QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2008 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観十二月八日・危急の日に高村光太郎日本蜂起大東亜戦争開戦真実の詩


十二月八日には、忘れずに連絡しあい朗読しよう!虐げられ、追い詰められた先人の、想いあふるるこの詩を!

 

危急の日に    高村光太郎

「此日天気晴朗なれども波高し」とあの小さな三笠艦が曾て報じた。

波大いに高からんとするはいづくぞ。

いま神明の気はわれらの天と海とに満ちる。

われは義と生命とに立ち、かれは利に立つ。

われは義を護るといひ、かれは利の侵略といふ。

出る杭を打たんとするは彼にして、東亜の大家族をつくらんとするは我なり。

有色の者何するものぞと彼の内心は叫ぶ。

有色の者いまだ悉く目さめず、憫むべし。

彼の願使に甘んじて共に我を窮地に追はんとす。

力を用いるはわれの悲しみなり。

悲愴堪へがたくして、いま神明の気はわれらの天と海とに満ちる。

 

十二月八日    高村光太郎  

記憶せよ、十二月八日。

この日世界の歴史あらたまる。

アングロ サクソンの主権、

この日東亜の陸と海とに否定さる。

否定するものは彼等のジャパン、

眇たる東海の国にして、

また神の国なる日本なり。

そを治しめたまふ明津御神なり。

世界の富を壟断するもの、

強豪米英一族の力、われらの国に於て否定さる。

われらの否定は義による。

東亜を東亜にかへせといふのみ。

彼等の搾取に隣邦ことごとく痩せたり。

われらまさにその爪牙を摧かんとす。

われら自ら力を養ひてひとたび起つ。

老弱男女みな兵なり。

大敵非をさとるに至るまでわれらは戦ふ。

世界の歴史を両断する

十二月八日を記憶せよ

 

 WGIPが形容する戦争讃歌詩などではない、開戦の真実を明白に語る昭和16年12月8日読売新聞夕刊1面高村光太郎59歳の悲愴詩。どうしてこれが戦争讃歌詩なのだ、64年間の仮想現実界の無検証無道理には驚くばかりだ。経済封鎖での降伏要求、日本蜂起で宗主国を追放し大東亜諸民族の独立、日本と諸民族団結、そして宗主国との対峙。軍民一丸蜂起の思いを語って、余りある。開戦一縷の望み大東亜共栄圏建設は、民間の一詩人すら詠っている。付け焼刃などではない。補筆真実史観

 

危急「ききゅう(危険が迫る)」の日に

高村光太郎

「此日天気晴朗なれども波高し」とあの小さな三笠艦が曾て「かつて(以前に)」報じた。

波大いに高からんとするはいづくぞ(日本を侵略せんとするは、どこぞ)

いま神明「しんめい(神のように明らかな徳)」の気(生命の活力の源)はわれら(日本)の天と海とに満ちる。

われ(日本)は義(道理)と生命(軍民一丸共生共死)とに立ち、かれ(侵略者)は利(利益)に立つ。

われ(日本)は義(道理)を護るといひ、かれ(侵略者)は利(利益)の侵略といふ。

出る杭を打たんとするは彼「ひ(侵略者)」にして、東亜の大家族(大東亜共栄圏)をつくらんとするは我(日本)なり。

有色の者何するものぞ(何も出来まい)と彼「ひ(侵略者)」の内心は叫ぶ。

有色(有色人種)の者いまだ悉く「ことごとく(皆)」目さめず(未だに食民治のままである)、憫む「あわれむ(気の毒に思う)」べし。

「ひ(侵略者)」の願(利益の侵略)使に甘んじて(行使に満足して)共に(英米蘭)(日本)を窮地に追はんとす。

力を用いるはわれの悲しみなり。

悲愴「ひそう(悲しくいたましい)」堪へがたくして(耐える事ができず)、いま神明の気はわれらの天と海とに満ちる。原文資料 戦争の頃の新聞から-1
 

十二月八日    高村 光太郎  真実史観補筆

記憶せよ、十二月八日。

この日世界の歴史あらたまる。
アングロ サクソンの主権、

この日東亜の陸と海とに否定さる。
否定するものは彼等のジャパン、

眇たる「びょうたる(小さな)」東海の国にして、

また神の国なる日本なり。

(アングロサクソン)を治「なお(修正)」しめたまふ明津御神「あきつみかみ(人の姿になった神)」なり。
世界の富を壟断「ろうだん(利益独占)」するもの、

強豪米英一族の力、われらの国に於(おい)て否定さる。
われらの否定は義による。
東亜を東亜にかへせといふのみ
彼等の搾取に隣邦「りんぽう(隣国東亜)」ことごとく痩せたり
われらまさにその爪牙(そうが)を摧「くだ(砕)」かんとす。
われら自ら力を養ひてひとたび起つ。
老弱男女みな兵なり
大敵非をさとるに至るまでわれらは戦ふ。
世界の歴史を両断する 、

十二月八日を記憶せよ。

 

昭和17年1月号婦人朝日。「拾遺詩篇」『高村光太郎詩集』ハルキ文庫

 高村光太郎予言の詩である。老若男女みな兵となり、開闢からの弱肉強食を両断、「そ」、非をさとり、あらたまり、治「なお(修正)」して、新秩序、共存共栄を創造した。

軍民一丸の思いは同じ⇒いおう島から大統領宛の手紙ルーズベルトに与うる書市丸利之助その二 沖縄蜂起沖縄県民斯ク戦ヘリ県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ

「十二月八日の記」高村光太郎
開戦時58歳1883~1956

 「聴きいくうちにおのずから身うちがしまり、いつのまにか眼鏡がくもって来た。私はそのままでいた。奉読が終わると、みな目がさめたようにして急に歩きはじめた。私も緊張して控え室にもどり、もとの椅子に座して、ゆっくり、しかし強くこの宣戦布告のみことのりを頭の中で繰りかえした。頭の中がすきとおるような気がした。

世界は一新せられた。時代はたった今大きく区切られ昨日は遠い昔のようである現在そのものは高められた確然たる軌道に乗り、純一深遠な意味を帯び、光を発し、いくらでもゆけるものとなった

 この刻々の時間こそ、後の世から見れば歴史の急曲線を描いている時間だなと思った。・・・またアナウンスの声が聞こえる。急いで議場に行ってみると、ハワイ真珠湾襲撃の戦果が奉じられていた。戦艦二隻轟沈というような思いもかけぬ捷報(しょうほう・勝利の知らせ)が、少し息をはづませたアナウンサーの声によって響き渡ると、思わずなみ居る人達から拍手が起る。私は不覚にも落涙した」

 

「十二月八日の記」を引用して語る林房雄(開戦時38歳1903~1975)の思い

 「明治と大正を生きてきた日本人の感慨であり、涙である。高村氏は西洋の文明と文化の価値を知っている詩人である。にもかかわらず、政治的軍事的には、西洋が日本の圧迫者であることを、すべての明治人・大正人とともに知っていた。――果たしてこれは大正に生れて昭和に育った世代には、わからない心情なのであろうか?」

 

重光葵(東條首相のブレーンで、大東亜会議開催に尽力した外務大臣。終戦文書に日本政府全権として署名) 

 日本の戦争目的は、東亜の解放、アジアの復興であって、東亜民族が植民地的地位を脱して各国平等の地位に立つことが、世界平和の基礎であり、その実現が、即ち日本の戦争目的であり、この目的を達することをもって、日本は完全に満足する。(重光葵著作集1・原書房p. 228。注・日本国重光葵も、国民高村光太郎も、見解一致の一丸であった)

 

 「終戦から7年後の昭和27(1952)年に日本が独立すると、戦犯釈放運動が全国に広まり、当時のほとんどの成人四千万人が署名。翌28年に戦犯の赦免に関する決議が国会でなされ、社会党や共産党まで含めて、一人の反対もなく決議された」

 

 「老弱男女みな兵なり。大敵非をさとるに至るまでわれらは戦ふ」軍民一丸の心情は戦前も戦後も一貫して揺るぎが無い。

 虐げられし世界の同胞も、揺ぎ無く遺志を継ぎ、戦後15(1960)年「植民地独立付与宣言」。開闢以来の戦国時代弱肉強食を破壊「世界の歴史を両断する」し、現代の平和を築いた「十二月八日を記憶せよ」。

 日本の仮想現実(言葉と文字)界と、凶産中国贋半島罪日だけが戦後真逆に変化し、64年経ても未だに亡国工作活動である。

 

十二月八日    真実史観  

記憶せよ、十二月八日。

この日日本の歴史あらたまる。

「言葉と文字界」の主権、

この日日本の陸と海とに否定さる。

否定するものは彼等のジャパン、

眇たる草莽のともがらにして、

また神の国なる大和日本の子孫なり。

そを治しめたまふ明津御神なり。

大和日本の富を壟断するもの、

空人東大京大NHK朝日等「言葉と文字界」一族の力、われらの国の子孫に於て否定さる。

われらの否定は義による。

大和日本を大和日本にかへせといふのみ。

「言葉と文字界」の捏造搾取に大和日本ことごとく痩せたり。

われらまさにその爪牙を摧かんとす。

われら自ら力を養ひてひとたび起つ。

老弱男女みな兵なり。

空人捏造消滅するに至るまでわれらは戦ふ。

日本の歴史を両断する

十二月八日を記憶せよ


亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

スポンサーサイト

真実史観戦陣訓で軍対民を捏造子孫死守の日本軍を侮蔑し国民の味方を演じる工作員


戦陣訓で軍対民を捏造、子孫死守の日本軍を侮蔑し、国民の味方を演じる、日本に巣くう工作員の輩。

岡本行夫
 そうした日本の社会風土は、ドイツとは大きく違う。しかし、本当のところは、東条英機は、若い時から満州進攻を強く主張し、対米開戦を主導し、1941年には生きて虜囚の辱めを受けるなという戦陣訓を徹底させて、その結果、無数の兵士を降伏させずに、玉砕させるか、餓死させた途方もない責任がある。それでも「死んだらみな神になる」という。凶悪犯罪で死刑になった人間たちも、今はみんな神になっているのですか。

國貞陽一の[脱・出・系]コラムマガジン
NHKスペシャル「僕らは玉砕しなかった~少年少女たちのサイパン戦」(名古屋放送局製作)

 サイパン戦も、沖縄戦も、特徴として言えるのは、軍隊が国民を守ることなく自死を強要しています。日本軍によって自死のための手榴弾が配られています。泣き叫ぶ赤ん坊を、敵に知られるからと言って、母親に窒息死させたのも日本軍です。その根底にあったのは、東条英機の「戦陣訓」にある「生きて虜囚(りょしゅう)の辱(はずかしめ)を受けず、死して罪禍(ざいか)の汚名を残すこと勿(なか)れ」の思想でした。番組では、東条英機が「戦陣訓」を朗読する映像が映し出されていました。(注・窒息死の決断は共に隠れている大勢の国民を守るためで、日本軍を責めることは出来ない。非難すべき相手は攻めてきた敵で戦争で、日本軍ではない。加害者はアメリカ、被害者は日本なのに、か弱い被害者国民対極悪加害者日本軍にすりかえられている)

  

民主党の小沢一郎代表

 2006年4月10日、代表就任を受け党本部で毎日新聞のインタビューに応じ、・・・A級戦犯については「日本人に対し、捕虜になるなら死ねと言ったのに、自分たちは生きて捕虜になった。筋道が通らない。戦死者でもなく、靖国神社に祭られる資格がない」との認識を明らかにした。

 

佐々淳行

 東条陸相は昭和十六年に「戦陣訓」をつくった。その第八条に「生キテ虜囚ノ辱ヲ受ケズ」とある。勇壮な演説に送られて出陣した学徒の多くが帰らなかった。そして東条元首相は二十二口径の拳銃での自殺に失敗して「生きて虜囚の辱めをうけ」となった。軍人にあるまじき不覚悟ぶりで日本人の手で裁かれるべき人物だった。月刊誌『諸君!』(2005年8月号/7月2日発売)

 

鳥飼 行博研究室

 日本軍は戦陣訓で「生きて虜囚の辱めを受けす」といった。これは,捕虜になるというよりも,降伏・投降することを禁じていた。火力,航空兵力ともに米軍よりも遥かに劣っており,兵員数でも劣勢な日本軍は,「最後の一兵まで戦う」という鉄の規律を維持しなければ,優勢な敵に対して消極的になってしまう。捕虜になって生き残り,戦後の日本復興に尽くす道がある,ということは,降伏・投降を許すことであり,それは戦意を低下させ,軍を崩壊させる。つまり,捕虜となることは許されないのである。

 

石原慎太郎

 「東条英機だけは絶対に許せないんだ」、「戦陣訓」を作って捕虜になるなという教えを徹底したのは国際法にも違反していたからだ。戦前の日本は天皇を神格化して、いまの北朝鮮よりもファナティック(狂信的)だったとも語った。「石原慎太郎に聞いた」2007.4.29.有田芳生

特攻隊をテロリスト老若男女無差別殺人者と捏造し報道あざ笑った田原と筑紫とTBS

田原総一郎(中国狂惨党)と筑紫哲也(朝鮮狂惨党・韓国愚民化政策党)の対談

 

筑紫 (僕は)テロリストになる覚悟がなかったが、田原さんは自爆テロをやろうと思っていたのですよね。

田原 特攻隊をやろうと思ってた。海軍がいいと思っていた。どう死ぬのか見事に死のうという話になってゆく。怖いですよ。

筑紫 テロの定義は難しいが、国家そのものがテロ国家になってゆく場合があるじゃないですか。

田原 国家の弾圧によって戦争をしたというが違う。僕らは特攻隊に憧れていましたからね。みんながテロへの憧札をもってしまう危険性があるんですよ。

筑紫 少年時代、それこそ非常に端的に言えばテロリストになろうとしていた。

 

 平成16年9月23日放送のTBS「NEWS23」(週刊新潮2004年10月14号P145~146に掲載)

 

 田原も(特攻隊をやろうと思ってた)などと嘘をつくな。特攻隊をやろうと思った者に対して最大の侮蔑の言葉、テロリスト老若男女無差別殺人者と言われてなぜ反応しない。それは思っていなかったからに他ならない。

 テロリストの相手は、か弱い人民で弱者。テロリストは、老若男女無差別殺人(大虐殺)者だ。特攻隊の相手は軍艦、空母、軍隊、戦争で、か弱い人民ではないのだ。こんな誰でも知っている常識を無視し、捏造し、先人の特攻隊をここまで侮蔑するとは。真の子孫なのか、この二人は。特攻隊=テロリストと常識をくつがえし捏造し先人冒涜報道TBS「NEWS23」の報道は、正しく現代の捏造箱」だ。

 鵜人の報道基準は、真実か否かではなく、先人冒涜なのだ。職業を評論家やジャーナリストと詐称しているが、実体は隠れ報道官工作員なのだ。覚醒せよ視聴者。

オーマイニュース覚醒せよメディア!対談 田原総一朗 × 鳥越
 田原 「では、あの戦争で何百万も死んだ日本人、あるいは中国人。その責任をどう取るのか? やはり、赤紙を押しつけられて戦死した人間と赤紙を出した側とは全く違います。国内法がどうこうではなく、何百万も、中国を入れれば何千万も死んだ、殺した、その責任は一体誰が取るのか?」

 

鳥越 「戦争を始めた人、戦争を指導した人ですね」

 

・・・鳥越 「沖縄では洞窟の中で住民、女性や子供が同じ日本軍に銃殺されました。なぜか。それは東条英機が作った戦陣訓のためだ。生きて虜囚の辱めを受けるなという戦陣訓があったため、鬼畜米英に捕まったら何があるか分からないということで殺された。そういうことが実際に起きているわけです」

 

・・・鳥越 「レイテ島だけではなくガダルカナル島も同じ。ガ島と言われた。ガは餓死のガだと言われたくらいです。インパール作戦もひどいものです。小泉さんとか安倍さんが靖国を語るとき、国のために戦って亡くなった人の魂云々と言うが、僕は聞くたびに違和感がある。なぜなら、(戦死者の多くは)お国のために戦ったのではなく、無理矢理連れて行かれて、本当は生きていたかったのに、本当に無謀な戦争のために死んだ犠牲者だと感じる」

 

田原 「ガダルカナルには日本の駆逐艦が救助に行くんです。そして、縄梯子であがれというと、途中でどんどん落ちて死んでいく。実際にその駆逐艦で作業をした人から聞いた」

鳥越 「体力がないわけですね。そういう経験をした人は亡くなっていくし、そういうことを語らなくてはいけないという人も数が少なくなっている」

 

・・・田原 「だから鳥越さんや筑紫さんや僕を含めて、生きて体験している人間が死にものぐるいで言わなくてはいけない。

 なんと知識の無い討論なのだ!。終戦時で鳥越5歳、筑紫10歳、田原11歳・・・体験したかのような戦闘は語れないだろう、捏造するな。

 中国凶産党党員田原よ鳥越よ侮日工作員筑紫よ、日本人だけが殺したのではない、当時は殺さなければ殺される、殺し合うのが当たり前の弱肉強食適者生存時代、戦争不可避の時代なのだ。戦わず侵略をゆるせば殺された。田原も鳥越も筑紫も生存不可。

 人類の敵食民治主義凶産主義の世界の超大国に侵略され、適者生存子孫死守のため、天皇の基、軍民共生共死で団結、戦ったのが大東亜戦争なのだ。

 なのに「無謀な戦争」とは、工作員を白状したようなものだ。適者生存子孫死守の日本軍の粗捜しをし侮蔑、国民の味方を演じる工作員の輩よ、捏造するな。

 敵味方共に悲惨なのが戦争だ。なのになぜ日本軍だけを冒涜する。日露戦争までは一切語らず、なぜ大東亜戦争の悲惨だけを針小棒大に語る。自ら工作員であることを自白しているではないか。語るに落ちている。

戦陣訓詳細は当ブログ内(憂国の辞書の解析)へ

生きて虜囚の辱辞書捏造断定戦陣訓真実囚人戦後意味変化敵に捕まる

 

亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

真実史観皆戦争反対だが戦国の戦は自衛ウヨ発言泣き売は工作員か判別回路欠損人


皆戦争反対だが戦国の戦は自衛ウヨ発言や泣き売は工作員か判別回路欠損人

“真実史観”検索、アダルトサイト続出、運営者は皆無恥の、特定民
 ネットウヨ、サヨ発言し泣き売は、工作員か判別回路喪失の病人。真実か否かが有るのみ。戦国時代は敵味方皆悲惨、悲惨責任は双方にある。悲惨比べ泣き売は、愚論。

朝鮮人や罪日が叫ぶべきは打倒李朝差別だ!犯日などではない。

 戦争は金太郎飴と同じで、どこを取り上げても敵味方共に悲惨なのが戦争である。日本軍だけの粗捜しに奔走し、見つかると針小棒大に記載し、極悪日本軍と侮蔑。「戦争の真実を語り継ぐ」「真実を知りたい」「元兵士の証言」等が工作員の旗印なのですぐ分かる。戦争は敵味方の殺し合い、この世の地獄が戦争だ。「語り継ぐ、真実を知る、証言」などなくても、考えればすぐ分かることなので、日露戦争まではこんな無駄なことはしていない。以後の反共戦争大東亜戦争に限り、なぜこんな無駄なことをするのか。工作員は「戦争の真実(極悪日本軍)を語り継ぐ」「真実(極悪日本軍)を知りたい」「元兵士の証言(極悪日本軍)」とし、目的は、日本からの「金のぶん取り」なのだ。そのためだけの「語り継ぐ、真実を知る、証言」である。あさましい限りだ。

 

 極悪日本軍に虐げられた、か弱き国民の味方偽善者を演じる、反日侮日工作員お馴染みの手口である。大江、石原、本田勝一、森村誠一、NHK、朝日、毎日、TBS、TV朝日、新たに参入した読売、日本TVで、すでにお馴染みの手法である。スパイ防止法無きスパイ天国日本、ブログにも巣くう工作員、日本を侮蔑し、金をぶん取るために、下記の如し皆泣き売

 

中帰連(中国帰還者連絡会)とは、抑留した日本兵を凶産化し、工作員として日本に送還した。中国凶産党の傀儡である。

中帰連戦争の真実を語り継ぐリンク

「戦争の真実を語り継ぐ」ために有用なサイトがありましたら、ご一報ください。→WEB担当者への電子メール ..... 日の出講芸, 「大東亜戦争肯定論」の焼き直し本、小林よしのり『戦争論』に対する鋭いツッコミを入れている長田さんのサイトです。 ...

南京大虐殺の真実 (靖国神社内上映)|廣瀬研一映画感想文

南京大虐殺の真実 (靖国神社内上映). この映画は東京、靖国神社内の遊就館でのみ期間限定で上映されている170分の映画である。 ... 東條英機氏は戦陣訓で生きて帰るなという趣旨の内容を公布している。国民を守るべき首相が兵士を使い捨てにした。 ...

戦陣訓 - Wikipedia

という意味である。戦陣訓で示された規範に付いては『軍人勅諭』の内容とほぼ同じであるが、『国史大辞典』は『生きて虜囚の辱を受けず』の徳目を例にあげて「(軍人勅諭)を敷衍するための説明であるという態度をとっているが」、「新たに強調した徳目も ...Yahoo!ブログ - 季節限定 _†_Α=Α
 ご主人様の命令が絶対だった賎民の名残犯日は建前が理解不能で、戦陣訓を侮蔑の旗としてウィキ等でしつこく掲げる。叱咤鼓舞のため引用の訓(建前)を、命令(本音)と捏造するのに必死だ。命令で李朝賎民のように死ぬ、日本人など皆無。死ぬのは李朝賎民のみ。
開示者TKK、正体白状。先祖愚弄の子孫など皆無。
バンザイ突撃 - Wikipedia

現に、「生きて虜囚の辱を受けず」の文言で知られる『戦陣訓』は昭和16年、つまり太平洋戦争開戦前夜の時代に成立したもので、大 ... そもそも、無意味な自殺的戦闘を敢行するのは、国家が敗戦したとしても、その再建に当たる人材を無為に死なせることで ...

 

2万号迎える「しんぶん赤旗」/元日本兵が語る「大東亜戦争」の真相/平和 ...

元日本兵が語る「大東亜戦争」の真相. 平和願い加害の体験語る. 戦後六十年企画として社会部が、 ... 私の体験が、若い人たちが戦争の真実を知るきっかけになるのであればと意を決してお話ししました」と述べています。 ...

沖縄タイムス社説 2007.6.4

集団死には、当時の住民が軍や官と運命を共にする「共生共死」や「鬼畜米英」への恐怖心、「生きて虜囚の辱めを受けず」(戦陣訓)の軍国思想などさまざまな要因が複雑に絡んでいる。 ... 県民の自治に関する意思決定機関であり、県民意思を代弁し、行動する意味は重い。

土佐高知の雑記帳「戦陣訓」と小泉純一郎

... (当時・陸軍大臣)、「戦陣訓」を至達」とある。 ... ある意味、 ... その何代か前の総理大臣だった東条英機が、全陸軍に布告し、多くの日本兵を死地においやった(九段坂に追いやった)「戦陣訓」について語ろうと思う。 ...

四国の星掲示板

生きて虜囚の辱を受けず、死して罪禍の汚名を残すこと勿れ。」 戦陣訓の中に「名を惜しむ」の項があります。捕虜は死よりも恥ずべきこととして兵隊は教育され、強制されました。 ところが戦争を指導した責任者は捕虜として裁かれましたが、彼らが靖国 ...

作家小田 実のホームページ > 最近の寄稿より

生きて虜囚の辱を受けず」は、大東亜戦争開始に当たってつくられた「戦陣訓」にあった軍律――軍のオキテだった。 ... これは「生きて虜囚の辱を受けず」のよみがえりか。そこまでやって、やっと国民は保護してもらえるのか。 「最近の寄稿より」目次へ ...

 

戦争責任、犬死にしないために戦争の総括を

▼「生きて虜囚の辱を受けず、虜囚は非国民」と訓示をたれ、国民のほとんどはこの訓示を忠実に守って民間人まで自決したのです。それなのに訓示をたれた為政者たちは虜囚になる。 ▼特攻隊員は悲惨でなりません。負け戦で勝つ見込みもないのに、特攻を ...

平和憲法・9条をまもる岩手の会 ニュース

生きて虜囚の辱を受けず」(戦陣訓)の強要である。 沖縄戦においても「軍官民共生共死」という基本方針がたてられて. いたことが明らかになっている。戦場において直接軍の関与があった. かなかったかの前に、国策として愛国心を鼓舞し、連合国軍が ...

 

週刊金曜日(無道理人の巣窟) 典型的な道理無き鵜人の集まりだ。物づくりなどしたことなく、所詮言葉や文字が軽い、言葉遊び、文字遊びの方々だ。物事には必ず禍福が伴なう。禍福を天秤にかけ判断しなければならぬのに、過を拡大し煽る報道方針は他の鵜人と同じ。責任をとらず、悪いのは全部他人に責任転嫁し、我々は、か弱い市民の味方ですと装うのがこの方々だ。

 日本人を辞めて鵜人化した人。石坂啓・ 落合恵子・ 佐高信・椎名誠・筑紫哲也・本多勝一の編集委員。常連執筆陣は永六輔「無名人語録」・矢崎泰久・岩城宏之・中山千夏・松崎菊也・金子勝・辻元清美。

無知の典型永六輔

 「靖国の母っていうのは、息子を戦死させた母親でしょう。その母親たちが戦争反対運動をしたのかと思ったら、してないんですね。息子を殺されて、戦争反対を叫ばない母親たちがいたんですねェ。不気味な言葉ですね、靖国の母って」〔『無名人名語録』永六輔1987〕

アメリカが民主主義の元祖とたたえた二宮尊徳の言葉

「半面を知って全面を知らないのは、半人前の見識」

「まちがった学者、教育者は、生臭坊主と同じ」

 

週刊金曜日: 見すてられた島の集団自決

個人情報保護指針. 著作権・リンク. 会社案内と採用情報 ... 「戦陣訓」の「生きて虜囚の辱を受けず、死して罪禍の汚名を残すこと勿れ」に呪縛されての自爆であった。 ... 無言の退席は不承知を意味する。 次の日、 ...

週刊金曜日: 金曜日から

聞き取りにくい「玉音放送」を直立不動の姿勢で聞いていた少年兵が、かろうじて意味をくみ取り、「もう死ななくていいんだ」と呟く。「戦陣訓」や「教育勅語」の呪縛から解放された瞬間のように思えた。 ... あの「戦陣訓」や「教育勅語」は、 ...

 

靖国神社の本質 - OhmyNews:オーマイニュース

それが、「死」を意味するのを、幼子2人を抱えた臨月の若い母は怖ろしい記憶として心に刻んだ。 ... A級戦犯、東条英機の「戦陣訓」がなければ、妻と子ども3人を残してまで、父は自決などしなかったと信じている。 ...

 

志村 建世のブログ

Profile : 1933年東京生れ

履歴・学習院大学英文科卒、元NHKテレビディレクター、野ばら社編集長

現在・窓際の会社役員、作詞家、映像作家、エッセイスト

 ・・・中でも罪が深いのは、軍人ではない一般の国民にまで戦陣訓の実践を強要したことです。その典型がサイパン島の悲劇であり、沖縄の惨劇でした。日本の国民だから天皇陛下の赤子である。軍人と同じ心で忠誠を尽くすのが国民の務めであると拡張解釈されて、民間人までが戦闘に巻き込まれました。

 これは恐ろしい思想でした。天皇の命令で始まった戦争が継続している限り、国民すべては戦争から逃れることが許されません。そして降伏が重罪として禁じられている以上は、どれほど圧倒的な戦力差で攻められようと、戦いをやめる方法がないのです。戦いが終るのは全員が死滅するとき。「玉砕」の精神とは、まさに亡国の思想でした。注・なんと驚くなかれ、我々の料金でこんな売国奴工作員が巣くい、生活していたのだ。これはNHKの氷山の一角だ)

 

志村建世のブログ: 「沖縄戦の真実と歪曲」を読む

沖縄史料編集所主任専門員だった大城将保氏の「沖縄戦の真実と歪曲」(高文研)を読みました。史料の専門員であるだけ ... 「生キテ虜囚ノ辱メヲ受ケズ」の戦陣訓をはじめとする忠誠心だけは、軍人なみに強要されたのでした。さらに学徒隊、郷土防衛隊に ..

志村建世のブログ
・・・ヒトラーのような狂信的指導者がいたわけでもないのに、あの時代になぜ日本人は「集団の狂気」に陥ったのか。それを解明するのが私たちの課題です。・・・

 戦前は戦国時代、その戦前を禍のみ摘み食い禍のみあるのが戦争で、福は無いし、護国行動を「集団の狂気」とのたまい、愚弄する、検証回路皆無の愚人の典型である。戦国時代は狂気の時代、先人は対応しただけである。戦前は現代同様平和な時代で、日本の「集団の狂気」が戦争を招いたと信じている、なんとも幼稚な思考回路の持ち主、トンデモナイ愚者である。驚くなかれ、我々の料金でこんな売国奴工作員が巣くい、今も高額な年金でぬくぬくと生活しているのだ。これはNHKの氷山の一角。


日本人になりすまし
イザに巣くった工作員

Commented by hisakiことanpoli さん 2008/07/04 23:48

「だーかーらー。

カンケー無い記事にリンクするなって何度言えばわかるんでしょうか?

それとも日本語読めない方でしょうか?

アロー?ニーハオ?アニョハセヨ? 」

注・たまたま手違いをした時に、この工作員を発見。この反日侮日工作員は、リンク手違いの番人のように、手違いには必ず食いつきいつも同じコメント。このブログで撒き餌をしたら、案の定食いついたので、下記のコメント欄から転載しました。日本侮蔑は世界中で、凶産党と朝鮮人民愚民化政策党の二つだけが存在。両国民は愚民化洗脳され、このような工作員と化している。愚かな党だ)

 

日本人になりすました典型的な工作員ブログ。「真実(極悪日本軍)を知りたいを旗印に日本軍だけの粗捜しに終止し、針小棒大記述が実に巧妙だ。日本人が個人の趣味で、ここまでは調べられない。異常とも思える詳細さが、工作員であることを自白している。真実を知りたいのなら、敵味方平等に皆調べることだ。敵味方皆醜いのが戦争だ。なぜ日本軍だけ一方的に調べるのだ?、なにが真実を知りたいだ。語るに落ちている。

真実を知りたい: ノモンハン事件 帰還捕虜の処遇

2008年3月22日 ... 真実を知りたい. 正しい歴史認識のために ... 「生きて虜囚の辱めを受けず、死して罪過禍の汚名を残すことなかれ」という戦陣訓は、ノモンハン事件より二年後の昭和16年(1941年)一月のの示達だから、この当時は、この考え方にし ...

 

日本人になりすました典型的な工作員ブログ。「国を憂い我が身に厳しい管理人が産経新聞が書かない真実を書き続けております」と自己紹介し日本人になりすましている。「土佐高知の雑記帳」と同類、凶産の壺である。

美しい壺日記歴史の闇に埋もれた陽高事件「東条英機の戦争責任」

察哈爾作戦における東條英機兵団長(中央) (毎日新聞社,1937年) toujyo1937.jpg 「日華事変と山東省」より ... 秦郁彦「東條英機の<戦争責任>」(秦郁彦『現代史の争点』文藝春秋一九九八) ▼「憲兵政治」の象徴、東条英機による、報復・懲罰召集、懲罰 ...

 

【戦陣訓】生きて虜囚の辱を受けず死して罪過の汚名を残すこと勿れ
ご主人様の命令が絶対だった賎民の、名残か?犯日は建前が理解不能で、戦陣訓を侮蔑の旗としてしつこく掲げる。命令で李朝賎民のように死ぬ、日本人など皆無。正体白状、上記ブログで犯日展開中。元凶定説閔妃さえも、必死に捏造しマスコミや罪日を扇動、祭り上げる韓国は、子孫の原点。愚弄は子孫に非ず。

戦争反対(誰もが反対)と戦前の戦争(戦国時代対処の護国の戦い)を判別できない幼稚な輩。戦前を現代同様平和な時代と認識し疑わない、常人思考回路皆無の偏執狂サイト。市民のためのメディアなどではない。捏造摘み食い洗脳メディア!!!

日本インターネット新聞JanJan

 元朝日新聞編集委員で前鎌倉市長の竹内謙などによって設立された、日本インターネット新聞株式会社が運営する。親会社は富士ソフト株式会社で、年間約3億円の運営費の大半は親会社からの広告費で賄っている。【父の15年戦争】(郷一成 記者)

父の15年戦争(18)「死して虜囚の辱めを受けず」のすさまじい呪縛 ...
「9条フェスタ2009」で96...


「馬鹿な奴じゃ」日本人になりすました典型的な工作員ブログ。個人では無理な貴重な資料が、放送後すかさず公開、組織工作員を自白!

""NHK「JAPANプロジェクト 伊藤博文安重根」 - 村山談話から15年 ...

世に倦む日日 NHK「JAPANプロジェクト 伊藤博文安重根」 - 村山談話 ...

インターネット・サイトの反日侮日工作員の巣窟
中帰連
半月城通信
対抗言論のページ
南京事件研究所一覧
USO888のHome・p
中国から見た日中戦争
共産革命クラブリンク集

 世界の戦国(弱肉強食適者生存国盗り合戦)時代に、超大国侵略者食民治主義凶産主義相手に、資源無き小国日本のみが、天皇の基に共生共死軍民一丸と化し、戦った適者生存戦争である。死中に活の戦いだけが、唯一の選択肢であった。

 戦いには敗れたが食民治主義と独占貿易を破壊、凶産主義を凶産と暴露し拡散防止、人種平等共存共栄に基づく新たな時代を先人は創造し、子孫繁栄の礎となった。

 繁栄の礎石先人冒涜工作員の身辺調査をすれば、現在の法でも取り締まりは可能なはず、職責を果たせ。

 大東亜戦争の引き金を引いたのは凶産党のスパイだ。今の日本、亡国防御法すら無いスパイ天国。この世のあらゆる悪を成す人類の敵凶産党。捏造が党是の凶産党思想戦に、至急スパイ防止法を立法し、対処すべきだ。


亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。