宣言で、全世界共栄圏を樹立し、適者生存した有色人連合(偽中国、癌半島、罪日は裏切り者の脱落者)と、新秩序に矛を収め、歴史にした、英断宗主国連合。残滓が、凶産中国、癌半島と罪日、ロシア。これが俯瞰した、日本九九年戦争、真実史観である。

 

真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

スポンサーサイト

真実史観中朝韓は植民地独立付与宣言友好恩知らずの他力独立犬の躾外交が適切

中朝韓罪日は植民地独立付与宣言友好恩知らずの他力独立犬の躾外交が適切

 当時は戦国時代、清国属国朝鮮は敵なので、分離独立させ、共栄圏にしようとしたが、戦国の世に独立維持出来得ず、露西亜を嫌った国民の選択で、日本傘下に入った。これは、露西亜南下畏怖の欧米列強の支援もあり、平和裏になされた。欧米列強は日露戦争も支援し、終始一貫している。戦国の世に対処不能の弱小国、二者択一の選択は当然なのである。この、朝鮮先人戦国苦渋の英断と、李朝差別が起因の、戦後民族浄化大量虐殺1四三事件凶産蜂起は捏造さい州島血が汚れるの朝鮮浄化殲滅軍対耽…)は隠蔽し、日本に難癖を付けているのが、戦後の贋半島や罪日(難民)なのである。日本統治世界の真実 たい湾やかん国ほど発展した国があるか!在米かん国人が思い知った世界の真実 。大東亜戦争朝鮮死者は志願兵2万2182人、戦後の朝鮮の同胞殺し合い無駄死にの合計が、449万人+北朝鮮不明+(60~120万人)ちなみに台湾志願兵は3万304人、日本は強制兵役、徴兵で、234万2341人が戦死で、さらに米軍に80万人の市民が原爆空爆で、虐殺された。がしかし、食民治とブロック経済と開闢からの戦国時代を破壊、互恵と平和の新秩序、世界共栄圏(植民地独立付与宣言)の魁となった。癌半島と罪日(罪在日の略)は、報恩を知らぬ、唯物特異民族である!調べれば調べるほどに、嫌悪のみが増加するばかりの、無知無恥済州島人や済日は除外)である・・・。

 同族差別殺し(李朝差別)が禍し、他民族を憎む(捏造)ことでしか、団結出来得ない哀れな民族が癌半島と罪在日(略して罪日)である。

際限無きコリアン難癖捏造洗脳教育の証拠!
 無残なコリアン史(家畜以下の李朝差別)と、コリアンホロコースト(李朝差別を破壊した日本撤退以後の四三・保導連盟・朝鮮南北戦争等々の同族大虐殺)を隠蔽し、「砂の人心」懐柔が、捏造洗脳コリアン教育の目的
 矛先が復讐(内乱)に向かえば李承晩(同族大虐殺)政権は壊滅する。敵国日本と捏造し、「日本を憎め」の捏造犯日プロパガンダで矛先を日本に反らし、李承晩とその後継は延命を図った。
 ネットの普及と民主化でコリアンが真実に覚醒し矛先が復讐(内乱)に向かえば、「同族大虐殺子孫」政権は確実に壊滅する。「日本を憎め」の幼児からの捏造犯日教育や、捏造「告げ口」外交に必死である。際限無き難癖や、捏造慰安婦碑や、捏造像等々は、「同族大虐殺子孫」保身の、矛先反らしの、ただの道具
 コリアン犯日は、「矛先反らしの、ただの道具」だが、コリアンが真実に覚醒し無い限り、コリアンの「日本を憎めの難癖」は、永遠に続く!日本のこれまでの友好や援助は、猛獣に餌を与え続けて延命させただけである!猛獣は檻に隔離が、古今東西賢者の策。程無く、共食いで自滅する!
 「歴史捏造(同族大虐殺)政権に、未来など無い!」は、古今東西の歴史が物語っている!

朝鮮起源捏造は、世界の常識

 貴族と農奴あるいは奴婢の二つの階級しかなかった朝鮮高麗。儒教のを差別に悪用して支配した李朝519年。唯物癌半島と罪在日(以下は略して罪日)の歴史をたどってみよう。 
『日本』フランツ・フォン・シーボルト著第五巻(尾崎賢治訳)雄松堂出版, 1978. 
 朝鮮の工業技術は隣国の中国や日本と比べてずっと遅れているように思う。木工は断然といってよいほど遅れており、陶磁器の作りはひどく粗末である。鉄器、特に刀その他の刃物は価値が低い。

『朝鮮事情』シャルル・ダレ(金容権訳)『朝鮮事情』東洋文庫367, 平凡社, 1979.
 朝鮮人は、科学研究の分野においてほとんど進歩のあとを見せていないが、産業の知識においては、なおさら遅れている。この国では、数世紀もの間、有用な技術はまったく進歩していない。(309p)

「朝鮮事情」ダレ著金容権訳平凡社抜粋
 ダレ著となっているが、フランスの第五代朝鮮教区ダブリュイ主教(1866年ソウルで李朝に処刑された)が、1845年から21年間命懸けで収録したものを編集したもので、ダレは編纂者。
 1910年から日本統治なので、統治直前の「朝鮮事情」である。ハングルでなく、漢字が国字であったが、日本が変えた
第七章朝鮮語
 ・・・試験(科挙)は、すべて漢字で行われ、中国の文字と書籍のみをその対照としていた。政府の八つの主な学校では、中国の文字と科学だけを研究し、国語である朝鮮語は除け者にされ蔑視されている。・・・国王や王国の年代記、布告、守礼の命令、法廷の判決、科学書、碑文、通信、商人の会計帳簿、商店の看板等、あらゆるものが漢字で書かれる。

 李朝は519年間も儒教の礼を差別に悪用して支配した

第八章

 五百年前の現王朝の初期、朝鮮社会には貴族と農奴あるいは奴婢の二つの階級しかなかった。・・・そうして現在朝鮮には、いわゆる両班、常民、奴婢があり、それがまた、いくつかの部類に分かれている。

 両班の身分は世襲で、官職と品階は、ほとんど両班だけの世襲財産である。各家庭は族譜(家系図)とともに、現存する一族の者すべての名簿を大切に備えている。朝鮮の貴族階級は、世界中で最も強力であり、最も傲慢である。朝鮮の両班は、いたるところで、まるで支配者か暴君のように振舞っている。大両班は金がなくなると、使いの者を送って商人や農民を捕らえさせる。その者が手際よく金を出せば釈放されるが、出さない場合は両班の家に連行され投獄され、食物も与えられず、両班が要求する額を支払うまで笞(ムチ)打たれる。両班の中で最も正直な人たちも、多かれ少なかれ自発的な借用の形で自分の窃盗行為を偽装するが、それに欺かれるものは誰もいない。なぜなら、両班たちが借用したものを返済したためしが、いまだかって無いからである。彼らが農民から田畑や家を買うときは、ほとんどの場合支払いなしで済ませてしまう。しかも、この強盗行為を阻止できる守礼は、一人もいない。法と慣習によれば、両班に対しては、彼らが金持ちであれ貧乏であれ、また有識者であれ無識者であれできる限りの敬意をすべて表すことになっている。誰も決して両班の体に触れることは出来ず、守礼でさえ、たとえ誤って彼の手に触れたとしても、懲罰を受けるであろう。両班の住居は神聖なものとされ、女性を除いて、その庭に入っただけでも罪となる。女性はいかなる階級、身分の者でも、どこにでも立ち入ることが出来る。馬に乗って旅する一般のものが両班の家の前を通過するときは、馬から下りなければならない。旅館の中でもあえて両班にものを尋ねたり、彼の顔を見ることも出来ない。また彼の前では、タバコも吸えず、彼には最も良い場所を譲らねばならず、彼をくつろがせるために、自らは窮屈に甘んじなければならない。馬上の両班に行き会ったとき、馬に乗っている常民はすべて下りねばならない。ふつう常民すすんで馬から下りるが、時には無理やり下ろされることがあり、反抗でもしようものならゴミや泥の中に叩き込まれる。両班が一人で馬に乗って出かけることは無い。必ず手綱で馬を導く馭者一人おり、両班の暮らし向きによっては、一人あるいは数人の従者が従う。したがって、彼らは馬を走らせたり駆けさせたりすることなく、いつも歩かせていく。

 両班は、自分たちのすべての特権については非常にうるさく、少しでも敬意を失するものがあれば、残忍な報復を下す。その一つの実話を次に引用しよう。

 みじめでみすぼらしい風態をした一人の両班が、軍衛の近くを通っていた。そこへ、泥棒を探していた四人の捕卒が行き会い、その外見にやや疑念を抱き、もしかするとこれが自分たちにの探している者ではないかと思って、ぶしつけな質問をした。すると両班は答えた。「はいそうです私の家までついて来て下されば、共犯者も教えますし、盗んだ品物を隠している場所も教えます」捕卒たちがついて行ったところ、この両班は、家に帰り着くや否や、召使たちや数人の友人を呼んで捕卒たちを捕らえさせ、散々殴りつけた。そのあと、その内の三人からは両眼をえぐり取り、残る一人からは片方の目だけをえぐって、次のようにどなりつけて彼らを送り返した。「この野郎ども、わかったか。これからはよーく見て歩け。お前等が郡衛に帰れるように、目の玉一つだけ残してやったんだ」

 この野蛮極まりない行為が罰を受けないことは、いうまでもない。これに似た例はいくらでもある。だから一般の人々、特に農村の人々は、両班を火のように恐れている。子供を驚かすのに「両班が来る」と言ったり、フランスで子供を妖怪で脅すのと同じように、この極悪な人間のことを語って脅かすのである。ほとんどの場合、多くの人々は、両班のこの不当傲慢な行為を愚直な忍従で堪えてはいるものの、心中には鬱積する恨みを抱いており、しかるべき機会さえおとずれれば、血なまぐさい復讐の行動を起こすことになろう。

 現代のニセ両班も、犯日も、日の丸焼いて出自白状

 下級両班いわゆる半両班あるいは田舎両班と呼ばれている一族・・・座主(州・府・郡・県等に設置されていた郷長の長官)別監(座主の次席)のような、それほど有力でない官職に従事した人たちの子孫である。・・・彼らの行動はそれほど大きくはなく、しかも彼らの地元以外では、ほとんどなんの意味も持っていない。

 朝鮮においても、他の国と同じく、貴族の称号を僭称することが稀ではない。多くの乾達牌「こんたるべ(道楽者)」は、自分たちの地元から遠く離れた地方に行くと、自分は両班だと言いふらし、・・・両班のあらゆる特権を乱用している。

 現代はさらに進んで、全員両班と答える

 両班と、厳密な意味での常民との間には、中人階層というものがあるが、これは実際にはソウルにしかない。この階層は、何代も前から政府付きの通訳官、天文官、医者などのある種の特殊な官職に従事する一族で構成されている。

 中人階層の下にあるのが常民であるが、これはまったくなんの政治的力もない。法律上では常民も文武の官職を目指す科挙を受験することはできるが、実際には、何らかの称号を得ても、仮に進士や及第の資格を取得したとしても、政府からいつも取るに足りない官職しかもらえない。

 両班の搾取と横暴、あるいは専制から実を守るために、さまざまな職業階層の人々は、自分たちで団結して組合を作っている。・・・たとえば棺製造業者、石工、行商人(褓負商)たちが、成文法や規定によって自分たちの職業に対する独占権を形成している。

 もっとも強大かつ組織的な同業組合は、褓負商(行商人)の組合である。

 もっとも蔑視されている同業者組合は、牛の屠殺業者(白丁、被差別民をさしているらしい)のそれである。・・・牛は耕作や荷の運搬に絶対必要な動物であり、・・・牛を殺す行為を何よりも蔑視した。したがって、屠殺業者は、誰が見ても奴婢よりもさらに低い別個の一階層をなしている。彼らは一般の村落内に住むことができないので、彼らを忌み嫌っている村人の圏外に住んでおり、自分たちの社会だけで通婚している。死刑執行人は、彼らの中から選ばれる。ただ彼らにだけ牛を殺す権利があり、もしほかの人がそれをすれば、自分の村と一族から追放されて屠殺業者の社会に非難せざるを得なくなるだろう。・・・一般人の蔑視は屠殺業者だけに向けられていて、肉の販売を目的とする肉屋にはなんら関係はない。肉屋には、主令から任命された金持ちがなり、自分の専売権を確保するために、かなり重い税金を負わされている。他の者が牛を殺すと、普通の子牛の値段である54フランないし56フランの罰金を支払わねばならない。

 日本での食肉は明治になってからで、それまでは屠殺業者ではなく、解体皮革加工業、一部世襲(頭領)で、技術は継承されたが、すべて世襲ではない。現代の故障者リスト(待機者)の仕事としての役目を成し、独占業として、代々為政者は保護した。朝鮮白丁とは明白に異なる。詳細は毛皮が語るペクチョン を参照

 奴婢となる者は、その母が奴婢であった者、自身あるいはその両親がその身体を奴隷として売った者、そして誰かに拾われて育てられた孤児たちである。しかし、最後の場合は、奴婢としての身分は一代に限られる。すなわち、そのようにして自由を失った者の子供は、自由な身として生まれるわけである。

 個人所有の奴婢(私奴婢)のほかに、国家に属している奴婢(官奴婢)もいる。彼らは中央各曹、郡衛などさまざまな官庁に所属し、最も嫌がられる仕事に従事している。彼らの内のある者は、生まれながらの奴婢である。しかし大部分は刑事裁判での判決の結果奴隷になった者で、このような人々は、奴婢というよりも、むしろ徒刑囚といえよう。このような奴隷状態では、特に女の奴婢にとっては、一般の奴婢に比べればはるかに苦痛である。郡衛の女の奴婢は、ほとんど獣のように扱われる。彼女たちは主令だけではなく、衛前、補卒、使令などからもおもいのままになぶられる。彼女たちに対する蔑視に比すべきものはこの世になく、貞淑な婦人にとって、この種の奴隷の身分を宣告されることは、死刑に数専売する苦痛を意味する。

 奴婢は家畜同等か以下で、さらに白丁は、その奴婢以下の扱い。ちなみに済州島は、白丁以下の扱いである

第九章
 ・・・女性たちは、男性の伴侶としてではなく、奴婢もしくは慰み者、あるいは労働力であるにすぎない。・・・「夫や両親の庇護下にいない女性はみな、主人のいない動物同様、最初に占有した男の所有物になる」

 女には名前がない。大部分の若い女性は、何らかの異名をもらい、年長の親戚や一族の者は、彼女が子供のあいだ、この異名を呼ぶ。しかし、彼女が結婚適齢期に達すると、両親だけがその名前で呼ぶことができ、一族の誰もが、他人とまったく同じように、誰それの娘とか、誰それの姉といった遠まわし表現をする。結婚前には、この異名もなくなる。たいていの場合、実家の親戚は彼女の嫁入る先の土地の名で、また婚家先の親戚は彼女が嫁に来る前に住んでいた土地の名で表現するのである。「誰それ(夫の名前)の宅」とよぶこともある。彼女に子供ができると、礼儀上「誰それの母」という名を使わなければならない。女性が法廷に出頭しなければならない場合、官吏は公判の便宜上、裁判が続行している間に限って、職権で彼女に名前をつける。・・・

 現代でも売春させろとデモをし、アメリカでもイエローキャブと呼ばれているのが韓国人である。イエローキャブが、アイアムジャパニーズと自称しているの真に受けた日本女性作家が本を書き、賞を貰った

「朝鮮の悲劇」(日本統治二年前の1908年出版)癌国犯日元ネタ本
 1904(1月~12月)年と06(7月~12月)年、ロンドン・デイリィ・メイル紙特派員として訪韓した著者F・A・マッケンジーが書いた、先にやらなければやられる戦国時代無視の、又聞きつまみ食い偽善者本は、真逆。マッケンジーは1906年帰国してすぐに「中央アジア学会」で、「日本の対韓植民地政策」と題し、日本を非難し、日英同盟に反対した。がしかし、「若干の過誤があろうとも、韓国の旧政客よりは韓国を開明の道へと導いていくものである」と、学会司会者コルシン中将以下、皆が、ひたすら日本側を弁護したため、退けられた(平凡社P265)

 先に殺さなけれれば殺される戦時下に、平和時の正義を語るマッケンジーの非常識愚論は、却下されて当然なのである。韓半島大多数の人民が戦時下を認識し、俯瞰していたので、寄らば大樹の陰となり、戦争とはならずに統治された。この大多数の賢者の選択は隠蔽し、極少数をつまみ食いした針小棒大本「朝鮮の悲劇」等を掲げ、“泣き売”するのが癌半島や罪日の常套手口である。

「朝鮮紀行」諸悪の根源は李朝差別と喝破した英国人女性旅行家イザベラ・L・バード(ビショップ夫人)著時岡敬子訳講談社

 1897年朝鮮国内旅行後、朝鮮国境部のロシア側を旅行し、ロシアに住む朝鮮人を次のように記している。注・日本統治は1910年から。

第19章朝鮮の国境1863年咸鏡道から13家族が国境を越えロシアの沿海州ティゼン河のほとりに定住した。1866年には100家族となったがとても貧しかったので、ロシア政府は、牛と種を配給した。1860年飢饉のため4500人が沿海州に移住した。1884年以後移民は禁止された。1897年現在沿海州には、32の村落、五つの行政区に分けられている。朝鮮人移民総数は1万8千人と推定される。

 「朝鮮にいたとき、私は朝鮮人というのは屑のような民族で、その状態は望みなしと考えていた。処が沿海州ではその考えを大いに修正しなければならなかった。自らを裕福な農民層に育て上げ、ロシア人警察官やロシア人入植者や軍人から、勤勉で品行方正だとすばらしい評価を受けている朝鮮人は、なにも例外的に勤勉家なのでも倹約家なのでもないのである。彼らは大半が飢饉から逃げ出してきた飢えた人々であった。そういった彼らの裕福さや品行のよさは、朝鮮本国においても真摯な行政と収入の保護さえあれば、人々は徐々にまっとうな人間となりうるのではないかという望みを私に抱かせる」。307P

第37章最後に1897年・・・朝鮮人の前途をまったく憂えてはいない、ただしそれは左に掲げた二つの条件が不可欠である。

朝鮮にはその内部から自らを改革する能力がないので、外部から改革されなければならない。
国王の権限は厳重かつ恒常的な憲法上の抑制を受けねばならない。563P

 
これらを破壊し、日本同様に統治したのが日本統治である。戦国時代認識出来得ない一部の独立派が騒いだが、ほとんどが現状を認識し、戦争もなく日本に穏便に統治された。世界も自立は無理と判断、日本統治を支援した。

 しかし、李朝差別は根が深く、関東大震災に、相手を間違え日本に下克上、成敗された。出自の自白である。輩を差別して虐げたのは李氏朝鮮差別で日本ではない。日本は李氏朝鮮差別を破壊した救世主だ2につづく

真実史観日本統治前の朝鮮は染料・針・羊・車・樽・桶無し「チャングム」の嘘

2日本統治前の朝鮮は染料無し「チャングム」の嘘 

【正論】筑波大学大学院教授・古田博司 増殖する韓国の「自尊史観」 2008年12月17日産経新聞抜粋
「チャングム」のまやかし
 まず朝鮮の李朝では、女子が宮中に出仕すると王様と疑似婚姻関係に入るので一生外に出られない。チャングム女史のように出たり入ったりはできない。

 ドラマでは李朝時代は色彩にあふれているが、ほんとうは顔料がないので民間に色はない。中国の清朝でも日本の江戸時代でも陶磁器に赤絵があるが、朝鮮には白磁しかないのはそのためで、民衆の衣服が白なのも顔料が自給できないからである。民芸研究家による「朝鮮の白は悲哀の色」というのも、今では真っ赤なウソである。上流階級だけは中国で交易する御用商人から色のある布を買っていた。

 19世紀初めの朝鮮の儒者が、「(我が国の拙(つたな)きところ)針なし、羊なし、車なし」(鄭東愈『晝永編』)といっている。

 針は粗雑なものがあったが、ちゃんと縫うには中国から針を買わねばならなかった。当時の中国針は優秀で、日本も輸入している。羊はモンゴルに征服された高麗にはいたが、いつの間にか滅びた。車は西洋文化が流入するまではない。木を曲げる技術がなかったからである。だから李朝には樽(たる)もない。液体を遠方に運ぶことすらできなかった。かつて日本が保護したとき、韓国はそのような国であった。抜粋完

李朝=インカ帝国説( 高崎経済大学教授 八木秀次) 正論2009年7月号抜粋
 朝鮮研究の第一人者である筑波大学教授の古田博司氏が毎日新聞から発行される『アジア時報』五月号に掲載されたアジア研究委員会での研究報告の内容をめぐって、韓国大使館から激しい抗議を受けているという。すでに韓国情報部の人間も接触してきたといい、身辺の危険も感じているらしい。

 古田氏は日韓歴史共同委員会の教科書班の日本側の班長でもあり、問題の報告は韓国の歴史教科書60冊の内容を客観的に分析したもので、どこが問題なのか私には理解できない。教科書記述の分析についてのクレームは表向きで、おそらく韓国側の神経に障ったのは古田氏の李朝に関する発言にあるのではないか。一般にはあまり目に触れる雑誌ではないので、ここで古田氏の発言を再掲しておこう

 「――つまり、李朝というのは並みの中世ではないのです。例えば車がない。輪っかがないんです。なぜかというと、曲げ物をつくる技術がない。木を曲げることができないから樽もないわけですよ。

 甕は重いでしょう。樽だと楽なんですが、それがないんですよ。だから升に入れて、車がないから、チゲといって全部背中に担ぐ。王朝の宮廷に地方でとれた蜂蜜を届けるんですけれども、そういう時は四角の升です。それを組み合わせて木釘で打ったものに蜂蜜を入れて、背中に担いで山越え谷越えするものですから、着いた時は半分ぐらいないという状況になる。

 もっとすごいのは、李朝には商店がないんですよ。御用商人の商店が一カ所に集まっている。でも戸が閉まっている。要するに、宮中の御用をするだけなんですね。

 一般の民衆はどうかというと、みんな市場で買い物をします。北朝鮮と同じなんです。開いている商店というと、筆屋とか真鍮の食器屋ぐらいですね。両班(ヤンバン)のうちで使うから筆屋と食器屋はある。

 帽子などは地面に広げて売っています。商店というものが全然ないんですね。これは儒教のせいではありません。初めからずっとないのです。北朝鮮も同じで商店がない。闇市しかないわけです」。

 刺激的な内容である。では朝鮮の誇る青磁・白磁はどうか。

 「李朝には顔料がないです。だから、赤絵の壷がないでしょう。薄ぼけた赤いのがあることはありますが、ほぼ全部真っ白。赤絵の壷がないというのが大きな特徴です。柳宗悦が「朝鮮の白は悲哀の色」といったのですが、それは本当は貧しさの悲哀のことです。(中略)顔料がないのです。コバルトをすこし発色できるだけでしょうか。だから衣も民衆は全部白です。(中略)上流はみんな色付きです。中国から取り寄せて上流階級では色の付いたものを着ている。また地方の農村でヤンバンが御用の染料屋に衣を染めさせるという記録はあります。でも下層は麻や木綿地の白ですよ。それを川辺で棒でたたいて洗濯をするものだから、ますます白くなる」。抜粋完

日本統治直前には、両班(貴族)の乗り物一輪車(人力四人で引く猫車)はあったが、李氏朝鮮時代(1392~1910年)には、519年間実用に耐える両輪(均等な二輪)を作る技術がなかった。

 日本の平安時代(794年~1183年)には、すでに貴族の乗り物の牛車(牛が引く両輪均等二輪車)があった。

終戦時の台湾人と朝鮮人の対応二話

唯心台湾と唯物?朝鮮

幻の台湾・朝鮮出身「特丙」予科練生 WILL2010.9.岡村青

 海軍飛行予科練習生(予科練)志願兵100人。台湾出身は「高志飛(50人病気等で45人)」。挑戦出身者は「鎮志飛(50人)」と称された。約10ヶ月間訓練されたが、終戦で終了。元教員橅木光一郎(89歳。茨城県小美玉市在住)らは、朝鮮出身者「鎮志飛」帰国のメドが先についたので、山口県下関市の仙崎港まで引率し、見送った。「帰りの汽車の中で見てください」と渡された、「鎮志飛」の手紙(66年間保存された)。

 「今まで色々と有難う御座いました。右金額は我々の寸志です、旅館代にでもしてください、我等は男です、一死を以って東亜解放の為に奮闘いたす覚悟であります。最後に分隊長教員の御健闘ならびにご健康をお祈り致します。我々の分隊長教員 士空に居りし鎮海所轄一同」

 これが最後の別れとなった。

 一方の台湾「高志飛」は、帰国線のメドが立たず足止めされたが、12月19日浦賀から帰国した。劉連輝が発起人となり、1997年2月「高志飛会」を結成、林栄貞が会長となった。「高志飛」は橅木ら元教員を招待し、台湾一週旅行を催すなど変わらぬ友好を深め合っている。

 「人生80年の中で、予科練生活はわずか10ヶ月足らずだった。けれどここで学び、鍛えられた予科練魂は、私の人生の、大きな支えになった。だから、私の心は今もなお日本人のままなんです」。「高志飛」発起人劉連輝の言葉。

新秩序世界共栄圏(植民地独立付与宣言)樹立魁元同胞の唯心台湾と唯物韓国『東日本大震災義捐金』3回目の寄贈ご案内2011年6月13日発表資料より・世界のセブンイレブンに設置してある募金箱の内訳

アメリカ・カナダ 約6,534万円(6.636店舗・1店舗9,846円)

ハワイ 約418万円(54店舗・1店舗77,407円)

マレーシア 約528万円(1.235店舗・1店舗4,275円)

フィリピン 約30万円(577店舗・1店舗520円)

香港 約1,188万円(949店舗・1店舗12,518円)

メキシコ 約387万円(1.240店舗・1店舗3,120円)

台湾 約3億368万円(4.753店舗・1店舗63,892円

タイ 約1,600万円(5.962店舗・1店舗2,684円)

シンガポール 約1,127万円(550店舗・1店舗20,491円)

インドネシア 約293万円(27店舗・1店舗108,519円

韓国 74万円(3.404店舗・1店舗217円

総額 約4億2.551万円

 この募金箱以外に台湾は200億円超えた。韓国は見せ金(スマトラ義捐金60→500→5000→結局値切って610万ドルに決定したが、05年5月9日時点で、支払額295万ドル、未払い315万ドル。日本は5億ドル完済。★被災者を愚弄するかん国の国際貢献の在り方)の前例有りなので、未定とする。いずれにせよ韓国は、下心有り有り見え見えの偽援金、理由付けして返金が正当

唯心台湾蔡焜燦・金美齢日本を語る熱い動画
1-3【台湾取材レポート】老台北・蔡焜燦氏に聞く 第1弾[桜 H21-5-6] - YouTube
1-2【台湾取材レポート】老台北・蔡焜燦氏に聞く 第2弾[桜 H21-5-11] - YouTube
金美齢女士 於 靖国神社 - YouTube
[1-2]金美齢女士 伝説の演説 【ノーカット】[H21_8_15] - YouTube


唯心(思考回路在り=人間)少年と唯物(無し
=餌のみに生き動物)罪日

「今村均回顧録」1993年芙蓉書房

不幸な少年

 ・・・私の世話をしてくれている後藤金哉給仕が、

 「玉川君が、今朝から泣いてばかりいて、なんと慰めても泣き止みません」

 「なんで泣いているのか」

 「父親が日本人でなくなったので、玉川も朝鮮に戻されてしまう、なぞというのです」

 玉川勝男少年は19歳、後藤少年同様、甲板員として、陸軍の輸送船に勤務中、敵の潜水艦に轟沈され、海面に浮遊していたのを、わが駆逐艦に救助され、近くのラバウルに上陸せしめられていた一人だ。

 ・・・その玉川少年が、終戦後の今日、泣き通しているという。

 「そうか、玉川のお父さんは朝鮮人だったのか。ここへ連れておいで」

 やがて、二人は私の室に見えた。玉川は依然涙を拭いており、これと実の兄弟のようにしている後藤もまた、いかにも困惑したような顔をしている。玉川はとぎれとぎれにではあるが、次の趣旨のことを語った。

 「わたしは三重県の神戸村で生まれ、村の小学校で卒業するまで、父が朝鮮で生まれたことなど、知らんでおりました。父の日本語や読み書きなどは、ちっとも家のものや村の人たちと、変わってはいません。小学校を卒業し、名古屋の旋盤工場に見習いに入りますとき、出しました履歴書につけた戸籍謄本で、はじめて知り、びっくりして、こっそりお母さんに聞いてみました。『勝男やお父さんは朝鮮で生まれたといっても、ちっちゃい時に、つれてこられ、日本の教育で人となり、お百姓のこともよく出来、玉川家の養子になってからも、村でのほめられ者。もう本当に日本人になっているのだよ』と申し、私も父は良い人だと信じていましたから、それっきり、父のことをきにかけたことなどありませんでした。

 それだのに、今朝聞こえました東京からのラジオ放送によりますと、“朝鮮人は、もう日本では外国人になってしまい、やがて、全部朝鮮に帰してしまうことに、連合軍が決めてしまった”と、申すのです。そんなことになったら、お父さんも私も、朝鮮語はちっともしゃべれず、朝鮮には一人もお友達はおらず、あっちに住む家があるのかどうかもわからず、第一、お母さんと別れてしまい、日本人でなくなってしまっては、私は生きてる気になれません」

 そこまで云い、また少年は泣き声をあげる。

 「わかった。そのことなら、泣く必要はない。お前は子供だから心配するのは無理がない。私はラジオを聞いていないから、どういったのかわからんが、日本の敗戦で、朝鮮は独立国になったことから、朝鮮の人は、独立国人として捕り扱い、降伏した日本人並みに、敵としては取り扱わないということを、進駐軍が発表したものだと思う。

 だから、今日本にいる朝鮮出身者は、食糧事情の悪くなった日本で苦しむよりは、朝鮮に帰ろうと思う者は、いつでも帰れるということを、知らせたものにちがいあるまい。

 君のお父さんのように、幼年時代に内地に移り、日本人と一緒に家庭を作っている幾万の人までを、何でもかでも、朝鮮に戻してしまうことなどは、いくら進駐軍でも、やれることではないし、そんなことをすれば、逆に朝鮮人を日本人以上に苦しめることになる。ぜったいそんなことはやらないだろう。

 君のお父さんはもうきっと手続きを取り、日本に帰化し、朝鮮から籍を抜いてあるのだろうと思う。かりに朝鮮の独立政府との関係でまだその手続きをとることができないでいるとしても、いずれ講和条約が決まり、日本が完全な独立国になれば、それこそ幾万の人が、帰化手続きをとるようになる。だから君が復員し、神戸村の家に帰ったら、すぐお父さんと相談し、帰化の手続きを進めるようにしたまえ。

 ともかく君の安心のために、私が、君の家のある村長さんと、村の在郷軍人分隊長さんに手紙を書く、君はそれを持って帰り、万万一にも、お父さんが戻されそうだというなら、その手紙を見せれば、きっと希望通りになるよう、力を貸してくれるとおもう・・・」

 そんなにいって聞かせたところ、そこは子供のこと、私の言ったことが、己の切願に触れたものと見え、急に明るい顔になり、眼を光らせ、

 「では今の家を、追い出されることはないのですか。今までのように、本当の日本人になっていることができるのですか」

 「それでは復員の時は、お手紙をいただきます」

 そういい、二人は安心したように私の室を出て行った。

 翌日からの二人は、もとのように、朗らかな笑顔を見せ、昭和21年の3月までは、ずっと私たちといっしょの暮らしをしていたが、第一次の復員船で、私の手紙二通を持ち、玉川少年は日本に帰った。

 (追記)前記の二少年と別れてから、私は、9年近い年月を、戦争犯罪者として獄中に過ごし、昭和29年末、刑期が終わり、自由の身となってから、私の郷里宮城県の古川市の消防署に勤務している後藤金哉君とは、再会することができた。もう30歳近くになっており、健康な農村女性と家庭を営み、大きな赤ん坊をもうけている一家三人を、目の当たりにし、よかったと安心をおぼえたものの。玉川勝男君どうしているかは、後藤君も知らないでいた。

 まもなく正月を迎えると、後藤少年と同じ汽船で、一緒に甲板員をつとめている時遭難し、やっぱり私の司令部で、副官部の給仕勤務にあてられていた中幸元君がひょっこり私の家に訪ねてきた。もう30歳になっており、東京のある生命保険会社に勤務していると云い、ラバウル時代のこと、復員後、甞めた辛苦の数々を語り合った末、彼は、

 「・・・そうですか、後藤君とお会いでしたか。健康で新家庭を営んでいることは結構です。ところで玉川君は、実に不幸を見てしまいました」

 「どんな不幸を見たのかね。朝鮮に行かなければならないようになったのか」

 「いいえ。名古屋の旋盤工場で働くようになり、よくやっていたのですが、その地方の朝鮮人結社から『われわれの中に加盟し、日本人と闘争しろ』とやかましく脅迫されましたが、いつも『いや、おれは本当の日本人だ』と反抗し続けましたので、彼らの憎しみを買い、とうとう、多くの者に、撲殺されてしまったそうです」

 暗然としてかように語った。

 私はなんともいえない憐憫の思いに、目頭を熱くし、終戦のあの時「・・・日本人でなくなってしまっては、生きている気になれません」と泣いた少年の面影が、まざまざとまぶたに浮かび、「玉川少年は、とうとう日本人として死んでいったのか」と、限りなくその冥福が祈られた。・・・

2014年の現代も続く玉川少年(思考回路有り=人間)と朝鮮人結社(思考回路無し=餌のみに生きる動物)
 2014.8.1 産経ニュースwest
“在日”ヘイトスピーチ受け「自分が悪いかも」 若者グループが相談窓口
 在日コリアンが抱える差別やアイデンティティーへの悩みに答えようと、同胞の若者でつくる非政府組織(NGO)「在日コリアン青年連合(KEY)」(事務局・大阪市)が相談窓口を開設した。メールで予約を受け付けてスタッフが面談する。費用はかからず、主に10~30代の利用を見込んでいるという。
 スタッフの李明哲さんは「ヘイトスピーチなどを受けて『自分が悪いかもしれない』と自己否定をしてしまう在日が増えており、歯止めをかけたい」と話す。窓口は大阪市のほか、東京都新宿区と神戸市の事務所に設ける。
 KEYは歴史、人権の勉強会や交流イベントを開いている。在日コリアン約200人に実施したアンケートで「8割以上がヘイトスピーチに遭遇して傷ついた経験を持つ」という結果が出たため、相談窓口の設置を決めたという。

出自(白丁)を自白した罪日戦後の振る舞い「姜尚中を批判する(鄭大均著2011飛鳥新社)」より

占領軍スタッフ(ハーバード大教授エドワード・ワグナー)が語る罪日の振る舞い(日本における朝鮮少数民族・外務省刊)

 戦後の日本においては、朝鮮人少数民族は、いつも刺激的な勢力であった。数においっては大いに減ったものの、朝鮮人は、依然として実に口喧しい、感情的・徒党的集団である。彼らは絶対に敗戦者の日本人には加担しようとせず、かえって戦勝国民の仲間入りをしようとした。朝鮮人は、一般に、日本の法律はかれらに適用され得ないものとし、アメリカ占領軍の指令も同じようにほとんど意に介しなかった。そのため、国内に非常な混乱を引き起こした。占領当初の数ヶ月、在日朝鮮人炭鉱労働者の頑強な犯行のために、日本の重要産業たる石炭産業の再建は障害をこうむった。経済的領域における朝鮮人のいろいろな活動は、日本経済再建への努力をたびたび阻害した。

 1948年の神戸における緊急事態宣言は、日本の教育改革を朝鮮人が妨害した結果、行われたものである。引揚げについては、占領当局が決定した政策を日本政府の手で実施しようとするのを妨害した。このような、いろいろの要因および事件のために、日本人・朝鮮人間の伝統的敵対感情は一層深くなっていった。過去と同様に、戦後においても、在日朝鮮人社会は日本人から不信と軽侮をうけ、また、日本人の一般的不満感のはけ口とされた。

朝鮮人権逸(満州国時代裁判官。戦後韓国の国会議員。1911~2001)が語る罪日の振る舞い(「権逸 回顧録」育英出版社1987)。

 (朝鮮人にとって)法はあって無きに等しく、警察は文字通り無力であった。したがって、非人道で破廉恥な行為が平然と行われ、理性が喪失した社会のようであった。このような社会状態が醸し出したものであるかも知れないが、左翼朝鮮人だけではなく、一般の在日同胞のなかにも、故なく威張りちらして、法を無視することが少なくなかったことは、良識ある同胞の憂慮するところであったし、私たちは見るに忍びなかった。当然のように無賃乗車する者もいたり、中には白墨で車内に「朝鮮人専用」と書いて他人が入るのを拒むことすらあった。傍若無人というほかなかった。

 顧みると、当時のこのような行動は、長いあいだ抑圧されてきた者の自然発生的な反発感から出たものであり、またそれらの者たちにとって感情的に痛快感が得られたかもしれないが、このような行為は敗戦で萎縮した日本人の胸に、朝鮮人に対する憎悪感を飢えつける要因になったのではないだろうか。

権逸は、長いあいだ抑圧されてきた者」と、罪日の正体(李朝差別最下層賎民白丁)を、看破していた。3につづく⇒

真実史観贋半島思想戦巣窟民潭総連罪在日とNHK東大TBSTV朝日電通撲滅

贋半島思想戦巣窟民潭総連罪在日とNHK東大TBSTV朝日電通撲滅

1949年「在日朝鮮人の全員送還を望む」とマッカーサーに朝鮮人送還嘆願書提出した吉田茂首相

『吉田茂=マッカーサー往復書簡集―19451951』袖井林二郎訳法政大学出版局 2000.05.

(1949年8月末から9月初旬と推定される)

連合国最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥閣下

親愛なる閣下

日本の戦後の諸問題のうち朝鮮人と台湾人に関するものがものがありますが、彼らはかつて日本国民であり、現在もこの国に依然として滞在しているものです。

 ここでは台湾人については、彼らが比較的少数であり、それほど問題を起こしておりませんので、しばしふれないことにいたします。しかし、総勢約百万人、そのほぼ半数は不法入国者であるところの在日朝鮮人の問題について、われわれは今早期の解決を迫られております。私はこれらの朝鮮人がすべて、彼らの生国の半島に送り返されることを欲するものです。その理由は以下の通りです。

「注・昭和21(1946)年末までに約140万人(生活基盤土地在りの出稼ぎ者)が帰国し、自分の意思で残留希望した60万人(生活基盤土地無し)が日本に留まった。出稼ぎ個別渡航者や国民徴集渡航者は、皆このときに帰国していることは在日一世の渡日時調査によって裏付けられている」

 1、日本の食糧事情は、現在もまた将来においても、余分な人々を維持するを許しません。アメリカの厚意によって、われわれは大量の食料を輸入していますが、その一部は在日朝鮮人を食べさせるために用いられています。これらの輸入は、将来何世代にもわたって、わが民族の負債となることでありましょう。もちろん、われわれはそのすべてを返済する覚悟を固めておりますが、この対米負債のうち朝鮮人のために生じた分まで、将来の世代に負わしむるのは、公正なこと とは思いません。

 2、これらの朝鮮人の大多数は、日本経済の再建に貢献しておりません。
 3、もっと悪いことには、これら朝鮮人は犯罪を犯す割合がかなり高いのです。彼らはわが国の経済法規を破る常習犯です。かなりの数が、共産主義者かその同調者であり、もっとも悪質な政治的犯罪を犯しがちなのです。投獄されているものは、常に7000人を越えています。

吉田首相は朝鮮人の半数が不法入国者であることを明らかにしたうえで、問題点を指摘し、朝鮮人のみの送還を強く訴えた

 戦後今日まで裁判に付せられた、朝鮮人による刑事事件は以下の通りです。

 年次             事件数     朝鮮人関係者数

 1945(8月15日以後)   5.334    8.355

1946年末までに約140万人が帰国し、残留者は60万人

 1946            15.579   22.969(在日朝鮮人20人の内1人が犯罪者

 1947            32.175   37.778(犯罪者倍増

 1948(5月末現在)    17.968   22.133(1948年8月13日にはUSAから朝鮮独立なのにもかかわらず逃げるが如く、帰国後わずか一年半で、40万人が不法入国した。被差別難民を指示している

 合計             71.059   91.235(在日朝鮮人10人の内1人が犯罪者

 さて朝鮮人の送還計画として私が考えるのは次のようなものです。

 1、原則として、朝鮮人はすべて送還され、その費用は日本政府の負担とする。

 2、日本に在住を希望するものは、日本政府に許可を申請すべきものとする。在住許可は、日本経済の再建に貢献しうるとみなされたものに与える。

 以上述べました私の考えが、貴官によって原則的に承認を得られた場合は、送還にともなう予算その他の具体的措置について、あらためて案を提出いたします。    敬具   吉田 茂

翌1950(昭和25)年6月25日朝鮮戦争勃発し、翌1951(昭和26)年4月11日のマッカーサー解任で沙汰止みとなった。

警察予備隊(後の自衛隊)設置は罪日朝鮮人の騒乱事件対策
2014.9.7 msn産経ニュース
占領期、3年超の機密往復書簡が発見…警察予備隊「同意」を伝達
 当時、マッカーサー元帥は「非軍事化」の占領方針に反するなどとして警察軍創設案に反対だったが、陸軍省でも検討が進められ、25年7月、朝鮮戦争への駐日米軍投入で生じる軍事的空白を埋めるため元帥自ら7万5千人の警察予備隊創設を指令するに至った。

分別なく故国をすてて日本に密入国」朴正煕韓国大統領在日朝鮮人が密航者である事を公式に認める(1965年12月18日)!データベース『世界と日本』
東京大学東洋文化研究所 田中明彦研究室
[文書名] 日韓条約批准書交換に関する朴正煕韓国大統領談話(抜粋)
 次に私は,在日僑胞に対して,一言お願いをしようかと思います。
 親愛なる在日僑胞の皆さん! 現在60万人以上推算されている在日同胞のこれまでの苦労がどれくらいつらかったことかを,私は誰よりもよく知っています。
 在日僑胞のその苦労の原因をたどってみると,ひとえにそれは本国政府の責任となる他ありません。 したがって,これまでに在日僑胞の一部が共産主義者の使嗾に駆り立てられその系列に加担するようになったのも,実は大部分本国政府が在日同胞をより暖く,より徹底して保護できなかった責任であるといえます。
 これより本国政府は皆さまの安全と自由について,より積極的に努力して可能な最大限に皆様の生活を保護するつもりであります。
 これとあわせて私は,一時的な過誤で朝鮮総連系に加担した同胞たちの一切の前過を不問に付して,本国政府の保護下に立ち戻ることを希望します。
 政府は最大限に彼らを暖く迎え,一つの血筋を引いた同胞として,韓国民として保護するでありましょう。
 そうして私は,日本の空の下で韓国同胞たちが再び分裂して相剋することなく,暖い同胞愛の紐帯の中で互いに和睦して親近となり,また幸福な生活を営なむことを希望してやみません。
 これとともに私は,これまで分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留され,祖国のあるべき国民になれなかった同胞に対しても,この機会に新しい韓国民として前非を問わないことをあわせて明らかにしておこうと思います。
 再びこうした分別のない同胞がいなくなることを希望しながら,今日からわれわれは新しい気持と新しい心構えで,栄えあるわが祖国を建設する働き手とならんことを,訴えてやみません。
「現在60万人以上推算されている在日同胞」なので、「分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留」ではなく、「分別なく故国をすてて日本に密入国」が、整合した正論!

強いものには太鼓持ちの迎合弱いものにはふんぞり返り虐殺する李朝差別

 世界が殺し合いの戦国時代、朝鮮人だけでなく、皆が悲劇であった。日本は窮鳥を矢面に立てず(朝鮮志願兵2万2182人、台湾志願兵3万304人戦死。日本は強制兵役、徴兵で、234万2341人が戦死)戦った。それを極悪人呼ばわりして(台湾人は誇りにしている)、朝鮮人だけが悲劇の主人公と捏造。同情を集め金をせびり取る“泣き売”、厚顔無恥のし放題だ。
 南北朝鮮罪日、皆同じ詐欺手法で出自自白。日本人や台湾人に、愚民行為を愚民呼ばわりされても仕方あるまい、身から出た錆、自業自得である。愚民呼ばわりは、無恥を知らしめんがための、かっては身内の親心だ!
 終戦で李朝差別を破壊し新秩序を成した日本が去ったため、李朝差別が復活し、それに対しての下克上が始まった。北の被差別民の差別民への下克上。南のニセ両班が、共産(赤)と偽っての同胞や済州島人虐殺が始まったのだ。自立は無理との世界の予言は的中してたのだ。帰国せずに日本に留まった罪日(被差別民)の予感も的中した。朝鮮族譜戦争(朝鮮戦争)や済州島人や同胞虐殺詳細は下記
凶産蜂起は捏造済州島

Ⅰ毛皮が語るペクチョン


受信料支払いは亡国奴

李朝差別が起因の同胞殺し隠蔽のため犯日教育
 同胞虐殺隠蔽のため、米軍後ろ盾の李承晩はWGIPに便乗、仮想敵日本とし(竹島火事場泥棒)、すべての不都合を日本に押し付けた独裁洗脳教育で、国内人心を懐柔した。

親日朴正煕暗殺され犯日教育復活

 元同僚朴正煕が大統領となったため、韓半島は防共の砦でもあり、火事場泥棒の竹島を先送りし、朴正煕の手助けをした。韓国へのODA有償資金協力6455,27億円、無償資金協力47,24億円、技術協力実績239,94億円もの経済援助開始。愚民化捏造政策なので、非公開、韓国国民は一切知らない。しかし暗殺され頓挫。癌国は再び軍独裁の仮想敵国日本と化した。思想戦を仕掛け、戦時下体制の癌半島癌国へのODAなど、即刻止せばいいものを、なんと1998年までも続けた日本の馬鹿政治家(WGIP鵜呑みの文系)。今では癌国、犯日に拍車をかけ、NHKや民法や電通にスパイを送り込み、癌(捏造史ドラマ人造顔歌手)、花盛り。楽な時代ではなかったが、窮鳥懐に入れば猟師もこれを殺さずが、日本唯心。窮鳥を逆手にとっての日本侮蔑!結局、癌(族譜)国への戦後の思いやりは、癌増殖用の餌でしかなかった!

90%がニセ両班で偽族譜まみれの癌半島と罪日!

中国朝鮮族と癌国罪日の違い

「韓国民に告ぐ」副題「日本在在の韓国系中国人が痛哭の祖国批判」2002年祥伝社著者は金文学(1962年中国瀋陽生まれの朝鮮族3世)と金明学(文学の弟1966年生まれ)兄弟

一章「大人の国」日本と「子供の国」韓国

 自分とわずかでも異なる見解・見識を持っている人に対してたいていの韓国人は、たとえ初対面であってもためらうことなく感情をむき出しにする。相手の言葉を聞き入れることを知らない。まず自分の話を強く前面に押し出す。自分が何でも知っていて、自分があらゆる面で相手より優れていると主張するのだ。

 空港のロビーで韓国人であることがすぐわかるのも、まさしく自分のことだけで大騒ぎする癖があるからだ。

 恐らく世界中で、韓国人ほどよく怒る感情的な民族は稀有であろう。感情のコントロールがひどく不得手な韓国人が、外国人の目に幼稚で未熟な民族として映らないとしたら、むしろその方が異常なことだ。

 韓国人が外国人に向かって盛んに自慢する台詞は数多くある。「ウリ・ナラ(わが国)は数千年の間、同化されなかった偉大なる民族性がある」「ウリ・ナラ(わが国)は文化国民であり、世界有数の頭の良さを誇る民族である」まるで幼稚園の園児が自慢話をするかのように、韓国人がこのような台詞を繰り返すたびに、外国人たちは「また例のやつか!」と顔をしかめてあきれる。

 韓国の民族主義は、世界でも類を見ないほど狭溢で協力で近視眼的だ。最近韓国では、朝鮮民族が古代ユーラシア大陸で大帝国をつくっただとか、中国の漢字も実はわれわれが創製したのだと主張する人まで現れている。孔子も朝鮮民族、秦の始皇帝も朝鮮民族だったと、公然と言い張る人までいる。とりわけ韓国の知識人たちは、韓国文化の優秀性と独創性を声高に賛美して、他国の文化を軽視することで、韓国文化の位相を高めようとしている。

 日本はこうだからダメで、中国はああだからよくない。ああでもこうでもない韓国だけが一番美しいという極端な自画自賛の論理である。韓国知識人のショービニズム(狂信的愛国者)の裏側には、コンプレックスが多分に隠されている。

 韓国人は相手と話をするときに、無意識のうちに「教えてやる」といった態度で話すことだ。

 「いとこが土地を買っても腹が痛い(他人が自分よりよくなるのを見るといい気持ちはしないという意味)」

 金大中が大統領になったとき、私の知り合いの韓国人は、全羅道出身の大統領の下で生きることは、彼にとって到底耐え難い恥辱なのだそうだ。

 翻訳さえすればノーベル賞が受賞できるとばかり思い込む。

 毎年限りなく誕生する学位論文を見ても、あちこちから集めてつぎはぎしたものが多く、独創的な研究成果は皆無。

 下着にまで国旗を飾る異常事態。

 北京のゴルフクラブは、韓国人の出入り禁止。

 まず韓国人の人間関係は、家族と家門を核とした血縁関係が中心であり、これを中心として知っている人だけの「ウリ(われわれ)」がひとつの同心円となる。ウリの外にいる人々はすべて「ナム(他人)」である。

 厚い情で手厚くもてなされた日本人と中国人は、韓国人はいかに情に篤い民族かと錯覚しやすい。しかし、そのとてつもない情熱には、コインの表裏のように必ず返礼・報答への期待が伴っていることを忘れてはならない。

 自分は頭がいいと威張って歩くお馬鹿さん。

 韓国人は知ってるふりと、勝つことばかり先立つ。

 シッパル(くそったれ。女性の陰部や性交を意味する「シップ」の転語)。

 「ウリ。われわれ、身内」と「ナム。よそ者、他人」

 身体障害者を直接「病身(ピョンシン)」と呼んで蔑む。

 華僑が居つかなかった世界唯一の国。

 韓国人にとって、中華朝鮮族は、同じ民族である同胞という以前に、異質な一種の「ナム」出しかないのだ。当然のごとく蔑視と差別の対象となっているのである。

 不美人を「病身」扱いする韓国。すぐ美容整形に走る韓国女性。ミスコリアコンテストに出場する美人たちを見ても、やはりみなそっくり同じタイプの女性が多い。誰が誰だかさっぱり見分けがつかないほどである。結局のところ、同じ美容室のつてで整形手術と化粧をほどこし、同じタイプの整形美人が量産されているのである。(注・いわゆる、四つ子六つ子の癌ポップである)娘が整形すれば、母も整形して辻褄合わせ。

 同じ民族の「トンボ(同胞)」であるにもかかわらず朝鮮族は、「トンボ(糞胞)」と蔑んで呼ばれる。まさに糞味噌に扱われているのは、周知の事実だ。中国朝鮮族は貧しくて金儲けのために押しかけてきたから「在中糞胞」であり、在日韓国人は暮らしぶりもよくて祖国に巨額の寄付をするから「在日銭胞」だと定義するのが韓国人である。

 中国朝鮮族や外国人労働者は奴隷のように扱われている。北朝鮮で亡命者を「あたかも動物園の猿のように扱った」。はじめから、「統一」などという言葉は口にすべきではないだろう。

 華僑が韓国で受けた仕打ちの数々。つまり韓国人が華僑に対してとった態度のように接したとすれば、日本からは在日韓国・朝鮮人はもちろんのこと、在日中国人もそのほとんどが散り散りになって、必ず韓国や台湾やアメリカに脱出するはずだ。ところが日本にはいまだにわれわれの同胞が70万人も暮らしていて、華僑も約9万人が住んでいる。中国と日本で私は何度も韓国で暮らしていた華僑に会ったことがあるが、彼らはみな一様に「韓国人のようにあくどい奴らはいない」と憤った。韓国人のように外国人を極端に冷遇・蔑視して奴隷のように扱う国は、世界中どこを探してもないだろう。外国人ばかりを冷遇する国ではなく、外国人とのハーフが最も暮らしにくい国であり、障害者たちがまさしく「病身」の名で蔑まされる国であり、また「世界一の孤児輸出国」でもある。

4章

 東洋の中でも中国人と韓国人のように性格的、特徴的に似ている民族はいない。この言葉は韓国人にとって認めがたいかもしれないが、私にとっては韓・中・日三ヶ国で暮らした経験を通して模索した末の一つの「発見」である。

 孔子の「斉家治国平天下(家族をよく守り、国家をよく治めて、天下の平和をよく守らなければならない)」だとか、「君君臣臣(君主は君主らしく、臣下は臣下らしく行動すべし)」の極度の権力崇拝主義と上下の序列意識は、競争力の喪失を招き、結局は文化の衰退と文明の没落へと繋がっていった。一言で言えば、儒教は人間の腐敗と、政治・社会の腐敗・堕落を招いた張本人でだということである。(注・日本は天道が宗の唯心。中ソ韓半島は金が宗の唯物

 訪日皆無なのに日本を悪口雑言する韓国タクシー運転手。酒場の雑談で政府を、金泳三を無慈悲にけなして批判してもかまわないが、「ウリナラ」「ウリ民族」を批判したり否定することは絶対許されないのだ。

 「親日」を絶対許さない全体主義国家。(注・韓国人の建前が「犯日」、本音は悲惨な歴史隠蔽のための道具

 私は実際中国で暮らしながら、一世の祖父母を通して、日帝時代の開発実績に関する話を幾度となく聞かされた。

 「ショパル」は大韓民国最高級の悪口。たずねただけで韓国入管審査官に罵倒された筆者。

 韓国・日本・アメリカ・サイパンで働いた中国朝鮮族の友人は、唯一韓国人にだけ罵詈雑言を浴びせられたと証言。韓国人が中国朝鮮族をけなすとき、必ず下品な悪口が登場する。「このシッパルめ!」「シップ野朗!」「とんまな奴!」「この犬畜生!」等々がそうだ。中国朝鮮族は韓国人のことを「韓国人は口にシップ(女性の陰部)をつけて歩く」とあざ笑っている。

 韓国人のお決まりの日本人批判「日本文化には元来、自己の独創的なものはなくて、外国文化を模倣してあれこれとよいところだけを真似してきた文化だ」(注・韓国人はこのようにすべてが捏造、ニセ両班の裏返し、自己顕示欲の塊。当然証言も捏造である。日本人の常識で判断は間違い

 韓国の本を読んだり、韓国人と直に会って話してみると、よく「地震によって日本列島は消えうせてしまうだろう」と口にする。

 韓国の酒席では互いに「ヤンバン(両班)」・サンノム(平民・肉体労働者)」と貴賎をしきりに質(ただ)す癖がある。

 一言で言えばヤンバンは取るに足りない体面を優先させ、肉体労働者を極度に蔑視して、口先ばかり動かして指一本動かさない怠け者だということだ。

失態をとがめられれば「アイ・アム・ジャパニーズ」と出自自白の韓国人(中国のホテルのロビーで見た韓国人の醜態)。(注・失態を犯し、国名を名乗る馬鹿などいない。日本のお馬鹿作家が日本人としたが、米国イエローキャブも同類

 「縮み志向の日本人」李御寧著学生社刊、「日本はない(邦題悲しい日本人)」1993年田麗玉等は、誤謬と偏見ばかりで綴られた日本の姿。・・・抜粋完

 

僑胞は僑胞だ。韓国人ではない!

 インターネットに盧武鉉大統領の言葉として下記の文章が出てくるが、一行目の棄民政策民族浄化だけ事実で、他はぜんぶ歪曲捏造である。盧武鉉がこんな立派な事を言うはずがない。誰が贋作したか不明だが、南北と在日の深層心理が一読で理解でき、南北の本音が垣間みえる文だ。僑胞(きょうほう)は、日本の漢和辞典や広辞苑に載っていない、日本語でない特異な単語。日本人は密入国などせず、移民し国籍を取得するので、このような密出国を想起させる、中途半端な単語は日本には無い。密出国が多発する国の言葉だ。僑・外地に仮住まいする人。胞・同国人。(漢字源)。在日はこの文章から学ぶべきだ。

 

盧武鉉大統領 (03年6月の訪日時、TBSあの筑紫哲也のテレビ番組での発言として、ネット上にある言葉)原文はこちら
「異国で国籍を死守することがいいとは思わない、同胞にはその社会で貢献して欲しい」

「韓国戦争から逃げた連中が、祖国統一を口にするのはおかしな話だ。

 日本には弾は飛んでこないだろう。僑胞にそんなことを言う資格などない」

「私は僑胞の連中を信用などしていない。徴兵の義務を負わないくせに韓国人を名乗り、

 日本の選挙権を求める。馬鹿げていないか。つまりは、いいとこどりではないか。

 私たちが苦しい思いをしていた頃、僑胞の連中は私たちよりいい暮らしを日本でしていたのだ。

 僑胞は僑胞だ。韓国人ではない」

 南北の嘘の上塗り教育をされた人々は、在日朝鮮人は皆、韓国人ではなく僑胞で、建国の一大事に国を捨て逃げた人々だと思っているのだ。僑胞=在日韓国人=韓国人ではなく国を捨て逃げた人々、の汚名は、南北の嘘の上塗り教育が続く限り、残留捏造犯日罪日である限り消えない。

 

第二十九章朝鮮の女性の地位前掲「朝鮮紀行」 

 「朝鮮の下層階級の女性は粗野で礼儀を知らず、日本のおなじ階層の女性のしとやかさや清国の農婦の節度や親切心からはおよそほど遠い」。

魯迅

 「フェアを望むならば、まず相手をよく見て、もしフェアを受ける資格のないものであれば、思いきって遠慮せぬほうがよろしい。相手もフェアになってから、始めてフェアを問題にしても遅くはない」(評論集)

 

「敵を知り己を知れば百戦あやうからず」唯物朝鮮難癖撃退マニアルは犬の躾と同じ

 ソースは明確ではないが前掲資料に赤裸々に符合する数々は、唯物朝鮮難癖撃退マニアルとして、日本人必読である。

韓国のことわざ(韓国語では俗談)

「泣く子は餅を一つ余計もらえる」

「川に落ちた犬は、棒で叩け

「姑への腹立ち紛れに犬の腹をける

「営門で頬を打たれ、家に帰って女房を殴る

「女は三日殴らないと狐になる」

「梨の腐ったのは娘にやり、栗の腐ったのは嫁にやる」

「母親を売って友達を買う

「弟の死は肥やし

「他人の牛が逃げ回るのは見ものだ」

「他人の家の火事見物をしない君子はいない」

「自分の食えない飯なら灰でも入れてやる

「人が自分にそむくなら、むしろ自分が先にそむいてやる

「あんな奴は生まずにカボチャでも生んでおけば、煮て食べられたものを」

「らい病患者の鼻の穴に差し込まれたにんにくの種もほじくって食べる」

「家と女房は手入れ次第」

「野生のまくわ瓜は、最初に独り占めした物が持ち主だ」

「一緒に井戸を掘り、一人で飲む

「ただの物は苦くても甘い」

「銭は汚く儲けても、きれいに使えばよい」

「盗みも一人でやれ。」

「盗人は一つの罪、なくした者は十の罪」

「隠れてみたら捕盗庁の建物だ。」

「倒れない木はない(あきらめずにくどけば、落とせない女はいない)」

「ニ人で食事をしていて、片方が死んでも気が付かない。(すごく美味しい)」

「キムチが飯より多い。(本末転倒) 」

「梨を食べて歯を磨く。(一挙両得)」

「女房を殴った日に女房の母親がくる。(間が悪い)」

「死んだ息子のちんこに触ってみる。(死んだ子の年勘定)」

「死ぬ女が陰部を隠すものか」

「三日も飢えて塀を越えない者はない

「女の話は良く聞いても破産し、聞かなくても恥をかく」

「便所の蛙に陰門をかまれた」

「屁が癖になるや、麦の食糧も底をつく」

「大便かカボチャ汁か」

「白い粥に鼻水」

「屁が度重なれば大便がしやすい」

「臭くない便所があるものか」

「自分の陰部をさらけ出して人に見せる」

「倭将は病気にかかるほどよい」

「三日も飢えた犬は、棒で打たれてもうれしがる

「自分の顔が醜くて鏡を壊す

「孫をかわいがれば、鼻汁のついた飯を食う。 

ただならロバでも殺して食う。 

「肛門が裂けるくらい貧しい」

4につづく⇒

真実史観唯心人類の真逆互恵皆無の唯物中朝韓罪日等正体亜人間は犬の躾で対処

4唯心人類の真逆互恵皆無の唯物中朝韓罪日等正体亜人間犬の躾で対処!
犬は報恩だが、亜人間への恩は掛け捨てなので、中朝韓罪日は、以下!

併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達(ソースは明確ではないが2006-09-16が古いようだ)

一、朝鮮人は対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心がけること。

一、朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。

一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い情を移さぬこと。

一、朝鮮人は裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖がある。

一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える向きあり、重々注意せよ。

一、朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。

一、朝鮮人と商取引を行う際には正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。

一、朝鮮人には日常的に叱責し決して賞賛せぬこと

一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。

一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みに思い後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。

一、朝鮮人とは会見する場合相手方より大人数で臨む事

一、朝鮮人との争議に際しては弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。権威称号を称する同道者については関係各所への身元照会を徹底すべし。

一、朝鮮人は不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。

一、朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。

一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出には決して応じてはならない

【旧日本陸軍の朝鮮兵に対する注意書き】

一、いつ、いかなる時でも唐辛子粉を食事に際し好きなだけ使わすこと。

一、絶対に頭、体を叩いてはいけない。怨みを持って復讐する気質があり、脱走の原因となる。

一、清潔な食事運搬用バケツと雑巾バケツの区別をよく教えること。

一、危険な状況下では銃を投げ捨てて哀号!と泣き出す習癖があるから、日本兵二名で一名の朝鮮兵を入れて行動せよ。

【米軍による韓国兵の扱いマニュアル】

1、韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。

2、命令を聞かない場合は身体で解らせろ

3、同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ

4、理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。

5、身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。

6、但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない

7、相手を3才児と思い、信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな

【 旧ソ連共産党による朝鮮の扱い方】

1、頭痛の種になるだけだから関わるな

2、手段を選ばぬキチガイ揃いだから関わるな

3、関わるとこっちが痛い目に遭うから関わるな

4、関わってきたらウォッカを飲んで忘れること

「現代韓国人の国民性格」 著者:李符永(ソウル大学教授)

(1)依頼心が強い

(2)すべきことをせず他人に期待し裏切られると恨んだり非難する

(3)相手も自分と同じ考えだと思い「違う」と分かると裏切られたと思う

(4)せっかちで待つことを知らず「今すぐ」とか「今日中」とよく言う

(5)すぐ目に見える成果をあげようとし、効果が出ないと我慢せず別の事をやろうとする

(6)計画性がない

(7)自分の主張ばかりで、他人の事情を考えない

(8)見栄っ張りで虚栄心が強い

(9)大きなもの・派手なものを好む

(10)物事を誇張する

(11)約束を守らない

(12)自分の言葉に責任をもたない

(13)何でも出来るという自信を誇示するが、出来なくても何とも思わない

(14)物事は適当で声だけ大きくウヤムヤにする

(15)綿密さがなく正確性に欠ける

(16)物事を徹底してやろうとしない

(17)“見てくれ”に神経を使う

(18)「世界最高」とか「ブランド」に弱い

(19)文書よりも言葉を信じる

(20)原理・原則より人情を重んじ全てを情に訴えようとする

火病という朝鮮にしか存在しない精神病

 「朝鮮亡滅」著者ホーマー・B・ハルバート、1886年~91年にかけて李朝末期(日本統治前)の韓国に滞在。米国のメソジスト派の宣教師、ジャーナリスト、歴史学者。

 「朝鮮人は、自分の知的水準を引き上げ、精神世界を拡大しようとするという努力があわれにもないのに、社会的地位を高めようという激しい欲望だけはある。 自分のものでなくとも少しばかりの金を自由に動かすことができるとか、何人か働くのを監督するとか、ともかく物の面、金の面で人間を支配できるようになると、おしなべて有頂天になる。朝鮮人は、有力者になる、あるいは名声を博すということだけで、まるで逆上してしまい、ますます尊大な態度をとるようになる。朝鮮人特有のこの感心できない性向が、じつは企業、あるいは教育、宗教の分野で、朝鮮人を登用する際に起こる、ごたごたの原因の一つなのである」

 「朝鮮人は正気を失うほど激しく怒る。自分の命などどうなってもかまわないような状態になって、牙を剥き出した動物へと変身する。口から泡を吹いて、まるで獣のような顔になるのだ。残念なことにこの怒りの衝動、自分を見失ってしまう悪癖は、男だけの専売特許ではない。朝鮮の女も恐ろしいばかりのヒステリーを撒き散す。朝鮮人は幼い頃から自分の気分を制御することは躾けられないようだ。子どもたちも大人たちを見習って、気に入らなければそれこそ狂ったように駄々をこねるが、結局自分の意志を貫いて達成するか、さもなければ長い時間をかけて鎮静させることで落ち着くのである」

 「動物がとても苦しがっていても、一般の韓国人は完全に無関心である。 道路に病気になった猫や犬、怪我をした鳥などがいると、子供も大人も老人も石や棒で、この哀れな動物をいじめ殺してしまう。路上で不運な犬が首に縄をつけられ、犬肉店に牽引されていく時、子供の群れが騒ぎながら、追跡する。子供達は可哀相な犬が首を絞められ、 最後の抵抗をするのが見たいと期待している。そして興奮している」

 

新宿区西早稲田2-3-18は犯日捏造団スパイ巣窟住所

下記団体住所すべてが新宿区西早稲田2-3-18

在日外国人の人権委員会

在日韓国基督総会全国青年協議会(全協)

在日韓国人問題研究所

在日本大韓基督教会

在日韓国基督総会全国青年協議会(全協)

外登法問題と取り組む全国キリスト教連

外国人学校・民族学校の制度的保障を実現するネットワーク

平和を実現するキリスト者ネット

キリスト者女性のネットワーク

女たちの戦争と平和資料館

戦時性暴力問題連絡協議会

キリスト教アジア資料センター

難民・移住労働者問題キリスト教連絡会<難キ連>

石原やめろネットワーク

歴史歪曲を許さない!アジア連帯緊急集会事務局

国際協力NGOセンター(JANIC)

日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)

アジアキリスト教教育基金

財団法人日本クリスチャンアカデミー

宗教法人日本バプテスト同盟

株式会社アバコクリエイティブスタジオ

移住労働者と連帯する全国ネットワーク

日本キリスト教協議会

 

中朝韓罪日は、有色人の面汚し

 人類の新秩序1960年植民地独立付与宣言不参加国が中国凶産(1971年から国連加盟)北朝鮮・韓国(1991年から国連加盟)。この三国は、同胞殺しや隣国侵略征服(チベット・新疆ウィグル・内モンゴル・満州・竹島)に明け暮れ、いまだに戦国時代の野獣のままで、人類の新秩序「互恵」を知らない。そして、この三国と罪日のみが、人類唯一の犯日である!もちろん、蒋介石国民党中国(台湾)は、1971年まで国連加盟なので、植民地独立付与宣言賛成国である。

 凶産中国人や朝鮮人や罪日のような人間が、皆有色人だと白人から白眼視されれば、人類新秩序(人種平等)の立て役者、有色人にとって、これほど迷惑なことはない韓国人銃乱射NHKだけがアジア系報道。人類の新秩序「互恵」も知らない時代逆行無知民族中朝韓罪日は、有色人の面汚しどもといえる。

韓国関連の銃乱射事件 
1982年(韓国内)57人殺害、短時間大量殺人犯としてギネス認定
2007年バージニア工科大乱射事件-チョ・スンヒ、キリスト教徒32人が死傷
バージニア工科大学銃乱射事件韓国メディアの不謹慎報道
2009年カリフォルニア 韓国のキリスト教の隠れ家で4人殺傷
2011年(韓国内) 韓国海兵隊員2人が銃を乱射して同僚4人を殺害2012年 米アトランタのサウナで韓国人が銃乱射5人死亡
2012年アメリカ・カリフォルニア州の韓国系のキリスト教大学(無認可)、オイコス大学で韓国人が銃乱射7人死亡、3人負傷
※唯心ではなく、パンのみに生きる、唯物(物欲)を語って余りある!輩に情けは無用!木村政彦(力道山とのブック試合)・河野洋平(従軍慰安婦問題の妥協)等が、情けをかけた答えが。輩への情けは必ずを呼ぶ。轍を踏むは愚か!唯物(物欲)対処には、非情が一番である

 알아서는 안 되는 일제시대의 진실학교에서 배우지 않는 일제강점기의 실상こんなサイトも出てきたようだが、67年間も朝鮮人の本性をあからさまに見せつけられ、さらに飽き足らず、愚行を世界に垂れ流す現在において、素直に信じることなど、はたして出来得るだろうか????

 朝鮮人全ての元凶は李朝差別!元凶根絶無きは、画竜点睛を著しく欠く。朝鮮人はことごとく、唯心台湾に学べ!唯心台湾人は、卑しいつまみ食いなどはせず、清濁併せ呑み判断する地球人で、捏造で国民を洗脳し、時代を逆行する、中露朝韓罪日とは、真逆である

四・三虐殺犠牲者済州島は古より唯心の島、韓半島とは異なる歴史

1四三事件凶産蜂起は捏造さいしゅう島血が汚れるの朝鮮浄化殲滅軍対耽羅死守隊

Ⅰ毛皮が語るペクチョン・えた白丁在日差別自白朝鮮ルーツは水稲民海洋民

唯心日本帰化(唯心済州島出自)の呉善花(おそんふぁ)、唯物韓国(李朝差別)を語る

 自称両班10割(偽物9割)の韓国は、差別されるので自転車に乗らない。未だに李朝差別が脈々と生きている未開の国である!1/3【呉善花】日韓比較文化レポート[桜H24/4/14] 

台湾人は地球人
 

 板子一枚下は地獄の民唯心海洋民(沖縄・台湾・日本)は、唯物民(中朝韓罪日)とは価値観が真逆で、水と油。「唯物(物欲)」中朝韓罪日とは真逆、きらめく台湾の唯心「親日国 たいわんと日本」
 

犯日は同胞大虐殺犯人等の矛先そらしが目的! 

親日罪犯日でないものは財産没収という前代未聞の韓国の事後法は、禁止法

 親日罪(親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法)は、盧武鉉政権2005年にウリ党の崔龍圭、民主労働党の魯會燦など与野党169人の議員が国会に提出し、12月8日に可決、同月29日に公布された。親日派と認定された人物の名前を公表して吊し上げ、その子孫が所有する財産をも没収する法律。毛沢東の「文化大革命」と酷似する。

 没収対象は日露戦争開始前から大東亜戦争終結までの親日者なので、完全な事後法。正当な法律ではない。

 没収対象は大東亜戦争終結までなのだが、トラウマとなり疑心暗鬼が拡散。「親日は財産没収(親日罪)」と拡大し、犯日運動に油を注いでいる。韓国・「親日人名辞典」の配布禁止訴訟、2012/04/15(日) 11:07
 北は互恵の世に先軍政治、南は事後法(世界では禁止法)政治の犯日。無法で異常な政治を、世界に発信しまくりである 事後(遡及)法・後世に作った法律で、遡って先人を裁く前代未聞の法律。もちろん、世界では禁止法である

 

友好でしょうか?

 「遊ぼう」って言うと、

「強制連行!」って言う。

 

「火事場泥棒」って言うと、

「韓国領土竹島!」って言う。

 

「もう遊ばない」って言うと、

「従軍慰安婦謝罪賠償!」って言う。

 

「帰る」って言うと、

「差別!友好!」って言う。

 

そうして、あとでかわいそうになって、「遊ぼう」って言うと、

「反省!謝罪!賠償!」って言う。

 

「ごめんね」って言うと、

「金くれ!」って言う。

 

友好でしょうか?

いいえ、たかり大虐殺隠しです。 真実史観

 

ネットジョークの傑作「バカチョン」と「ちょん

 朝鮮人の言葉狩り放送禁止用語「バカチョン・ちょん」は、同時に、「罪日確認」用語でもある!
予備知識
 バカチョンカメラは、朝鮮人蔑視言葉ではない!語源は、 「vacation camera」。バケーションカメラとは、コンパクトカメラの総称で、「休日に手軽に持ち歩くカメラ」という意味。「vacationcamera」を、「バカチョンカメラ」とローマ字読みし、「
バカでもちょんでも(バカでもシャッターをチョンと押せば)誰でも撮れるカメラ」と、落語的手法で日本古来の意味に置き換えて、日本語化したもの。真に絶妙な、「洒落た」表現である!

何でも難癖朝鮮人の言葉狩りで放送禁止用語(罪日識別用語)

543 名前:番組の途中ですが名無しです2006/05/08

蛭子能収「昔、デジカメとかまだ無い頃ですよ、バカチョンカメラを持って行ったんですよね、私」 

アナ「わっ!!!あのー・・・、簡単なカメラですよね」 

蛭子能収「ああ、バカチョンカメラで、バカチョンカメラでですね?バカチョンカメラで??? 

アナ「あのー、すみません。おっしゃる意味はわかるんですが、 その言い方ですと誤解を招く恐れがありますので・・・」 

蛭子能収「あーっ!バカチョンって続けて言ったらダメなんでしたっけ!!

アナ「?」

蛭子能収「じゃあ、その・・・バカでもちょんでも撮れるカメラでですね・・・」

アナ「!!!」

 

 「ちょん(おろかな者)」に反応し、日本古来の言葉を「放送禁止用語(言葉狩り)」にして、破壊した「ちょん」。差別している人間(ちょん)は、差別に敏感だが、差別無き人間(蛭子能収)は、無頓着。「ちょん」の抗議は「金くれ!」。ちょん」カタカナ単独語は、特定人を不快にさせる用語とのことで、ここでは使用禁止。

 広辞苑「ちょん」・たやすく物を切るさま。拍子木の音。物事の終了。しるしに打つ点。おろかな者。西洋道中膝栗毛「かりそめにも亭主に向かって・・・馬鹿だの、ちょんだの、のろ間だのと」。ちょん」カタカナ単独語は、特定人を不快にさせる用語とのことで、ここでは使用禁止で、破壊されている。

 

ちょん考察・罪日は「白丁」の「丁(ちょん)」に反応している

 日本と中国の白丁(はくちょう・はくてい)とは、中国と日本の律令制において、一般人(非公務職)の良民の男子の意。「白丁」の名は、無着色の白衣(無位無冠の着物)を着たことが語源。

 朝鮮の白丁(ペクチョン・ペッチョン)とは、高麗時代までは、日本と同じく無位無冠の良民を指す言葉。しかし李氏朝鮮の時には「백정」(ペクチョン・ペッチョン)と呼び、七般公賤(官奴婢、妓生、官女、吏族、駅卒、獄卒、犯罪逃亡者)・八般私賤(巫女、革履物の職人、使令:宮中音楽の演奏家、僧侶、才人:芸人、社堂:旅をしながら歌や踊りで生計をたてるグループ『男寺党』、挙史:女連れで歌・踊り・芸をする人、白丁)と言われた賤民の中の、最下層の被差別民を、示す言葉となった。

 日本統治で李朝差別の身分制度は破壊されたが、「白丁(ペクチョン・ペッチョン)」の、「丁(ちょん)」のみが朝鮮人隠語として残り、日本語の「ちょん(おろかな者)」と混同したと推察される。

 李朝差別を破壊した日本の撤退で、差別復活を畏怖した「白丁」子孫は、ほとんどが朝鮮には帰らず留まった。当然である。帰った者もいたが、差別され、すぐ密航し、舞い戻った。

 罪日の、言葉狩り癖、なんでも被差別癖、捏造癖、なんでも被害者癖、誇大妄想癖、捏造碑建立癖等々の捏造性癖は、こういったことが原因と、子供でも推察できる。まさに、日本人からすれば、「ちょん(おろかな者)」で、差別用語(白丁の意)ではない。日本語の「ちょん(おろかな者)」は、「ちょん(白丁)」の意ではないのだが、出自が「ちょん(白丁)」なので、差別(白丁)されたと錯誤し、過敏に異常反応するのだ。

 みずからが李朝差別を断ち切れば済むだけのことである。断ち切れず、日本に責任転嫁し、あげくの果ては、業としている者も居る。何たる性根だ!こんな下らんことで日本語が破壊されるのでは、たまったものではない!

 日本語「ちょん」は、差別語ではない。やる事なす事が、余りにも日本人と異なる常識を逸したことばかりなので、「おろかな者」と、ありのままの姿を、素直に表現したにすぎない。他人の粗探しばかりで反省など皆無の「ちょん」には、生涯解らぬだろうが。

 「ちょん」には、助け合い、誇り、嘘、反省、学究、互恵、平等、遡及処罰事後法禁止、という文字、唯心(道理)が無い!犬でさえ唯心(忠信)なのに、「餌くれの本能」のみで、犬以下!まさに唯物(ちょん)そのもの!

 反省皆無の「ちょん」、現在の行動は、さらにみがきがかかり、さらに常軌を逸している!「ちょん」の行動は「ちょん」そのもの。先人は、なんと的確な表現をしたことかと、感心するばかりである。・・・

※生活保護ダントツの韓国朝鮮中国  

東京都内全外国人生活保護の実態!ダントツ韓国朝鮮
大阪市の異常な生活保護垂れ流し!ダントツ韓国朝鮮


李明博大統領正体(出自)白状大統領失職後の自己保身嘘の上塗り「泣き売」火病発言

朝日新聞2012年8月15日【「天皇が心から謝るなら来なさい」訪韓巡り李大統領発言】

韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は14日、「(天皇は)韓国を訪問したがっているが、独立運動で亡くなった方々を訪ね、心から謝るなら来なさいと(日本側に)言った」と述べた。大統領府によると、現職の大統領が公の場で天皇の訪韓条件として謝罪を求めるのは初めて。

 李大統領は10日に韓国大統領として初めて、日韓がともに領有権を主張する竹島(韓国名・独島=トクト)を訪問し、その後も対日批判発言を続けている。だが、天皇の謝罪にまで言及したことで、日本側の反発は一層強まるのは必至だ。

※被害者騙りは罪日白丁「泣き売」常套手段、嘘の上塗りで出自白状。訪韓招請は李明博で、天皇陛下では無い!「韓国を訪問したがっている」と賎民得意の捏造。日清戦争で日本が血を流して独立さしてあげたが自立出来得ず、みずから併合を望み統治されたくせに、「独立運動」などと、どの面下げて言えるのだ!人類英知の条約を破壊し、かつ、戦勝国に成り済ましての発言は、歴史に残るたわ言である!

日本経済新聞
 韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が15日の演説で、旧日本軍の従軍慰安婦問題で日本政府に「責任ある措置」を要求した。

※自発商売売春婦を、強制連行従軍慰安婦(朝鮮人は、誘拐される少女20万人を守れなかった、世界一のグウタラ馬鹿民族)と捏造、世界に発信まさに躾無き馬鹿犬との白状である

 

東大やマスコミ等の「ニセ文化人」よりスゴイネットの体験談と「唯心と唯物看破のおばあちゃんの」二話

竹島問題に代表される日韓関係は犬を躾けるようにせよ
 我が愛犬だった柴雑のビンゴは、ある近所のおばさんを見るとやたら吠えまくりました。そのおばさんはビンゴに吠えられるのが怖いので、ビンゴの前を通る時はお菓子を撒き、ビンゴがそれを食べている時に足早に通り過ぎる作戦を使っていました。

 しかしビンゴは、吠えればお菓子を貰えると学習してしまい、おばさんは(お菓子を)撒けば撒くほど吠えられる結果になりました。

 これ、今日の特亜(中朝韓罪日)と日本の関係によく似ています。配慮してやれば配慮してやるほど、もっと吠えれば何か引き出せると思って吠えますね。ですから、日本は特亜(中朝韓罪日)を犬と見做し、犬を躾けるように外交すべきなのではないでしょうか。

 吠える事を止めたら褒めてやる。

 日本国に従っていれば良い事があると学習させる。

 悪い事をすれば「ハウス!」と言って閉じ込める。

 罰も与えなければなりません。日銀によるウォンの信用保証など止めたりすれば、我々は困りませんが向うは困ります。

 そのように躾けるべきだと思います。

※日本には、忠犬ハチ公は居るが、北朝鮮韓国には、皆食われてしまって居ない!

 

可愛い奥様04/08/09 
「嫌われることばかりをしてる人を嫌うのは差別ではない!

 年配の人ほど、マスゴミに流されませんよね。私の祖母はもう故人ですが、中国人と朝鮮人について経験から出た認識を持っていました。「差別!」と祖母を糾弾した私に、

 「嫌われることばかりをしてる人を嫌うのは差別ではない。差別、差別と印籠のように突き出してくる人間こそ卑怯者の差別者だ」と言ってました。

 

朝鮮歴史館06-02-01
「カドたてんとことおもて譲り合うのは、日本人同士だけにしとき。躾無き我がまま犬には、肝心

 
    ,,.---v―--、_      日本人はな、お互い様やねん。
 ,.イ" | / / / /~`'''ー-、相手に譲ってもろたら今度は自分が譲るねん。
//~`ヾ、;;;;ソ'''''''ヾ、   ヽヽそうやって上手い事回っとったがな・・・
/:,:'      ... ゞ 彡 彡、ノ)ところが、『あの人ら』は違う!  
!/  ~`ー'",..- ...   〉  !( 躾知らず恩知らずの、我がまま犬や!  
i   ̄~`      !  彡 |ノ  一回譲ったらツケ込んで来て、
,i ,.- 、 ゝ " '" ~ ~`ヾ,,--、|こっちはずっと譲らなあかん羽目になる。
/         _ ヾ"r∂|;! それでも『あの人ら』は平気なんや。

` '` ;::  "~~`  彡 r ノ/  カドたてんとことおもて譲り合うのは、
i    ノ       _,,.:'     日本人同士だけにしとき。
ヽ ノ"( 、_,..:ー'"ヽ、 : : :,i/  そうせんと『あの人ら』につけこまれて、
 ヽ、 ,. :: :: ヽ  ノ:|ラ:)`ヽ、 『ひさしを貸して母屋を盗られて』、
   ヽ、`''''"""'' ,,..-'" / /  \  日本がのうなってしまうからな。
                
お船やテレビや慰安婦のようにな!

 

ここには、文化人仮面の「実体験無き丸暗記空言葉」ではなく、実体験!「生きた言葉」がある生きた言葉」は、百万言に優る!5につづく⇒

真実史観亡国起因獅子身中の虫断罪無きは国民に非ず罪日送還スパイ撲滅は責務

亡国起因獅子身中の虫断罪無きは国民に非ず罪日送還スパイ撲滅は責務

友好の母は真実である。真実史観が有効を産む。捏造が国是の国家や罪日との友好など、無い!
 戦後、済州島民を差別虐殺し、李朝差別で同胞を凶産と偽り虐殺、韓国は李朝差別の本性、差別民族と自白した。竹島を火事場泥棒で占領しておきながら、友好などと口走るその根性は、なんとも卑しい、無恥民族だ!史上皆無である。

世界で唯一チャイナタウン(中華街)の無い贋半島
 日本統治時代は10万人(中国人55万人)を超え、1950年頃まではソウルや仁川あったが、李承晩や朝鮮戦争や朴正煕に虐待され、皆移住、世界で唯一チャイナタウンの無い国となった。1999年に2万1千806人、2006年は1万8千人に激減した。1992年中韓国交正常化以降、政府や自治体が人為的に仁川や、釜山に造成。現在のチャイナタウンは自然発生したものではなく、人造。ソフトバンク孫正義の、弾き出された中国系との告白は、事実であろう。安藤百福、李登輝の流れがある唯心が、何よりの証拠である。

スパイ蔓延の口だけ文字だけ屋にだまされるな!
 倭寇(13~16世紀)は、韓半島陣側の倭人(済州島も含む海洋民)の蔑称である。つまり、韓半島人は海洋民に非ずとの自白で、三韓文明(先祖は日本海海洋民)は、海洋民が伝播した証拠である。地中海海洋民と同一の、文明伝播の旗手日本海海洋民総意が名付けた日本海は、由緒ある呼称、“泣き売”ルーピー自白の癌半島自慰呼称は勝手だが、海洋民に非ずと白状の民に、日本海を公に否定する権利など無いことは世界の常識。知らぬが仏は癌半島のみ。反論報道無き言葉と文字界は、癌半島のスパイかルーピー、いずれも亡国奴であることの証である。

朴李(パクリ)特需の贋国
 スパイ天国日本。三星朴李・LG朴李・現代朴李。
 “泣き売”にだまされた日本の亡国奴。鉄鋼自動車を懇切丁寧に教えた特定の売国会社。

 顔まで朴李(パクリ)の人造人間が朝鮮族!

罪日サクラが工作員正体暴露贋半島国策「国家ブランド委員会=思想戦」で日本洗脳
 軍政時代は締め付けで隠蔽したが、民政となりネットで正体暴かれた癌半島と民潭と総連と罪日経営者は、癌流垂れ流しで捏造し、同胞虐殺・李朝差別を、隠蔽しようと必死である。国策で贋流捏造ドラマ、贋流人造顔スターの垂れ流し。日本の罪日総動員令の空港お出迎えや、罪日サクラで呼び水し、馬鹿マスコミ馬鹿タレが乗せられて大騒ぎ、贋国国策の手先となっている。罪日サクラは、売春させろデモ、イエローキャブと同じ李朝奴婢のたぐい。贋国は朴李特需で味を占めたのだ。

同族殺し隠蔽目的の贋国捏造プロジェクト芸能戦略・捏造史ドラマ思想戦に加担するNHKと民放と電通

顔も歴史も捏造尽くし金太郎飴ドラマ
 人造顔スター美化ドラマ、癌ポップ等癌国芸能報道や贋流ドラマを、全TV局(NHKやMXやフジすらも)、四六時中垂れ流しだ。これこそは「ハニー・マネー」ですぐ転ぶ、「私欲・我欲」情報屋の正体語るである。百人斬り報道で同胞を見殺した情報屋である。輩には、理念(公)など皆無。輩は、糞味噌撒き散らし御用聞き小僧以外のなにものでもない。

 フジTV木村太郎が、KARAや韓ポップ売り出しに「国家関与」発言。すかさず癌国政府反応、「関与否定謝罪要求」し、フジTVが謝罪訂正。すかさずに反応しての「謝罪要求」は、「国家ブランド委員会」関与の明白な自白である。政治に無関係な、たかが芸能界の話。事実無根なら、問われたときに否定すればよいことで、目くじら立てて大げさに、「謝罪要求」にまでする話ではない。やぶ蛇である。「国家ブランド委員会」なるものが実在するのだ。李朝差別・同胞殺し隠蔽キャンペーン、贋国ハニー・マネートラップ組織だ。癌国の映画やドラマのNHKや各民放の垂れ流しが証拠。罪日パチンコ組織、罪日、罪日企業、贋国「国家ブランド委員会」の手先、ハニー・マネートラップスパイが、言葉と文字界、NHK、TBS、TV朝日、毎日、朝日、電通、国家議員等に居る証である。唐突な大げさな報道、ペヨンジュン支援金額と癌国支援隊が、いの一番だったのが証。

 「国家ブランド委員会(2009.1.22)」は、李明博大統領(2008.2.25就任)直属で、韓国のブランド(地位、イメージ、国の品格)価値向上目的(李朝差別同胞大虐殺)組織。民間団体「VANK」を後援、嘘を全世界への、何でも有り組織。即座の義捐金報道も、当然関与有り!チャン・グンソク 謝礼2,000円 のニュース

フジ産経グループはKポップの宣伝をニュースや新聞記事として事実のごとく報道している
  Kポップの宣伝(商行為)を、ニュースや記事(事実)として捏造報道するフジ産経グループも、贋流垂れ流し、スパイ常駐、常識欠落の異常事態だ!唯心無き言葉と文字界は、思想戦(マネー)に、いかに、もろいかとの自白だ!スパイ防止法を至急立法しなければ、思考力無く脆弱な言葉と文字界などは、ひとたまりも無い!

動画・日本国民として「公」で対処した警官と対処も出来得ず「私欲」にしがみつくフジTVと警備員
【国旗の重さ】9.19 フジテレビを糾弾する国民行動・第二弾[桜H23/9

日本人に成りすましを卑劣だと感じないのが罪日

 ネットやウィキでの犯日は、日本人成りすまし罪日。

仕掛けられたなでしこジャパン熊谷選手
 祝勝会のTwitterが全て、なでしこジャパンとW杯金メダルを茶化し、貶めることに終始、祝勝会と称し熊谷選手は罠にかけられた。日本と世界とW杯とW杯全選手への冒涜である。工作員の手口で、日本人に非ずを語っている。日本ネチズンは、祝勝会全員の出自解明に懸命で、ほどなく全容が解明されるだろう(なでしこジャパン熊谷紗希)。スパイ取締り法無き日本はスパイ天国だが、民意が裁く。国辱スパイ在学の法政大学も、謝罪だけでは済むまい!何でも有りが心無き唯物の、偽中国贋半島罪日、オリンピック予選等を含め、水や食料等に至るまで、国や関係者は最新の注意を払い、二度と繰り返してはならない!

朝鮮人と罪日すべての元凶が李朝差別の族譜
 現代日本の言葉と文字界は、余りにも簡単に朝鮮人や罪日同様に、「差別」という単語を使いすぎる。転校すれば物珍しいので注目を集め、注目の的なのでみなが一斉にちょっかいを出し、付き合い始め、仲間となる。仲間になるための儀式で、集団生活の動物(猿犬馬牛)すべての好奇心行動、これを「差別」とは言わない。朝鮮人や罪日は、「差別。差別」と二言目には言うが、差別に敏感な「差別国家出自の被差別民」との自白である。台湾人や中国人は「差別国家」ではなかったので言わない。

 白丁トラウマが起因の特異行動“泣き売”罪日姜尚中・柳美理・伊集院静(NHKや出版社のスパイが、新たな広告塔にと、売り出し工作に必死だ。最近、こ五月蝿いほどに目立つ)・崔洋一・辺真一・辛淑玉等の矜持皆無の罪日は、捏造広告塔で、幇助の在日も罪日。広告塔和田アキ子も同罪(迎合お馬鹿芸能人は、売国奴罪日犯日真実解明以後のメディア出演は、被差別民出自で捏造屋の子孫の札をぶら下げ、出演しているのと同じだ。罪日経営者や罪日教授等は、戦争を引き起こす自滅行為。日韓が緊張すれば、元凶の罪日排斥は当然である。馬鹿な責任者の職責放棄で66年間もコケにされたが、我々はいつまでも馬鹿ではない!

 関東大震災には台湾人や華僑(中国人)等世界の在日も数多居たが、朝鮮人のみが狼藉の限りを尽くし、正体(被差別民出自)をあらわにし成敗された。真逆に捏造した朝鮮人慰霊碑も、嘘が暴かれ、現在は捏造自白証拠碑となった。終戦時にも、在日数多の中で朝鮮人のみが「挑戦進駐軍」と称し、暴れた。罪日のみが帰りもせず、「強制連行・差別された・かねよこせ」と騒いでいる。輩を差別したのは李朝差別の同胞朝鮮人で、日本ではない。差別された癌半島避難民で日本に終戦後も残ったのが罪日。居座った理由は母国での差別。被差別民出自隠蔽のため、“泣き売”嘘八百で犯日を煽った。華僑も台湾人も世界の在日はみな、好きで住んで居るので誰も文句など言っていない。嫌だったら帰ればいい。他国に居て、他国の恩の中で暮らしているのに罵倒する者を、どこの国に放っておく国がある。自らの捏造方言が差別される原因なのに、犯日を叫び、正体難民(被差別民出自)と脳天気に自白しまくりである。爪弾きされて当然なのだ。

 罪日は差別差別と声高に叫ぶが、李朝差別済州島差別のままなら、孫基偵がマラソンを走り金メダルを取り得たか。ロッテ・MK・マルハン・モランボン・リーブ21等も、名も無き者として潰えていたろう。元在日脱北者も韓国にではなく、日本に帰ってきている。日本は古来より「助け合い」の国。この日本も、台湾帰化人安藤百福孫正義(百福になれるか?)も解らぬ百害あって一利無し罪日経営者には、もう未来など皆無なので、即刻たたんでの御帰国をお勧めする。注・無検証文系石原都知事恒例の、調べもせずのうろ覚えで非難(9月13日「本当に100億円寄付したの?」)だが、孫正義は、6月2日に60億(被災地・遺児・孤児)、7月14日に40億(東日本大震災復興支援財団)完済孫さんの100億円寄付の詳細が公開がされているよ。石原大江等作家の無整合無検証発言を、無検証で祀り上げ虚像を報道するマスコミや出版社、そして信じる鵜呑み市民は、日本亡国の元凶だ!作家売文業歴史家や高潔な思想家ではない!マスコミや出版社よ、捏造するな

 成功は一人の力ではない、みんなの協力だ。それを、日本でちょっと成功すれば、罪日は自力と勘違いし、成金と化し、癌半島でひけらかし、日本を侮蔑し出自を自白する二枚舌姜尚中等の紐付き広告塔。育んだ日本に尽くさず、癌半島に尽くす輩の思いは、純粋な祖国愛などではない、さげすんだ祖国への「ザマーミロ」の復讐が本音だ。生活基盤の母国(日本)をけなす輩を、非難しない国民国家などあろうか。差別の種は己が撒き散らしているのだ。なんとも屑以下(屑は燃料になる)が罪日なのだ。

 日本は李朝差別を破壊したのだ。四三虐殺、保導連盟事件等は、差別民(北の難民両班と南のニセ両班と両班)が、済州島や韓国の被差別民老若男女を、すべて「赤」と偽っての大虐殺は、史実。密出入国した難民なのに、居住国をけなして住み着いているのは朝鮮人罪日のみ、史上皆無の特異人である。

 罪日よ祖国愛などという見透かされている嘘は止めることだ。賎民出自の自白でしかない。罪日は、「生活基盤の日本をけなし、朝鮮でゴマをする」獅子身中の虫。まさに唯心無き唯物の見本である。

 日本人移民は、アメリカ人として戦った。祖先は日本だが、日系の生活母体はアメリカで、恩はすでにアメリカにある。アメリカの庇護の下での生活なのだ。天道唯心の民、大和民族としては、大恩あるその母体アメリカのために戦ったのは、当然なのである。日系は立派に日本と戦った。「大和民族天晴れ」と褒め称えこそすれ、日系移民を、誰も恨む日本人などはいない。敵の武将真田雪村をたたえた徳川と、心情は同じ。世界の有色人同胞は、日系(報恩の民唯心)と、朝鮮系(獅子身中の虫唯物)の違いを、ロス暴動等ではっきりと識別済みである。

 選挙権が欲しければ帰化しろ。ただし、天道を宗とした唯心の歴史を学び尊び、君が代を歌い日の丸に唯心を誓え。族譜皆無の玉川少年の如くに、なれるのか?唯物の捏造帰化(白眞勲等の偽員)など不要!

 戦国の世に対処不能の寄る辺無き窮鳥が当時の朝鮮(当時の世界が認め、朝鮮人も認め、戦争にも至らず平和裏に統治されたのが証拠)、それを植民地支配とすり替え、援助を償いと洗脳する癌半島や罪日の異常は、明白。中国は矜持国、偽中国(凶産)が消えれば、まともに成るが、癌半島は根が深い(李朝差別)ので、騒乱因子罪日を送還し、経済は韓半島以外に完全にシフトし、関わらず、密入国自衛傍観が得策。矜持皆無の唯物民族に唯心は(友好)はただの餌でしかなかったことは、歴史が証明している。矜持国中国がまともになれば(民主化)、癌半島朴李(パクリ)特需経済は自然消滅する。

 罪日は李朝差別の犠牲者(賎民根性)難民ではあるが、堪忍の限界は66年で当に超えている。何時何時寝首を掻くやも知れぬ獅子身中の虫を、飼っておくほど日本はお人よしではない!

在日大統領で李朝差別破壊かと思ったらさにあらず難癖付けと思想戦で正体あらわ
9月日6日金星煥外交通商相は、現職判事の鄭載●(=王へんに文)氏を同省の竹島関連の法令諮問官に任命した。鄭氏は、日本の自衛隊艦船が竹島を包囲し日韓間で武力紛争が起き、国際司法裁判所で竹島問題が争われることになるという小説を書き、韓国で注目を浴びた。

9月15日韓国外交通商省は、日本統治時代の慰安婦の賠償請求権を確認するための協議を日本政府に申し入れた。日本側は「法的に解決済みだ」として協議に応じない方針を示した。

9月15日韓流アイドルらが出演し、10月から大阪で上演予定の韓国ミュージカル「美女はつらいの」をめぐり、原作とされる漫画の作者、鈴木由美子さんが「著作権を侵害された」として上演差し止めを求める仮処分を東京地裁に申し立てたことが15日、明らかになった。ミュージカル化についても映画を共同製作した韓国企業から講談社側に許諾申請があったが、交渉で合意に至らず、韓国企業側は契約を結ばないまま韓国でミュージカルを上演。日本公演も、主催する松竹と講談社の交渉がまとまらなかった。産経新聞抜粋

贋半島と罪日自滅へ向かって一直線!
 贋国の思想戦目的は南北統一リスクへの日本巻き込み。他人のふんどしで相撲を取ろうとする唯物の輩、未だに自立出来得ぬ乞食根性は変わっていない!朴正熙で味を占め、柳の下の二匹目のどじょう狙い、何とも精神が下衆な輩だ。贋半島や罪日以外の有色人同胞は、すべて自力で独立し、植民地独立付与宣言を勝ち取ったのだ!爪の垢を煎じて飲め!自国の民族問題李朝差別を、他国の日本に持ち込むな!罪日は送還するから、自国問題は自国で片付けろ日本に甘えるのはもういいかげんにして、自立しろ!贋国の意図は丸見え、日本巻き込みの、醜悪な泣き売恐喝思想戦は、今後益々増えるだろう。

日本ネチズンに捏造を次々暴かれた韓国懲りずにまた捏造白状碑建立し正体(劣等感民族)自白中
強いものには弱く、弱いものに強がる、朝鮮人根性丸出しである。
韓国、国連で慰安婦問題に言及 日本は「解決済み」と主張
日本大使館前に「慰安婦」記念碑 韓国側…
韓国籍を名乗る人物3.11に不謹慎動画愚民化の極み


中朝韓罪日は、有色人の面汚し

 人類の新秩序1960年植民地独立付与宣言不参加国が中国凶産(1971年から国連加盟)北朝鮮・韓国(1991年から国連加盟)。この三国は、同胞殺しや隣国侵略征服(チベット・新疆ウィグル・内モンゴル・満州・竹島)に明け暮れ、いまだに戦国時代の野獣のままで、人類の新秩序「互恵」を知らない。そして、この三国と罪日のみが、人類唯一の犯日である!もちろん、蒋介石国民党中国(台湾)は、1971年まで国連加盟なので、植民地独立付与宣言賛成国である。

 凶産中国人や朝鮮人や罪日のような人間が、皆有色人だと白人から白眼視されれば、人類新秩序(人種平等)の立て役者、有色人にとって、これほど迷惑なことはない。人類の新秩序「互恵」も知らない時代逆行無知民族中朝韓罪日は、有色人の面汚しどもといえる。唯物韓半島と罪日は、唯心台湾との対比があまりにも際立つ。誇り高き台湾3/5【台湾取材レポート】龍山寺前広場でのインタビュー・前半 H21/4/22

100年以上前に唯物(支那と朝鮮)と唯心(日本)に気付いた福沢諭吉

福沢諭吉(1834~1901年)の「脱亜論」(時事新報1885年3月)林房雄「大東亜戦争肯定論」所載

福沢諭吉「我が日本の本土はアジアの東辺に在りといえども、その国民の精神はすでにアジアの固陋を脱して西洋の文明に移りたり。しかるに不幸なるは近隣に国あり、一つを支那と言い、一つを朝鮮という。・・・この二国の者どもは一心につき、また一国に関して改進の道の道を知らず、・・・その古風旧憤に恋々するの情は百千年の古に異ならず、・・・一より十に至るまで外見の虚飾のみを事として・・・道徳さへ地を払うて残酷破廉恥を極め、なお檄善として自省の念亡き者のごとし。我輩 、もってこの二国を視れば、今の文明東漸の風潮に際し、とてもその独立を維持するの道あるべからず。幸いにしてその国中に志士の出現して・・・大いにその政策を改革することわが維新のごとき大挙を企てないかぎり『今より数年出でずして亡国となり、その国土は世界文明諸国の分割に帰すべきこと一点の疑いあることなし』」  林房雄所載はここまで。

 福沢諭吉「わが国は隣国の解明を待ちて共に亜細亜を興すの猶予あるべからず。むしろその伍を脱して西洋の文明国と進退を共にし、その支那朝鮮に接するの法も、隣国なるが故にとて特別の会釈に及ばず、まさに西洋人がこれに接するの風に従いて処分すべきのみ。悪友を親しむ者は共に悪名を真免るべからずわれは心においてアジア東方の悪友を謝絶するものなり」。※亜細亜共栄圏(共に亜細亜を興す)樹立に、支那朝鮮をあてにするな!と説いている。まさに現代を予言した正論である。

林房雄「これをただの自誇と罵倒と見ることはできない。清朝と李朝の悪政に反抗して当時ようやく活動を開始した支那と朝鮮の志士革命家に大きな期待をかけていた福沢は、何かの理由でこの『厄介な隣人』に対して、癇癪玉を破裂させたのだ」

 

同族殺しが犯日国家(偽ロシア偽中国癌半島)の共通項 

 嘘で生きる特異人嘘つき詐欺師はどこの国でも罪人で差別されての牢獄入りは当たり前。罪日は差別と捏造するが、正体は贋半島罪日が仕掛けた思想戦。この明白な思想戦に、自衛決起しない国民など世界のどこにいるだろうか?贋半島との友好は、試合で力道山に裏切られ、滅多打ちされた木村政彦のを踏むことになる。

 罪日癌半島偽中国、このような、100年以上前と変わらぬ、世界でも稀な唯物国家国民とは、深入りせず、罪日は速やかに送還し、入国禁止。竹島と済州島を交換し、唯心は唯心で団結(癌半島偽中国以外の唯心国家共栄圏)、唯物(癌半島偽中国)は、放置すればよい。100年以上前の、「脱亜論」が正答である!

 日本は屈指の災害国。全てが流される。全てが流されるので「助け合って」復興し生存してきたのが歴史である。人造物は全て流されるので当然差別も流される、本質的には、日本には差別は無い。ところが災害非常時関東大震災に、世界の在日数多の中で唯一朝鮮罪日のみが、日本在住「助け合い」はそっちのけで反乱を起こした。当然成敗された。なのに、なんと真逆に捏造した朝鮮人慰霊碑を建立し、嘘の上塗りをしたのだ。常識のみの検証でも捏造は明白。突然の震災に、顔の良く似た朝鮮人のみの選別は不可能。助け合いの震災時に、暴徒が出たので成敗したら、すべて朝鮮人であった。朝鮮人のみが暴動を起こしたので成敗されたが、真実。朝鮮人の暴動がすべての起因である。当然嘘は暴かれ、現在は捏造自白証拠碑となっている。この碑は、数多の在日等皆が助け合いの震災時に、唯一朝鮮人のみが暴動を起こしたという証拠で、非常時暴動特殊朝鮮人証拠碑である。懲りない癌国またまた捏造記念碑。2011年12月14日、ソウルの日本大使館前に元慰安婦を象徴する少女の像、捏造証拠碑設置

 唯心に成り得ない勝手気儘な我欲唯物罪在日のみが、弾かれる。これは差別ではない。助け合い無き者は災害多発日本には、生存不適なのだ。世界で唯一不適なのが、似てなる者、罪在日である!横浜中華街等、他の民族は皆認識し、平穏に暮らしている。彼等は罪日ではない。

 犯日と二枚舌(日本では日本に迎合、贋半島では贋半島に迎合)の朝鮮罪在日。四三虐殺で耽羅人を喪失し、贋半島に尾を振る負け犬、済州島出自の耽羅罪在日。その場しのぎの朝鮮帰化人。そして、まともな朝鮮人や耽羅人帰化人も混濁する。がしかし、多くの日本人には、朝鮮人の白黒判別は不能。今後、朝鮮人(帰化人も耽羅人も)は皆弾かれ、見境無しの分別は当たり前となる。元凶李朝差別を破壊せず、隠蔽しての犯日が原因。身から出た錆なので、朝鮮人、耽羅人、自ら払拭する以外に道は無い!

 犯日朝鮮人分別は、生命体自己保存の本能。それでも「助け合いの国」日本は、歴史に習い元同胞の窮鳥と思い、我慢した。がしかしだ、あろうことか、輩はこれを逆手になんと、犯日のし放題。日本に尽くした歴史の渡来人(日本海海洋民)との違いを、66年間もの犯日でまざまざと見せつけ正体を自白した。獅子身中の虫と!まさに似て非なる者である!

 亡国の起因獅子身中の虫を裁かない国民が、世界中のどこに在るだろうか?在りはしない!罪日送還スパイ撲滅は、国民の国民たる最低限の証で、国民根源の責務 完

 

 これまで産経・フジTVのみが愛国唯一の牙城だったが、犯日に狙われ(ハニーマネートラップ)、いとも簡単にコロリと韓流に成った(産経新聞愛読者倶楽部)。いかに実技無き「言葉と文字界」住人は、意志薄弱で脆いかを自白した(産経・フジグループの愛国は、販促目的の対極として掲げただけで、心底からではなかった)。と同時に、マスコミ(NHK・TV朝日・TBS・朝日新聞・毎日新聞)を使い、誘導洗脳する工作員(中国癌半島罪日)の存在を、ネット外の国民にも知らしめた。

 アメリカルーズベルトは捏造して国民を洗脳し、さらに、同胞ハワイ艦隊を生贄にするという信じられない暴挙までして、米国民を戦争に引きずり込んだ。今又、凶産中国癌半島偽ロシアも、自国民を洗脳し、罪日や工作員を総動員しての対日思想戦。丸暗記鵜呑みの「言葉と文字界」は、意思薄弱な表音記憶受動民。ハニーマネーに溺れてしまい、今はもう工作員の巣窟(NHK・民放・新聞・雑誌)、為すがままの操り人形と化した。先の対米戦は、米国民の洗脳解凍に尽力すれば、回避出来た。歴史に「たら・れば」はないが、学ぶことは出来る。同じ轍を踏んではならない!4国民への洗脳解凍思想戦をネットで更に強力に展開し、同時に、更に強力に不払い(NHK受信料)不買(新聞雑誌犯日スポンサー商品)解体(東大京大等の文系職責者日教組凶産組合)で獅子身中の虫「言葉と文字界」を一掃再構築し、4国民洗脳解凍思想戦に参加が、急務!

 

魯迅

「フェアを望むならば、まず相手をよく見て、もしフェアを受ける資格のないものであれば、思いきって遠慮せぬほうがよろしい。相手もフェアになってから、始めてフェアを問題にしても遅くはない」(魯迅評論集)

 

真実を宗としたから人類は隆盛した。真実を宗としない捏造民族に、未来などは無い!

 

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。