QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2007 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 01

真実史観1大江健三郎亡国の巨魁は集団自決を軍命令と捏造元凶侵略者米国を隠蔽罪の巨塊で有罪


1大江健三郎亡国巨魁は集団自決を軍命令と捏造元凶侵略者米国を隠蔽罪の巨塊で有罪
 ノーベル賞などの肩書きに惑わされて鵜呑みせず、親から授かった頭脳で検証しよう。戦後の識者は皆職責放棄だ、肩書きは売られた勲章だ。文学賞は平和賞と同じ用途で授与、真贋の二賞がある。川端康成真賞受賞とはまったく意味が異なる。川端康成こそ日本を代表する作家だが、大江は日本を代表する作家などではない。大江はノーベル贋賞受賞で、類まれな侮日反日WGIP広告塔が、受賞理由だ。韓国金大中と同類、政治目的利用のための授与。文学が理由ではない。大江の書き物は、とても文学と呼べる代物ではない。やがて歴史が証明する。日本の覚醒を良しとしない妖怪が、世界にはまだいるのだ。妖怪の傀儡として大江に白羽の矢が放たれたに過ぎない。大江は単なる人形で、魂を金で売った売国奴だ。

 
もし日本戦わざれば、有色人、未だに食民治のままと、マハティール首相は1992年喝破した。二年後の1994年真実の伝播を恐れた白人戦勝国は、比類無き犯日の大江に急きょノーベル贋(犯日)賞を与え、犯日を世界で語らせ、煽った。  
 丸暗記記憶機大江は、見事に期待に応え、贋(犯日)賞を掲げ、得意の絶頂で犯日を世界に発信し続けている。まさに、何とかに付ける薬は無い。半面生臭坊主ここに極まれり。


『もし日本なかりせば』暗に大東亜戦争の本質喝破マハティール首相の演説

 原爆碑広島錯誤大江健三郎ノーベル贋賞売国奴の館NHK似非平和団体

 常識も奪ってしまった、戦後の捏造一元史観愚民化教育。侵略者狂惨党大国との反共戦争。侵略者大国アメリカとの護国戦争。護国のため自己を捨て、軍民共生共死一丸と化した先人の戦いを罵倒する、傘差す親殺しの子供と同じ幼稚な自己中心愚民大江健三郎と追随する輩よ、先人は護国のため己を捨て、一丸と化したにすぎない。王、長島、星野ジャパンのように。

先人冒涜の皆さん常識で考えれば分かることなのだ。 
 1945年3月の米軍沖縄侵略により、沖縄の2つの離島で住民400余人が集団自決した。大江健三郎は現地取材もせず、著書『沖縄ノート』(初版は1970年、現在は第51刷)で、守備隊長が出した軍命令によって集団自決が起きたと書き、守備隊長を「屠殺(とさつ)者」「戦争犯罪者」「ペテン」とまで罵倒した。

 座間味島の守備隊長だった梅沢裕元少佐(90歳)と、渡嘉敷島の守備隊長、赤松嘉次元少佐の遺族は、岩波書店が発行した大江の『沖縄ノート』と家永三郎氏の『太平洋戦争』の誤った記述で名誉が傷つけられたとして、平成17年8月、出版停止等請求し提訴した。

 2007年11月9日、大阪地裁で「沖縄集団自決訴訟」(出版停止等請求)の裁判が開廷した。集団自決の原因が守備隊長の命令(軍)なのか、米軍の侵略による激しい攻撃なのかが、争点の裁判で、2年を超える裁判だという。 

  

 産経新聞2006年08月27日、実名、写真入りで照屋さんの証言を報じた。戦後の琉球政府で軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった、元琉球政府職員照屋昇雄さん(82)=那覇市が、産経新聞の取材に応じ、「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等援護法を適用するため、軍による自決命令ということにし、自分たちで書類を作った。」と告白。

 

 大阪地裁で続いている「集団自決訴訟」について、被告側(岩波書店、大江健三郎)にとって不利なことを言っている元琉球政府職員照屋昇雄さん(82)について、経歴詐称だと主張し、証言も信用できないとする沖縄タイムスの記事。他人の経歴を沖縄タイムスと大江健三郎がグルになって捏造した。沖縄タイムスと大江健三郎の捏造
  

 こんな明々白々な社会の常識が、何で2年を超える裁判となるのか、不思議でしょうがない。戦陣訓や軍命令が有ろうが無かろうが、アメリカが侵略しなければ、自決などない。原因はアメリカの侵略だ。売国奴迎合作家大江健三郎は、真の原因アメリカの侵略を隠蔽し、遺族のためにと十字架を背負った護国の兵士に罪を着せ捏造し、「罪の巨塊」などとあらん限りに罵倒した。訴えられるのは当然だ。 

  

「太平洋戦争」岩波書店・家永三郎著 

 初版本にあった赤松命令説を全面的に削除したと岩波書店が主張。しかし、「太平洋戦争」の第二版は、「沖縄の慶良間列島渡嘉敷島に陣地を置いた海上挺身隊の隊長赤松嘉次、米軍に収容された女性や少年らの沖縄県民が投降勧告に来ると、これを処刑し、また島民の戦争協力者等を命令違反と称して殺した。島民329名が恩納河原でカミソリ・斧・鎌などを使い凄惨な集団自殺をとげたのも、軍隊が至近地に駐屯していたことと無関係とは考えられない。」としており、赤松命令説を全面的に削除したというものではなく、軍(赤松)による自決命令がなかったとしているわけではない。 

  

『沖縄ノート』引用文 岩波書店・大江健三郎著  

 (注・かれ=渡嘉敷島の海上挺身隊隊長、赤松嘉次、当時大尉、25歳。大江は用意周到なつもりでかれと表現しているが隊長は一人。かれ隊長赤松嘉次は、明白だ。大江はやることが幼稚だ) 

  

 ・・・かれは他人に嘘ををついて瞞着するのみならず、自分自身にも嘘をつく」(p.208-9)。 

  

 ・・・慶良間の集団自決の責任者も、そのような自己欺瞞と他者への欺瞞の試みを、たえずくりかえしてきたことであろう。人間としてそれをつぐなうには、あまりにも巨きい罪の巨塊のまえで、かれはなんとか正気で生き延びたいとねがう。かれは、しだいに希薄化する記憶、歪められる記憶にたすけられて罪を相対化する。つづいてかれは自己弁護の余地をこじあけるために、過去の事実の改変に力をつくす。・・・かれのテンはしだいにひとり歩きをはじめただろう」・・・(p.210)。

 ・・・「かれは沖縄に、それも渡嘉敷島に乗りこんで、1945年の事実を、かれの記憶の意図的改変そのままに逆転することを夢想する。その難関を突破してはじめて、かれの永年の企ては完結するのである。…とかれが夢想する。しかもそこまで幻想が進むとき、かれは25年ぶりの屠殺者生き残りの犠牲者の再会に、甘い涙につつまれた和解すらありうるのではないかと、渡嘉敷島で実際におこったことを具体的に記憶する者にとっては、およそ正視に耐えぬ歪んだ幻想までもいだきえたであろう」・・(p.210-1)。 

  

 ・・・「あの渡嘉敷島の「土民」のようなかれらは、若い将校たる自分の集団自決の命令を受けいれるほどにおとなしく、穏やかな無抵抗の者だったではないか、とひとりの日本人が考えるにいたる時、まさにわれわれは、1945年の渡嘉敷島で、どのような意識構造の日本人が、どのようにして人々を集団自決へ追いやったかの、・・・およそ人間のなしうるものと思えぬ決断の・・・再現の現場に立ち入っているのである」・・・(p.211-2)。 (注・大江は渡嘉敷島の「土民」屠殺者は、かれと表現している。屠殺の対象になるのは動物、なんと渡嘉敷島の住民は、動物扱いされているのだ)

  

 ・・・おりがきたとみなして那覇空港に降りたった、旧守備隊長は、沖縄の青年たちに難詰されたし、渡嘉敷島に渡ろうとする埠頭では、沖縄のフェリイ・ボートから乗船を拒まれた。かれはじつのところ、イスラエル法廷におけるアイヒマンのように、沖縄法廷で裁かれてしかるべきであったであろうが、永年にわたって怒りを持続しながらも、穏やかな表現しかそれにあたえぬ沖縄の人々は、かれを拉致しはしなかったのである。・・・(p.213)。大江健三郎・沖縄ノート(岩波新書)のひどさ。   
  

巨塊(きょかい)の意味。大江健三郎の造語。これまで注解はなかったが、2007年11月9日法廷にての大江健三郎の説明は。「その結果生じた多くの人の遺体」、2007年11月20日朝日新聞朝刊での説明は、「巨きい数の死体」。本の出版後30数年もたってからだ、自己中心も甚だしい。造語なので意訳すれば、(きょ)=おおきい、(かい)=かたまり、(大きなかたまり)罪の巨塊罪の(大きなかたまり)とこれまで解してきた。 

  

巨魁(きょかい)の意味。(盗賊などの)首領。かしら。頭領。大親分。 

  

①弁解。大江健三郎の法廷での証言 

・・・被告側代理人(以下、「被」)「『人間としてそれをつぐなうには、あまりにも巨きい罪の巨塊のまえで、かれはなんとか正気で生き伸びたいと願う』とあるが、これは渡嘉敷島の守備隊長のことか」 

大江被告「そうです」 

被「この罪というのは何か」 

大江被告「罪というのは、集団自決の、軍の命令によってあの大きい数の死者が出たということです 

被「巨塊とあるが、この巨塊とは何か」 

大江被告「巨塊というのは、大きい塊という文字を書いておりますが、あの、ご存知のように日本の字引には「キョカイ」という音で大きい塊と書いたものはありません。現在もありません。それで私は、この巨塊という言葉を日本で作りたいと思います。それでツミノキョカイと読みますが、私が最初に書きました時には、渡嘉敷島で死体となって霊となった数多くの人たちというふうに書きました。それは死者に対して私は無礼だと思いますので、死者という言葉を使うことをやめました。罪の塊、ということを、罪の結果の塊ということを考えまして、あまりにも大きいその集団自決の死体の塊、死体の集まりの前でそれに関係している人罪に関してどのように感じるだろうかということを推測した、想像したというわけでございます」 

被「『あまりにも巨きい』の意味は」 

大江被告「あまりにも巨きい罪の巨塊に、罪の、ないし、犯罪の結果の死体の巨きい塊、という事が巨塊になりますが、巨塊の巨、を強調するために使われています。・・・ 

・・・被「巨塊とは、守備隊長のことを巨塊と言ったわけじゃないということですか」 

大江被告「はい。あの、そのように誤解していられる、読み間違えていらっしゃる方がおりますが、しかしそうではなくて、『あまりにも巨きい罪の巨塊のまえで、かれはなんとか正気で生き伸びたいとねがう』と言ってるのでありますから、この彼は守備隊長でありますから、守備隊長が守備隊長の前でということになります。それは読み取りが間違いです・・・ 

ニュース   『WiLL』07年1月号 

  

 ・・・罪の巨塊「罪とは『集団自決』を命じた日本軍の命令を指す。『巨塊』とは、その結果生じた多くの人の遺体を別の言葉で表したいと考えて創作した言葉」「私は『罪の巨塊の前で、かれは…』と続けている。『罪の巨塊』というのは人を指した言葉ではない」と説明、「曽野さんには『誤読』があり、それがこの訴訟の根拠にもつながっている」と大江健三郎は弁解している。2007.11.9.『罪の巨塊』=人ではないと法廷にての弁解。大江氏「軍命」主張/「集団自決」訴訟2007.11.10.沖縄タイムス朝刊1・26面 

  

②弁解。・・・私は曽野綾子氏の立論が、テクストの誤読によるものであることを説明しました。「・・・人間としてそれをつぐなうには、あまりにも巨きい罪の巨塊のまえで、かれはなんとか正気で生き伸びたいとねがう・・・かれとは渡嘉敷島の守備隊長です。罪の巨塊『巨きい数の死体』です。その前に立つかれ罪の巨塊だ、と読み取るのは文法的にムリです」・・・罪の巨塊かれとはならないと、弁解している。大江は被告人である、その被告人だけが新聞という公器で審理事項にかかわる意見を述べている。大江氏による「罪の巨塊」の変な説明 「人間をおとしめることについて」罪の巨塊に込めた思い2007.11.20.朝日新聞朝刊
  

 『巨塊』とは、その結果生じた多くの人の遺体と①で弁解し、11日後②で『巨きい数の死体』その結果生じたを省き弁解している。なぜか「・・・『罪の巨塊』というのは人を指した言葉ではない」と弁解し誤読を捏造するためだ。しかし、弁解①②をそのまま貼り付けると下記になる。語るに落ちているのだ。その結果生じたを省いた捏造文。部分読みでは『巨きい数の死体』かれは文法的にムリだが、全文を読むと省いた文字が浮かび出て、文意は変わらず、と同じ。さらに『罪の巨塊』≠かれ≠人なのに、『罪の巨塊』=かれとする、「曽野さんには『誤読』がある」と弁解しているので、『罪の巨塊』=かれにして「曽野さんの『誤読』」をに再現した。文意は変わらず、と同じ。大江は結果だけを切り取り『巨きい数の死体』かれとし文法的にムリとしたが、切り取った部分を文に当てはめると過程が文意として浮かぶためこうなる。文法的にムリなのは『巨きい数の死体』かれだけを切り取りそれだけを解釈したときだけとなる。つまり大江の主張「『罪の巨塊』≠かれ≠人」は切り取った、部分読みの時だけ成立し、文意としては不成立の、特殊な主張となることが証明された。曽野綾子の誤読ではなく、大江健三郎の捏造誤読という結果がでた。 

  

・・・あまりにも巨きい『集団自決』を命じた日本軍の命令)巨塊その結果生じた多くの人の遺体のまえで、かれ渡嘉敷島の守備隊長はなんとか正気で生き延びたいとねがう。・・・行為で生じた結果(物)=行為を成したかれ(犯人(人間)と解している。 

  

・・・あまりにも巨きい『集団自決』を命じた日本軍の命令)巨塊(巨きい数の死体)のまえで、かれ渡嘉敷島の守備隊長はなんとか正気で生き延びたいとねがう。・・・罪の(物)をかれ(人)と誤読したと捏造するため、その結果生じたを省いたが、全文を読むと省いた文字が浮かび出て、文意は変わらず、と同じ。 

  

・・・あまりにも巨きい『集団自決』を命じた日本軍の命令)巨塊(かれの罪の大きなかたまり)のまえで、かれはなんとか正気で生き延びたいとねがう。・・・文意は変わらず、と同じ。 

  

 大江健三郎弁解以前の解釈は、罪の巨塊かれの命令で生じた罪の(大きなかたまり)罪の(大きなかたまり)を生じさせたかれ犯人と、なり、罪の巨塊かれ(犯人)=人となる。(物)を=(人間)と解しているのではなく、行為で生じた結果(物)=成した犯人(人間)と解しているのだ。 

  

 大江健三郎弁解以後の解釈でも、罪の巨塊かれの命令で生じた『巨きい数の死体』『巨きい数の死体』を生じさせた犯人、かれと、なり、罪の巨塊=犯人(かれ)=人となる。・・・あまりにも巨きい『集団自決』を命じた日本軍の命令)巨塊その結果生じた多くの人の遺体のまえで、かれ渡嘉敷島の守備隊長はなんとか正気で生き延びたいとねがう。・・・となり、かれの命令が原因で生じた結果(物)前で、犯人(かれ)(人間)はとなり、文法的になんらムリではない。 

  

 大江健三郎は『巨きい数の死体』が生じた原因、かれの命令」で生じたを隠蔽し、『巨きい数の死体』(物)かれ(人間)とはならないと捏造したのだ。『罪の巨塊巨きい数の死体(物)(悪の大親分)(人間)(追随した鵜人の表現。周到な大江は人と婉曲表現)と、曽野綾子が誤読した言っているのは、誤読捏造犯大江健三郎ただ一人。 曽野綾子は「かれ罪の巨魁(悪の親分・悪の首領」と、「巨塊巨きい数の死体)を生じた犯人は(かれ)」とは言っている。がしかし、曽野綾子も誰も「かれ渡嘉敷島の守備隊長罪の巨塊巨きい数の死体」とは言っていない。曽野綾子が「かれ渡嘉敷島の守備隊長罪の巨塊巨きい数の死体」と誤読したと言っているのは、誤読捏造犯大江健三郎と追随した鵜人だけだ。語るに落ちている。『巨きい数の死体』を部分読み(『巨きい数の死体』かれ)ではなくのように全文読みすれば捏造は瞬時に崩壊する、手口は幼稚だ。またかれの命令」で生じたは、「屠殺(とさつ)者」「戦争犯罪者」「ペテン」とまで罵倒しているので、この弁解がなくても誰でも文意より帰結する。 

  

③弁解。「・・・極悪人、などという言葉は使っていない・・・」2007.11.9.法廷にての弁解。【沖縄集団自決訴訟の詳報(4)】両原告は、慶良間列島の守備隊長を、私が「極悪人」としているむねいわれますが、『沖縄ノート』には、極悪人もとよりあくにんとも、一度も書いていません。 2007/11/20朝日新聞文化欄にての弁解。 

  

 『罪の巨塊巨きい数の死体』は、『集団自決』を命じた日本軍の命令渡嘉敷島の守備隊長で生じた多くの人の遺体。文脈では渡嘉敷島の守備隊長の強制で集団自決した「三百二十九の死体」なのである。『罪の巨塊巨きい数の死体犯人渡嘉敷島の守備隊長。他でも守備隊長を「屠殺(とさつ)者」「戦争犯罪者」「ペテン」と極悪人と同義語で大江健三郎は罵倒している。そしてなんと犯人かれは、生きているのだ。『罪の巨魁(悪の親分・悪の首領)といえないか、いえるでしょ。大江健三郎の婉曲表現を取り去ると、罪の巨塊『巨きい数の死体(自決)かれの命令が原因である。しかもかれは、生きている。よってかれ罪の巨魁(悪の親分・極悪人だとなる。

  

 大江健三郎自らが、守備隊長罪の巨魁(悪の親分・悪の首領)と書いているのだ。全文でも部分でも守備隊長罪の巨魁(悪の親分・悪の首領)と読める。大江の捏造誤読説(切り取り部分読み)に追随した鵜人の輩こそ、不通読者だ。語るのは文意だ。 

  

 曽野綾子も大江健三郎が書いたとおりに全文も部分も読んで、守備隊長罪の巨魁(悪の親分・悪の首領)としたに過ぎない。それを大江健三郎が曽野綾子の誤読と捏造したのだ。巨塊(おおきなかたまり)』(大江の造語の意味は巨きい数の死体)巨魁(悪の首領・悪の親分)』(周到な大江と誤読とは何と幼稚な捏造だ。漢字は表意文字なのだ、一見して誰でも判別出来るではないか。こんな子供だましで曽野綾子を貶めようと思ったのか、こんな捏造が通用すると考える大江は、よほどの世間知らずのお坊ちゃまか、大変な自惚れ屋だ。大江が思うほど我々は愚民ではない。 

2につづく⇒

スポンサーサイト



真実史観2大江健三郎罪の巨魁は集団自決を軍命令と捏造元凶侵略者米国を隠蔽罪の巨塊で有罪

2大江健三郎罪の巨魁は集団自決を軍命令と捏造元凶侵略者米国を隠蔽罪の巨塊で有罪

SAPIO』 
 での対談曽野綾子と池田信夫。曽野綾子
の発言。

 「決定的だったのは、大江健三郎氏がこの年刊行された著書『沖縄ノート』で、赤松隊長は「あまりに巨きい罪の巨魁(巨悪の首領)」だと表現なさったんです。私は小さい時、不幸な家庭に育ったものですから、人を憎んだりする気持ちは結構知っていましたが、人を「罪の巨魁巨悪の首領)」と思ったことはない。だから罪の巨魁巨悪の首領)という人がいるのなら絶対見に行かなきゃいけないと思ったのです」
 
曽野綾子の解釈は、大江健三郎指摘の部分に対しての誤読の解釈ではない、全文の文意よりの解釈であることは誰の目にも明白である。『沖縄ノート』通読すれば、誰でもここ、赤松隊長罪の巨魁巨悪の首領)に帰結する。換言すると誤読罵倒屋は、『沖縄ノート』未読者だ。やはり『沖縄ノート』はちゃんと読みましょう。つまり曽野綾子の解釈は木ではなく森を見ての解釈である。(注・巨魁と判別している) 

  

 大江健三郎は、法廷で、こう説明している。『罪の巨塊』というのは人を指した言葉ではない」「曽野さんには『誤読』があり、それがこの訴訟の根拠にもつながっている」・・・と、根拠も示さず『誤読』罪の巨塊罪の巨魁と独断している。すぐに鵜人罵倒屋どもは付和雷同し「罪の巨塊だが、曽野は、この言葉を罪の巨魁(悪の首領、悪の大親分)と理解しているようだが、とんでもない誤読である。曽野綾子は、巨塊(物)を巨魁(人間)と誤読しているのである。等等」と、嬉々として発言している。 

  

 誰でも文意から巨魁赤松隊長が導かれることが分かれば、勝ち目がないと認識した大江健三郎は、論点を部分解釈に切り替え、部分を誤読したから全体を誤読したかのように摩り替え、曽野綾子誤読と捏造した。大江健三郎の婉曲表現を取り去ると、本音はこうだ。「曽野綾子罪の巨塊罪の巨魁(悪の親分・悪の首領かれ渡嘉敷島の守備隊長と誤読し、『ある神話の背景』を書いた。原告がそれを読み提訴した。つまり曽野綾子には『誤読』があり、それがこの訴訟の根拠にもつながっている。『誤読』が訴訟の根拠だから大江は無罪」。文は全体で解釈すべきで、部分で解釈すべきものではない、これは世の道理だ。この大江健三郎の苦しまぎれの主張は、世の道理に反することは誰の目にも明解である。大江健三郎の解釈は森ではなく木を見ての捏造独断なのは、誰の目にも一目瞭然であろう。 

  

 罪の巨塊(きょかい(大きなかたまり)巨きい数の死体罪の巨魁(きょかい)(悪の首領、悪の大親分)、音が同じなだけで意味が異なることはたとえ造語でも、漢字は表意文字なので一目で分かる、日本人なら誰もこんな誤読はしない。ところが驚くことに、大江健三郎のこんな子供だましの捏造、曽野綾子誤読説を、信じ鵜呑みした自称評論家がいたのだ。・・・その解釈が誤読(「巨塊」を「巨魁」と解釈している?)だらけだ・・・と、嬉々として騒いでいる、非実証の罵倒屋の大学講師だ。こじつけて捏造し誤読するのは、自己中心で外が見えない大江健三郎ただ一人と思っていたが同類がいたのだ。嘆かわしいことだ。曽野綾子が正論で、大江健三郎は後出しじゃんけんの捏造者なのは今や誰の目にも明白だ。 

  

 曽野綾子『ある神話の背景』の引用部分には、下記のような誤記が有るとの指摘有。この指摘を前述の非実証の罵倒屋が針小棒大に取り上げ、「滅茶苦茶な誤字巨塊巨魂と誤記?」罵倒しているブログがある。曽野綾子選集.第2巻読売新聞社が造語なので誤植してしまったのが初めで、以後の2冊は曽野綾子選集から転載したため誤植に気付かなかったのが真相のようだ。初版本、再版本は正しい。間違いは正せばよい。非実証の罵倒屋のように、めくじら立てて騒ぐほどのものではない「愛・蔵太の少し調べて書く日記」←資料提供先

 

①『ある神話の背景』文芸春秋, 1973.・・・罪の巨塊←正しい

②『ある神話の背景』角川書店1977.11.・・・罪の巨塊←正しい

曽野綾子選集.第2巻 読売新聞社, 1984.6.・・・罪の巨魂←間違い

④『ある神話の背景』PHP文庫  1992.6.・・・罪の巨魂←間違い

⑤『ある神話の背景』改題「集団自決の真実」(WAC bunko)2006.・・・罪の巨魂←間違い

 

『ある神話の背景』・「集団自決の真実」から記載部分引用

 ・・・大江健三郎氏は『沖縄ノート』の中で次のように書いている。「慶良間の集団自決の責任者も、そのような自己欺瞞と他社への瞞着の試みを、たえずくりかえしてきたことであろう。人間としてそれをつぐなうには、あまりに巨きい罪の巨塊(大きなかたまり)(巨魂)のまえで・・・(後略)」このような断定は私にはできぬ強いものである。「巨きい罪の巨塊(大きなかたまり)(巨魂)」という最大級の告発の形を使うことは、私には、二つの理由から不可能である。第一に、一市民として、私はそれほどの確実さで事実の認定をすることができない。なぜなら私はそこにいあわせなかつたからである。第二に、人間として、私は、他人の心理、ことに「罪」をそれほどの明確さで証明することができない。なぜなら、私は神ではないからである。・・・(注巨塊(大きなかたまり)巨魂と③以降の誤植はあるが、大江健三郎が指摘する誤読、巨塊(大きなかたまり)巨魁は皆無)。

 

平成12年(2000年)10月の司法制度改革審議会での発言

 地元の一人の新聞記者から「赤松神話はこれで覆されたということになりますが」と言われたので、私は「私は一度も赤松氏がついぞ自決命令を出さなかった、と言ってはいません。ただ今日までのところ、その証拠は出てきていない、と言うだけのことです。明日にも島の洞窟から、命令を書いた紙が出てくるかもしれないではないですか」と答えたのを覚えています。しかしこういう風評を元に「罪の巨塊(大きなかたまり)だと神の視点に立って断罪した人もいたのですから、それはまさに人間の立場を越えたリンチでありました。

【正論】集団自決と検定作家・曽野綾子それでも「命令」の実証なし 2007.10.23 03:42(大江健三郎自作自演の捏造誤読指摘は2007.11.9.なので、この文は誤読指摘以前の文である)
 ・・・1970年、終戦から25年経った時、赤松隊の生き残りや遺族が、島の人たちの招きで慰霊のために島を訪れようとして、赤松元隊長だけは抗議団によって追い返されたのだが、その時、私は初めてこの事件に無責任な興味を持った。赤松元隊長は、人には死を要求して、自分の身の安全を計った、という記述もあった。作家の大江健三郎氏は、その年の9月に出版した『沖縄ノート』の中で、赤松元隊長の行為「罪の巨塊(大きなかたまり)と書いていることもますます私の関心を引きつけた。

 

 (注・「罪の巨塊」=人と、曽野が誤読したと大江が主張するが、曽野は赤松元隊長の行為=「罪の巨塊」と書き判別している。)

 

 作家になるくらいだから、私は女々しい性格で、人を怨みもし憎みもした。しかし「罪の巨塊(大きなかたまり)だと思えた人物(「罪の巨塊に相当する行為をする人)には会ったことがなかった。人を罪と断定できるのはすべて隠れたことを知っている神だけが可能な認識だからである。それでも私は、それほど悪い人がいるなら、この世で会っておきたいと思ったのである。たとえは悪いが戦前のサーカスには「さぁ、珍しい人魚だよ。生きている人魚だよ!」という呼び込み屋がいた。半分嘘(うそ)と知りつつも子供は好奇心にかられて見たかったのである。それと同じ気持ちだった。・・・たまたま私を探して来た地元の記者は、「赤松が自決命令を出したという神話は、これで否定されたことになりましたが」と言った。私は「そんなことはないでしょう。今にも新しい資料が出てくるかもしれませんよ。しかし今日まで赤松が自決命令を出したという証拠がなかったということなんです。私たちは現世で、曖昧(あいまい)さに冷静に耐えなきゃならないんです」と答えた。この答えは今も全く変わっていない。・・・

 (注・大江健三郎が指摘する誤読、巨塊巨魁は皆無。無いものを有るとするのは正しく捏造なのだ)。

 

 結論。「罪の巨塊赤松元隊長の行為と書き判別しており、誤読ではない。曽野綾子巨魁赤松隊長は、『沖縄ノート』全文の文意より導き出されたものであり、一部分の巨塊巨魁の誤読ではない。守備隊長を「屠殺(とさつ)者」「戦争犯罪者」「ペテン」と同意語で罵倒しているので、一読すれば誰でもここ、巨魁赤松隊長に帰結する。単語巨塊を、巨魁と誤読したとする曽野綾子誤読説は、被告人大江健三郎の、論点を部分解釈に切り替え己を有利にするための、自作自演の捏造である。この時点で曽野綾子には、名誉毀損で大江健三郎提訴の権利が生じた。[沖縄戦]人が書いてもいないことを書いたと書く(言う)のはカンニンしてください、大江健三郎さん(罪の巨塊)。(その あやこ)。

  

 巨魁の意味、悪の大親分・悪の首領などを用いず、巨魁と言う単語を用いたのは、巨魁巨塊に引っかけた曽野綾子の洒落だ。洒落にも気付かず、ものの見事に大江健三郎は食いついた。さらに鵜人罵倒屋どもが食いついて、誤読、誤読と大合唱だ。余程飢えていたのだろう。 

  

 軍命令説は昭和25年に発行された沖縄戦記『鉄の暴風』(沖縄タイムス社、著・太田良博)で最初に記載され、これをネタ素にその後、地元の県史や村史など多くの戦記が記述した。『沖縄県史』、家永三郎『太平洋戦争』、『沖縄戦史』(沖縄タイムス社社長だった上地一史著)等等。大江はこの地元戦記の記述を無検証で鵜呑みし軍命令を取り上げ、用意周到に個人名を伏せながら婉曲表現で『沖縄ノート』を書いた。なぜ婉曲表現か、あえて名前をださなくても、ネタ素に書かれているし、後日裁判沙汰に成らないように配慮したのだ。なんと用意周到なことか。 

  

 作家曽野綾子は『沖縄ノート』刊行3年後の昭和48(1973)年、『或る神話の背景』(集団自決の真実)で、『沖縄ノート』のネタ素のネタ素、『鉄の暴風』を現地取材で検証し捏造をあばき、まさしく集団自決の真実を引き出した。作家が小説ではなく史実と対した時は斯あるべきだ。他は皆、小説と史実を混同している。 

  

【沖縄集団自決訴訟の詳報(5)完】  

 『沖縄ノート』刊行後に発行された、ネタ素の『沖縄県史10巻』では、8巻の集団自決の命令について訂正している。家永三郎の『太平洋戦争』でも、赤松命令説を削除している。 

  

【沖縄集団自決訴訟の詳報(4)】
 ・・・被告側代理人「『(ナチスドイツによるユダヤ人虐殺の中心人物で、死刑に処せられたアドルフ・)アイヒマンのように沖縄法廷で裁かれるべきだ』とあるのは、どういう意味か」
 
大江健三郎「沖縄の島民に対して行われてきたことは戦争犯罪で、裁かれないといけないと考えてきた」
 被告側代理人「
アイヒマンと守備隊長を対比させているが、どういうつもりか」
 
大江健三郎アイヒマンには、ドイツの若者たちの罪障感を引き受けようという思いがあった。しかし、守備隊長には日本の青年のために罪をぬぐおうということはない。その違いを述べたいと思った」
 被告側代理人「
アイヒマンのように裁かれ、絞首刑になるべきだというのか」
 
大江健三郎「そうではない。アイヒマンは被害者であるイスラエルの法廷で裁かれた。沖縄の人も、集団自決を行わせた日本軍を裁くべきではないかと考え、そのように書いた」・・・ 

  

 「ドイツの若者たちの罪障感を引き受けようという思いがあった」と、一元思考家大江は奇想天外な捏造証言をし、褒めたたえた。ユダヤ人虐殺の責任者アイヒマンは復讐をおそれてアルゼンチンに逃亡し捕らえられ、最後に己の美化のため十字架を背負ったように装い、処刑されただけだ。護国の兵守備隊長は逃亡もせず、処刑もされず、遺族のため(公)にと十字架を背負い生きた。しかしながら作家大江健三郎には、『沖縄ノート』51刷にわたり冒涜され続けている。つまり大江健三郎は捏造し冒涜して51刷にもわたり儲け続けているのだ。そして大江は守備隊長には日本の青年のために罪をぬぐわせようとしている。捏造の巨魁大江はドイツと日本を、ユダヤ人虐殺の責任者アイヒマンと護国の守備隊長を罪の巨魁と見ている、不勉強もはなはだしい、こんな売国奴大江健三郎に、歴史を語る資格などない。

 作家大江健三郎は、嘘、捏造の著書『沖縄ノート』(初版は1970年、現在は第51刷)で、真の原因アメリカの侵略を隠蔽し、戦中軍民一丸となり戦い、戦後遺族のためにと十字架を背負った護国の兵士に罪を着せ捏造し、護国軍日本軍を裁くべきとほざき、日本で生計を成している売国奴だ。物づくり社会ではこんなことは絶対に有り得ない、必滅なのだ。 

  

 むやみに難解にし、鵜呑み知識を見せびらかした子供じみた幼児思想一元思考家大江が、ノーベル賞受賞はなぜなのかと当時、不思議に思った。難解は奥ゆかしいと間違えたのだと思った。間違いはノーベル平和賞だけではなかったのだ、その間違いノーベル賞作家大江健三郎はついに、底の浅い一元思考家の正体を現したようだ。間違いノーベル賞作家大江健三郎が語る歴史は、金正日が指導する農業と同じだ。鵜呑みは非常に危険だ。受賞は当時間違いと思っていたが、大江の正体が顕著になるたびに、覚醒し始めた日本人子孫の防波堤として大江健三郎に、ノーベル賞を放ったような思いが今は募る。なんと大江健三郎の受賞理由は作品ではなく、たぐいまれな侮日、が受賞した理由だったのか。そうであればこれで受賞の疑問が氷解する。 

  

 アメリカが侵略し追い詰めたため、住民が集団自決した。アメリカが侵略しなければ、住民の集団自決など起きなかった。原因はアメリカの侵略で、戦陣訓や軍命令が原因ではないことは明白な事実だ。作家大江健三郎の捏造は正しく罪の巨塊に値する、よって有罪。 

  

 戦陣訓や軍命令で死んだと先人を罵倒する輩がいるが、戦陣訓や軍命令が殺したのではない侵略者アメリカが殺したのだ。味方ではなく、敵が殺したのだ。相手を摩り替えるな。 

  

先人冒涜の皆さん常識で考えれば分かることなのだ。

○日本の主要物資の輸入先(開戦1年前昭和15年<1940>) 「アジア・太平洋戦争」
・鉄類  アメリカ69,9% 中国15,6%(注・米、中、合計で85,5% ③インド7,5% ④その他7,0% 
・石油  
アメリカ76,7% ②オランダ領インドネシア14,5%(注・米蘭合計で91,2%) ③その他8,8%
・機械類 
アメリカ66,2% ドイツ
24,9% ③その他8,9%

 

 主要な輸入国を相手に戦争をするのは自殺と同じだ。

 しかも反共戦争(日中戦争を継続中で、多数の人的損失と戦費をすでに費やしていた。その状況下で更に英米蘭などの大国を相手に、新たな戦争を始めなければならない動機など、日本には皆無。日本が戦争を仕掛けたのではなく、仕掛けられたのは明白な事実だ。明らかに米英蘭中ソ側に戦争の意図や動機があった。

 

 先人冒涜の皆さん常識で考えれば分かることなのだ。

 ヒトラー、ナチス、ムッソリーニ、フセインと部下とその息子、皆逃亡した。敗戦、逃亡は、古今東西世の習いなのだ。天皇以下日本軍は逃亡せず、敗者の責を果たした。これは、世界史上非常に稀有なことなのだ。類似の歴史未だ発見せず。

④弁解。・・・曽野氏は、「集団自決」が行われた際、赤松嘉次大尉のもとで中隊長だった富野稔少尉が、自衛隊一佐として勤務する土地を訪ね、次の談話をとって、氏の本の核心に据えています。「むしろ、私が不思議に思うのは、そうして国に殉じるという美しい心で死んだ人たちののことを、何故、戦後になって、あれは命令で強制されたものだ、というような言い方をして、その死の清らかさを自らおとしめてしまうのか。私にはそのことが理解できません」

 ――このようにいう者らこそ、人間をおとしめていると信じます。そういって私(
大江健三郎)は証言を終えました。2007.11.20.朝日新聞朝刊。

皆本義博・元陸軍中尉(海上挺進隊第三戦隊)証言

・・・本当にすごいです。弾速が速く、ビッビッビという音と同時にババババーンと来ます。野砲なんかと違って(艦砲射撃は)凄まじいものでした。あと怖いのは火炎放射器です。あれでやられて亡くなった者も大勢います。
 そして27日に渡嘉敷に米軍の第七七師団が上陸してきました。沖縄本島よりも先に。うろちょろうるさい海上特攻の基地を先に潰しておこうと考えたようです」

 

 「もうこのままでは全滅です。私は伍長に俺とお前で二手に分かれて後退する、行けるところまで行けと命令しました。そういう状況の中、328日、村民が315名集団自決したのです。恐らくパニック状態だったのでしょう。大江健三郎あたりが主張する、軍が(自決の)命令を下したというのは全く事実無根で、そもそも戦うことで手一杯、そんな命令など下せる状況にあるのかと」
『特攻 最後の証言』制作委員会/ 出版:アスペクト/ 発行年月:2006.11/P154-P169より

 「フランダースの犬」
英国女性作家ウィーダ1872年刊。画家を志す少年ネロが、放火の濡れ衣を着せられて村を追われ、吹雪の中をさまよった挙句、一度見たかったルーベンスの絵を見る。そして誰も恨むことなく忠犬パトラッシュと共に天に召される。という日本では誰でも知っている悲運の物語だ。ところが欧州では「負け犬の死」としか映らず評価されることは無く、米国の過去5回の映画化も結末をハッピーエンドに書き換えられているという。悲しい結末の原作がなぜ日本でのみ共感を集めたのか、長く謎とされてきた。

 ベルギー人映画監督ディディエ・ボルカールトさんらは、3年をかけて謎の解明を試みた。浮かび上がったのは日本人の心に潜む「滅びの美学」だった。プロデュサーのアン・バンディーンデレンさん(36)は「日本人は信義や友情のために敗北や挫折を受け入れることに、ある種の崇高さを見出す。ネロの死に方は、まさに日本人の価値観を体現するもの」と結論づけた。この検証過程を「パトラッシュ」の題名で映画化、27日に大聖堂で上映される。制作のきっかけはアントワープの大聖堂でルーベンスの絵を見上げ、涙を流す日本人の姿を見たことだったという。「フランダースの犬 日本人だけが共感」の見出しで2007年12月25日読売新聞朝刊2面で報じている。

 侵略者狂惨党大国との反共戦争。侵略者大国
アメリカとの護国戦争。護国のため自己を捨て軍民共生共死一丸と化した先人の戦いを罵倒する、傘差す親殺しの子供と同じ幼稚な、自己中心愚民大江健三郎と、追随するノーベル賞
の威を借りたい迎合者には、護国のため己を捨て、一丸と化し、力尽き倒れ殉国した先人のこの心根は、永久に理解不能だろう。「フランダースの犬」さえも永久に理解は不能だろう。

 いずれにしても
大江健三郎は作家としてではなく、ノーベル賞受賞理由「侮日、反日による、戦勝国WGIP作戦への多大な貢献」の愚民売国奴として名を残すのは間違いない。戦勝国のほくそ笑みも知らず、大江健三郎ノーベル賞、文学賞を受賞したと思い込み、嬉々としてWGIP講演活動だ。ノーベル賞を纏ったと思い込んだ裸のWGIP広告塔と迎合者。心ある世界の人には、裸にしか見えない。裸と知らぬのは本人と迎合者のみ。戦勝国も罪なことをするものだ。作品は、とても文学と呼べる代物ではない。

 滅びの美学を昇華したのがノーベル文学賞川端文学だ。世界の誰が見ても正真正銘のノーベル文学賞である。 

先人冒涜の皆さん至急奪われた常識を取り戻し、救国願います。
更に詳しくは下記サイトにて。
真実史観沖縄県民斯ク戦ヘリ県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ


亡国の起因冤罪史観破壊!子孫へ遺す真実史観蜂起日本適者生存史目次へ

フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR